はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

今日も中池見湿地へ行きました・・・

2008-09-30 | 中池見
2008年9月30日(火曜日)
午後から河野昭一・京都大学名誉教授(生態学)をお迎えして
中池見湿地へ・・・
ウエットランド・中池見のメンバーとも敦賀駅で合流。
26日の環境対策特別委員会と同じく、8号バイパスから
湿地の中へと移動しながら、現状を見ていただく。

バイパス側のトラスト地にはトラストを記念して植えた
栗の木が大きな実をつけていた。
ナンバンキセルの株を見つけたり、そのすぐそばで
蛇の抜け殻・まるまる1匹分にも遭遇。

バイパス側のすぐ下をはしる作業用道路のわきには
外来種の植物がずらりと顔を見せている。

中池見湿地の観察を続けているウエットランドのメンバーは
外来種博物館と呼んでいる・・・

作業用道路はイノシシの足跡でいっぱい。
しかも糞だらけ!
フンフンフンと鼻歌交じりに歩いていると、
おっとっと、糞をふんづけてしまいそうになった・・・
作業用道路は、イノシシ用トイレットと化している。

しかも環境省・レッドデータブックにも載っている
デンジソウが自生していた場所は、無残にも
イノシシがめちゃくちゃに耕してくれている・・・

空高く、大きな鳥が悠々と旋回している。
多分、猛禽類・・・とんびとは羽根の動かし方が違う・・・
ぐらいしかわからない・・・
もずも教えてもらって初めて、
へ~そうなんだ! ぐらいの知識・・・情けないわ・・・

午後3時からは、河野教授と河瀬市長の会見に立ち会う。

国道8号バイパスが湿地に及ぼす影響の大きさや、
大阪ガスがガス基地建設用に造成した作業用道路が
湿地を劣化させていることなどを河野教授は市長に直談判。
ラムサール条約登録を目指すためには協力をおしまないと
力強い言葉で市長を激励。

会見にはほとんどのマスコミが顔を見せていた。
明日の新聞に載るかな・・・

こちらは最終日に全会一致で可決した意見書のニュースです。

http://mainichi.jp/area/fukui/news/20080930ddlk18010689000c.html
【国道8号バイパス工事:「環境影響評価を」 
           敦賀市議会が意見書 /福井】
敦賀市樫曲の国道8号バイパスの沈下対策工事が、
バイパスに隣接する中池見湿地の環境に影響を及ぼすとして、
敦賀市議会は29日、工事による環境影響評価を行うことを
発注者の国交省に要請する意見書を可決した。

この区間は96年に運用を始めたが、
地盤が軟弱なため最大約30センチ道路が沈下。
同省は、沈下の激しい樫曲トンネルから北へ150メートルの区間に
セメント製くいを356本打つ改良工事を計画した。

しかし、市民団体は「中池見に流れ込む水がせき止められ
湿地が盛り上がる危険性を生む」などと批判。
26日に現地視察した市議会環境保全対策特別委も
「ラムサール条約への登録を目指す上で、環境保全は重要」
などの意見でまとまった。

議会の要望などを受け、同省は11月に予定していた着工を
延期することを決めた。
実施時期は未定。
福井河川国道事務所は「工法や環境評価などについて、
市などと協議した上で決めたい」としている。【酒造唯】
【毎日新聞 2008年9月30日 地方版】
コメント   トラックバック (3)

サプライズ!の連続

2008-09-29 | 議会

2008年9月29日(月曜日)
ジンマシン?・・・
朝起きたら、体中がむずがゆい。
ゲェエエエ・・・今日は議会の最終日なのに・・・
討論もあるのに・・・
ひょっとして身体が(大好きな議会に)拒否反応?
そんなバカな・・・

とりあえず、治まるのを待つしかない。
9時からの議会運営委員会と9時半からの全員協議会は欠席。

10時からの本会議前に市役所へ何とかたどり着く。
なんと、議会運営委員会がながびいて、
全員協議会が今始まったばかり・・・
本会議は10時20分からということになった。

まだ指先がかゆいし、赤くなって腫れている・・・

時間がかかった議会運営委員会では、なんと!
討論の申し合わせが全廃になったのだとか・・・
ヒェエエエ!!!
10年間もかかってやっとですよ・・・
なんちゅうサプライズ!

今大地さんがいないほうが、議会改革進むのかも!
なんてことまで言われちゃいましたぁ!!!
でも、討論に対する申し合わせなんて、
遅れていた議会の象徴? なのにね・・・
これでやっとすこしは、おくれをとり戻したってことなんですよ。

でもよかった! 言い続けてきたこれも成果!
わたしの出席していない議運で決まったというのもおもしろい!

議長が法的に拒むことはできないと言ったそうですね。

9月議会はほんとにサプライズの連続・・・
わたしの出した意見書案が全会一致で採択されるし
共産党議員団が紹介議員になっている請願も全会一致で採択。

討論も3件こなせたし・・・でも疲れた・・・
本会議場で座っているとジワジワと身体がかゆくなってくるし・・・

今大地さん、ハリウッドの女優さんみたい! 
って誉めてるのは着ている服のことだろ! 
今日のわたしは、ジンマシンのおかげでボロボロ状態で顔色も悪くて、
女優みたいにきれいなわけがないんだから・・・

まぁでも、おこらないわ!
議会の日程を全部こなせなかったけれど、
一般質問もできたし、討論だって無事終えることができたし・・・
気分は上々!
コメント

春と修羅・・・はるみが修羅か・・・

2008-09-28 | 映画・音楽・演劇・絵画など芸術関連

2008年9月28日(日曜日)
健さんが所属する「玄々社」の書道展がもうすぐあるらしい。
今回、健さんが書くのは、「修羅」・・・

闘う神だった、阿修羅は天帝の怒りをかい、天界を追放される。

宮沢賢治の「春と修羅」から選ばれた「修羅」の二文字に
健さんはどんな思いを込めて神、いや紙に向かったのだろう。

宮沢賢治は「春と修羅」の詩の中で
おれはひとりの修羅なのだと言い切る。
      ・
      ・
 四月の気層のひかりの底を
 唾し はぎしりゆききする
 おれはひとりの修羅なのだ
      ・
      ・
 ああかがやきの四月の底を
 はぎしり燃えてゆききする
 おれはひとりの修羅なのだ
      ・ 
      ・
健さんの心の中に修羅が潜んでいるとしたら・・・
それは、わたしが創りださせたのかもしれない・・・
健さんにとっては「春と修羅」じゃなく「はるみが修羅」?

出来上がった作品は見せてもらっていない。
会場で見ることになるけれど、
わたしを立ちすくませる「修羅」に出会いたいと思っている。

さて昨日に引き続き、「中池見湿地」と8号バイパスの
記事が、読売新聞県版に大きく取り上げられました。
ニュース記事をアップします。

ただ記事の写真を大きくして、この場所に貼り付けたい!と
がんばったのに、できない・・・
・小さい画像は貼り付けられる
・大きくしてみたらできたのに小さい画像と2つになった
・小さいほうを削除したら全部消えた・・・
頼みの息子は、いない・・・ト・ホ・ホ・・・と言う訳です。
つまり昨日の写真も息子頼み・・・
ということがバレバレになってしまいましたネ。

まぁ、あせらずボチボチ慣れることにします。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20080927-OYT8T00792.htm
【湿地への影響懸念
      敦賀バイパス沈下対策工事】
敦賀市北部の国道8号敦賀バイパスの一部で地盤沈下が進み、
国による対策工事の計画が浮上している。
現場は、希少な動植物が生息する中池見湿地(敦賀市樫曲)に隣接。
国側は「工事は通行車両の安全を守るため。
環境への影響が少ない工法で行う」と説明するが、
市民の一部は「湿地の土壌に悪影響が出るのでは」と懸念し、
環境影響評価の実施や工法の見直しを要望している。
(読売新聞敦賀支局 冨山優介)

地盤沈下が問題となっているのは、1996年に使用を開始した
同市の田結―余座の区間3・4キロのうち、
樫曲トンネル北側付近約150メートル。
谷あいの地形で軟弱な地盤のため、軽量の発泡スチロール製ブロックの
基礎と盛り土で、最大で深さ約4メートルを埋め、道路を造成した。

しかし、開通後は大型車両の通行などの影響で
バイパス道の地盤沈下が進行。
道路脇に設けられたガードレールの屈曲が目に見えてわかるほどで、
約30センチも沈下した個所もある。

国土交通省近畿地方整備局福井河川国道事務所はこれまで、
沈下が進むたびにアスファルト舗装を上塗りして対応してきたが、
抜本的な解決のため対策工事を進めることを検討。
8月に工事計画を明らかにした。

工事では、沈下している区間約150メートルにセメント製のくい
(直径1・6メートル、長さ2~13メートル)計約360本を、
2・6メートル間隔で打つ。
固い地盤まで到達したくいが道路を支え、沈下を防ぐ仕組みで、
必要な工期は約5か月とみられる。
国側は現地では環境への影響調査は行っていないが、
同事務所の藤田法彦副所長は「実績があり、
環境への負荷も少ない工法」と説明する。

一方、同湿地の保全活動に取り組むNPO法人
「ウエットランド中池見」の笹木智恵子理事長は
「地中のくいが、湿地への地下水の流れを阻害するのでは」と言い、
「くいのセメントの成分が溶け出し、湿地の生態系に
影響しないかも心配」と話す。

26日には、市議会環境保全対策特別委員会が現場を視察。
市議会は
〈1〉市民への十分な説明
〈2〉工事による環境への影響の評価――を行うよう
国に求める意見書を提出することを検討している。

敦賀では、中池見湿地が市民の大切な財産であるとして、
ラムサール条約への登録を目指し、市や関係団体が
総力を挙げて運動に取り組んでいる。
道路の保全という観点だけでなく、貴重な自然を
どう残すかという視点も欠かせない。
国側はまず、対策工事によって環境にどのような影響が出るのか、
しっかり説明する必要がある。
コメント

敦賀こどもミュージカル2008・・・【なー7】の席は縁起がいい~

2008-09-27 | 映画・音楽・演劇・絵画など芸術関連

2008年9月27日(土曜日)
遅めのお昼をすませ、市民文化センターへ・・・
もちろん、今日は「敦賀子どもミュージカル」がお目当て。

会場にはあふれんばかりの観客、開演15分前には、
一番後ろの席しかあいていなかった・・・
おっ、【なー7】という客席ナンバーに、ナナじゃナナじゃと
ちょっと気をよくして(7は縁起がいいのじゃあ!)
開演を待ちました。

会場を入ってすぐのところに
三代真史さんと演出の坂本久美子さん、三代さんのお母さんが
立っておられました・・・

三代おかあさんがわたしを見つけて、声をかけてくださり
真史さん・坂本さんと初めて、言葉を交わしました。

三代真史さんは現在、敦賀短大の客員教授もしています。
世界のトップダンサーとしても超・有名人・・・
しかも敦賀出身!

体の中すべてがバネでできているんじゃないかと思うぐらい
すばらしい跳躍力に、しなやかな身のこなし・・・

学生のころには、とんぼ返りだってできたはるみは
いまや、階段の上り下りにもソロリ・ソロリ・・・
・・・体脂肪は怖くて測れないありさま・・・

どうでもいいわたしのメタボチックなからだのことは、おいといて・・・
敦賀子どもミュージカルも今年で3回目。

『春の風と共に・・・~花換え物語』が幕を開けました。
小学校3年生から高校生まで総勢60人の子どもたちが
舞台狭しと歌って踊るミュージカル・・・
さすが、三代さんの振り付け!
ダンスシーンは圧巻でした。

舞台装置もなかなか凝っていて、
病室と診察室が交互に入れ替わるとこなんかグッド・アイディア・・・
しかも看護師さんのダンスシーンとうまくコラボしているし・・・

敦賀の子どもたちが、ブロードウェイを目指す! 
ってのも夢じゃないかもしれません。

そうそう、今日からタミヨさんは1泊2日の小旅行とか・・・
夕飯は、娘と孫と3人でサイゼリアへ・・・
シングル・マザーの将来の夢や嘆きを聞きながら
久しぶりに、母親してました。

商売がいそがしくて、子どもたちのことをかまってやれなかった
わたしは、娘と交換日記をしていたのです。
娘は一番の思い出だといって、自分も子どもが字を書けるようになったら
交換日記をするんだと話してくれました・・・
感動! 
涙目!
やっぱり、今日は【なー7】でいい日! 
コメント

ピンクのトレーナーで視察?

2008-09-27 | 中池見

2008年9月27日(土曜日)
昨日の環境保全対策特別委員会・国道8号バイパス改良工事に関する
ニュース記事です。
写真の中のピンクのトレーナー姿が今大地・・・



敦賀市議会環境保全対策特別委員会の現地視察。
道路沈下によってガードレールがうねっている=敦賀市内

http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000000809270003

国道改修 地元が「待った」【2008年09月27日朝日新聞福井県版】

敦賀市議会環境保全対策特別委員会の現地視察。
道路沈下によってガードレールがうねっている=敦賀市内

貴重な動植物が生息する中池見湿地(敦賀市樫曲)の一部を
横切る国道8号バイパスの改修工事に、地元が「待った」をかけた。
道路の沈下を防ぐため約360本のくいを立てて道路を支える計画に、
地元の環境保全団体が地下水の流れや土壌への影響を懸念。
開会中の敦賀市議会でも、環境への影響評価をするよう
国に求める意見書が出される方向だ。
国は当初11月としていた着工時期を「未定」とし、
事実上延期される見通しになった。

中池見湿地は貴重な動植物が多数生息するほか、
地下の厚さ40メートルの泥炭層に10万年以上昔の
花粉や胞子が保存されている「自然の宝庫」。
同市も、国際的に重要な湿地を保全する
ラムサール条約への登録を目指している。

国土交通省福井河川国道事務所が改修を計画しているのは、
96年に供用が始まった国道8号バイパスの「樫曲トンネル」から
福井方面へ約250メートルの区間。
軟らかい泥炭層の上に建設されたため沈下が激しく、
段差を解消しようと度々補修したが、
今も約30センチの沈下が見られるという。

このため、同事務所は今年8月、同区間のうち150メートルに
直径1・6メートルのセメント系固化材を使ったくい
(長さ2~13メートル)を約360本立て、
道路沈下を抑える工事を11月に着工すると公表した。

これに対し、同湿地の保全活動に取り組んできた
NPO「ウエットランド中池見」などが、
工事区間は湿地に地下水が流れ込む通り道のため、
くいが地下水の流れに影響
▽アルカリ性のセメントによる泥炭層への悪影響
▽泥炭層が圧迫されることでの湿地内の地形変化への懸念
――などを指摘。
理事長の笹木智恵子さん(62)は
「国は環境面への影響を説明していない」と批判する。

市議会の環境保全対策特別委でも議題に上がり、
26日午前に委員らが現地を視察、国交省職員から説明を受けた。
午後の委員会では「工事の中池見湿地への環境影響評価を行うこと」
「工事を行う場合は影響評価や工事内容について地元市民に
十分説明すること」を国に求める意見書を提出する方向でまとまった。

これらの動きを受け、同事務所はこの日、
委員に対し「着工時期は未定」と説明。
事実上、延期する方針を示した。
同事務所の藤田法彦副所長は
「工法は工事中の迂回(うかい)路を最小限にでき、
環境にも配慮している。現時点で最良」とする一方、
「今後、工期や影響評価などについて、市や市議会などと
話し合っていきたい」と話した。
コメント

小雨に煙る中池見・・・でお役人と対峙・・・で頭がキュッキュッキュッ

2008-09-26 | 議会

2008年9月26日(金曜日)
小雨に煙る中池見・・・傘の花咲く8号バイパス・・・
朝10時から、国道8号バイパスで
沈下した道路の状況を検分したあと、
国交省近畿地方整備局福井河川国道事務所の課長の
説明を受けました。

決して断定的な言葉は言わず、曖昧模糊を通す・・・
こちらの質問には、
困ったな~この人何いってんですかね~という顔をする・・・
なるだけ情報は漏らさない・・・
そのくせ自分たちの事業はとても素晴らしいことを力説する・・・

よっ!! これぞまさしくお役人の鏡!!!

改良工事の予算は入札が終わっていないので言えない、
言えない、言えない・・・
水環境にさほど影響はないと思う・・・思う・・・思う・・・

答えを聞いているわたしの頭の輪っかは
キュッキュッキュッと音がするぐらい、うずきはじめる・・・

今後は敦賀市さんと協議をしながらやっていきます。
工事の11月着工は今のところ、難しいかもしれません。
入札はこれからです。
と言うことに加えて、環境に対する配慮はまったくと言っていいほど
考えていないと言うことが、今回の説明で
わたしたちが理解したことです。

その後、ウエットランド中池見の笹木さん・田代さんの案内で
バイパス側から中池見に入って、
バイパスができたことで、中池見が受けた影響や
中池見・泥炭湿地の重要性についての話を聞くことができました。

さて午後からの特別委員会で議論を重ね、意見書案がどうにか
まとまり、29日議会最終日の本会議に議案として
提出されることになりました・・・
願わくば、本会議でひっくり返りませんように・・・

委員会終了後、なんと! 改良工事の入札公告の文書が
わたしの許へ届けられました。

入札公告が 9月5日
交付期間は 9月5日から9月19日まで
申請書等の提出期間が 9月8日から9月22日
入札書の提出期限が 10月20日
開札は 10月21日
工事の工期は来年の3月10日までとなっています。

予算的にはどうも1~2億円の間らしいという情報も・・・

公開されている情報ぐらい、ちゃんと説明してよね!!!
と、あらためて憤っている今大地です。

またまた頭の輪っかがキュッキュッキュッ・・・
とっても疲れた1日がやっと終わろうとしています・・・
コメント (2)   トラックバック (1)

トンスラってご存知かな?

2008-09-25 | 読書ナリー

2008年9月25日(木曜日)
昨晩から、寝たり起きたり・・・
疲れがなかなかとれない。
それに寒い・・・

午後遅く、市役所へ・・・
情報公開請求していた市長の公務出張記録の開示があった。
市長部局で非公開になった部分は、あらためて
敦賀市姉妹都市提携委員会会長あてに出しなおす。

帰りに本屋さんへ寄る。
昨日の講談社文庫最新刊の新聞広告で見つけた
乃南アサ「火のみち」を買おうと思ったから・・・

あと、伊坂幸太郎の「砂漠」も買った。
ふと目に着いた表題は・・・
「トンスラ」・・・買わねばなるまい、なんとしても・・・

ちなみにトンスラとは・・・
誰もが教科書の挿絵で一度はお目にかかったことがある
かの有名な宣教師「フランシスコ・ザビエル」
彼の頭のてっぺんがまぁるくそられているのをご存じかな?

神父は、頭のてっぺんを
まぁるくそらねばならないのが当時の戒律とか・・・
その髪型を「トンスラ」というのだ・・・

いまはすっかり鳴りをひそめた・・・というより
トンスラ頭の影も形も失せてしまって
話題にものぼらなくなった彼の人・・・
Y子ちゃんの愛するフランシスコ・ザビエスさん・・・
Mさんの心の友でもあるフランシスコ・ザビエスさん・・・
この本の中にきっと、あなたの愛する人の姿を
見つけられるかも知れない・・・

「トンスラ」都築浩・幻冬舎文庫
Y子ちゃん、Mさん・・・読んだらお貸ししますので
お楽しみに・・・

テレビのニュースでは、小泉元首相が引退するそうな・・・
そのあとは、また世襲議員が一人誕生とか・・・

タミヨさんは昨日の「ためしてガッテン」のお批判しきり・・・
帯状疱疹は脊髄に水ぼうそうの菌がはいっていて
身体が弱ったときに帯状疱疹になるという内容だったそうな。

そんなのわたしは、何十年も昔にしっとったでぇ・・・
と言うのがタミヨさんの言い分というか自慢に聞こえるんだけど

どうも「NHKがなんでいまさら、取り上げるんにゃ!」と
言いたいらしい・・・
疲れているわたしは、生返事・・・ごめんねタミヨさん・・・
「はよいにねや・・・ちゃんと寝なあかんで」
うん・・・ほな帰るわ・・・

明日は雨やし、長靴で中池見やな・・・
コメント (4)

今日は環境保全対策特別委員会でした

2008-09-24 | 議会

2008年9月24日(水曜日)
今日は議会の環境保全対策特別委員会がありました。
樫曲の民間最終処分場問題、中池見湿地の環境保全問題などが
所管となる委員会です。

今日の大きな議題の一つは
9月議会、今大地の一般質問でも取り上げた
「国道8号バイパス沈下箇所改良工事」・・・

この改良工事計画は、
国土交通省・近畿地方整備局・福井河川国道事務所が
中池見湿地の西側を走る国道8号バイパスが
またしても沈下したので、新工法で改良工事を行うというもの。

改良工事の計画が敦賀市や市民に知らされたのは
8月21日に開催された「中池見管理委員会」の席上、
しかも工事着工は11月だというのです。

地元の方々も、市民グループもこのバイパスを通す時から
沈下することは目に見えているので、無理だと言い続けてきました。
案の定、1億5000万円をかけたバイパス工事は大失敗、
(しかも新工法だから大丈夫! と豪語していたのに)
供用開始から毎年2~3回は、アスファルトの積み増し工事を
しなければならない状況になっています。

バイパスができたことで、水脈が寸断され、
敦賀市民の水道を賄う水がめともなっている湿地の水環境は
大きく変わってきています。
また湿地の生物への影響も少なくありません。

今回の新工法の改良工事による環境影響評価もおこなったのかさえ、
あいまい・・・

あまりにもずさんな計画にたいし、これじゃいかん! 
と敦賀市は国交省に対し意見を出しなさい、工事を差し止めなさい
というのが、わたしの一般質問の内容でした。
すぐに対処すると言う市長答弁があり、現在「中池見協議会」で
要望書をまとめている段階だそうです。
ちなみに協議会の会長は敦賀市長です。

敦賀市議会としても、この件で国交省に意見書を提出するようにと
今日の特別委員会で「意見書案」を提案しました。
やはりすんなりとはいかず、26日に再度、所管事務調査で
バイパス工事区間や湿地の視察、国道事務所の説明などのあと
意見書について、議論することになっています。

この計画が明らかになった時点で、国に情報公開請求して・・・
とは、考えたのですが、如何せん体調がついていかない。
闘う手法は、わかっているのに、できない身体に
いらついているわたしです・・・

委員会の後、議会最終日の討論通告を提出。
こちらも総務委員会に所属する議員の総務部所管議案に対する
討論はしないという申し合わせが立ちはだかり、
議長あずかりなんですって・・・

討論の原則を守って、討論することのどこがいけないのかしらね。
申し合わせを法や条例、規則より最優先する議員のみなさんの
お気持ちを察することができないわたしです。

本会議までがんばる気力がないかもしれない・・・
つ・か・れ・た・・・
コメント

子供の相手 できますか

2008-09-23 | 日々の暮らし

2008年9月23日(火曜日)
ふくろうはな、ノリツケ・ホセー・ホッホーって
鳴くんにゃで
大きいまぁるい目しとるけど、昼間は目ぇみえんのやって
夕方になってひぃさんが山の向こうに沈むと
起きだしてくるんにゃで
ノリツケ・ホセー・ホッホーちゅうのはな、
洗濯して、のりつけて干しなさいよちゅうことやんにゃで
次の日の朝、みんなが洗濯干したらな
雨ふってくるんやで
そやし、ふくろうがノリツケ・ホセー・ホッホーって
鳴いた次の日は、雨が降るんやって・・・

山におる鳩は、ドテッポッポーって鳴くんやで
木のてっぺんでツキホシヒーって鳴く鳥はな
お月さんとお星さんとお日さんでツキホシヒーなんやで

ウサギさんの歩き方はな、ケンケンパッ・ケンケンパッ
ピョンピョンとちゃうで・・・

わたしの孫は、タミヨさんにとってはひ孫
夕飯の後、ひ孫に一生懸命、教えています。

あのな、今日な、うんろうこうえん(運動公園)の森の中でな
毒きのこおったで、こーんなにでっかいの
どんぐりとな、はっぱもおったで
ジィジとうんろうこうえん、いったんやで

デンバァ(タミヨさんのこと)のお友だちもおばあさん?
やっぱりシワシワなの?
おふろにはいると、おてて、シワシワになるで
ママのおててもシワシワになるで

ふくろうさんは、なんでお昼は目ぇ見えんの?

あした、保育園で先生に聞いてみ
なんでふくろうさんは、お昼に目みえんのかって
それからな・・・デンバァって言わんといてな
タミチャンって言うてな・・・

☆デンバァの由来
  ダンノのバァバが縮まってダンバァバ・・・言いにくいので
  デンバァになってしまった

フ~ン・・・タミヨさんって子どもの相手、できるんや・・・
わたしはふたりのそばで、だまって笑ってみていました。

さあ、ジィジがまっとるから、帰らなあかんわ
デンバァのお相手に疲れたのか、孫は帰りたい理由を
ジィジのせいにして、バイバイといいながら
さっさと帰り支度・・・

孫はママが帰ってくるまでの長い1日、わがままも言わず
ずいぶん我慢していたのじゃないかな・・・
ジィジとデンバァを遊んでくれてありがとうね!
コメント

限りなくグレーに近い指定管理者選定

2008-09-22 | 議会

2008年9月22日(月曜日)
きょうは、常任委員会
総務常任委員会に付託された第62号議案は、
「敦賀きらめき温泉リラ・ポートの設置及び管理に関する条例の改正案」

6月議会で指定管理者候補者の選定結果が否決されたため、
条例に記載されている、「平成20年10月1日施行」を
「21年4月1日施行」に改めるというもの。

この議案自体は、何の変哲もない条例改正案だけど
6月議会で、否決されたあと、新たに指定管理者を募集し
12月議会で、選定結果がまた上程されることになる。

今回の募集期間は、1ヶ月、8月5日から9月4日まで
(前回は4ヶ月間)

すでに応募者が出そろっているが、その資料は出てこない。

指定管理者選定委員会の委員も任期の2年がおわり
新しい委員に代わるそうだけど、その委員も
まだ決まっていないと、部長は言う。
なのに、今月中に第1回目の選定委員会を開催するとか。

これじゃ選定委員の選定からして、グレーなのよね。

まるで出来レース・・・
6月議会でも応募してきた会社の事業計画書を資料として
出してほしいと要求したのに、執行者側はだめ!
といって、資料は公開されなかったらしい・・・

だから出来レースじゃないの? と勘ぐってしまうのですよ。

先日、このリラ・ポートの指定管理者の選定に関しての
情報公開請求を提出した。
もちろん今回のも含めてだ。
今回の分は、まだ議会の承認がすんでいないので出せないとか
担当部局は言うけれど、ちゃんと出せない理由を
文書で回答してね・・・

第62号議案は、わたしのみが反対
賛成多数で委員会は通ってしまった。

その後、付帯決議をつける案が委員の一人から出されたけれど
合意できずに、取り下げとなった。

前のときは否決したけど、今回の条例改正案は通すから
ちゃんとやりなさいよ! といった趣旨の付帯決議案

こんだけ不透明なんだから、今回も否決しちゃえばいいのに・・・
そうすると、管理運営に支障をきたすことになるから
というのが、賛成した理由。

いつになったら、議会と執行者側が対等になるんでしょうね。

敦賀市のホームページのなかでも、議会は
左側のほそい欄の上から11番目にこっそり・・・といった
感じで掲載されているし・・・
観光は2番目、市立敦賀病院より下だよ!

とりあえず、議長と総務部長には、議会だけでバナーを
立ち上げてほしいと話をしておいた・・・

今大地は問題児! が言うんだから、せめて問題視はしてね。
コメント

考えすぎて頭が痛い・・・

2008-09-21 | ニュースから

2008年9月21日(日曜日)
雨のせい? おかげ? でずいぶん涼しくなりました。
秋雨前線が停滞し、大陸からは寒気がおしよせ
不安定な空模様だとか・・・
こんな日は、わたしの体調もまるで申し合わせたかのように
不調で不安定・・・頭が締め付けられています。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200809/2008091700921&rel=j&g=soc
町村信孝官房長官は17日午後の記者会見で、
中国で有害物質メラミンが混入した粉ミルクを飲んだ乳児が
相次ぎ腎臓結石になった事件に関し、中国政府がメラミン検出を
公表した乳製品メーカー22社の製品すべてについて、
日本に輸入されていないことを確認したと発表した。
【時事ドットコム】(2008/09/17-18:43)

記者会見から3日もたたないうちに、
メラミン混入ミルクを使用したお菓子が
すでに販売され、消費・消化されていたなんて・・・

中国のメラミン混入ミルク事件は一方で、日本の乳製品業界に
市場拡大の一大チャンスを呼び込んだらしい。
安全で安心な日本製のミルクが中国で大人気とか・・・
まさに食うか食われるかの瀬戸際で、企業はビジネスチャンスを
つかんできたのだろう。

でも日本製だから安心・安全の神話はいまや風前のともしび
なのは明らか・・・
日本の企業は中国に牧場までつくって、
乳牛を育てているらしいけれど
牧草や土壌自体が、ほんとに安全なのかなぁ?

餃子事件だってまだ未解決なのに、どうする厚労省!
今回のメラミン混入ミルクは、農水省も関係してるよね。

高給取りの議員や官僚のお口には入らない食べ物ばかりに
問題が起きているから、やっぱり他人事なのかもしれない・・・

さて、総裁選、解散・総選挙にうつつを抜かす方々の政策・・・
どうにかならんのかね???

国民のため! だなんて爪の先ほども思っちゃいない
上滑りのばらまき政策には、もういい加減あきてきたんですけど。

ニュースを見ながら、伊坂幸太郎の「魔王」を思い出した・・・
この本は2005年に刊行されたのに、まるで2008年の今
同時進行しているような錯覚に陥ります。
(文庫化されたばかり・・・講談社文庫)
国民投票で憲法改正の是非を問うなんて話も出てきます。
国民はいったい何を求めているのか・・・
わたしたちは、誰に踊らされているのか・・・
時代は変わりつつあるのか・・・
それともいつまでたっても同じことの繰り返しなのか・・・

「魔王」はわたしに「考えろ!考えろ!」と迫ってきます。

今日は、1日考え続けていたような気がします。
おかげで頭がなお一層痛くなってしまいました・・・とさ。
コメント

ハレメのはるみ

2008-09-20 | 医療と健康関連

2008年9月20日(土曜日)
昨日の疲れが尾を引いている・・・
身体がだるくて、だるくて、予定していた
CAPの「連続講座その2」にはあえなく不参加。

じっとりとした汗が体中にまとわりついていて
不愉快きわまりない・・・

あ~いやだ! いやだ!

さっぱりしようと、シャワーを浴びたのに、また汗が噴き出す!

しかも、目がじゃなくて、まぶたが腫れぼったい。
細い目がなお、細くなって見える。
不機嫌で、不細工な顔が鏡に映る・・・

ハレメのはるみ・・・
はるみのハレメ・・・
つぶやきながら思わず笑ってしまった・・・

こんなんで笑えるわたしは、まだ大丈夫だ!

昨日のことをまた思い出した・・・
黒いキャミソールに黒のロングスカート、白のジャケットに
真赤なネックレス、眼鏡のフレームも赤と黒という
いでたちで、議会に出かけたわたし・・・

知り合いの記者から
今大地さん、今日はスタンダールですか?
なんて、言われてしまった・・・

スタンダールですか? なんて憎いよね・・・
こんなセリフが女心をくすぐるのよ・・・

スカートはくだけで、
あれ? 今大地さんって女だったんですかぁ?
怪物かと思ってましたぁ! なんて言われるわたし・・・

ウッウッウッ・・・ひどい、ひどいわ(涙)と
可愛く泣いて見せられる女なら、
はなっから怪物なんて言われないよね。

だからわたしは、ニッコリほほ笑みながら、心の中では、
オォ、それがどうした! 怪物になれるもんならなってみろ!
フン・・・
なんてこと決して思ってはいませんことよ。

今日は、ちょっと気弱な怪物の(が?)ハレメでした。
コメント

太田農相 シレッ~とした顔で辞任

2008-09-19 | ニュースから

2008年9月19日(金曜日)
日本の将来のために、ここはひとつ、
みんなで我慢しようじゃないか!

小泉の甘言に乗せられ、ほんとに我慢させられてしまったのは
国民だけだった・・・

政治家や官僚たちは、おいしい甘い蜜(ナントカ還元水?)を
飲み続け、国民は苦い水を飲まされ続けている。

首相や大臣が「辞任」するのが おお流行の昨今、
「辞任」とは「選挙のためのポーズ」と同義語だと
思い知らされた。

口先だけの「責任をとる」という政治家の顔は、
まさに「ひとごと」・・・福田政権は「ひとごと内閣」
シレッ~と語る会見を映し出すテレビの画面を殴りつけたくなる。

しかも総裁選出馬の面々の
「ミエミエ・選挙のための補助金ばらまき政策」にも、ウンザリだ。

08年1月8日のブログにも書いたけれど、
http://blog.goo.ne.jp/aran1104/e/cb8ae2c577c92ba146ad9a24c87a8032
関税より高い上納金をなくし、小麦の自由化を図ろう!なんて
根本的改革には、どなたも乗りださない。
この上納金の不正転用こそ、族議員の懐を潤しているのに・・・

今回の総裁選に出馬できなかった山本一太参議院議員は
「自民党無駄使い撲滅プロジェクトチーム」の代表だそうだ。

政策棚卸しの無駄遣いを監視・撲滅するのが目的みたいだが
自民党さん自身の無駄議員の監視・撲滅にも
眼を光らせてほしいものだ。

どこが反省? と首をかしげたくなる辞任会見のニュースです。
http://www.asahi.com/special/071031/TKY200809190113.html
太田農林水産相は19日の閣議後、福田首相に対し、
農薬などで汚染された事故米の不正転用問題をめぐる
農水省の一連の対応の責任をとって辞任する意向を伝えた。
首相は同日中に辞任を認める方針で、
農水相は町村官房長官が兼任する。
白須敏朗事務次官も同日付で引責辞任した。

太田農水相は19日の閣議後の記者会見で、
「事故米が社会的に大きな問題となり、責任を取ることにした。
再発防止策もほぼ固まり、一つの節目だと思った」
と辞任の理由を説明した。

大臣と事務方トップの事務次官が同時に辞任するのは極めて異例。
福田内閣は24日に総辞職を予定しているが、
太田農水相がこれを待たずに辞任する背景には、
不正転用拡大の実態や業者による接待問題などが
次々と明るみに出る中で、農水省としてけじめをつけないことには、
10月末に実施される見通しの総選挙にも
影響するとの首相官邸の意向も働いたとみられる。

5日に発覚した事故米の不正転用問題では、太田農水相が
12日の民放の番組収録で「人体に影響がないことは
自信をもって申し上げられる。
だからあんまりじたばた騒いでいない」と発言。
白須次官も11日の記者会見で「私どもに責任があると
今の段階では考えていない」と語り、与野党から批判を受けていた。

町村官房長官は19日の会見で、「結果として、(事故米が)
消費者の口に幅広く入ったということで、
食の不安をかき立てたことを反省している。
全容を解明したわけではないし、責任の所在が
明らかになったわけでもないので、政府全体で取り組む」と述べ、
野田消費者行政担当相を中心に対応を強化する考えを示した。

太田農水相は衆院福岡3区選出で当選8回。
03年には早大サークルの強姦(ごうかん)事件をめぐり、
「集団レイプする人はまだ元気があるからいい」と発言。
農水相就任後も中国製冷凍ギョーザ事件などに関する
食の安全について、「社会主義の国と日本のような
民主主義の国は違っていて、消費者としての国民がですね、
やかましくいろいろというと、それに答えざるを得ない」
などと発言し、野党側は罷免や辞任を求めていた。
コメント

今日も今日とて・・・

2008-09-18 | 読書ナリー

2008年9月18日(木曜日)
朝起きた時は議会へ行けるかもしれない・・・
と、思ったのにだんだん、しんどくなってきちゃった。

午前中は、横になっていて午後から行こうかな・・・
ところが、お昼過ぎから声は出ない、でてもガラガラ声
しかも熱っぽい・・・

再度、議会事務局へ電話を入れ、遅刻から欠席に変更。

結局、今日は1日中おとなしくお布団の中の住人してました。

昨日は、そういえば本会議場けっこう寒かったなぁ~
わたしはいっぱい着こんでいたけれど、
クールビズのみなさんがたは、冷えたんじゃないかしら?

今日みたいに気分が落ち込んだとき、
   あるいはアンニュイ(おフランスざます シェー・・・)
な時には、読書に限る・・・

その時の状況によって、本の処方箋もいろいろ・・・

元気になりたいときは
 「ワーキングガール・ウォーズ」柴田よしき とか
 「女たちのジハード」篠田節子
なんかをヨッシャア!と叫びながら読み直す・・・

やさしい気持ちになりたいときは
 「常世物語・光の帝国」恩田陸
 「ささらさや」「てるてるあした」加納朋子
 「フォーティーン」石田衣良
 「麦ふみクーツェ」いしいしんじ
を読みながら、しずかに涙を流す・・・

哀しくてこころに涙がたまってしまったら
 「オロロ畑でつかまえて」荻原浩
 「言いまつがい」ほぼ日刊イトイ新聞
 「中島らもの特選明るい悩み相談室」中島らも
 「空中ブランコ」奥田英郎
何も考えず涙が出るぐらい大笑いする・・・

好きな本は、何度読んでもまた、引っ張り出して読みたくなります。

今日は何を読んだかって? それはナイショ・・・

わたしに合わせたかのように、しんどかったらしいタミヨさん・・・

レトルトのライスカレーでええか?
エッ~ カレーの気分じゃないんだけどな~と言いそうになった
言葉をぐっと飲み込み、食卓をみたら
 焼きピーマンに焼きたらこ、味付けノリにお味噌汁が
  並んでいるじゃありませんか!
カレーしなくてもいいよ! このおかずで充分!
わたしの好きなもんばっかりやし・・・

ほんとにこういったおかずが大好き! なはるみ

栄養のあるもん、何にもないやんか・・・とタミヨさん

テレビのニュースをみながら、政治談議するふたりぽっち

お笑いやけど賢いのおるやんか・・・あの人らホンマかしこいな~

おかあさん、あの番組だけは観るんやで! なんたらちゅう・・・
ほら政治家やら解説者やら学者相手に突っ込むお笑いの人!

ひょっとして「爆笑問題」か?

そやそや、それや!

おかあさんな、麻生やら小沢やらでぇっきれ! 
いやらし顔しとるとおもわんか? 町村もきらいやし!
よっぽど「爆笑問題」のほうがしっかり、ホンマのこと言うとるでぇ

ほやけど、はるみ、あんなてにゃわんことよう言うなぁ・・・
誰に似たんやろ? (きのうの議会放映のことです)
オババ(父方の祖母・オクニやん)やで、きっと!

しあわせなタミヨさん・・・あんたは偉い!

正真正銘、はるみはタミヨさんの子どもです!
タミヨさんに元気をもらって
わたし明日は、ぜったい議会に行けるわ・・・
コメント

戦いすんで日が暮れて・・・反省しきりの一般質問

2008-09-17 | 議会

2008年9月17日(水曜日)
今大地さん・・・声に張りがないでぇ・・・
大丈夫か? とみなさんから気をつかっていただき
幸せもんのはるみです。

昨日の「かますの小骨」がまだ残っているので
やっぱり、しゃべりにくい・・・声も小そうはなります。
それと全身麻酔の後遺症で、滑舌が悪くなった・・・

今日の一般質問、議会復帰の第一歩としては60点の出来。
もちろん自己採点でございます。
マイナス40点は、再質問での時間の使いすぎ・・・
ついつい感情的になって、余計な説明に熱をいれてしまいました。
プラス、獲得目標を達成できなかった・・・

12月議会から始まる、一問一答方式にそなえ、
予行演習のつもりで、臨んだのですが
シミュレーションどおりにはいかなかった・・・(汗)

一問一答になると、持ち時間が30分に規制されます。
感情的になっては、獲得目標からドンドン離れることになるし、
答弁を聴いて瞬時に「分析力」「判断力」を働かせなくてはなりません。

なにより、わたしには持ち合わせの少ない「沈着冷静」が
必要不可欠・・・

まだまだ、理性で自分自身をコントロールする力が
不足していることを痛感しています。

議会が終わった後、携帯メールには知人・友人のみなさまから
コメントがいっぱい入っていました。
(傍聴席には、ひとっこひとりいなかったのですが)
みなさん、テレビ放映を見ていてくださったとのこと。
うれしいよ~
かなり体力を消耗しちゃったので、お返事メールは勘弁してね・・・

市役所から我が家へ戻らず、タミヨさんのところへ直行。
開口一番、「テレビ映り、よかったでぇ」
おっ、タミヨさんも見てくれたんだ・・・

でも何! そのテレビ映りってのは・・・

市長も部長も、あんたのときは、けっこう気ぃつことるなぁ
ていねいに、答弁しとるやんけな・・・ですって・・・

まだ、頭がボーとしていて、半分夢うつつ状態でパソコンに
向かっています。
あした、行けるのかな・・・議会に・・・
コメント