海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

オートキャンプ牧場 チロル

2019年02月21日 | キャンプ

こちら:オートキャンプ牧場チロルも、今年の10月末。

入笠山に入る前に宿泊しました。

我々のキャンプ場選定基準は、基本「眺望」。

なかなか山にいけないので、山ライクな環境を追求しています。

大好きな菖蒲が浜も含めて、基本眺望基準です。

高規格なオートキャンプ場は、基本行きません。

こちらは、オートキャンプ場で、利便性もありながら、

とーっても眺望がよいです。

値段はそこそこですが、ここは払うに値しますね。

一番下のサイトで、眺望を邪魔するものはありません。

最高の朝食

気が付いたら、6年近く使っている、コールマンウェザーマスター

管理棟から見た風景。こちらは南アルプス側ですかね。

管理棟から見た風景。遠くに見えるは八ヶ岳、かな。

都内では味わえない焚火と酒を堪能して、明日の入笠山に備えます。

(単にダラダラ飲んでいるだけです)

ここは、また来たい。

オートキャンプ牧場 チロル
コメント

2017 6月 洪庵キャンプ場

2017年11月25日 | キャンプ

山仲間、うみやま家とのキャンプ。

菖蒲ヶ浜の次に素敵。 ここも富士山が見たくなるとくるキャンプ場。
カヤックを導入したので、何かと湖畔キャンプ場狙い。
元をとらないといけない。ROIが悪くなる。





らーめん大好き、ラーメン食べたい。



秘伝ラーメン体操



大人は、湖畔に浮かぶ富士山を見ながら、昼からだらだらだらビール




子どもたちも、喧嘩しながら、遊んでる。




コメント (1)

2017年 8月 菖蒲ヶ浜キャンプ場 ・・・もう、何回来たことか。

2017年11月25日 | キャンプ

高規格で、人気・混雑していて、区画が狭く、キャンプだけど、自宅よりうるさいキャンプ場には行きたくない。
野営よりはファミリーより・幼児も対応できる。一方で、景観は、稜線の幕営場のようであって欲しい。


となると、菖蒲ヶ浜が個人的には最強。

人気だけど、幕張り場所によっては、最強の景色をいただける。


今年も、何度かお邪魔しました。
夏はひょんなことから、ドイツ人の留学生とキャンプ場へ。

*彼女は、原宿の方がよかったようだが、内に関わったのが不幸。
  




今年から、インフレータブルカヤックを導入。




国際交流。
子どもには刺激になったか。(でも、彼女は3カ国語を話せる中学生=日本語を話せる)







コメント

7月 蔵王坊平国設野営場 & スイカ

2016年09月24日 | キャンプ
2016年7月30日 蔵王坊平国設野営場 & 尾花沢スイカ収穫祭
天候: 曇り、時々晴れ

尾花沢市のスイカは日本一の生産量で、かつかなり大きいです。

昨年から近所のママ/パパ友の指導のもと、尾花沢のスイカの株券?を購入し、
収穫祭に行ってます。


今年も、でかい・すいか、収穫しました。
(昨年より、サイズは少し寂しい気がする)




その後、尾花沢と言えば、蕎麦
おくのほそ道 尾花沢そば街道: 寒暖差40度のミズが育てる蕎麦が、すごいそうで。

ということで、蕎麦を食しました。
*ご馳走になった店:そば切り源四郎




宿泊は、当然キャンプ。 今回お世話になったのは、「蔵王坊平国設野営場」。

*施設類の写真撮影を失念しましたが、管理棟はまあまあ、、古い。トイレは、とても新しく、きれい。
*キャンプ場内に、マラソンコースが交差しており、皆気持ちよさそうに?厳しいトレーニングをしていました。
*600サイトは設置できるということで、とても広い、しかも、350円/大人・日という宿泊料はありがたい。
*トイレ/炊事場は少ないので、「静寂」を選ぶか、「利便性」を選ぶか、選択を迫られます。




今回は、子ども4人。 まあ、元気。 
シナジー効果で、内の娘たちも、いつも以上にうるさい。




やっと、集合写真。





収穫したばかりのスイカを、カブトムシのように食する、子どもたち。





大人だけの、山形の日本酒と米沢牛を食する、静かな?ひととき。




機会あれば、またお邪魔したい。

ps. 温泉は、湯の花茶屋 新左衛門の湯を利用しました。 キャンプ場から、車で30分弱でしょうか。

ーーー
◆基本情報
 キャンプ場名:蔵王坊平国設野営場
 住所:上山市蔵王高原坊平
 電話:023-679-2464
施設:テントサイト:600サイト(3,000人程)
 炊事場3棟、トイレ2棟、電話、広場、遊歩道、
 公衆電話、キャンプファイヤーサークル
料金:  350円/大人、200円/小人
 薪は、売ってました。確か、500円。 ・・宿泊料より高い。

ZAOたいらぐらが併設: 準高所トレーニングの拠点


<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 

コメント

7月 霧ヶ峰キャンプ場 〜 是非また訪れたい。

2016年09月18日 | キャンプ
2016年7月16-18日 2泊 霧ヶ峰キャンプ場
天候は曇り時々雨(涙)
*最終日は晴れました。


ーーー
東京オリンピック大会の記念事業として昭和44年にオープンした市営のキャンプ場です。
標高が1,600mと高いので夏でも涼しく、快適に過ごせます。ただし朝晩は冷え込みますのでご注意を。
場内は土や草地で100張ほどの広いフリーサイト・・・
ーーー
だそうです。昭和44年とは、私より年上ですね。


確かに、看板には歴史を感じます。




キャンプ場地図。
 *実際歩いてみないと、何ともイメージがつきにくい地図なのですが。




管理棟で、どこが空いているなど、アドバイスをいただけるので、助かります。




手前の広場に人は入っていましたが、奥の方は、「荷物の持ち運びが大変」だからか、空いていました。
荷物は、管理棟前で荷出しをして、リヤカーで幕営地点まで持って行きます。
車は、その後、100-200m先の無料駐車場に移動します。


テントを張った箇所は、「第2テント場」です。
とても静かでよかったです。




ーー
二日目は、あいにくの天気でしたので、諏訪の街に出たり、ブルーベリー狩りなどをしてみました。




三日目は、天気がよかったので、霧ヶ峰を歩きました。

ニッコウキスゲが美しい。







上の娘は、がんばって歩きます。




ハイキングとしては、最高です。




当然、駄駄コネ事件は起きます。 下の娘。




上の娘にも発生します。ママオンブ、以外言うことを聞きません。
はてはて、この4歳はいつになったら自力でピークを踏んでくれるのだろうか。





ーーー
キャンプ場名:霧ヶ峰キャンプ場
住所:〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪13338
*営業期間が7/9-8/末 *もう9月は終わっているみたいですね。
電話:0266-52-4141
施設:管理棟、炊事場、トイレ *薪、炭は販売されている。
サイト数: 100サイト程度
サイト区画: フリーサイト、林間サイト
料金:  1~ 6人用 1張りにつき 720円、タープ 1張りにつき 510円
ゴミ: この値段でも、ゴミを回収してくれます。

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 


ーーー

ps.
最初は、菖蒲ヶ浜キャンプ場等で、今年は「湖畔」がキーワードでしたので、
蓼の花オートキャンプ場というところに泊まる予定でした。
しかし! 行ってみれば、ほとんど我が家の駐車場のようなところに、無理矢理テントを張るような環境で、
これは無理(嫌だ)ということで、その場でキャンセル。
しっかり、、、5,000円取られました。




コメント

パインウッドオートキャンプ場 〜 噂通りの夜景・眺望です。

2016年08月28日 | キャンプ
2016年6月3日
会社のリーダー合宿で、パインウッドオートキャンプ場に行ってきました。


眺望よく議論になります。





お酒もすすみ、議論になります。




場内の雰囲気。

何かとオーナーさんには面倒を見てもらいました。
その場でチェーンソーで薪を切ってもらっている姿には、貫禄を感じました。
網走刑務所の看板が気になりました。




ほったらかしの湯も近いので、朝・夜よりました。

会社の合宿に、都内から近く、おすすめです。 *当然、家族でも行きたい。


ps. 後日、「先日合宿で話したXXXの件ですが」「そんな話したっけ?」「えー、議論したじゃないっすか」・・
 ということが多かったので、眺望がよすぎて、お酒がすすみ過ぎると、議論を忘れてしまうので注意が必要です。



関連記事
家族で行きたい!絶景のパインウッドオートキャンプ場【山梨】(ノハナコ)
*レポートを参考にさせていただきました。

基本情報
 キャンプ場名: パインウッドオートキャンプ場
 住所: 山梨県山梨市大工2483
 電話: 0553-22-6096 /  090-3142-2427




コメント

菖蒲ヶ浜キャンプ場 ~ こちらも何度も訪れたい。

2016年08月24日 | キャンプ
2016年5月14日 菖蒲ヶ浜キャンプ場
天候: 曇り時々晴れ or 時々雨


とても素晴らしいキャンプ場です。

都心から200km弱、かつ下道も少なく到着できます。
山友達とスーパー:リオン・ドール日光店に集合し、買い出しをしていざ菖蒲ヶ浜キャンプ場へ。


駐車場到着。桟橋の奥がキャンプ場です。




こちらは、駐車場で荷物をリヤカーに積みなおす手間はあります。
ただ、それ故に、静かです。




駐車場からは、少し距離がありますかね。




キャンプ場入り口、素敵です。
何でしょう、この感覚。 入り口に立つだけでもドキドキしてきます。



管理棟。




湖畔沿いがすべて埋まっており、どうしようか、という議論をしていると、
管理のおじさんが浜に出てもいいよ、というアドバイスをいただき、こちらへ。


素晴らしい




俗っぽい「日光」のイメージを払拭させてくれるキャンプ場です。




炭、薪、軽食等が売っている売店あります。
気持ちのよい空間でいくらで薪をしても、すぐに買い足せます。

景色、調達の容易さ、そりゃ、無駄に、焚き火をしてしまいます。





夕暮れ時、ガスも落ち、湖面/空の色が変わり、うっすら靄がかかっている。

 *子どもたちは、そんな景色おかまいなしに、遠くへ行ってしまう。




静かですよ。まるで、山奥の湖にきたようです。




いやー、静かですよ。




この時間にカヤックをだされる方々、羨ましい。私もいつか、マイ・カヤックが欲しい。




夜は、いつも通り、食事、日本酒、火遊びです。





ーーー翌日も・・・ーーー


朝も、、素晴らしい。
(すみませんね、文才がなく)




子どもたちは、、こんな場所でもお菓子をほおばってます。




私は、最近覚えた、葉巻。 
 *大人のおしゃぶりですね。子どもをしつける権利がありません。




水遊びをするには、、まだまだ寒いし、冷たい。




すぐ左後ろには、男体山。




寂しいですが、キャンプ・撤収。
子どもたちは何かとリヤカーに乗りたがる。




温泉は、湯元・温泉寺に行きました。




熱湯、です。(汗・赤)




帰りに、キャンプ場の隣にある「さかなと森の観察園」に行ってきました。




エサをあげると、魚たちがワンサカ寄ってくるので、子どもたちは大喜びです。




増養殖研究所(略称:増養殖研)の存在、またいくつかある中でも、日光は1900年代初頭に設立された日本最古(笑)の養殖・研究所と
非常に歴史・由緒ある場所。元御料地、皇室の方も見学に来られた、、等の記載もあり。

たんなる釣り堀?、観光名所?くらいに思って寄っただけだったので、中身のある場所で大人も楽しめます。



いやー、本当に良かった。


アクセスの良さ、があると同時に、「静かさ」(我が家の求めるキャンプスタイル)がある。
素晴らしいキャンプ場です。

また、来ます。



コメント (2)

2016 GW : 休暇村裏磐梯キャンプ場 ~ このエリアだけ雨(涙)

2016年05月07日 | キャンプ
2016年4月30日~5月3日 休暇村 裏磐梯キャンプ場
天気: 2日ほど、雨。

ゴールデンウィーク、皆様どちらに行かれたのでしょうか?

天気予報ではゴールデンウィーク前半は全国各地、晴れマークだったので、
我々は裏磐梯まで足を伸ばしたのですが、なぜか、この地域だけ、に見舞われました。

水はけが悪い場所に天幕を張ってしまい、
雨があがっても、テントの下はビショビショという状態が続いてしまいました。

お陰様で、会津や喜多方の街にでたり、親の実家に顔を出したり、サファリパークに行ってみたりと、
人並みに観光をすることができました。

**写真は、「晴れている」時に撮影したものです。



初日は、雨が降る前に到着、曇りの中にテントを設営できました。

D地区の川よりのサイトに設営。


(公式サイトより)


新緑の淡い緑が美しい。




テントを張り終わった後、少々ガスが抜けると、磐梯山が見えてきました。
晴天であれば最初からこの、磐梯山を崇めることができる「D地区の真ん中付近」にはったのに。無念。




入り口にある管理事務所。
大きい建物です。GWにも関わらず、お客様がまばらでした。いつもですか?と聞いてみると、
夏場は、1,000人近くが押し寄せるとか。(100組だったかな?)。。。静かな時期でよかった。




雨があがっている時に、少しは外で遊びました。




当然、まったりしたり、焚き火したり。
キャンプの醍醐味? 楽しみを堪能します。




焼き鳥やら、鶏鍋(by ダッチオーブン)やら。




今回は、子供達に大人気の絵本:餅つきばあさんの絵本に習い、
お手製いお餅に挑戦しました。 食べるより、つくることに真剣な子供達。




朝食は定番: 昨夜の鍋の残りの雑炊と、ピザサンド。




雨がちな日は、会津の街にでたり、喜多方に行ったり、実家によったり、
桧原湖周辺の木になるキャンプ場を巡ったり。

ママキャンプ場、牧場キャンプ場、桧原湖西オート、松原キャンプ場などなど。どちらも魅力的でした。




ちょいと晴れ間が広がった日は、吾妻山へ。

・・重いよ、おぬしたち。



湿原散策。




最終日は、天気が安定したので、


裏磐梯で「噂」のパン屋さん「パン工房ささき亭」により、ランチ食を調達し、




桧原湖湖畔散策。




帰りに、東北サファリパークによって帰りました。

なかなかの大迫力。キリンでかい。




当然、2歳の娘は、大騒ぎ。




ゴールデンウィーク前半、唯一の雨エリアでしたが、
楽しませていただきました。



●関連記事:
 
 こちらの方のブログ記事を参考に、今回は裏磐梯に突入しました。
 温泉、スーパー等の買い物など、、、、ほぼご指示通り行動させていただきました。助かりました。

 ・休暇村裏磐梯キャンプ場 2014年GW(Work 4 Holiday)

周辺の山々の山行記録:
2007年5月3日(金) 磐梯山(ばんだいさん)
2008年6月8日 安達太良山
2007年5月5日(金) 吾妻山
・2008年10月6日 吾妻連峰・東大嶺
 *写真のリンクが剥がれてますね。。
2010年2月15日 西吾妻山
2010年2月21日 安達太良山



●資本情報:
キャンプ場名:休暇村 裏磐梯キャンプ場
住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原
電話:0241-32-2421
施設:管理棟 / 炊事棟(9棟) / 自販機(飲料水) / 夜間照明 / ファイヤーサークル / 多目的広場
サイト数: 約180 (区画は広い)
料金: 3,500円(家族4人)程度から 

 *薪や炭はこちらでも調達できます。毛布等もレンタルしていました。

・最寄のスーパー: リオン・ドール猪苗代店
 おそらく、こちら。 猪苗代ICを降りてすぐ。キャンプ場からは、30分弱だったと思います。

・温泉:
 休暇村内にありますが、日帰りは16:00まででした。
 他に20:00くらいまでやっている、裏磐梯温泉露天風呂「香の湯」がありました。


<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 
コメント

11月 雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場(伊豆) 

2016年04月29日 | キャンプ
2015年11月21日 雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場
はて、今年最後のキャンプかな。

中野家、ほか2家族、合計4家族でキャンプ。

早めに到着しましたが、海が見える上側のサイトは、複数家族が泊まることはできず。
仕方なく、山側のサイトにしました。





子供にとっては、こちらの方が遊び場が近く、良いのかもしれません。




展望台から見下ろした景色、すばらしい。




夕日もまた、すばらしい。




ダラダラ、たき火を開始。




食事。




翌朝写真を撮って後にしました。




11月21日と、子供たちには、寒さ・天候が厳しいかと心配していましたが、
さすが、伊豆です。多少の寒さ程度で、楽しく過ごすことができました。



キャンプ場: 雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場
住所: 静岡県賀茂郡松崎町雲見字塩谷83-1
電話: 0558(45)0500
サイト数: 28サイト
料金: 確か、7,000程度

海が見える、展望風呂がすばらしいキャンプ場
予約がとれにくいという記憶。

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  :  *山側の場合
自然   :  *山側の場合
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 


コメント

紅葉) カンパーニャ嬬恋キャンプ場 ~ 相変わらず眺望がよい。

2016年04月24日 | キャンプ
2015年10月11日 
カンパーニャ嬬恋キャンプ場 
に行きました。

有名、人気ゆえに、相変わらず混んでおりますが、
目の前が道路の一番下のサイトにしたので、あまり混雑を感じなかったです。


センター棟。




一番下からの景色。
電線が邪魔ですが、素晴らしい。




夕方も気持ちがよいです。




今回は、パン焼き成功。




朝食が素晴らしい。




バラギ湖畔を散歩。




えっちらほっちら。




気持ちがよい。





帰りは、「つまごいパノラマライン」。
日本百名道、だそうです。


かなり眺望がよく気持ちがよい。




ついつい、車をとめて、撮影してしまう。




こちらはどこの山でしょう。




浅間山。





ーーーーーーーーーーーーー
キャンプ場名:カンパーニャ嬬恋キャンプ場 
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣 バラギ高原

*施設、サイトのバリエーション等公式ページ参照

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 
コメント

9月 須川湖キャンプ場(公営)~ 静かな湖畔のキャンプ場

2016年04月24日 | キャンプ
2015年9月22日 須川湖キャンプ場(公営)


栗駒山に登った時のベースキャンプとして利用しました。
錦秋の栗駒山記事はこちら


オートキャンプ場ではないので、テント等の荷物の搬入・搬出が大変ではありましたが、
とても、静かで心地がよかったです。
しかも、リーズナブル。ぜひ、またお邪魔したい。

キャンプ地の眺望: 須川湖から栗駒山を見ることができます。






入り口ある管理棟と水場。




水場は手入れされています。




オートキャンプ場ではないので、搬入は大変でした。

 *奥側の湖畔は、車をつけて良い場所があるそうです。
  そうしたサイトから埋まってくいくそうです。




我々がたてた所は、こんなところ。




少し下ると湖。




こちらの区画だと、下に車をつけることができ、
テントサイトから湖がしっかり見えるな。






長期休暇ではないと、なかなかここまで足を運ぶ勇気がでませんが、
また、お邪魔したいです。



須川湖キャンプ場(東成瀬村役場)公式サイト


ーーーーーーーーーーーーー
キャンプ場名:須川湖キャンプ場
住所:秋田県雄勝郡 東成瀬村椿川 仁郷国有林
電話:0182-47-5255
アクセス: 
施設:管理棟、炊事場、トイレ
サイト数: テントサイト36張 *基本オートキャンプ場ではない。
料金:  大人/420円  小人(中学生以下)/210円

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 


コメント

9月 シェーネハイム金山 キャンプ場(山形・金山町)

2015年10月09日 | キャンプ
2015年9月20日 シェーネハイム金山 キャンプ場 (2泊)

シルバーウィーク、栗駒山登山を目指し、
前後神戸の友人と合流、家族キャンプ。

*神戸からここまで、運転お疲れ様です。
 (大して、苦ではなかったようですが)

最初の2泊は、こちら。とにかく、200円/泊と、激安。

1泊目は、神戸友人の山形の山仲間が集まり、キャンプ宴会。
 地酒やら、郷土料理を持ち寄っていただき、本当に感謝です。
 色々と、山形での生活をあれこれお伺いし、とても豊かな暮らしに驚いた。
 
 都市部は、稼ぎはあるかもしれないが、コストも高い。
 生活利益という意味では、田舎暮らしが正解なのかもしれない。

2泊目は、同友人家族とキャンプ宴会。


フリーサイトは思ったより混雑していたので、林間サイトにテントを張る。




テント区画には、ウェザーマスターを張れなかったので、板上に宴会席を作る。




神戸の友人が沢釣りに、子供達がグラスそりやら、温泉行っている間に、一人で一杯。




林間からは、公園が見える。





2日目に周った、金山の街並み。
なんでも、白壁の家には助成金がでるとのことで、、町中味のある白壁の家ばかり。 素敵だ。




有名な、「谷口がっこ蕎麦」に行った。
*廃校になった分校を地区住民が中心になって立ち上がって蘇らせた宿泊体験施設、打ちたてそばや郷土料理屋。




美味である。




登山をしていた頃は、夜中に登山口へ移動して、登山。 
登山帰り、急いで蕎麦屋により、渋滞を避けるために直ぐに高速に乗ってしまっていた。
日本全国、車で旅していた割に、昼間の各地の街並みをじっくり味わってこなかった。

よって、田舎のんびりドライブ、新鮮である。




新真室川温泉に立ち寄った。 こちらの温泉も大人200円。
キャンプ場と同じ200円。 200円に意味があるのだろうか。。。





夜は、子供達が寝静まったあと、また宴会。





翌日は、栗駒山・須川温泉登山口側のキャンプ場へ。
あれこれ、山形の山仲間にどこのスーパーで食材を調達するか、昼色をどこで食べるべきか、
ご指示をいただき、移動した。

重ね重ね、彼らには陳謝である。 そして、楽しかった。


*今回の登山記事:
 【登山/子連れハイク】錦秋の栗駒山

*以前の東北登山記事: ・・2年ほど前に登った、岩木山、八甲田、八幡平は、記事作成していなかった。いつか書こう。



 ーーー
キャンプ場名:ホテルシェーネハイム金山 キャンプ場
住所:〒999-5401 山形県最上郡金山町大字有屋1400番地
電話:0233-52-7761
施設:管理棟、炊事場、トイレ *各1つ *薪、炭は販売されている。
サイト数: 20サイト程度
サイト区画: フリーサイト、林間サイト
料金: 400円/泊(大人2人)
ゴミ: 持ち帰り 

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 

コメント

9月 くりの木キャンプ場(群馬)~眺望最高

2015年09月13日 | キャンプ
2015年9月13日 晴れ時々曇り、たまに雨

昨週の大雨を少し心配する中、久方ぶりの晴れ/曇りを楽しむべくキャンプ場へ。
今回は、新しい(2012年オープン)キャンプ場「くりの木キャンプ場」という所へ。

都内から、ノンストップで、2時間弱で到着。 近い
朝ゆっくり出立し、現地で買い物(今回は、ベイシア渋川こもち店)をし、
SC付近で昼ごはんを食べた。ほぼチェックイン時間である13:00。

しかも、眺望よし



今回は、空いていたのが「2家族用のサイト」ということで、そちらへ。
 *ここが、一番同キャンプ場の中で眺望が良いそうです。
 *ただし、ひと家族でも、ふた家族分の料金(約8,000円)がかかります。(涙)

少々高くつきましたが、最高です




広さは、、まあ、テント2つ、タープ程度。
2家族用サイト解説




いやいや、眺めよし。




眺めよし。
*宿泊されている方が、散歩されていた。
 口々に、ここが最高だ、と言っていた。




ダラダラ過ごす。




さてさて、夜飯タイム。




夜景も素敵だ。




*日本酒(スーパーで購入した、谷川岳)を飲んで、爆睡。


翌朝食事をすませ、さらりと撤収へ。




改めて、同サイトから見た、管理棟方面の景色。




眼下は、くりの木や、畑。 
畑を改造して、キャンプ場にしたのかな。


管理棟下のサイト風景。




中央エリア方面。




管理棟から見た西の高台方面の景色。




管理棟にある、炊事場。
なんと、小綺麗なことか。 驚きだ。
トイレも、とてもきれいだった。 虫や蜘蛛の巣は、ゼロ。





この雰囲気はとても、炊事場とは思えない。





帰りは、金島温泉・富貴の湯に立ち寄る。
*H27年8月に改装ということで、ピカピカ。
*かなり、よいお湯でした。


さらりと帰宅。さすが、関越自動車道。
13:00には自宅に到着していた。


これだけ、都心部から近く、眺望のあるキャンプ場は、病みつきになりそうだ。



ーーー
キャンプ場名:くりの木キャンプ場
住所:群馬県 渋川市 中郷 2694-197 *カーナビで、何故か正確な位置がでてこなかった。
電話:027-212-2578
アクセス: 赤木ICから10-15分程度
施設:管理棟、炊事場、トイレ *各1つ *薪、炭、備品は販売されている。
 *今回は、ペグを忘れ、、購入でき助かった。
サイト数: 20サイト、バンガロー
サイト区画: 全般的にあまり広くない。詳細は、公式HPで。
 *管理棟前、西の高台、東の高台、中央エリアとある。眺望がよいのは、管理棟前、西の高台か。
 *プライベート感があるのは、西の高台、東の高台と想定。
料金: 4,000円(家族4人)程度から 

<勝手な評価> 各5点満点
総合   : 
眺望   : 
開放感  : 
自然   : 
清潔度  : 
施設充実度: 
エンタメ : 
価格   : 

*勝手な評価の視点
眺望: 見晴らしがよいか
開放感: 全体として広いか、各サイトスペースが広いか
自然: 都会の喧噪から解放されるか
清潔度: トイレ等の設備の手入れがされているか
施設充実度: トイレ・炊事場等の基本設備、並びにお風呂、レンタル、消耗品の購入等のメニューの多さ
エンタメ: 遊び場、川・湖等の遊び場、子供の遊具等のレクレーション施設の充実度
周辺: スーパー、温泉が近くにあるか
価格: 4,000円/日を越えるか、越えないか *リーズナブルかどうか

*個人的には、眺望・開放感、自然以外はあまり求めていないので、
 他の項目は評価が甘い。

コメント

8月 キャンプファームいなかの風 ~ 猛暑でない日にまた来たい。

2015年09月01日 | キャンプ
2015年8月7-9日 キャンプファームいなかの風
2泊3日で行ってきた。


今回は、昨年も合流したキャンプ仲間とキャンプ。
元々もう少し長く滞在予定も、結局仕事が入り、一日ずつ削られ、結果2泊3日の行程に。
当然嫁からは、「ありえねー」とクレーム。


仕方ない。


初日、中央道・駒ヶ根ICで下車。金曜発ということもあり、NO渋滞故に数時間で到着。

ベルシャイン駒ヶ根で、買い物。
灼熱の伊那・駒ヶ根。SC内の空調が天国のよう。


買い出しを終了後、いなかの風に到着し、テント設営。
少々雲はあるも、基本灼熱。
当キャンプ場・いなかの風も、必ずしも標高が高いわけでもないので気温は残念ながら灼熱。




お願いして、オートではない、一番上のサイトに入れさせて頂く。





眺望は最高。
*想定外の所に、みぞがあり、落ちます。 内は、落ちました。
 SUVでない場合、レッカーを呼んだとのこと。




タープ越しにも、よく見える。





暑い中、下の娘も屋外でやっと歩行開始。




きゃんぷ「ファーム」ということで、
トウモロコシを収穫させて頂く。




おくらも、ちょっきん。
*上向きなんだ、と無知を暴露。




赤、黄のトマトも収穫。




収穫後は、管理棟で、「生ビール」

灼熱故に、、最高




トイレや、炊事場も綺麗だ。




本来オートサイト。
付近からも、十分眺望は確保されている。




こちらが、水遊びをしてもよい、池らしい。
これは、、正直、物足りない。
ま、キャンプ場下に川があるので、そちらに遊びに行ったらいい。




同キャンプ場にはお風呂がある。




平日等混雑しない場合は、家族風呂にしてくれる。
土日は、あくまで、男女のようだ。

温泉ではないも、こちらの露天・船風呂は、眺望もあり気分がよい。




ちなみに、同日の夕日は、最高。







ーー

翌日、キャンプ仲間との合流前に、気になっていた陣馬形山キャンプ場に行ってみた。
いなかの風の後ろに同山があるも、車で上るには、ぐるりと回る必要がある。

到着。

さすが、多少混んでる。
標高1,000m以上あるはずも、同日は本当に暑い。




ここは、是非、お泊まりさせて頂きたい。




オートではないが、大きめのテントを張っている。
皆様たくましい。




トイレ設備もあります。





下界にもどり、同じくベルシャイン駒ヶ根で、キャンプ仲間・家族と合流。
買い物をすませ、食事をすませ、テント場へ。
*暑いので、夕方まで時間稼ぎ。


テント場に戻り、設営。 




食事の準備の前にまったり。





子供たちは、年数回しか会わないのに、勝手に仲良くなっていく。
子供の特権である。もしかしたら、人の原初的な姿かもしれない。





遊び道具も、自ら編み出し、遊びのルールを作って楽しんでいる。




この夕焼けの中で、食事の時間だ。




すばらしき眺望の中にいるも、
実際は、「ちゃんと、食べなさい!」等の指導で忙しいもの。




興奮しているので、すぐに遊び出す。
まあ、最低限の食事で自主性にまかせる。





翌日、キャンプ仲間は、木曽駒ヶ岳に、下は5歳をつれて登山に。
今頃は、あのカールを登りだしているだろうか。




三脚マンさんぽっかさんたちと登った、コスモから木曽駒への稜線歩きが懐かしい。




「空木岳【山行記録】vol.1 ~ 基本情報+ハイライト」
 同山行は、山がっつり系の方に是非歩いて頂きたいルートですね。




いつか、その稜線の上に戻らん。




ーーー
名前: キャンプファームいなかの風 
サイト数: シングルサイト、 テントサイト 、フリーサイト 、、全30サイト程度、一つ一つの区画がかなりゆったり設計されている印象。
施設: かなり充実。テントレンタルもやっている。
    我々の前のサイトでは、学生さんが身一つ?で来訪し、フルレンタルで、楽しんでいた。
料金: 我が家&トップシーズンの場合で、6,000円以上/泊はかかった気がする。 
 お風呂やら、収穫やら、ビールやらで費用がかさんだ印象あるも、最高の体感を頂いた。

*詳細は、同キャンプ場サイトを確認してください。






コメント (4)

7月 るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場(宮城)& 大石田あべ農園スイカ収穫

2015年08月18日 | キャンプ
15年 7月24日 るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場
に行ってきた。


目的は、ママ友とノリで? 山形県大石田にあるあべ農園の「スイカオーナー」になったとのことで、
その収穫祭に参加。


こちらですかね。
スイカオーナーブログはこちら

我が家は、「宿泊まり」は基本NG。 
価値観は、1泊の料金をテントにすることで大幅に下げ、むしろ旅行「件数」を増やすべし、ということ。
よって、土日に山形まで行ったとしても、テント泊。


渋滞が少ないのはおそらく、中央道より、関越。関越より、東北道。
距離は、350km程度。しかし中央道で渋滞にはまったケースと同じ程度の時間(約4時間)で到着/帰宅できた。


金曜お休みを頂き、前日入りをして、テント設営。
今回は高速から近い、スイカ畑にも、アクセスがよいるぽぽかわさき笹谷オートキャンプ場。

標高が高くないので、、、東北とはいえ、暑い。 





翌日土曜朝一番、スイカ畑へ移動。

で、到着早々、、
「東京からわざわざ」ということが理由か、いきなり、スイカ収穫祭のテープカットをやることに。





大きなスイカが2つ入る段ボールを頂き、いざ収穫へ!?




さあ、スイカの収穫だ。




じゃじゃん。子供の顔ほどの大きさのスイカ。 
都内スーパーでみるスイカの1.5倍はある印象。




スイカ割りをしただけで(割っていないが)、
隣の畑で、野菜をとってよろしい、ということで、
ジャガイモやら、なすやら、トマトやら、頂く。 

 *土は、黒土良好でうらやましい。




その他、抽選会では、「わざわざ東京から来た」からだろうか、
カブトムシやら、温泉やら、カボチャやら、、抽選会でやたらと当選。
スイカ以外にお土産、、たくさん。

 *こらこら、お尻をかかない、レディーなんだから。




友人に米沢牛が売っているお店を教えてもらい、
キャンプ場に戻る。

火の準備開始。




リビングのレイアウトを変えてみた。
案外広く使える。




今回は、岩塩の上で、やたらと高かった米沢牛を焼いていく。
ちなみに、高いだけあって、最高に旨かった。



当然、食べても食べても減らない、
甘いスイカが待っている。




キャンプ場の雰囲気は、、、、まあ普通でしょうか。
思った以上に、土日人が入っているので、驚いた。

 *確かにこのエリアキャンプ場はあまりなかった。
  どこでも、キャンプ場になりうるから? 自然があるので、キャンプをする必然性がない?




公共の宿内にあるキャンプ場なので、お風呂もあります。

幼子がいるので、キャンプ場内にお風呂があると便利。
私としても、テント場到着後直ぐにビールを飲んでもよいので便利。


翌日。 下の子も、お片付け。
歩けるようになったかと思ったら、、片付け開始。 
この成長スピードは、本当に驚き。

 *一方で私この40年、最近の10年は一体どれほど成長したのだろうか。。。と危機意識をもつ。




頂いた、カブトムシ4匹。
持って帰るか、真剣に悩んだが、娘は「いらなーい」と興味ない。
彼らにとって一番ここが幸せな気がするので、山奥に入り、放してきた。





ーーー基本情報ーーー

名前: るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場
 *あくまで、宮城県
サイト数: 28サイト(オートキャンプ) *電源つきもあり 
 *チェックイン13:00、チェックアウト11:00
施設: 炊事、トイレ、遊び場もある ゴミ捨て場(要分別) *各種備品レンタルあり
料金: 大人2 X 子供2 5,000円 年齢関係なしの5名まで5,000円/泊




コメント