陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

♪Oh~。脳、脳、ノー、NO~

2006-06-21 00:27:54 | 脳脊髄液減少症
♪オ~ノゥノゥノゥノ~神様~お願いだ~  
なんてショーケン(でした?)が歌っていましたが。そんなことは関係ない。

「ピック病」と言う病気のことをTVでチラッとやっていました。

自分の欲望を抑えられなくなり、放っておけば10~15年で死に至るという
怖い認知症の一種なのですが、
実は僕も同じような事に心配のタネがあったのです。

性格がガラリと変わり、自分の欲望、或いは、衝動を抑えられなくなる・・・
最近(ここ数年)自分で顕著に自覚していることなのです。
内容については、ここでは怖くて書くのは止めておきます。
自分で自分が怖くなる事もあります。

「ピック病」と言う病気は、前頭葉の萎縮からそのような症状が発生するそうなのですが、
知らず知らずの内に前頭葉に傷が付いていた場合・・・
この場合も欲望や衝動を抑えられなくなるという事を、
以前に聞いたことがあるからなのです。
前頭葉という所は、傷が付いても他の脳と違って体には麻痺が出ないそうなのです。
だから自分も、周囲の人も症状の進行に気が付きにくいそうです。(萎縮も同じ)
しかも、萎縮と違って医者も発見出来ない?

僕は過去何回も頭を強打しています
(そのうち数回は自分でやったことも、ご存知の方はご存知ですね)
だから自分に様々な衝動が出る事が、
もしかしたら、そんな事もあるのではないだろうか?
そんな疑いも持っています。

ただの心の病かも知れません。(ただの・・・では済みませんが)
或いはただ人間が出来ていないから、人間として成長していないからかも知れません。

僕は自分で自覚もあるし(あることが余計に怖い面も)
性格がガラリと変わったこと(自慢話が多くなったり、攻撃的になったり)も無いと思います。
(脳脊髄液減少症になって、良い方向に変わったと思いたいです)
脳年齢もさほど衰えているとは思えません。

そんな悩みも抱えながら生活している今日この頃です・・・


さて、この話しに関連して話題を変えますが(??言ってる事がおかしいような気も)

 1.夕べのおかずを思い出して見る。(これは以前にも書きました)

 2.今日あった出来事を五つ以上思い出してみる。

この二つを実行するだけでかなり脳年齢の進行防止に役立つそうです。
脳脊髄液減少症という病気、認知症の恐怖は避けて通れません。
皆さんも実行してみては如何でしょうか?

しかし僕は、はたと考え込んでしまいました。
だってそんなに多くの出来事がある日常を過ごしていませんから・・・
退屈な日常、怠惰な日々・・・もう、まっぴら!!
男はやはり、スリルのある人生を過ごしたいものです。

PS.今日あった出来事その一

  煙草に火を点けたと思った・・・
  その瞬間イヤ~な匂いと味がした。
  
  煙草を逆に咥えてた? 違います。
  禁煙パイポを咥えていたのに火を点けていたのです

















コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« さらば吉宗 | トップ | 飛行機 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫。 (ゆめ)
2006-06-21 09:54:44
gonzoさんだけじゃないですよ。

私も激変します。自分でも怖いです。

私もここへは書けません。



でも病気のせいだと自分を許してあげます。



脳がダメージ受けているんだから、しかたないよ。

それを自覚してなんとかまともになろうと意識しているだけ、自分ってえらいと思います。

自分ではどうすることもできないんですが。

脳が元気になれば、感情も性格も正常に機能し始めると希望を持っています。
Unknown (gonzo)
2006-06-21 14:24:00
ゆめさん、こんにちは。



う~ん、ゆめさんが激変することがあるなんて、今までのイメージからは想像も出来ません。



感情の起伏が激しくなるんでしょうか?

僕はどちらかというと感情は表には出さなくなってきています。でも、内側がね・・・。



なんか複雑です・・・。

でもやはり、自覚しているだけマシだとおもいましょうか
ピック病観ましたよー (tomoko)
2006-06-22 08:07:28
gonzoさん、おはようございます!

てれびで、「ピック病」やっていましたね。

人ごとではありません。

私たちは、脳障害の集まりですから。



あるひ、突然性格変わる、ってありうることです。

だって、頭割れそうに痛いとき、もう、何も考えられなくて、側にいる人間に当たり散らしたり、壁にものを投げまくったり、「私なにも悪いことしていないのに、何でこんなに痛いのー!もう殺してクレー!」とか、むちゃくちゃいいます。



痛みが少しましになったり、ちょっと気圧が安定して、

気分が良かったりすると食欲も湧くので、病人には見えない。ところが夕方あたりから、突然豹変して、あたりちらしたり、寝ころんだまま動けなくなる。

この辺は、ジキルとハイドですよね。

絶対他人には、理解できないと、思います。



ピック病になっても、確実に死ねるなら、ソレもいいっか・・と思って観てました。

しかし、人間性を誤解されたまま、生き様死に様を残すのは、不本意!

「脳脊髄液減少症」の本質を、他人に解るように、社会認知を広めねば・・・。一人でも二人でも、解って!

がんばります!
ジキルとハイド。 (ゆめ)
2006-06-22 09:23:03
tomokoさん、

その後大丈夫ですか?心配。

私の名をかたり、変なメール来ていませんか?

怖くてしかたありません。臆病者の私です。

これだから自分でブログも始められない私。ああ。





なんでもリスクを怖がっていては前に進めないのに。

ブラッドパッチだって同じ。



「ジキルとハイド。」

まさに、そうなんですよね。

午前中元気だった人が、午後になって苦しみだす。

さっき穏やかだった人が、だんだん荒れてくる。

この病気を知らない普通の人が見たらまさに???

仮病?ヒステリー?演技?



gonzoさん

私も、身内には八つ当たりしますよ。

「誰もこの苦しさをわかってくれない!」と

泣きわめいたりします。

荒れるのは家の中だけですが。

外でも思考力低下などによる行動で誤解もされてきました。



「人間性を誤解されたまま生き様、死に様を残すのは不本意」のtomokoさんの言葉、同感です。



「脳脊髄液減少症」は人間性を誤解されやすい病気ですよね。

もうすでに私は生き様を誤解されまくっていますが

死ぬ時までには誤解を一人でも解いてから死にたいです。



ピック病 (ゆめ)
2006-06-22 10:04:26
今日テレビ

で放送するみたいなので

見てみますね。
Unknown (りこ)
2006-06-22 11:58:01
gonzoさん、こんにちは。



わたしは過去に大きな鬱病をやっているせいか、自分自身、強くなったと思えますね。

以前なら耐え切れないぐらいの精神的苦痛も、耐えられるようになったり、何も感じなくなったり。

まぁ、それでも頭痛や吐き気で苛立つコトはありますが。。。



不安というより、苦しみというより、なんでこんな思いをしなければならない?という疑念で辛くはなります。

明るく考えようとしても、そうできなかったり。



でも、午前0時を時計の針が指せば、それ以前の「昨日」という日に起きたイヤなコトは忘れるようにしています。

それが忘れ難いコトでも、屈辱でも、忘れる努力をして、思い出さない努力をします。

それだけでけっこう楽になれますよ。



記憶力は少し衰えたと思いますが、まだね、だいじょうぶだと思います。(苦笑)

ずっと頭を使っているような生き方ですから、わたし。

ボーッとしてみたいと思いますが。。。



それでは、良い1日をお過ごしください。

Unknown (gonzo)
2006-06-22 17:31:43
tomokoさん、こんにちは。



う~ん、ジキルとハイドですか~。

tomokoさんの側には近寄れない?(冗談ですので)



確かに、一日の中でも症状が大きく変わる事も多いので、その気持ちは良く理解できます。

ホント、他人には理解してもらえないでしょうね。

症状が変われば気持ちも大きく変わりますしね。



自分でも把握できない部分が大きいですから、

色々と迷いも出てきたり、いらぬことばかり考えてみたり、考えがまとまらなくなることも多いです。



でもtomokoさん、まだまだ先は長いですから、

(それが我々にとって、いい事か悪い事か分かりませんけど)希望を捨てずに生きていきましょう。



認知症様の症状も出てきた患者さんも見て来ましたけど、それこそ苦労(本人も家族も)は計り知れないものになりますから、気を付けて過ごしてまいりましょうね。
Unknown (gonzo)
2006-06-22 18:07:11
ゆめさん、こんにちは。



臆病になることは仕方の無いことだと思います。

ブラッドパッチにしてもそうです。

僕も最近はいつも自問自答の繰り返しですよ。



僕も、人前で口が回らなくなったり、訳の分からない事を言ってる時があると思います。

日頃の生活でも、誤解もされているでしょうし、疑いの目を向けられている事もあると思います。

でもそれは気にしないようにしています。



僕はある意味、もう冷めてしまった面もあるので、

反対に感情を押し殺す事の方が多くなったような気がします。



そんな僕よりも、tomokoさんやゆめさんのほうが人間性が残っているのかもしれません。



ゆめさんはすごく優しい女性だと思いますよ。

だから、誤解の解ける日も必ず来るのではないでしょうか?



人間だから誰でも感情の変化が大きくなる事はあります。気にしないで明るく生きていきましょう。

ここには、ゆめさんのこと理解してくれる人いっぱいいるじゃないですか
Unknown (gonzo)
2006-06-22 18:38:33
りこさん、こんにちは。



なんでこんな思いしなければならない?

その気持ちはいつも頭から離れません。

誰しもが同じ思いを抱えて苦しんでいるのではないでしょうか?



健康だった時の日常を思い起こしただけで、なんとも言えない気持ちになることも多いでしょう。

もしそんな日常が取り戻す事ができたら、そのときはホント、なんでもない日常でも感謝しなければいけないですね。



りこさんは気持ちの切り替えが上手いから、僕も見習わないといけないですね。

昨日のことは昨日のこととしてね。

でもそれが一番難しいかな~・・・。



僕も記憶力は・・・昔の事は結構覚えているんですよ。でも、数秒前の事が思い起こせなかったりで。

これってどういうことでしょう・・・。



暑かったり、涼しかったり気温の変化が大きいですから、また風邪などひかぬようご注意下さいね。







ショック! (ゆめ)
2006-06-22 19:25:03
もの忘れから、TV見るの忘れました。同時刻の

慢性疲労症候群も見ようと思って忘れた。

いつもこんな風で、将来高齢者になったらどうなるのかと不安です。



りこさん、私もこの病気になる前、ひどい「うつ」経験してます。

そのせいで、この症状になっても自分でうつのせいと思い込んでしまっていました。



こんな私ですが皆さん、よろしくお願いします。



コメントを投稿

脳脊髄液減少症」カテゴリの最新記事

トラックバック

ピック病 (美南の記録)
ピック病痴呆(ちほう、英Dementia、独Demenz)は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいう。医学上は痴呆と呼称するが、高齢者介護分野においては、認知症(にんちしょう)と呼称する。(両用語については、下...