INOJIN折々の記

蕎麦カフェや工芸倶楽部でのイベント、日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

手芸の祭典

2013年01月30日 | インポート

Dscn0526
一昨日、東京国際キルトフェスティバルに行って来ました。私はパッチワークはしないけれど、見るのは好きです。それに200を超す手芸の出店があるので楽しめます。でも、すごい人出でした。平日にも関わらず、長蛇の列で入場して、東京ドーム内に入ってもまともに歩けないほどの混みようでした。擦れて静電気が発生するのか、手が触れ合うと痛みを何度も感じました。

Dscn0512

Dscn0507
入場者の95%が女性でした。奥さんに付いて来た旦那さんらしい男性達は、皆一様に付いて来たことを後悔している感じでした。

コメント

ミニュチア茅葺屋根家

2013年01月27日 | インポート

Ie 今日、所属する桐生盆栽協会の新年会がありました。恒例の競りで珍しい家のミニュチアが出たので、手に入れました。陶でできているので、私にも作れるかもと思って。聞くところによると、昔、太田で活動していた有名な作家の作だそうです。

陶芸も幅が広いので、器だけでなく、こういった盆栽飾りの世界もあるのですね。結構、作るのも楽しそうです。来年の競り用に作ってみようかな。

コメント

蕎麦打ち

2013年01月18日 | インポート

先日、足利の織姫神社境内にある蕎遊庵というお蕎麦屋さんに行って来ました。市内を一望できる階段には、既に待っている人の列が出来ていました。店内に蕎麦打ち教室の案内があり、美味しかったので、予約して帰りました。

Dscn0479
陶芸の土練と蕎麦粉の練り方は似ていると聞いていたので、一度やってみたいと思っていました。偶然、ここを選んだけれど、店主の根本さんは『一茶庵』の片倉康雄氏に師事された名人でした。これから蕎麦屋を開店という人達も修業に来ていました。

Dscn0480
初めて打った私の蕎麦。少し切り方が太かったけれど、家に戻って食べたら美味しかった。来週も予約してきました。

コメント

「そうだ 京都、行こう。」

2013年01月15日 | インポート

Dscn0402

何年か前に入ったJR東海の「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード。先日もはつたび便りが届いたけれど、年に数回同封されてくる茶菓子等の引換券は一度も使うことがありませんでした。これからも多分訪れる機会はそんなにないだろうと思って、今日解除しました。

解除すると、少し寂しい気もしました。持っているだけで、よかったのかもしれません。そういうものって、生活の中に結構あります。人はそれを「無駄」と呼ぶのかしら。

コメント

ベルーガ

2013年01月14日 | インポート

Imgp0131

白イルカって、もっと小さいと思っていたのに、とても大きくてびっくりでした。寒い海に住んでたから、皮下脂肪が厚くてポヨポヨしていました。記念に一番大きなぬいぐるみを買って帰ったら、ちょっと大き過ぎました。本物があまりに大きかったので、つい選んでしまったけれど、1mもあるぬいぐるみは置き場所に困ります。

葛西臨海水族園でマグロのぬいぐるみを買って以来、魚やイルカ、シャチのぬいぐるみが気に入ってしまい、水族館に行く度に買うものだから、そのうち、ぬいぐるみ水族館が出来そうです。

コメント

水族館

2013年01月13日 | インポート

Dscn0437
水族館が好きです。何回訪れても、何時間居ても飽きません。これは鴨川シーワルドのシャチのショーです。このシャチ達は皆、ここで生まれたので、大海原を知りません。それは見かたによっては、可哀そうとも、幸せとも言えます。

昨年生まれたという小さなシャチが、芸もしていないのに、毎回母親達にくっついてエサをねだりに行くのが微笑ましい光景でした。

コメント

廃墟

2013年01月09日 | インポート

今日、陶芸教室の生徒さんの案内で、彼女の甥御さんの仕事場だったという所に行って来ました。藪塚という地名だけあって、竹藪だらけの山中でした。けもの道を通り、まず辿り着いたのは2基の登り窯。さらに藪をかき分けて進むと、電信柱用の木材で手作りしたというログハウスが見えてきました。その中に入ると、地震の影響で礎がずれて床が傾いていました。壁にあったカレンダーは2003年の8月のまま。ログハウスの隣には小屋があって、小型の灯油窯と大型の電気窯や土練機などが半ば朽ちて置かれていました。甥御さんは病気で陶芸を続けられなくなったそうです。山では枯葉や蔓が侵入するから、たった10年の歳月で家屋が廃墟に近づいてしまうのですね。ここを整備して、また使えるようにするには、どれだけの労力が要るのでしょうか。

コメント

館林美術館

2013年01月05日 | インポート

Dscn0414
『石の鼓動 森亮太』展を観に群馬県立館林美術館に行って来ました。将来を嘱望されながら、41歳の若さで交通事故に遭い、早すぎる死を迎えた彫刻家、森亮太。どのような作品を創っていたのか、気になりました。

抽象彫刻が主でしたが、手で磨かれた柔らかい線が温かみを帯びた作品群でした。「無題」が多かったのは、後で命名しようと思っていたのかもしれません。

Dscn0418
館林はなまず料理で有名な店が古くからあるので、帰りに「なまず天丼」を食べました。柔らかく淡泊な白身の魚でした。

コメント

玉子焼き

2013年01月03日 | インポート

Dscn0394
玉子焼きには少しこだわります。銅製の玉子焼き器でダシを加えて丁寧に焼きます。周囲に玉子焼き名人がたくさん居るので、いろいろ教わっって、だんだん上手になってきました。お正月にはやはり欠かせない一品です。

コメント

ニューイヤー駅伝

2013年01月01日 | インポート

毎年、元旦に行われるニューイヤー駅伝を欠かさず観ています。5区は太田から桐生のコースなので、うちのすぐ近くを選手が走ります。ちょっと歩いて本物を観に行けばいいのだけど、一瞬で通り過ぎてしまうので、割とつまらないし、寒いし。いつも通る道をテレビで見るのって、また、おもしろいものがあります。たまに知っている人が応援していたりして。

5区は強風と登り坂できついコースだそうで、選手は皆苦しそうな表情でしたが、コニカミノルタの伊藤が一番で通過しました。父がミノルタに勤めていたので、何となく毎年応援しています。

コメント