INOJIN折々の記

蕎麦カフェや工芸倶楽部でのイベント、日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

窯出し

2013年11月26日 | インポート

もう窯出しも500回を超えているのに、毎回ドキドキします。ある時は破裂した破片でほぼ全滅だったり、流れた釉が棚板を覆っていたこともあるし。恩師のご友人は、窯の蓋が飛んだ経験があるそうです。Dscn1288
今回はこんな感じ。織部の脚付き大皿が一番上にあります。釉が中心に寄ったけれど、深い湖のような印象になりました。これは耐熱鍋土で作ったので、下からロウソクを当てて温められます。パーティーにはちょっといいでしょ。Dscn1289
後は足りない分の補充で作った器。明後日のワインの会にギリギリ間に合ってホッとしました。

コメント

路地裏探検隊

2013年11月22日 | インポート

桐生商工会議所主催で、「路地裏探検隊ーミステリーツアー」と銘打ったイベントが面白そうだったので、申し込んで今晩行ってきました。ワクワクしながら集合場所へ行ったら、本日のコースという案内を渡されて見ると、何のことはない、いつも行っているお店の名前が載っていました。でも、3軒で3,000円の前払いなので、リーズナブルに安心して遊べますね。

Dscn1279
一軒目は「豆腐屋」。小さいお風呂みたいな湯桶は、そういえば先日の骨董市でも見かけました。炭が入るので、冷えません。ここでちょっと腹拵え。ビールを各自1本頂きました。Dscn1282
2軒目はバー「まゆ」。姉弟で昭和49年からやっている老舗です。Dscn1285
3軒目はスナック「ノーブル」。この3軒は隣り合っています。もっと、歩き回って、路地裏の奥まった未知のお店とかにも行きたかったな。Dscn1286
3軒目で解散になったので、4軒目は有志と行きました。「ぺろ」というお店。桐生仲町の路地裏はこんな店がひしめき合って、呑み屋街を形成しています。

コメント

気分転換

2013年11月19日 | インポート

髪を切って、ゆるくパーマをかけてみました。皆に若返ったとか言われて、ちょっといい気分。

ヘアスタイルを変えると、似合う服も変わってきて、手軽にイメージチェンジできます。私は、どんどん変わっていくのが好き。形が変わると、新しい自分になれる気がして。

コメント

大根干し

2013年11月18日 | インポート

Dscn1274
大根を頂いたので、沢庵を作ってみようと思い立ちました。干すこと、今日で3日目。夜には取り込みます。

倶楽部を始めて以来、交友関係が広がって、野菜をたくさん頂く機会も増えました。無駄にしないためにも、保存できるやり方を日々模索しています。漬物はお茶受けにもなるので、いろいろ試してきました。先日漬けた白菜も重宝しました。

昔からある調理法はやはり飽きの来ない味で、身体にも良いものが多いですね。

コメント

歩き出しそうな器

2013年11月11日 | インポート

Dscn1261_2
ここのところロクロ成形が続いていたものだから、無性に手びねりで器を作りたくなりました。今度、ワインの試飲会があるので、バーニャカウダ等のソースを容れる個性的な器を作ってみました。

脚付きの器はどこか動物っぽくなって、目を離した隙に歩き出していきそうな感じがしてきます。

コメント

白酔墨客

2013年11月10日 | インポート

Dscn1264
お茶のN先生に送って頂いたお菓子。銘「白酔墨客」。

N先生の古稀のお祝いに皆で贈った帯に掛けた熨斗紙に書いた文字を見て、このお菓子を選んでくださったのだと思います。白と黒の砂糖が効いた上品な京菓子。季節を選ばずに使える命名もなかなかのものです。以前に頂いたことのある味。いつかのお茶席だったかもしれません。

N先生のような女性になりたいと憧れます。お茶を通じて、素敵な方と出逢えたことを感謝します。

コメント

岡田比呂実さんのランチ

2013年11月02日 | インポート

2月にご紹介した本「もうひとつの旬を楽しむレシピ」の御著者である岡田比呂実さんのお宅に伺いました。お昼をご一緒にと誘って頂きました。Dscn1251岡田さんは3匹の猫ちゃんと待っていて下さいました。庭に大きなテーブルを出して、次々と並べられる料理。どれも心を込めて作られているのが伝わり、本当に美味しかったです。Dscn1253


Dscn1256
食後のシフォンケーキも見た目にも綺麗でした。本の中と同じ素敵な時間を過ごさせて頂きました。

コメント