いい酒いい人との出会いを大切に!

銘酒専門店「山下酒店」が綴るトピック情報

九頭龍 燗酒

2008年10月30日 10時40分31秒 | 商品案内

寒くなってきましたねえ~。おいしいお燗酒が飲みた~いそこで福井県黒龍酒造さんのお燗専用酒の「九頭龍」。それも大吟醸酒。冷酒で楽しむ大吟醸ではない新たな提案です。

この九頭龍を電子レンジでチーンではなくて、お湯に浸して、お好み温度でいただきますと、

Kantanosi_2

なんとまあ~おいしいことラベルに思わず触ってしまう心地よい生地、今年からはカッコ良い贈答用の箱も用意されましたよ。

11月発売の黒龍限定品(しずく・八十八号・二左衛門・石田屋)も楽しみですね。

Kuzuryu

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふるふるマンゴー

2008年10月28日 14時33分57秒 | 商品案内

今朝は寒かったですが、日中は快晴。昨晩帰宅しますとコタツがしてありました。まだ、スイッチは入れてませんよ。

さて、ここ数年の間に、”和のリキュール”がすっかり定着しました。梅酒などの果実酒を造る時代から買うのが当たり前になってしまいましたね。

その中で、今、売れていますのが「ふるふる完熟マンゴー梅酒」。マンゴーの王様と呼ばれる最高級アルフォンソマンゴーと日本酒・梅酒・パッションがバランス良くブレンドされ、トロピカルデザートを完成。マンゴーの香りとフルーティなパッションフルーツの甘酸っぱさがたまりません。「ふるふる」とは「フル・フルーティ=超フルーティ」という意味だそうです。

是非、お楽しみくださいね。

Mango

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選抜 朝日山

2008年10月25日 11時52分25秒 | 商品案内

日本酒をお買い求めのお客様が多くなってきました。9月~来年4月頃にかけて続々と入荷してまいりますので、ブログにどんどんアップしていきますね。

先般より、ご案内しておりました新潟県朝日酒造さんの年末限定、新米新酒「ゆく年くる年」ですが、不況にも関わらず多くのご予約をいただき誠に有難うございました。あまりに早い受注締切なもんで、お受けしました予約数量+αで蔵に注文しておきました。お忘れのお客様はお早い目に!

さて、つづきまして同蔵より年一回のこれまた限定酒「選抜 朝日山」大吟醸酒が入荷しましたよ。香味豊かな限定版の朝日山です。酒造好適米「越淡麗」を使用し、ふくらみのある味わいとスッキリとキレの良い後味が特徴の大吟醸酒です。

Asahi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入荷情報

2008年10月23日 21時24分39秒 | 商品案内

宮城県銘酒「浦霞」さんより「山田錦純米大吟醸 浦霞」が入荷しましたよ。

この酒は酒造好適米「山田錦」を精米歩合45%まで磨き上げ、自家酵母を用いてじっくりと醸し、低温で半年ほど貯蔵熟成したものです。果実のような華やかな吟醸香と米の旨みが調和した、バランスの良い味わいです。

是非、お楽しみくださいね。数量限定です。

Sake

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷惑その2

2008年10月21日 14時41分56秒 | 身近な話題

前回もとりあげましたが、朝、店周りの掃除をしていますと、つくづく嫌なことをする人が後を絶ちません 特に自販機の周りや人の目につきにくい北側の壁面は夜間に家庭ごみが棄てられています。本当に迷惑です。今朝は自動車の灰皿にたまったタバコの吸殻が 一晩中、見張ってやるかなんて思ったりします。世の中、不景気になってきますと、心まですさんでしまうのか、ここ数年ひどいものがあります。

なかには、子供の使用済み紙オムツまで駐車場に棄ててあります。この状況をどうしたら改善出来るのでしょうかまた、こんな話ですいません。

Gomi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナルボトル

2008年10月18日 15時10分57秒 | 商品案内

こんなに気持ちの良い晴天続きは、めったにありませんね。昨日は建物あちこち、さび止めペンキを塗っておりました。シャッターレールの根っこ下部は毎年塗らないと、雨がかかるせいか、すぐ錆びてきます。

さて、9月から黒龍酒造さんの720ml瓶はオリジナルボトルへと変わっています。当店でも既存在庫から順次、ニューオリジナルボトルへと移行しております。

飲食スタイルがテーブル上へと移りつつある中、小~中容量ボトルがアルコールの主流を占め、また、海外で清酒が評価されるようになり、和洋中を問わず、かつ海外に出て、黒龍と共に「和」を広めていける、そんなボトルであって欲しいという願いがこめられています。 

                   黒龍広報誌「龍翔号VOL.7」より

瓶には黒龍の新しいシンボルマーク(酒林と屋号である石田屋の石をイメージ)が刻まれています。そして、栓はスクリューキャップから1升瓶同様、王冠へ。テーブル上でソムリエがワインコルクを抜くような新たな抜栓テクニックが生まれればいいですね。

本当におしゃれです。ぜひ、見に来て下さい。

New

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラウド

2008年10月16日 09時58分54秒 | ニュース・時事

今日も快晴。天気が良いと気分も晴れやかでいいですよね。

さて、昨日、とあるTV番組で巨大コンピューター「クラウド」っていうのをとりあげていました。今、私たちは少なくとも家庭に1つ、仕事上では1人に1つは有していますパソコン。中には色んなソフトが内蔵されていて、日々の業務を効率的にこなしておりますが、これが”雲の上”を意味する、ある会社が開発した巨大な中枢コンピューター「クラウド」につなげれば、各パソコンにソフトは無用でデータを入力するだけで、この”クラウド”が様々な解析、計算、応用をしてくれるという優れものらしいです。ですから、次々に新開発されるソフトを購入する経費を大幅に削減、資本力の弱い中小企業でも大企業なみの仕事が超効率的におこなえます。営業日誌、日報を詳細に入力することで、新規取引の成約確率を予想したり、人事評価も連動しておこなったりと、会社の業績のみならず社員の行動がすぐさま把握でき、的確な人員配置も可能といった様々な効果で、このクラウドを採用する企業が急増しているそうです。

ただし、1つのコンピューターに世界のあらゆるデータが集中することで、ハッカーから狙われやすく、セキュリティに問題有りといわれていますが、各会社がデータ管理するより、よっぽど安心ですと。また、経営判断すべてをクラウドに依存しすぎる会社も、これまた問題だと。しかし、世の中は、この流れでいきそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バナナ梅酒

2008年10月14日 12時11分21秒 | 商品案内

9月末に参加しました「NHKのど自慢予選」の模様が13日未明に放送されました。翌日、色んな方から「観たよ」と声を掛けられ、お恥ずかしいかぎりです。予選会の方が本番よりも面白いですよ。

さて、「バナナの叩き売り」発祥の地として有名な九州の門司港を名に冠した話題のミクスチャー梅酒があります。高貴な香りのバナナと日本酒が美味しく混ざり、梅酒でまとめ上げたリキュール。以外にそんなに甘くなく、食中酒としてもいけますよ。

Umesennin_banana640

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真澄 山廃造り

2008年10月11日 12時58分29秒 | 商品案内

世の中、株安でえらいことになってます。昨日、ご来店された証券会社の方曰く「このような状況なんで、今日の転勤者送別会は急遽、会社建物内にてやります」との事。送別会用のお酒類をお買い上げいただきましたが、かえってアットホーム的でいいんじゃないかと思いますよ。その人にとって、数ある転勤時の中で一番の思い出になるんじゃないでしょうか。

さて、長野県諏訪銘酒「真澄」さんより、二夏越し熟成酒、「純米吟醸山廃造り」が入荷しております。山廃造りとは天然の乳酸菌による乳酸発酵の過程を経た酒母を使用したお酒の造り方。麹や蒸し米を櫂で摺りつぶす工程(もと摺り山卸し)を経たものが”生もと”。もと摺りをやめ、麹の酵素で蒸し米を溶解させる方式をとったものが”山廃もと”(山卸しを廃止)です。独特の酸味を有し、熟成によって更に味わい深くなる酒質となっています。この反対が”速醸もと”。製造の途中、初期段階での酵母の増殖、発酵が十分でなく、汚染の危険が大きい時期に人工の乳酸を加え、早く製造するもの。酒母とは酒母原料(蒸し米、麹米、水の混合物)を乳酸により酸性にし、多数の酵母を純粋培養したもの。

お燗をすると味にふくらみが出ます。煮込み料理や脂ののった刺身、焼肉料理との相性もいいですよ。ぜひお試しくださいませ。

Masumi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞

2008年10月09日 17時01分07秒 | ニュース・時事

久しぶりに明るいニュース 連日、日本人のノーベル賞受賞。「日本人は凄い。底力を持っている」と言っていました麻生さんの言葉通りですね。数10年前に予言した理論が、今日になって実験的に証明され、やっとの受賞。宇宙の成り立ちを解明することにも繋がるそうですが、素粒子とは物質を構成する原子、その中心の核、そのまた構成する更に無限大に近い小さなものらしいですが、私の頭ではチンプンカンプン。

私が小学校2年生の時に退職される”鼻の赤い、怖い”教頭先生が離任式で児童に向かって「将来、ノーベル賞をもらえるように何事も諦めず頑張りなさい」とおっしゃっておられたことを思い出しました。当時は何のことか、さっぱりわかりませんでしたが・・・。

株価も1万円をきりましたが、日本人の勤勉勤労の精神があれば、きっと乗り越えられると思いませんか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加