十分間俳句

発見・感動・創造! 子どもたちの感性を培い日本語力を高める十分間俳句

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

芭蕉記念館親子俳句教室

2019-08-23 | ジュニア俳句
考えてみれば、地元の芭蕉記念館で俳句教室をするのは初めてであった。
親子20組、ほとんどが小学校低学年の子どもである。
俳句作りというよりも、その前段階の俳句の話をという依頼であった。
そこで、日本語の特質を押さえて、ことば集めから始め、少しずつ俳句に導いた。
ゆっくりした流れが親にも子にも好評だったようだ。

コメント

讀賣新聞こども俳句教室

2019-08-08 | ジュニア俳句
今日の朝刊に俳句教室の記事が掲載されました。

コメント

讀賣新聞こども俳句教室

2019-08-05 | ジュニア俳句



8月3日、讀賣新聞社の主催のこども俳句教室を俳人の高柳克弘さんと一緒にに行いました。
高柳さんは、私がこのブログを始めるきっかけとなった江東区立八名川小学校で、発見、感動、創造の俳句教育の実践を始めた時、2年間講師として来ていただいたという因縁があります。あれからほぼ10年です。10年ぶりにお目にかかった高柳さんは、貫禄さえ付いたけれど、ちっともかわっていなかったですね。
高柳さんの俳句クイズから始まって、私の俳句作り講座、最後は句会と進み、天盛りのあと、高柳さんに講評していただきましたが、これがまたすごい。さすがは天下の高柳克弘だと舌を巻きました。
そんなお陰で、俳句教室は大成功。子供達も保護者の方々も楽しかったと言っておられたようです。
ああ、よかった。少しほっとしました。
コメント

中学生俳句あわせ@砂町文化センター

2019-07-21 | ジュニア俳句
7月20日、江東区中学生の俳句あわせというイベントが砂町文化センターの主催で開催されました。
初めての試みでしたが、中学生のレベルの高さと講師の北大路翼さんのお力で大成功でした。



コメント

俳句教室

2019-06-30 | ジュニア俳句


俳人の高柳さんと組んでの企画です。
八名川小学校で高柳さんにご指導していただいてから10年。
今から楽しみです。
コメント

学校俳句交流会

2019-06-26 | ジュニア俳句


どうぞお出かけください。
コメント

学校俳句交流会!今度の土曜日です。

2019-06-25 | ジュニア俳句
今度の土曜日、29日です。
第22回学校俳句交流会!
エキサイティングな企画になりそうです。
参加希望の方は、oyamamasami@gmail.comまで。

コメント

石神井東小学校

2019-06-06 | ジュニア俳句






先日、ひょんなことから、練馬区の石神井東小学校から俳句の授業の要請があり、行ってきました。
当校は開校140年をこえた伝統ある学校。明治11年開校だそうです。
俳句が盛んで、全校で取り組み、学校の至る所に俳句の掲示がありました。
当日は四年生の授業。可愛らしい子どもたちで、がんがん俳句を詠んでいきます。多い子は1時間に30句以上。このエネルギーに圧倒されました。
句会には秀句が並び、参観に来られた校長先生やほかの先生にも選していただきました。
実に楽しい2時間でした。
コメント

書かせるだけでは意味がないか?

2019-05-30 | ジュニア俳句
コメントに、ただ書かせるだけでは意味がないのではないか?という疑問をいただきました。
もっともなご質問と思います。
私自身もそう思った時期がありました。
おそらく、コメントを書かれた方は俳句に勤しみ、俳句の奥の深さや難しさを実感されているからでしょう。作品を生み出す苦しさや困難さを知れば知るほど、俳句は簡単ではないことを思い知らされます。
正にただ書けばいいなんてものではないと私も思います。
私自身は子どもの俳句の添削もアドバイスもしますが、子どもの俳句にはやりすぎないことが大切だと思っています。
さて、本題ですが、書かせて、評価したりお互いの俳句を読み合うだけで子どもの俳句は長足に進歩します。
ある学級で、どんどん作らせる方針でやったところ二年間で学級のすべての児童が各種の俳句コンクールのどれかに入選したそうです。
ここで大切なのは、楽しく継続して作り、良い作品を褒めたり、評価する中で子どもは学ぶということです。
担任の教師が直接評価せずとも、コンクールの入選が子どもに評価基準を示し、良い循環ができたということでしょう。

二つ目は、こどもの俳句を何のためにするかという問題です。
言うまでもなく俳人を育てるためではありません。もちろんその中から将来の俳人が育てば言うことはありませんが。
子ども自身が自分を表現する方法を身につけることが一番の目的と思います。児童文学は大人が書いた子どものための文学で子ども自身の文学ではありません。子どもたちが小説を書くのは無理です。しかし、五七五の俳句ならどの子も学力に縛られることなく自分の気持ちを表現できます。
それがコンクールに入賞できなくてもです。
例えば
母さんと横浜行った夏休み
という句があります。他人が見ればただの報告句でしかありません。しかし、本人にとって、これは夏休みの一番重大な出来事だのです。
お母さんは横浜で再婚相手に会い、子どもに紹介したという出来事が裏にありました。
そんなことは他人には伝わりません。
しかし、俳句でまず大切なことは自分に伝わるということです。
この句は彼女の人生の中で忘れられない句になるに違いありません。
俳句に取り組む中で、身の回りのことや自然についてよく見るようになることもあるでしょう。
言葉の工夫も覚えるでしょう。
子どもにとって俳句はある意味最良の教材になり得るというのが私の考えです。
コメント

読売新聞3月27日付朝刊

2019-04-04 | ジュニア俳句


江東区立数矢小学校での授業です。
コメント