BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

焼けば喰えるぜっ!

2011-10-30 19:39:54 | ご挨拶
《イタグレの集い & グランドオープン》から一週間が過ぎた。
昨日も今日も"Southern Valley" にはメンバーさん達が訪れ楽しく遊んでおられた。

一年近く前、小鉄&ウランのパパが置いていった七輪と炭があるのを思い出した。
ヒデさんが干物と野菜を調達してくれてお昼ご飯にオカズが増えた。
そのヒデさんがバケツをもって山へ消え、銀杏を持って帰って来た。
~で、銀杏焼き。ウマイッ!

 



ここ "Southern Valley" での贅沢は「とにかく喰うこと」と「昼寝」だ。
私も、人のざわつきを感じながらの昼寝が大好きで、
ウツラウツラしながらの中途半端な昼寝がいい。
スモゴママの口元の微笑みが、私と趣味が似ていることを表している。



ちなみに、来週の日曜日はリュータローが「パピーのフィールドデビュー」でここへ来る。
ワクチンが終わって初めて外へ出る可愛いパピーの走りが見れるかも。
皆さんも応援しに来てください!

《第19回・イタグレの集い & グランドオープン》

2011-10-26 13:04:25 | ご報告
劇的な天気の回復で行われた《イタグレの集い & "Southern Valley" グランドオープン》。
やっと写真の整理ができたのでサラッとお伝えしたい。

《集い》の開会と《"Southern Valley" オープンセレモニー》は、
Club DOX 会長:ダービーパパ、
副会長:ピケボンパパ、
フィールドリーダー:ジェイク&ブルースパパ:
相談役:ジュリエッタ・ジャイロ・メトロ・レイパパ
バスターズリーダー:小鉄&ウランパパ
山主&フィールドキーパー:ヒデさん ~のご挨拶で始まった。
(顔面露出公認者はボカシなし)

 

 

 

サプライズで、私や妻のNoco、リュータローにまでプレゼントを頂いた。感無量!

 

《集い》での皆さんのお楽しみぶりは、それぞれのブログをご覧頂くとして、
まずは《徒競走の結果》をお伝えしたい。

パピークラスの優勝はマーク君。2位はガブ君。3位はシャバーナちゃん。

  

レディースクラスの優勝はアロちゃん。2位はユキちゃん。3位はエマちゃん。

  

メンズクラスの優勝はロディ君。2位はヴィト君。3位はジュピター君。

  

無差別級チャンピオンシップ、総合優勝はアロちゃん。2位はヴィト君。3位はユキちゃん。

  

レースはいつもながら白熱を極め、ワンコを見るより、ゴールで叫ぶオーナー様のお顔が楽しかった。

  

私、最近ではデジイチを持ち出すことが面倒になった。~で、皆さんから写真を頂くことが多い。
今回の写真は "Southern Valley" 公式カメラマン「MM家」による作品。

   

特に次の写真は私のお気に入り。こんな素晴らしい作品を見せられると、「写真家モドキ」の血が騒ぐ。
"Southern Valley" の作業も一段落ついたし、またまた本気で撮りまくろうかな・・・。

今やカメラの性能が向上して、良いカメラとレンズを手に入れれば「ピントが合ってブレていない写真」は簡単に写せる。
大切なことは被写体に対する愛情だったり敬意だったり、撮る人の心の深さや素直さみたいなものだと思う。
狙ったにしろ偶然にしろ、それもまた実力のうちなのだ。
素敵な写真は人の琴線に触れてこそ、単なる記録を超越した「作品」に昇華する。

  

「アイフォン(?)で撮った」という、こちらも "Southern Valley" 公式カメラマンのフェンダーギブソンパパの作品。
夕陽のシルエットとなって浮かび上がったケヤキが美しい。



"Southern Valley" の楽しみのひとつは、季節ごとに移り変わる季節の徒然を写真に収めること。
そんな風情のなかにイタグレの姿が絡めば言う事無しっ!
広いトイレハウスの壁面を利用して、そんな写真を張り出せれば素敵だと思う。

日記にも書いたが、 "Southern Valley" のご利用には
入会金と年会費が必要な《フィールドメンバー》だけでなく、
ご利用の度に料金を頂く《ビジターメンバー》への登録が必要だ。
これは病気などの感染を防ぎ、安全で快適なフィールドご利用には欠かせない登録となる。
当HP から《申込用紙》《承諾書》をプリント・ご記入頂き、
《狂犬病・混合ワクチンのコピー》を添えてご提出願いたい。

特に、今後《ビジターメンバー》として "Southern Valley" をご利用なさることが予想される方は、
準備としてご登録願いたい。
"Southern Valley" 現地での受付はできないので、DOX 店舗か郵送でお申込ください。

今週末も、現地で皆様をお待ちしています!




















準備、着々と。

2011-10-12 08:56:18 | ご報告
来る10月23日(日)の《クラブDOX主催・第19回 イタグレの集い》&
《DOX Field "Southern Valley グランドオープン》まで10日ほどとなったが、
「自画自賛タイプ」「褒められ好き」の私としては、
今だ未完成の "Southern Valley" に納得できていない。
しかし、「未完成」という言葉自体、僭越で無知な私の思い違いだった。
草木の営み、雨風の影響、季節や気候の変化など、自然との共存が大切なのだ。
それらを "Southern Valley" で知り、地元の協力者に学んだ。
次は、ここを利用する方々に伝え、みんなで維持し、発展させて行きたいと願っている。

そんなふうに、発展途上の夢多き "Southern Valley" に思いを馳せて頂き、
アレやコレやと楽しいお話が出来たら、今回の《イタグレの集い》は大成功となる。

国道沿いに立てた看板も台風に耐えてしっかり踏ん張っているし、
エントランスのサインも朝陽に輝いて、ゲートの逆光も清々しく感じる。









ここは光の織りなすコントラストに富んでいて、写真好きの方には面白い被写体が多い。
夕暮れ前のメインゲートやバンブーハウスの長い影も私は好きだ。





今日の時点では青さを保っているメインドッグランとサウスドッグラン。
どちらも10日先の《イタグレの集い》まではせめて、その美しさを発揮してほしい。





「気になるな~、俺が片付けてきます」と、見事に溜飲を下げてくれたゼロ&フランキーのパパ。




さて、《BOSS 特注・幕の内弁当》のご注文も次第に増え、
お土産用の「知る人ぞ知る」~《ジャンボ肉団子》のご注文も増えている。
この肉団子、数年前からすっかりハマッている我家のオカズ。雑草バスターズにもファンが多い。
肉屋さんの肉団子らしく、国産牛肉を使った、ちょっとツナギの多い
昔ながらの懐かしい肉団子で、とにかくデカい。10個入りパックで400円は肉屋さん曰く、
「広告用の赤字商品で、顧客へのサービス」。申し訳ないほどのコストパフォーマンスだ。
当日は、もしかしたら《焼き鳥》を焼いてくれるかもしれない。
《BOSS 特注・幕の内弁当》も《ジャンボ肉団子》も、まだまだご注文受付中!

さらに、保田の《いさばや》さんが干物の出張販売を行ってくれる。
今回は新鮮な干物を3種類、午後1時から4時までの時間限定でご用意くださる。
《マアジのひらき》は5~6枚入りで 1,050円 ~ベーシックな干物の王道。
《サンマの醤油干し》は4枚で 680円 ~甘くない「みりん干し?」とにかく旨い!
《イカの一夜干し》は2枚で 630円 ~ビール好きにはたまらないっす!
こちらの干物は注文・予約なしで、当日の「売り切れゴメン」となる。

★ "Southern Valley" に飲み物のご用意がない。そこそこタップりご持参ください。
  (運転のない方はアルコールもOK)
  お土産のご希望のある方は、クーラーバッグやボックスをご持参ください。

★ ドッグラン内にイスなどをお持ち込み頂けますが、ロープを張るタイプの
  タープやテントは、イタグレに危険ですので避けてください。

★ 当日は8:30amから受付開始。メインゲート下、トイレ小屋前で受付してください。
  
なお、明日の10/13(木)、DOX は 臨時休業させて頂きます。








慣れたもんだっ!

2011-10-04 19:48:37 | ご挨拶
最初の写真は急遽開拓した「新駐車場」。
約500坪を2日で伐採。2日で整地。排水溝も埋設した。
もう、ほとんど「株式会社 DOX 土木工業」。慣れたもんだ。

DOX Field "Southern Valley" の私有地が始まるエントランスの看板。
この看板から敷地内を見下ろすと、「新駐車場」が見える。







今月23日(日)に予定される《第19回・イタグレの集い》まで、今季最後の仕上げをマッタリ楽しもうと思っていたら、
3日間の《プレオープン&内覧会》にいらした方々が次々に遊びにみえた。
きっと、良いところだから来てくださる訳で、とても嬉しい。





気がつかないうちに、ラブ・アロ・チャイのパパがヒデさんのお手伝いをしていた。
しばらくすると、ロディー・キースのママが慣れた手つきでインパクトドライバーを自由に操っている。
男性でもそれなりに難しい電動工具を使って竹のフェンスを組み立てて行く。腰の入り方が玄人っぽい。
そこに、それぞれのパパやママが参戦。ヒデさんは、どの人とどの人がご夫婦なのか混乱したようだ。







《プレオープン&内覧会》では、「まだ DOX に行ったことがないんです」という方や、
「リュータローさんには会いました」という方もたくさん来られた。
だから、私の顔を見ても、「これが DOX のオヤジ」だとお分かりにならないのは当然だ。
私は私で、作業着を着てトイレ小屋を造ってたりするから、
私から「こんにちわ~」とか声かけしても、「愛想のいい職人さんだな~」みたいに思われたらしい。
その証拠に、やはり初めてお会いする方と昼食をご一緒したとき、メンバー様との会話の中で初めて、
私が「BOSSと呼ばれる DOX のオヤジ」だと分かったらしい。
たしかに、ブログに登場する私の写真の多くは顔をボカしている。
でも、ご挨拶なさる相手が分からないというのは、その方に対して申し訳ないので、
恥ずかしいが少しは露出しようと思う。
ゼロ&フランキーのパパが、トイレ小屋の前でフェンダー&ギブソンを抱っこする私を写してくれた。
なにやら、背後に「トイレの神様」のお二人が写り込んでいる。(写真公開了承済み)



なお、只今、当 DOX-HP の新しいコンテンツとして《DOX Field "Southern Valley"》を開設すべく、
少ない時間の合間を縫って作成している。
今までの《DOX Field 計画》は《Southern Valley 徒然ばなし(仮名)》として継続するが、
「DOX Field の入会方法」や「決まりごと」、「ここで出来ること」や「遊び方」などを詳しくご紹介する。
やっとこぎ着けた先日の《プレオープン&内覧会》まで、ここを造ることに精一杯で
運営方法やら使い方、約款や規約まで頭が回らなかった、と言うより、全て手探り状態だったから、
ボンヤリとは見えていても文章にするには至らなかった。
やっと、"Southern Valley" の全体が形になり、皆様にワンコと遊んで頂き、ご意見を伺ったりして、
ようやく考えがまとまって来たので、もう少しお待ちください。