マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

モロッコパビリオンとレイクレクリエーションセンター @プトラジャヤ

2018-10-10 15:57:54 | お出かけ(KL以外)
せっかくプトラジャヤまで行ったので、行ってみたかったモロッコパビリオンに寄りました。
マレー語でいうと「アスタカ モロッコ」こっちの方がかっこいいな。
   

こぢんまりとした展示建物でしたが、入り口の門の傷みが激しい。
石造りのようだけどタイルが貼ってあるだけで、剥がれ落ちている。
門以外はちゃんとしていたので、入り口でがっかりするのがもったいない。
     

モロッコ様式の造形がとても綺麗です。
     
     

内部に入るにはチケットがいる上に中の撮影は禁止という注意書きがあり、
中にまで入っていく人は全然見ませんでしたが、
外には見学する人や写真撮影をしている人たちがたくさんいました。
結婚写真とか大学の卒業記念?入学記念?ちゃんとカメラマンがいて撮っていました。
          

すごく日差しが強くて暑い日でねぇ、
結婚式の正装した花嫁さんが日陰でしゃがんで撮影場所の順番待ちしてたのが
印象的というか・・・大変ですね (´;ω;`)ウッ…
   
     

その北の方にあるのがプトラジャヤ レイク レクリエーションセンターです。
モロッコパビリオンからは、タマンボタニプトラジャヤという公園の中を歩いて30分ほどで着くようですが、
両方とも近くに無料の駐車場があります。歩くのは暑いから。 ι(´Д`υ)アツィー

釣りをしたり、
     

ボートやカヤックに乗ったり、
     

自転車を借りてサイクリングしたりできます。
     

さすがプトラジャヤは整備されたいい所がたくさんあります。
食べ物屋さんはマレーっぽい物しかないので、KFCにでも寄ってテイクアウェイしてくれば
すご~くのんびりできますね。
   

特に春とか秋とかいい季節ならさいこ・・・・そんな季節はないっ!! 


モロッコパビリオンはこちら
  

レクリエーションセンターはこちらです。
  
コメント

バトゥケイブのロッククライミング

2018-09-10 21:56:52 | お出かけ(KL以外)
振り替え休日で今日も会社が休みだったので、
ペンキの塗り替えをしてレインボーカラーになったバトゥケイブに連れていってもらおうと思ったのですが・・・
ものすごい渋滞。みんな考えることは同じだね。

しかもナビがいつもと違うことを言うので新しい行き方でもあるのかと従ってみたら、
ナビのいう道の出口は封鎖されて通れなくなってるし、
最後にゴンバック方面から回り込むように向かったら、
そちら方面からはバトゥケイブの中には入って行けないようにロープが張ってありました。
なんという意地悪でしょう。 

そんなわけでバトゥケイブに行くのは諦めて、山の裏側にあるという
ロッククライミングが出来るという場所に行ってみました。

またナビがすごいゴミゴミした住宅街を通らせて、
こんなところから行けるのかと心配になる頃に切り立った崖が現れました。
   

看板。バトゥケイブ ダマイ鍾乳洞 エクストリーム公園
   

人がいるのか心配でしたが、全体で見れば20人くらいはいたと思います。
男女別でいうと女性の方が多いくらいです。すごいな。

みんな躊躇することなくどんどん上って行きます。
右の方に見える丸い岩のそばにもいるし、
  

その左の方には三人もいます。
    

黄色い階段は鍾乳洞の入り口に続いているようですが、閉じられていました。
階段のもっと右側のほうでは、もう少し初心者のようなグループが上っていましたが、
あんな垂直なような崖を上がって行きたいという気持ちは、
私はゼロ%です。 (´・ω・`) 高い所は怖いのです。
  
  
場所はこちらです。
  
コメント

マエプスって?MAEPS @セリケンバンガン

2018-07-01 19:32:22 | お出かけ(KL以外)
グーグルマップを見ていたら(⇐ 趣味です)、プトラジャヤの近くに
カタカナで「マエプス」と書いた広い場所があったので行ってみました。

MAEPSとは、 Malaysia Agro Exposition Park Serdang の略のようで、
日本でいうところの、ほら、あそことかあそこみたいな巨大なイベント展示場のようです。
名前が出てこないけどあそことかあそこ。(´・ω・`)

ヤギや羊とラクダまでがいるレストランで食事ができるみたいだからそこ行きたい!!って。
入り口に通じる道を間違えてちょっと遠回りしてしまいましたが、
goat2gofarm / from farm to plate だって!
やっと着いた~!お腹すいた~~!
     

う~ん、ラクダがいないけど、というかヤギや羊も見えないけど、とにかく食べよう。
見本が出ていた2種類のセットメニューが美味しそうだったのでそちらを注文。
入り口でカットしながら売っていたパイナップルが美味しそうだったのでそちらも買って、
まずはセットのジュースがやってきました。すごい色。
     

カンビン(ヤギ)のブラックペッパー炒めセット。
     
カンビン アサムプダス。
     


このレストランの前にはちょっとした動物園のようなものがありましたが、けっこう入場料が高い。
     

マレーシアはだいたいの場所がそうですが、
マイカドというマレーシア国民が全員持っている本人確認カードみたいなのを見せると入場料が安い。
持っていない外国人は倍くらいの料金を取られます。
ここも外国人だと大人30リンギ、子供とシニアは15リンギでした。
まぁ私たちだと一人15リンギですが、入り口の看板を見てやめておく。
     
私の天敵ハトなんかに、なんでお金を払わなくちゃならないのよっ!って。
子供連れにはたいへん人気があるようで、中からびしょ濡れの子が出てきたのを二人見たから、
水遊びなんかもできるのかもしれません。または落ちたか。

土曜日に行ったのですが、とにかく暑かった。
そこから車で園内を走って行ったら、マレーシア各州のパビリオンなんていうのが並んでいたりしました。
もぬけの殻でしたが、以前万博のような催しでもあったのでしょうか。
これはトレンガヌ州のパビリオン。立派。
     

ペラ州。
     

パハン州。
     

どれもカギ締めでまったく使われていないようでしたが、近くに立派なレストランがあって、そちらは盛況でした。


それからまた走って行ったら、あっ!もしかしたら目指していたのはここだったかも!
     

いるじゃん、前にヤギや羊が!
     

ちょっと離れたところだったけど、ラクダも二頭いる!こっちにおいでよ~~。
     

そうだ、こんな建物のレストランだったかも。
     

広々としていい場所だ。
   

間違えたところで食べちゃったよ。
でも絶対固いだろうと思いながら食べたヤギの肉も美味しかったし、
マレー系以外のお客さんが珍しいのか、日本人だと言ったらわざわざカメラを取りに行って
写真を撮られました。(´・ω・`)

黄色い藤のような花の咲く木がいくつもあって、来週か再来週あたりが見ごろかな。
来週の土日はグランプリならぬ「カブプリ(CUB PRIX)」というバイクのレースがあるようです。

入り口はこちらでしょうかね。
  

うちは間違えたのでおそらくもう一つの入り口から入りました。
そちらは   2°59'01.8"N 101°42'21.0"E   です。
イベントのある日は有料かもしれませんが、何もない日だったので駐車も入場も無料でした。
コメント

ポートディクソンの夕焼け

2018-06-24 23:04:45 | お出かけ(KL以外)
しばらく海の方へ行っていなかったので、今日は夕陽を見に出かけました。
ポートディクソンはとても広くて、行くたびに違う場所にたどり着きます。
今日のポートディクソンはどこだ? 
よく分からないし、写真だけ。

途中で雲が出てきて暗くなってきたけど、ポートディクソンはどうにか大丈夫でした。
     

展望台に上ったけれど、両側のマングローブが茂って海がよく見えません。
     

少し日が沈んできた。きれい。
     

今まで行ったことのあるポートディクソンの浜は砂が茶色かったけれど、ここは白くて、
海に入って遊んでいる人、バナナボートやジェットスキーをしてる人、
桟橋を散策する人、テントを張ってバーバキューをしてる人、いろんな人がいました。
     

曇っていたので夕日が沈むのを待たずに帰宅。
途中の道端で海と夕日が良く見えたので車を停めてみました。
右手に浮かぶように建っているのはなんだろう、発電所?
     

沈み始めると日が沈むのはとても速い。
小雨が降ってきたけれど、遠くがきれいな夕焼けでした。
     

遅くなったので今日はここまで。   



コメント

チェッカーズハイパーマーケット @シャーアラム

2018-06-23 20:22:23 | お出かけ(KL以外)
行ったことのないスーパーを見つけたので行ってみました。
スーパーも行き慣れちゃうと同じ物しか見ないから新しい場所に行くと新鮮です。
     

入口を入って左側に行ったら、そちらは生鮮食品と冷凍食品などの売り場でした。
肉や魚も多分新鮮でしたが(あまりよく見てない)、
こういうどローカルなお店にありがちな、野菜がしなびているとか全然ないの。
とっても新鮮でハエもいなかった。
     

長い葉物野菜が紙でくるんであったりしてとても良い。ただしこちらは量が多い。
     

果物も買って来たグアバをさっそく食べましたが、とてもいい香りで美味しかったです。
あとドラゴンフルーツとライチも買って来た。すごくきれいなライチ。

生鮮食品フロアから右手の売り場に行ってびっくり。
広い・・・ 
     

まとめ売りもやっているのですが、置いてある商品も大きいのがずらり。

バッテリー液か?と思ったオイスターソース。4.2㎏入り。
     

こちらはウィンドウォッシャー液か?と思った、酢。2.5㎏入り。
     

ああ、昔トイレットペーパーじゃなくてこんな大きな束のちり紙使ってたよね?と思った、ビーフン。
     

最初に生鮮食品じゃなくてこちらから回るべきでした。
いろいろと見たことのない物があったりして面白かったので、いくつか写真を撮ってきました。

これは他の場所にもあるのかもしれないけど初めて気が付いた、クノールのリマウパウダー。
     
パッケージの裏には料理に使ったりジュースにしたりという使い方が書いてありました。

プランター培養土みたいなグラマラカ5㎏入り。
     

花粉症が治りそうな飴。
     
マレー語って面白くて、グラ=砂糖で、グラグラ=飴です。

こっちの飴は棒付きキャンディで、普通のイチゴ味とかもあったんですが、
まさかのドリアン味。60本入り。
     

大量のまとめ売り以外の普通の物もいろいろあって買って来ました。
でもこういう場所に行くと、面白がって買いすぎますねぇ・・  

場所はこちらです。
  



コメント

プテリマート @プチョン

2018-06-04 16:47:59 | お出かけ(KL以外)
プチョンにタイピン粥を食べに行って、初めてお粥屋の道の反対側にあるプテリマートに行ってみました。
お粥は相変わらずぐつぐつと煮えながら、だけど具材が見えなくて寂しい感じでやってきますが
     

器によそうと美味しそう。うん、美味しいんだな。
     
2時半過ぎに行ったのに八割がた席が埋まっていました。


プテリマートは夜にも営業しているフードコート部分だけは見に行ったことがあって(食べてはいない)、
なんというか一目見てお客の年齢層が高め。
カラオケコーナーもあって熱唱しているおじさんもいたり。
雰囲気的に「年季の入った日帰り温泉」という風情でした。

初めて昼間に行ったら広い商店街部分も営業していました。
まず入っていった場所が果物屋さんが並んでいるところだったので、おー、いいじゃん!という感想で、
    

野菜から肉や魚から着るものから日用品、薬屋までそれこそなんでもある。
こんな教室を開いている手芸屋さんもありました。靴を脱いで入るタイプですね。
    

ほんとうに何から何まで揃っていて、「すごいね、ここに来れば何でも揃うね!」と言ったら、
「いや、なんにも揃わないよ」と返事をされたけど、
そういえば何一つ欲しいものが無かったな。なにも揃わないや。
ま、そんなところ。 

場所はこちらです。
  
コメント (2)

蛇寺 天福宮 Tian Hock Kung @クラン

2018-05-14 12:09:20 | お出かけ(KL以外)
クランにある蛇寺です。
ここも道教のお寺のようですが、道教についてはキョンシーとかお札のイメージしかなく、
全然よく分かりません。 
が、KLの中華街にある有名な關帝廟 GuanDi Templeも道教寺院だそうです。
あそこは三国志の英雄、関羽を祀っている寺院なので、
調べもせずに頭の中に浮かんだ新しいイメージとして、
中に仏像がお祀りしていない中国寺院は道教寺院・・・かな。 相変わらずのいい加減さ

さて、蛇寺は非常にインパクトがありました。
門の中に車を停めて・・・ヘビだ。
   

本殿の前にあるお線香をお供えする所も・・・ヘビだ。
   

入り口の柱も、左側も
   

右側もヘビだ。
    

履き物を脱いで上がった本殿の入り口近くの天井は、道教っぽい陰陽が明り取りになっています。
   

一番奥にお祀りしてあるのは・・・すみません、分かりません。ヘビそのものではないようです。
   

この蛇寺、外に1メートルくらいあるオオトカゲ(野良)が歩いていてびっくりしましたが、
大丈夫!本物のヘビはいな・・・いた。  
   
大丈夫、檻に入ってるから。白蛇はご利益があるんです。ひじの痛いのが治りますように。

場所はこちら、クランサードブリッジのすぐそばです。 
  
  
コメント

鳳山寺 Hong San Si @クラン

2018-05-13 12:49:04 | お出かけ(KL以外)
どこにも行く当てがないと出掛けてみるクラン。
どこよりもインド色の濃いクラン。
     

昨日はそんなクランの、以前行った観音亭の前の道を進んだ所にある寺院を二箇所見学してきました。
ひとつめは鳳山寺。
     

中国寺院なんでしょうけれどちょっと変わっているなと思ったら、
     

ここは九皇大帝という神様をお祀りしている道教の寺院のようでした。
九皇大帝というのはマレーシアやタイの華僑たちが信仰している神様で、
旧暦の9月1日から9日間、大きなお祭りがあるようで、なにやら危険な祭事もあるらしい。
ペタリンジャヤのスンガイウェイにもこの九皇大帝の大きな寺院があるそうなので、
今年はちょっと行ってみたい気もします。
知らない場所や行事がまだまだ次々に見つかります。日本に帰国したら絶対に縁がないものね。
今年2018年の旧暦9月1日は、10月9日だそうです。

さて、この鳳山寺はKTMの駅の真ん前にあったのですが、
     

ここから見える線路がなんだかとてもぐにゃぐにゃしているように見えるんですが、
大丈夫なんだろうか・・・ 
     

場所はこちらです
  
コメント

ピンクモスク @プトラジャヤ

2018-02-25 09:07:29 | お出かけ(KL以外)
シャーアラムのブルーモスクに対して、ピンクモスクと呼ばれているプトラジャヤにあるモスク。
     

ちなみにブルーモスクの本当の名称は 『スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク』といい、
ピンクモスクは 『プトラモスク』 と言います。

ブルーモスクは青いガウンと水色のヒジャブを被って説明を聞きながら回りますが、
ピンクモスクはこんなエンジ色のフード付きのガウンを着て見学します。
さすが観光地で大勢の人が来ているので、こんな赤魔導士だらけです。
     
ちなみにちょっと言っておきたいんですが、二人ともバッグをガウンの中に下げています。太ってるんじゃないです。

中の絨毯もピンク基調。
   
絨毯は模様のラインに膝を合わせて正座すると、全員がきれいに並んでメッカの方向に向けるようになっています。

壁ももちろんピンク。
   

天井もきれい。
   

ピンクモスクは説明はありませんので写真を撮って出てくるだけでもOKです。
が、さすが政治の中枢都市であるプトラジャヤにあるだけあって厳しい。
ヒジャブではなくてフードなのでうっかりかぶり忘れたりフードが落ちて髪が見えてしまったりした人には
ピピッ!と容赦なく警告が出ていました。注意する警備の人が何人もいて目を光らせています。
一番上の写真のコナコナ親子の右側に写っているマレーの正装をした男性がその厳しい警備の人です。

なかなかピンクというのは珍しくて綺麗でしたが、
もうガウンが暑くて暑くてあっという間に見学終了してしまいました。 ι(´Д`υ)アツィー
コメント (2)

ブルーモスクでも結婚式をしていました

2018-02-24 09:16:34 | お出かけ(KL以外)
昨日書いたスリマハマリアマン寺院でも結婚式があったようでしたが、
CNY中に行ったブルーモスクでも結婚式をやっていました。

ブルーモスクで結婚式に遭遇したのは2回目。
前回は式真っ最中でしたが、今回はお開きになってお友達と記念写真を撮っているところでした。
なんというか、絵のように綺麗。
     

新郎新婦とお友達との写真タイムが終わって誰もいなくなった結婚式の部屋。
     
あのメルヘンチックな椅子に初老の夫婦で並んで座って記念写真を撮ったんですが、
あ、そちらの写真の需要はないですね。 (´・ω・`)

ブルーモスクに来るといつも同じような写真になってしまうので、
今回はちょっと変えてこちらの三日月と星のきれいなオブジェをば。
     

いえ、これはオブジェではなくて言ってみれば賽銭箱です。三日月と星はイスラム教の象徴です。
賽銭箱なのであちらこちらにありますが、とても絵になる美しさです。
     
コメント (4)