はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

改札で、ピッ!

2016-06-30 | 日々の暮らし

もんじゅの裁判で、東京へ行く回数が増えている。

都内での移動のために、ゲットしたのが・・・

     

そう! Suicaである。

 

めちゃめちゃ便利だと実感!

いちいち財布から小銭を出さなくても済むし、

コインロッカーやタクシーまで、SuicaがあればOK・・・

駅構内のほとんどの売店で、利用できるのだ。

 

実は改札で、ピッ! 

っていうのをやってみたかっただけなのだが・・・

改札で、ピッ! なんと! 残高が表示されるではないか!

ムフフ・・・

さも、わたし使いなれてるのよ! みたいなドヤ顔で

改札を抜けるときの ピッ! がたまらんわ・・・

 

敦賀で「ICOCA」が使える日は、いつになるんだろ?

 

 

コメント

6月29日(水)のつぶやき

2016-06-30 | 脱原発
コメント

今日の一言「規制しなくても 委員会!」

2016-06-29 | 脱原発

昨日も今日も、長袖を2枚重ね着していてもなお、

東京は寒かった。

真夏日の中での集会より体には、ありがたかったけれど・・・

 

東京地裁の前での前段集会では、

原告が一人ずつマイクを握りアピール。

原告のお一人の、「何にも規制しなくても いいんかい(委員会)!」

の発言には、おもわず拍手・・・

40年を超えた原発の運転を認めたり、

次々と再稼働にOK! を出し続ける規制委員会への憤怒である。

 

11時過ぎに地裁の法廷に入る。

 

さて、わたしたち「新もんじゅ裁判」の原告の相手方は

規制委員会であり、規制委員会は国の機関だ。

 

原告側の代理人は弁護士であることは承知していたが、

国の代理人は職員だということを、今日初めて知った。

 

国を当事者又は参加人とする訴訟については,

法務大臣が,その所部の職員又は所管行政庁の職員を指定して

訴訟を行わせることができるものとされている。

法務大臣又は行政庁がその所部の職員を指定して訴訟を行わせる場合の,

その指定された職員を「指定代理人」と呼んでいる・・・とのこと。

 

文部科学省は、「もんじゅ」について、

夏ごろに結果を出すと言っている。

もんじゅの行く末はどうなるのか・・・

裁判はこれからも続く。

 

 

 

コメント

6月28日(火)のつぶやき

2016-06-29 | 脱原発
コメント

明日は、「新もんじゅ裁判」の第3回口頭弁論

2016-06-28 | 脱原発

今夜は東京で過ごしています。

明日は、「新もんじゅ裁判」の第3回口頭弁論があります。

10時30分から東京地裁前で前段集会

11時30分から第3回口頭弁論

13時から参議院会館で記者会見と報告集会

ホテルのサウナ付き大浴場で、ゆったりまったり・・・

ソロソロおやすみなさいの時間です。

また明日・・・

 

コメント

6月27日(月)のつぶやき

2016-06-28 | 脱原発
コメント

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木のはな

2016-06-27 | 日々の暮らし

10日ぶりにリハビリ。

肩を上げ下げするたびに、ゴリッ! ゴリッ!と音がするぐらい

凝り固まっている身体をほぐしてもらった。

身体も目つきも心までもが、トロ~ン・・・

 

お昼過ぎに健さんの車で帰途につく。

武生インターから高速を使った。

 

道の両脇には、ねむの木が淡いピンクの花をつけて

ねんねんねむの木・・・

とまるで、子守歌をうたっているように揺れている。

 

ねむの木は、日が落ちると眠るように葉を閉じることから

その名がついたという。

 

そして、夜のとばりが下りるころ、淡いピンクの花が開く。

なんだか艶めかしい・・・と思ったら

紀女郎(いらつめ)の歌にあった。

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木のはな
君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ

恋人同士が抱きあうさまを、合歓の木に重ね合わせているという。

中国では夫婦和合の木と言われている。

花の物語は、奥が深い・・・

 

今夜は子守歌など、口ずさみませうか・・・

 

 

コメント

6月26日(日)のつぶやき

2016-06-27 | 脱原発
コメント

無窮花(ムグンファ)

2016-06-26 | 日々の暮らし

夏椿が散ってしまった。

雨上がりの庭では、ほんのりと紅をつけた宗旦むくげが

花をつけはじめた。

   

むくげは、おとなりの韓国の国花でもある。

韓国語では無窮花(ムグンファ)という。

無窮花の花言葉は「一途な心」「粘り強さ」。

寒さに強く丈夫で、花が一斉に咲いて落ちるのではなく、

次々と新しい花を咲かせ、長い期間、

花が咲き続けるため無窮花と呼ばれているという。

暑い夏の間も、心を慰め続けてくれるだろう。

 

コメント

6月25日(土)のつぶやき

2016-06-26 | 脱原発
コメント

信用ならない話・・・

2016-06-25 | ニュースから

よくある電話でのアンケートが、どうも信用ならないのである。

2世代、3世代同居の家庭ならいざ知らず、

若い世代のみの家庭で、固定電話を所有している人は

少ないのではないかと思うからだ。

 

携帯電話も今は、スマホやタブレットなどへと移行しているし

ガラケーでさえ、希少種の時代である。

 

固定電話でのアンケートに応じられる人は、

限られてくるのではないだろうか・・・

 

日経リサーチや新聞社などのメディアが使う調査の方法が

「RDD」といわれるもの。

「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」の略で、

コンピューターで無作為に数字を組み合わせて番号を作り、

電話をかけて調査する方法。

電話帳に番号を掲載していない人にも調査ができるため、

電話帳から番号を調べる方式より偏りなく

調査の対象となる人を選ぶことができまる。

と、いわれているけれど、なんだかすっきりしないわたし・・・

この方法で、本当に

20~30代の若い世代の声を聴くことができているのだろうか。

 

 

コメント

6月24日(金)のつぶやき

2016-06-25 | 脱原発
コメント

風のマジムとアグリコール・ラム酒

2016-06-24 | うまいもん

昨日は沖縄慰霊の日。

 

わたしが手にした本は、原田マハさんの「風のマジム」。

沖縄のサトウキビで、沖縄産のアグリコール・ラム酒を造ることに

情熱を傾け、会社を設立する女性の物語だ。

その女性が現実に存在する・・・と原田さんはあとがきで述べていいる。

物語を読みながら、アグリコール・ラム酒を味わってみたいと

思ったわたしは、さっそくその会社のホームページにアクセスした。

グレイスラム株式会社である。

http://rum-shop.jp/company.html

しかもラム酒を注文・・・

お酒を受け付けない身体というのにである。

 

飲む前から「風のマジム」とアグリコール・ラム酒の両方に

酔っぱらってしまった・・・わたし。

 

コメント

住民投票で嶺南も福井県から離脱する?

2016-06-24 | ニュースから

お昼頃、イギリスがEU離脱! のニュース速報が流れた。

その直後、円は99円になった。

キャメロン首相は辞意を表明。

スコットランドの独立運動が再燃するのではないかともいわれている。

日本の経済に今後どのような影響が出てくるのだろう。

 

福井県では、県議会が廃炉の原発に課税するあらたな「核燃料税」を

可決したとのニュース。

全国初だ。

税の配分を巡り、

原発立地の嶺南と福井県との格差がまた問題になってくる。

嶺南も福井県から離脱する道を探る?

住民投票で・・・

コメント

6月23日(木)のつぶやき

2016-06-24 | 脱原発
コメント