山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

最後の「京都殺人案内」

2010-02-27 21:31:58 | ブログ
先日、藤田まことの「京都殺人案内」が見れなくなった、と嘆いていたところ、今日、偶然にも最後の「京都殺人案内」の放映がありました。感無量です。
ところで、ここのところ、お酒が美味しくなかったのですが、ニッカの「余市」を昨日飲んだところ、とても美味しくて、2日で一本空けてしまう勢いです。藤田まことの作品に出会え、お酒が美味しく感じられて幸せです。

コメント

苦い酒

2010-02-26 07:02:27 | ブログ
先週末の深酒の影響か、今週はどのお酒を飲んでも、いまひとつ美味しく感じません。
どうしたのでしょうか?

コメント

春の訪れ

2010-02-25 07:08:33 | 健康・病気
暖かくなり、本格的に春らしくなってきましたが、一方で花粉症は段々ひどくなってきています。
例年より楽とはいえ、辛い日々です。
体に優しい特効薬はないのでしょうか?

コメント

藤田まこと

2010-02-24 20:35:31 | ブログ
藤田まこと氏が亡くなられたのは、とても残念です。人間には寿命があり、やむを得ないとは思いつつも、残念でなりません。
これで、「京都殺人案内」や「剣客商売」、「必殺シリーズ」の中村氏が見れなくなりました。
「さすらい刑事」も当たり役ですが、人情に厚いながら、何処か冷めた雰囲気の役柄である前三作は、彼でなければ魅力の出せない役だと思います。
返す返すも残念です。

コメント

長いお別れ

2010-02-23 09:06:30 | 本と雑誌
チャンドラーの名作と言われる「長いお別れ」を読み終わりました。
マーローは、必ずしもタフで冷静な主人公ではないですね。むしろ、皮肉屋で嫌われ者ですが、優しく強い心をもった愛すべき人物です。頭も切れ、真実を見逃さない目を持っています。やっぱり魅力ある主人公なのでしょう。
ストーリー展開は、単純な構造のように見えて複雑に積み重なっており、ラストは予想されていたと思っても、予測外の展開のような不思議な感動を受けます。
また、ラスト近くの女性との会話、来客との会話は、これぞハードボイルドという、楽しめる内容になっています。
一度は是非に読む価値のある作品です。

コメント