BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

仕上げ作業は時間がかかる。

2011-08-29 08:17:09 | ご挨拶
土木工事や道路工事などの大きな作業が終わり、
いよいよオープンに向けての仕上げ作業が続く "Southern Valley" だ。
ゲートの細かい造作や塗装、電気配線や給水配管など、
地道で時間のかかる毎日にブログ更新もままならない。
特に親方・ダービーパパの作るトイレは様々な造作が詰め込まれるため時間がかかる。



DOX のイメージを持ち込みたいから造作は私が行っているが、
不思議なもので、選ぶ材木や作り方、塗装の色などに私の趣向がハッキリ現れ、
遊びに見えた方からも「やっぱりここも DOX ですね」と言って頂いた。

海から「ショーちゃん」ことジェイク&ブルースのパパがやって来て、
早朝から空が茜色に色づくまで塗装に集中なさっていた。
すっかり陽に焼け、一回りガッチリした後ろ姿に「継続する重労働」の日々が伺える。





そんな折、ジュリエッタ・ジャイロ・メトロ・レイ家が遊びに見え、
芝刈りの時間が取れずにボウボウのフィールドで走り回った。
冷たくて甘いスイカを有難うございますっ!

まだフェンスのない敷地内を探索するワンコの姿を横目で見ながら思う。
「あと少し、もう少しで、沢山のイタグレがここを縦横無尽に遊び回るんだ」。



最後まで考えがまとまらなかった「メインドッグラン→サウスドッグラン→イーストガーデン」の
主要3カ所を結ぶ通路の方法も、やっとのことでヒデさんと最良の策を捻り出した。
そのために必要な3メートル33センチの長い移動式フェンスを2枚作った。
このフェンスの造作だけでも2日間を要した。



今日はリュータローの公休日。彼もまた休日を返上してDOXを守っているが、
さすがに今日は休ませて、私も久しぶりのパソコンに向かっている。

明日からの雨で、またまた作業の遅れが気がかりだが、
「ヤレば、終わる」「キリがない。なんて、有り得ない」~を心でつぶやき、
約3週間後に迫ったプレオープンに向かって 、軽トラ・ハイジェット号を走らせる私である。




地道なラストスパート

2011-08-19 09:06:25 | ご報告
DOX Field "Southern Valley" の完成とオープン日程は日記でお伝えした通りだが、
完成が近づくに連れ、作業内容が非常に手間のかかるものになって来た。
ユンボ君やダンプなどでグワァ~グワァ~と荒っぽい土木工事を行い、
バキバキッ! グワッシャーン~と木を倒したりした作業が懐かしく思える。
ここ数日は、岩手に旅立ったモッちゃんが残してくれたフェンスドアの組み立てや塗装、
ダービーパパによる電信柱の補強など、地味で時間のかかる作業が連日行われている。

写真の四角く組んだ物体はドッグランに入る時のドアゲート。
DOXの入口と同じように、ワンコが出ないように二重のドアとなる。
この二重のドアが3カ所、シングルのドアが8カ所、計14枚のドアを設置する。
ドアの設置が終わったら外周をフェンスで囲い、ドッグラン部分は大まかな完成に至る。







来週24日には東電によって正式通電されるからトイレの稼働も間近だし、国道などにも看板を掲げる。
最近は「山主ヒデさん」との地道な作業に明け暮れる毎日だが、
最近出番の少ない「山主ケンさん」には大事な仕事が残っている。
それは、国道からフィールド入口に至る約200メートルの「荒れた道路」の整地だ。
ユンボ君を Southern Valley から連れ出して行う大作業になる。
この「荒れた道路」をスムースにクルマが走れたとき、まずは全体の完成と見て頂きたい。

お盆中の作業

2011-08-16 08:11:35 | ご報告
お盆中ではあるが、ダービーパパが知人の電気屋さんを連れて来てくれた。
トイレの建家が出来たことで、電気の本線工事を行った。
東電に申請して、仮設電気を撤去すれば電気が普通に使えるようになる。
私はロメオリンダパパが切り刻んでくれた材料を組み立ててフェンスドアを作って過ごした。





そして昨日、スモモ&ゴマゾウ家が《元祖・雑草バスターズ》として早朝に現地へいらした。
芝で元気に走り回り、林内を夢中に探索。疲れればダンボールのベッドでお昼寝。
朝から夕方まで自由に遊ぶスモゴマを見て、「早く完成させたい」という想いが更に募る一日だった。







同行したピケ&ボンのパパは、初めて動かすユンボ君と格闘していた。
草刈り機で苅った草をユンボ君で集める作業だが、さすがピケボンパパ、
私よりもユンボ操作の習得が早い。2時間もすると草ボウボウだった土地がキレイになっていた。



さて、日記でもお知らせしたことだが、「モッちゃん」ことロメオ&リンダのパパが岩手に旅立った。
ピケボンのブログで一足先にスクープされてしまったが、「かっこいいモッちゃん」には女性メンバー様の中にファンも多く、
ご本人の了解を得て詳しい経緯をご紹介しようと思う。

<あらすじ>
世田谷・二子玉育ちのモッちゃんは、ピケボンママのお友達であるミナコさんとのお付き合いを経て、身を固める決意をした。
ミナコさんは岩手のお寺がご実家で東京在住。モッちゃんは「お坊さん」になる決意も同時に固める。
昨日、一足先にご実家に戻られたミナコさんを追うように岩手に引っ越したモッちゃん。
今後は震災の復興をしながら過ごし、来春からは京都で修行僧となる。
きっと立派なお坊さんとなって岩手に戻ることだろう。

<あとがき>
DOXのメンバー様というだけではなく、雑草バスターズの主要メンバーとして、またはロメオ&リンダのパパとして、
ほんの数年ではあるがモッちゃんとは密度の濃いお付き合いをさせて頂いた。
まだ完成には至らないDOX Field であるが、彼の功績は非常に大きいし、彼の人柄は尊敬に値すると言っても過言ではない。
誠実で裏表がなく、男気があり、この上なく優しい。背も高く細い。
「まさに天職」となる人生と出会ったモッちゃん。末永くミナコさんとお幸せに!(ロメオ&リンダも) 
そして、貴方に出会った全ての人たちがそうであったように、もっと多くの人々を「安らぎ」に導いてください。

東日本大震災の復興と、修行僧の厳しい試練に立ち向かう日々が待っていますが、
どうか時間の合間をみてDOX や Field に出向いてください。
ここに、DOX Field の《会員ナンバー No.1 》を進呈させて頂きます。



一昨日、内々で行った《行ってらっしゃい会》で私がプレゼントしたT-シャツを着て出発の挨拶に来てくれたモッちゃん。
こんなところのチョットした気遣いが彼らしい。
DOX Field の発展を願って、ポスターまで首に下げての撮影となった。
では、出来れば10月23日の《第19回・イタグレの集い》で再会しましょう!

彼もこのブログを見ています。一言お残し頂ければ幸いです。  DOX-BOSS




[夏期合宿」が終了しました!

2011-08-06 12:43:18 | ご挨拶
トイレの建家を造る3日間の「夏期合宿」が終わった。
結果から言うと、「完全完成」には至らなかった。
それは、断続的に降る雨のために何度も作業の中断を余儀なくされたからだ。
それでも想像を遥かに超える出来映えの建家が形になった。

壁面を造るダービーパパとロメオリンダパパ。
いよいよ、出来上がった壁面を基礎に立ち上げてゆく。
時折激しい雨が振り、幾度となく中断される作業に気持ちが焦る。








ヒデさんは黙々と「屋根だけクラブハウス」のバンブーハウスを組み上げる。
どうもズボンが緩いらしく、何度もズリ落ちるズボンをたくし上げていた。
そんなヒデさんの奥様が自転車で現れ、何やら大声でヒでさんに叫んでいた。
「ちょっくら家に戻ってくらあ」と言って、戻って来たヒデさんが手にしていたのが生きてるマムシ。
奥様が畑のミョウガを採っていたら出て来たらしい。さすがに迫力のある面構えだ。
( "Southern Valley" では見たことがないのでご安心を!)







ところで、私は蚊が嫌いだ。好きな人などいないだろうが、大っ嫌いだ。
血の気が多いから、いくら血を吸ってくれてもかまわない。ただ、痒くしないでもらいたい。
~で、夕方には「2丁拳銃」ならぬ「2丁蚊取り」となる。そして大声で「キンチョウの夏っ!」と気合いを入れると刺されない。
この3日間はヒデさんの奥様が昼食を用意してくれた。全ての食材は自家製で、メッチャ美味しい!





この合宿では "Southern Valley' からクルマで5分ほどの「山の上ホテル」にお世話になった。
景色も食事も、お風呂も最高だった。
ただこの山の上ホテル、時代の流れでお客様が減り、客室の多くはお年寄りの宿泊施設になっている。
近々には一般のお客は宿泊できないようになる。ある意味、残念だ。





クルマで通う時間が省ける効果は絶大だし、大きなお風呂とビールの効果も手伝って仕事が非常に捗る。
それでも時折降る雨に手を止められ、次第に焦る二人に申し訳ない気持ちが募る。
私の希望で光の降り注ぐ屋根を張ってもらった。きっと明るくてさわやかなトイレになるはずだ。







「夏期合宿」の最終日は金曜日。平日なのに謎の男が海からやって来てくれた。
雨の中でも手を休めず、黙々と雑草を抜く姿は、まるで何かに取り憑かれたたようだ。
平日なので名前は明かせない。



そんなこんなではあったが、最終日の夕方には、完全完成が想像できるくらいに建家が出来上がった。
しかし、肝心のトイレ本体を設置するには至らず、ただただ雨を恨むばかりだ。
あたりが真っ暗になる頃、非常に残念ではあるが「夏期合宿」を終える時間が来た。





また日程と段取りを組み直し、一気に完全完成に持ち込む決意をした私たちだが、
お盆はホテルDOXが超多忙になり、ビルダー達も現場へ向かえない。
その間、私とヒデさんはバンブーハウスの完成とドッグランフェンスの作業に従事する。
では、またのご報告をお楽しみに!





~と、「夏期合宿」のご報告が終わりと思いきや、
今朝になってロメオ&リンダのパパが、「トイレが最後まで出来なかったのが残念ですっ!」と、
急遽、ドッグランのドアをDOXの車庫で造ってくれることになった。
木製のドアは全部で14枚。夜になって時間切れとなったが、あとは私がコツコツと仕上げる。
人がいいと言うか真面目と言うか、あの細い身体のどこに、あんなパワーがあるのだろう。



では、またのご報告をお楽しみに!