BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GW 真っ只中

2014-04-29 17:13:13 | ご報告
バラと一緒に植えたクレマチスが綺麗に咲いた。
葉っぱ好きで、花にはさほど興味のなかった私も
クレマチスの可憐な白は素直に「可愛い」。



ゼン&モウコ家のウッドデッッキ造りが始まった。
数日後に行われる「芝貼り」の準備で入れた砂も平らにならした。



今まではリースで借りていた地面を固めるプレートコンパクタだが、
「清水の舞台」で新品を購入。
半ちゃんの頑張りで予想をはるかに超える安価で入手できた。



そして夕方、ほぼ完成したウッドデッキ。
真面目な外人 Mr. アレックス も道具を駆使して頑張っていた。



只今 GW 真っ只中。
しかし今日の "SV" は昼から軽い雨に見舞われた。
さて、明日の天気はいかがかな?

キャンプサイト(テントスペース)

2014-04-27 22:15:00 | イベント
夕陽ケ丘の一部にキャンプサイトを設けた。
広さ約200坪。大きなテントでも6~8張りできる広さだ。
今後は水道や電気コンセントも設する予定だが、
強固なフェンスとドアを設置したので
連泊でもテントを張りっぱなしにできる。

特にご予約は不要だが、テントの設営は先着順。
もしも満杯状態だったら他のスペースに設営できるのでご安心を。
ただし、キャンプサイト以外は張りっぱなしはできないが・・・。

テント料金は一張り 1,000円だが、フィールドメンバー様は無料となる。

GW はまだまだ続くので、キャンプに最適な今の季節に是非どうぞ!
なお、暖かな日中でも朝晩は冷えるのでご注意を。








第24回《イタグレの集い》を終えて。

2014-04-21 12:44:15 | イベント
昨日4月20日(日)、第24回《イタグレの集い》が終了しました。
天候不順の寒空にも関わらずご参加頂いた皆様に心から感謝いたします。
また、徒競走コース設置の方々、ご出店頂いた皆様にもお礼申し上げます。

集合写真は "SV" のトイレハウス受付デスクにご用意させて頂くので、
ご参加いただいた方はご自由にお持ち帰りください。
足りなくなったら補充いたします。



ジプシーだった会場も "SV" ができてから6回目の開催となり、
少しは進行もスムースになったように思う。
なお、進行方法やお気付きの点が有りましたら、
ご来場カード等にお書き頂き、グリーンポストへご投函ください。
もちろん匿名で結構です。
より快適な "集い" に発展させて行きたく思います。



今回は余裕をカマしての新しい試み、
「アメカジショップの出店」に挑戦させて頂いた。
今回は "OUT SIDE " さんのご出店に加え、
自由が丘のターコイズ工房 "Horizon Blue" さんにも急遽ご出店頂いた。

DOXハウスのウッドデッキは「まさにショップ」~のようだった。
この写真を見ると「えっ? どこの南国?」みたいな雰囲気でしょ?



「俺の趣味なんて皆さんに共感してもらえないよな~」なんて不安だったが、
そんな心配をよそに大勢の方々がお買い物を楽しんでいらした。
二人の店長さんにも「予想を越えた売上で大満足です!」と喜んで頂いた。



私は今まで、バングル(腕輪)を買ったことがない。
何故なら、「飾りのための装飾品」には興味が薄いからだ。
よってバングルもファッションで身に付けるものであり、
「道具として必要なものに拘る(こだわる)」という信条から外れてしまうと思っていた。
それでもターコイズやシルバーが好きな私は長年に渡たり、
様々なショップでバングルを「試着」して来た。
おそらく50回や100回ではないだろう。
それでも心躍らず、購入に及んだことは一度もなかった。

ところが今回、"Horizon Blue" さんのバングルに、ある種のスピリチュアルを感じた。
今までの、「ファッションのための装飾品」とは一線を画す存在感とディティール、
更には「お守り的」な、または「作者の誇り」を強く感じた。
私にとっての「ファースト バングル」は奇しくも、
自分の愛する "SV" で出逢い、そして私の腕に巻かれたのである(大袈裟!)。

おだてに弱い私は、店長の「このサイズとデザインが似合う人はそうそういません!」~という
「それ言っちゃダメでしょ~」の言葉にヤラれた感はあるが、
山仕事でゴツゴツな手、日焼けでマッ黒な腕に良く似合う気がするから頭が悪すぎる。
~で、めでたくご購入。



余計なことをご報告したが、徒競走の結果などは
DOX DIARY(DOX 日記)をご参照ください。

重ねまして、ご来場、お手伝いの皆様に心から感謝申し上げます。

最後の写真は本日のスタッフ。












たまには・・・。

2014-04-08 08:30:09 | ご挨拶
"SV" 周辺は笹毛という地域。
昨日、「笹毛の老人会」に誘われた。
私も、もう老人という意味か?

いやいや、若かりし頃のヒデさんが老人会発足スタッフの一員であり、
そんな関係で私にも「協力せいや」とお呼ばれした訳だ。
一升瓶を抱えて伺った場所は笹毛の公民館。
お子様からご老人まで50名を越える大きな集会だった。

写真は真竹をくり抜き、研いだ米と水を入れて炊くだけの
シンプルな「竹ご飯」。
けっこう感動的なお味で、今度 "SV" で挑戦してみよう。



先日テレビを見ていたら「フルーツサンド」の作り方をやっていた。
無性に食べたくなってコンビニを数件廻ったが置いていない。
でも、どうしても食べたくて自分で作ってみた。
具の材料は地元の「スーパー吉田屋」で、
イチゴ・キウイ・マンゴーを用意した。



テレビのレシピ通り、作ってから1時間ほど冷蔵庫で冷やし、馴染ませたが、
具の量が多すぎて、正本のフグ引き包丁でも上手に切れない。くやしいっ!



"SV" メンバー様にお裾分けさせて頂くため、
写真の10倍もの「醜い」サンドを作ってしまった。
今度、絶対にリベンジします!


ホイップクリームに加糖する際、
素材であるフルーツの甘さを確認することを学んだ。
そしてキウイなどの、酸味の強い素材の量も大切。
素材の甘さ、素材の味質を見極めて加糖する難しさを知った。
皆さん、これからも「ボスズキッチン」の犠牲者になってくださいね!

綺麗な芝に思いを込めて。

2014-04-04 07:21:16 | ご報告
平日にも関わらず、チェエ&ウメ家のご夫妻が
メインドッグランの「砂撒き」にいらした。
お忙しいなか、休日を返上しての作業に頭が下がる。



只今、メインドッグランは 1/4 ほどの砂巻きが進んだ。
サウスドッグランを含めると作業は 1/6 というところか。
今月20日(日)には《イタグレの集い》が予定されており、
作業が可能な日が限られてきたので
「砂撒き」と「芝が青くなるタイミング」が
間に合うかどうかわからない。
でも、大切なことは美しい芝の育成であり
イベントとのタイミング合わせではない。
人海戦術以外にないこの作業だから、
皆さんの作業ご参加には心から感謝申し上げます。