INOJIN折々の記

蕎麦カフェや工芸倶楽部でのイベント、日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

2018年07月10日 | 日記

竹藪。青竹の葉が風になびいて涼し気だけど、藪には蚊が居ます。この3日間、彦部家の薮蚊に悩まされました。藪の近くにある織学舎には網戸もエアコンも無いので、昨日は戸と窓を開け放って作業していたら、蚊に刺され放題でした。

それで今日は戸と窓を閉め切って扇風機を回しながら作業しました。普段なら、こんな太い糸だから綜絖通しもそれほど苦行ではないのですが、今回は結構つらかった。西日本豪雨の被害に遭われた方々の大変さを想ったら、こんなことで弱音をはいたら申し訳ない。でも、あと少しで完了するところを今日の作業はやめにしておきました。

私の父方の祖父は、父がまだ若い頃、日射病で亡くなりました。畑仕事をしていて倒れたそうです。私も何か作業を始めると夢中になるタイプなので、祖父と似ているのかなと思います。オーバーワークになりそうな時、顔も知らない祖父のことを思い出し、未練を残しつつも八分目で切り上げるようにしています。祖先の霊は、こういう形で私を護ってくれるのかもしれません。

コメント

PLUS+アンカー

2018年07月05日 | 日記

今年のわがまち風景賞の一つに選ばれた旧角田邸。今ではPLUS+アンカーという名で知られる古民家カフェです。来年の版画カレンダー用の題材に私はここを選びました。持ち主だった角田さんにはいろいろとお世話になっているから、版画にして差し上げたいと思いました。上手く表現できるかわかりませんが、この夏、取り組んでみます。

「わがまち風景賞版画カレンダー」は後輩の信田さんが中心になって引き継いでくださることになりました。私は一作家として参加します。

コメント

陶の兎達

2018年06月30日 | 日記

先日、栃木の姉宅に届けた兎やリスの置物。姉から画像が送られてきました。庭の緑の中で遊んでいるみたいで可愛いというコメント付き。なんだか嬉しそうに見えます。

コメント

窯で破裂

2018年06月26日 | 日記

広隆寺の弥勒菩薩像を模して作った像を素焼きしたら、窯の中で爆発を起こしてバラバラになっていました。窯の蓋を開けてみて、がっかり。結構上手く出来ていたのに。陶芸で作ると焼かなくてはならないから、空気を抜くのに苦労します。

コメント (3)

経糸を染める

2018年06月25日 | 日記

彦部家の手機に掛ける経糸の準備。仮織りした経糸に型染をしました。発表会のある秋に彦部家の門前で黄色く色づく銀杏の葉を表現しています。

残った染液で麻のストールを手描き染め。「夏は涼しく」なので、なるべくあっさりと色数少なく仕上げました。反応性の染料は時間が経つと染まらなくなるので、時間との勝負。あまりデザインを考えている間もなかったから即興で思いつくままに丸と四角の柄を描きました。

コメント

青葡萄

2018年06月23日 | 日記

今年は実物が豊作。ブルーベリーもジャムが作れるほど実ったし、昨年は全く実を付けなかった葡萄もたくさん実をつけました。小学生の頃、実家に葡萄の樹があって家族総出で実に被せる袋を手作りした記憶があります。新聞紙で作った袋をまだ青い実に被せて、鳥や虫から実が狙われるのを防ぎます。もう少ししたら、袋で覆わなければ。

コメント

夏 新蕎麦

2018年06月22日 | 日記

今日から夏の新蕎麦になりました。

蕎麦の強い香りがして、打っている間中楽しめました。ぜひ、ご賞味くださいね。

コメント

四重奏 作品展示

2018年06月21日 | 日記

本日より、貸しギャラリーで「四重奏(かるてっと)」の展示販売が始まりました。縮緬細工や創作服、アクセサリーなどが可愛らしく、たくさん並べられています。お食事がてら、お気軽にお立ち寄りください。

コメント

続・ガチャガチャ

2018年06月15日 | 日記

陶芸教室の生徒さんが、今度は仏像を作ってみたいというので、手始めに広隆寺の弥勒菩薩像に挑戦しようということになりました。前から見た写真はあるものの、背面がわからないと言っていたら、ガチャガチャに「仏像コレクション」があって、その中に弥勒菩薩もあると誰かが言い出し皆で引いてみましたが、なかなか目当てのものは出ません。私が当てたのは「持国天像」。あのカプセルの中に7分割されて入っていました。ちゃんと邪鬼までリアルに表現されていて、300円でこんなに精巧にできているなんてと、ちょっと感動してしまいました。

コメント

馬場信金筬製作所

2018年06月12日 | 日記

彦部家の織学舎の機が古くて、備え付けの筬や綜絖では経糸が通らないので、とりあえず筬を新調するために訪れた馬場信金筬製作所。筬だけを制作している桐生の会社です。今は金筬が主流なので、昔作っていたという竹筬の材料を分けていただきました。前に自分で作った機の筬はその辺の木材で作ったから、粗いものしかできなかったので、今度は密度の高い筬を作ってみます。

コメント

蕎麦会席

2018年06月11日 | 日記

9日に行なった今回で3回目となる蕎麦会席。日頃、来店してくださるお客様に感謝の意を込めて企画しました。料理の写真を撮りたいと思いつつ、実際には手早く客席に運びたいので、撮影している時間はありませんでした。いつも厨房は戦場みたいになります。献立だけですが、ご紹介しますね。

 水無月の蕎麦会席 お献立

前菜 :蕎麦実とキノコのドリア 海老生春巻き カクテルサラダ(白木耳・ズッキーニ・トマト・パプリカ・バジル・枝豆・松の実)

椀  :蕎麦湯のポタージュ(クコの実・アオサ添え)

お凌ぎ:更級 青紫蘇切 茗荷

八寸 :蕎麦焼き味噌 身欠き鰊の甘露煮 真竹の山椒煮 赤城牛のステーキ大根煮添え 鬼おろしとんぶり 酒盗チーズ 明日葉の天婦羅 椎茸の鶏肉木耳詰め蕎麦粉揚げ 

強肴 :スモーク4種(帆立・ちくわのチーズ詰め・烏賊・茹で卵)、そら豆、アイスプラント

香の物:鉄砲漬け ぬか漬け(小メロン・セロリ・蕪・胡瓜)

蕎麦 :十割蕎麦

菓子 :蕎麦茶アイス サクランボ ブルーベリー ゴールドキウィ

お飲み物:焙煎珈琲・紅茶・抹茶からおひとつ

お酒は食前酒に赤紫蘇ジュースハイ、ビール、冷酒(寿満亀・聖泉・岩の井・腰古井・木戸泉・甲子まさむね)、焼酎(十割・月の中・井上)、ワイン

8割が女性でした。お酒付きコースも6席、楽しい時間を過ごせました。次回はいつと聞かれましたが、結構大変なので、年に2回程度かしら。

コメント

山椒の実

2018年06月05日 | 日記

庭の山椒の実を摘んだら、飼い猫が匂いを嗅ぎに来ました。食べたら痺れちゃうよと思っていたけれど、香りが気に入ったのか、しばらく嗅いでいました。

強風の日に横倒しになったまま、新葉を芽吹き、たわわに実をつける大木です。植え替えてあげようかとも思うけれど、鋭い棘もあるし、何よりも収穫しやすいので、そのままになっています。

コメント

家型植木鉢

2018年06月04日 | 日記

黒御影土でノコギリ屋根の植木鉢を作ってみました。テラスに花が飾られているように見せるため、小さな苗を植えこむ孔が空いています。作りながら物語など考えつつ、扉や階段なども付けてしまいました。屋根から植物が生えている不思議な家になる予定。

コメント

青の屏風

2018年06月03日 | 日記

夏が近づいてくると、この海鳥の屏風を飾ります。物置に長く保管されていたものですが、保存状態は一番良く、構図も筆致も確かなものなので気に入っています。引き込まれるような青い海。よかったら、見に来てくださいね。

コメント

房総の海

2018年05月31日 | 日記

今年の蕎麦会席には千葉のお酒を供しようと思って、買い出しを兼ねて房総半島を訪れました。房総半島の最南端は野島崎灯台。ちょうど映画のロケが行われていて、草刈正雄さん達がラジオ体操をしている場面を撮っていました。

海は穏やかで、波も優しく打ち寄せていました。たまに海を無性に見たくなります。

コメント