BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

ピザ窯。

2019-03-21 11:15:55 | ご報告
ご存知の方もおられると思うが、
房総の山中には「村のピザ屋 カンパーニャ」という名店がある。
ピザが食べたくなると必ず訪れているうちに、
オーナーシェフの K氏 とのお付き合いが始まった。
K氏 は厨房のピザ窯だけに留まらず、
ご趣味の範囲でもピザ窯を作っておられる。

そんな折、トレーラーハウスビレッジの方から
ピザ窯製作のご依頼を受けた私は、即座に K氏 に製作を依頼。

ほぼ全ての製作は K氏 の豊富な知識と経験によるものだが、
移動可能な便利さと、最後の仕上げ部分、架台は私が製作する。

「乾燥の火入れが終わったよ」〜との連絡を受けて K氏 の元へ直行。
ピザだけではなく、様々な料理が可能な重厚で立派な窯が完成していた。


私の注文で、ベースの分厚い鉄板には、ユンボで吊れるアンカーボルト が装備され、
重量 250キロ の本格ピザ窯を軽トラで移動できる仕組みだ。

この写真を見た DOX スタッフが、
「BOSS の友達って、皆さん雰囲気が似てるよね」と言った。
確かに、私もそう思う。


世の中に無いもの。
人がやらないこと。
本気で頑張らないと出来ないもの。
時間を忘れて没頭できること。
トラブルと悩みをこよなく愛せること。
わかる人にわかって欲しいこと。
わからない人には分からなくていいこと。

そんな思いが原動力なので、色白で華奢な人は極めて少ない。

私の人生、あと何人の「悩める天才」に出会えるのだろうか。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 《オヤジの壺》唯一無二。私... | トップ | ピザ窯の搬入 »
最近の画像もっと見る

ご報告」カテゴリの最新記事