陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

切ない思い

2006-06-29 01:05:24 | Weblog
数年前、僕には歳の離れた若い彼女?がいた。
彼女の年齢は、ちょうど僕の歳の半分だった。

ある場所で出会い、なんとなく話をするようになった。
最初は何も分からなかったのだが、
彼女は心を病んでいた。荒んだ気持ちを持っていた。
「男は絶対に誰も信じない。男に惚れさせてから、ふってやるんだ。絶対に心は開かない」
そう言っていた。

拒食、アルコール依存、薬物依存(多量の睡眠薬、抗鬱剤)、自殺願望・・・。

でもなぜか彼女は僕に気を許したようだった。
彼女の生い立ちから家庭環境、自立してからの生活など、全て聞かされた。
その話しを聞けば、彼女が歩んできた道も、荒んだ気持ちも納得せざるを得なかった。
いつも相談を受けるようになってきたが、
正直、僕はどうしていいか分からなくなる時もあり、随分と悩んだ。

出会いから数ヶ月、僕達は離ればなれになり、遠くで暮らしていたが、
毎日のようにメールで切々と気持ちを打ち明けてきた。

励ますしか手段はなかった。
「頑張れ」「頑張ろうよ」・・・
「分かった。頑張ってみるね」
最初は、彼女の気持ちも落ち着いていく。
が、数時間後には「頑張って何になるの?」
とにかく、彼女は自分ばかりを責め続け、
自分がいなくなりさえすれば、全てが良くなるんだと言い続けていた。
気持ちの優しい娘だった。

いつもそんなことの繰り返し・・・

ある日の、そんな会話の繰り返しの晩、またメールが入った。
「サヨナラ」たったひとこと・・・。

僕は、その意味をすぐに悟った。
単なる別れじゃない・・・
電話を鳴らし続けるが、応答は無かった。
しばらくして、またメールが入る。
「もう永遠の別れだよ。薬を飲んだから。もう意識が・・・」途切れている。

その時の僕の気持ちが分かるだろうか?
飛んで行きたくても、僕の住んでいた所からの交通手段がなかった。

もう二度と、あんな思いはしたくない。
自分の無力さ、情けなさ・・・。

とにかく電話をかけ続ける。30分、1時間・・・。
出た。何を言っているのか全く分からない。
呂律が回っておらず、別人と話しているようだった。
母親が換わって電話に出る。
何とか助かった・・・。

僕はその場に座ったまま暫くの間、動く事が出来なかった・・・。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 本屋 | トップ | 切ない思い・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りこ)
2006-06-29 01:22:23
gonzoさん、こんばんは。

とても重いお話ですね。



>拒食、アルコール依存、薬物依存(多量の睡眠薬、抗鬱剤)、自殺願望・・・。



わたしも同じコトがありました。

1日に28錠もお薬を飲んでいました。

自殺するに困らない量の睡眠薬も持っていました。



今は、頭痛薬が腎肝臓を悪くすると気にしているぶん、あのころは本当にヒドかったんだな、って思いますよ。



でも、gonzoさんが与えたすべて、無駄になっていると思えません。

いえ、無駄なコトなんてひとつもなかったと思います。



話したコト、行った場所、想い出、自殺を止めようとしたコト。

何にもならなかったと思っているかも知れませんが、絶対に感謝しているはずです、彼女さんは。



人の命の尊厳というのは、他人が決めるものではありません。

命を捨てるも活かすも、個人次第です。

でも、触れ合った人、育てた人には、その権利を有するものと思います。



今でも、彼女さんのコトを想ってあげてください。

回復されたのか、それともまだなのか、詳細は分かりませんが、想いというものは伝わるものです。

何らかの幸運として、夢として、記憶として、きちんと表れるものです。



gonzoさんは、素敵な想い出を捧げた。

とても素晴らしいコトをなさったのです。



だからそれに引き込まれるコトなく、あなたはあなたの人生を歩んでくださいね。

何もできなかったんじゃなく、ちゃんと想いを捧げた。

それで十分なんですから。



そして、あなたの周りの方に同じような想いをさせないコト。

これを徹底してください。

そうすれば、何ひとつ無駄なコトなんてありません。



それでは、毎日暑いですが、健やかにお過ごし下さい。
Unknown (gonzo)
2006-06-29 02:32:45
りこさん、こんばんは。



この話しについてはもう一つ、続きを書いてみようと思っています。

その後の、僕の判断はどうだったのか、疑問が消える事がありません。



自分がした思いは絶対に他の人にはさせたくないし、苦しみを抱えている本人には楽な気持ちになって欲しい。



過去を変える事はできないけど、未来は変えられるかもしれない。

苦しんでいる人がいたら、そんな気持ちを伝えようとするのは僕の務めかもしれません。



その為には僕は最低限の強さだけは持っていないと・・・。だからそれだけは大丈夫ですよ。



人間、経験してからでないと分からない事が

多すぎるんですよね。

それが生きていく事の難しさでもあり、楽しさの一つでもあるのですが・・・。

経験したく無い事も経験していかなければならないし、避けて通る事は出来ない。



りこさんは自分でも苦しんだ経験があって、

それを克服してきた。

大変な思いをしてきたでしょうね。



お互いに、経験してきた事は必ず生かされていく事と思います。



想いを伝えるということは難しいものです。







コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事