BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

動物取扱責任者の講習会 2017

2017-06-29 19:43:15 | ご報告
私が年に一度だけ電車に乗る日。
そうです。動物取扱責任者の講習会です。

今回のテーマは《動物の感染症》と、
《動物取扱業者における災害時の危機管理)》



感染症については皆様ご周知の通りだし、
愛犬の病気は獣医師の診断に従う以外ないので割愛。

「言われてみれば衝撃的」〜だったのは災害時の危機管理だ。
講習会では2011年に起きた東日本大震災の実態が報告された。
ペットの実情については報道規制がかかった、
公にされない悲惨な事例も伝えられた。
よって、ここでも文章にしないが、
愛犬に起こる悲劇を回避するためのアドバイスだけは伝えたい。

《犬の咬傷事故》
救護隊員は災害時の教育を受けており、多くの命を救うために、
まずは自身の安全を第一としている。
よって、環境が一変して興奮した犬の中には攻撃的になる
犬も少なくなく、そうした犬に救護隊員は近づかない。
また、犬自身に伝染病がなかったとしても、
自然動物には伝染病を保有する種類が少なくなく、
飼い犬が自然動物に接触しているとも限らない。
だから、救護隊員は攻撃的な犬には関わらない。

【お願いー1】
愛犬においては1頭でも多く確保され、収容されることを願うが、
災害時は人間の命と衛生を第一に考える。
救助されるための希望的可能性ではあるが、
愛犬は普段から「フレンドリーな犬」に育てることが大切。

【お願いー2】
愛犬用の「避難用具」を備えて頂きたい。
1. スリングバッグやケージ、クレードルなど。
2. 新鮮な飲料水とドッグフード。
3. 匂いの漏れないウンチ袋、ペットシーツ。
4. ペット名・住所電話などを記載した迷子札。
5. 消毒液・除菌スプレー・伸びる包帯などのファーストエイドキット。
* これらをセットしてリュックバッグに常備する。

ホテルでもあるDOX 店舗はソーラー自家発電であり、
常時 800リットルの熱湯が貯蓄されている。
よって、ドッグフードと飲料水は確保できているが、
災害の規模によっては決して安全とは言えない。
それでも危機管理としてスタッフがミーティングを行い、
起きた被害に対応するよう努めている。
今後は "SV" における災害時の危機管理を考えたい。

災害は起きなければラッキーだが、
起きた時に「何も用意していない」はダメだと思う。

「何も用意しないのなら、用意している人に頼ってはいけない」
〜それは言い過ぎかもしれないが、
それくらいの気持ちでいた方が良さそうだ。





久しぶりの「オヤジ の壺」。

2017-06-26 08:20:23 | ご報告
このブログは、基本的に "SV" での日々をご紹介しているが、
たまに、私の趣味や興味を書いた「オヤジ の壺」を割り込ませて頂いている。
「ツボにハマる」〜から来る「壺」なので、
ご覧の多くの方々には読むに値しない内容だと思う。
それでも、私のような変なヤツに興味を持たれる方も少なくなく、
適当な数の応援も頂いているので続けている。

「BOSS は雨の日など、何してるの?」〜と訊かれることがある。
その度に私は「私にはヤリたい事が山ほどあるのだよ」〜と答えている。

今回の「オヤジ の壺」は「刃物ケース」である。

下の写真は伝統工芸士の先生に特注した藪鉈(ヤブナタ)」。
草木や竹をかき分けて行う "SV" の開発には欠かせない道具だ。



鉈自体は完璧な出来栄えなのだが、
ケースは自分の使い勝手に合わせて作るしかない。
〜で、雨の日を利用して、2日で完成した。



木材は木場の名木店で用意しておいた黒檀(コクタン)。
刃物に沿った美しいカーブを表現しながら、3枚の木材を切り出した。

得意なレザークラフトを駆使して作ったベルト通し。
革は極厚 4ミリ の牛革。最も重なる部分は 12 ミリ になり、
ボール盤で穴を開けてから麻糸で手縫する。



「無骨な藪鉈にオシャレを!」〜という思いで真鍮製のスタッズを打った。



ちなみに、私が造るモノには「大前提」がある。
それは、「付属のモノや市販のモノに納得できない」〜という場合に限ること。
つまり、優秀で素敵なモノには敬意を払って使わせて頂くが、
どうにも納得がいかなかったり、使いにくい場合に限って自分で作る訳である。

今回、伝統工芸士の先生が鍛えてくれた鉈は実に美しく強靭な作品だったし、
付属のケースも普通に使え、特に問題のあるモノではなかった。
しかし、本体の鉈の「美しく質実剛健」に比べたら・・・。〜という感じ。

山の斜面で足を滑らせ、最悪の場合、転がり落ちることも想定される。
そんな特、鋭利な刃を持つ鉈やナイフがケースから抜けると非常に危ない。
実際に 9 年前の "SV" 開拓初期、足を滑らせて軽く転んだ時、
ひ弱なケースから抜けたナイフで怪我をした経験がある。
よって、道具のケースには並々ならぬ執着を持つ私であります。



優秀な道具は総じて強靭で美しいものだが、
ケースまでも強靭で美しいか? 〜というと、そうばかりとは言えない。
その昔、「DOX」〜にちなんで、「BOX」というブランドを立ち上げようかと思ったぐらい、
私はケースやボックス作りが好きなのでした!


自分で伸びた芝は強い。

2017-06-24 07:08:27 | ご報告
キャンプサイトの二重ドアが完成。
最初のアドバイスは伝えたが、製作はダイジローに任せた。



キャンパーがクルマから荷物をドアの中へ入れる。
外側のドアを閉めたら内側のドアを開けてキャンプサイトへ。
ドア内のスペースはそのために広く作った。



"SV" では初めての頑強なフェンスネットを設置。
その出来栄えには、モンクの付けようがない。



下の写真は、7年の間にフェンスから伸びた芝。
人工的に張り込んだ芝に比べ、
自分で伸びていった芝は密度も高く非常に丈夫。



モノゴトを伝えるコツは、大切なポイントを要領よく伝え、
あとは失敗を恐れず全てを任せることかもしれない。
それでも上手くいかないのなら、
それは教える側に問題があるのか、
教わる側に気合が足りないのであろう。

"SV" 最強の戦士、「草刈マサオ君」での作業をダイジローに任せた。
刈り込む方向や作業効率に苦戦していたが、なかなかの仕上がり。



器用だったり要領が良い人は、元々の性質だとは思わない。
ややもすると「器用貧乏」なんて揶揄されがちだが、
そういう人は、観察力や行動力に長けていて、
実はとても努力家(〜な部分がある)なんだと思う。
私はそういう人になりたいし、そういう伝え方をして行きたい。


最近、「感無量」が多い。

2017-06-12 18:58:10 | ご報告
リニューアルしたエントランスゲートのドアが付いた。
還暦を迎えて「赤いモノ」を頂くことが続いたせいか、
とっても赤が好きになったようで、
エントランスのドアも真っ赤に染めた。



反対側はコンな感じ。



エントランスゲートにいるついでに、
"SV" をほぼ全域見おろせる場所から写真を撮った。

10年近く前から、何度この景色を見てきただろうか。
そして今日が最新の「この景色」になるわけだが、
細かい作業の積み重ねで変化してきた「この景色」に感無量。

最近、「感無量」が多くなった。
きっと、「とりあえずヤラなきゃ」〜の時代が過ぎ、
ダイジローに教えながら「丁寧に造る」〜という時代に入ったからだろう。
だから、終えた仕事にはソコソコ満足しているし、
広大だった空間が私の想いに染まってゆく姿に、「感無量」なのかもしれない。

この "SV" 、私の中では「まだ半分の開発」「まだ半分の出来栄え」であり、
納得までの道のりは遥かに遠い。



ヒデさんとダイジローによってジョン家の屋根材が半分以上張られた。
高いところが苦手な私は照明を取り付けた。
明日のお天気が上々ならば、すべての作業が完了する見込み。



屋根作りが終わると、作業はキャンプサイトの「ドアの二重化」に移行する。
やってもやっても、終わりの見えない予定に感謝!

『シンバの脱走』お詫びとご報告

2017-06-09 19:37:49 | ご報告
先日、 DOX アイドルの若獅子シンバが DOX ガーデンから脱走した。
無事に連れ戻したが、捕獲にお手伝いいただいた皆様と
ご心配をおかけした皆様にお詫びとお礼を申し上げます。

DOX ガーデンのフェンスは "SV" で最初に設置したフェンスで、
かなりの箇所が痛んでいたのに補修の手を抜いていた。
アイドル達が「オバアちゃま」ばかりで安心だったが、
シンバは若くて外の世界に興味津々。
るんるん気分で遠出してしまったらしい。

ドッグランや各所のドア&フェンスには随時気を配っているが、
破損や問題箇所を見つけた折には
トイレハウスのホワイトボードでお伝え願いたい。
「このくらいなら・・・」〜という箇所であっても是非お書き込みください。

明日の土曜日の天気は大丈夫そうだが日曜日が怪しい。
よって、明日のアクアラインは渋滞が予想されるのでご注意ください。