マレーシアで道に迷う

スバンジャヤ近辺をうろついているおばさんのブログ。
仕事で忙しい夫はレアキャラと呼ばれています。ひとり行動が好きです。

昼間にもう一回行ってみたもっと奥 @タイ・クラビ

2018-08-31 12:50:35 | タイ
今日はマレーシア独立記念日なのでまた今日から三連休。
ただいま音を立てて雨が降ってます。


さて、昨日書いた、レストランはやってなかったし、
暗い中モンキートレイルを上り始めてしまったゴールデンビーチリゾートのもっと奥に、
最後の日にもう一度行ってみました。
最終日、朝から快晴だったんですよねぇ。  ありがちだよね。

まだレストランは開店前でしたが、砂地の道はきれいに掃かれ、テーブルや椅子も出ています。
やっぱりハリラヤハジで休みだったんでしょうね。

その奥は、夜は暗くて何も分からなかったけれど、十軒以上のマッサージ屋さんが並んでいました。
     

客引きのばあさんに引っ張られてここで受けてみた。
     
私の担当はとても上手だったと思うけど、夫のは普通だったらしいし、
なによりお釣りのある金額を渡したらお釣りをよこさなかったのが大きなマイナス点。
安いうえにバナナだとかパイナップルだとかくれたので、めんどくさいから文句も言わなかったけど。

ちなみにこの旅行でマッサージは3回受けたんですが、
突き当りレストランの手前にあるここ。
     
開放的で波の音を聞きながら、通り抜ける風も気持ちよさそうだし、ということで受けてみたんですが、
うつ伏せになったところで「オイルマッサージはどうだ?」というので、
こんな丸見えの場所のどこでやるんだろう、奥に部屋があるのかな? と思いつつOKすると、
もうその場でスルッと履いてたタイパンツ脱がされちゃって、Tシャツ捲り上げられちゃって、
あれよあれよという間にオイルマッサージが始まりました。
この写真で見える一番左の入り口のところで。 Σ( ̄□ ̄|||) ・・・でも夜だったのでまぁいいや。

さて、また奥の方の話に戻りますが、
たくさん並んでいるマッサージ屋さんの奥にはもう一軒きれいなレストランがあり、
こんなレンタルカヤック屋さんもありました。
     
ツアーはよくあるけど、ここは別にツアーじゃなくて時間貸しのようですね。
     

木にブランコが下がっていたので、写真撮ってもらった。 (´・ω・`) 写真撮って~
     

この旅行では最近流行りらしい、おそらくユーチューバーなんだろうなという人がずっと喋りながら自分を撮ってたし、
あと、インスタグラムにでも載せるんだろうなという、色んな可愛い表情を取りながら延々と自撮りしている女の子とかいたけど、
可愛い自撮りにはこんな浜辺のブランコとか最高だと思うけど、どう?
前日の強い雨でこの日は砂浜がきれいじゃないですけどね。モデルも・・・ 
コメント

ゴールデンビーチリゾートのもっと奥 @タイ・クラビ

2018-08-30 09:26:05 | タイ
クラビの空港からバスに乗って降りたのは、道がアオナンビーチに突き当たるこの場所でした。
   

丁字路になっていて、バスは右へ曲がって行きます。
右の方は海岸沿いにお土産屋さんやレストランがずっと並んで続いています。
そして上の写真の看板にもありますが、泊まったホテルはここを左に150メートルほど歩いて行きます。
そちら側は賑やかではなく、ホテルや併設のレストランが並んでいる感じです。
海岸沿いに細い道があるだけで、ゴールデンビーチリゾートの先は行き止まりでレストランがあるようでした。

でね、二日目の夕ご飯を食べに、その行き止まりにあるレストランに行ってみたんですよ。
一日目は賑やかな場所にある、大きくて流行ってそうなレストランでタイ料理を食べたんですが、
「マレーシアで食べるタイ料理の方が美味しいね」という残念な結果でした。

それで二日目はグーグルマップで近くのレストランを探したら、
行き止まりの先にあるレストランが結構高評価だったので行ってみました。

なんか、ずっと奥まで歩いて行っても、所々灯りはあるけどレストランがやっている気配がない。
   

高評価だったのにおかしいな、あっ!もしかしてハリラヤハジで休みか?!

そう思いながらどんどん奥に進んで行ったら、なんだか橋がかかっていました。
     

その先に進むと細い板を渡しただけの階段が折れ曲がりながらずーーーーーーっと続いています。
     

普通こんな山道、すぐに諦めそうでしょ?
でも向こうから人が結構降りてくるんですよ。
だからもしかしたら高評価のレストランはこの先かなぁ・・っと上って行き、
でもだいぶ経ってから心配だったので降りて来る人に「この先にレストランはありますか?」って聞いてみました。
そしたら「五つ星のホテルがあります」と。・・・こんな竹の手すりを持ちながら怖々上って行く先に!

ちょっと先を歩いていた夫に「もうやめようよ!戻ろうよ!」と呼びかけ、
またこわごわと下まで戻ったのでした。
後で調べたら、船でしか行けないリゾートホテルがあるようでした。
陸から行くには、モンキートレイルと呼ばれるあの階段を上って岬の山越えをしなければ行けないそうです。

ああ、海岸沿いまで帰ってきてホッとしたけど、夜の海岸沿い怖い。
   

結局仕方ないのでホテルのレストランで食べましたが、
海の見えるいいロケーションの外の席で食べようとしたら、
雨が降ってきてしまいました。 

ですが、ここのホテルの料理は前日に比べて格段に美味しかったことだけは伝えたいです。
ま、ソムタムとピザだったんですけどね。ジュースもお洒落で美味しかった。
外で食べられたらより一層よかったんだけどなぁ・・・
コメント (2)

アオナンビーチ泊では朝食ビュッフェ付きがいい @タイ・クラビ

2018-08-29 19:39:53 | タイ
夫が予約したホテルは、ゴールデンビーチリゾートというとても静かでいい所でした。
     

今タイは雨季ということもあってか、なんとプロモーション価格で484リンギ!
日本円でいうと13000円ほど!
一泊一人当たりの値段じゃないですよ、二人で三泊した全額で13000円。 (´・ω・`) オゥ!

設備も普通で、浴室は浴槽付きで熱いシャワーが痛いほどの水圧で出ました。
ベッドルームはこんな感じでプールビューのベランダ付きです。
   

そのプールはこんな感じ。
   
     
ただし、こんだけ安い価格だったので朝食が付いていませんでした。 

でもまぁ、マレーシアでもタイでも、今まで行った所にはたくさん屋台だの小さい食べる所があったので、
朝食はそういうところで食べればいいかなぁ~と考えていましたが、
アオナンビーチ全体、屋台は禁止されていたようでした。屋台禁止の看板がありました。

しかも屋台がないどころか、ホーカーセンターもないし、
通りに並んでいるレストランは朝はまだ閉まっている。 (;゚Д゚)
ホテルの朝食ビュッフェは一応聞いてみたら一人345バーツ(1200円くらい!!)するというので・・・

一日目ファミマ。 (´・ω・`)
     

面白い謎のお茶が飲めたので満足。(美味しくはない)
     
あ、そういえば最近マレーシアでもほうじ茶がきてますよ。ほうじ茶ラテとか。

こんなパンもいろんな種類売ってました。
     
これ、賞味期限がとても長いパンで、足利と千代田に工場があって工場売店で安く売ってたので
よく買いに行ってましたよ。今もあるんでしょうか。

二日目マック。コップンカー。 (´・ω・`)
     

三日目はスーパーマーケットで買っておいた果物などを食べました。 (´・ω・`)

早朝から開いていたり24時間営業の食べ物屋が多いマレーシアに慣れ過ぎていました。
朝食を食べに商店街まで歩いて行くのが面倒だったら、
クラビの街なかは分かりませんが、アオナンビーチ泊では朝食ビュッフェ付きがいいですね。 
コメント

クラビ4つの島を巡るツアー その2 @タイ

2018-08-28 00:46:26 | タイ
次の上陸はタップ島。
小さな島と砂浜で陸続きになっていました。
   
   
我が家はシュノーケルを持って行っていたので、そこでもちょっとシュノーケリング。
まだ足が着くくらいの場所でも見えましたが、より透明度は良くなかったですね。
ほら、残念ながら雨季だから。
     


さあ、最後のポダ島では上陸してランチ~!
・・・だったんだけど、そのちょっと前から雨が降り始め、さあ浜辺でランチという時間には土砂降り。

浜辺にご飯やおかずの入ったトレーが並んでいてそれを取って食べる方式ですが、
ああっ!ご飯におかずに雨が降りかかっている!
食べる場所も浜辺だし、木の下に入っても全然無駄。雨で目が開けられないぞ!
      ⇐丸顔だな、おい。

これが私のこのツアー1番のハイライトですね。(´;ω;`)ウッ…
近くに見える限り屋根があるのはトイレだけだったので、どっちで食べるか究極の選択で・・外ですよねぇ。
でも後で入ったら意外ときれいだった・・・けど外ですよねぇ。 

さて、水分(雨)の多い食事をした後、
もう降ってるけど破れかぶれで海に入る?なんて海にはいってシュノーケルで魚まで見て、
そうこうしているうちに雨がやみました。
   

東西南北どちらか分からないけど、海に向かって左側のほうに歩いて行くと
神様が祀られていたり、売店もいくつかあったり。
なんか書いてあるものがあったり。流木が素敵。
   

アオナンビーチにもたくさん立っていましたが、ここにも注意の看板が立っていました。
以前津波があった場所なんですね。
   


さて、もうすぐ集合時間の3時。浜辺に夫が一人でポツンと座っているの図。
   

それにしてもクラビから出航する時からジェッティは無くて、
他の島もすべて砂浜近くに停泊してジャブジャブと乗り降りするので、リゾートウェアなんて着てきちゃダメです。
   
一緒に回ったバングラデシュから来たという女性なんて、足首まであるズボンに靴を履いていたので
泳いでなかったのにビチョビチョですよ。
私は短パンに長袖のラッシュガード着用でした。ちょっと水着きつくなっちゃって。


しかしですね、なんか全然向こうの都合なのに、
遅くなったので帰りのアオナンビーチまでの送迎車が無いとか言ってて!
しかも戻る途中で、乗ってたスピードボートのエンジンの調子がおかしくなって、
なんか配線をスパークさせてどうにか動かしてやっと船着き場まで戻ったという。

まったく、自分たちでトゥクトゥクでアオナンビーチまで戻りましたよ。
     
一人50バーツも取られたけど、今回トゥクトゥクに乗ったのはこの一回だったからまぁいいか。

まぁいいかなんて、なんと菩薩のような人間か私は。というかそのツアー客全員菩薩。
40名はいたんですけど、まぁ東南アジアの旅はこんな物と達観するほかないですね。

そんなこんなで、途中というかランチ時のみ雨で大変でしたが、
翌日は朝からずっと強い雨が降っていてほとんどのツアーが中止になったと聞いたので、
行けてよかったなぁという四島巡りのツアーでした。 

だけどね、何にも調べもせずに行き当たりばったりでバス停前のピンクの看板のツアーで行ったけど、
ランチの内容が他のツアーと比べて格段に低かったので(ただし他社も雨の中というのは同じ)、
若い人とかお腹すく人は別のツアー会社のほうがいいかも~。
コメント

クラビ4つの島を巡るツアー その1 @タイ

2018-08-26 19:15:03 | タイ
クラビアオナンビーチ二日目。
街のいたるところにツアー会社があっていろんな日帰りツアーが申し込めます。
ピピ島へのシュノーケリングツアー、ジャングルツアー、エレファントツアーなどなど多種多様。
そんな中から4つの島を巡るツアーに前日申し込んでおき、翌日の二日目の朝にツアー会社前集合となりました。
いろんなツアーの人たちが集まり、それぞれのツアーごとのシールを渡されてペタリと服に貼り付けます。

ただねぇ、この日はハリラヤハジというイスラム教徒にとっては重要な祭日で、
ムスリムが全員休んでいるので人手が足りないらしく(ツアー会社の人がそう言っていた)
予定時間もずいぶん遅れてしまいました。まぁこれが後々まで影響するわけですが。(´;ω;`)ウッ…
まぁ仕方がない、ずーっと前にタイのお土産で買ったビーサンを履いて、行くぞ!おー!
          

乗ろうと思っていたロングノーズボウトという特徴的な形をした木製の船は、
「ムスリムがいないからスピードボートしかない」と言われて仕方なくスピードボートにしました。
船の発着所はノッパラットタラという場所。そこまでツアーのバンで行きます。
   

このツアーは所要時間が5時間ほど。
途中で少しシュノーケリングができ(用具は貸してくれる)、昼食も付くというプランでした。
ツアーの料金はディスカウントして一人1000バーツ(3400円ほど)で行きましたが、
交渉次第でいくらまで安くできるのかは分かりませんが、払っちゃったし、行くぞ!おー!
     

一つ目の島の切り立った断崖が見えてきました。
   

石灰岩の岩盤や鍾乳洞が見られるプラナンケイブビーチです。
   

カヤックをしているツアーも見えました。
ロッククライミングの聖地でもあるようです。
浜辺には何というのでしょう、お店をやっている船?
   

飲み物やタイフードやファストフードなどが食べられるようです。
        


さて、『次はKFC!』と言われたけど、「KFC?」とオウム返ししたら『チキンアイランド!』と言われました。
ああ、チキン!・・・というよりダチョウかな?
     

このチキンアイランドの沖合がシュノーケリングのポイントでした。
シュノーケリングの場所は水深の深い場所でしたが、やっぱり雨季だからそんなに透明度はよくありませんでした。
というか、風が出てきてずいぶん流されて、必死で船まで泳ぎましたよ。
こちらシュノーケリングをするわたし。
     

まぁボートの前から後ろの方まで流されただけですが、
それだけでも慣れていないし向かい風を泳ぐのはちょっと怖かった。 

魚の写真(夫の水中カメラ)はあまり撮れていなかったようです。雨季だからね。 
   

つづく 
コメント

クラビ アオナンビーチへ @タイ

2018-08-25 19:28:10 | タイ
4回目のタイで初めて行ったクラビは海岸沿いの町で、今までのタイのイメージとはちょっと違ったリゾート地でした。
観光客も白人系が多くて、街のゴチャゴチャ感というか東南アジア感があまりない。
いや、日本や欧米から来れば十分東南アジア東南アジアしているんでしょうけれど、
もうマレーシアに7年半以上居るのでそれと比べてしまうとね、きれいな街でした。
ま、電線のカオスさは「タイに来たっ!」って感じでしたけれどね。
     

エアアジアでKLIA2から1時間20分。
   

クラビが近づき、徐々に高度を下げて行きます。
   
そして到着したた小さなクラビ国際空港は雨でした。 雨季だからね。

空港でまず私の携帯のシムを買いました。
5日間通話・ネット使い放題で100バーツ。340円ほど。安い!
そこのお姉さんが、アオナンビーチまではタクシーだと600バーツするけれど、
バスで行くと一人150バーツよ、後ろにチケット売り場があるよ、というのでそちらでチケットを買い、
こんなバスでアオナンビーチに向かいました。
     

チケットを買う時にどこのホテルに行くか伝えて、それぞれのホテルに近いバス停で降ろしてくれます。
運転手さんが乗客の行き先一覧表みたいなのを持ってて、○○ホテル~!と言ってくれます。
帰りもいろんな場所にチケット売り場があったので、バス停前で買って空港へ戻りました。
街なかのバス停は青いバス停の看板もありますが、ヤシの木とお猿さんの人形付きのベンチになってます。
     

クラビはそんなふうにチケットを買っておいて乗るバス(またはワゴン車)と、
タイではお馴染みのトゥクトゥクやソンテオなども走り回っていましたが、
タクシーはあまり見かけませんでした。


クラビは石灰岩の山が所々にそびえていて、ちょうどイポーのような景観です。
     
どんよりとはしていますが、一日目はホテルに着く頃には雨も上がり、
海岸沿いやお土産屋の並んだ通りを散策しながら、うっすらと夕陽を見ることもできました。
   

滞在中の一日はレンタカーを借りて出かけようと思っていましたが、
レンタルバイクはたくさんありましたが車は見なかったなぁ。
しかも予定していた日が朝からお昼過ぎまでずっと強い雨だったし、
行こうと思っていた場所が野趣あふれる温泉だったのでそれは中止に。
あとで聞いたら、その日はいろんなツアーがみんなキャンセルになっていたそうです。
まぁ私たちはその前の日に4つの島を巡るツアーに行ったんですが、
その日も決して天気は良くなかったけれど、キャンセルされずに行けて良かったなと思ったのでした。

なにしろ夜のテレビではタイ国内のどこかは分からないけれど洪水のニュースをやっていたし、
天気予報はタイ国中全部が雨の予報でしたものね。
朝から晩まで一日中、広いタイ全部が雨マーク。
やっぱりせっかく行くなら雨季は避けたほうが無難です。  分かり切ったことを・・・

コメント (3)

トゥンヌイ温泉 @タイ

2018-01-16 10:35:36 | タイ
アロースターから国境を越えて行った、タイの温泉のお話です。   


タイ語で書くと บ่อน้ำร้อนทุ่งนุ้ย、英語で書くと Hot Spring Thung Nui、
たぶん日本語で書くとスンヌイ温泉?と思ったんですが、トゥンヌイ温泉というようです。 
国境から30㎞ほどの場所にある温泉です。

グーグルのルート検索で見ると森の中のような道を行かされますが、
406号線という、テスコなどの店舗がある広い通りを行きました。 

406号のBan Thung Nui School前辺り、歩道橋があって、その先に信号がある場所を右折します。
よく見ていると手前に「ホットスプリング 右」という標識が立っています。
右折して行った先にも、時々「温泉こっち」という標識が立っているのでたどり着けます。

近付くにつれて周囲がゴム林になり、きれいですね。
     

辿り着けました。最後まできちんとしたいい道です。
     

駐車場がないので適当に路駐です。
     

へ~、こっちがアレであっちがアレかぁ。1っつも分かんないけど。
     
園内には足湯もあり、こちらは無料です。
     

足湯とは別に1人100バーツで入れる温泉があるので入って来ました。
マレーシアと同じように着衣だろうと思って着替えを持って行ったのですが、
ここではタオルと入浴用の着替え、そしてロッカーのカギを貸してくれて(すべて入場料に含まれている)、
カウンターの左が男性、右が女性と男女別のお風呂になっていました。

写真撮っていいですか? って聞いてから撮った女湯の写真。みんな笑顔でこっち向いてくれてます。ありがとう。
     

みなさんが着ているのが、貸してくれたバティックのムームーみたいなもの。
胸の上でしっかりとまって膝まで丈があるので、Tシャツや半ズボンを履いて入るよりずっと入浴感があります。
男性はハーフパンツとタオルを貸してくれたそうです。

でも・・・きれいそうに見えるけどきれいじゃないです。
汚れが浮いてて汚いということはありませんが、
壁沿いの湯船の中に石でベンチのように座れるようになっていますが、苔むしてました。
みんなが入っている方がぬる湯。私は左のもうちょっと熱い方に入っていました。
痛い腰が温められて気持ちよかったなぁ。
肩のあたりも温めたかったけど、肩まで浸かっているとのぼせるので苔むした石のベンチに座ってました。

ここを出たのが4時ごろ。
途中でコンビニに寄っただけで、イミグレが閉まっちゃうーーー!と
大急ぎでマレーシアに戻った、タイ日帰り旅行でした。 

  
コメント

サトゥーン県の国境イミグレ付近

2018-01-07 01:07:16 | タイ
な~んにも無いマレーシア側と違って、サトゥーン県側は道の両側にお店が並んでいました。
国境から700~800mの長さはあったと思います。
車を停めた国境すぐの駐車場は無料でしたが狭いので、お店が終わった辺りから向こうには路駐の車がたくさんありました。
観光バスさえ来ていて、ちょうどたくさん買い物をした人たちがバスの下に荷物を入れている所でした。

こんな場所で何をそんなに買っているのかと思うんですが、
見ていて一番売れていると思われるのは寝具類? 寝具屋さんも何軒もありました。
寝具類はかさばるので店からはみ出して置いてあります。道路に直置きっていうか・・
     
 「かさばる」と言うのか・・・今までずっと「がさばる」と言っていたけど
   文字が出ないのでおかしいと思ったら「がさばる」は方言だったのか・・・ 

こちらはちょっと欲しいかも・・と思ったタイ文字の敷物。
     

ナッツ類が安かったので大量に買って来た。
     

甘栗も美味しそうだったので買ったけど、そうでもなかった。安いけどね。
ちょうど乾燥機が壊れてオーナーに来てもらったのであげてしまった。そんなに美味しくなかった甘栗。(´・ω・`)
     

なんだか分からない飾り物を買う夫。
     

果物があったら買いたいなと思ったけれど、果物はあまり売っていませんでした。
やっぱりここで果物買ってマレーシアに持ち込むのに検疫とかが必要だからかな・・と言ったら、
こんな何メートルも離れていない場所で検疫って言ったってしょうがないんじゃない?と言われたんですが、
たしかにそうですよねぇ。 
写真を見ても分かる通り、ヒジャブを被った人ばかりです。
このサトゥーン県は、タイとはいっても7割がイスラム教徒なんだそうです。 
コメント

まだまだたくさんあるけれど チェンマイその6

2014-08-09 22:16:56 | タイ
バンコクとアユタヤを回った時にもかなり気に入ってしまったタイですが、
チェンマイは更に気に入ってしまいました。
明日から住むって言われても、二つ返事でOKしそう。 

観光ガイドに載っているような寺院の他にも、街歩きをしているとあちこちに立派な寺院がありました。
   
       

きれいだし、東南アジアグッズ好きならきっと気に入るのは間違いない街。Kちゃん、おいで!
  
  

まだまだたくさん紹介したい写真はあるけれど、
美味しいタイ料理もたくさん食べて大満足だけれど、
3泊4日で3回もタイマッサージをしたけれど(1時間18リンギなのよっ!!)、
そんなことまで書いているとあまりに長く続きそうなのでこれで終わりにします。
最後は、タイの地球の歩き方の1ページ目にも載っている『3人の王像』です。
     

それでは、コップンカー 
コメント

チェンマイの仏教寺院 チェンマイその5

2014-08-08 23:25:55 | タイ
ソンテオとトゥクトゥクで廻った仏教寺院。
数が多く、それぞれに特徴があり、とても周りきれません。
とりあえず写真だけ。 

ワット・スアン・ドーク
  
  


ワット・チェン・マン
  
  


ワット・パンタオ
  
  


ワット・チェーディー・ルアン
  
  
コメント