海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

日和田山(登山教室Timtam)~人生3回目のロッククライミング

2009年03月28日 | ロッククライミング
2009年3月28日  日和田山
テーマ: ロッククライミング 登山教室 timtam
天候: 晴れ


今回で、3回目の参加。

1回目レポ
2回目レポ

今回もお世話になりました。
登山教室Timtam :




何の道具も購入していませんが、全部レンタルさせていただいているので、
身体一つで参加。



1回目で、ステミングフェイス、難なくクリア。
あっけなかったです。


その後、バルジで、途中からルート失い敗退。



力つきている中、最後にステミングフェイス挑戦。
・・・敗退。



まあ、今回の目標はクリアしたということで。
「準4級」のカードを頂きました。










まだまだ、腕の力についつい頼ってしまいますね。

日和田の主、吉田さん?みたいに、「クモ」のような動きが
できるとすごいんでしょうなー。


1回目レポ
2回目レポ


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント

日和田山(登山教室Timtam)~人生2回目のロッククライミング

2009年02月17日 | ロッククライミング
2009年2月14日 日和田山
テーマ: ロッククライミング 登山教室
天候: 晴れ


2月とは思えない小春日和。
寒さではなく、花粉で、鼻水まみれのクライミングでした。


今回もお世話になりました。
登山教室Timtam :




今回はロープワーク等各種ツールの使い方、確保の仕方、、を改めて教えてもらいました。また、行かないと、忘れます。一気に詰め込みすぎました。



高麗駅集合。


*今回の写真は携帯カメラなので画像悪いです。

天下大将軍と、地下女将軍。

地下女、、、て何?



日和田山、見えてきました。





登山口入り口前のカフェ。ちょっと気になります。





ロープワーク、色々教わりました。


支点折り返しビレー? 大丈夫だろうか?




今や、「機械」が勝手にやってくれている力学を目の前にしているようです。
一つ一つの動作に「意味」があるので、面白い。
(すぐ忘れますが)



日和田山山頂?




新宿も見えるそうで。





お弁当。 皆、半袖。




すごいお兄さん(スパイダーマン2号)





すごいおじさん(timtam代表、スパイダーマン1号)
日和田山・男岩西面のバルジをひょひょい登っていきます。




私はこちら、男岩西面のステミングフェースで、敗退。






スパイダーマン2号、松の木ハングをアイゼン履いて挑戦。




クリア。 すげー。




今回の成長記録:

「腕の力に頼らない」「足をしっかり使う=バランス」等のコツは頭に入ってきました。(体が、、言うこと聞きませんが)

前回は、1回登って、腕の力を使い切りました。
今回は、上記ポイントを気をつけて、何回も挑戦(粘る)ことができました。



来夏場、沢登りに向けて、技術習得がんばります。






ps) 登山教室「Timtam」

ここの代表のコンセプト:

「サラリーマンの見方」
 その心は、彼が30年間?近く社会人を続けられたのも、月に1回程度山に行き、「生気」を取り戻すことができたから。
 山岳会のように縛るのではなく、上記目的を遂行するために、一般ルート以外も含めた山の楽しみ方を、ゆっくりマスターして欲しい。


だそうで。

そのコンセプトに近い生活をしているので、私にとっては心地よいです。



同教室ホームページ、ロープの使い方、山の食事、道具、岩登り、沢登り、、、
読み応えある記事がたくさんあります。
これまた、勉強になります。いつか読みます。



---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。







コメント (3)

日和田山 ~ 人生初のロッククライミング

2008年11月30日 | ロッククライミング
2008年11月24日 日和田山
(1週間前になってしまいました)

人生初、ロープをつけて、岩を登りました。


お世話になったのは、「TimTam登山教室」




場所は、高麗駅から歩いて15分程度の日和田山。


どうでもよいですが、、向かう途中西武池袋線の電車内で、、、

「KYで行こう」 by SEIYU
って、、「空気読めない」でないの? SEIYUさん。
しかも、「時代の空気を読んで」というサブタイトル。




小学校時代、なんかよく来たような・・・。




遠足だったかな。。。




で、午後から雨だということで、
こちらの岩に、何の予備練習なく、登ることになりました。

先輩、紐につるされてないのに、さくさく登っていきます。

すげー。




実際登ってみると、、、最後以外大したことなかったです。




ま、登山の中でも、
このくらいの岩登っているからかもしれません。




しかし、

次にステミングと言われているフェイスに挑戦した瞬間、
まともに登れません。
っちゅうか、90度以上あるんでないの?
この斜度。。。

写真撮ってる暇ありませんでした。


参考までにユーチューブ。


この方、私が、筋肉ぱんぱんになって、
まったく歯が立たなかったのに、スイスイ登っている。。。

日和田・ステミングフェイス(5.7)



こちら、、、屋根になっているんですけどね。。。

日和田・松の木ハング直上(5.10b/c)



先輩方は、皆スパイダーマンでした。



隣のパーティーは、60歳近い方々。
スイスイ登ってました。

すんごい世界があるもんですね。



これ、やばいでしょ。。。

クライマー墜落!

ほどほどにしよ。



とはいえ、
縦走以外の山の楽しみ、見つけた気がします。


・・・5級のプレートもらいました。





TimTamの皆様、ありがとうございました。






---
↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。


コメント (5)