十分間俳句

発見・感動・創造! 子どもたちの感性を培い日本語力を高める十分間俳句

第9回きごさい全国小中学生俳句大会の選句会のご報告

2020-01-31 | ジュニア俳句

第9回きごさい全国小中学生俳句大会の選句会の様子をご報告します。

NPO法人「季語と歳時記の会」と日本学校俳句研究会が共催する全国規模の俳句大会は9回目を迎えました。今回の応募はおよそ18000句。

その中から、研究会のメンバーが三日間(2020年12月~1月)で延べ50名集まり予選の選句会を行ない、200句に絞り込みました。初日の参加者の感想をお伝えします。

↓↓↓↓↓

『今日は3000句くらい読みました。いろいろな俳句がありました。投句用紙を一枚一枚めくっていくと、良い句は向こうからすぅっと立ってくるのが不思議です。小中学生の素敵な句にたくさん出会いました。わたしの選ぶ句、皆さんの選ぶ句がそれぞれ違うところも面白い。選句会はここから絞り込んでいくほどに面白くなっていきます。』

 さて、この中から各選者による賞、日本学校俳句研究会選の20句、今年度から新たに始まった「わたしの選ぶ一句」が決定しました。「わたしの一句」には、全国から40名弱の先生方が参加されています。

表彰式は3月15日(日)、江東区・深川江戸資料館で行ないます。

コメント

【第23回学校俳句交流会のご報告】

2020-01-13 | ジュニア俳句

2019年12月7日(土)に開催した第23回学校俳句交流会のご報告です。

日本学校俳句研究会主催で江東区立八名川小学校を会場に、年に2回開催している交流会。参加者の報告をお届けします。今回参加できなかった方も次回は是非!次は2020年6月開催の予定です。詳細はこちらのブログでもお知らせいたします。

 【実践報告Ⅰ「俳句づくりの土壌を耕す」 お茶の水女子大学附属中学校 市川千恵美】

中学校での3年間の発達を見通した俳句指導の実践と、教員志望の学生対象へ向けた大学での講義の内容を紹介して頂きました。参加者がすぐに使える豊富なワークシートを資料として配布されたので、多くの学校で追実戦が行われたことでしょう。特に、お気に入りの俳句を選び、ミニブックにするという実践は圧巻でした。普段学習に意欲が見られない生徒が大好きな生き物に焦点を当て、丁寧に書いたという作品は参加者の注目を集めていました。俳句を作ったり句会をしたりする以外にも、俳句の指導の可能性を感じさせてくれました。(報告:上澤)


【実践報告Ⅱ「こどもの気持ちによりそって」 江東区俳句講師 阿部郁恵】

阿部先生は、長年俳句講師としてこどもたちの俳句指導に携わってきた経験から、俳句指導のポイントをエピソードを交えてわかりやすく話してくださいました。こどもたちの感性や表現の可能性を広げるには、俳句を教え込むのではなく、私たちがどれだけ子どもによりそうかが大切。よりそって子どもの気持ちや感じる心を掘り起こすようにしていくとよい、とのことでした。阿部さんの温かい俳句指導の真髄を心に留めておきたいと強く思いました。



【講演「俳句のもつ可能性」 俳人:池田澄子さん】

日本の俳句界のトップランナー池田澄子さんは、ご自身が影響を受けたいくつもの俳句を紹介してくださいました。多くは三橋敏雄や渡邉白泉の俳句でした。池田澄子さんは、新興俳句の最前線であったそれらの俳句の根底は「愛」であると話されました。三橋や渡邉の俳句の根底が「愛」であったように、俳句では私たちが何を伝えようとするかが大切であり、「何を伝えるか=主題」を大切にすることが俳句の可能性を広げることだと話す池田さんの話は、こどもたちに俳句を教える私たちにとっても、とても大切なことだと思いました。(報告:山本新)

コメント

日本学校俳句研究会

2019-12-10 | ジュニア俳句

2007年に始めたこの10分間俳句のブログは、今年で12年目になります。

今後、このブログを日本の俳句教育の前進に資するため、日本学校俳句研究会に開き、その活動を伝えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

第23回学校俳句交流会

2019-11-30 | ジュニア俳句

今回の学校俳句交流会は俳人池田澄子さんを迎えて、行います。

池田澄子さんの講演「俳句のもつ可能性」にの他、

お茶水女子大付属中学校の市川千恵美先生の「中学校で俳句づくりの土壌を耕す」

江東区俳句講師の阿部郁恵先生の「こどものきもちによりそって」

の二本の実践報告もあります。

どうぞおでかけください。

 

日時 12月7日午後1時半から4時半

場所 江東区立八名川小学校

  (都営地下鉄森下駅下車)

どうぞおでかけください。

 

 

コメント

芭蕉記念館親子俳句教室

2019-08-23 | ジュニア俳句
考えてみれば、地元の芭蕉記念館で俳句教室をするのは初めてであった。
親子20組、ほとんどが小学校低学年の子どもである。
俳句作りというよりも、その前段階の俳句の話をという依頼であった。
そこで、日本語の特質を押さえて、ことば集めから始め、少しずつ俳句に導いた。
ゆっくりした流れが親にも子にも好評だったようだ。

コメント

讀賣新聞こども俳句教室

2019-08-08 | ジュニア俳句
今日の朝刊に俳句教室の記事が掲載されました。

コメント

讀賣新聞こども俳句教室

2019-08-05 | ジュニア俳句



8月3日、讀賣新聞社の主催のこども俳句教室を俳人の高柳克弘さんと一緒にに行いました。
高柳さんは、私がこのブログを始めるきっかけとなった江東区立八名川小学校で、発見、感動、創造の俳句教育の実践を始めた時、2年間講師として来ていただいたという因縁があります。あれからほぼ10年です。10年ぶりにお目にかかった高柳さんは、貫禄さえ付いたけれど、ちっともかわっていなかったですね。
高柳さんの俳句クイズから始まって、私の俳句作り講座、最後は句会と進み、天盛りのあと、高柳さんに講評していただきましたが、これがまたすごい。さすがは天下の高柳克弘だと舌を巻きました。
そんなお陰で、俳句教室は大成功。子供達も保護者の方々も楽しかったと言っておられたようです。
ああ、よかった。少しほっとしました。
コメント

中学生俳句あわせ@砂町文化センター

2019-07-21 | ジュニア俳句
7月20日、江東区中学生の俳句あわせというイベントが砂町文化センターの主催で開催されました。
初めての試みでしたが、中学生のレベルの高さと講師の北大路翼さんのお力で大成功でした。



コメント

俳句教室

2019-06-30 | ジュニア俳句


俳人の高柳さんと組んでの企画です。
八名川小学校で高柳さんにご指導していただいてから10年。
今から楽しみです。
コメント

学校俳句交流会

2019-06-26 | ジュニア俳句


どうぞお出かけください。
コメント