山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

悲しい桜

2016-03-31 08:15:12 | ブログ
何故か、今年は桜を見ると、悲しく辛い気持になります。
例年、桜の開花を心待ちにし、楽しみにしていたのに、この心境の変化は何でしょうか?桜を見ると、散る悲しさが先にこみあげ、見ていることが辛くなってしまいます。
もっと素直に、彼女たちの春の謳歌を楽しめて良いはずなのに。
週末は、天気にも恵まれそうですし、近所の川岸の桜を楽しみたいものです。
コメント

犬にまたがる女性

2016-03-30 19:33:00 | まち歩き
昨日、不思議な光景を目撃しました。
飲食店の前で、若いスーツ姿の女性が、犬にまたがって、携帯電話で話しています。もちろん、またがるといっても、直接乗っかっている訳ではなく、両足の間に、犬を立たせて仁王立ちです。
何故、そんな恰好で、電話を?彼女の飼い犬なのでしょうが、飲食店前で、かつ、ビジネススーツ姿だったので、不思議感が増しています。
なんだったんだろう?
コメント

私が殺した少女

2016-03-29 17:54:14 | 本と雑誌
原の直木賞受賞作「私が殺した少女」を読み終えました。
前半の3分の1は、あまり動きのないストーリーで、どうなのかな、と思っていましたが、そこからは展開が面白く、結局、十分楽しめる作品でした。
結末は、予想外でしたが、確かに前半の伏線をよく読めば、フェアで納得出来る展開で、作家の力量を感じます。
ただ、この沢崎という主人公には、それほど共感が感じられず、それが最後まで残念でした。
コメント

将軍桜

2016-03-28 22:35:04 | ブログ
近所のお寺に「将軍桜」があります。川越・喜多院にある、将軍家光お手植えの桜から株分けされた桜です。喜多院の桜も、江戸城の桜から株分けしたもののようなので、江戸城の桜の孫にあたるのかもしれません。
この桜。なんと植えられてから70年も花が咲かなかったのが、ここ10年近くで咲き始めたそうです。周りの環境が変わったことによるものだそうですが、不思議な話ですね。
寺の和尚の話で、人間いつ開花するか判らない、とのことでしたが、本当にそうかもしれません。70年経って、開花することもあるかもしれませんね。日々の努力が結実するのが何時かは、神様(仏様)しか判らないのですよね。毎日、精進することが大事です。
コメント

越前堀児童公園

2016-03-27 19:03:06 | ブログ
勤務先近くの越前堀児童公園の桜が、咲き始め、4分咲き程度になっています。満開ではありありませんが、お花見は楽しめる状態です。
でも、その近くの明正通りの桜は、一分先にもなっていません。ほんの近くなのに、この違いは何でしょう?同じソメイヨシンのはずですが、咲き始めの違いがあるのは意外です。
桜の咲き始めは不思議です。
コメント