十分間俳句

発見・感動・創造! 子どもたちの感性を培い日本語力を高める十分間俳句

「妻の病」と『大花野』

2022-06-27 | ジュニア俳句
句集『大花野』を上梓しました。
7月10日に伊勢真一監督の映画「妻の病」とのコラボレーション企画をを日比谷で行います。関心のある方にアナウンスしていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏の川風とクルージングを満喫

2022-06-26 | ジュニア俳句
こどもも大人も楽しくわかる
俳句体験をしよう
申し込み問い合わせは
090-2201-0240 まで
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

運動会の俳句

2022-06-02 | ジュニア俳句

先日、千葉市の小学校の5年生の俳句教室を行った。丁度、運動会が終わったばかりだというので、最初のテーマは運動会。
運動会は本来秋の季語だが、気にすることはない。
俳句は、基本的に季語と季語以外の言葉の関係を述べるものだ。
子どもたちに一番わかりやすいのは、競技名。
この学校ではソーラン節
ソーラン節+中七+運動会
または、
運動会+中七+ソーラン節
で一句出来上がる。
これなら、誰でもできる。できない
子には、そばに行ってどうだったの?
と聞けば何か言ってくれる。それを入れれば、全員できたことになる。
競技名は色々出てくる。徒競走でも応援合戦、開会式、競技ではないが、「砂いじり」もしていたことだ。
徒競走ゴール切って運動会
なども出てくる。
ここで季語を変えることを提案する。「徒競走と言えば、運動会と言わなくてもわかるよね」
代わりに今時の季語、例えば「夏の空」と入れる。
徒競走ゴールを切って夏の空
となる。

身につけているもの、校庭にあったもの、体の一部分、音、空や風、観客、などと組み合わせると無限に広がる。
運動会は子どもたちにとって印象的で、しかも共通体験。
短い時間をとって取り組んでみてください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

澄雄俳句百題

2022-05-10 | ジュニア俳句

私の所属している俳句結社は「梓」という。代表は上野一孝先生。
上野先生は森澄雄の主宰する俳句結社「杉」で長いこと、編集長を務めた方である。
したがって、「梓」は森澄雄の流れを汲む。
そこでわ遅ればせながら森澄雄を勉強しようと思って手に取ったのがこのほんである。
上下二巻セットであるが、澄雄が句会で話したことがそのまま本になっている。
後半になると同じ話の繰り返しと印象を受けるが、それだけ強く澄雄の意志の強さを感じる。
俳句は、いのちの今を詠み、いのちを運ぶものなのだという澄雄の言葉が重い。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本学校俳句研究会公式ホームページ

2021-11-15 | ジュニア俳句
このほど、念願であった日本学校俳句研究会の「公式ホームページ」が開設されました。

https://www.gakkouhaiku.net/


皆様も、どうぞご覧ください。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大垣市立墨俣小学校

2021-11-12 | ジュニア俳句
大垣市立墨俣小学校と言えば、かの西田拓郎先生が校長を務める学校である。
西田先生は、「楽しい俳句の授業」の著書などで、全国になの知られている、俳句教育の第一人者だ。
西田先生とはきごさい俳句大会を通じて、これまで交流し、日本学校俳句研究会の副代表に就任していただいた。
新型コロナウイルス感染症が下火になった、11月初めに、当校を訪れ、出張授業を実施した。けんきゅうかいの会員約10名で押しかけたが、歓待してくださり、豊かな交流の時間がもてた。
この様子はいずれ雑誌「俳句界」などでも報告される予定である。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すごい!Google lens

2021-05-09 | ジュニア俳句
俳句をし始めると、道端に咲いている花の名前などが気になる。
わたしの人生の三分のニは、自然とは全く無縁の生活だった。
極端に言えば、桜がいつ咲いていつ散ったかもわからない生活だったし、興味すらなかった。
俳句に縁ができて、この世の中は何て美しいんだろうと初めて気が付いた。
しかし、きれいだと思っても花の名前がわからない。よく知っている人に聞くのだが、今度は年のせいで、すぐ忘れる。
先日、Google lensを教えてもらった。
花図鑑のアプリは持っていたが、無料のものは精度が今ひとつ。一年一万円というアプリもあるようだ。そこまではちょっとと思っていたところに、このアプリだ。
無料で一瞬で検索してくれる。さすがGoogleだ。もちろん、検索は植物だけではない。画像検索のソフトである。
昨日はニレの木がわかった。
今日はこれ。みんなが知っているポピュラーな植物だが、例に挙げるには適当と思う。
これを使って植物の名前がわかれば、人生が豊かになるだろう。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

出張俳句教室

2021-05-07 | ジュニア俳句
今日は、葛飾区立こすげ小学校で日本学校俳句研究会のメンバーによる出張俳句教室が行われた。

葛飾区立こすげ小学校。私にとっては、とても懐かしい学校である。校長として、初めて赴任したのがこの学校だった。当時は、漢字で小菅小学校だった。3年後に隣の小谷野小学校と統合し、学校名が平仮名の「こすげ」となった。
その学校で私は俳句に出会った。
隣の学校の斉藤二郎校長先生は、川崎展宏の主宰する俳句結社貂の有力メンバーだった。
校長会の旅行の宴席で俳句を作らされた。
その時の句をほめてもらった。これが私の俳句作りの初めである。
まだ、覚えている。

良寛も望みし海の小春かな

A先生が子供たちの俳句を一茶祭俳句大会に応募し、朝会で入賞した子供たちを表彰したところから、私の俳句教育の旅が始まった。
その時に作った「こすげの子俳句集」が今も続き、二十集となっていること、驚きである。
校舎も校庭も懐かしい。
20年前、王宮のように聳えていた体育館も当時のままだ。



職員室の前には、俳句掲示板が設置され、春の俳句が貼られていた。各教室にも俳句掲示板があり、実践が積み重ねられている様子が窺える。



今年からかつて江東区の平久小学校においでになった石坂先生が校長として赴任されている。江東区で顔を見知った仲だ。
これも縁の一つである。
楽しい授業がおわり、豊かな気持ちでこすげ小を後にすることができた。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

塩見恵介句集『駅から見える駅』

2021-05-03 | ジュニア俳句
朝日小学生新聞のこども俳句欄の選者でもある塩見恵介先生より、表題の句集をご恵送いただいた。
この句集が、実に愉快!愉快!愉快!
こんな愉快な句集は読んだことがない。
塩見先生は、かの坪内稔典さんの「船団」に属していた。坪内さんとは、「三月の甘納豆のうふふふふ」の句の作者である。
稔典流の捻りの効いた句も多くあるが、実景を見事に切り取った句もある。
発想の自由さは、こども俳句の指導にも生かせそうだし、自分の頭の硬さを反省する機会にもなる。

アマゾンの句集部門で目下一位。人気がある。
これだけ面白い句集だから当然だろう。
出版社は蒴出版。現代俳句大賞初め、このところ賞を総なめにしている池田澄子さんの句集を出した出版社だ。
元角川俳句の編集長だった鈴木忍さんが始めた出版社である。
江東区の学校に取材に来てくださり、角川俳句にこども俳句の現場の様子を載せて下さったこともある。

塩見さんの句集に戻る。
好みの俳句を書き出したら、六十を超してしまった。
本人の自薦十二句と被ったものを紹介する。

アウンサンスーチー女史的玉葱S
大の字になって素足に風を聴く
爽やかに象にまたがる股関節
ノーサイドきみは凩だったのか
蒲公英を咲かせて天と地の和解
燕来る隣の駅が見える駅



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こどもの日の俳句

2021-04-23 | ジュニア俳句


五月の連休が近づいています。四月二十九日の「昭和の日」から五月五日の「こどもの日」まで休みが続くことから「ゴールデンウィーク」と呼ばれます。こどもの日は、「こどもの幸福」を願うだけでなく、「母に感謝する」日であることも知っておく必要があるでしょう。

さて、こどもの日と言えば、「こいのぼり」です。校庭にこいのぼりを泳がせている小学校も多いと思います。江戸時代に武家で始まった風習で、屋外に飾るものを「こいのぼり」、屋内に飾るものを「かざりごい」というそうです。

こいのぼりは、紙風船やしゃぼん玉と同様、親しみ深く、動きがあり、形や色も独特なので、俳句に詠みやすい題材です。

ぜひ、この間にこいのぼりの俳句を詠んでみてはいかがでしょう



こいのぼりの様子や動きをよく観察する

  最初は、こいのぼりをよく見てみましょう。大きさや形、色、数など、理科の観察と同様です。

  ・目玉ぎょろぎょろこいのぼり ・大中小のこいのぼり ・尾っぽ垂れてるこいのぼり

  動きも独特です。

  ・一回転するこいのぼり ・風でふくらむこいのぼり ・ねじれて泳ぐこいのぼり

 周りの様子をよく見る

・青空を背景にして ・遠くには富士山見える ・校庭の芝生見下ろす

 想像したり、思い出したりする

・真夜中はやはり寝るのか ・じいちゃんと一緒に見たよ ・川の上百匹超える

 今までのこいのぼりを見た経験や作った体験などを出させるとイメージがはっきりします。

 こどもの日には、柏餅やちまきを食べたりします。また武者人形を飾ったりすることもあるでしょう。しょうぶ湯に入る風習もあります。これらを取り上げてもよいと思います。

 

こいのぼり一年ぶりの深呼吸      金子丈朗(中三)

しょうぶ湯の葉っぱが体をくすぐった  遠藤龍一(小五)

柏もちぼんやりうかぶ猫の顔      平野 瞳(小六)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする