海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

PEAKS:2010 No.5 雪山と遊ぶ!

2010年01月23日 | その他


すっかり忘れていましたが、


昨年末PEAKSの取材を受けました。


山食記事です。



前日から仕込みをして、近所の公園で取材してもらいました。



PEAKS、実は読んだことがなかった。

ヤマケイJOY同様軽めでしょうか。





食材撮影。





真剣なカメラマンさん。

湯気! ストップと、細かく指示。





ライターさん、メモをたくさんとられてます。






PEAKS(ピークス) 5 (エイムック 1863)

エイ出版社

このアイテムの詳細を見る




に掲載されてます。 山好きの方は是非。



---
*2009年山行記録一覧はこちら

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。



コメント (15)

雪上訓練 @ 富士山

2010年01月17日 | 諸々TIPS
2010年1月10日 富士山 5合目 
テーマ: 日本百名山 雪山 登山 雪上訓練
天候: まあ、晴れ


登山教室Timtam雪上訓練に参加してきました。
さんざん雪山行っているので、今更、、、という噂もありますが、

歩き方から、ピッケル等ツールの使い方、滑落停止、などなど。
教えて頂きました。



◆詳細 :

富士吉田駅集合、まで時間があったので、北口本宮浅間神社によりお参りをしました。

「浅間神社(せんげんじんじゃ、あさまじんじゃ)は、富士山の神霊浅間大神と木花咲耶姫命を主祭神とし、富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)を総本宮とする神社である。日本全国に約1300社ある。」by wiki




参道



手を洗いますか



富士太郎杉
まるで人の名前です。



富士山登る前にお参り。




Timtam皆様との待ち合わせ時間、余裕あります。
富士吉田の道の駅へ移動

ここから見える富士山、すごいですね。



ズーム。
風強そうです。ま、今回は5合目、6合目までですので。



この道の駅はとても混んでます。
皆様、ここの水?目当てでしょうか。

大量の水を持ち帰っていきます。




富士吉田駅でtimtamのメンバーと合流し、馬返し登山口へ。

さあ、出発。



富士吉田登山ルート、1合目。

・・・なかなか、1合目からあがることはないでしょうね。



2合目、到着。
適宜、ピッケルの使い方等の知識面を、休憩中にご教授いただきます。



他、雑談している内に、4合目を越えて・・



たまに眺望も。



「影富士」もかろうじて。
 *ダイヤモンド富士はこちら。



埋まってます。



五合目



河口湖方面の眺望。



佐藤小屋到着。

小屋組とテント組に分かれて、個別に食事+宴会。




参加されていた医師の方に、救助知識を色々と教えて頂きました。
とても実践的で、少し自信がつきました。


寒いので、さっさと寝ます。
----

翌朝。



雲上での雪上訓練。



八ヶ岳、ばっちり。



ちょいと、ズーム。
あー、早く行きたい。



見本見せていただきます。



本では読んでいましたが、
やはり実践で教えていただくのは、違いますね。



雲上訓練。
寒いですが、気分よいです。




・・・とまってる。



体をひねり、



ぴっけるを刺す。

とまった。

(そのスピードだったら、何でもとまるという噂)




いろんな確度でおちた場合。



停止方法おそわります。




・・・

滑落する前ができない。足をもってもらう、間抜けスタイル。




後ろからおちるケースも想定。
これが、一番難しい。



どりゃ。



ぐは。



・・・。まあ、後ろから落ちないようにしましょう。


その他、いろいろおそわりました。


登山教室timtamの方々、ちょっと時間と岩があると、、、、

登り始める。




秩父の山も顔出してます。




南アルプスも首を長くすれば、見えました。




さあ、帰りましょう。

なかなか人数集まりましたね。





いやー、勉強になりました。

なにかあったときの対処法を知っているのは、重要ですね。
無知の自分に反省。


しかも、なかなか楽しかったです。 

---
*2009年山行記録一覧はこちら

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。


コメント (4)

2010年 山行/登山記録 日時順

2010年01月06日 | 百名山一覧
2010年 山行/登山記録 日時順


<作成中です。。。>

ほぼ、毎週登山等、山の空気を吸っています。
山の空気を吸わないと、仕事ができない体になってきました。


*2006年山行/登山記録はこちら
*2007年山行/登山記録はこちら
*2008年山行/登山記録はこちら
*2009年山行/登山記録はこちら


1月


2010年1月1日 鳳凰山(地蔵岳)
 まあまあ、晴れました。 ご来光もかろうじて拝めました。 滅茶苦茶強風でした。

2010年1月10日 富士山 雪上訓練 登山教室Timtam 
 色々と勉強になりました。

2010年1月17日 六甲山
 神戸に震災ボランティアの15周年パーティーに参加。その帰りに六甲山歩きました。

・2010年1月30日 谷川岳 天神平スキー


2月


2010年2月14日 西吾妻山 バックカントリー
 天気まあ良好。目的の「モンスター」を拝むことができました!

2010年2月21日 安達太良山 バックカントリー
 天気良好。


3月


・2010年3月6日 谷川岳 雪洞訓練 登山教室Timtam → 中止 →秋山郷温泉ツアー

・2010年3月13日 スキー

2010年3月22日 丹沢山地 塔ノ岳
 まったく雪なし、でした。 天候良く、気持ちよい山歩き。

2010年3月27日 赤岳(八ヶ岳)
 アイス状の表面に前日降った新雪。 かなり緊張感の続いた山行でした。


4月



2010年4月3日 唐松岳(後立山)
 天気良好、積雪期小屋泊登山。 美しい白馬、五竜、鹿島槍モルゲンロート

2010年4月11日 大菩薩 & 桃源郷 
 天気良好、日帰り、残雪期登山、桃源郷

・2010年4月18日 北横岳(北八ヶ岳)・天祥寺原


5月


2010年5月1日 燕岳
 GW山行、残雪期、表銀座テント縦走、天気良好、最高の眺望

・2010年5月2日 大天井岳
 GW山行、残雪期、表銀座テント縦走、天気良好、最高の眺望

・2010年5月3日 常念岳
 GW山行、残雪期、表銀座テント縦走、天気良好、最高の眺望

・2010年5月4日 蝶ヶ岳
 GW山行、残雪期、表銀座テント縦走、天気良好、最高の眺望


6月


2010年6月27日 飯豊山 頼母木小屋
 ハクサンイチゲ(残骸)・・・ 久しぶりの登山 眺望最高


7月



2010年7月11日 梅雨の合間の草津白根山 
 満開のコマクサ

2010年7月17日-19日 白馬岳・雪倉岳・朝日岳 
 まさに百花繚乱。

2010年7月24日-25日 立山・五色ヶ原 
 天国の花畑、チングルマいっぱい!

2010年7月31日-8月1日 木曽駒ヶ岳 
 北御所登山口より。


8月




2010年8月7日-8日 白馬岳・清水岳・祖母谷温泉 
 労多くして楽しみ多し、花真っ盛りの清水尾根。

2010年8月21日-23日 針ノ木岳・スバリ岳・鹿島槍ヶ岳
 熊出没注意?! 3日間大展望満喫できました。



9月




2010年9月4日-5日 唐松岳・五竜岳 
 宴会登山、唐松岳テン場、最高でした。

2010年9月12日 乾徳山 
 富士見登山&大人のアスレチック、楽しめました。

2010年9月19日-20日 南ア中部、白峰南嶺 
 笹山ダイレクト尾根潜入、白根南嶺そこは無限のフリーダム!


10月



2010年10月2日 北横岳(北八ヶ岳)、唐沢鉱泉
 家族旅行 ・・・ たまには親孝行大事です。

2010年10月10日-11日 赤湯温泉・苗場山 
 温泉&山鍋&紅葉 ・・・ 山仲間の壮行登山。

2010年10月16日-17日 紅葉の谷川岳 
 馬蹄形敗退の記録。・・・ 錦秋から一変。

2010年10月23日-24日 霞沢岳の大展望 
 いにしえの道、島々谷から徳本峠へ。・・・ 霞沢岳の大展望感動しました。


11月



2010年11月6日-7日 初冬の栗沢山・アサヨ峰
  南アの名峰に抱かれ、贅沢なひとときでした。


2010年11月13日-14日 初冬の硫黄岳・本沢温泉泊
  寒くなると来たくなる場所。

12月





---

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント

年末年始、鳳凰山 (地蔵岳)【登山記録】 ~ 強風&極寒&・・ご来光

2010年01月03日 | 登山
2009年12月31日~2010年1月1日 鳳凰山(地蔵岳)
テーマ:日本百名山 積雪期 テント泊 
天候: 晴れ

ご来光を見るべく、悩みに悩みました。
天気予報とにらめっこ。

秩父連峰、富士周辺、、南アルプス・・・
現実路線で甲武信ヶ岳でご来光か、、、あるいは可能性にかける南アルプスか。


◆基本情報:

 ・ルート: 御座石~燕頭山~鳳凰小屋(泊)~地蔵岳~御座石
 ・標高差: 約1,600m
 ・総時間: 御座石~鳳凰小屋 約6時間
 ・総距離: 約10km


◆詳細

前夜、駐車場に移動。
08:00前に出発。

粉雪が舞ってます。さみー・・・です。




途中、雪積もりはじめました。




どんどん、降ってきます。
寒いので、汗かきません。




旭山到着。猿田大神がいました。
ここからそこそこ眺望あるはずですが、、、真白。



燕頭山(つばくらあたまやま?)、到着。
寒い中、ランチ。



ぐんぐん雪がつもっていきます。



雪山では、1泊2日でも、それなりの容量になります。




小屋手前のトラバースは、少々危険です。
特に新雪が多いと足元が緩いです。

途中、ちょいとした滑落事件もありました。
結果、無傷ですので。

あくまで、結果論ですが。



小屋に到着。
足元悪いと、それなりに疲労しますね。




テント泊でしたが、知り合いということで、暖炉で暖めさせてもらいました。

年末年始、小屋は混んでいると思っていたら、
たった3人しか泊らないそうです。

なんでも、年末年始の鳳凰山は、南御室、薬師小屋がメインのようです。
へー。



寒いので、さっさとテントを設営。
鍋食べてねました。

カメラも寒さでworkせず。
今回は十分写真がありません。

----

翌朝。

4時過ぎ起床。

天候よければ、地蔵まであがろうかと思いましたが、、、
めちゃくちゃ強風です。

雪もかなり積もり、雪で圧迫されテントが狭くなってます。


小屋からご来光に計画を変更。


2度寝。




7時前、小屋付近まででかけます。



おひさま、あがりました。

あけまして、おめでとーございます



今回は稜線からのご来光は断念しましたが、

ま、見れました。




鳳凰小屋のモルゲンロート(笑)





さてさて、トレースありませんが、地蔵まであがってから、帰ることにします。




最初つぼ足でつっこみましたが、
一晩で膝くらいまで雪が積もりました。

ワカン装着して、ラッセル開始。




木々の雪化粧。




たかだか1時間程度ですが、ラッセルはそこそこ運動になります。




森林の外は、かなりの強風です。
写真を見ていると、穏やかに見えますが、実際はかなりの強風でした。





苦労して作ったトレースですが、風ですぐ消えていきます。
しかも、同日、地蔵には誰もついてきてくれませんでした。

せっかく作ったので誰か活用して欲しいものですが。



観音岳みえてきました。



そろそろ森林地帯をぬけます。




オベリスクも見えてきました。
さあ、急登開始。

この砂払い地帯、、強風が上から吹き下ろしてきます。

耐風姿勢のマネごとをして、強風を回避していました。




お尻が白いですね。





強風で、何度も飛ばされそうになりました。

正直、写真とってる場合ではありません。

カメラを取り出した時に、2-3枚。





やっと、地蔵地帯に到着です。






「今年もよい年でありますよーに」と、祈願。



もう少し、眺望あるかと思いましたが、
ガスが多いです。

観音岳、霞んでみえてます。







寒い

ので、さっさと撤退。


雪山って、さむかったですね。
そういえば。






小屋帰還後、小屋で「おしるこ」を御馳走になりました。陳謝です。


テントをさくっと撤収して、挨拶して帰途につきました。




ここから確か富士山が見えるんですがね。




小屋側のトラバース地。




帰りはちゃんとアイゼンつけました。
(こちら、往路で滑落したトラバースポイント)




燕頭山。



山の中は、雪+強風だったのに、、、

下界は、晴れてるでないですか。

なんで、わざわざ、山にいるの? 
と自身の行動に疑念。



まあ、そんな時もあるさ。




帰り、御座石温泉によりました。
おばあちゃんに、大根の煮付け、おもちを頂きつつ、
雑談して帰りました。


高速もすいていて、19:00には東京におりました。


朝起きた時は-20度?の極寒、夜は都内で暖房の中。
不思議なギャップです。



**過去の初日の出/年末年始登山**

2009年1月1日 仙丈ケ岳

2008年1月1日 金峰山

---
*2009年山行記録一覧はこちら

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。

コメント (16)