はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

上関町行政視察

2018-09-30 | 議会

9月28日、上関町役場で行政視察。

10時からの視察に間に合わせるには、

祝島を6時45分発の船に乗らなければならない。

上関到着は、7時20分・・・2時間以上もどうする?

 

で、前日から取材に来られていた毎日新聞・山口支局の記者さんが

ご自分の車で上関町を案内してくれるとことになった。

 

まずは、原子力発電施設等立地地域特別交付金事業で

たてられた施設へ向かった。

交付金で建設された3点セットとも呼ばれているらしい。

    

        

こちらは、中国電力の準備事務所

   

9時半過ぎに役場へ到着。

        

     

対応してくださったのは、総合企画課課長と原電対策室の職員さん。

 

町議会からは、西議長と岩木副議長、それに議運の海下委員長という

そうそうたるメンバーである。

 

普通、行政視察は担当課職員のかたが説明してくれるものだが

なんと、事前に提出してある質問に対し、

議会の重鎮のお三方が回答するという、

初めての体験をさせてもらった。

 

行政側の職員さんは、もっぱら議長の指名で補足説明をするだけ。

もちろん、議事進行は議長。

 

視察報告書を提出するために、質疑応答をスマホで録音した。

始まる前に、録音の許可もちゃんといただきましたよ。

 

終了後、担当課の職員に建設予定地を見学したいので

案内してもらえないかお願いした。

 

中電さんにお伺いを立てたらしく、受け入れの準備ができていないので

受けいれられないとのこと。

まあね、仕方ないわ・・・

 

そして役場の中には、こんなポスターも・・・

   

中電からの寄付金は、トータル32億円。

 

「支えあい基金」に積み立てられ、さまざまな事業に使われ

住民は助かっているとのこと。

発は、人口と税収をプラスに導く手段だと明言されていた。

 

お昼過ぎに役場を後にして、道の駅「上関海峡」でランチ。

ランチの後、記者さんの車で、

建設予定地近くまで連れて行ってもらった。

 

けっこう、遠い。

山道をクネクネと上っていく道は、軽自動車しか通れない。

行き止まりに車を駐車し、山道を登り山頂から海岸へ向かって

おりたところが、予定地だという。

今のわたしの体力では、到底無理・・・である。

 

陸路から見えない原発といえば、大飯と同じだ。

途中の山間では、トンネル工事が進められていて

建設工事用の道路になるのかもしれない。

 

山口県上関町・・・なんたって山口県はアベ君のふるさと。

西議長の席の後ろには、でっかいでっかいそりゃぁでっかい、

若かりし頃のアベ君の写真が堂々と貼ってあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ガンバレ! 沖縄!

2018-09-30 | ニュースから

台風が上陸し、各地で猛威をふるっている。

 

タミヨさんは、午後4時過ぎプラザ萬象へお友達と避難。

もう一人の友達とも萬象で落ち合う約束をしているという。

 

リュックにお茶やお菓子、薬なんかを詰め込み、

タクシーを呼んでイソイソと出かけて行った。

 

電話の最後に放った言葉は「クラス会、してくるわ!」

オイオイ、遠足やないんやでぇ・・・

避難する不安など、微塵も感じていないのが怖い。

 

耳の遠くなった三婆さまが、周りの迷惑も顧みず

おっきい声でおしゃべりに興じる光景が、目に浮かぶ。

 

台風によって、投票率が低かった沖縄知事選。

早々と玉城デニーさんが当選を決めた。

 

政治の世界では、心が暗く落ち込むニュースが続く中、

いっしょにカチャーシーを踊りだしたくなるほど、うれしい。

ガンバレ! 沖縄!

 

 

コメント

祝島から

2018-09-29 | 脱原発

27日、広島のホテルを朝一に出発。

新幹線と山陽本線を乗り継いで、柳井港へ・・・

 

実は、恥ずかしながら柳井でもアクシデント!

敦賀駅で購入したチケットは、敦賀~柳井になっていた。

で、ウツラウツラしながら車内放送の「柳井~柳井~」に

飛び起きて下車したのである。

 

港まで徒歩3分のはずなのに・・・と

思いつつ駅員さんに尋ねたら、柳井港駅というのがあって

ひとつ先だという。

 

けっこう、間違えて降りる人が多いんだそうな。

次の電車では船便に間に合わないらしく

「タクシーで10分ほどですから」と教えられた。

 

柳井駅はそんなに大きな駅じゃないのに

何台もタクシーが客待ちしているわけは

わたしみたいなそそっかしいお客が、ほんまに多いってことだ。

 

運転手さん曰く、JRが不親切! 

そうだよね・・・船に乗るから船の時間に間に合うように

電車の時間を合わせてもらったのにね。

    

       

柳井港から祝島まではおよそ1時間20分。

お天気もよくて、快適な船旅だった。

瀬戸内海の小さな島々、海岸線の岩壁・・・

景色を見ているだけで

1時間20分がとても短く感じた。

   

祝島の港では、はなふさあやさんが待っていてくれた。

 

宿泊を予約していた民宿のおかみさんが、体調を崩されて

民宿はお休み・・・

急きょ、あやさんが泊まっているおうちの離れに、

お世話になることになった。

 

お昼は、「わた家」さんというステキなお店で

鯛の漬け定食。

地元のお野菜の天ぷらもボリュームたっぷり。

 

食事のあと、島の中をあやさんに案内してもらう。

   

 

    

昔から台風の通り道だったとかで、

細い路地の両側には、しっくいで石を積み上げてある塀が続く。

 

特産のビワの葉のお茶を生産しているところも

見学させてもらった。

手間暇かけて作られたビワ茶は、ほんとうにおいしい。

 

夕方からは、わたしの講演会。

これも昨日の予定だったのに、祝島のみなさんはやりくりして

集まってくださって、うれしい。

 

1時間半のあいだ、熱心に耳を傾けていただき

心から感謝!

 

特に、避けられない人口減少と高齢化の波が押し寄せる中

Iターンの若い人たちが何人もいることに感動した。

お昼には、赤ちゃんを抱いた若い女性おふたりにも遭遇。

祝島は、生き残れる!

 

こちらは、祝島のホームページ☟

http://www.iwaishima.jp/

 

 

 

コメント

アクシデントという名の嵐を呼ぶ女

2018-09-26 | 脱原発

旅にでると必ずと言っていいほど、アクシデントに遭遇する。

広島駅のホームで、おばあちゃんがウロウロ、泣きそうになっていた。

声をかけたらキップがないという。;


一緒に探したけれど、ホームにはおちていなかった。

カバンの中にもないというおばあちゃん。


駅員さんのとこへ一緒に行こうと言ったけれど、行かない‼ と首をふる。

カバンの中を、見せてね、とお願いして見せてもらったら

うちポケットに入っていた。

よかったね、おばあちゃん。

 

こだまの上りのチケットだったので、ホームまで一緒にいった。

おばあちゃんを無事、こだまに乗せ、みおくった。

 

ホッとして元のホームに戻ったら、こだまはすでに出発進行・・・

このこだまに乗らなきゃ、祝島へは行けない❗

ヘナヘナとへたりこんでしまった。

 

すぐさま徳山や柳井でホテルを探すけれど、空室なし。

仕方なく広島で宿泊とあいなった。

祝島のみなさまには、ほんとうにご迷惑をおかけしました。

明日の朝、一番でいきます。ほんとうにごめんなさい🙇

 

広島は今日こそはカープの優勝を、願って赤・赤・赤の人たちで埋め尽くされている。

現在、カープがリード中。

今夜は、一晩中お祭り騒ぎになるらしい。

 

今日は、パソコンじゃないので、ブログを書くのも一苦労。

読みにくくてごめんなさい。

コメント

ダンゴ三兄弟? イヤイヤ、ダンノ三姉妹

2018-09-25 | 日々の暮らし

明日、お出かけするから今夜、風呂に入る・・・

と、タミヨさんからコールが入った。

北地区の一人暮らしの高齢者の集いがあるという。

わたしは、見張り番?

 

タミヨさん家には、いたるところに貼り紙がしてある。

これは、台所・・・

    

そして、車の鍵の横には

       

タミヨさん曰く、消防署の見回りの職員さんに

貼り紙をほめられたんだそうな・・・

 

そして、壁一面の書棚には、

写真がこれまた、ところせましとおいてある。

そのなかの貴重な1枚・・・

      

若草物語には、ちょっとひとり不足しているけれど

ダンゴ三兄弟? イヤイヤ、ダンノ三姉妹の懐かしい写真だ。

 

名古屋の妹のキャプション付きなのだが、

これは割愛した。

 

今、見ると超恥ずかしいおそろいの服・・・

わたしの足元のワンちゃんのぬいぐるみが、

一番カワイイってのが憎いね。

 

     

コメント

月もネオンも瞬かない敦賀

2018-09-24 | つるがのまち~あれこれ~

ニビ色の雲が重くのしかかってくるような今日の空。

せっかくの仲秋の名月も、台無しである。

芭蕉さんもさぞかし、残念だったろうな・・・

 

右を向いても左を見ても

夜の街・本町のネオンも今夜は、お休みだ。

なぜか八新は、営業中・・・

   

             

コンビニに行ったら、福井国体のお弁当が並んでいた。

福井県産の食材と名物料理が盛り込まれているようだ。

    

こうたんかって? 

イヤイヤ・・・今日はまだ、お腹にやさしいおでんと

伏見唐辛子の炊いたんと、みょうがの酢漬けとあったかいお茶だけ。

 

あさってから視察なのに、またぞろ台風が直撃?

ドタキャンなんてぇことに、なりませんように・・・

神さま・仏さま・稲尾さま・・・って

60年も昔のおまじない・・・効く?

 

コメント

何にも考えてないけど「考える人」になったわたし

2018-09-23 | うまいもん

お腹が痛いわけではないのに、ピ~ヒャラピ~・・・

しかも、ゲロゲロゲロ・・・で、一晩中トイレに籠城。

 

朝7時、健さんにヘルプ! したらやけに嬉しそうに、

アホやなぁ・・・と言いつつ白湯と薬を持ってきた。

今日の予定のキャンセルを電話で伝えてもらい

薬を飲み、それから12時間ちかく、ひたすら眠り続けた。

 

眠れるボロ家の美女は、ようやく目覚めたけれど

お腹も頭もカラッポで、身体がヒョロヒョロ、妙に軽い。

なので、今日は白湯だけにして「プチ断食」である。

 

眠くないけど、本を読む気はしないし頭も働かない。

イスに座り、ロダンの「考える人」みたいな姿勢で

眠っているのか起きているのか

ただただボンヤリ・・・なわたしです。

 

 

 

 

コメント

第17回全国めだかシンポジウムin敦賀

2018-09-22 | 中池見

中池見には、神さまがいる。

クモクモ仙人もいる。

河野先生も見守ってくれている。

 

だから、ザァザァぶりの雨だって、青空になった。

 

今日は、ひさしぶりにトロッコに乗って、

中池見ビジターセンターまで行った。

   

木漏れ日がキラキラ・・・

       

ビジターセンターの生きものたちも元気だ。

モリアオガエルちゃんにヒキガエルちゃん

       

        

今日のめだかシンポジウムの参加者のみなさんに合流するまで

テクテク・・・テクテク・・・野道を歩く。

       

   

     

      

やっと、追いつきました。

        

帰りもトロッコに乗って駐車場へ。

    

夕方からは、オルパーク2Fで交流会。

 

明日は、会場をきらめきみなと館小ホールに移して

午前9時から、シンポジウム本番です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

       

     

 

          

 

コメント

逃げるハルミ

2018-09-21 | 日々の暮らし

来週の26日から、山口県へ視察に行きます。

行先は、上関町祝島。

 

今回の視察の目的は、

「中国電力が計画している上関原子力発電所の計画から

30年以上が経過。

推進派と反対派が町を2分し、今なお対立が続いている。

高齢化と人口減少の問題も抱えながら、

原発立地と地方自治のあり方を調査する。」

 

いちおう、タミヨさんにも

「26日からいないよ」と伝えた。

 

のっけから、「あんた、何着ていくの?」

「化粧ぐらいしていかなあかんで!」

「まさか、Gパン、はいてくんやないやろな」

「えぇバッグ、貸したろか」

      ・

      ・

      ・

質問とお小言が機関銃並みに繰り出される。

 

ハイハイ、そのまさかです。

化粧はしません(って、持ってないし)。

 

「外に出るときは、化粧ぐらいせな、人さまに悪い」

へ~・・・人さまのために化粧してるんだ・・・

 

えぇ、バッグもいりません。

8時間もかかって、船にも乗らんならんのに。

 

まあね、ハイハイそうしますって、返事しときゃあ

機関銃の弾くらうこともないのだろうけど、

できない性分なんですわ。

それじゃあまたね・・・

と一目散に逃げかえったハルミでした。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

「ホン」の一部・・・

2018-09-20 | 読書ナリー

気温がグンと下がって、冷たい雨が降って

あの空は、いったいどこへ行ってしまったんでしょう・・・

 

23日は秋分の日。

ハッピーマンデーの24日は、

ウサギもはねる十五夜お月さんだ。

 

巷では、アベ君が総裁選を制し、

小泉シンちゃんが石破に投票し、

「もんじゅ」でまたぞろ警報がなり、

心の中まで冷え切ってしまいそう。

 

日から、タミヨさん家の固定電話が、

つながらなくなったという。

 

夜、確認しに行く。

いろいろ、やってみたけれどホンマに、つながらない。

ちょうど、息子が帰ってきたので見に来てもらった。

何のことはない、電源タップのスイッチが入ってなかった。

で、電話機のほうも初期化してもらい修理完了。

 

久しぶりに孫の顔を見たタミヨさんは、めっちゃ饒舌。

缶ビールやお菓子まで出てきた。

 

ところでさぁ・・・タミヨさん・・・

ネェ・・・ナオゾウさんの蔵書・・・どないするの?

      

       

     

             

ここまでは、壁一面の本棚の「ホン」の一部・・・

座敷の押入れを開けると・・・

      

  

積読というけれど、これじゃぁ「飾っとく」やん。

でもね、飾りじゃないのよ・・・ご本は・・・

たぶん・・・ナオゾウさん以外、誰も読んだ人はいない。

             

 

 

 

 

コメント

696-2-4989・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・

2018-09-19 | 凸凹陶芸教室

天晴れ! 青空!

車の窓を全開して、青空にコンニチワ!

今日は、元気の出る秋だ。

 

夜は、凸凹陶芸教室。

ろくろで作った器の仕上げである。

器の裏側に高台を削りだすのだが、これがめっちゃ難しい!

    

英子師匠に手伝ってもらって、どうにか形になった。

        

ろくろで作ったのに、やっぱりへごちゃな器たち・・・

 

これって、性格? と、Facebookに投稿したら

すかさず、師匠からコメントが・・・

「性格です。100%。」という、お墨付きをいただいた。

 

ワハッハ・・・思わず高笑いしてしまったわたし。

凸凹陶芸教室の名に、恥じない凸凹さでは1番!

と、思っていい?

 

でね、自主講座では毎回、日誌をつけてるんだけど

「ろくろに四苦八苦」と書いていて、ふと頭にひらめいた!

696-2-4989・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・

 

 

コメント

久しぶりに青空がひろがるいい天気!

2018-09-18 | 日々の暮らし・議会・市民運動など

皮肉なことに、国体の競泳種目が終わったとたん、

久しぶりに青空がひろがるいい天気!

少し暑いくらいだ。

 

今日の午前中は、情報公開・個人情報保護審査会で

審査請求をしていた事案

「松原小学校におけるいじめ防止対策問題に関して」の

意見陳述を行った。

どのような審査結果になるかは、まだわからない。

 

国体で来られていたみなさんが帰ったせいなのか

今夜は、本町界隈も静まり返っている。

カラオケも鳴りを潜めている。

 

虫の声だけがにぎやかだ。

そんなに鳴き続けて、お腹すかない?

さっきからわたしのお腹の虫も、グルグルキュー・・・

まるでカエルの鳴き声みたいな音を出し続けている。

 

 

 

コメント

あ~・・・はよ「ピッ!」がしたいわ。

2018-09-17 | 駅周辺・駅舎・新幹線問題

夕方、雨が小降りになったので

敦賀駅へチケットを買いに行った。

 

市営駐車場に車を止め、駅舎へ向かおうとしたら

いつもの道路がない!

 

工事が始まっていて、グルッと矢板で囲まれている!

線路に近いほうに、自転車が通るのが見えたので

そちらへ向かうと、お~・・・道路があった!

ちょっと水はけが悪く、ところどころに水たまりができていた。

 

ちょうど、そこへ小浜線の電車が入ってきた。

ずいぶん前から、ラッピング電車が走っているのは

知っていたけれど、見るのは初めてである。

   

若狭路のご当地キャラが全部、映らなかったのが残念。

 

さて、さて、オルパークに入って、ビックリ!!!

 

こんなぎょうさんのお客さん、見たことないってぐらい

人・人・人であふれかえっていた。

国体で敦賀へ来られていた選手や関係者のみなさんだ。

 

チケットカウンターの前にも、人・人・人・・・

20分近く待って、やっと順番がまわってきたぐらいである。

 

しらさぎとサンダーバードが、発車し

人の波もひと段落・・・で、自動改札を写してきた。

     

財布の中には、「Suica」が入っているから

改札を、ピッ! と、通り抜けてみたかったけれど

必死でこらえたはるみである。

 

アホやわ・・・物好きもたいがいにしぃや・・・

という声が、あちこちから飛んでくる気配を感じたからだ。

 

あ~・・・はよ「ピッ!」がしたいわ。

 

 

 

 

コメント

秋の夜長にため息ひとつ・・・

2018-09-16 | 日々の暮らし

孫から敬老の日のプレゼントが届くまで

明日が休日で敬老の日だということをすっかり忘れていた。

しかもその行事の当事者であるということも。

 

鏡よ鏡、鏡さん・・・って、実に正直なのよね。

ありのままの姿を映し出すんだから・・・

鏡に映るシワクチャの顔は、

まぎれもなく68歳、ババァの顔だ。

 

夕方、そのババァのも一つ、ババァなタミヨさんから電話が入る。

「あんたに渡したいもんがある」

怖いね・・・マジ怖い。

 

夜8時過ぎ、タミヨさん家に向かう。

で、渡したいもんの正体は・・・なんとパンツ!

しかも、でかい!

 

よくよく見たら、パンツじゃなくガードルだった。

「新品やで。わたしつことらんしな」

「そんなん、いらんわ。 しかもガードルやんか」

「へ~・・・高級そうなパンツやと思たのに」

「ところで・・・ちょっとお金ない?」

 

ほら! きた!

呼び出しの真の目的は、これだ!

「ゴメン! 今、お金ないわ」

 

ホンマにないんやから、しゃあないわな。

秋の夜長にため息ひとつ・・・

今夜は虫の声も哀しく聞こえる。

 

 

 

 

コメント

お~・・・思わず顔がほころぶわいな

2018-09-15 | つるがのまち~あれこれ~

健さんは、昨日、おばんざいの揚げナスの煮びたしを

つくっていた。

 

で、ナスを揚げ終え、油をオイルポットに戻すとき

なぜか、ポットではなく手に油を注いだんだそうな。

 

正通瑞香堂のやけどの塗り薬を腕から指先まで

塗りたくり、「痛い、痛い」と顔をしかめる健さん。

 

そのせいで、昨日からたびたび、お呼びがかかり、

店を手伝うことにあいなった。

 

今日も、店から「お~い!」と呼ぶ声が・・・

カメラを持って降りてきて来いという。

 

カメラ? 何のこっちゃ?

と、思いつつスマホを携え、店へと向かった。

 

カッコエエ、イケメンがずらり!

お~・・・思わず顔がほころぶわいな。

 

今、開催中の国体の競泳に出場している

選手のみなさんである。

 

明日からの競泳、がんばってね!

将来、有望な選手のみなさんと、健さん

   

健さんも、超うれしそうだ。

        

こちらは、甲府市の大使も務めているという

江原騎士(えはらないと)さん。

将来は、政治家を目指したいとのこと。

若い人が、政治が好き! と言ってくれると

オバはんは、ホンマうれしいわ。

 

コメント