海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

GW特集:鳥海山【山行記録】~ 1日目、日本海に沈む夕日

2009年05月21日 | 登山
2009年5月5日 鳥海山(ちょうかいさん、2,236m)
テーマ:日本百名山 残雪期 登山 山スキー テント泊
天候:晴れ


ゴールデンウィーク、蔵王、月山、羽黒山、鳥海山を回ってきました。
鳥海山は最終ラウンド。

GW前の天気予報は、「曇り」でした。
が、なぜか天気良く、ラッキーでした。


<<GWハイライト
<<1日目: 蔵王、山スキー
<<2日目: 月山、山スキー
<<3日目: 羽黒山、国宝巡り

>>5日目: 鳥海山、山スキー


◆基本情報(4日目)

・ルート: 鉾立~御浜~外輪コース~鳥海神社 テント泊
・総距離: 約7km
・標高差: 約1,000m
・総時間: 約9時間 休憩含む ・・・結構ゆっくりでした。


*クリック詳細参照


◆詳細(4日目)


前日、夕日に染まる鳥海山を見ながら、道の駅鳥海に移動。

翌日の天気を祈りつつ、車中泊。

07:00起床。

晴れてます。 っった!




鉾立ビジターセンターへ移動。
但し、昨日大平山荘に鳥海ブルーラインの状況確認したところ、
時間規制あるとのことで、、ゆっくり。


移動中。車から見える鳥海山。
ボルテージ、あがります。




鳥海ブルーライン、ぐねぐね道をしばらく行くと、
残雪エリア。

雪壁。




鉾立ビジターセンター到着。




さあ、出発です。




nice weather isnt it?

(すみません、コテコテで。興奮していた、ということで)




・・・ちょっと登っただけで、汗がどっとでてきます。
紫外線も最高に強そうです。。





しばらくあがると、、御滝。
すごい迫力です。





尾根に出たと思ったら、雪がなくなり、
横にそれます。





日本海、、、いいです。




皆、日帰りですね。
重荷で登る人は他にいません。





あ、、あつい。





でも、気分は最高です。





黙々と登っていきます。





賽の河原付近を越えると、鳥海山山頂が見えてきます。





山頂付近はおもったよりごつごつしているのですね。

・・・しかし、あそこまで行くの?? と、、おい
既に疲れてます。




御浜神社付近で昼飯休憩。





みなさん、この辺で折り返してますね。





ここの眺望でも結構満足できます。





山頂ズーム。





外輪コース、ズーム。




この付近は、思い思いに休憩や、鳥海湖までのBCを楽しむ人など様々。




避難小屋は雪の中。




山頂に向けて、出発。
はてはて、今日中に到着できるのかな。。。




スケールがいいです。
正直、どこむいても絵になります。





何となく、近づいてきましたかね。





たまには、振り返ります。
こんな景色です。




一生懸命登っていると、

しゃー。テレマーカーが気持ちよさそうにすべっていきます。
羨ましい。。。




それなりに登りはきついです。





適当にジグザグしながら登っていきます。





雪少ないですね・・・





大分登ってきたので、休憩。
ま、、だ、距離ありますね。





引き続き、文殊に向けて、登り続けます。





しゃかしゃか。





やっと、文殊岳到着。 小屋が小さく見えます。





雪がないので、坪足に変更。




これはこれで荷が重くなり、大変でして。。。 
雪があったり、なかったり。




しかしこの外輪コース、眺望よく、、、さいこーです。

山が一番きれいになる時間帯に突入してきました。





日本海、美しい。
まるで大きな湖のようです。




足を進めなければいけないのに、ついつい、
うっとりしてしまいます。




千蛇の鉢。
明日はここを滑って帰ります。楽しみです。




行者岳から見える新山山頂。
ごつごつしています。





湯の台ルート。
ここはここで、滑走したら、気持ちよさそうです。





しょーじき、しんどいです。




疲れて? あくび。




そろそろ最終局面です。





最後の岳。
静寂に包まれています。




鳥海山、本当によい山です。





それでは、眼下の小屋におりますか。





アイゼンはかずに、氷の急坂をくだるのは、、、怖い。





やっと、、到着。





テントを設営。





美しすぎます。





明日のご来光を祈りつつ、
ぼーっと、陽が落ちていくのを眺めていました。





この夕日、明日も期待できます!!

つづく。




<<GWハイライト
<<1日目、蔵王、山スキー
<<上山/葉山温泉
<<2日目、月山、山スキー
<<湯殿山温泉
<<道の駅あつみ
<<3日目、羽黒山、五重塔国宝


>>090628 : 花の鳥海山

---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。

コメント (16)

平標山、仙ノ倉山【山行記録】 ~ 緑のシャチ

2009年05月18日 | 登山
2009年5月16日 平標山(たいらっぴょう、1,983m)、仙ノ倉山(せんのくら、2,026m)
テーマ:日本百名山を見る、残雪期、日帰り、登山、ピークハント
天候:曇り後雨


全国的に雨/曇りの天気予報。
北関東方面土曜午前中はもしかしたら、という天気図だったので、
緑のシャチを見に平標山、仙ノ倉山に行ってきました。

仙ノ倉山の方が谷川岳より標高高いのですね、、知りませんでした。
緑のシャチ美しく、goodタイミングでした。
谷川連峰は縦走したいエリアです。


◆基本情報

・ルート: 町営駐車場~松手山~平標山~仙の倉山~平標山~平標山の家~町営駐車場
・標高差: 約1,060m
・総距離: 約13.5km
・総時間: 約7時間半 休憩含む


 *クリック詳細


◆詳細


深夜03:00駐車場到着。
目覚ましは、04:30セット。

活動開始は、、、、08:30。 つまり、寝坊。




雨はまだ降ってきていません。





新緑が美しい。





生命の力を感じます。





鉄塔。




鉄塔を越えると、眺望がでてきます。
苗場山(百名山)。
 → 苗場山のレポはこちら。




佐武流山(さぶるやま)。 音が美しい。いつか行ってみたい。





お、稜線が見えてきました。
これは、、気持ちがよさそうです。




グイグイ、足が進みます。




裸の白樺、好きです。





松手山到着。

なかなか、よいでないですか! このルート。





苗場山!




平標山に向けて美しき稜線続きます。





気分は、少しアルプス。





なかなか、スケールあります。





今回あまり調べませんでした。
登ってみたら、とてもよい山ですよ! とハイテンションです。





少々曇りがちですが、天気予報からすると、
期待以上の眺望です。





苗場ズーム。





シャチが崩壊していますね。

 *少々の残雪と新緑の斑模様を「シャチ」と勝手に呼んでいますので悪しからず。




引き続き、軽身でグイグイ進んでいきます。





振り返ると、こんな景色。





お、隣を見ると、怪しげな雲が。。。





もう少しで平標山です。





平標山手前で、
藪を抜けて、谷川岳を先取りしました。


美しい、緑のシャチがいるではないですか。





谷川岳も、見えました!
 → 谷川岳レポはこちら





平標山山頂到着。
ここまで2時間ちょいでした。




腹ごしらえしていると、
ガスがグイグイ上がってきました。





急げ! 次の仙の倉山に進みます。






仙ノ倉山に向かう途中、ガスが入ってきます。





急ぎます。





が、、、





入ってきました。





うわー。もうだめだ。





あっという間にガスの中。








と思ったら、あら。
直ぐガスはどっか行きました。
よかった。






肩の小屋(谷川岳)から10km程度なんですね。
やっぱり次回はあちらから縦走しないと。





緑の中に、この赤色もきれいです。




この眺望、よいです。

東京から200km弱、、お得ですよ。





仙の倉山山頂到着。





凄い。
ガスと戦っています。




滝雲、ですねー。





谷川岳ズーム。

もう、雪ないですね。





いやいや、たまりません。





シャチと苗場方面。






昼食を食べていると、、、どこかで雷音。
雷雨になったら大変なので、退散です。


さらば、谷川。また来ます。





早足で、平標山に戻り、平標山の家方面から降ります。





早くもショウジョウバカマ、登場。




平標山の家、到着。




とても綺麗な小屋です。




その後の下りは緑の中。
カラマツの新芽、美しい。





スミレもたくさんいました。





みずみずしきツタ。





青き若葉。





新緑のカラマツ群生。





雪解けの元気な川。





いやー、なかなか楽しかったです。





次は、谷川連峰縦走したい。






そろそろ、鳥海山レポ書きます!



---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (17)   トラックバック (1)

GW特集:羽黒山【山行記録】~ 国宝五重塔(羽黒神社)

2009年05月17日 | 登山
2009年5月4日 羽黒山、羽黒神社五重塔(国宝)
テーマ:日本百名山を見る、国宝
天候:曇り時々晴


ゴールデンウィーク、蔵王、月山、羽黒山、鳥海山を回ってきました。

<<GWハイライト
<<1日目、蔵王、山スキー
<<2日目、月山、山スキー


◆基本情報(GW3日目)

・ルート: 羽黒山神社駐車場~五重塔 往復
・標高差: 約300m
・総距離: 約3.5km
・総時間: 約3時間 休憩含む


*クリック詳細


◆詳細(GW3日目)


昨晩泊まった道の駅あつみから、羽黒山に移動。
途中、うっすら月山




でかい鳥居出現。





一気に山頂まで車で上がってしまいました。
さてさて、散歩スタート。




たまには文化に触れるのもよいです。





なんか、新鮮です。





この鐘も有名なんですね。





神社、改築中です。





たらたら。





整備された建物、庭。





五重塔まで歩きます。(降ります。)
山頂にある神社から山麓にある国宝五重塔まで
2446段の階段が続くそうで・・
(標高差300mほど)





思ったより、、、長いです。
子供もこの長い道のりを歩いていきます。





縁結び。
・・・すごい「祈り」の数。





新緑美しい、古道を歩きます。
よいです。





葉が、喜んでいるようです。




美しいです。





ご老人も、腰を曲げながら一生懸命歩いてくる。。。
神社まで登るのか・・・。
この先結構ありますが。





子供も、、





人は多いですが、もののけ姫の世界。





五重塔到着。
国宝ということで、今回立ち寄りました。





平将門建立、、、ですか。





五重塔登場。





とにかくすごいんでしょ。(汗)




と思っていたら、後ろからクラブツーリズムのツアーがきました。
ガイドが、「釘一本使わずに建立された」云々。


へー。すごい。




苔の灯籠も気になります。





一歩引けば、すごい人。
こちらも車ですぐ来ることができるので。





五重塔の周りに潜む、地蔵が気になります。





じっと、してます。




ということで五重塔見学を終え、
上の神社まで2446段、一気に駆け上り、駐車場に戻りました。
正直、ごぼうぬきでした。





帰ります。

途中駐車場から、月山がよく見えました。





桜がありました。
車をとめます。





また、桜がありました。
車をとめます。





また、赤い桜?梅?がありました。
車をとめます。

きっと、迷惑です。




たんぽぽ?がありました。
車をとめます。

ちょっと、やりすぎです。




昼飯、ちょっと贅沢に寿司を食し、
最上川を越えた所で、、、


ぼんやり鳥海山が見え始めました。




鳥海山に夕日があたっています。
明日は、期待できるのでしょうか。




最上川も、また美しい。





夕日が映えます。





ついつい寄り道。





続きます。



>>4日目: 鳥海山、山スキー+テント泊







<<GWハイライト
<<1日目、蔵王、山スキー
<<上山/葉山温泉
<<2日目、月山、山スキー
<<湯殿山温泉
<<道の駅あつみ


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (2)

GW特集:道の駅あつみ「しゃりん」

2009年05月15日 | その他
2009年5月3日 道の駅あつみ「しゃりん」


同日、月山湯殿山温泉に立ち寄った後、
「日本海に沈む夕陽を見たい」と思い、日本海沿いにある
道の駅に移動しました。


翌日、国宝羽黒神社五重塔に行く予定だったので、少々遠回りではありますが。
なかなかよい道の駅でした。


車中泊目的の車で、「一杯」になり、
こぢんまりしている道の駅なので、隣10センチとえらく狭かったです。


周辺には、いくらでも土地は余っているのですけど。



日本海沿いの道を下ります。

途中にあった、「モヒカン岩」(私が勝手に命名)





塩棚






鯉のぼり




味のある(素朴)な漁村





漁船





道の駅あつみ到着。





久しぶりに見る、海。





バイク、いいなー。
また購入したくなります。





静かです。





残念ながら、夕陽は無理です。





ヘリコプターもいました。
イベントをやっていたようでした。





日本最古の織物技術。
もはや継承者がほとんどいないそうで。





おしゃれなんですが、帽子2-3万円します。
私には購入できません。





翌朝0700、食堂があきました。





地場魚を利用した定食頂きました。








◆基本情報

所在地: 鶴岡市早田字戸ノ浦606
電話: 0235-44-3211
FAX: 0235-44-3212
E-mail: atsumi_syarin@yahoo.co.jp
交通: 山形自動車道鶴岡ICから国道7号線経由車で約40分
あつみ温泉駅からバスで約8分(しゃりん下車/380円)
駐車場: 107台
時間: 5月~8月/午前8時~午後6時
9月~4月/午前8時30分~午後5時30分
休み: 毎月最終水曜日(7、8月は営業)
12月31日・1月1日

◎情報館
・24時間ご利用できます。(展望室、シャワー室は夜間ご利用できなくなります。)
・情報提供端末/3台
・トイレ数/31器
・シャワー/3分200円


道の駅あつみ「しゃりん」(山形県鶴岡市観光連盟)


◆関連リンク

「道の駅をたずねて何千キロ」
 ・・・すごいサイト/人がいるのですね。 道の駅制覇!だそうで。
 - 道の駅あつみ「しゃりん」ガイドページ
  しかも、レポがメチャクチャ詳しいです。


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。

コメント

寄り道)世界初、赤く光るクローン犬

2009年05月14日 | その他





世界初の赤く光るクローン猫が生まれた街、韓国ソウル。今度はソウル大学校の科学者チームが世界初の赤く光るクローン犬“ルピー”を作り出した。

more>>

-----------

ご存じナショナルジオグラフィックの記事。


最近、この手のネタが、毎月、世界中で発表されてますね。


・・・気持ち悪い。 というか、気味が悪い。


「パーキンソン病などの人間の遺伝子疾患に対する研究が進むことも期待できるという」とのことですが、


気味が悪い。


科学者って、この底知れぬ気味悪さを、感じないんでしょうかね。
てか、私だけ?気味悪さを感じるのは。


ゴールデンウィークレポの寄り道でした。


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。



コメント

GW特集:湯殿山温泉「薬師の湯」(湯殿山ほてる)【名湯】

2009年05月14日 | 温泉
2009年5月3日 湯殿山温泉「薬師の湯」(湯殿山ほてる)


月山・山スキーの帰りに寄りました。
当初、日本秘湯の会にも加盟する「月山志津温泉 まいづるや」に立ち寄ろうとしたのですが、「外来お断り」とのことで、、、、
同湯殿山温泉に行ってみました。 時間があれば、湯殿山=奥の院にも立ち寄ってみたいですし。


こんな場所に、、、なぜか人が多かったです。
ほてるの前につり堀があり、なぜか人が多かったです。





ほてる、って、、ひらがなですね。





湯殿山?




つくしがたくさん咲いて?いました。




ちなみに、奥の院よりも温泉を優先させたのですが、
有料道路が終わってしまっていました。
湯殿山神社(奥の院)立ち寄ることができませんでした。残念。
神社に温泉があることを知っていれば、先にそちらに行ったのですが。→湯殿山仙人澤温泉


◆基本情報

・施設名: 湯殿山口宿舎「湯殿山ほてる」
・場所: 山形県鶴岡市田麦俣字六十里山141
・連絡先: 0235-54-6231
・湯船: 男女別内風呂2
・泉質: ナトリウム・カルシウム-塩化物冷鉱泉
・泉温: ?
・効能: 婦人病、 冷え性、疲労回復、神経痛、 筋肉痛、 きりきず、 やけど、 慢性皮膚病など
・営業期間: 冬季間休業 12月1日 ~ 4月25日
・外来入浴営業時間: 11:00 ~ 15:00
・料金: 500 円  

 *詳細情報はホテルにお問い合わせ、確認ください。

◆関連リンク

湯殿山ほてる 公式サイト

 記載内容がとてもユニークです。親しみを感じます。

湯殿山仙人澤温泉(はしご湯のすすめさん)
 ・・・ブログを書きながら、その存在を知りました。
 こっちに行きたかったです。

湯殿山参篭所(山形県鶴岡市観光連盟)



◆09年GW特集記事

<<ハイライト
<<蔵王連峰、山スキー
<<上山/葉山温泉
<<月山、山スキー

---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント

GW特集:月山【山行記録】~ 2日目、山スキー、日帰り

2009年05月12日 | 山スキー/バックカントリー
2009年5月3日 月山(1,984m)
テーマ:日本百名山 残雪期 山スキー 登山 ピークハント
天候: 曇り


ゴールデンウィーク東北遠征2日目。
蔵王に続き、楽ちん山スキー山頂ピークハント。
アクセスよいですし、また来たいです。(遠いですが)

<<1日目: 蔵王山
<<1日目: 上山/葉山温泉


◆基本情報

・ルート:
・総距離:7km
・標高差:+470m ー780m
・総時間:5時間半 休憩含む




 

◆詳細

前日、上山温泉から、道の駅にしかわに移動。車中泊。
翌朝、だらだらと移動。
8時半くらいでしょうか、リフトに移動開始しました。


高曇りの空です。





リフトに乗ります。

雪少ないですね。今年は7月まで営業できるのでしょうか。





リフト降りると、すごい人。。。





月山山頂方面、、、、あら、ガス被ってます。
佛生小屋あたりまで天気がよければ足を伸ばそうかと思いましたが、やめた方がよいかもしれません。





姥が岳。 登る人々がアリンコのようです。





板を引く人もいるのですね。





振り返ります。 いやー、すんごい人。

人気のスキー場です。




その後ろにある朝日連峰にも目がいきます。





沢を巻くコース、点点と人が歩いています。





姥ヶ岳を月山側から。




途中膀胱が破裂しそうになり、ルートを外れて、稜線の方にあがります。





・・・すると、2、3パーティーがついてきます。
あのー、こなくていいんですけど。


スピード出して駆け上がったので、途中で休んでくれました。




雨告山方面。何とも日本画の世界です。





人がたくさん上がってきます。





急登開始。

写真では、ちとわかりにくいですね。






ジグザグ歩行で、何とか登っていきます。

・・・なんか、山スキーも上達した気がします・・
全然登れない頃のレポはこちら


途中で皆さん板を脱ぎはじめました。
私もガス故、ピストンにしたので、板をデポすることにしました。





鳥居がガードされています。





一瞬ガスが抜けます。





ぼんやり、朝日連峰。




山頂付近到着。
あっという間でした。




晴れている日にまた来たいです。
ここにかかれている360度パノラマを堪能させて頂きたいもの。




視界は、、、ほとんどありません。





月山神社。羽黒修験者の聖地ですね。





人がたくさん入っていたので、ガスの中でも迷うことはなかったです。





さてさて、下山開始。
ガスで写真も面白くないので、さっさと降りてきました。

・・・あっという間。





リフトを上がるのが面倒なので、沢横を降りてきました。





この斜面、トラバースするにも、雪崩寸前。





少々冷や汗をかきながら、逃げます。
歩いている人も、メチャクチャ汗をかいてました。
疲れて?





無事、駐車場到着。

うーむ、駐車場からの眺望の方がよいかも。。。




薄曇りなれど、この「薄さ」が何とも日本画を彷彿とさせてくれます。
これはこれで美しい。




道路沿いの雪壁から顔を出し始める木々。
力強いです。




車で降っている途中、後ろを振り返れば、、、、
山頂のガスが消えています。

げ!

ま、また来ます。





朝日連峰と、月山湖




もしかしたら、日本海に夕陽が見えるか?
と期待して、道の駅あつみ(日本海沿いの道の駅)に行くことに。


途中のハイウェイ。


緑と白のコントラスト美しく、迷惑駐車。
目的は写真。





湯殿山方面。





なかなか、写真では伝わりませんねー。。








続きます。



<<1日目: 蔵王山
<<1日目: 上山/葉山温泉


◆関連リンク

月山(wiki)
 八幡平と同じ日本において珍しい楯状火山・・そんな火山あるのですね。
 出羽三山の一つ。

月山朝日観光協会事務局公式サイト
 観光情報豊富です!


◆皆様のブログ(09ゴールデンウィークで月山に行かれた?記事)

・090506「みちのくさすらい旅(月山編)」(telemarkstyleさん)

・090503「月山・鳥海(09年GW):2日目」(風来坊(旅・山登り・テレマークスキーのブログ)さん)
 お、同日ですね!

・「月山 大雪城」(ぶら~り♪ 叉旅やま歩る記さん)

・「GWは月山と鳥海山に行きました。」(ぶーちゃんな日々さん)


・「月山・大雪城 テレマークツアー」(晴れ、ときどき山登りさん)
 すんごい、分かりやすいレポですね。

---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (12)

GW特集:葉山温泉/上山温泉「彩花亭時代屋」【名湯】 ~ おもてなし、素晴らしい

2009年05月10日 | 温泉
2009年5月2日 葉山温泉/上山温泉「彩花亭時代屋」


GW蔵王山スキーの帰りによりました。
上山温泉方面をうろうろしていてたどり着きました。


「日帰り温泉」であるにも関わらず、丁重なお出迎え・おもてなしを頂き、とっても恐縮。
もう少し歳をとってゆっくり旅行をするようになったら、ちゃんと宿泊したいですね。
宿泊客が食事中だったこともあり、温泉独占させて頂きました。


看板。



入り口。



花。
*美しい飾り物があちらこちらに。隅々まで綺麗になっていること、驚きました。



ロビー。



お茶(コーヒー)も頂きました。



温泉(内風呂)



温泉(外風呂)



 *他、宿泊客用の貸し切り湯等たくさんあるみたいですね。
 *温泉写真は公式サイトより拝借。


◆基本情報

・宿名:彩花亭時代屋
・場所:山形県上山市葉山9-5
・電話:023-672-2451
・泉質:ナトリウムカルシウム塩化物硫酸塩温泉
・効能:神経痛リュウマチ,胃腸,外傷骨折火傷,痔等々
・営業時間:?

 *詳細は、宿に問い合わせしてください






◆関連リンク

葉山温泉/上山温泉「彩花亭時代屋」公式サイト

葉山温泉「彩花亭時代屋」じゃらん
 *いつのまにか、、同サイトもすごい口コミの数になっていますね。
 *ぱっと見たら、一つ一つのコメントに宿の人が丁寧に回答している所がすごい。


かみのやま温泉(Biglobe温泉)



>>1日目: 蔵王山
>>2日目: 月山



---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (1)   トラックバック (1)

ゴールデンウィーク特集:蔵王連峰【山行記録】~ GW1日目、軽めの山スキー

2009年05月09日 | 登山
2009年5月2日 熊野岳:蔵王連峰(1,841m)
テーマ:日本百名山 残雪期 山スキー 登山 ピークハント
天候: 晴れ


最近、めっきり百名山ハントせずに、好きな山に行ってました。
久しぶりの新規百名山。72座目です。

スキー場のゴンドラを利用した楽ちん登山/山スキーでした。
GWの渋滞で疲労した体には丁度よい運動でした。


>>1日目: 上山/葉山温泉
>>2日目: 月山


◆基本情報(GW1日目)

・ルート: 蔵王温泉スキー場ゴンドラ~熊野岳 ピストン
・総距離: 約4.7km 
・標高差: +約170m ー約500m
・総時間: 約4時間 休憩含む
・アプローチ: 東京23区~蔵王温泉スキー場 約400km弱




◆詳細(GW1日目) 


5月1日夜中東京出発

・・・深夜だろ・・・
さすがGW&1,000円効果、東北道渋滞です。




力尽きて、安達太良山で車中泊。
天気良好!急がねば。

朝一番に移動開始。




でも、渋滞。 がっくり。



蔵王スキー場11:00到着。
確か、11:30ゴンドラに乗りました。




山頂駅前にある地蔵様。




地蔵山。
渋滞疲れに甘え、トラバースしました。




天気はよいです。眺望よいです。




しゃかしゃか歩きます。





あ、、、っついです。




ルート間違えましたね。
雪なくなったので、板かつぎます。。。




遠くに、、、たぶん朝日連峰。
格好よいです。


 *秋の朝日岳レポはこちら


あっという間に、熊野岳が見えてきました。





しゃかしゃか。




歩いていると、時折、「がさっ!」と大きな音がします。
雪の底で、崩壊が進んでいるのでしょうね。
坪足だと、沈みそうです。





緑と白。





振り返ります。





ぷち急坂を登ります。





山頂到着。





あちらは、刈田岳




ハイウェイが通ってるのですかね、人が上がってきます。




とりあえずお約束の「三山会」手ぬぐい。




山頂でだらだら飯を作ります。





うどんでしめます。 
渋滞で披露した体にしみいります。
幸せって、安いもんです。




昼食後、山頂で写真タイム。
祀られるは蔵王権現でしょうか。




鳥居。
(言わんともわかりますね)




本当に、雪が少ないです。




杭の道しるべ、素敵です。




山頂道標。




刈田岳。




元気があれば、あっちまで歩くのですが。




そろそろ降りますか。





じゃー。
(すみません、日本語弱くて。。。擬音語ばかり)




かかとのロックを外して、テレマーク気分で遊びます。





雪のあるルートを選ぶのに苦労します。




降りたくなるバーン。
横道にそれて降りはじめます。




当然、降りた分、余計に登らないといけません。
カニあるき。




ふー。




青と白。





で、ゲレンデにでて、ゴンドラで降りました。
(雪がないので、下までいけません。。。)




駐車場に戻ってみれば、、、

ありゃ。 あけっぱなし。
アルペン用の板や、スノーシューを入れっぱなしでした。
ま、無事でなにより。




----

温泉に向かう途中。。。


よいですねー、この風景。




上山温泉付近から、蔵王連峰を見ます。
格好いいですね。




なぜか、、、場違いなビルが。。。









GW1日目、体慣らしには丁度よい運動でした。
来年は、モンスターの時期に来たいです。


>>1日目: 上山/葉山温泉
>>2日目: 月山


◆関連リンク

蔵王連峰(wiki)
 「蔵王連峰の名前は、蔵王権現を祀ったことに由来する」・・・、へー。

蔵王温泉スキー場公式サイト


◆皆様の山行記録

蔵王山☆熊野岳(2009.3.1)(うみやまさん)

蔵王山 《前編》(こあぱぱさん)

蔵王(1日目前編)モンスターを探して(三脚マンさん)

蔵王山★★(1of2)(ぽっかさん)


よいですねー、皆様モンスターの時期に登られてます。


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (2)

09年、ゴールデンウィーク特集(GW)ハイライト ~ 蔵王、月山、羽黒山、鳥海山

2009年05月07日 | 携帯速報
2009年5月2日~6日GW 蔵王、月山、羽黒山、鳥海山


東北貧乏旅行してきました。
宿泊は全て車中泊で、高速料金も本当に1,000円で遠征。
 *5日間で消費したお金は、、、たぶん1人1万5千円くらい。。。

全般的に天気良好でして、ラッキーでした。
観光観光していない山形県の雰囲気もよかったです。


順次詳細記事はあげていきますが、取り急ぎハイライト。

◆1日目:蔵王山(熊野岳)日帰り

スキー場ゴンドラからあがり、ピークで昼食をとり、山スキーで帰りました。


稜線、雪ないです。来年はモンスターを拝みにきます。





熊野岳で足をとめました。





降りはあっという間でした。




 *とても雪少なかったです。


◆2日目:月山日帰り

月山スキー場からピークハントして帰りました。
当初、その先(弥台ヶ原)まで足を伸ばそうと思いましたが、ガスがかかっていたのでやめました。


すごい人




山頂は、残念ガス。




途中から、ガスは消えます。
美しい朝日岳。
 *紅葉の朝日岳レポはこちら




◆3日目:羽黒山日帰り

山頂から羽黒山五重塔(国宝)往復。


標高差約250m程度。 
小さい子供から、お年寄りまで。。。皆さん元気でした。




車でピークと、五重塔両方をハントすることも可能なので、人は多かったです。





◆4-5日目:鳥海山、テント一泊

5月2日時点の天気予報では、曇り。
少し諦めていましたが、晴れました。

日本海、庄内平野を眼下に、美しき眺望を堪能。こりゃ、よいです。


鉾立から入って山頂を目指しました。




外輪コース。雪がなくなっていたので、途中から坪足。
・・・しんどかったー。




行者岳から。山頂までもう少し。





遠く日本海に、夕日が沈んでいきます。シビレます。
(同写真ではわかりにくいですかね。。)





ご来光は、山頂独占。
皆様、日帰りなのですね。




降りは、千蛇のお鉢をスキーで満喫。
天気に恵まれたので、、、ガングロ(顔黒)になってしまいました。






◆よく聞かれる質問: 今まで一番よかった山は?

今まで、
 ○「どこも、よかったですよー。天気に恵まれれば最高です」
と答えてました。

今回鳥海山を経験して、
 ◎「どの山もよいですが、強いて言うなら、鳥海山です」

と言うと思います。真面目に、シビレました。


詳細レポは、追って。



---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (13)

増富ラジウム温泉「金泉閣」【名湯】 

2009年05月07日 | 温泉
2009年4月26日 増富ラジウム温泉「金泉閣」


瑞牆山の帰りによりました。
*いつもは、増富の湯ですが、今回はホテルの日帰りを利用してみました。


周辺、新緑美しく。




雪解けで河川勢い強く。




ホテル全容。 温泉は、川側。




看板




源泉掛け流し。
最初少し、、、冷たいですが、ずっと入っていると身体の芯から温まる。


*公式サイトより拝借。


◆基本情報

・施設名: 増富ラジウム温泉「金泉閣」
・場所: 山梨県北杜市須玉町小尾6676
・連絡先: 0551-45-0511
・湯船: 男女別内風呂2
・泉質: ラジウム温泉
・泉温: 32度?
・効能: 神経痛 リュウマチ 神経炎 痛風 創傷など
・営業期間: 通年?
・外来入浴営業時間: ?
・料金: 入浴料=大人600円

 *詳細情報はホテルにお問い合わせ、確認ください。






◆関連リンク

増富ラジウム温泉「金泉閣」公式サイト

・増富温泉の歴史(北杜市)増富温泉の歴史
 全国で89ヶ所ある(平成12年5月調べ)環境省の国民保養温泉地に指定されているそうでして。。。。>>more
 
温泉みしゅらんさんのレポ




・・・GWのハイライトは、本日中にアップします。


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント (2)