マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

夕日を見てそして・・

2011-10-31 21:40:58 | マラッカ
マラッカ海峡に沈む夕日を見たくて丘の上にしばらくいたのですが
ようやく西の空が夕焼け色をしてきたのに、
       高いのは、高さ110mのマラッカタワーです

頭上は厚い雲に覆われ、とうとう雨が降ってきてしまいました。
       ザビエルも 「んもうっ!!」 と悔しがっています


仕方ないので傘をさして丘を下り、川に沿って夕日の方向に歩いて行きました。
     

雨は止まないものの、夕焼けはどんどん色を増し
       この舟にも乗る?左奥の白いテントの場所が舟の乗り場です。

海峡ではないけれどマラッカ川に沈む夕日を見ることができました。
     

きれいね~   
でも丘の上で出会った日本人のバックパッカーの女の子によると、
晴れていれば真っ赤な火の玉のような夕日が海峡に沈んでいくのが見られるそうなんです。
残念ね~   でもじゅうぶん綺麗です~ 


夕暮れの中で、舟に乗って川をさかのぼるクルーズができるかと思ったのですが、
陽が沈むと、辺りはあっという間に真っ暗になってしまいました。
けれど夜のクルーズもきれいでしたよ。ディズニーシーのゴンドラも夜がいいものね!
ライトアップされた川の両側を眺めながらいくつものきれいな橋をくぐって、
40~50分のクルーズを楽しみました。
真っ暗で雨が降っているうえに動いている舟からの携帯写真はブレてますけど、どうぞ。
   

マラッカは日帰りが多いというけれど、こうやって夕日や夜景が見られるのは
やっぱり泊まりの旅行のいいところです。


コメント (3)

雨季です

2011-10-31 17:57:15 | 日記
昨日、ちょうどお昼時間にロックカフェというホーカーセンターに行きました。
広い店内も広い外の席もお客さんで一杯。
     


ここの経済飯はおかずの種類が豊富で美味しいんだ。
     

私はこんな風にご飯の周りを色んなおかずだらけにしてしまったので6リンギだったのですが、
なぜか夫は寂しくというか品よく盛り付けて3.5リンギ。
・・・私の立場もあるのでもっと食べてください。

ちょうど食べ終わった頃、いきなり大粒の雨が落ちてきて
あわてて車に駆け込んで帰って来ました。
外で食べてた人たちが、さーーーっと居なくなったのが壮観でした。

家まで10分かからないくらいの道のりなのですが、
一気に強い雨が降るので道はものすごい水しぶき。 
車の屋根までかかるようなしぶきを上げながら走っている車もいます。

けれどもコンドに着いて地下の駐車場に車を停め、エレベーターで上がって部屋に入り外を見ると
なんともう既に雨は止んでお日様が差していました。
これが雨季っていうものなんですねぇ。


がしかし・・・
今日カルフールまで食料品を買い物に行って、済んで帰ろうとしたら
外は真っ暗で雷と豪雨。 
40分以上ボケーっとベンチに座って外を眺めていたのですが今日の雨は止みませんでした。
自動ドアが開くたびに、バチャバチャとすごい音がしています。
やっと、ちょっと小止みになったので、持っていた折り畳み傘をさして帰ってきました。

傘持ってるんじゃ~~ん!  と言わないで下さい。
小さな折り畳み傘なんかじゃ絶対太刀打ちできない雨なんですから。
コメント (2)

セントポール教会の丘

2011-10-30 19:47:51 | マラッカ
オランダ広場のロータリーから外れて、こんな大きな木のそばを通って坂道を上って行くと・・
     


坂道は街を見下ろしながらぐるりと回り、すぐに丘の頂上が見えてきます。
     


そこには1521年にポルトガル人によって建てられた教会と、
日本にも布教にきた宣教師、フランシスコザビエルの像が建っています。     
       日本で有名なザビエルの絵とはちょっと違います


もちろん教会は既に跡だけになっており、中にはたくさんの石棺の蓋らしきものが立て掛けてありました。
     


マラッカ海峡が望める丘の上はとても静かで、
ギターを弾きながら歌を歌うおじさんが居たりスケッチを売っているおじさんが居たり
     


のんびりと猫がごろごろしていたり
     

のんびりするにはいいところでした。
ここからマラッカ海峡に沈む夕日を見ようと頑張ったんですけどねぇ、
雨が降ってきてしまったのでした。  続く・・・

コメント (2)

オランダ広場

2011-10-30 11:58:54 | マラッカ
マラッカといったらこの場所、レンガ色の建物群のあるオランダ広場です。
   
       まずは時計塔が目に入ります


時計塔の右奥に見えるのがスタダイス。
1650年にオランダの総督らが住むために建てられた、東南アジア最古のオランダ建築だそうです。
       現在は博物館になってるそうだけど見ていない。次回是非!


そしてロータリーに沿って同じレンガ色の教会などが並んで建っています。
     


名物の派手派手なトライショーもいますよ~
      


こんな感じでずらりと客待ちしてますよ~
      

でも、やさぐれたようなのが多いから要注意です。おばさん2人、ぼられました。
見るのみにしておいたほうが、気分のいい旅行ができます。
 

それではお口直しに、女子高生の遠足かな?
       黒いのは髪の毛じゃなくて かぶり物(トドン)です
コメント (2)

マラッカ川を渡る橋

2011-10-29 22:12:38 | マラッカ
ホテル・プリを出て、前の道を左に歩いて行くと 
ババニョニャ・ヘリテージの前を通ってマラッカ川を渡る橋に至ります。。。。。

       別に普通の橋です

この橋を渡るとオランダ広場が見えてくるのですが、今日はまず橋近辺の写真だけ

   

   

今日はここで力尽きよう・・
コメント (2)

日本のラーメンの味なのだろうか

2011-10-29 21:26:51 | 日記
夫とピラミッドに行ってきました。
いつもバスに乗ってひとりでフラッと行っていますが、
土日は車で行くと大混雑で、駐車場に停めるまでにかなりの時間がかかってしまいます。
お昼をまわった時間に行ったので「ラーメン が食べたいな」とのご要望。
う~ん、ピラミッドにはラーメン屋(日本的な)は無かったと思うよ~と言いつつ
ここは?とあるお店の店頭にあるメニューをめくると・・・
     
立派なメニューの1ページが全て出前一丁。こんなに好かれている(??)とは・・
だけど出前一丁ではアレなので、そのお隣で結局中華を食べました。
      ポークバーベキューライス・モヤシ炒め・タピオカ入りマンゴージュース


しかしそのあと店内をフラフラしていたら、ありました!
そうです、ありましたよピラミッドにも2軒。忘れてました。
イチバンラーメンという札幌ラーメンのお店と、味千ラーメンという熊本ラーメンのお店の2軒。
ほら、味千ラーメンなんてちゃんと MADE IN JAPAN と書いてあるでしょ?
      

だけどこのメニューをめくるとやっぱりちょっと???な予感。
         

本当に日本の人が関わっているのかが、非常に疑問なメニューなのでした。 


コメント (2)

よく止まってます

2011-10-28 19:06:08 | 日記
昨日、とあるショッピングモール(まぁ、目の前のあそこなんですが)に行ったら
エスカレーターが止まっていて修理してました。
     

こちらではいろんな所でよーーーくエスカレーターが止まっています。
停電もよくしてますね。
以前、ミッドバレーメガモールという巨大ショッピングモールに居た時、
片側だけ急に電気が消えて、いっせいに真っ暗になってしまったことがあるんですが、
誰一人として驚いていないことに非常に驚きました。 

それでね、今日もまたこのショッピングモールに行ったのですが
やっぱりまだエスカレーターは止まっていました。
あ、「まだ」 じゃなくて 「また」 かな? 
コメント (2)

マラッカチャイナタウン界隈を歩く

2011-10-28 18:43:50 | マラッカ
さて、日本から来てくれた友達コナコナさんとのマラッカの旅です。
とにかく暑かったです。  

彼女とは去年の猛暑の中、「都電荒川線ぶらり途中下車の旅」っていうのをやりまして、
首のまわりじゅうアセモになった前歴があるんですが、
それと負けず劣らずの暑い旅となりました。イエ~イ!アツイぜ~! (←死語)


それでは、宿泊したホテルプリの界隈の写真です。

      

    ← 獅子頭がいっぱい売ってた。欲しかったかも・・


ここはババニョニャ・ヘリテージ。博物館というか、昔の家や家財道具をそのまま一般公開している場所です。
贅を尽くした家具や調度品、昔の婚礼衣装なども展示してあります。
ベッドの小ささにびっくり。昔はとても小柄だったんでしょうね。今もマレー系の人は小柄な人が多いです。
       ← 残念ながら内部の撮影は禁止です


永春会館と福建会館。綺麗だな~と思って。似たような造りですね。
     



マレーシア最古の中国寺院、青雲亭。
   


カンポン・クリン・モスク。普段見るモスクとは全く違っています。18世紀後半の創建だそうです。
     ← 白い塔は仏塔のようですが、ミナレットです


以上、不勉強でまたもや「ふ~ん」と見てきた私ですが、
コナコナさんが置いて行ってくれた「地球の歩き方」と「無敵のマレーシア」っていう本を見ながら
へ~、なるほど~、と感心しながらマラッカをおさらいしています。
とってもためになってます!ありがとう! 
まったく、外国に住むというのに、この手の本を1冊も持っていないなんて信じられないわよね~。(自分で言っておきました)






コメント (1)

ディーパバリ いろいろ

2011-10-27 19:37:49 | 行事・文化
ヒンドゥー教の光の祭典ディーパバリ。
よく分からないけどお正月のようなものというディーパバリ。
25日夜から26日にかけては、花火がバンバン上がっていましたね。
まだ撮った写真がいろいろあるので、せっかくなので載せておきます。

サンウェイピラミッドにあった像。
      ← 友達がこの格好をして写真を撮ったのは言うまでもない。


LCCTの地方行き(?)ターミナル前にあったディスプレイ。
マレーシアではディーパバリですが、インドではディワリーというらしいです。
      ← 友達とさよならしてから見つけました。

ライスアートというものを生れて初めて見たのがスバンパレードのパークソンデパート。
けれどもすぐに崩れてしまったのですが、新たに別の絵で作り直している現場に遭遇しました。
     ← 床に鉛筆で絵を描き、色つきお米を置いていきます。

用事が済んでまた前を通ると、だいぶ出来上がっていました。
     ← やっぱり全員インド系の人たちでやっていました。


26日がディーパバリでしたが、24日に友達とブリックフィールズからKLセントラルまで歩きました。
そこはインド人街で、両側にびっしりとインド系オンリーのテントも並んでいました。
象の噴水の前にはすごく立派な大きなステージが出来ており、
たくさんの中継車も停まっていました。きっとなにかすごいイベントがあったんですね。

イベントは見なかったけれど、そんなテントのお店で可愛いインドの飾りを買いました。
     

上から、ラクダ・鳥・ガネーシャ・クジャク・ゾウの5つの飾りが付いていて、
長さが80cm以上ある大きなものですが、とってもかわいいんですよ。
お友達とお揃いで買ってきました。今頃日本にも飾ってあるはずです。

多民族国家は次々とそれぞれのいろいろな行事がありますね。
次はいったい何があるのか、とっても楽しみです。
コメント (1)

ババニョニャの宿に泊まる

2011-10-27 18:31:45 | マラッカ
日本から友達がやってくることになったのですが、
KLってよく言われているように、確かにそんなに観光名所はありません。
一週間の滞在なので、そのうちの1泊2日でマラッカに行こう!と決めました。

さて、マラッカといえばババニョニャです。
数百年前にマレーシアに移り住んだ華人男性とマレー系女性が結婚して生まれた子孫のことで、
男性がババ、女性がニョニャと呼ばれて、独自の融合文化が生まれたのだそうです。

そんなババニョニャ文化のショップハウスを改装した、ホテルプリを予約しました。
      


道路に面した所を見ると小さな建物のようですが、吹き抜けや中庭のある独特な造りになっていて広いです。
    
    
    


中庭には池があり、たくさんの木々が植えられています。
    
    ← 朝食の様子 


3階の窓から外を眺めると
    多文化ですね


いい感じのホテルに泊まったでしょ?
で、観光は?というと、暑くて暑くてこのホテルに泊まったのがメインの観光のようですが、
それでもまぁいろいろ歩き回ってきたのでそれはまた段々と。
マレーシアはホテルが安いらしく、ちょっといい部屋を取ったのですが
朝食付き2人で1泊4500円程度でした。2人でです。
う~ん、いいですねぇ、いろいろ旅行がしたくなりますね。


そうだ!ホテルプリの斜め前あたりにあった、これも趣のある別のホテルも紹介します。
ジャ~~ン!! ホテル ザ・ババハウス で~す  
      

なにが「ジャ~~ン!!」かと言うと、私の旧姓が「ババ」ということで・・・それだけのことです。
いや本当はね、ペナンに行った時に「ババ大邸宅」というのを地図で見つけたので是非行かねば!と思ったのですが
残念ながらとうとう見つけられなかったのです。
大邸宅には縁がありませんでしたが、ハウスは見つけられました。

        

 





コメント (6)