天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

関西文化の日

2006-10-31 17:00:06 | NEWS
来月18日(土)19日(日)に関西文化の日といって関西の美術館・博物館などの入場料が無料になるイベントがあるそうです。
残念ながら両日とも予定があるので私はいけないのですが、施設によっては別の期間でも入場が無料になったりすることもあるらしいので機会があればどこかに見に行きたいものです。
それにしても関西にこんなに美術館・博物館などあるんですね。まだまだ、行ってないところがたくさん。サイトは見てみるだけでも楽しいですよ。

関西文化の日
コメント (2)

やまりす会~誕生日パーティ

2006-10-31 07:51:04 | 
日曜日は同級生たちで9,10,11月合同の誕生日パーティでした。
そして、鍋三連ちゃん。今日の出汁は豆乳で。入ります入ります、野菜がマロニーがエビが豚肉がギョーザが!さすが肉食獣たちです・・・。
と人ごとのように言う私ですが、私もしでかしてしまいました。
ケーキを買いに行く係りだった私。お店に行くと季節限定のショートケーキがたくさんでているではないですか?!
いや、でも誕生日会はホールケーキにろうそくが定番やし、いや、でもハロウィン限定ケーキも捨てがたく。
10分くらいお店の前で財布を握り締めて悩んだ挙句でた答えは「ホールとショートをください」
大量のケーキを抱えて現れた私を友人たちはでかした!と褒めてくれました。

ケーキは、神戸のFOUQUET'S

【ホール】
ザッハトルテ 
【ショート】
かぼちゃんプリン
かぼチョコロール
かぼちゃのモンブラン
かぼちゃパイ
金時芋のモンブラン

そりゃもうありえないくらいのカロリー。結局、日曜は鍋+ケーキの一食分しか食べませんでしたけど果たして総カロリーは一食分だったのか?
なにはともあれ、誕生日を迎えたみなさんおめでとさん。
コメント (5)

ハロウィンパーティ

2006-10-30 22:38:11 | NEWS
ところで、土曜日に環状線で大阪駅に戻ってくるとこんな騒ぎに遭遇しました。ウワサに聞くハロウィンの仮装パーティだったようです。
毎年ハロウィンの時期に環状線にハロウィン仮装をした欧米系の人が集うらしいのです。
でも、迷惑行為に当たるかとかなんとかで昨年は新聞沙汰に。今年は駅員さんと警察官に包囲されてる仮装した人々。写真を撮ろうとした私まで怒られてしまいました。
まあ、迷惑をかけない程度にする分にはいいんじゃないかと思うんですけどね。
(昨年は100名単位で集まって本当に迷惑だったらしい)
コメント (4)

事務Cの会~生駒まつり

2006-10-30 09:00:39 | 
香港グルメ紀行が終了しましたが、まだ食い倒れ紀行が続きます。胸焼けする方は胃薬のご用意を。
事務Cの会メンバーのWさんが新築の新居に引っ越されたので生駒まつり決定。
生駒駅からタクシーに乗ると運転手さんが「こんなに人が集まるって同窓会ですか?」
年齢バラバラの女性八名+ちびちゃん一名を見て「以前の職場の友達がこんなに集まることないですよねぇ。普通派閥とかあるでしょう?」
うーん、派閥って上対ペーペーとか?何はともあれ六年前に(!)一緒に働いてた私たちはいまだに仲良しなのです(今日は欠席のメンバーもいたので全員で十名)。
なかなかないよねぇ、と運転手さん感心することしきり。

生駒の新居はホントにステキ~☆Wさんのセンスが生かされたおうちにみなさま夢見心地。まさに「建物探訪」、もしくは「すて奥(すてきな奥様)」。
そして、さっそく鍋パーティ開始。
その後はKさんが持ってきてくれたお取り寄せのロングロールケーキに入刀!マロンクリームがおいしかったけど、さすがに食べきることはできませんでした。


ところで三歳のかんちゃんは、人見知りしちゃってずっとママから離れてくれません。年に数回会うのですがいつも最初からやり直し。今回も随分たってからやっと遊んでくれました。
そして、こちらも久々の再会だったかんちゃん愛するプーさんは顔が面長になっていました。
ステキなホワイトハウスを後にしたのが8時前。2時間旅をして現実世界に戻ったのでした。
コメント (2)

香港で食べたもの~機内食

2006-10-29 20:52:58 | 
さて、香港グルメ紀行も最終回(旅行のネタはもうちょっとありますが)。香港を離れてしまいましたが機内食の話です。
今回の航空会社はCX(キャセイパシフィック)。香港旅行に行くならキャセイに限る!と以前聞いたことがあったのは日本では公開前の香港映画が見れるから。私ははじめて一人一人にモニターがある機種に乗りました。すごいですなぁ、技術は進歩しています。
楽しみにしていた映画は帰りに「四大天王」を見ることができました。これは東京国際映画祭にも出展されていて、出演者が豪華な映画(ドキュメンタリー的だけど作られた部分もかなりあるらしい)です。
そして、出てきた夕食は魚料理&ライス、巻き寿司、パンという炭水化物につぐ炭水化物!すばらしきかな炭水化物祭り!行きは巻き寿司が“ソバ”でした。
食べ終わるとキャビンアテンダントさん(帰りは男性が多かった)が、「ice-cream ?」と言いながらアイスキャンディーを配り始めました。くれるっていうからに貰わないと、と行きも帰りもデザートで頂きました。ふぃー、満足。
行きは朝もはよからbeerもあおり、帰りもbeer&wine(ひとまず仕事が終わったので)で空の旅を楽しんだのでした。
・・・が、なぜか香港人の男性CA、日本人には日本の銘柄のビールを渡しているのに私にはサンミゲル(フィリピンのビール)!日本人CAにも英語でなにやら言われたのですが、も、もしかして?!
コメント (4)

Sweet Maiden

2006-10-29 11:11:27 | 


香港で食べたものシリーズも残すところ1つになりましたが、その前に灰根子ちゃんに姫カフェなるところに連れていってもらった話を。
アメ村のビルの1室にSweet Maidenはありました。実は前回お休みだったので、二度目の挑戦でリベンジですっ!
まずは腹ごしらえ(?)。明太子ソースのオムライス(サラダ付き)とアリスのシフォンという超ラブリーなケーキをオーダー、セットで1,050円(私はコーヒーもお願いしたので、1,260円)。意外とリーズナブル。ケーキのピンクのスポンジからもしっかりイチゴフレーバーが。うーむ、さすが姫カフェ、プリンセスカフェ。
店員さんはかわいいピンクのギンガムチェックのフレアワンピ♪このお店はコスプレ洋服を作っていた会社がオープンさせたとかで店員さんのお洋服も可愛いのです!
そして、本日のメインイベント・・・。お着替え!その可愛いお洋服を実際に試着させてくれるのです!着替えたお洋服でご飯を食べたりしてもいいそうですが、粗相をしたらいけないので食後にお着替えをば。
私が選んだのは女子高生の制服をイメージさせるタータンチェックのミニ。実際の学生時代はやぼったい制服だったので憧れのタータンチェック♪
着替えて出てくるとひざ上30センチの超ミニに「それで道歩いたら逮捕されるで」・・・。犯罪でしたか。Iさんのセーラー風も可愛かったし、同じお洋服を着たdogsさんとは「これで入校案内をつくらなあかん」(どんな学校だ?)。
ピンクのワンピを着た灰根子ちゃんは・・・、普通でした。ロリ服見慣れてるからね。
ちなみにここは男性も入店できるけどお着替えはNG。でも、できればここは女の子の園であって欲しい、と思いながらお店を後にしたのでした。

秘密のお写真
コメント (6)

香港で食べたもの~恆香棧

2006-10-28 23:27:05 | 
さて、今回のツアーですがホテルから空港の送迎を付けたかったのでフリーのツアーを申し込みました。(後で調べると三人だったのでタクシーでも割安だったようです)
で、三日目が4時発の飛行機だったんで昼まで自由や~ん、とどこ行こうか考えてたら10時45分には迎えにきてDFS連れていかれて(なので旅行中は大型の買い物はしなかった)、お昼にも連れていかれました。
それが「恆香棧」というお店。なんでも化学調味料を使っていないのが売りだそうな。食べるものまで決まっていたのが残念でしたが、出てきたものはおいしかったです。
ワンタンメンと菜の花の茹でたものを醤油ベースのソースで。それからミルクティーに小豆が入った香港風の飲み物がついていました。ここでは支払いをしてないのですが、割りと高いお店のようです。
ワンタンメンの麺は固めのたまご麺でこしがあっておいしかったです。スープは鶏がらのあっさり味でしたが胃が疲れている場合は赤酢を入れたらいいとのことで物は試しとスープが赤くなるほど酢を入れて完食いたしました。
コメント (2)

負け犬の会~しゃ○しゃぶ○野菜(伏字)

2006-10-28 09:36:11 | 
そろそろ鍋行っとく?と行ったのが「し○ぶしゃ○温○菜」。
ここでは肉(豚&鳥、つくね)、野菜(種類豊富、レタスなどあり)が食べ放題なので、ありがたや。
今回は肉食獣2匹と同じテーブルだったため、すごい勢いでお代わり。ちゃんと数えてなかったけど肉類は20皿近く、野菜は4皿くらい来てました。もちろん、完食。別添のコラーゲンを注文してましたが、あんなけ食べたら別添じゃなくて肉からコラーゲンを摂取してたと思いますよ。
しかも、締めのごはんorきしめんを「ごはん2杯ときしめん2人分」頼んで汁まですっからかんになるまで頂きました。私は食べてる最中に満腹で眠気が・・・。
そく考えると先週の金曜からの1週間、飲んでなかったのは二日だけ(水、木)でございます。来るべき忘年会シーズンの予行練習でしょうか?
kaoさんのブログにもその時の様子がアップされています。

さて、今回は負け犬はじまって以来の出来事が、
うるさいって怒られた!
ええ、ええうるさかったですとも。確かにうるさかったですとも。
そうですよね、安くてお肉を沢山いただけるグループでの宴会ご用達のお店でも静かにお話したい方もいらっしゃいますよね。雰囲気壊しましたね、すみません。安いお店でしたから、ついつい騒いじゃいました、私たち。席が他のグループから離れていたから個室気分で大声で話してたんですけど、安い宴会ご用達のお店で静かに少人数で鍋をしたいお邪魔でしたよね。
という訳で次回からは個室に隔離です!
コメント (3)

香港で食べたもの~糖朝

2006-10-27 13:01:06 | 
梅田にもお店がありますが、現地とはメニュー&価格が違うらしい。
ということで、糖朝です。
スイーツが有名ですが、朝だったのでお粥を食べに行きました。平日は10時からのオープンですが、土日は7時半開店。休日の朝粥の需要が多いから?
しかし、ここで誤算。名物“豆腐花”は10時からのメニューだったらしく食することができませんでした。
ですが、同行のお二人さんはお粥完食できず。とてもデザートまでたどり着けなかったことでしょう。
私はピータンと塩味豚肉入り粥32ドル(520円くらい)とチャーシュー腸粉28ドル(440円)を食べて、さらに友達のお粥に入っていたエビ団子もお片付け。自分の底なしの胃がおとろしい・・・。たぶん、豆腐花も食べられたことでしょう。

コメント

10x10我至愛演唱會in香港體育館②

2006-10-27 08:41:29 | 音楽
①の続き
ところで、正東レコードの最古参といえばケリー・チャン。デビューのときからずっと所属が変わっていないので、コンサートでも扱いは別。オープニングとエンディングを含めて三回衣装を変えて四回ステージに上がっていました。日本ではクールビューティで通っていますが、香港の自分のコンサートでは宝塚顔負けの派手派手ステージ!今回の衣装は普通でしたけど、小春と踊る姿が可愛かったです。
なかでも印象に残ってるのが、1996年のヒット曲「風花雪」(実は日本語でも歌ってたりする)とフェイの「愛輿痛的辺縁」を歌ったとき!
ケリーのデビュー当時はフェイの全盛期。ケリーもフェイのフォロワー的に扱われていたのです(顔も似てるし)。そんなケリーも今や香港を代表する明星に。フェイの1994年コンサートのときのPV(懐かしい!)をバックに歌うケリーに感慨ひとしおでした。
他には小春がフェイの「玩具」をポップに編曲して歌ってたり、孫耀威(エリック・ソン)だったかな?メイビス・ファンの「眼涙」を歌ったり。「眼涙」はジャッキーもカバーしてたよなぁ、と思うと向かいの客席から「友」の応援板が上がっていました。
陳奕迅(イーソン・チャン)だったと思うんですが、張国栄(レスリー・チャン)のPVをバックに歌っていました。レスリーの曲を私はほとんどロックレコード時代しかしらないので歌自体は分からなかったんですがスクリーンに映る少し若いレスリーの姿を見て今いるここがレスリーが生まれ育ち、そして亡くなった地なのだと思い知り一人しんみり。
他には許茹芸の曲なども(彼女もフェイのフォロワーと言われてた)。
コンサートも10時を過ぎてでてきたのは中国の歌手林苑(ジア・リン)。2曲目が「我真的受傷了」で、これジャッキーが歌ってたなぁ、と(私も)熱唱してたら曲の中盤に舞台に現れたのが待ちに待った張学友(ジャッキー・チョン)!!!!!
会場中、割れんばかりの拍手と「ほっやうー!」という呼び声(学友は、北京語では“しゅえよう”ですが、広東語では“ほっやう”)。
しかし、ジャッキー微妙な服装。上も下も同じねずみ色だからつなぎを着てるのかと思っちゃいました。あいかわらずスレンダーで、歌ってる姿が嬉しそう!
新聞記事はここら
イーソンも出てきて、場内爆笑のトーク。どっかん、どっかん、と沸いてました。意味はまったく分からないけど楽しそうなジャッキーやジャッキーの姿に喜ぶ会場の人たちを見てるだけで幸せな気分になり言葉が分からない疎外感はまったく感じませんでした。
後はイーソンと二人で熱唱。レスリーの曲などをしていたそうです。やっぱり、会場の盛り上がりは最高潮。ジャッキーって本当に愛されてるんだなぁ、としみじみしました。
11時過ぎにみんなが出てきてフィナーレ。ジャッキーは客席の人から花束をもらっていました。私も1階席ならなにか渡したかったです。
来年の夏には、単独コンサートがあるらしいので私も再渡航を検討中。
夢のような時間が終わり終演したのは11時15分。ついつい出待ちをしてしまい、ホテルに戻ったのが12時前でございました。
撮影:faye-y 香港ではコンサートへのカメラの持ち込みOKなのです!

※帰りの飛行機で映画「四大天王」を見ましたがジャッキーも出ていました^^
コメント

10x10我至愛演唱會in香港體育館①

2006-10-26 20:55:42 | 音楽
香港旅行記、食べ物の話が続いているので箸休め。
香港に行くことが決まってから、香港でのコンサートチケット代行業者旺角便利商店というサイトに行くとちょうど香港滞在中にコンサートの開催が!
よく見ると正東レコード会社の創立記念イベントで張学友(ジャッキー・チョン)や陳慧琳(ケリー・チャン)、陳小春などが出る一夜限りのイベントらしい。香港では有名歌手だと何日連続コンサートといって複数日コンサートが開催されるのですが、これに限っては10月21日の一回公演のみ。これは神様の思し召しです!

そんな訳で香港での八年振りのコンサートを鑑賞することに。開演は20時30分からでした。
座席はあまりよくなく2階席の上。

こんな感じです。日本でいうと武道館クラスの大きさ。
会場に入る前にとバレーの試合なんかでパチパチ叩いているビニール製の棒状の風船を渡されみんな叩いていました。実は日本からペンライトを買ってきてた私。ペンライトと風船はもてないので風船は諦めて持って帰ることにしました。

始まると出演歌手が出てきてメドレーを歌っています。聞くと懐かしい曲も。正東レコードは創立10年と歴史は長くないのですが、メジャーレーベルを買収しているため版権をいっぱい持っているのです。モニターには張国栄(レスリー・チャン)や王菲(フェイ・ウォン)のPVも。
いかんせん、最近の歌手は分からない上に広東語はほとんどヒアリングできないので誰が誰なのか知っている人以外は分かりませんが、オープニングには張学友(ジャッキー)の姿は見えません。
も、もしかして、ドタキャン??少し焦っていましたが反対の座席に側に「友」という光る応援板を持った一同がいたので“出演間違いなし”と胸をなでおろしました。
ところで、この光る応援板。なかなか便利でした。それぞれの歌星(歌手)の迷(ファン)たちが目当ての人たちが出てきたら応援板を上げて舞台にアピール。私はそれを見て「ああ、あの人が○○○と言うのねぇ~」と理解。特に若手の歌手にはそういう応援隊がいるので助かりました。
他には、孫耀威(エリック・ソン)や謝安(ケイ・ツェー)、許志安(アンディ・ホイ)、蘇永康(ウィリアム・ソー)、譚詠麟(アラン・タム)などが出演。
自分たちの歌だけでなく、過去のいろんな人のヒット曲を歌うので私にとっても懐かしかったです。でも、あーこの曲知ってるけど誰やったっけ?これ、アーロンが歌ってたような気がするけどこのレコード会社に所属してたっけ?という疑問は解決せぬまま。コンサートのDVD発売を待ちます。

長くなるので続く。

コメント (2)

SAYAKA2世

2006-10-26 18:07:58 | 趣味

10月に入ってワイルドストロベリーが1周年!と喜んでいたのもつかの間・・・。
きのこに侵食されていた大きな株の方がお枯れになられました。
枯れたのをいつまでもそのままにしているわけにいかないとひっこぬき、夏に収穫した種を撒いたのが2週間ほど前。
今日よくよく見ると芽が出てきているではないですか!
親株は枯れましたが、子どもが私の幸せのためにがんばってくれるそうです。がんばれ、SAYAKA2世!

コメント

香港で食べたもの~新金島蛋王

2006-10-25 12:34:30 | 
二日目の夜にコンサートだったんで、友達をエステに見送り一人夕食へ。
せっかくの香港なのでしっかり食べたいと、ちゃんとしたお店に入りました。ホテルから近く海洋城(ハーバーシティ)というショッピングモールの向かいにある雲南麺のお店です(「糖朝」の並びにあります)。
ちゃんとしたお店といっても小さなテーブルが並ぶ食事をするだけの店の名前は「新金島蛋王」。
日本語の書かれていないメニューから「酸辣豬扒米線」23ドル(360円くらい)なるメニューを。どうやら、すっぱ辛いスープで豚肉ののった麺っぽい、というイメージだけでオーダーです。
ところがこれが大ヒット!
ご存知のように中華料理といってもさまざまな種類があるのですが、中国の南に位置する雲南の料理はどちらかというとタイ料理のような酸味の味付け。酸辣湯(スワンラータン)よりもトムヤム?みたいな感じで酸味がフルーティでレモンなのかなぁ?と。上に乗ってるのは揚げた豚肉ですが、やわらかくてジューシー。さっぱりしたスープが口の油を落としてくれるんですが、やっぱり辛さが後々まで。しばらく唇がピリピリしていました。
調べたんですが、日本ではあんまり雲南料理の店はないみたいです。神戸に1店舗あるようなので、ちょっと興味有り。「香港で雲南料理に出会った~」下条アトム風に。
コメント (5)

香港で食べたもの~月映楼

2006-10-25 12:30:12 | 
二日目、朝起きたら10時半でした。
前日の4時半起きがこたえて朝寝坊。でも、二日目はけっこうハードに動くつもりだったので、朝ゆっくりして体を休養させたのでした。
Aさんはあまりの空腹に、コンビニで買ったサッポロポテトを出かけるまでに間食、のつもりが完食。おーい、今から飲茶に行くのに!と向かった先はホテル(ロイヤルパシフィック)から歩いて15分ほどの月映楼
香港ではワゴンスタイルの飲茶屋さんが減っているらしく、ここはいまでもワゴンスタイルということを調べていきました。ガイドブックにも載っているお店なんですが、日本語メニューはなし。私の語学力では何が入っている、とか蒸してるのか分かる程度。では、何故ここを選んだかというと、ワゴンを押していたり、トレイに籠を乗せて歩いているおばちゃんを呼び止めて何を持ってるかを見せてもらってから食べられるから。現物を見て注文できるので間違えが(あまり)ないのです。
その前に注文の流れを。席につくとまず「お茶はなにか?」を聞かれます。飲茶ですので、お茶はもちろんですね。オーダーをすると料金がかかると思うのですが、うーん?と考えてると「香片茶(ジャスミンティー)を持ってきますね」と言ってくれました。これはたぶん無料のお茶です。
最初に食べたのが上の写真の三つ。金魚の形の蒸し餃子(エビ)、小龍包、シーフードの蒸し餃子。
もちろん足りないので、ふかひれワンタンスープのおばさんを捕まえます。その他に野菜を茹でてくれるおばさんに春菊を茹でてもらって油の入った醤油(これが香港風)でいただきました。
ワゴン以外で欲しければ、テーブルにおいてあるオーダー表に印をつけて係員さんに渡します。香港名物“腸粉”(小麦粉を蒸してクレープ状に包んだもの、腸は出てきません)、チャーシュー肉饅を別に頼んでこれだけ食べて一人1,500円!
コメント

香港で食べたもの~許留山

2006-10-24 12:43:56 | 
20日、21日と二回行ったのが、香港スイーツのお店「許留山」
なんで、そんなに行ったかというとチェーン店がたくさん(ただし、九龍サイト)あるから。ちょっとした休憩に入りやすく、日本語メニューもあるから選びやすいんです(つまり観光客に慣れている)。

まずは、マンゴー系。生果肉にココナッツミルクに小豆が入ったものが33ドル(400円くらい)。友達はアロエゼリーが入ったものなど。マンゴーの生果肉は食べ応え満点です。

で、二回目に行ったときに頼んだのは名物亀ゼリー(私は前回も食べた経験あり)33ドル(520円くらい)。漢方薬で亀の甲羅を煮込んだかなんとかで、とにかく苦い!それを、シロップをかけながらいただくのです。漢方薬+亀で、健康にいい、お肌にいい、らしいです。
このお店では、インド人のおじさんと同席になったのですが、なぜか私たちに興味津々。「なに頼んだの?」「それ、なんだか分かってる?タートルだよ!」「北京語話してたよね?ああ、日本人。どこから?東京?」「東京は二回行ったことあるよ!」
おじさんが頼んだものはフルーツ&アイスの盛り合わせ。アイスは何味?と聞いたら「味見する?」とスプーンを渡される友達。フレンドリーなおじさんと異邦人同士楽しい会話(?)を繰り広げたのでした。
亀ゼリーの効果?一回くらいでは・・・。

コメント (2)