BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

断捨離。それは私にとって最大の苦悩。

2018-09-28 08:29:34 | ぼやき
断捨離。それは今、私がなすべき行動。
じゃないと、東京の荷物が “SV” に入りきれない。

下の写真はその昔、DOX の顧客様達と体育館を借りての
バスケットボールに使っていたシューズ。
当時、新しく新調したが1回しか使っておらず、
「仕事用に下ろそう」〜と保管していた。
〜で今日、使おうとして出したらご覧の通り。
ソールの糊が剥がれてバラバラに・・・。



今までにもお気に入りのスニーカーが同様の目にあったり、
使わなくなった道具が真っ赤に錆びたり、
着ない洋服が時代遅れになったり。
皆様にも思い当たる節がお有りだろう。

でもね、その時はドウしても欲しかったんですよね!

「断(だん)」〜 店員さんの巧みな言葉をキッパリ断る。
* じゃー、お店に行くなって話。

「捨(しゃ)」〜 「欲しい」と言う気持ちを頑張って捨てる。
* お店に行くから欲しくなる。行くなって話。

「離 (り) 」〜 できるだけ早く店から離れる。
* 店員さんが新しいお客さんに向かった時がチャンス!

雨さえ降らなければ仕事してるのになぁ・・・。

そんな雨上がり、フェンス際を草刈りしていたヒデさんが、
「誰か捨てたんか〜」とスマホを持って来た。
これも断捨離か? 〜ンなこと無いでしょ?
ちょっとヤラセだが、現況を再現。



先週末、ベロベロバーになって記憶を失くされたメンバーさんと、
秋刀魚パーチーで同席していた方々が必死でスマホを探していた。

思いうガブところは全て探したが、
当時は伸びた草がガブっていたし、
お酒もガブガブ飲まれていたから無くされた場所も分からなかった。

どなたか存じませんが、貴方のスマホは DOX ハウスでお預かりしています。





危険が危ない‼️ 〜で、《オヤジの壺》の乱入。

2018-07-20 07:19:10 | ぼやき
猛暑の様子は連日連夜伝えられているが、
朝晩が涼しい ”SV” でも日中はかなり厳しい。
もう、「異常気象」とか「温暖化」なんて頭から消去したほうがいい。
命と健康を守るため、危機管理と対処は自身の責任で判断すべきだろう。

昼食後、暑すぎて危険が危ない、命が死ぬので、
エアコンの効いたハウスに逃げ込んでしばし休憩。
〜で、久しぶりに《オヤジの壺》を乱入させます。

題して、《働く男のトートバッグ》。

どちらかというと女性持ちの印象があるトートバッグだが、
ここでは、「ツールバッグとしてのトートバッグ」を紹介したい。
よって、基本の素材はヘビーキャンバス。
下の写真はアメリカブランドのバケットボス。
ホームセンターの工具売り場にもあるツールバッグ。
中身が空でも自立するほど分厚い生地で頑丈。



こんな風に、マジックでイタズラ書きしても面白い。
外部ポケットは、工具が落ちないようにマチが窮屈にできている。



下の写真はニトリで見つけた数百円で買えるトートバッグ。
薄手のキャンバス地なので重い工具には強度不足だが、
ヘロヘロの外部ポケットは中身がパンパンでも余裕に膨らんで便利。
ヘビーデューティばかりが良い訳ではないという好例かも?



番外だが、ナイキのアウトレットで見つけたトートバッグ。
外周のベルトはハンドライトやサングラスホルダー、
タオルやペンなどを掛けられるモーラシステムに対応。
開口部はファスナー付きで防犯にも役立つ。



イタグレなら2頭が入るほど大きいトートバッグ。
出番は少ないが、有ると便利なアイテムだ。



さらに番外。バケツのバッグ。
これもアメリカブランド《バケットボス》のアイデア製品。
15リットルの丈夫なバケツに被せるタイプのツールバッグ。
バケツの蓋がクッション付きのスツールにもなって非常に便利。



話がトートバッグから逸脱してきたが最後に一つ。
このカーハートのポケットエプロンは私の必需品。
モノも入るし腰回りの汚れも防げる。
仕事や作業はもちろん、BBQ にも重宝するアイテムです。



「良い仕事は、良い道具と良いバッグから」
〜 なんて、誰が言った⁈



しょーもない話。

2018-04-11 19:15:03 | ぼやき
私が資材の調達に出ている間に、
NOCO が秀さんとダイジローに10時のオヤツを出した。
お手製のお汁粉とのこと。

〜で、夜。
DOX ハウスには私の分のお汁粉が
お気に入りのファイヤーキングのカップに入って置かれていた。

電子レンジで3分。
嫌〜な音がしたのでレンジのドアを開けた。

〜で、この有様。



アメリカのトレーラーハウスの装備品は全てアメリカ仕様。
電圧の低い日本では、冷凍庫のアイスも溶けるし
電子レンジの時間も予想が難しい。

トラブルと悩み事が大好きな私だが、
電気製品とパソコンが絡むトラブルは大嫌いだ。


元気いっぱいなHonolulu

2017-11-26 07:46:13 | ぼやき
7年ぶりのHonolulu は、以前より確実に活気づいていた。
ただそれは、インターネットの進化で多様化したライフスタイルの影響にも思える。
今回の旅行で、私は携帯電話(ガラケーだが)を一切持たなかった。
太陽の位置と道路のサインだけでドライブできるし、
道に迷ったり、遠回りもまた、新しい発見や冒険に満ちて楽しい。
私は、ネットで調べなくても、匂いや直感で美味しいレストランを探したいし、
危険な裏道やヤバそうな「ヤツら」も危機感を働かせて察知したい。
それでも今回、NOCOのスマホに頼ったこともある。 うーん、確かに便利だった。

長い年月と街の進化に押され、私の好きだった Honolulu の景色は少なくなった。
ショップに流れる音楽もスタンダードなハワイアンではなくポップスだし、
ディスカウントの交渉が楽しい、思いっきり怪しげな店も姿を消した。

動物園で、生きたシマウマを食べる NOCO



ノースショアの美味しいシュリンプ屋さん。



NOCO の実家で働いていたハルちゃんに会うのもオアフでの目的。
Hawaii では最も有名な「柳寿し」のオーナーさんだ。
40年前からNoco を「親方のお嬢さん」と呼ぶハルちゃんの笑顔は昔と変わらなかった。


旅行も残りわずか。
もう少し Waikiki の雑踏に身を任せ、人混みでメンテナンスしてから帰ります。
まあ、富津の SV ではメンテナンスの必要はないが......。





還暦夫婦の旅《第1章の終わり》

2017-11-24 23:22:06 | ぼやき
長いようで短かった MAUI 島での滞在が終わる。
大好きだった「俺の庭」ともサヨナラだ。
日本人はもちろん、人とほとんど会わない素敵な庭だった。



「あれっ? 誰かいる?」
なーんだ、NOCO か。



次は第2章の OAHU 島へアイランドトリップ。
サンクスギビングデイとブラックフライデーが重なり、
WAIKIKI はとんでもない人出だろう。

それでも、数日間は人混みに紛れたいのがシテーボーイの定。
日本人だらけの WAIKIKI にカメラは持って歩かないので、
ノースショア方面にドライブに行ったら写真でも取りましょう。