はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

コロナの影響

2020-04-04 | つるがのまち~あれこれ~

土曜日の夜10時過ぎの飲み屋街

    

        

ネオンは瞬いてはいるが、カラオケの音もしていない。

 

あ~・・・今ごろになって風に乗ってカラオケが

流れてきた・・・

3蜜だよな~・・・スナックは・・・

 

願わくば、本町の飲み屋街から

ウイルス感染者が出ないことを祈る。

 

今のところ嶺南では感染者はゼロだけど、

ぜったいいるよね敦賀にも・・・という会話が

いたるところで囁かれ始めている。

 

知事は4月3日、市町教委に5月6日までの

小中学校の休校継続を要請しているけれど

敦賀市はまだ検討中らしい。

教育委員会や総合教育委員会で協議とかしてるのかな?

 

コロナの影響は、目に見えないところでもジワジワと

広がってきている。

 

さまざまな公共工事の現場では、工事の遅れが出ているし

外で遊べない子どもたちや保護者のストレス

休めない保育園や幼稚園で働く保育士さんたち

福祉施設や介護の現場・・・

 

行政の対応が後手後手にならないように願う。

 

 

 

 

 

コメント

「命のビザ80年 杉原千畝研究」

2020-04-03 | ニュースから

市役所2階には、市長室と副市長室とのあいだに

秘書広報課がある。

 

秘書広報課では毎朝、全国紙や地方紙の新聞記事のなかから

チェックした記事をデジタルで保存している。

 

敦賀に関連している記事や国の動向など、

行政に必要だと思われる記事だ。

記者クラブで新聞をみると、チェックした記事は

赤鉛筆で囲んであるからよくわかる。

 

毎日新聞では今年の1月8日から随時掲載とかたちで

「命のビザ80年 杉原千畝研究」という連載が

始まり、昨日は5回目が掲載されていた。

https://mainichi.jp/articles/20200108/dde/014/040/003000c

 

で、この連載記事・・・敦賀市は残していないのである。

新ムゼウムでは、杉原千畝研究は行わない方針だから

必要ないと判断したのかもしれない。

博物館なのに・・・だ。

 

は~・・・なんだかねぇ・・・

わざわざ杉原サバイバーに会いにアメリカまで行ったのにさ。

ぜんぜん「やさしくない市長がいるまち」って思っちゃうのは

わたしだけ?

 

当初予算が賛成多数で認められたけど

その中に計上されていた

リトアニアとポーランドの訪問は、できないかも・・・

コロナウイルスのせいで・・・

 

コメント

重箱の隅をつつく・・・爪楊枝で・・・

2020-04-02 | つるがのまち~あれこれ~

なんでも日本一が大好きな福井県・・・

子どもたちの学力や体力に幸福度、女性の就業率に共働き率

そして社長さんの数も・・・

 

人口10万人あたりのコロナウイルス感染者数も

日本一を目指す勢いだ。

 

ラウンジで会社のエライさんたちが会合してて、

そこで働く女性従業員にも感染するってのは

福井らしい構図かもしれない。

 

エライさんたちのせいで、

エライ迷惑だって思ってしまうのは、

貧乏人のひがみ根性?

 

店を閉めなきゃいけない夜の街の住人や、

そこで働く人たちの休業補償って誰がする?

 

この国のいちばんおエライさんは、

マスク2枚でかたつける気ィみたいやけど

アホとちゃうか・・・

で、大企業には1千億円?

お友達だけ優遇するのは、いずこも同じ・・・か

 

で、今日は

つるがシェアサイクルのホームページを検索してみたら、

リーフレットのPDFがあったので開いてみた。

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。つるがシェアサイクルリーフレット(PDF:2,048KB)

なんと・・・リーフレットの上半分が逆さま。

なので

つるがシェアサイクル事務局
電話:0770-20-0689(受付時間8時から19時)

福井県敦賀市鉄輪町1-1-19
敦賀駅交流施設オルパーク総合案内所(JR敦賀駅ヨコ)

に、お電話してみました。

 

なんだかあまりわかっていないらしいので、

直接、市役所に問い合わせてみます・・・と言ったら

担当者に伝えておきますから・・・だって。

でね・・・まだそのまんまなんだけど・・・

 

重箱の隅をつつくようなマネ、しなさんなって

よく言われる問題児だけど、

わたし、つつくときは、爪楊枝でつつくタイプなの。

 

今夜もカフェ・オレ片手に、

嫌われてナンボ!マンボ!オレ!

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

コロナも避けて通る女?

2020-04-01 | 医療と健康関連

今日は、朝から冷たい雨が降り続く。

花冷えのなか笙の川ぞいの桜並木を車で走った。

金ヶ崎宮の桜は、五分咲きらしい。

 

福井へ行く用事があるのだけれど、電車で行く勇気はない。

年齢が年齢だし、持病もあるから

コロナウイルスに感染したら

ひとたまりもない。

 

アンタがコロナになったら、手ぇたたいて喜ぶ人が

ぎょうさんおるさけ、ぜったいかかったらあかんで・・・

などと、ありがたいご忠告も届く。

 

喜びそうなヤツらの顔が次々と浮かんでくる・・・

ハッハッハッ・・・どんだけ嫌われとんや。

自他ともに認めるイヤな女である。

 

健さん曰く、

アンタなら大丈夫。

コロナも避けて通るさけ・・・

 

コメント

ウイルスが木の芽峠を越えるのは、時間の問題かもしれない

2020-03-31 | 議会

今日は政務活動費の提出期限だった。

 

午前中に議会事務局へ情報公開請求の開示決定通知書と

コピー代の領収書を提出してきた。

使った経費は、およそ47,000円。

 

まだ確定したわけではなく、事務局が精査しOKがでれば

政務活動費として認められる。

 

そのあと、2階の記者室へ・・・

ここからだと、新庁舎の工事現場がよく見えるのだ。

現在、パイルドライバーで杭打ちをしているところ

  

 

        

ドリルを引き上げるとき、大量の水をジェット噴射でかけ続けている。

子の水、地下水?

どっからくみ上げているんだろ?

     

長さ20メートルのドラムを穴にさしこむところ

このあと、つなぎ目のところを溶接していた。

 

写真を撮っているとき、知り合いの記者さんから

新たに5人、県内でコロナウイルスの感染者が確認されたという

最新のニュースを聞いた。

 

人口密度での感染者数は、全国で4番目・・・

すでに南越前町まで南下してきている。

 

ウイルスが木の芽峠を越えるのは、時間の問題かもしれない。

 

         

コメント

自己チューを反省チュー

2020-03-30 | ニュースから

マスクがない! と、訴えてくる人がいる。

 

イヤイヤ、なんでも代用できるよ。

ハンカチでもガーゼでも、縫わなくても作れるよ。

と、いろんなところでしゃべっているけれど

まだ、ハンカチマスクの人は、見かけたことがない。

 

トイレットペーパーは、すでにどこの量販店でも

見かけるようになってきた。

 

仮にまた、手に入らなくなっても

洗面器に水をいれてトイレにもちこんで、

おしり洗えばいいし・・・

な~んて話を健さんにしたら、

あんな、普通の人は洗面器にケツ はいらんわ!

と、一蹴された。

 

我が家のトイレには、ウォシュレットがついてないので

わたしはいつも、洗面器ウォシュレットを愛用しているのだ。

 

そうか・・・普通の体格の人には無理なのか・・・

そこまで考えが及ばんかったわ・・・

自己チューを反省チュー。

 

それにしてもニュースはコロナウイルスばかり。

県内でも毎日のように、感染者が出ている。

 

延期になったオリンピックは、またぞろ7月だというし

どうせ延期になったのなら、

気候のいい春とか秋にすればいいのに・・・

 

ネットのニュースを観ながらため息がもれる。

 

 

 

コメント

ハリー・ボッテの館

2020-03-29 | つるがのまち~あれこれ~

新ムゼウムって、あれなんな?

という電話が、今日もあった。

巷では、ハリー・ボッテの館と揶揄されているらしい。

    

当時の検疫所を知っている人もいないし

戦前の写真しか残っていないから、無理もないけど

確かに、ハリー・ボッテの館だわ。

 

議会が通したくせに! とも言われる。

 

あんたも会派入って、

委員長とかして力つけたらええのに・・・

って、どっこも入れてくれんわな・・・

わかっとるんなら言うな!

と、今日も楽しい会話が弾みましたわ。

 

さて、桜もそろそろ散りはじめ、今夜はひとり

夜桜見物・・・コンビニのカフェラテ片手に・・・

    

 

 

 

 

コメント

コロナウイルスの感染者が県内に12人のニュース

2020-03-28 | ニュースから

昨日の夜、久しぶりにアラームを設定しないで寝た。

目覚めたら、昼過ぎになっていた。

 

今年に入ってまだ一度も、リハビリに行っていない。

内科の受診も・・・だ。

忙しすぎたからね。

 

で、そろそろ予約いれようかな・・・と

思っていた矢先のコロナウイルスである。

 

県内でも「12人が感染」のニュースが流れた。

高齢者だし持病も抱えているし、感染リスクは高いしで、

福井の病院へ行くのをためらっている。

 

議会でも、

5月の議会報告会を取りやめることを決定したし

行政視察も5月中は取りやめることを申し合わせた。

 

新種ウイルスという未知との遭遇は、

生活の困窮を加速させ、子どもたちの未来をも

奪いかねない状況をうみ出しつつある。

 

わたしたちの世代が、

いまだかって経験したことのない驚異の世界と

どう対峙していくのか・・・

今だからこそできることは何か・・・を

考える時間が用意されたのかもしれない。

 

楽しみや笑いを求めることが、批判される社会にだけは

ならないことを願っている。

 

 

 

コメント

すべてシナリオどおりってことだ

2020-03-28 | 議会

午前中は年金事務所や税務署へ相談に行き

午後3時からは、議員説明会に出席。

 

今日の説明会は、リラ・ポートと

グランドゴルフ場の指定管理者の取り扱いについてと

今後の市の方針についてである。

 

3月31日付で浜名湖グランドゴルフパークの

指定管理者の指定を取り消し、すでに文書の送付と

電話でも伝えたとの説明があった。

 

北陸南洋ビルサービスの不正疑惑については

市で調査した結果、不正はなかったと言ったくせに

何をいまさら、第三者機関で調査?

で、不正が見つかったら謝罪する?

って言うか、不正はなかったと証明してくれる

第三者機関を立ち上げるのね・・・きっと。

 

考えてみれば、当初予算で指定管理費を計上した時から

その予算で、メンテナンスと維持管理をする腹積もりで

ことを進めていたんだろうね。

すべてシナリオどおりってことだ。

賢いわ~ホンマ!

 

最近のニュースを観てると賢い人ほど

記憶にございませんって言うのが流行っているらしい。

100条委の証人尋問でもみんな、記憶喪失になってたしね。

 

わたしも、記憶にございませんってサラッと言えるように

練習しなくっちゃ・・・

果たして、賢く見える今大地になれるのだろうか・・・

 

 

 

 

コメント

新ムゼウム利活用検討委員会

2020-03-27 | 議会

今日は、お昼過ぎに市役所へ・・・

いろいろ用事を済ませて記者クラブへ行ったら

「新ムゼウム利活用検討委員会」が開催されると聞いた。

ちょうど時間も3時からなので傍聴することにした。

検討委員会は、9回めで今日が最後。

 

      

今後、新ムゼウム運営協議会(仮称)なるモンが立ち上がるという。

検討委員会のメンバーが引き続き、協議会のメンバーとして

参画するようである。

 

そもそも新幹線開業の受け皿づくりのために

観光の目玉にする方針で立ち上げられた検討会である。

それが議会のせい(?)で方向転換させられ

複雑な思いなんだろうな・・・と感じた。

 

新ムゼウム開館まで7か月。

はてさてどういう展開になるのでしょうか?

 

 

 

 

コメント

今大地専用グッズは、いまも健在である

2020-03-25 | 議会

1999年に議員になって、21年が過ぎようとしている。

 

当時は、一般質問もまだ現在のような一問一答ではなかった。

2項目でも3項目であっても、議長席の前へ登壇して

全部の質問をするのである。

 

質問の時間は、質問と再質問・再々質問と

答弁をあわせて60分。

頭のいい部長は、わざとどうでもいい説明を

20分もかけてするのだ。

 

当然、わたしの再質問の時間は短くなる。

で、座ったまま「そんな説明は求めてません!」と叫ぶ今大地。

やおら後ろの席から「動議!」が飛んでくる。

理事者さまに、たてつく今大地はけしからん! と言うわけだ。

 

行政側も、議会もわたしの扱いに頭を悩まし続けたんだと思う。

 

そんな今大地だけど、議員になって初めての質問の数日前

議会事務局の職員が、議場へ来てください・・・

なんやろ? とついていったら登壇するところへ

立ってみてくださいと言うのだ。

声を拾うマイクが、頭のところまでしか下がらない!

 

やさしい職員さんは、そんなわたしのために

当日までに、踏み台をつくってくれたのである。

 

あれから21年・・・

     

いまも、登壇するとこの踏み台を

自分で引っ張り出してこの上に立つ。

このあいだ、立ったところを写してもらった。

         

今大地専用グッズは、いまも健在である。

 

 

 

 

コメント

工事現場

2020-03-24 | つるがのまち~あれこれ~

本町の商店街・・・

20分ほどこのあたりにいたけれど、出会ったのは

自転車に乗った少年がひとり。

昼過ぎの商店街で、開いていたのは3軒。

   

        

工事現場で働いている人もいない・・・

    

いいお天気だったけれど、風は冷たい。

 

そのあと、神楽の商店街やレンガ倉庫、新ムゼウムなどを

まわってみた。

神楽商店街でも歩いている人はいなかった。

 

レンガ倉庫のレストランのあたりにいたお客さんは

10人足らず。

まあね・・・平日だしコロナウイルスの影響もあるしね。

 

市役所へ、8号2車線化の工事のことを聞きに行った。

全部ストップしているわけではなく、工程どおりに

工事は進捗しているとのこと。

 

こちらは市役所2階からみた新庁舎の工事現場

   

        

昔は田んぼだったところだから、

かなりドロドロでジャブジャブ状態。

 

今日は、現指定管理者への聴聞が開かれているはずだけど

開催場所も開催時間も秘密?

マスコミも知らないらしい。

議会へは、いつ報告があるんだろ?

 

 

コメント

100条委の報告は何だったんだろ?

2020-03-23 | 議会

議会最終日・・・市長提案の人事案件のうち

人権擁護委員の選任については同意しなかった今大地。

 

そのあと、控室でいい先生だし

いじめにも向き合ってくれていたらしいという話を聞かされた。

 

みなさんがそういうのだから、きっといい先生なんだろう。

 

んないい先生がいる学校で、6年生の少女がいじめられ

家にも学校にも居場所がないと嘆き、自ら死を選んだのだ。

 

しかも人権擁護委員?

わたしは、自分の心にウソをつけないだけ。

きっとみなさんと違って、心も狭いのだろう。

 

朝から脈拍数が110超えだったのが、加速しそうになったので

家に帰って、休憩することにした。

このまま、議場にいると暴れだすかもしれないしね・・・

 

午後からは、委員長報告がありその後、討論となった。

今大地は当初予算と条例案3件の反対討論をおこなった。

 

朝9時の議運から始まりほんとに長い1日だった。

そして市長のあいさつで3月議会が終了。

 

市長は、そのあいさつのなかで

「明日24日に指定管理取り消しの聴聞会を行い、

議会に報告する」と述べている。

 

議会終了後、産経建設常任委員会が所管事務調査で

片山副市長と担当部局から経緯などを聴取したけれど

消化不良のまま終了・・・

 

100条委の報告は何だったんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

疑問が消え去らないわたし

2020-03-22 | 議会

水曜日の赤崎地区での境界線の確認というお仕事に

つきあって、いろいろわかってきたことがある。

 

今回のトンネル工事が行われる導線上の土地の

かなり広い面積が、市内の不動産業者の土地だということや

相続手続がされていない土地がけっこう多いということ

などなど・・・

 

トンネル工事の場合、入り口と出口の土地の買収だけだけど

相続手続きが済んでいないと、その土地の全部の相続人の

印鑑が必要になるしけっこう大変なのである。

 

その点からだけでも

スムーズにことが運ばないのではないか? と懸念する。

だから国は、市に土地の購入を丸投げ?

 

国交省から今回の事業を請けおったのは岡山の民間業者。

境界線の確認に立ち会った地権者や相続人には

その会社から日当も支払われていた。

 

工事自体に反対する人は誰もいないけれど

地区の住民みんなに理解を得る丁寧な説明が必要不可欠のはず。

地区役員だけで合意しても、地区の人たちには不満も残る。

 

この道路は、敦賀市民の悲願でもあるのだから

無事に、工事着工となってほしい・・・

でもなぜか疑問が消え去らないわたしなのである。

 

 

 

 

 

コメント (1)

正しく怖がる

2020-03-21 | 医療と健康関連

土曜日の昼、本町の商店街を歩いてみた。

自転車に乗った女性とすれ違っただけ・・・

シャッターが閉まったままの店舗ばかりだ。

 

2車線化の工事で、飲食店も客が減ったという。

完成するまで、店がもつやろか・・・と嘆く店主。

 

夜の飲み屋街も、シーンと静まり返っている。

コロナウイルスの影響もある。

歓送迎会の時期に差し掛かっているけれど、中止は免れない。

稼ぎ時なのに団体客の入れる飲食店は、大ピンチらしい。

 

正しく怖がる・・・とは言うけれど

何が正しいのかさえ理解ができていない。

咳が続くだけで、不安を感じ保険所へ

電話する人も増えてきている。

 

ジワジワと世の中が、得体のしれない不安に

包み込まれていくような気配を感じる。

 

 

 

 

 

コメント