中小企業の「うつ病」対策ー人、資金、時間に余裕がない

企業の労働安全衛生、特にメンタルヘルス問題に取り組んでいます。
拙著「中小企業のうつ病対策」をお読みください。

残業250時間でうつ病

2016年11月23日 | 情報

記事を読む限りでは、会社側、労働者側の主張にかなりの乖離があります。
真実はどこにあるのか、相当難しい争いになると感じました。

「残業250時間でうつ病」 ホテルの元コック、地位確認求め仮処分申請へ 滋賀・長浜
16.11.19 産経

滋賀県長浜市の「北ビワコホテルグラツィエ」に勤務していた同市の40代の男性が
「月約250時間の残業や同僚の暴行で発症したうつ病などを理由に退職を通知された」として、
従業員としての地位確認や未払い残業代約630万円の支払いを求め、
近く仮処分などを大津地裁に申し立てることが19日、分かった。
男性や代理人弁護士によると、男性は2000年からコックとして勤務し、
調理や配膳業務を担当。職場は慢性的に人員不足で、11年初めに同僚の1人が辞めると、
1日の勤務が20~23時間になる日もあり、
繁忙期の年末年始は入浴や仮眠のため1~2時間だけ帰宅する日が続いたという。
残業時間が月約250時間に上ることもあったが、支給された残業代は100時間分に満たなかったとしている。
男性はタイムカードの導入を求めたが、拒否された。
14年12月には職場で同僚に殴られ、頭や目を負傷。
入院し、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に悩まされ休職を余儀なくされたという。
しかし、ホテル側は警察などに相談せず、労災ではなく傷病手当金の手続きを取った。
ホテル側は、男性のうつ病などが回復する見込みがないとして今月18日付での退職を通知した。
男性は「調理以外の仕事ならできるという趣旨の診断書も出しており、納得できない。
同僚の暴行も疲労によるいら立ちが原因の一つで、長時間労働がもたらした労災だ」と訴えている。
一方、ホテルを経営する「住文」(長浜市)の上羽輝明社長は取材に「そのような長時間労働はありえない。
けがは同僚の一方的な暴行ではなく、けんかだと聞いている
診断書を見た上で産業医や社会保険労務士と面談し、復職は難しいと判断した
」と説明した。

残業250時間、うつ病に
地位確認求め仮処分申請へ、滋賀
16.11.19 共同

滋賀県長浜市の「北ビワコホテルグラツィエ」に勤務していた同市の40代の男性が
「月約250時間の残業や同僚の暴行で発症したうつ病などを理由に退職を通知された」として、
従業員としての地位確認や未払い残業代約630万円の支払いを求め、
近く仮処分などを大津地裁に申し立てることが19日、分かった。
男性や代理人弁護士によると、男性は2000年からコックとして勤務し、調理や配膳業務を担当。
職場は慢性的に人員不足で、11年初めに同僚の1人が辞めると、1日の勤務が20~23時間になる日もあり、
繁忙期の年末年始は入浴や仮眠のため1~2時間だけ帰宅する日が続いたという。

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高裁逆転判決 | トップ | 24日、休載します »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
友人の件です (ぶん)
2017-02-20 21:59:46
友人の件を取り上げて下さり、ありがとうございます。
本日は第一回目の労働審判でした。ちなみに…。
かかる暴行では警察も届を受理してるだけに、会社側も報道機関の取材にマトモに対応出来ませんでしたから…。また、ホテル側の残業時間は年40時間とも回答していました。

ですから、両者の言い訳に解離があるのです。
友人の件です (ぶんたろう)
2017-02-27 00:06:38
友人の件を取り上げて頂き、ありがとうございます。
労働審判時には、会社側が自ら提出した証拠を原告から突っ込まれ、答弁不能になりました。また、過去に労働基準監督署から、勤務時間管理で指導をされながらもタイムカードを設置しないなど…。

色々な事象が出ており、私も唖然としています。

コメントを投稿

情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事