BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

林内ドッグラン

2010-07-30 18:43:03 | ご報告
まずは大ニュース! 「親方」ことダービーパパが「男のオモチャ」を買った。私と同じジープ君だ。
「ハワイ島は、みんなコレだから」という訳の分からない理由で、ナンバーも801(ハワイ)。



絶好の木陰を有する「林内」に造った2カ所目の簡易ドッグランは、まるでキャンプ場のような佇まいになった。
地面もフカフカで気持ちがいい。そこにテントを張ったらオジサン3人の会話が弾んで作業にならなくなった。

 

ここを掃除していたら、折れたケヤキの枝が気になった。
落ちてきたら危ないのでジャンプして取り除こうと試みたが届かない。ジャンプ力には自信があるが、背が足りない。
そこで、少し危険が危ない行為だが、ダービーパパの操作するユンボのバケットに小鉄のパパが乗ってグィ~ンと上昇。
見事に枝を払い落としてくれた。



さて、明後日の日曜日のケンさんはユンボでメイン・ドッグランの整地に入るが、
私とお手伝いの方々は林内の更に奥、「奥林内」の探索と整備を行う。
奥林内とは、林内を伐採していて見付けた山の裾野の「隠れ家的」な秘密の場所。
明るくなった林内の中でも更に奥にあるこの場所は、できるだけ手を入れない「癒しスポット」にしたい。

明後日の日曜日、「男の遊び」を体験したい方は是非ご連絡ください!

この記事をはてなブックマークに追加

7月の内覧会が終わりました。

2010-07-26 12:14:52 | ご報告
週末の2週連続で行った内覧会も昨日で終了した。
トイレも水も無い不便な中、多くの方々にお越し頂き心から感謝申し上げます。

私達は引き続き、フィールド内の造成に汗を流しているので、いつでもご連絡いただいて
ご来場願いたい。私が現地にいる時ならいつでも「内覧会」ということです。



現地へのまともな進入道路が無い今、私のジープ君は非常に心強い相棒として働いてくれた。
道なき道をグイグイすすむには最強のクルマだ。
そのジープ君、先日ひょんな場所が壊れた。只今ディーラーに入院中。
そんな中、知り合いのカスタムショップから預かっていた15年選手のチェロキーちゃんが
大活躍。高速では少々心もとない走りのチェロキーちゃんだが、林道へ入ったら本領を発揮してくれた。
6インチアップで車高が高く、イタグレだって走ってすり抜けられる。便利なのでもう少し乗ってよっと!



朝もやのこぼれ陽が美しい林内での一コマ。神々しいほどの景色だった。
ここが歩けないほど鬱蒼とした竹林だったとは・・・。



さて、8月の初旬には待望の4トン・ユンボ君が登場する。ローンで買っちゃいました。
ユンボ君が来るまではトイレ・井戸・電気などの打合せを徹底的に行う。
そしてお盆休み前あたりから本格的な造成に入る。
とにかく、これからが人の手が必要となるので、どうか宜しくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

内覧会用フェンス造りました。

2010-07-16 01:12:39 | ご報告
Aiランドからフェンスネットの一部を運び出し、DOXフィールド候補地に設営した。
内覧会の詳細はDOX日記をご参照のほど。



何十年も放置されていたケンさんの山に突如現れた人工物。それは簡易フェンス。
ダービーパパがフェンスを組み立てている間、私はひたすら草狩機で「地面ごと」
雑草を取り除いた。湿った地面は全身に跳ね返り、頭や顔はもちろん長靴の中までドロだらけ。



もう梅雨は明けたのか? 夕方になって美しいコントラストを見せる青空と雲。


この記事をはてなブックマークに追加

雑草バスターズ 2010

2010-07-12 08:47:35 | ご報告
DOXフィールド造成の進行上、奇しくも投票日と重なってしまった。それでも多くの方々にお集まり頂き、作業は一気に進んだ。
この調子なら、Aiランドから簡易フェンスを運び込み、今週末の内覧会を開催できるかもしれない。
「まだ予定かい」と叱られそうだが、雨の状況で進行状況が変わってしまうからだ。

DOXフィールドの造成作業は大きく分けて「メイン・ドッグラン&トレーラーハウススペース」
「セカンド~サード・ドッグラン&まったりスパース」「林内&癒しスポット」の3カ所に分類できる。
今日のケンさん&ユンボ君は「メイン・ドッグラン&トレーラーハウススペース」を。
雑草バスターズは「セカンド~サード・ドッグラン&まったりスパース」に戦いを挑んだ。

この「セカンド~サード・ドッグラン&まったりスパース」の竹林は半端ではない。
ビュンビュン刈込んでガンガン燃やしても一向に減った気がしない。
とにかく深い竹林なのだが、今日のバスターズの面々は凄かった。何かに取り付かれたようにバンブーをバスターしてくれた。
中が真っ暗な林内をバスターし続けると、向こう側の明るさが徐々に見えて来る。
もっと続けるとパァ~ッと光が差し込んで来る。この達成感と言ったら言葉に表せないほどだし、切り出した竹を灼熱の中で燃やし続けるファイアーマンも嬉しくなる。

本日初参加のサクラ&アオバのパパは、その穏やかな風貌に似合わず立派なファイアーマンだった。
猛烈な火の勢いに臆すること無く、まさに火中で竹を燃やし続けた。
同じく初参加のロメオ&リンダのパパは、まるで新庄選手のような引き締まったボディーと長い手足を操ってグングンと切り出した竹を斜面から引きずり下ろす。
本日の最年少青年は、羨ましいくらいパワフルだった。

 

直前にご参加を表明なさったマフラーのパパも初参加。止まることの無い黙々とした作業は「縁の下の力持ち」そのものだった。
ご存知ピケボンパパは、出で立ちからして素人ではない。険しく難しい斜面の竹だが、草狩機を巧みに操って切り倒していた。
「親方」ことダービーパパは、初参加の面々に気を配りながら現場を明るくもり立ててくれる最強のムードメーカーだ。

  

ケンさんはというと、「メンバーが多いので安心だ」とばかりにアチコチに火を放った。メンバーの皆は「大丈夫なの?」と不安そうだったが、メイン・ドッグランは「戦火の跡」の様相を呈していた。
きっと、本物の戦場の風景ってこんな感じなんだろうな。と思った。



ケンさんは大量の杉や竹をユンボでガンガン焼却場所へブチ込む。そんな戦場のような焼け野原に、一人の戦士が黙々と木々を集めて燃やしていた。ジェイク&ブルースのパパだ。
「雑草バスターズ 2008」では、火の周りで踊るジェイク&ブルースのママの姿が話題になったが、今日の彼もまた、妙な踊りを披露してくれた。(きっと、シャッタータイミングの悪戯なのだろうが・・・)

 

さて、7月17日(土)&18日(日)と、24日(土)&25日(日)の4日間で予定している内覧会のメドが立ってきた。しかし、雨の影響等で確実に行えるとは言い切れない。
今週の平日には簡易フェンスの設置を行うので、DOX日記での確認をお願いしたい。

呉々もお願いしたいが、現地はまだ作業途中である。地面は凸凹、戦場の後、トイレも水も無い状態だ。だからビックリなさらないで頂きたい。
それでもフィールドの規模の大きさや素敵な場所の数々は自信を持ってご案内できると思う。皆様には想像力を発揮して頂き、「美しくなったフィールド」に想いを馳せて頂けたら幸いだ。

今後の《雑草バスターズ》だが、これからは地道な手作業が多くなる。よって、「いつ」ということなく仕事は山積みだから、お手伝いにご参加いただける方はご連絡を頂戴したい。
私や現地の都合(ケンさんの都合)や人数によってはご予定に合致しない場合もあるが、是非とも楽しみながらのご参加をお願いしたい。
また、かなりの暑さが予想できるが、「お盆のバスターズ」も企画している。お盆休みに「身体を鍛えたい方」「ダイエットご希望の方」「美味しいビールや水を飲みたい方」「お家に居づらい方」はご連絡ください。


この記事をはてなブックマークに追加

凄いぞユンボ

2010-07-08 20:04:57 | ご報告
昨日に引き続き早朝から富津へ出発した。昨日の雨空とは打って変わって晴天だ。
今日はケンさんと自分の二人作業だが、待望のマジックハンドつきユンボが登場した。
昨日まではチェーンソー&草狩り機で伐採し、細かい木々だけ人力で木々を焼却現場まで運んでいたが、
今日からは一気に仕事が進む。でも、昨日までの数十倍の火力は暑い。こっちまで燃えてしまいそうだ。
今日は8時間の作業中に3リットルの水を飲んだ。その間、オシッコは一度もしていない。全て汗。



話が脱線するが、私もかつてはスポーツジムへ通っていた。
筋力マシンも、水泳も、サウナもやった。
でも、性格上「勝負」や「分かりやすい結果」がないと気力が長続きしない。
きっと人間性の欠陥で、漠然とした努力と我慢が苦手らしい。
しかし、勝負の時や、目の前の結果が見えかかっているときの集中力は自分でもあきれる程に強い。
このDOXフィールドの「開拓作業」は私の仕事&人生の勝負どころでもあり、
日に日に「伐採して向こう側が見えて来る達成感」は非常に分かりやすい「結果」だ。

このユンボは借り物だが、中古でいいからユンボが欲しい!
写真は、2カ所の焼却場所でガンガン燃やすユンボ効果。


今週末7/11(日)の《雑草バスターズ》へのご参加募集中!
さらに、7月第3週&第4週の土日(予定)で行う内覧会の詳細はDOX日記を!

この記事をはてなブックマークに追加