海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

【山行記録】 雲ノ平 *折立からピストン

2019年08月31日 | キャンプ

2019年8月28-30日 前線停滞で基本雨(涙)

折立〜太郎小屋(泊)〜雲ノ平(泊)〜折立

 

いやー、何年ぶりですかね? 北アルプスに参上したのは。

本ブログで確認すると、2012年に会社のメンバーと白馬に登って以来ですか。。。

当初、仕事目的とはいえ、どうせ北アルプスにお伺いするのであれば、

稜線を歩きたい!

ということで、高瀬ダム側から入り、野口に一泊してから雲ノ平に行こうと考えてました。
が、しかし梓川SAで雨を冷静に観察しつつ、weathernewsを入念に確認。

「うーむ、もはや山素人の体には、稜線の風速&雨に耐えられないのでは」と冷静になり、
折立から入ることにする。

神岡の道の駅で久しぶりの車中泊をし、翌朝有峰有料道路へ。

え?



通行止めですか。
他に有峰有料道路へ向かう道は、、ないね。

仕方ない、富山側から入りますか、と泣く泣くグルリと回る。
結局、10:30に折立駐車場に到着し、登山開始。

まあ、必死で雨の中「ひいひい」言いながら登ります。
意識が遠くなりかけた頃に、「お〜



もういいや。太郎小屋で今夜は泊まることにします。 人生初の山小屋泊。
15:00前に到着し、即座に生ビールを頂き、昼寝。
17:00の食事で起こして頂き、食事&ビール(500)&ビール(500)&ビール(500)

・・・今回、テントなし、食料なし、調理器具なし、大分昔と比べて軽いんですけど、披露してその後即寝。

翌朝またまた朝食のアナウンスに起こして頂き、食事。バタバタと用意して、06:00に出立。

そうそう、この空気ですよ!




別に晴れてなくたって、眺望がなくてもいいんです。
この肌から吸う空気ですよ!




薬師沢に降りて、また雲ノ平に向かう急登をゼイゼイ言いながら登り、やっと雲ノ平手前。

そうそう、この空気です。
(しつこくて申し訳ありません)


11:00前後に雲ノ平に到着し、ビール。
 *自宅のドアを開けたら、そのまま冷蔵庫のドアをあけ、ビールを飲む習慣があるので。



*画像回転しても、正常化しません。。

山荘の大将と話したり、お客さん達とあれこれ話していると、
お、ガスが抜けた!(少しだけ)



 

雲ノ平山荘は、なんだか、表参道あたりのカフェにいるような雰囲気でびっくり。
(話に夢中になり、山荘内の写真をとりそこねました)
食事も、石狩鍋ときました。

翌朝、雲ノ平の愛情弁当を頂き、折立へ。

「降筋」(降りるときに必要とされる筋肉、スキル)はさほど衰えていないようで、さくさく降りることができました。
*雨の日は木道注意ですね。

いやー、この空気はやっぱりいいわ。


ちなみに、約10年前は、5日分の食料(含むビール)、テント、調理器具等40kg?以上の荷物を背負って、この周辺を周遊してました。(今では信じられません)
以下過去のブログ記事なんですが、なんと、画像がすっとんですね。 goo blogさん。。。結構力作だったんですけど。

薬師岳~黒部五郎岳~鷲羽岳~雲ノ平~高天原


ーーー

コメント、トラックバック大歓迎です。
 *トラックバックは、リンクを条件にさせて頂いています。

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

コメント