天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

お稽古

2018-10-14 00:18:48 | 趣味
ぱんだ連のお稽古でした。
今日はお隣がカラオケ教室(防音設備なし)という過酷な環境に闘うこと二時間。歌の途中で鉦入れてみたり。
「ハナミズキ」をBGMに「子は鎹」稽古したり。
あとから出囃子稽古班もやってきましたが、そのころにはカラオケはいなくなり、対抗しなくて済みました。
コメント

床本発見!

2018-10-12 23:55:40 | 趣味


帰宅して探してみたら、蔵の中からでてきました。
浄瑠璃の床本があるってことは、やっぱり浄瑠璃もやってたんだな。
歌舞伎と浄瑠璃の素養がある百姓。



「碁太平記」は、2011年にみてた!じいさんと孫、7年前時空繋がる。

2011年文楽鑑賞記

左下の版元、大坂船町天満屋は文政11年(1828)年頃から50年床本を出してたとあるので、約190年前くらい前の本の可能性が高い。
また、天満屋は廃業してその跡地は、版元が何軒か代替わりしたのち、わたしの母校梅花女学校が開学したと。繋がるもんだなー。
https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/metadata/2895/YMN000803.pdf


コメント

血筋…

2018-10-11 20:04:28 | 趣味
たんす屋さん(リサイクル着物)で見つけました。縁があるのね〜。
800円、新品。



今明かされる我が家の秘密。
戦争で死んだじいさんは農村歌舞伎の役者だった!
そして、集落で芝居をするときは、うちに引き幕を借りにきてた。

わ、わたしの定式幕好きは血筋だったのか?!

いまでも神戸市北区のあたりは農村歌舞伎が盛んなので、このあたりでも盛んやったんやなぁ。

この話のきっかけは、50年前に死んだひいばあさんが「ととさんの名前はじゅうろべえ、かかさんの名前はおゆみと申します」とよく言ってたので母が覚えた、と。
なんでそんな時代のこのあたりで浄瑠璃知ってるのかと聞くと昔は芝居がよくきてたし、このあたりでも農村歌舞伎してた。へー。
母の記憶では、若い衆が夜な夜な集まって床本みたいなの読んでた→軒付けやがな!
ちなみにわたしはリアルに鼻歌歌ってたら母から「糠味噌腐る!」と言われて育ちました。そら、「軒付け」もすっと入ってくるわ。

それほど、浄瑠璃やら歌舞伎やらが身近ってことですね。きっとじいさんも「紙屑屋」や「七段目」みたいに普段から芝居遊びしてたんやろうなぁ。
まさに血筋。
コメント

裏拍のレッスン

2018-08-25 23:14:39 | 趣味
ボイトレは月に二回ですが、来月は後半大阪不在になるので4回続けていきますよ。今日は二回め。

リズム感を鍛えるのをやってみましょう。

ほいきた。

裏拍です。

裏拍…。存在は知ってます。

それを強化します。

…大変でした。レッスン時間の大半を、リズム練習。手を叩いてるうちに疲れる。裏拍から表拍につられてわけわからん、他。
先生がわたしの手をとり、リズムとはーと叩いてくれる。
先生とアルプス一万尺のようにようなことをしてリズムとはーを叩き込まれる。
ああ、絶望しか味わえない!!!

先生曰く、日本人は表拍のほうが取りやすいそうで、帰って調べてたら動画のように日本語は表拍、英語は裏拍ってのがでてきました。なるほどねー。中国語はどうなんやろか?
それはともかく、教えてもらったことを家でやったら少し理解できたような気がします。
ま、リズム感は一日にしてならず。コツコツがんばる。

童謡で比較、表拍と裏拍
コメント

裏打ちの存在

2018-08-18 19:56:24 | 趣味
先日のトライアルを経て、マンツーマンレッスンのボーカルトレーニングを月に二回はじめることになりました。

小唄とか…

先生「こうた?」

落語にいかせるように…

とりあえず、先生には思いの丈ならぬ現状、現実、希望を伝え、基礎的なとこからはじめようとポップスで稽古することになりました。

発声練習をしてる人のように地声は強いんですって。
今日は熱意を持って伝えたリズム感をやりましょうってことで、先生の診断からのご指導。
やはり裏打ちの時がダメなようで、そらそうだ。裏打ちの存在を知ったのは五年ほど前にお囃子教室行ってリズム感がないとばれてからですから。
音楽に合わせて手拍子を打ち、なおかつ、アクセントを強く入れるところを先生が歌詞カードに書いてくれてレッスンしました。未だに先生が書いてくれたところ以外はアクセントを入れるところが分からないのですが、曲に合わせてリズムを打ちながら日舞のお稽古へ。
ボイトレ→日舞って、あとバレエはじめたらタカラヅカ受験の女の子みたいですよ。どちらも赤点ですけどね…。

コメント

岡山に行ってきました(前編)

2018-08-15 23:20:35 | 趣味
岡山に行ってきました(前編)

お昼に着いたのでまずはランチ。ANAクラウンプラザのブュッフェ。メインはオージーの肉。ひとりで満喫しすぎて胃が重いまま、隣の建物にある美術館で「アートになった猫たち展」に。関西で見逃していたので嬉しい。岡山は美術館が多いので時間が潰せるのです。



路面電車で岡山城近くに移動。

オーマイガー?!
路面電車の中に荷物忘れてきた!駅に戻り、路面電車の運転手さんを捕まえるとまず会社に電話して確認してくれ、と。電話したら
「ちょうど運転手が荷物持ってきましたー」
次の電車で終点東山へGO。
運転手さんに「どこが会社か?」と聞きながら路面電車を降りようとするとステップ踏み外して路上に転がり落ちる。
えらいもんででんぐり返しで鍛えたわたしは無キズ。しかし、運転手さんビビりまくり。
会社に着いたら荷物を持ってきてくれたのはその運転さんでした。さきほどはどうも。

終点から岡山城近辺に戻り、今度は林原美術館に。テーマは「怖いものの展示」ですって!




今回のネタは「金明竹」備前長船の則光がでてくるしね!と言うてたら、展示されてる怖いものとは実際に人を斬った日本刀。それも備前長船シリーズ。ま!来るべくして来たのね!写真撮ってもOKとのことでしたが、こえーよ!
罪人をくくりつけて試し切りしたんですって。中には二人いっぺんに斬ったやつとか。こえーよ!

道成寺の元になった話の絵巻とか。500円の入場料なんでこじんまりしてましたが、お城のような建物、門といい趣のある空間でした。日向ひまわりさんの講談もあるらしい。


コメント

作り帯の付け方

2018-08-04 23:03:18 | 趣味
わたしは作り帯を愛用しているので、浴衣の半幅帯もしまうときにかさばるなぁと思うくらいで慣れてなかったらその方がいいよねと賛成派。

ですが、なんでか作り帯の胴の部分の後ろのつなぎ目がぱっかーんとハの字に開いてるひとを多数目撃。

作り帯の胴の部分が四角いタイプは、紐がある方を下に着つけます。



帯は締めるときに下の部分を引っ張って締めるものなのです。その方が崩れにくいから。
なので、作り帯も同様。

今日は見事にハの字さんをたくさん見かけたので、自分の覚えてることが不安になりネットを調べると販売してる店の作り帯の締め方で紐を上にしているのを多数発見。
え〜、やはり自分の知識があやしくなってきた。
でも、おおかた紐下で巻いた方がいいと思います。
コメント

日舞8年目

2018-07-28 23:20:12 | 趣味
7月最終週の土曜日は8年前に日舞に通い始めた日。言うときますけど、わたしまったく踊れず。なんでこんなに物覚えが悪いのか、とさして悩まずのほほんと続けてきた結果。

この前の天神祭寄席にて、3年前のネタおろしのときも見てた方に踊りが前より良くなってた、と言っていただきヒデキ感激。
日舞の先生に褒められた話をしたら「それは(あなたが)努力をしたからです」

きゃーーーーー

先生、ヒデキ感激←せやからお前はヒデキではない。

ほんとに才能がないので、上手くなろうという意識は全然なく、先生の踊りを毎週見せていただいているのが自分の中で積み重なってるんだろうなぁと思います。
コメント

7月の最終土曜日、

2018-07-22 22:27:12 | 趣味
来週で日舞習って8年目に突入する。全く踊れないのに…。



何がよかったって邦楽に慣れたってのが一番大きいかも。
コメント

投資

2018-06-22 22:54:28 | 趣味
13年ほど前にハマってた食玩をオークションで売っています。海洋堂ではなく、リーメントの方(分かる人には分かる)。
高いものでは購入価格の2倍から3倍。300円くらいで買ったから1000円いかないくらいですが、付加価値がつくとは当時のセンスがよかったのね!←売るということが思いつかず何年もただ置いといただけなのに←しかも、一部は封も切らず。
廃番になったものばかりなのとドールが好きな人が撮影用に買うみたい。手元にあったもののうち大物家具(1000円以下)は廃番からの再発を二年前にしていて再発前はかなりの高値だったみたいです。そんときに売れることに気づけよ!!!くっ、痛恨のミス。

さて、ぼちぼち売ってるのでまだまだあるのですが、姪っ子が来たときに遊ぶようにしていたものを少々売り、母が恨めしそうなことを言うので補充しようと思いました。断捨離はどこに?
それにまた数年しての廃番後に高値がつくかもしれません←投資。
13.4年前に300円くらいで売ってたのがいまは500円の価格帯。なるほど、二倍近くで売れてるのは今のコレクターにとっては適正価格なんだな。あれ?投資になるのか??

コメント

羽織リメイク

2018-06-19 23:01:18 | 趣味
自己満足なんですけどね。
古い羽織がボトムとブラウスになりました。
解体したときに力任せにしていたので生地傷んでたり、縫い方がテキトーすぎるのでブラウスは、撮影用って感じかも(^^;
スカートもさほど完成度は高くないんですけど、一応やったぞ、てなことで。
まだ生地はあるのです。すごいな羽織。







コメント

羽織裏

2018-06-14 23:33:21 | 趣味


太鼓を入れる袋になりました。
コメント

解体

2018-06-13 20:57:32 | 趣味


随分前に買って、絶対この先着ない。売るほどでもない羽織を解体することにした。
羽織は縫ったことがなかったので、解体して布の量に驚く。これ着物に仕立てられるんでは?くらい。
太鼓のカバーにするつもりやったけど、ワンピースやらスカートやら縫えるかも。ただ…地味やねんなー。
コメント

賑やかスタイリング

2018-06-02 21:21:37 | 趣味
おばさま方や日舞の先生に大ウケだった今日のカッコ。
半衿と帯は洋裁屋さん仕入れ、ななめがけのカバンは梅田文楽の義経千本桜。ほんで着物は500円←これにも大ウケされた。
おばさま方が言うには更紗じゃないかって。これにまだ赤いキルティングカバン持ってたので、違う意味でも大ウケ。←賑やか



手ぬぐいの方が着物より高い

コメント

着物カスタマイズ

2018-06-01 23:09:37 | 趣味
発表会まで10日切ってしまったぁ!!

で、やっと発表会に着る着物カスタマイズ。
2月に買ったまま放置していた男物。これ女物の反物を男物に仕立てたようで、反物いっぱい生地がだしてあるのと、袖側に継ぎ足してありました。



ちょうどこの分がわたしには長すぎる。だけど、ここをつまむのも面倒なのでこのままいくことに。
しかし、丈は少し長い。ぞろっとぞろぞろ長すぎる。
切ってやれ。

普通に着るには着付けでなんとかできそうでしたが、後ろ面で使うので舞台上で調整できない。
切ってやれ。



※襟下の寸法がおかしくなる恐れがあるので良い子は真似しちゃダメ
コメント