平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

花子とアン 第2週「エーゴってなんずら?」 ~5年後のGO TO BED!

2014年04月12日 | その他ドラマ
 手紙丸写し事件から5年。
 成長したはな(吉高由里子)が登場した。
 この登場シーンが素晴らしい。

 本を読んできてわからない単語が出てくると、辞書で調べるために廊下を走る。
 当然、ブラックバーン校長に怒られる。
 しかし、5年前のはなとは違う。
 しっかり英語で返事が出来る。
 ここのシナリオ上手いですね。
 的確に<変化>と<成長>を描いている。

 だが、5年前と変わっていない所もある。
 ブラックバーン校長に相変わらず”GO TO BED!”と怒られてしまう所(笑)
 5年経っても、はなは、はななんだな~とわかる。
 三つ子の魂百まで。
 とはいえ、今回の”GO TO BED!”は5年前とは少し違う。
 ブラックバーン校長は、はなのことを認めている。信頼関係やある種の友情がある。

 それと細かい所だが、はなが廊下を走って曲がる時は、横にスライドして曲がる(笑)
 これも5年前と変わってない。

 <変化><成長>と<変わらない所>
 見事なキャラクター描写だと思います。


コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« SMOKING GUN~決... | トップ | 小林麻耶に山本彩~金曜日の... »

コメントを投稿

その他ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

花子とアン (第12回・4/12) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第2週『エーゴってなんずら?』【第12回】の感想。 スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな(山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限...
NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第12回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな (山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限 謹慎を命じられる。 退学は免れないだろうという周囲の予想に醍醐(茂内麻結)は心配するが、はなは自分...
花子とアン (Akira's VOICE)
第2週「エーゴってなんずら?」
花子とアン 第12回 (レベル999のgoo部屋)
内容 課題のブラックバーン校長への手紙が、 スコット先生の書いた手紙を写した物とバレてしまったはな(山田望叶)は、 謹慎を命じられてしまう。 そんな折、父・吉平(伊原剛志)がやってくる。 事情を知り、一緒に謝ってくれる吉平。 するとブラックバーン校長は、は...
花子とアン第2週(4.7-12) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
沢山の本を読みたいという夢を叶えるために 東京の女学校に編入した安東はな@山田望叶だったが、 図書室の本がすべて英語の本だったことに愕然、 英語の授業に悪戦苦闘して、脱走を試みたり、 盗作した文章を宿題として提出、退学の危機を迎えたりするが、 周囲の人々の...