BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

バンブーハウス

2011-07-31 09:58:48 | ご報告
数年前から始まった「DOX Field 計画」は、いくつかの目標を持って進めて来た。
「温暖な気候」「美しい芝生」「一日いられるリゾートチックな環境」
「きれいなトイレ」「海と夕陽が見えること」「快適なクラブハウス」・・・などなど。
土地探しから着手まで、様々な条件を吟味しながら、ここ《富津市笹毛南谷》に決め、
「南谷」という地名から "Southern Valley" という名称をつけた。
ほとんどの条件を満たせる資質を持った "Southern Valley" だが、
「海と夕陽が見えること」だけは、少し「こじつけ」っぽい。
広大な敷地の山の上からは、確かに海は見える。しかし、それは来期以降の工事となる。

それと、「快適なクラブハウス」も、資金の問題から今後の建築に繰り越させて頂いた。
そこで、まずは雨を凌げ、真夏の陽射しを避けられる「屋根だけの山小屋」を造ることになった。

山主にとって、非常に厄介なのが竹の繁殖だ。竹は繁殖力が強く成長が早い。
放っておくと山一面が竹に覆われ、陽射しが入らず他の植物が育たない。
地元の人々にとって、長くて重い竹の切り出しや片付けは超重労働なのだ。
~で、資金の足りない私たちは、ヒデさんの山の竹をクラブハウス代わりの
「屋根だけの山小屋」と、「ドッグランフェンスの支柱」に使うことにした。
山主ヒデさんにとっても、私たちにとっても好都合で、最高のエコとなる。

しかし、この竹の切り出しが、どんなに重労働か容易に想像がついていたので実行に躊躇していた。
ところが数日前の平日、ピケボンのパパから電話が入った。「明日、仕事が休みになりました」。
「飛んで火にいる夏の虫(失礼)」だっ!
このガテン男子に出来ないことは無い。というより「技と体力のスペシャリスト」なのだ。

ヒデさんが山から切り出すマダケとモウソウダケの枝を払い軽トラへ積む。
長い竹は7メートルを超え、オキテ破りの運搬を何度も繰り返す。
決して、途中の道路で荷崩れして、県道へバラバラと落としたりしていません・・・。(汗)











ヒデさんの山から "Southern Valley" までは約2kmで、普通なら4~5分の距離だが、
20分以上かけて慎重に運び込んだ。ガテン系とはいえない私は、夕食の箸がプルプル震えるほどの筋肉痛だったが、
きっとピケボンパパは何ともなかったんだろうな。それとも若さの違いか。





一夜明けての早朝、ダービーパパの水平器を使って「屋根だけの山小屋」こと「バンブーハウス」の支柱の位置を決める。
よく建築現場などで見かけるアレだが、「きっと難しいんだろうな」なんて見ていた。でも、私にも出来た。
ヒデさんの設計図通り着々と組み上がるバンブーハウス。







せっかく長い竹が採れたので、急遽、設計よりも大きなバンブーハウスに変更。
ヒデさんが手際よく屋根用の竹を半分に割り、雨が流れるよう節を抜いてゆく。
下から見ると想像以上に重厚で素敵なバンブーハウスに感動。







そして翌日。東北や北陸には記録的な豪雨が降っているし東京も朝から雨だが、「今がチャンス!」とばかりに
今期3回目の芝刈りと肥料撒きを行う。雨が降るとホコリが立たないし肥料が良く溶けるからだ。
メインドッグランとサウスドッグランの接続芝生も順調に育ち、あとはバンブーフェンスを造り込むばかりとなった。





さて、8月3日/4日/5日の3日間はダービーパパ&ロメオリンダパパが参加して「夏期合宿」を行う。
本職の二人が3日間で一気にトイレを完成させる戦略だ。現場近くの旅館も予約した。
早朝から暗くなるまで作業するから、東京に帰っているより食事付きの旅館が安上がりなのだ。
(水)(木)(金)と平日だが、お休みの方は奮って「草抜き」にご参加願いたい。

では夏期合宿の成果をお楽しみに!







クフ家ご登場

2011-07-23 19:14:40 | ご報告
今日はクフ家が雑草抜きに参戦してくださった。
まだフェンスの無いフィールドにクフ君を放すのが心配なご夫妻だったが、
クフ君は私たちの見える範囲で自由に走り回り、私が呼べば必ず戻ってきた。
そんなクフ君の姿に、ご夫妻も新たな発見をなさったようだ。



以前、沖縄から購入したバナナが温室でもあるDOXパピールームの天井近くまで伸びた。
春には屋外のデッキに出すのだが、もう、この秋には完全に入らないだろう。
~で、"Southern Valley" に持ち込んだ。
いくら暖かい南房総とは言え、夜は都会よりも気温が下がる。
越冬してくれるかどうかは試してみないと分からないが、
ここで一番温かなサウスドッグランに移植した。
「もし実が成らなかったら、買ってきたバナナでも吊るしとけ」~とヒデさん。
さすがにバレるでしょうね。

ついでに、DOXの入口で巨大化したモンステラなども林内のイーストガーデンに移植した。
このあたりは野生のシダが育っているのだが、やはり冬の気温低下が心配だ。







クフ家のお二人は、私の想像を超えた集中力と頑張りで(失礼!)
メインドッグランの雑草をおおかた抜き取って頂いた。
本格的にオープンしたら、「数十人が横一列に並び、幅50センチくらいを一斉に雑草を抜いて進む」という
グッドなアイデアを残し、クフ家はご帰宅の途につかれた。

お疲れさまでした!

鉄のローラー

2011-07-16 07:52:51 | ご報告
私の今日の「獲物」はリースで借りた鉄のローラー。敷いた砕石を硬く踏み押さえる重機だ。
いつもは恥ずかしい顔をボカす私だが、ここまで陽に焼けて黒いと表情なんか分からない。
「撮ってやるよ」とヒデさん。彼もまた真っ黒になってきた。



朝から暗くなるまでサスペンションの無いローラーで走り回るのはどんなにキツイか、初めて知った。
最初は面白がっていたが、だんだん腰とお尻が痛くなってきた。
炎天下のせいもあるのか、重機の振動が脳ミソを振るわせて思考回路がヘンになりそうだ。

「何でも動かせるようになったね」とヒデさん。
確かに、おおよそ人が動かせるものなら一通り動かせるようになった。
何でも積極的にヤッてみることが肝心だ。

一日かけて、徹底的にローラーで走りまくった敷地の各所。
これで雨が振り、地面がシットリと落ち着いてくれれば良いのだが、その雨が降らない。







この猛暑、お年寄りには本当に厳しい。
親戚にも不幸が出て、この週末は富津へ行けない。
ベテラン雑草バスターズのジェイク&ブルース家が、留守の "Southern Valley" で作業を続けてくれるそうだが、
夢中になり過ぎて熱中症にならないように注意して頂きたい。




ラストスパートの後半戦。

2011-07-13 22:34:17 | ご報告
「謎のベトナム人」・・ではなくジェイク&ブルースのパパ。
なんでもこの帽子、大好きな形で何個もまとめ買いしたそうだ。
毎週毎週、船に乗ってやって来て(久里浜~金谷のフェリー)
黙々と雑草を抜いてくれるジェイブルパパには頭が下がりっぱなしだ。



さてさて困ったぞ。
完成に向けてラストスパートで頑張っている "Southern Valley" だが、
全てのポイントを完成させるわけにはいかない。来期の工事もある。
そんな中で、大きく分けて3カ所の広場(メインドッグラン・サウスドッグラン.イーストガーデン)を
ノーリードで自由に行き来できる作戦に頭を悩ましていた。
そこで、別々になっていたメインドッグランとサウスドッグランを芝でつなげる決意をした。
そして更に、メインドッグランとイーストガーデンも芝の道でつなげることに。
山の形を変えるほどの工事を繰り返して来た私たちにとって、この程度の変更と作業はナンてことはない。











DOX定休日には妻のNoco を留守番に残し、馬力のあるリュータローに作業を頼んだ。
私ならベッタリ座り込んで行う雑草抜きを、写真のカッコでスピーディーに抜きまくる。
馬力と、色の黒さだけは私に似たらしい。



そこへ、材木を積み込んだダービーパパ登場。コンクリートの基礎に「建築」を始めた。
手際よく作った壁面。(さっきまで上半身ハダカだったが、私共々タルんできたヌードなので写真はNG)







サウスドッグランの斜面に目をやると、花屋さんに頂いて植えておいたハイビスカスが奇麗に咲いていた。
屋外で地植えのハイビスカスなんてハワイみたいでしょ!



明日からも連続で作業が続くが、私用ができて 7/17(日)と18(月・祭日)は現場へ行けない。
バスターズ参加を予定してくだっていたらゴメンなさい。





風よ止まれ、獣よ来るな。

2011-07-09 14:56:51 | ご報告
型枠と浄化槽の仕上げのため、再度ミキサー車を呼んだ。
徹底的にコテで押さえ、美しい「打ちっぱなし」を作ったのだが、
風が強くて木の葉が表面に落ちる。風よ、止んでくれ。
私たちが帰った後、鳥や獣に足跡をつけられるのも頂けない。
まあ、それも自然のなせる技か。

余った生コンがもったいないので、前もって作っておいた型枠に入れてもらう。
こんな型枠を100個ほど造り、コンクリートに地面を作ろうという考えだ。
いくら自然を楽しむ場所でも、雨が降ったりしてドコもカシコもグチャグチャなのは嫌だっ。
そうゆうことを言うとジージーズに叱られるが、私はシテーボーイなのだ!
(珍しい「仕事をする私」の写真はダービーパパ撮影)







完成へ向けてラストスパートとは言え、やることは無尽蔵にある。
「カラスザンショ」という木はトゲが鋭く、危ない。もう寿命も近いので切り倒すことになった。
安全のため、まだまだ伐採する木も少なくない。
そうした伐採や造成を繰り返していると雨の水道(みずみち)も変わる。
そのための排水が非常に重労働だ。







汗だくで仕事をしていると電話が鳴った。「クマハチさん」ことジュリエッタ・ジャイロ・メトロ・レイのパパだ。
御用があって "Southern Valley" の近くにいらっしゃるとのこと。~でお立ち寄り願った。
ここへは初めてで、ご想像以上に広大な敷地で驚かれたようだ。
ケンさんヒデさんのジージーズと話の弾むクマハチさん。



明日は「生長しなかった芝」の手術で新しい芝を張る。