海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

瑞牆山 (みずかきやま)

2006年08月27日 | 登山
2006年8月27日(日) 瑞牆山 (みずがきやま、2,230m、山梨県)
テーマ:日本百名山、無積雪期 縦走 テント泊
天気: やっぱ今日も雨/曇り


土日を挟んで、富士見小屋にテントを張り、
瑞牆山+金峰山に行ってきました。



2日目 6:00起床。
目覚め悪く、体中痛い。
重い体に鞭を打ち、テントの外に。  
「俺は晴れ男だろ!」と願いながら、お天気チェック!
重たそうな、くも。 はあ。
まあ、めげても仕方なし。 朝飯を食べて、瑞牆山山頂を目指し、出発!


なだらかな斜面をゆっくり登ったと思ったら、一気に下降。
「えー、せっかく登ったのに」
降りた所に、川が。 これが、天鳥川かいな。




ここから、岩場を急上昇。
荷物はほとんどテントに置いてあるから、身軽な格好でグイグイ登る。



岩場は面白い。
大人のアスレチックだね。
来年は、ロッククライミングをやってみようかな。



これは、さすがに登らなかったけど。




気がつけば、山頂。
そういえば、今日は曇りだったね。
ぜ~ん、ぜん見えません。


 

頂上で関西から来た、アクティブシニアの方々。
「いやー、もう2度と来ることない、今生のお別れだ・・・」云々。

若い間に、この世界に目覚めることができて、よかったと実感。
達成感、空気、天上の景色(今日は曇りだけど)を知らないで死ぬのは、確かに惜しい。

と思いながら、気圧でパンパンに膨れたビスコを食べ、湧き水で沸かしたコーヒーを飲んで下山。


下山途中、たくさんの登山者に出会う。
「あと、どのくらいで頂上ですか?」
「いやいや、まだまだですよ。 頑張ってください」と答える。
(そういえば、俺も苦労して/楽しんで、この岩場を登ってきたな・・)


不思議なもので、登頂できると、何とも言えない山に対する愛着と、下山途中で出会う人への愛着がわく。


富士見小屋に昼前に戻り、テントを片付けて、 瑞牆山荘に戻り車で帰宅した。
車で帰宅途中、神様も申し訳ないと思ったか、

少しだけ、太陽光をくれた。




旧ブログ記事:http://ameblo.jp/atsu510/archive-200608.html



2007年12月31日 瑞牆山 雪山登頂報告はこちら。


↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!

いい旅だったなー。

コメント

金峰山(きんぷさん)山行記録 ・・・ま、こんな時もあるさ

2006年08月26日 | 登山
2006年8月26日(土) 金峰山 (きんぷさん、2,599m、山梨県/長野県)
テーマ: 日本百名山 テント泊 登山
天気 : 小雨 (残念ながら)


瑞牆山荘に車を置いて、富士見平小屋にテント設置。
富士見小屋12:00、金峰山に向けて出発! 

前回の燧ケ岳でも、最初小雨だったが晴れたという成功体験を期待して、
今回も山頂では晴れるだろ! 晴れ男! と願いテクテク。


現実は、、、ガス。




最初は楽チンだったが、徐々にハードに。





やっと、木の間から景色が・・・ないです。 





まあ、山頂くらいまでは見えます。





一瞬、青い空。





やっと、山頂。 だけど、何にも見えない~~。





この岩から、実は落ちました。
一瞬息ができませんでした。







まあ、こんな時もあるさ。
明日の、瑞牆山は、きっと晴れるさ。


いうことで、遅い時間からの登山ということもあり、
山頂でコーヒーを一杯だけ飲んで長居せず下山。
素人は、下山が一番しんどい。

足がくねくねしてきて、しかも、18:00を過ぎて、道が見えない。


コキコキと、足首を痛めながら下山。
晩飯、雨の中カレーを食べる。 美味しいけど、結構寒くて、よく見えなくて、蛾がたくさんいて大変。

明日は、無理かな・・・。





ーーー
翌朝・・・





>>翌日、瑞牆山はこちら


>>08年1月1日積雪期の金峰山山行記録はこちら




↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!
コメント

燧ヶ岳【山行記録】 ~ 初めての登山

2006年08月13日 | 登山
2006年 8月12日 燧ヶ岳(ひうちがたけ、2,356m)
テーマ:日本百名山 日帰 登山
天気: 曇り後晴れ


尾瀬沼の散歩、が目的だったのですが、燧ヶ岳なる山が側にあるという
看板を見て、

「ま、登ってみるか」という気軽な気持ちでトライ。

まったく登山 らしからぬ格好;
トレッキングシューズに、ジーパン 半ズボン、Tシャツ という
やる気なさ過ぎる格好でトライ。


尾瀬沼散歩の風景。




ヌーディーだ、とこんな風景にカメラを向ける・・・。





そんな、のんびりハイキングだったのに。


最初は、鼻歌や、小走り。

後半は・・・
「死ぬ、まだ」「もう少しか?、まだ」の繰り返し。

しかも、水がない
で、気合の3時間で、やっと山頂。

あれ、天国?




しかも、晴れてきた。



昼間、小雨だったこともあり、山頂15:00近く、誰もいない。


尾瀬沼付近はそれなりに暑かったのに、山頂は涼しく、しかも空気が澄んでいる。
下り、尾瀬沼ではなく、檜枝岐村方面に下る。


これまた・・・。




こんな光景が日本にあるのですね。

汚い、混雑した海(波乗り)より、
どんだけすばらしいか。
 *あ、当然波乗りは大好きです。




これは、はまりそうです。




山頂付近には、こんな池があるものなんですねー、と感心します。





・・・と、
散々満喫してテントに帰ったのでした。

今度は、山頂から見えた、至仏山、白根山等にチャレンジしたいと強く決意したのでした。





旧ブログ記事はこちら。

↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!
コメント