狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【速報】暴力男・山城被告ら3人に有罪判決 那覇地裁

2018-03-14 16:59:06 | マスコミ批判

 

 
 人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 2016年に名護市辺野古の米軍基地建設などへの反対活動中に逮捕され、公務執行妨害や威力業務妨害の罪などに問われた沖縄平和運動センターの山城博治議長(65)ら3人の判決公判が14日、那覇地裁であった。柴田寿宏裁判長は山城議長に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

(資料写真)山城博治氏

判決を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後1時36分、那覇市楚辺・城岳公園

(資料写真)山城博治氏

判決を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後1時36分、那覇市楚辺・城岳公園

 
判決を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後1時36分、那覇市楚辺・城岳公園 (資料写真)山城博治氏

 山城議長と共謀して辺野古の工事用ゲート前でコンクリートブロックを積み上げ、埋め立て工事を進める沖縄防衛局の業務を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた67歳の男性に対しては懲役8月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を宣告した。

 議長と共謀して東村高江の北部訓練場付近で沖縄防衛局職員に暴行したとして、公務執行妨害と傷害などの罪に問われた45歳の男性については懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 検察側は公判で「主義主張を違法な手段で実現しようとした犯行で、法治国家では到底正当化できない」などと主張。議長の弁護側は同年10月、東村高江の北部訓練場付近で有刺鉄線1本を切断した器物損壊罪については認める一方、それ以外は無罪を主張。他の2人の弁護側もそれぞれ無罪を訴えていた。

 判決は45歳男性について、山城議長と共謀して東村高江の北部訓練場付近で沖縄防衛局職員に暴行したとして問われていた別の公務執行妨害と傷害の罪については無罪とした。

 
【おまけ】
 

 

那覇地裁 辺野古反対派リーダー山城博治被告に有罪判決~ネットの反応「BPO息してる?wwwwww」

投稿日:2018年3月14日

毎日新聞2018年3月14日 14時15分
https://mainichi.jp/articles/20180314/k00/00e/040/298000c

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害罪などに問われた反対派リーダー、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(65)に、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

逮捕後に約5カ月間勾留された被告は、移設反対運動への弾圧で、沖縄で表現の自由が抑圧されていると主張した。

検察側は「犯行を指揮、主導した首謀者で果たした役割は大きい」としていた。(共同)

 
 
管理人
ネットの反応
名無し
弾圧? 犯罪認めろよ気違いパヨクww
名無し
弾圧の被害者ってかww
名無し
表現の自由が抑圧って、こいつこの前国連で演説してたじゃん。 日本は阿呆がつくほど自由だよ。
名無し
犯罪を犯しておきながら罰を受けると弾圧呼ばわりするって典型的な
反社会的なテロリストの考えじゃん
こんな奴は執行猶予なんかつけないでずっと牢屋に放り込んでおいて欲しい
名無し
そうでもない。執行猶予中はもちろん収監はされないけど、今度何かやらかしたら、問答無用でめでたく実刑となる。
はたして仲間から白い目で見られながら大人しくしてるか、はたまた信念を貫いて犯罪やらかすか。
今後かなりやりにくくなる。
名無し
執行猶予いらないだろ…
名無し
みずほの友達が逮捕だってwwww
名無し
左翼の正体は 反戦・平和・人権・庶民の暮らし等をネタにする暴力団
名無し
山城博治の他にも、稲葉博、添田充啓にも執行猶予付き有罪判決
山城博治 懲役2年、執行猶予3年
稲葉博 懲役8ヶ月、執行猶予2年
添田充啓 懲役1年6ヶ月、執行猶予5年
名無し
BPO息してる?wwwwww
 

 人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】杉田水脈自民党議員「関西生コン支部に強制捜査が入った件についてマスコミがだんまりなのが気になります!」

2018-03-14 14:14:52 | マスコミ批判

 
 
 
490速報】自民党議員「関西生コン支部に強制捜査が入った件についてマスコミがだんまりなのが気になります!」
690: 名無しさん@涙目です。(禿) [DE] 2018/03/14(水) 09:56:48.90 ID:KuwT61Cn0
杉田 水脈@miosugita
今日は朝から内閣委員会、外務委員会が開かれる予定です。野党は欠席のまま、
法案審査が進められます。昨日、連帯ユニオン関西生コン支部に大阪府警と奈良県警の強制捜査が入った件についてマスコミがだんまりなのが気になります。…

no title

https://twitter.com/miosugita/status/973690381513588736

【超速報】『連帯ユニオン関西生コン支部』に強制捜査! 一部野党に激震
http://hosyusokuhou.jp/archives/48812593.html
695: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/14(水) 09:58:50.06 ID:CIK0JEj80
>>690
この方がこの件に触れたということは
やっぱガサ入れは事実だったか

750: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/03/14(水) 10:14:38.78 ID:LseR53as0
>>690
ファーーーw

762: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [US] 2018/03/14(水) 10:17:42.88 ID:vVtKmLfp0
>>690
お!

709: 名無しさん@涙目です。(家) [CN] 2018/03/14(水) 10:03:57.12 ID:dQOi21ml0
気味悪いぐらい報道しないのね

769: 名無しさん@涙目です。(東京都) [AU] 2018/03/14(水) 10:18:52.79 ID:pILoBs2N0
本当にメディアはチョンに牛耳られてるんだなあ

751: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2018/03/14(水) 10:14:48.89 ID:v27Sxb9M0
マスゴミはもう駄目だな

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520979508

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

翁長知事は「敵前逃亡」―県敗訴で宜野湾市民が批判

2018-03-14 09:35:55 | 辺野古訴訟

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

翁長知事は「敵前逃亡」―県敗訴で宜野湾市民が批判

「まさに敵前逃亡ではないか」

 宜野湾市民の安全な生活を守る会の平安座唯雄会長(72)と徳永信一弁護士は13日、口をそろえて訪米中の翁長雄志知事を批判した。

記者会見で翁長知事を批判した平安座唯雄(右から2人目)と徳永信一弁護士(右)=13日午後4時過ぎ、沖縄県庁

記者会見で翁長知事を批判した平安座唯雄(右から2人目)と徳永信一弁護士(右)
=13日午後4時過ぎ、沖縄県庁

 

 普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、「無許可での岩礁破砕は違法」として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の判決が13日午後3時、那覇地裁であり、森鍵一裁判長は県側の訴えを却下した。

 県庁記者クラブで記者会見した平安座氏は、「翁長知事は3月11日に出発し、おかしなタイミングだと思った」と述べた。同日は石垣市長選の投開票日で、翁長氏は革新系候補を応援しており、その2日後が判決の日だ。平安座氏は「米政府関係者との面談すら決まっていない中で訪米したのであるから、数日ぐらい予定をずらすことはできたはずだ」と述べた。

 「そもそも行く理由が分からない」と疑念を抱いた平安座氏は、「翁長氏は韓国の朴槿恵前大統領のように告げ口外交をしているようだ。日本の悪口を言いに行くことは耐えられない」と怒りをあらわにした。
 翁長氏の辺野古移設阻止を目的とした訪米は3年半で4回を数えるが、これまで目立った成果はない。

 辺野古の埋め立て承認取り消しで平安座氏ら宜野湾市民が県を訴えた件で、原告代理人を務めた徳永弁護士は、県の訴えが却下されたことを歓迎。「翁長知事には普天間飛行場で危険にさらされている宜野湾市民に向き合っていこうとする思いがあるのか。情けない思いだ」と指摘し、「知事には控訴せず、1日も早い危険性除去に努めてもらいたい」と呼び掛けた。

(那覇・豊田 剛)

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

辺野古差し止め訴訟却下、門前払い

2018-03-14 08:22:38 | トンデモ検事の糾弾

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

きのうの記事で、岩礁破砕差し止め訴訟で、県が敗訴した那覇地裁判決を、沖タイの記事では、「門前払い」の印象を避けている、と書いた。

どうやら沖タイは狼魔人日記を見ているらしく、今日の第一面トップには「門前払い」の大見出し。

合計7面を使った発狂見出しで、悔しさをにじませている。

一部抜粋し紹介しよう。

■一面トップ

辺野古差し止め却下

地裁、県を門前払い

岩礁破砕 漁業権解釈示さず

「控訴したい」知事

■二面トップ

判決 無理な論理立て

時代錯誤の判決」引用

■三面トップ

国と県 消えぬ対立

政府、透ける推進意欲

県幹部、阻止へ強気

■社会面トップ

建設阻止 不屈の市民

司法判断に決意新た

那覇地裁前 盛り上がらぬ気運「なぜ」

 

「控訴したい」知事

血税を浪費して訪米中の翁長知事は、「控訴したい」と述べている。

だが、「県警・検問違法訴訟」では、現場の県警が「妥当な公務の執行ゆえ控訴して欲しい」という要望を踏みにじって控訴をしなかった。

翁長知事は控訴断念の理由として「地裁の判決を尊重すべき」とした。

ならば、今回の門前払いも、「地裁の判決を尊重する」として控訴を断念すべきではないか。

これ以上負けると判っている裁判を続け、血税の無駄使いをするなら、良識ある県民が「訴訟経費返還」の訴訟を起す可能性がある。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、沖縄県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であった。森鍵一(もりかぎ・はじめ)裁判長は「訴えは、法律上の争訟(裁判所の審判対象)に当たらない」として県側の訴えを却下した。国と県の間で起きている漁業法を巡る解釈の争いについては、司法判断を下さないまま門前払いとした。

(資料写真)那覇地裁

 地裁は県側が、判決言い渡しまで求めていた、破砕行為の一時禁止の仮処分申し立ても同日付で却下。県側は本訴訟については控訴を、仮処分については即時抗告などを検討する。

 本訴訟の判決は「国や地方公共団体が原告となった場合、行政上の義務の履行を求める訴訟は審判対象とならない」と判示した2002年の最高裁判決に沿ったかたちで言い渡された。判決理由で森鍵裁判長は「『県知事の許可を受けずに岩礁破砕行為を行ってはならない』とする義務の履行を国に求める訴訟は、行政上の義務履行を求めており不適法だ」と指摘した。

 県側は「訴訟の対象となっている海域を使用する権利があり、財産権に準じた権利に基づいて訴えている」と主張していた。これに対し判決は「海は公共のものであり、国が直接管理しており、私人の所有を認める法律もない」と反論。「本件海域に県が何らかの権限を行使することができたとしても、私法上の財産権に準じた権利に基づくものとは言い難い」として県側の主張を退けた。

 また県側は「2002年の最高裁判決が示す審判の対象範囲には誤りがある」と主張していたが、判決は「司法権の役割は国民の権利や利益の保護救済を図ることにあり、行政の権限救済ではない」と指摘し、県側の訴えを退けた。

 菅義偉官房長官は判決後の記者会見で「辺野古における埋め立て工事を進めていくことが求められている」との考えを示した。提訴は昨年7月で、新基地建設を巡る国と県の訴訟は5度目

【おまけ】

昨年7月、県が国を提訴したときのブログを再掲する。

 始から負ける裁判だったことがわかる。

 

沖縄県が国を提訴、「県の勝訴は困難」武田成蹊大教授が 2017-07-25

 

今朝の沖縄タイムスは、きのう県が国を提訴したことを受け、合計7面を使って大発狂!

見出しを見る限り、漁業権をめぐり「許可」の要・不要で国と県が対立し、裁判で決着を・・・といった印象だが、実際は、県が門前払いされる可能性が大きい。 つまり県は、はじめから負ける喧嘩を吹っかけた、ということが出きる。

見出しを一部拾ってみよう。

■一面トップ

県、差し止め提訴

岩礁破砕 違法性訴え

名は地裁 国「許可不要」

■二面トップ

民意無視 国を問う

■社会面トップ

知事「ガッテンナラン」

国の工事強行を批判

覚悟の提訴「不退転」

沖縄タイムス+プラス ニュース

 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可で岩礁を破砕するのは県漁業調整規則に違反しているとして、県は24日午後、国を相手に岩礁破砕を伴う工事の差し止めを求める訴訟を那覇地裁に起こした。県側は判決が出るまで、工事を一時的に禁止する仮処分も地裁に申し立てた。新基地に関する県と国の対立は、昨年12月の違法確認訴訟上告審で県敗訴が確定して以来、5度目の訴訟に持ち込まれた。

K9護岸建設現場で進められる消波ブロックの設置作業=6月30日午後2時41分、名護市辺野古(小型無人機から)

辺野古新基地建設の工事差し止めを求める訴状や証拠書類を携えて裁判所に入る弁護士と県職員=24日午後2時半、那覇地裁

K9護岸建設現場で進められる消波ブロックの設置作業=6月30日午後2時41分、名護市辺野古(小型無人機から)

辺野古新基地建設の工事差し止めを求める訴状や証拠書類を携えて裁判所に入る弁護士と県職員=24日午後2時半、那覇地裁

 
辺野古新基地建設の工事差し止めを求める訴状や証拠書類を携えて裁判所に入る弁護士と県職員=24日午後2時半、那覇地裁 K9護岸建設現場で進められる消波ブロックの設置作業=6月30日午後2時41分、名護市辺野古(小型無人機から)

 過去の訴訟はいずれも、翁長知事が下した埋め立て承認取り消し処分や、同処分の効力を止めた国の執行停止処分の適法性が争われた。

 今回の訴訟で県側は、知事には漁業調整規則に基づき国へ許可を申請するよう求める権利があると主張。工事を強行する国は知事の権利を侵害していると訴えている。

 一方、国側は行政上の義務の履行を求める訴訟は裁判所の審理対象とならないとする最高裁判決に基づき、県側の訴えは退けられるべきだと主張するとみられる。

 沖縄防衛局は、名護漁協が1月に埋め立て海域の漁業権を放棄したことから「漁業権のない海域での岩礁破砕許可は不要」と主張。県に許可の再申請をせずに工事を続けている。                   

                                  ☆

 沖縄タイムスの必死の印象操作にもかかわらず、常日頃沖縄タイムスの意見を正論であるかのように垂れ流す御用学者の武田真一郎成蹊大学法科大学院教授も、次のような「負ける裁判」と本音を漏らしている。

■三面下部

【識者評論】

武田真一郎成蹊大学法科大学院教授

今回の訴訟は応急措置

最高裁判決(宝塚パチンコ事件)は行政上の義務の履行(本件では無許可で工事をしてはならない義務)を求める民事訴訟は不適法だとしているので、本件訴えは却下される可能性を否定できない。仮に県が勝訴しても、埋め立て承認がなされている以上、国が岩礁破砕許可を申請すれば法的には最終的に許可せざるを得ず、新基地建設を阻止することは困難だろう。

武田教授は、工事差し止めのためには知事の「撤回」を勧めているが、撤回の根拠となる岩礁破砕を調査するため、工事立ち入り禁止区域に入らねばならぬ。そして「埋め立て承認が公益に反し、撤回が必要であることを明らかにするためには、沖縄県民が県民投票によって民意を示すことが不可欠」と述べている。

差し止め訴訟には悲観的な武田教授の必勝策は、「住民投票と撤回の2本立て」ということになる。

だが、住民投票の実施には県内の首長の協力が不可欠だ。

県内11の市長のうち、県民投票に賛成するのは那覇市長と名護市長の2人だけ。

残りの9市長は、県民投票の実施に反対の態度だ。 つまり9人の市長の協力なくしては県民投票の実施は不可能ということだ。

武田教授の必勝アドバイスも結局は辺野古埋め立て工事を差し止めることは不可能、という結論だ。

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

森友文書、NHK「削除の昭恵氏や政治家は便宜や忖度と無関係」

2018-03-14 05:16:41 | マスコミ批判

  人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします

 

 

【産経抄】3月13日

 平成24年に87歳で亡くなった俳優の大滝秀治さんは、芝居の稽古の前に必ず台本を2冊もらった。1冊は肌身離さず持ち歩く。演劇評論家の木村隆さんのインタビューに、「体から離すと、役が逃げるような気がして」と語っている。

 ▼書き込みもあって、当然汚れる。「ちょっと見せてください」といわれても断った。「ダメです。台本っていうのは下着とおんなじでね。パンツ見せる人いますか」(『演劇人の本音』早川書房)。

 ▼財務省はなぜ、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却に関する文書について、国会でありのままの開示をしぶっていたのか。理由がようやく明らかになった。もちろん、名優とは事情がまったく異なっている。昨年2月以降、14の文書で多数に及ぶ書き換えを行っていたからだ。

 ▼削除された部分には、安倍晋三首相夫人の昭恵氏や複数の政治家に関する記述が含まれている。「記録は残っていない」と国会で答弁した佐川宣寿(のぶひさ)氏は、疑惑の核心については、口を閉ざしたまま国税庁長官を辞任した。売却交渉に関わっていた近畿財務局の男性職員が自殺した、との報道もある。もはや真相が徹底的に解明されないかぎり、誰一人幕引きに納得しない。

 ▼大滝さんは、役者の心得について聞かれて、「自信と謙虚の間で生きればいい」と答えている。「自信の上にうぬぼれがある。謙虚の下に卑屈がある」。「最強官庁」と称されてきた財務省のエリート官僚の心得も、本来は同じはずである。

 ▼しかし、今回の公文書書き換えの発覚で、「国民に真実を伝えなくてよい」とする、独善的なうぬぼれの体質が明らかになった。では一体、誰に対して卑屈になって、前代未聞の不祥事に手を染めたのか。

 

 

NHK「文書から削除されていた昭恵氏や政治家に関...

NHK「文書から削除されていた昭恵氏や政治家に関する記述は、便宜や忖度を伺わせる内容ではない」

NHK「文書から削除されていた昭恵氏や政治家に関する記述は、便宜や忖度を伺わせる内容ではない」

「森友」文書書き換え “政治家の指示の有無”などが焦点

▼記事によると…

書き換えられる前の文書には、近畿財務局との打ち合わせの場における学園側の発言として記述された部分に、安倍総理大臣の妻の昭恵氏の名前が含まれていました。
ここには「安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから前に進めてください』とのお言葉をいただいた」などと書かれていましたが、削除されていました。また学園側が口利きを依頼しようとした鴻池祥肇元防災担当大臣など複数の政治家に関する記述もすべて削除されていました。財務省はこうした書き換えが去年2月下旬から4月にかけて行われたと説明しています。

文書から削除されていた昭恵氏や政治家に関する記述は、直ちに政治家などへの便宜やそんたくをうかがわせる内容ではありません。それにもかかわらず、記述をすべて削ったことが野党などの疑念をかえって深める形になっています。

3月13日 19時02分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180313/k10011363471000.html

 
▼ネット上のコメント

・NHKがまともな報道をするとは珍しいですね。

・NHK狂ってもうたか?

・疑惑はますます深まったで〆ですね

・疑わしいと言い続ければいいだけのお仕事か

・ガサ入れ入った途端にこれだよ

・生コン捜索でマスゴミびびってるw

・生コンガサ入れで工作員共が震え上がってるのかな

・忖度で犯罪が成立するはずがない

・この1年間で野党が無駄にした金を試算してほしいわ

・さすがのNHKでもこじつけられんかったんか

・NHKがおかしくなった! おかしいNHKですらこう報道せざるを得なくなったという事か・・・

 

 

  人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加