天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

勉強し直し

2016-11-30 23:17:27 | 漢方覚書
この度の風邪こじらせ事件をもって、ちゃんと漢方やら養生やらを勉強しなおさなあかんなと思いました。切れてた漢方も買い足してきました。これでも五虎湯は買わなかったけど。全部、いわゆる風邪の諸症状に使うものです。

コメント (5)

鯨尺@落語教室第138回目

2016-11-29 22:46:28 | 落語
今日は人が多かったら見学だけにしとかともおもたんですが、人数がちょうどだったのでお稽古メンバーにマスクで参加。したものの、本調子でなくあっさりとしていただきました。年内に台本読みが終わるかどうか。なら、覚え始めろよ、てなもんですが、「そろばん」「善六さん」の発音が違うという致命的な(たくさんでてくる)ところにも前途は多難。

そして、頼まれて家から鯨尺を持参。


上のは、センチ。下のが和裁用のモノサシ。
私は和裁をセンチで習っていたので、自分のではなく家のを家探しして見つけました。竹尺のほとんどがセンチだった…。なんでやろか´д` ;
しかも、75センチほどの長尺を家から。
そろばん教室に通うこどものよう。
先生から男性の着物の寸法やら仕立て方を教えてもらいました←誰の噺にもでてきませんが。
丈を詰めるのは腰で詰めるのかなるほどな。そーいや、長襦袢の丈を詰めたのは腰のとこやったなあ(見えないので、ミシンでだーっと縫った)。
コメント

セカンドオピニオン

2016-11-28 18:27:10 | 雑記
金曜から発熱、伏せっておりました´д` ;
風邪をうつしたみなさま、すみません。
金曜は発熱がメインだったので内科へ。
でた処方が、解熱剤、咳止め、鼻水止め。
解熱剤は微熱だったため、代わりの麻黄湯で代用。すぐに副鼻腔炎になったり声代わりになるので、咳止めと鼻水止めだけ服用。
今日は熱は下がったものの、症状の改善ないまま歯茎が腫れる、嫌な予感がして耳鼻咽喉科に駆け込むと副鼻腔炎になっていました。薬飲んでたのに…というのも耳鼻科の先生曰く、風邪ひいてるときにこの鼻水止めを飲むと体内に風邪菌が溜まるから飲まないで。

ひとつ賢くなった…。

あとは、レンコン湯(レンコンをすりおろし、汁に生姜などを入れて煮て飲む)パイナップルなど喉の炎症を抑えるのをひたすら飲み食いします´д` ;
鼻水が喉や歯茎、目やにの原因だったのかー。

コメント (2)

引き続き

2016-11-27 20:06:14 | 雑記
休養中。

喉の痛みにいいらしいので、パイナップルを買いに行きました。
コメント (2)

休養中

2016-11-26 19:05:22 | 雑記
引き続き…
コメント

管理不行き届き

2016-11-25 22:14:09 | 雑記
風邪ひきました。
しかも、発熱つき。

振り返れば、兆候はあったのに見逃してしまった!
あ、インフルエンザではありません。
養生します。
コメント (4)

土産

2016-11-24 20:40:56 | 
遠征時にいただいたお菓子たちは会社でのおやつに。





和田ラジオパッケージのまんじゅうは会社への手土産に。


コメント

稽古会とサプライズ!

2016-11-23 23:09:07 | 落語
企画スタート時は違いましたが、結果的になでしこ稽古会となりました本日。
ちろりさんの誕生日前日だし、ちりとてちんの定休日だしなんかしよう→ランチ会?
いやいやそれなら稽古も→いやいやそれなら打ち上げやるでしょ→ランチ会はやめにしてお稽古会と打ち上げに。
そうなるとサプライズケーキはいるでしょ!と、いち福さんがでっかいケーキを手配してくださり、ちりとてちんの二階に隠す。みなさんの到着を待っている間に自然と座談会。

あ、ちろりさんがまんじゅうに手を出した( ̄O ̄;)

結局、ネタをバラして一階におりてもらいました。でも、やっぱりサプライズは成功かな!←ポジティブ



私は土日からまだ頭が切り替えられず稽古はできませんでしたが、みなさんのを見て勉強になりました!



コメント (4)

さよならを待っている

2016-11-22 23:24:10 | 音楽
裏ドリワンダーランド2016




去年のワンダーランドで選ばれなかった曲のコンサート。ここ8年くらいと20代の頃の曲をよく聞いていたので、懐かしく胸はずむ曲がたくさん。オープニングはほんま懐かしい「さよならを待っている」あー、よくカセット式のウォークマンで聞いてたなあ。



さて、席に置いてあったお面は節分までおいておくものではなく演出で途中12000人がほぼ全員かぶり、ライトが落ちるとお面が光ってるという。いろいろ考えますなあ。
たっぷりの二時間半!あんな曲やこんな曲を歌い、笑い、涙して今年最後のドリカムでした。
2年後?には再びのワンダーランド、そして、30周年らしい!

コメント

事件は会議室で起こってるんじゃない!

2016-11-21 15:35:57 | 落語
さて、お待ちかねスーツケース事件を時系列を追ってお話したいと思います。
事件は会議室で起こってるんじゃない小亀が起こしてるんだ?!

今回の遠征、松山マドンナ寄席の前日土曜日に小唐人寄席が同じく松山市内であり、それのゲストだった小亀師匠は19日の朝の便で松山に入りました。
松山入りしてからは、ご飯を食べに連れて行ってもらったりしてフェイスブックにも充実した様子がアップされていました。広島の楽屋でもそれを見ながら小亀師匠が順調に松山入りしたことをみんなでほほえましく見守っていたときに衝撃の投稿。

「カギをなくしてスーツケースが開きません」

は?

てか、着物どーするん?
いや、なんでスーツケースにカギしてるん?
(大半の人はカギをしない派)

小亀師匠に聞き取り調査。
飛行場の保安検査場を通るときに、カギ、携帯、タバコなどはだしてカゴに入れて検査場を通りましょう。という注意書きを読んで、わざわざカバンからスーツケースのカギをだしてカバンと同じカゴに入れたまま取るのを忘れた、とのこと。そりゃ、ポケットからやがな。

この記憶が即座に蘇った師匠がみんながどうしやうと頭を寄せて考えはじめた瞬間にこう言い放ったそうです。

「壊そう」

小辰さんの証言、そこにためらいはなかった。
会館のお姉さんがもってきた道具一式にバールのようなものはなく、カナヅチとドライバーでトントンカンカン。
それは開場10分前にはじまり、開場10分後まで続いたそうです。その間、会場に響く…きの音ならぬカナヅチの音。

ちなみに解体現場の写真撮影は師匠本人←

小亀師匠の証言「開いた瞬間には歓声があがった」
かつてこんな一体感を開演前にもった落語会があったでしょうか、いや、ない。
虎ふくちゃんが師匠のことを仲間うちに報告するのを盛ってると思われていたけど、ほんまやったんや、現代に喜公がおるんやと証明されたと涙ながらに語っていました。←誇張表現あり

さて、解体されたスーツケースは養生テープで止められ、とじて、開いて、テープ止め、とじて、開いて、テープ止めを繰り返し最後はヤマトの集荷センターから大阪の自宅へと送られました。



この話を昨日はトリのマクラで使わせてもらい、ネタのくすぐりで使って小亀師匠を踏み台にしたのは私です。
コメント (2)

巡業終了

2016-11-20 23:50:20 | 落語
松山マドンナ寄席無事…無事?終了しました。

開口ゼロ番 のぼ亭こなつちゃん「猫と金魚」
わいんさん「死ぬなら今」
小亀さん「ピカピカの一年生」桂三枝作
ばじるさん「鈴ヶ森」
虎ふくさん「長短」
仲入り
ちろりさん「ちりとてちん」
ゆ乃月「仔猫」

鍵を忘れて、ねじあけてつぶして開けたスーツケースと記念撮影。小亀噺をマクラでふり、くすぐりで入れて小亀師匠を踏み台にした私。




ちろりさん
コメント

ポンコツ!?

2016-11-20 01:07:02 | 落語
ありがとう広島!

ただいま、松山へ向かって移動をはじめました。

遠征にむけてネタの稽古はしてたんですが、なんとなく気もそぞろだったのが日常生活。昨日書いた通り新幹線に乗り遅れる、

草履、帯板、カメラ、メガネ忘れる…

ポンコツ!きゃは(≧∀≦)

着物着たら袖付けのところがほつれてる→着物脱いでで裁縫道具を出してきて直す→やれやれ、と座った途端に「バリッ」→お尻のところが破れる→着物脱いで裁縫道具を出してきて直す

わたし、もってるやん?
ネタが「金明竹」だったので、古道具→古手の着物というマクラで使ったらウケました。

でも…小亀師匠はそのころスーツケースの鍵をなくして、トンカチでこじ開けてた´д` ;


小亀師匠のスーツケース事件には敵わなかった…´д` ;
恐れ入りました。

コメント (2)

いてきます!

2016-11-19 09:14:07 | 落語
広島に向かってます!!

…予定していた一本後の新幹線で´д` ;
乗り遅れた。無駄になった指定券。



次ののぞみの自由席の通路側に座れてほっとしていたら隣の窓側の人が新大阪で降りていき、コンセント確保の上、隣ふた席空いたまま( ´ ▽ ` )ノついてないけどついてる!

同じく関西から広島に向かうちろりさんはおとなびのため一足早い便に。明日共演の小亀さんは飛行機で松山へ。

ちろりさん「みんなおなじところ向かってるのに行きかたいろいろやね。人生みたい」←

そうですね!電車に遅れたけど!新大阪の階段でこけたけど!てか、私の人生そのもの?!

てな訳で、愉快な旅のはじまりです。
コメント

今日はここまで@落語教室第137回

2016-11-18 21:49:39 | 落語
参加人数が少ないと思いきや、やはりの長丁場となりました。
お客さんもいらっしゃっていましたが、いつも以上に盛りだくさんで他の教室ではない相談も多々…。

1、噺の中の位置関係の把握
生徒Aさんの前で先生と私が登場者になって位置の確認

2、着物を仕立てるにあたっての相談
先生が紋についての考え方やらこんなんありますよ、てな話。
無地の着物には紋をつけた方がいい(オサレという意味)と聞いたので、紋のシールでも買っておこうかと…。

3、三味線と唄の音曲教室
前回に引き続き

4、時間制限
私がラスト。レコーダーをセットしてから稽古スタート。
宴もたけなわ、ふとレコーダーを見るとすでに28分が経過。

私「先生、今宵はこのあたりで…」

先生はまだいけるご様子でしたが、私の方から申し出て授業は終了したのでした。
コメント

冬への準備

2016-11-17 17:14:25 | 漢方覚書
季節が冬に向かっているものの、すごく寒いとかめっちゃ寒いとかではなくて寒暖の差があるこの季節に油断しがち。
本格的に秋の野菜が食卓に並ぶようになると実質、“夏野菜の摂取制限”です。外食なんかで全部外して食べる、まではしませんが、わざわざスーパーで夏の野菜は買いません。冬はトマトやらきゅうりやらナスの調理はしません。
そうでなくても、果物(りんご除く)やら白菜やら生の大根やら秋冬の野菜でも「体を冷やす」要素のものもあるので。冷やすものを絶対とらないのは無理ですし、そこまでする必要もないのですがまあなんのかんのと外食やらお菓子やら「体を冷やす」ものは多いのです。

さて、風邪をひく前にうてる手はうっておくべし。
1、蜂蜜を常備する→殺菌作用がある。喉がちょっとおかしいかな?の時にはスプーンひとさじ。会社にも常備。
2、暑さ、寒さに敏感になる【冷え対策】→カイロ(めぐりズム含む)も常備。ぞくぞくっとするのは首の後ろの風門てツボ。レッグウォーマー、はらまき(いざという時は首にまく)も夏に続いて持ち歩く
3、食べ物に気をつける→常識の範囲内で

それプラス。入手しやすいハーブティがありますよ。西洋のハーブティPUKKAをイオンが扱ってました。

PUKKA
エルダーベリー&エキナセア 有機ハーブティー 



入ってるのは…。リコリス、ジンジャー、アニスシード、ビートルート、エキナセア、エルダーフラワー、オレンジピール、ペパーミント、エルダーベリー、ローズヒップ、アセロラ、オレンジ搾汁、カシス香料

エキナセアとエルダーフラワーは、免疫力をあげるハーブとして有名。薬じゃないのでめっちゃ効くということはありませんが、気休めにしても体には悪くありませんので。
※リコリスが入っているので甘草が入っている漢方を飲んでいる方はご注意を。

コメント