いい酒いい人との出会いを大切に!

銘酒専門店「山下酒店」が綴るトピック情報

銘酒「黒龍」の会

2008年09月30日 10時32分14秒 | イベント

大型の台風が近づいています 台湾の被害状況は凄まじいです。要警戒です。

さて、先日の日曜日は当店企画立案によります、「福井県銘酒”黒龍”を楽しむ会」をお得意様主催にて開催いたしました。

Koku3

参加費8000円。和食コース料理(お口直し、黒龍季節限定酒「ひやおろし」のシャーベットが大好評!)、乾杯酒に稀少な黒龍八十八号。食中酒は”つうの酒”他6種類。チェイサーに黒龍仕込み水を。会費以上の豪華な献立です。そして、黒龍蔵元様をお招きし、水、米、造りについての上映。演出として荘厳重厚な吹奏楽生演奏。引き締まった良い会となりました。私が司会進行を務め、プログラム通り、雰囲気をコントロールしながら、大いに盛り上げることができました。そして時間通りきっちり終了。皆様、礼儀正しい淑女紳士の方ばかりで良い御縁を戴きましたことに感謝。これからも、お客様のサポートを頑張ってやっていきますよ。

Koku1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒糖限定品

2008年09月27日 16時39分18秒 | 商品案内

ここのところ、気温が下がり、めっきり涼しくなりました。

さて、長らく品切れによりお待たせしておりました、奄美諸島の喜界島、朝日酒造さんから黒糖焼酎、年一度の限定品2品が入荷しております。

まず、初留とりの「南の島の貴婦人 OOGOMADARA」。オオゴマダラとは喜界島を生息北限とする白黒のまだら模様の蝶のことです。開長約15cmもあり、その大きく気品のある姿から「南の島の貴婦人」と呼ばれています。黒糖初留特有の華やかな香りと甘さを感じます。

次に「陽出る國の銘酒(ひいずるしまのせえ)」。2001年に植付けされたサトウキビを2003年に収穫し、そして黒糖へ。蒸留後長期熟成された原酒は焼酎特有の熟成香を放ち、今までとは違った世界を楽しむことができます。「陽出る國の銘酒」とは「喜界島の酒」という意味だそうです。

限定入荷によりお早めにお求め下さいませ。

Kokutou

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生さん

2008年09月25日 14時37分56秒 | 商品案内

いよいよ麻生内閣が発足しました。色んな番組で紹介されますが、麻生さんの先祖は明治の元勲、大久保利通、お祖父さんに吉田茂、奥さんは鈴木元首相の娘さんというように。また、地元福岡の麻生財閥や東京の広大な居宅敷地、日本青年会議所トップ、オリンピック出場歴などなど。その他漫画好き、べらんめい口調と。

個性的な麻生さんなら景気もよくなるような気がしますが

組閣人事をみてみますと、的確な説明能力、堅実な政治行政手腕、勉強熱心な石破さんを農相に任命したのは大正解 政策通の与謝野さんが経済財政相再任、あの「暴れハマコー」さんの息子さんが防衛大臣。自衛隊員をさらに強く鍛えてくれそうな感じがしますね。少子化担当相の小渕さんは未知数です。といったところです。

文部大臣経験者など文教族議員が多く入閣しているのも特徴だそうです。

ところで当店では大分県由布市の麦焼酎「”麻生”富士子」っていうのがありますよ。

小さな小さな蔵の手造り焼酎です。この機会に是非お試しくださいね。

Asou

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運動会

2008年09月23日 19時18分47秒 | 身近な話題

今日は小学校の運動会。日曜日の予定が雨天のため中止、本日に。3人兄弟の長男5年生と長女4年生。それぞれの競技を見ていますと、酒屋さんを継いでから12年間、がむしゃらに仕事に打ち込んで、家族にとってはあまり良いお父さんではありませんでしたが、女房のお陰で何時の間にか、大きく成長したもんだと思いました。家では女房によく叱られていますが、競争種目ではなく、団体演技に参加している子供達の真剣な表情をみますと、子供をいつまでも頼りなく思っているのは間違いだと。「しっかりしているじゃないか。真剣に頑張っているじゃないか。」と安心しました。もっと、これからは自主性を重んじなければなりません。子供から色々学ぶべきことが多いですね。

今度の日曜日は末っ子、次男の幼稚園の運動会です。

Taisou

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のど自慢

2008年09月20日 21時33分35秒 | 身近な話題

今日は舞鶴総合文化会館にて明日、日曜日に生中継されます「NHKのど自慢」の予選会に参加してきました応募総数470人。書類選考にて250人が予選に出場出来ます。

私はハウンドドックの「ffフォルテシモ」で参加することになり、一昨日、お得意様のスナックさんにて練習し、臨みました。会場は観覧される方も含めて満員。昼の1時から6時まで250人が生バンド演奏にて歌います。女装、着物姿、親子、夫婦、グループなど多彩な方がいっぱい。本当に楽しいですよ。しかし、183番の私まで順番を待つ時間は長~い。覚えている歌詞を忘れそう実際、舞台に上がってみますと、これまた、けっこう緊張するんですよ。前掛け締めて、曲名の通り元気よく高らかに歌いましたが、結果は不合格たった20人の合格者ではあまりにも狭き門です。合格された方をみますと、上手い下手に関係なく、うまく色んなことを考慮して選抜していますね。明日は子供の小学校の運動会に行けることを言い訳に落選して良かったと、私なりに言い聞かせています。気分よく熱唱させていただき有難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

!兆円

2008年09月18日 14時31分07秒 | ニュース・時事

連日の金融不安。アメリカの「リーマンショック」から今度はCMの「エーアイジー、スターせいめい♪」。あれがAIGか?なんて初めて気が付いたのは私だけでしょうか。なんせ規模がとてつもなくデカイ。総資産112兆円。新聞曰く、世界の金融機関に取引先が破綻した場合に損失を穴埋めする保険商品を大量に販売していたらしく、世界を巡るリスクの”最後の引き受け先”だそうです。そうなると、破綻させるわけにはいかないということで巨額の公的資金注入。凡人の私には、「今月も小遣いが足らない煙草止めようか~」なんて、せせこましい現実とは次元が違いすぎます。株式、金融、リスクを抱えながら難しい仕事。ついていけません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敬老

2008年09月16日 10時42分27秒 | 身近な話題

昨日は敬老の日。当地区では日曜日に小学校体育館で長寿を祝う会がありました。幼稚園児の息子が唄や太鼓を披露するとの事で覗いてきましたが、多くの方が参加されていました。座椅子、座布団が用意され、お弁当、酒やビールを飲みながら、本当に元気な人達ばかり。小学校の運動会で感じる子供の少なさとは対照的に日本の長寿化社会を垣間見ることが出来ます。ここで思うのは60歳で定年退職するのは早すぎます。その経験や知力を生かして、第一線で活躍できますよ。現に私の父は満73歳になりますが、元気で酒屋さんをしております。「元気な間は仕事する」自営業者の宿命かもしれません

100歳以上の方も全国でたくさんおられるようで、おめでたいことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひやおろし

2008年09月13日 14時46分57秒 | 商品案内

皆様、大変お待たせしました。昨日、福井県の黒龍酒造さんから待望の”ひやおろし”が入荷しましたよ。

冬に造ったお酒を一夏ゆっくり熟成させ、気温が品温と同じくらいになる頃、「冷や」=生”き”のまま「卸す」ことから冷卸し(ひやおろし)。

ひやおろしは割り水(加水によるアルコール度数の調整)せず、また、原酒のまま、瓶詰め時に行なわれる2回目の火入れ(酒の中に残存している酵母菌などの働きを無くし、酒質を安定させる為の加熱処理)をせずに”生詰め”出荷されます。

黒龍さんと言えば、気品溢れる吟醸酒のイメージがありますが、このひやおろしは、旨口タイプのお酒です。

少し涼しくなった夜に虫の声を聞きながら、また、秋の夜空を見ながら、じっくり飲んでみてはいかがでしょうか。

Hiyaorosi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カシス

2008年09月11日 14時43分09秒 | 商品案内

今日は、親父が所用で不在。朝から配達に廻っています。店番は女房がしてますので、是非お越しくださいませ。

さて、大人の梅酒。フランスの名門「ヴェドレンヌ社」のスーパーカシスを使用した「パルフェ カシス梅酒」。”パルフェ”とはフランス語で「パーフェクト、完璧な」という意味だそうです。

口に含むと赤ワインのようなニュアンス、そして甘いカシスの余韻が心地いいです。カシスと梅酒の完璧なマリアージュ。是非、お楽しみください。

Kasisu

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心安全

2008年09月09日 12時11分27秒 | ニュース・時事

酒にたずさわる者として、悲しい事が発生してしまいました。事故米の不正流通によって、原料麹米に使用したとされる焼酎メーカー数社が発表されました。昨年から、色んな食品偽装が発生し、ついに酒類まで波及しました。非常に残念です。コメントは差し控えさせていただきますが、これからも酒小売店として正直、真面目に営んでまいります。

さて、日曜日は当店主力清酒銘柄の全国大会、東京、品川プリンスホテルへ行ってまいりました。日本酒需要低迷の中、何をお客様に伝えていかなければならないのか。事例発表、記念講演を通じて、ヒントをたくさん頂いて帰ってきましたよ。

しかし、舞鶴~東京間をもっと便利に行き来、出来ないものかとつくづく思います。色んな情報が瞬時に、また、ネットショップで遠いところから何でも買えちゃう。しかし肝心な情報というのは、その場に行って、人に会い、見て、聞いて、話さなければ得ることができません。交通利便上、全国から集まりやすい東京は何かと会場地になることが多く、また、日本の政治経済の中心でもあります。東京との時間的距離が短縮されれば、地方との格差も、ある一面において是正されるかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加