海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

スノーピーク トルテュPro. 、いいね。

2013年05月18日 | キャンプ/BBQ

幼児連れですと、本来はホテル。
しかし、内は、車中泊か、贅沢をしてオートキャンプ。
現在利用しているのは、10年くらい前にもらった新古品。しかも、何故かダンロップ。
天子の森キャンプ場記事はこちら


ということで、ちゃんとしたテントが欲しくして仕方ないです。


で、あれこれ見ていると、
スノーピークのトルテュProが最適ではないか、と想定されます。
おそらく、オートキャンプの区画でも大丈夫でしょうか。


*画像はスノーピークのページから勝手に拝借しております。



トルテュPro.



よいでしょうー。 
完全に、家です。


問題は、値段です。 約15万円。。 テントって、そんなにするのですね。
ネットの量販店なら、安いか?と思い、ナチュラムをチェックするが、、、
約15万円。 


楽天では??
と思い、こちらも検索してみると、




・・・さすが、価格統制されています。
ポイントが違うくらいで、値段は一緒ですね。



嫁に相談したら、「テント、あるじゃん」。



・・・・いつか、黙って買ってやる。


<参考>
スノーピーク トルテュPro 紹介ページ
ナチュラム トルテュPro 商品紹介ページ
楽天 トルテュ 検索結果一覧



コメント (2)

【GW登山・キャンプ】天子の森キャンプ場 ~ 長者ヶ岳&天子ヶ岳 Vol.2

2013年05月05日 | 登山
2013年4月27日-29日
テーマ: オートキャンプ、子連れ登山
天候: 晴れ

昨日、天子の森キャンプ場に宿泊し、翌日は、長者ヶ岳&天子ヶ岳を歩きました。
ルートは、キャンプ場→田貫湖→長者岳→天子岳→キャンプ場。

---


06:00起床・8:30出発




まずは車道を歩いて田貫湖へ。




キャンプ場をでて、5分10分で、この景色が顔をだしてきます。。
すごい。

深林サイトにテントを張っていた為、ギャップ大きく驚きも大きいです。




すごい。




すごい。




すごい。
西湖から見る富士も大きいので素晴らしいですが、こちらの方が味があります。




富士を見ながら、湖岸を半周。




対岸に、おそらく田貫湖キャンプ場? あるいは、休暇村のキャンプ場。
すばらしいところにありますね。




さすが、ゴールデンウィークということで、混雑していますね。




サイクリングや、マラソンも気持ちがよいでしょう。




そろそろ、見納め。




かもの親子。 絵になります。




さて、半年ぶりの登山。

はて、、登れるのか?




杉林を抜けていきます。




GW中日仕事があるので、体力温存の為にストックを利用。
正解です。 

もはや、体は完全に腐っており、下界用のビール体になっております。





木々の間から見える富士に癒されます。

しかし、体力不足による目眩は消えません。




山頂付近では、、 子どもが、ぎゃん泣き、、 
目眩と頭痛にさらに響くだけでなく、
静寂なる自然界に、、ぎゃん泣きの雄叫びが響き渡ります。





仕方ないので、ママだっこで最後の山頂まであがることになります。




長者ヶ岳 山頂到着!
山頂からの富士様です。







南アルプスも、見えております。
真っ白ですね、いやー、懐かしい。 いつ登れることやら。




mac pacの姫籠に乗ってくれないので、引き続きダッコです。








多少のアップダウンを経た後、
天子ヶ岳到着。




展望からは、富士様もしかり拝見できます。




相変わらず、背負子にのってくれません。

岩下り、ぎりぎりまで、ダッコでおります。




木々の間から富士山。
夏山で、葉が生い茂っては見ることのできない光景ですね。




背負子でぎゃん泣きをした後、、、、

静かになったと思えば、爆睡。




そこそこ長い下りを終えると、バラグライダー?場が出現。
ひらけます。
 
 *こちらは、スカイ朝霧のゲレンデとか。





引き続き新緑の中を進みます。
本当にこの淡い緑は美しい。




しばらく林道を歩くと、キャンプ敷地内に。
キャンプ場内を流れる清流。




最後、テントまで一踏ん張り。




到着です。
大人の我が儘におつきあい頂き、ありがとう。





■富士周辺の山行記録■

竜ヶ岳、ダイヤモンド富士
石割山
九鬼山



ーーー

コメント、トラックバック大歓迎です。
 *トラックバックは、リンクを条件にさせて頂いています。

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  
コメント (4)

【GW登山・キャンプ】天子の森キャンプ場 ~ 長者ヶ岳&天子ヶ岳 Vol.1

2013年05月03日 | 小屋・避難小屋

2013年4月27日-29日
テーマ: オートキャンプ、子連れ登山
天候: 晴れ


1歳5ヶ月の子どもを連れて、天子の森キャンプ場に2泊してきました。
27日夕方到着、28日長者ヶ岳&天子ヶ岳登山、29日は渋滞回避で0600時には撤収しました。
渋滞に巻き込まれることなく同日8:00前には都内到着。3日目有効活用できます。

ーーー
天子の森キャンプ場



〒418-0107
静岡県富士宮市佐折631
TEL: 0544-54-1543
*詳細は、天子の森キャンプ場ホームページ
2泊1張で、8,000円くらい。 
1泊4,000円程度なので、平均/少し安いイメージでしょうか。 


オートキャンプエリアは、第1-3、新設、広場、の4カ所。
第1の川沿いを予約しましたが、混んでいるとのことで、新設の誰もいないエリアに移動させてもらいました。 

管理人の方は、明るく・丁寧です。 

キャンプ道具は色々とレンタルできるようですので、道具が不十分でもキャンプBBQは楽しめますね。
ビールと食材持って行けば、OKです。  




天子の森キャンプ場入り口




受付棟





GWにも関わらず、同新設エリアは、他のお客様はいません。
子どもが泣き叫んでも、全く気になりません。
ありがたいです。









第1エリア
他のキャンプ場より1区画あたり、広めでしょうか。





第2エリア




トイレはとてもきれいですね。




キャンプ場の横を流れる川。美しい。





翌日は、登山。




田貫湖は、、すごいですね。
ここからの富士山は、なかなか絶景で、驚きです。  






続きます。



ps ) 前回「北海道子連れ旅行【登山・温泉記録】Vol.2 ~ 森と湖を見下ろす雌阿寒岳」、、、「続く」で終わってますね。

ーーー

コメント、トラックバック大歓迎です。
 *トラックバックは、リンクを条件にさせて頂いています。

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  
コメント