BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お約束のキャンプサイト

2012-03-29 18:50:59 | ご報告
「ベロベロバー」をご存知だろうか?
お酒をたくさん飲んで、少し正気を無くすことを、そう言う。
しかし、ここへクルマでいらっしゃる方々にとってアルコールは御法度。
~で、「ベロベロバー」になるにはドウすればいい?
答えは簡単。ここに泊まれば良い。

"Southern Valley" は4月で半年が経つ。
「タコ焼き奉行」はじめ、「バレンタインBBQ 」「ホワイトデーカレーランチ」など、
様々なイベントを行ってきた。
その収益は芝や施設のメンテナンス、今後の宿泊設備のために貯蓄している。
(その前にちゃんとしたクラブハウスを造れ?)
ところが、次々に難問が現れてなかなか資金が溜まらない。

それでも「ベロベロバー」したいキャンパー達は(テントを持ってればキャンパー)
「宿泊設備なんかいらない。テントが張れれば良い」とおっしゃる。
~で、気合いを入れて造成した。



山側からの雨水を防ぐ土側溝を掘り、キャンプサイト全体を整地した。
軽トラ20回分の砂をブン巻き、私は腱鞘炎になった。







今週末に降りそうな雨の後、ホワイトクローバーの種を撒いて緑地化し、
フェンスとドアを付けて1ヶ月間の「立入り禁止」で養生するので、
ゴールデンウィークには緑地となったキャンプサイトを使って頂けると思う。

テントの無い方、ご用意を宜しくです!




”ホワイトデー・カレーランチ”

2012-03-18 18:45:53 | ご報告
「富津地方では昔からホワイトデーにはカレーを食す・・・」
~なんて言う嘘から始まった変な企画だが、
微妙な天気にも関わらず多くの方々のご参加で盛況だったようだ。
というのも、今日のホストはリュータロー&ミズキに任せ、
私はDOXでの留守番だったので、詳細を掴み切れていない。
それでも、MMP氏とミズキの写真から、
きっと楽しいランチパーティーだったことは容易に想像できた。

今回の企画をお願いし、食材の仕入れから下準備にご尽力頂いた
スモモ&ゴマゾウ家を始め、調理のお手伝いをお願いしたメンバー様、
オフ会を主催なさり、多くのお肉をご提供くださったワサビ家に
心から感謝申し上げます。









途中で雨が降ったらしいが、それほど寒くなかったとのこと。
茶色い芝生がまだまだ冬っぽいが、イタグレ達も楽しく遊べたようだ。





美味しそうなカレーのお土産を戴いたので、私の夕食にご馳走になります!



さてさて、次回のオモシロ企画は何だろうか? 


大雨のあと・・・。

2012-03-06 17:00:59 | ご報告
地元の人でさえ「本当に雨が多い」という3月。
私も色々と多忙になって久しぶりの "Southern Valley" となった。

まずは一回り歩いてみると、長雨の直後ということもあって水たまりが多くできていた。
治水には気を配ったが、これだけの敷地だと簡単に水を征することはできない。





雨水が運ぶ土で埋まってしまった側溝を復旧するアイリー&オルカのパパ。
すぐにマービンパパも参加して元通りに戻してくれた。
その向こう側では "雑草ピンキーズ" の女性陣が出始めた雑草をバスター。
最も雨水が流れた側溝も、ゼロ&フランキーのパパがすっかり片付けてくれた。







あの忌まわしき 3.11 。一年前の今日も私はここにいた。
今では皆さんが使われるエントランスの進入路をユンボで開拓していた時の出来事だ。
静寂だった " Southern Valley" に低い地鳴りが轟き、山が揺れて足元が揺れた。

あれから一年、今日の "Southern Valley" は久しぶりの晴天と暖かさに恵まれ、
ここに集う皆さんと愛犬のくつろぐ姿に幸せを感じる一日となった。
モノに恵まれ、便利すぎた日々から脱却することも、"Southern Valley" の存在意義の一つではないだろうか。



14時46分~
「皆さ~ん、東北方面へ黙祷しましょ~!」の私のかけ声に、皆さんが頭をたれ、手を合わせ、
イタグレ達も慣れない光景に沈黙した静寂な一分間だった。