天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

文楽11月公演夜の部

2018-11-13 18:17:50 | 観劇
第2部 午後4時開演 
鶊山姫捨松(ひばりやまひめすてのまつ)
  中将姫雪責の段

近松門左衛門=作
女殺油地獄 
  徳庵堤の段
  河内屋内の段
  豊島屋油店の段



●鶊山姫捨松
これも見取りでの上演ですが、そもそもほぼこの段だけの上演が多いようです。
前後がなくてもこれはこれで面白い。あんまり何故?を考えなくていいから。
継子いじめなのですが、姫の人形は文楽最長老の蓑助さんが遣います。雪の中で長じゅばん姿になっていたぶられる姫!と遣う蓑助さんの頭にも雪が積もる…。
終わりがよい。うむ。

●女殺油地獄
終わりが悪いといえばこれだ。救いがないものね。
しかし、ですよ。これもよくできてる。近松、天才やなと思いました。
実際にあった殺人事件を題材にしているけどどこまでがほんまのことかは分かりません。
人形浄瑠璃で上演後は評判芳しくなくしばらく上演は途絶え、明治になって文学として再評価され昭和になり再上演となったそうです。
後味悪すぎるし、最初の上演が評判よくなかったのは分かる気がします。

バカ息子、手を差し伸べてくれる人が周りにいるのにどんどん悪い方に進んでいく。
前は不条理だ、と思ったけど、ちょっと調子がええだけの中身のない人間・与兵衛。すかっすかの人間性と対比してそんな奴でも愛してくれる人たち。いや、だから甘やかしてはいけなかったのか?母親が渡してほしいと用意するお金と粽が切ない。いつまでも、母親は子を想う。
殺されようとする母親も子を想う。バカ息子は自分の親父が可愛そうだからと殺すのだが、そこにあるのは自己愛に過ぎず、実は特別猟奇的な人間ではないんだと思う。

今回も息苦しい時間をありがとう、近松。
コメント

文楽11月公演昼の部

2018-11-12 12:31:25 | 観劇
第1部 午前11時開演
蘆屋道満大内鑑
  葛の葉子別れの段
  信田森二人奴の段

桂川連理柵
  六角堂の段
  帯屋の段
  道行朧の桂川



●蘆屋道満大内鑑
文楽にはまったきっかけは「蘆屋道満大内鑑」でボロボロ泣いたから。安倍晴明生誕の話。偉人とか怪人とか特殊な能力を持った人は異類婚姻譚により異類や幽霊から生まれるのですが、安倍晴明の場合はお母さんは狐。
落語「天神山」のもとの話というとお分かりいただけるように、狐母さんが人間との間にできた子どもと別れられないといけない場面が印象的なのですが、今回はさほどのめりこめませんでした。理由は通しじゃなかったから設定にいまひとつの入り込めなかったようです。できれば文楽では通しか半通しをしていただきたい。もしくは疲れていない時に行こう。
二人奴はこの作品から人形遣いが三人になったとのことで、動きが大きくなって見やすくなったんだろうなあと推測されます。なんと助っ人が狐仲間です。お母さん、帰らなくてもよかったのでは?
今回は代わりに「蘭菊の乱れ」がなし。菊が咲き誇る中、狐お母さんが子どもと別れることに心を乱す。たぶん前回わたしは蘭菊で泣いたんだな。秋だし、蘭菊してほしかったです。

「恋しくばたづねきて見よ和泉なる、信田の森のうらみ葛の葉」


●桂川連理柵
こちらも落語「どうらんの幸助」にでてきます。[あらすじ]喧嘩の仲裁をするのが趣味という幸助さんが芝居なんかには興味ありません。ある日、稽古屋の前を通ったら「桂川連理柵」の嫁いびりが聞こえてきました。これは仲裁をせねばと思って中に入るとこれはここの話ではないという。京都の帯屋の話と知り住所を聞き出し、船で京都に向かいます。京都につくとすでにその場所には他のお店が建っている。お店の人間が幸助さんがお半長の話を訪ねてきたと知り、とうに桂川で心中しましたと伝えると、船で来たから間に合わなかったから「電車で来たらよかった」というのが落ちです。
いっぽうの文楽の方は、14歳の女の子と38歳の男性の心中を扱った物語。実際にふたりの遺体が川で発見されたことから(お墓もある)話題になり物語になったようですが、大阪の奉公先まで送ってほしいと隣家の呉服屋に頼まれた帯屋の主人が船着き場にいたところを強盗に殺されたというのが真相ではないかということらしいです。そして帯屋の跡地には蒲鉾屋が建ち、150回忌、200回忌に法要をしたそうです。どうらんの幸助が来たころには蒲鉾屋になっていたのでした。

というわけで子どものような娘っ子とおっさんが一緒に死んでたで、はセンセーショナルな話題として炎上したことでしょう。※遺族はたまったもんやない。
そこから筋を膨らませたのが道ならぬ恋の末に心中していたという悲恋もの。※遺族はたまったもんやない。

強殺されたらしい、ということが伝わっているので当時もその節は多いにあり、それとこれとは別、で実際の事件に艱難辛苦を付け加えたのでしょう。

帯屋の夫婦は長兵衛さんと夫想いのお絹さん。長兵衛は帯屋の養子でババが根性悪で嫁にも辛く当たり、長兵衛居心地悪し。玄人さんにでも手をだしていたらこうも悩まぬものをうっかりとなりの娘さんに手を出してしまう…と。嫁さんは長兵衛をかばうのですが、妊娠していた娘お半はひとり心中しようと最後の別れに。長兵衛もそれを察して二人桂川に身を投げる…とんでもねぇな!と毎回思う。
思うのですが、[心中]という結末ありきの物語で[心中しかない]という結末にもっていくには、この話はよくできていると思います。
人間の弱さと閉そく感と。

「ちぇ、あんまりじゃわいなあ」
コメント

おこもりデー

2018-11-11 22:30:08 | 観劇
今日は一日、文楽劇場にこもってました。備忘録は明日書こう。

普段土曜日にあんまり出番を入れてなかったり、日舞には行ったりするので伝楽亭→落語→打ち上げ→帰宅が日曜っぽくて、今朝は寝過ごした!と飛び起きました。一日文楽だったので朝はゆっくり寝たかった…。

今日知ったこと
セリフ「脇腹がこむら返りになった」
こむら返りってふくらはぎが攣ることやと思ってたよ!昔は攣ること全般こむら返りと言うてたのか?ちなみに小亀さんはこぶら返りって言ってます。

文楽劇場の展示は文楽の衣装展。
これなんだ?
襟袈裟。若い女の子の着物、髪の油が落ちて着物を汚さないためのカバーで、鈴がついてます。娘がコソコソでていかないようにですって!



フェリシモ猫部×文楽せんべい買いました。



コメント

松竹座 夜の部

2018-10-15 22:42:46 | 観劇
三代猿之助四十八撰の内
通し狂言 「雙生(ふたご)隅田川」

近松門左衛門作、文楽で聞いたことのない作品です。
てことは、人形浄瑠璃から芝居に焼きなおされたのか。
市川右近改め右團次さんて割と好きなんですが、見どころたっぷり。派手な狂言てのはいいですね。
発売後すぐに買ったら3階が売り切れていたので2階にしたのですが、宙乗りがあるときはやっぱり3階席にどんどん近寄ってくる様子がいい。
今回は猿之助さん右近ちゃん右團次さんの三人での宙乗りで、荒々しさはないものの感嘆。右近ちゃんが落っこちそうな演技するんですが、あの子は肝が据わってる。
最後は水をたっぷり使っての鯉つかみ。
床の三味線は少しだけ水から遠いところでしたが…あれはダメージあるやろな、とか。最前列はビニールシートが。
最後の最後まで大迫力!
すっとしました。
コメント

文楽1部2部

2018-08-02 15:20:14 | 観劇
夏休み文楽特別公演
第1部 【親子劇場】 午前11時開演
瓜子姫とあまんじゃく
解説 文楽ってなあに?
増補大江山  戻り橋の段

第2部 【名作劇場】 午後2時開演
卅三間堂棟由来 平太郎住家より木遣り音頭の段
大塔宮曦鎧
 六波羅館の段/身替り音頭の段

阪急百貨店の催事に京都のリサイクル着物「戻り橋」さんが出店してるらしいから見に行こうと10時の開店に並んだのに出店は前日まででした。あーれー。
その後、文楽を見に行き、「大江山」を見ていたらその名も“戻り橋の段”ここにおったか…。
(余談ですがワゴンセールでB品新品のセオアルファ着物を3000円で購入、検索したところ正札40000円!)
解説のところではお子たちの人形遣い体験。9歳前後のお子さんらだったこともあり、三人使いの子どもの人形で”死人のかんかん踊り”みたいでほほえましかったです。
続く「卅三間堂棟由来」でその子どもが救命され復活していました。今まで見たことがなかったババ殺され仇討ちが。ババ様可哀相…。呂勢太夫熱演。
「大塔宮曦鎧」5年前に120年ぶりに復活した狂言。身代わりものとしては寺子屋よりも古いんだそうです。
前半からんなあほな、という展開があり、まさかの展開へ。そして、あーそうなるかという展開で締め。
人物の政治的な立ち位置が分かりにくいのですが、表現としてはストレートに入ってくる感じ。
これは舞台美術も美しくて、花の咲く庭に下げられた灯篭という幻想的な光景の中での生と死が印象的でした。

コメント

歌舞伎昼の部

2018-07-24 16:31:13 | 観劇
歌舞伎鑑賞に。
廓三番叟、車引、川内山、勧進帳。
松竹座広しと言えど、歌舞伎見た夜に生の社中で歌舞伎の真似事して遊ぶんはわたしくらいやで!と優越感。噺家さんがいたとしたも、それは仕事やし!
でなわけで移動中。
紙屑屋〜幸四郎バージョン
えっ?!

コメント

文楽三部

2018-07-23 19:58:56 | 観劇
和奏伎さんの教室で下座合わせをしたときのこと、鼓を持つ仕草でその場にいた方々から総ツッコミを受けました(稽古をつけてもらった時はちゃんとしてたはず)。
そんな訳で、文楽三部、今まで見たことがない鳴り物の方々(鳴り物の社中の方は技芸員ではない)が、舞台に文字通り引っ張りだされて来られた時にわたしは鼓の方に釘付け。打つぞ、打つぞ、打った!と思った瞬間、客席にはドヨメキが。舞台中央にいた姫さんにツノが生えていたのでした。あの演出(社中on舞台)は、ありなんだろうか?しかし、おかげさまで鼓の持ち方、打ち方は学習しました。

第3部 【サマーレイトショー】 午後6時15分開演
新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)
 野崎村の段

近松門左衛門=原作 鶴澤清治=補綴・補曲
日本振袖始(にほんふりそではじめ)
 大蛇退治の段

なにかと言えば野崎村。今回もおみつがかわいそうでした。そんなざっくりとした感想!
おみつの描き方が少女から大人という成長、悋気から犠牲という成長と片付けるには辛い。しかし、お染久松といい恋はままならぬものなのである。で、ここに親子の情愛も絡み、野崎村を後にするのでした。

日本振袖始は、どうやら東京の歌舞伎でもかかってるようで、スサノオのヤマタノオロチ退治。近松門左衛門作のスペクトルもの。
勘十郎さんが鬼になる岩長姫で、玉助さんがスサノオ。
ところで、日舞も女性が酔う場面が多いのです。お酒の場で舞踊を披露していたこともあるんでしょうけど、良家の子女もここは酔ってる所作!とかいいながら習ってたんでしょうか?と文楽に関係ないことを酒に酔う岩長姫を見ながら考えていました←集中しろ。

ところで、会場に向かっていたら仕事が終わった千歳さんと靖さんとすれ違いましたが、Tシャツ姿の千歳さんには意表を突かれました。
会場では人形遣いさんが募金活動をされてましたよ。

コメント

文楽若手会

2018-06-24 21:36:53 | 観劇
先月放送された「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」織太夫×中川家礼二の回で、織太夫さんが三味線鶴澤寛治さんのところにお稽古に行くところが流れました。大阪の真ん中で生まれ育ち芸歴25年をもってしても「訛ってる」との指導。浄瑠璃が古い大阪弁とはいえ、義太夫の修行は深く長い。
で、今日は文楽若手会でした。人形は人手が必要なこともあり、50を越えた方も若手ですが、太夫は芸歴18年の芳穂さん以下の出演。一番下が去年初舞台の硯(ひろ)太夫。一番印象に残りました。初々しくもあり、伸びやかでまっすぐ。そして、余裕すら感じました。彼が本舞台でまわる床(中華料理のテーブルみたいに言うな!)で出てくるようになるのは10年以上後でしょう。その日が楽しみです。


演目

万才
絵本太功記
夕顔棚の段、尼ヶ崎の段
傾城恋飛脚
新口村の段

コメント

和奏伎さんの会へ

2018-05-27 22:40:41 | 観劇


今日は小亀さんとこちらへ。



和奏伎さんの演奏会に小亀師匠と。端唄、民謡、舞踊と無料でたっぷり。
今年のテーマは「平家物語」で、ほーへーふーんと解説聞いて勉強にもなりました。
だから、落語は天使さんの「天下一浮かれの屑より」だったのね、と。
天使さんも大熱演でした(^^)分かります分かります。めちゃ疲れますよね。←共感

で、梅田まで帰ってきてお茶しようと。
せっかくなんで阪急電車の下にできたフードコートにいこうと来たものの、カフェメニューにうまいこと出会えず、夜ご飯は家にあるからとパンケーキにしたら1600円になった……。隣で千円弱て定食買ってきた小亀師匠「たっかー」

コメント

宝塚星組『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』

2018-05-01 23:22:12 | 観劇
『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』

落語ミュージカルですってよ、奥さん!
会場到着がギリギリであわてて劇場内で蕎麦を頂く。かまぼこがスミレっ!




いきなりですよ、はじまったらいきなり死んだ人がでてきまして、これがバリバリの大坂の言葉。(実はちょっと早口でマイクを通した声が聞き取りにくかった。以降改善求む)
大劇場に…上方の世界が広がる。

英語のタイトルながら、「地獄八景亡者戯」をベースに「朝友」(今度、生喬さんがされるとか)「死ぬなら今」をなどを取りこんだ内容…が公式発表されていますが、最初の設定からひっくり返りました。
以降ネタバレあり。




「崇徳院」のバカップル、あ、いえ、純情ペアが恋煩いの末に死んで主人公になっとった!で、河豚食べて死んだご一行は江戸から来たって設定。どうです?ワクワクしませんか?
ちなみに一緒に行った母は「落語言うてたけど落語なかったな」いえあの物語が全部落語ですってば。
地獄寄席、今なら「可朝さんが来たところ」が落語会ではくすぐりになっているでしょうが、こちらは地獄歌劇の演出の植田先生が“近日来演”←これがまた受けてたのだ。
登場者の中には貧乏神の貧ちゃん、てこれは小佐田先生の新作やがな。人形浄瑠璃や浪曲っぽい演出やらって上方文化ここでぶっこんできますかー?!やれやれー!いいぞー!この作品が東京、福岡と回るだなんでドキがムネムネです。
基本的にファンタジーで大衆演劇的なド派手な演出ですばらしきかな。男役トップの紅ゆずるさんの軽妙なコメディセンスもすばらしい。
ドタバタコメディはやがて娑婆へ舞台を移して、サゲに「そーー来たかぁ!」と膝を打つ展開。あの一言は、ほんま落語的。ふふふ。
いやー、面白かった。大劇場で笑いが何度も起こるってすごいなあ。この前池田落語ウィークで元ジェンヌさんが「まれに(かたまに)落語の授業がある」みたいな話もされていましたが、ジェンヌ落語も聞いてみたいもんだ。



後半はレビュー。めくるめくレビュー。秀樹の歌もありましたよ。薔薇は美しく散る、紅のマスカレード、情熱の嵐!やっぱりこれ見て大階段見てのタカラヅカ!
母の感想は「色がきれいでよかった」筋は分かってんのか?
ともかく楽しい公演でした。

コメント

狂言風オペラ フィガロの結婚

2018-03-23 21:54:11 | 観劇
狂言風オペラ2018
フィガロの結婚。
東京で四回、京都で一回やって大阪公演が千秋楽。
クラシックホールでの公演ながら、能舞台に設えてあるのでスイスからやってきた菅楽団のみなさんも白足袋。

演者は狂言、能、そして人形浄瑠璃。
オペラなのに歌わない。主に狂言の方々がセリフとして喋っていき話が進行します。
で、色狂いの王様(殿様)が勘十郎さんが扱う人形で語りは呂大夫。奥方様は能の方なので能面をつけて。
もちろん装束もそれぞれの本業で。
太棹の三味線は龍爾改め友之助さん。もともと西洋音楽をされてた方なので三味線の旋律が西洋いったり大阪いったり、なんかすごい。管楽に混じると三味線が打楽器というのがよく分かりました。
で、舞台の真ん中に床があるもんだから、芝居に合わせて友之助さんも小芝居を打つ。男前のファンですから(キリッ)普段床で見れない友之助さんにきゃー♪でした。
それにしても、能狂言の方々(勘十郎さんもなんだけど)所作が美しく発声が綺麗。動きの要は腰にあると見た。丹田やな。ECC時代に別の教室で狂言を教えてたけどいっときゃよかった、と思いました。←いや、日舞もまったくモノになってないんだから、あんた。

最後は「高砂や」を「結婚行進曲」で歌っての大団円。けちって二階席バルコニーにして舞台の四分の一は見えませんが上から人形の三業を観察できたしよかったです。爆笑につぐ爆笑でした。
コメント

文楽初春公演

2018-01-07 23:20:31 | 観劇
文楽初春公演

第2部 午後4時開演
南都二月堂
良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)
 志賀の里の段/桜の宮物狂いの段/東大寺の段/二月堂の段

傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)
 新口村の段

ちょっとバタバタとしていたので今日も行けないかなと思ったら午前中に目処がたったので、チケットをとって文楽に。
ぽーんと中央の二列目が空いてたので、手ぬぐいとれるんじゃない?と思いつつ。というのも豊蝶さんのアドバイス、手ぬぐい欲しかったら前の席やで。当日でこんな前が空いてるのもラッキー。

で、手ぬぐいまきタイム。わたしの前には襲名されたばかりの織大夫(咲甫大夫)が。
くださーい、というと目があってほんとに投げてくださる!が、前の人が二回もとった。一回は分かるけど二回もっ?!となりの空席に落ちたのは隣の人がとっていきまして、やっとやっとゲット。うれしいーー!



久しぶりに前の席で見たので人形と人形遣いさんの動きに釘付け。
三味線は後方から、義太夫はななめちょい後ろから聞こえる席でございました。
希さんの語りが咲甫さんみたいだなぁと思ったのと靖さんの落ち着きが急に増してる、ような気がしました。千歳さん、やっぱり好きですね。



撮ろうとしてたら、



やってきた。

コメント

文楽「夏祭浪花鑑」

2017-08-08 09:35:44 | 観劇
昨日は午後から大阪でセミナー。電車が止まりそうになったら帰るつもりでしたが、セミナー終わってからゼー六でアイス最中を食べても大丈夫そうだったので文楽劇場に。ゼー六アイス最中は二個で200円、コーヒー250円、時間の止まった価格。




夜の公演は、
「夏祭浪花鑑」先月は歌舞伎、今度は文楽。座席は人形を堪能しようと中央の三列目。私には珍しいチョイスをしたら、斜め前がいち福さんでした。運命ね…。
歌舞伎が浮世絵からでてきた世界なら文楽は音楽、音が印象に残る「夏祭浪花鑑」。前の方の席では、人形が動くカタカタという音も聞こえます。随所に聞こえてくるだんじり囃子、鉦の音。
いまだ理解は字幕に頼る私ですがえらいもんでこの演目を歌舞伎、文楽と四回も見てると字幕を読まなくても分かることが増えてきていました(時代物は登場人物がややこしいけど世話物は分かりやすい)。字幕が見えにくかったからですけどね。
それにしても、人形の迫力です。勘十郎さん、幸助さん、そして、蓑助さん。単に「生きているみたい」を通りこして違う次元。人形が依り代なのか人が依り代なのか…。
最後を語るは、団七柄の肩衣の咲甫さん。
ゾンビのように起き上がる義父にかぶさる太鼓のドロドロ。あ!この時点で人ではないのか?
そして、最後の最後に劇場全体を包むだんじり囃子。その中の夏の狂気。鳥肌が立つほどの高揚感。舞台を駆けていく団七。

文楽は、遣う方、語る方、弾く方の旬とか哀しいかな引退時期があるので、今見ておかない(聞いておかない)といけないということが多々あります。今回も行けてよかったなあと通常運行していた電車に乗って帰りました。

コメント

夏休み文楽特別公演1部、2部

2017-07-28 13:00:06 | 観劇
夏休み文楽特別公演



第1部 【親子劇場】 午前11時開演
金太郎の大ぐも退治(きんたろうのおおぐもたいじ)

赤い陣羽織(あかいじんばおり)木下順二作

第2部 【名作劇場】 午後2時開演
源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
 義賢館の段/矢橋の段/竹生島遊覧の段/九郎助住家の段

忘れ物を取りに帰ったり工事渋滞にあたったりして五分ほど遅刻。発券して慌てて入場しました。遅れて来たのでお姉さんに案内されて。
一部は子ども向けの派手な演目と筋を楽しむお話と。
金太郎が終わって外にご飯食べに行って帰ってきたら案内のお姉さんに、本当は前のお席でしたので、そちらにお移りいただいても。
あ、そうか。途中で入ってきたので後ろに座らされていたのか。
私は二等席の設定がないときは大体右のボックス席になってるところが多く、そーいえば今回はじめて床の間際の方のボックス席を押さえたんだった。




移動したら前に人もおらず、本当に床が目の前。
一幕分損したな、と思いもしたのに、ご飯を食べてから何しに来たのか?というほどの爆睡。子守唄かっ!

さて、二部までの間に外に出て用事を済ませて帰ってきて、チケットを出そうとして驚いたっていうね。

もぎられてないチケットは一部のチケットでした( ゚д゚)

もちろん、受付をくぐり抜けたうっかりさんのことをお姉さんはご存知で、
「一部と同じ席でご覧ください」

もう一度(私が思う)良席で拝聴することができました。

「源平布引滝」は以前、住処の段だけ聴いたのを思い出したほど、展開がすごい。全容を知るとさらにすごい。最後の呂勢さんの語りに集約され、また大夫さんの横顔を拝見しながら語りを聞ける至極に浸ったのでした←二部はメガシャキの力を借りて寝なかった!
第1部 【親子劇場】 午前11時開演
金太郎の大ぐも退治(きんたろうのおおぐもたいじ)

赤い陣羽織(あかいじんばおり)

第2部 【名作劇場】 午後2時開演
源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
 義賢館の段/矢橋の段/竹生島遊覧の段/九郎助住家の段

忘れ物を取りに帰ったり工事渋滞にあたったりして五分ほど遅刻。発券して慌てて入場しました。遅れて来たのでお姉さんに案内されて。
一部は子ども向けの派手な演目と筋を楽しむお話と。
金太郎が終わって外にご飯食べに行って帰ってきたら案内のお姉さんに、本当は前のお席でしたので、そちらにお移りいただいても。
あ、そうか。途中で入ってきたので後ろに座らされていたのか。
私は二等席の設定がないときは大体右のボックス席になってるところが多く、そーいえば今回はじめて床の間際の方のボックス席を押さえたんだった。
移動したら前に人もおらず、本当に床が目の前。
一幕分損したな、と思いもしたのに、ご飯を食べてから何しに来たのか?というほどの爆睡。子守唄かっ!

さて、二部までの間に外に出て用事を済ませて帰ってきて、チケットを出そうとして驚いたっていうね。

もぎられてないチケットは一部のチケットでした( ゚д゚)

もちろん、受付をくぐり抜けたうっかりさんのことをお姉さんはご存知で、
「一部と同じ席でご覧ください」

もう一度(私が思う)良席で拝聴することができました。

「源平布引滝」は以前、住処の段だけ聴いたのを思い出したほど、展開がすごい。全容を知るとさらにすごい。最後の呂勢さんの語りに集約され、また大夫さんの横顔を拝見しながら語りを聞ける至極に浸ったのでした←二部はメガシャキの力を借りて寝なかった!
コメント

七月大歌舞伎 昼の部

2017-07-16 21:47:17 | 観劇
七月大歌舞伎
わりと直前にチケット取りましたが三等6000円の席が残ってました。



「夏祭浪花鑑」
夏興行の文楽も夏祭なので続けて見れる趣よ。染五郎さんが団七で、歌舞伎の人というのは東京の人であっても大坂の言葉を完璧に操るのですごいなぁと感心しつつも鴈治郎さんの三婦が印象的。やっぱり上方歌舞伎やし。
見得を切る所作が多くて見ていてすっきりする。ストーリーはあまり共感できずも顔に火傷を負うお辰さんにはそっとケアリーヴを渡したかった。

「二人道成寺」
日舞が「老松」のくどきに入り、手ぬぐいを使っての踊りに。先生曰く、この手ぬぐいを使って情感を出すというのが難しい。「胸を動かすのよ!」→私の頭の中:ボディビルダー←違うよ!
技術に走ろうとする私たちに先生は言いました。
「大事なのは、感情、想いを込めること!」
先生、それが難かしゅうございます。
てなわけで手ぬぐいを使った踊りは道成寺ね、と言われた翌日にたまたま歌舞伎にて。
前半には「天下一浮かれの屑より」で踊る鞠つきの箇所が。あー、やっぱりこの落語かけたい…。一年くらいかけてませんが。ホンモノ見たら、一緒に踊ってしまうというリアル居候でありました。
着物の引き抜きもあって豪華絢爛な二人道成寺でした。手ぬぐいまきもありますので予算に余裕がある方は一階で。


コメント