山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

四月の雪

2005-08-31 18:46:31 | 映画
ミーハーですが、ペ・ヨンジュン主演の「四月の雪」の公開を楽しみにしています。結構、感動的かも・・・。
9月17日公開の映画は、他に「shinobi」があって、これも面白そうです。(予告編を見ただけだと、ちょっと、「あずみ」に似ているようで、それは気になりますが・・・・)
「ファンタスティク・フォー」なるSF映画も楽しみかも(これも、Xメンに似てそうですが・・・・)
何は、ともあれ、映画の秋、ですね。

コメント

不思議な世界

2005-08-29 22:51:41 | 社会・経済
膝が相変らず悪く、電車の中で揺られるのが辛く、優先席の側に乗りますが、代わってもらえることは稀です。
それは、仕方ないとしても、今日は、不思議な体験をしました。
優先席に座っていた人が降りたので、そこに座ろうとしたところ、入れ替わりに杖をついた女性が入ってきたので、彼女に席を譲りました。ところが、彼女は、こちらの足の方が悪い、と思ったのか、逆に席を譲ってくれます。
結局、足が痛かったので、代わって頂きました。
しかし、その間、優先席に座っている健常者と思しき人たちは、席を立つことさえありません。
何か間違っています。弱いもの同士が、助け合い、強いものは助けない。不思議な世界です。

コメント (1)

妖怪大戦争

2005-08-28 19:40:23 | 映画
映画「妖怪大戦争」を見てきました。子供向け、と言いながら、案外面白く、楽しめる映画です。
ただし、事前知識がないとわからない場面もあって、細部では疑問のあるところもあります。ま~、でも、見る価値はある作品でしょう。
細部で気になったのは、冒頭部分で、「件(くだん)」の逸話があるところ。件(くだん)、というのは、人間の顔をした子牛が生まれ、災害等の予言をして、すぐに死亡する、という話、です。映画の中でも、そういう子牛が生まれ、妖怪大戦争を予言する、ところがあるのですが、これは、この話を知らないと、見ている人は何がなんだかわからなかったと思います。
ちょっと、それが残念。

コメント

秋の気配

2005-08-26 22:27:02 | まち歩き
出張の帰路、宇都宮線に乗り、H田駅が近づくにつれ、空気の香り、風の感触に、なんとなく秋を感じました。
何が、どうというのでもないのですが、草の香りと、暑苦しさから解放されたような風の感触が、「秋」を感じます。出張先の愛知・大阪から比べれば、はるかに北に位置するので、特に、そう感じるのかもしれません。
来週は、もう、9月。
すぐそこに、秋が近づき、あっという間に冬になるのかもしれません。

コメント

未成年者の事件

2005-08-25 19:48:47 | 社会・経済
近年、未成年者の凶悪な事件が増えています。岡崎の殺傷事件、宮城の銃強奪事件など、最近のニュースでも取り上げられています。
何故、こうなっているのでしょうか?不登校の子供たち、ニートな子供たちが増えていることと関連がありそうです。
一方で、傷つきやすく(あるいは、傷つけられる機会が増えている)ことと、他人を傷つけることに厭いがない、こと。
これは、裏腹で、実は同じことのように思えます。
不登校生徒=凶悪事件を起こす子供たち、という簡単な図式ではありません。逆に、同じ根を持ちながら、彼らは両極端で交わらないような印象さえ受けます。
大人たちの、他人への思いやりの欠けた、様相が、そのまま、子供たちへ反映している、と思っています。
結局は、子供の様子は、我々の姿の写しでしか、ないのではないかと思い、反省の気持ちで一杯です。

コメント