狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

価値観の違う老害と定年後サラリーマンは〇〇となります。

2022-11-28 10:23:34 | 政治

 

 

 

堀江貴文】【成田悠輔】キレるわがまま老人‥ 暴言暴力, パワハラ,セクハラ 価値観の違う老害と定年後サラリーマンは〇〇となります。

ホリエモン+成田連合軍「老害を巻き散らすパワハラ老人たちは、無視して居場所をなくし、認知症に追込み、最終的には安楽死させればよい」

 

老害の巣窟「狼魔人日記」

⇒生きている限り弱小ブログを通じて、老害を巻き散らし好きなように生きて人生を全うしたい。

⇒「狼魔人日記」を老害と決めつける人は、多少でも「狼魔人日記」にイラっとする人であり、その分だけ世のなかに貢献し影響を与えたと自負している。

歳を取って老害を巻き散らす田原総一朗氏のような老害も迷惑だが、若くして老害を巻き散らす沖タイ阿部岳記者のような若年性老害症を患った人は、不治の病故、早急に新聞記者を辞めるか、安楽死を選択して欲しい。

 

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

涙の弁解!違う土俵に逃亡!沖タイ・阿部岳記者「ひろゆき氏の沖縄ヘイト…これは日本全体の問題だ!」「デマやヘイトは時間がたてば消えるものではありません。むしろどんどん増殖していきます!」

2022-11-28 04:47:02 | マスコミ批判

 

 

沖タイ・阿部岳記者「ひろゆき氏の沖縄ヘイト…これは日本全体の問題だ!」「デマやヘイトは時間がたてば消えるものではありません。むしろどんどん増殖していきます!」

辺野古の米軍基地問題で、ひろゆき氏にボコボコニされ、全国に恥を晒した自称基地問題の専門家・沖タイ阿部岳記者。

相手を間違えたことにやっと気が付いて、今度はサヨク雑誌という自分の土俵に逃げこんで、負け犬の遠吠え!

涙を堪えて聞いてやってください。

 
阿部岳・沖縄タイムス

twitternew_thumb
 

【関連】




【ツイッターの反応】



 
この阿部記者の記事は問題だと思います。

「ヘイトの可能性がある」ではなくて「ヘイト」と断定して印刷しています。なんの権利があってこれができるのか不思議ですね。三権分立を犯していませんか?
 
<iframe src="http://rss-loader.com/interres/warosumatome/136/iframe.html" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no"></iframe>
 
@shop_kakiko 本気でそう思ってるでしょ。
神奈川新聞の何とかも同じようなこと言ってたし。
それだけ世間からかけ離れている。
 
 
@shop_kakiko ただの負け犬です(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)
 
 
@shop_kakiko 勝手にヘイトのレッテルを貼り、一方的に攻撃する。これしかできないんでしょうね。
 
 
@shop_kakiko ペンの暴力ですね
左翼は平和を標榜しながらも暴力的
 
 
@shop_kakiko 論点ずらし頂きますた。
 
 
@shop_kakiko 昔であれば、これで一方的に言論を封じ扇動も可能だったわけですよね。今は誰でも発信できます。
 
 
@shop_kakiko 🤔あっち系は全て自分が正しい⁉️人事国家を目指してる⁉️自分が法律だとあるような⁉️
 
 
@shop_kakiko 議論に負けても少数派だから正義。
議論に勝っても正義。
いつからジャーナリスト=正義になったんだ?
 
コメント (1)

『生配信』要拡散!ワクチン被害遺族の声、接種率、厚労省役人10%、国会議員15%、医者20%」

2022-11-27 06:28:38 | 医学・健康
 

 

遺族の声 ワク被害勉強会動画を共に視聴して広めましょう!

我那覇真子チャンネル

続きはTwitterでご覧ください。

https://twitter.com/ganaha_masako/status/1596473019450347520?s=61&t=FOpHR_PJV0QEsmcHmexTzQ

41


返信

えま
えま
6 時間前
こちらの動画のお陰で、Twitter経由で記者会見を観ることが出来ました。
真実を報せる活動、本当にありがとうございます。

33


返信

夜桜
夜桜
6 時間前
Twitterでの記者会見を拝見しました。ご遺族の方々の声に心痛くしております。
この悲痛な叫びを重く受け止めます。心よりご冥福をお祈りいたします。

29


返信

mayu
mayu
7 時間前(編集済み)
永らく即刻中止!と日々悔しく思ってたので、昨日から2度見ました。
遺族の方の発言に胸を締め付けられ、福島先生御三方、よくぞ言ってくれました!待ってました!と感動したり。
この作られた騒動は各国政府による国民に仕掛けられた戦争ですね。
日本人は未だ目覚めてない人が多過ぎて、不安しかないです。
でも最後まで諦めずにみんなで抗議の声を大きくして、形勢逆転したいです。

68


返信


返信を表示
わしわしmax
わしわしmax
6 時間前
切り抜きは見ましたが、改めて一緒に見る機会を下さりありがとうございます。まさに日本国民必見の動画でした。
最近では「打ちたい人は打てば良い」のスタンスに至りましたが、打ちたい人にも今一度お節介。せめてこの動画をすすめる位はしてみようかと思いした。

28


返信

s
s
8 時間前
接種率、厚労省役人10%、国会議員15%、医者20%」阿久根市議会一般質問より、
尚樹も怒ってます!
 #あさ8

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

沖縄名誉県民、ひろゆき氏が【正論】「ゴミ拾い叩いてる奴は称賛されてるのが羨ましいだけ。正直に言えよw」

2022-11-27 04:31:44 | 政治
 

【正論】沖縄名誉県民、ひろゆき「ゴミ拾い叩いてる奴は称賛されてるのが羨ましいだけ。正直に言えよw」

1 名前:バーニングハンマー(和歌山県) [GB]:2022/11/26(土) 04:47:58.72 ID:QfCLItXi0
hiroyukiひろゆき氏 ゴミ拾いで世界から称賛受ける中で批判する人たちに言及「羨ましいの裏返しだと思います」
11/25(金) 22:01配信

2ちゃんねる創設者で実業家の西村博之(ひろゆき)氏(46)が25日にABEMA「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)に生出演。FIFAワールドカップカタール大会で試合後に日本人サポーターらがゴミ拾いをする様子や試合後の整頓された選手ロッカーが世界で称賛されてネットでは話題となっているが、一部から批判の声があることについて言及した。

FIFAワールドカップカタール大会で試合後に日本人サポーターらがゴミ拾いをする様子や試合後の整頓された選手ロッカーが世界で称賛されてネットでは話題となっているが、一部から批判の声もある。この批判の声にひろゆき氏は「ゴミを拾って他の国からも“礼儀正しくてモラルがあっていいよね”というのは誰にも迷惑をかけてないけど、褒められてる人に苦言する人がいるのは日本人らしい」と話した。

批判する人の心情についても「“ゴミ拾いぐらいで褒められやがって”という羨ましいの裏返しだと思いますね。良い事やってこういう事を言われるのは、めんどくさいから良い事をやらないのか確認してからやらないといけない萎縮した社会になるのもどうかなと思います」と持論を展開した。

そして外国人から見ると珍しい光景であるという。「他の国の人からするとお金を払ってまで外国人が来て、掃除して帰るのは変わった行為なんですよね。スタジアムはかなりのお金を払うので、国でも上流階級の人が行く。そういう人たちはメイドがいるので掃除をしないじゃないですか。だからそういう所に来て、メイドがやるような事をやっているのは珍しいんだと思います」と称賛が出る理由を語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e531a43b8ff86af2ccd57e5cd3123a1dd6a81395
 

6: ダイビングフットスタンプ(大阪府) [CN] 2022/11/26(土) 04:58:01.97 ID:YTXtYcVG0
国内でも拾えとは思う

7: フェイスクラッシャー(熊本県) [IN] 2022/11/26(土) 04:58:40.71 ID:mqTrHj8Y0
さすがひろゆきさんやで

11: ダイビングエルボードロップ(愛知県) [NL] 2022/11/26(土) 05:02:24.89 ID:hRoQRvio0
昔湘南で先回りしてゴミ拾いなんてあったな

14: フォーク攻撃(宮崎県) [DE] 2022/11/26(土) 05:09:06.01 ID:V8HYfpE10
やらない善より、やる偽善だわな
そこだけはたらこを認めるわ

17: バーニングハンマー(和歌山県) [GB] 2022/11/26(土) 05:13:08.50 ID:QfCLItXi0
>>14
ひろゆきは基本うざいが「年上にはさん付け敬語で話せ」「挨拶はキチンとしろ」「やらない善よりやる偽善」をいつも言うからこの点は賛同だわ

18: バックドロップ(東京都) [SI] 2022/11/26(土) 05:13:54.89 ID:bhIvCFeY0
現地で清掃員いるだろうし、その人たちの仕事減らすのはどうかと思うな

42: テキサスクローバーホールド(兵庫県) [JP] 2022/11/26(土) 05:42:35.25 ID:KCMUiUVl0
大半の人間は外面だけよくて内弁慶な日本を笑ってるだけだろ

60: ボ ラギノール(茸) [GB] 2022/11/26(土) 05:57:57.56 ID:NDnqrUwZ0
ゴミ拾う人の仕事を奪ってるから海外なら訴訟が起きる

62: クロスヒールホールド(滋賀県) [PS] 2022/11/26(土) 05:58:35.63 ID:EjaYcpgU0
>>60
清掃員が感激してたやんけw

66: タイガードライバー(東京都) [ニダ] 2022/11/26(土) 06:01:55.49 ID:D9bziRNz0
Jリーグよく観に行くけど、ゴミ拾いしてるファンなんて見たことないんだよなぁ、、、
散らかってるくらいだし。

なんで海外での試合だと掃除するんだろ?

100: ファルコンアロー(埼玉県) [CA] 2022/11/26(土) 06:29:01.12 ID:K8unZCFQ0
日本人=ゴミ拾い民族みたいな誤解はされたくないね
あくまでこのサッカーファンが勝手にやってるだけで日本人全体ではないから

105: ファルコンアロー(埼玉県) [CA] 2022/11/26(土) 06:32:47.68 ID:K8unZCFQ0
理由はどうあれ褒められることではある一方で
ゴミ拾いごときで騒ぎすぎでは?とおもうのも一理あるよね
海外で命を救うボランティアをしてるやつらなんて腐るほどいるのに
世間は何をこんなに誇りにおもってるのかマジでわからん

309: アトミックドロップ(大阪府) [US] 2022/11/26(土) 09:24:25.40 ID:72rQYSy00
>>105
フーリガンとかサッカーの観客は民度低い奴が多かったから日本の観客が聖人に見えてる。もともとの期待値が低いのよ

106: ドラゴンスクリュー(静岡県) [US] 2022/11/26(土) 06:32:53.55 ID:sLYg+BMl0
ハロウィン後のゴミ掃除も是非頼む
そしたら称賛する

127: ときめきメモリアル(東京都) [GB] 2022/11/26(土) 06:52:57.94 ID:iyp3uo350
べつに羨ましくないけどな
むしろ恥ずかしくなる
外人様に褒められたくてやってるように見えるわ

145: スパイダージャーマン(埼玉県) [JP] 2022/11/26(土) 07:07:46.27 ID:fx8+CywQ0
僻み根性よね、良い事としたら褒める、悪い事をしたら叱る。それでいい

150: メンマ(大阪府) [FR] 2022/11/26(土) 07:10:54.74 ID:x8jOms4o0
ひろゆきお前はゴミ拾いしてる奴に難癖つける側だったろ
何日和ってんだ

151: 不知火(三重県) [CH] 2022/11/26(土) 07:10:58.36 ID:vVQV1bPc0
清掃員の仕事がなくなる!って言ってるのは日本人だけで
何故か怒ってる現地人てのは一人もいないんですよねぇ不思議なことに

155: スリーパーホールド(東京都) [CN] 2022/11/26(土) 07:16:01.51 ID:qzeLTqe80
そんなことはどうでもいい。ゴミを拾ってくれると助かる。

181: キャプチュード(東京都) [US] 2022/11/26(土) 07:39:32.28 ID:xBLmvlV40
掃除は業者じゃなくボランティアがやるからだろ
そりゃ感謝されるよ

201: リキラリアット(光) [GA] 2022/11/26(土) 07:52:43.96 ID:k0kAeBOW0
ひろゆきは単芝使わんぞ

202: サソリ固め(SB-iPhone) [BR] 2022/11/26(土) 07:54:58.17 ID:w0QpIRKV0
花見シーズンの公園のゴミも綺麗に
してくれないかな。

205: ショルダーアームブリーカー(光) [US] 2022/11/26(土) 07:55:50.97 ID:UrYtw9+W0
日本は街中に空き缶や煙草やらポイ捨てしてた時代もあったけど、今の日本人感覚では気持ちわるくてスッキリしないからな

207: サッカーボールキック(SB-iPhone) [DE] 2022/11/26(土) 07:56:41.71 ID:0kzsVBqg0
やっぱり知能が低い馬鹿だとこう思っちゃうんだろうなぁ
井川や舛添の言わんとする所が理解できず嫉妬と思ってる

210: リキラリアット(埼玉県) [GB] 2022/11/26(土) 08:00:42.53 ID:jOWalSw/0
日本では同じ行動しないでしょ、この人達。
それともいつも自分の街を掃除しているんだろうか、この人達。

215: トペ コンヒーロ(大阪府) [CH] 2022/11/26(土) 08:04:38.03 ID:an+5pSOr0
別にワールドカップ観戦後の恒例行事みたいなもんやろ

228: 目潰し(東京都) [ニダ] 2022/11/26(土) 08:12:09.71 ID:poVh05We0
サッカーはゴミ拾いのイメージあるけど、他の場面においてもゴミ拾う精神が根付くといいけどな。まあ、根本的にはそもそもその辺にゴミ捨てるなって話だけど

234: ムーンサルトプレス(愛知県) [US] 2022/11/26(土) 08:14:16.94 ID:YksP5zWw0
カタールまで、はるばる観戦に行ける日本人は、相当お金持ちな人だから
マナーも当然、良いはずですよ。

そのへんの花見客とは、社会的なランクが違うと思う。

235: 足4の字固め(千葉県) [CN] 2022/11/26(土) 08:21:11.91 ID:uPI8TVF70
最近のひろゆきは10回に1回はまともなことを言う

244: タイガードライバー(茸) [ニダ] 2022/11/26(土) 08:38:41.02 ID:snx7MKC40
>スタジアムはかなりのお金を払うので、国でも上流階級の人が行く。そういう人たちはメイドがいるので掃除をしないじゃないですか。


ひろゆきのこの発言はさすがにオーバーじゃないの?
それとも海外では本当にこんな感じなの?
何かひろゆきの言うことを鵜呑みにして良いのか分からんのよなぁ

248: バックドロップ(青森県) [US] 2022/11/26(土) 08:44:05.16 ID:Y12JUfHF0
義務教育で9年間も掃除叩き込まれてるんで、つい外国でもやっちゃうんだよな。
ホテル出るときでも汚しっぱなしだと気になるもんな。

250: ムーンサルトプレス(愛知県) [US] 2022/11/26(土) 08:45:14.26 ID:YksP5zWw0
会社でも机まわりとか、ふつうにキレイにするよね。

262: 閃光妖術(東京都) [US] 2022/11/26(土) 08:54:00.91 ID:/doL4SPk0
また敵増やしてる

273: トペ コンヒーロ(茸) [CN] 2022/11/26(土) 09:00:54.00 ID:mnC3fPEe0
中国住んでたときにファミレスとかでゴミ片付けたらよく中国人に言われたわ
「清掃員の仕事だよ」って

そういうときは「私は今仕事中ではないし習慣としてやってるだけ。私のゴミが無い分、別のところが綺麗になればいい」と言ったら、「中国人は楽になった分別のところで頑張ろうとは思わない。その分サボるだけ」というのがいつものパターンだった

278: シャイニングウィザード(SB-Android) [CN] 2022/11/26(土) 09:05:29.37 ID:rT4VTTtn0
プロ野球やJリーグ、映画館なんかで日常的に他人のゴミ片付けなんてしてないくせにこういう時だけアピールの為にやって日本人凄いとか世界が絶賛とかは流石に寒いわな

280: サソリ固め(東京都) [US] 2022/11/26(土) 09:08:05.57 ID:SmsWNFvq0
>>278
野球は知らんがJリーグの試合でもサポーターは掃除して帰ってる人の方が多いよ

290: パロスペシャル(福岡県) [FR] 2022/11/26(土) 09:11:50.17 ID:dGCKm6Wv0
論破王というよりも煽り王w

293: ラダームーンサルト(東京都) [CN] 2022/11/26(土) 09:12:20.89 ID:2z7IcumO0
まぁ,その前に
ゴミを出すなよと。

313: ファイナルカット(茸) [US] 2022/11/26(土) 09:27:06.05 ID:YdH3mgj60
今どき「いい事してる人」はYouTubeに動画上げたいだけだぞ。これも「日本人すごい」とかで動画上がってる。

346: ショルダーアームブリーカー(東京都) [US] 2022/11/26(土) 10:05:43.19 ID:lG/Are+Q0
これくらいで掃除の人の仕事奪うわけねーだろ

364: 逆落とし(神奈川県) [MX] 2022/11/26(土) 10:34:59.99 ID:/T6B9SN10
本来有料のはずのサービスをタダでやってくれているわけだから。海外の人が悪くいうはずないよな

366: 稲妻レッグラリアット(東京都) [CN] 2022/11/26(土) 10:54:43.30 ID:dY229HVf0
羨ましいってか日本が称賛されてるのが気に入らないんだろ

372: ファイナルカット(東京都) [ニダ] 2022/11/26(土) 10:59:56.89 ID:5xZFU2Mq0
日本人が評価されると
不機嫌になる謎の日本人ぽい人たちが
いるのですよ

379: 断崖式ニードロップ(岐阜県) [US] 2022/11/26(土) 11:10:30.40 ID:qJujNtyp0
ひろゆきはこういうのバカにするタイプだと思ってた

416: ストレッチプラム(光) [JP] 2022/11/26(土) 12:45:15.59 ID:5o8Ogwrn0
また自分の感想か(笑)

424: シャイニングウィザード(石川県) [GB] 2022/11/26(土) 13:04:08.95 ID:C9lLfNDc0
98年のW杯からやってますけど・・

429: ミッドナイトエクスプレス(東京都) [EU] 2022/11/26(土) 13:18:05.07 ID:qplUxrOp0
羨ましいんじゃない
あざといからなんだよ
日本国内においては人が集まる所じゃゴミが散乱し放置してるじゃないか
世界が見てるからってイイカッコしいなんだよ

451: 逆落とし(神奈川県) [MX] 2022/11/26(土) 14:44:40.92 ID:/T6B9SN10
一部の人の善意が民族全体を苦しめていくのは、日本あるあるだなぁ

457: 逆落とし(神奈川県) [MX] 2022/11/26(土) 14:50:03.76 ID:/T6B9SN10
すごいのは居残りで掃除をしようと思う。その人たちであって日本人じゃない。

これを日本人すごいに持っていってしまうと、マジで日本人は苦しむことになる

482: 魔神風車固め(東京都) [US] 2022/11/26(土) 16:49:10.31 ID:MbZyKFsC0
拾ったゴミの量で給料変わるなら余計なことかもしれんが
そうでないなら手間減らすに越したことないだろ

489: ストマッククロー(光) [DE] 2022/11/26(土) 16:56:29.79 ID:9i3b4A5y0
日本人はチップも要求しないしな
だから海外でチップ渡すことに抵抗できる
つまりチップもらわない日本人は海外でチップもらう人をバカにしていることと同じ

514: クロスヒールホールド(SB-iPhone) [US] 2022/11/26(土) 17:41:19.22 ID:P+vYeJvl0
渋谷で騒いでるヤツもちゃんと片付けて帰れよ

535: 足4の字固め(東京都) [BR] 2022/11/26(土) 19:19:15.16 ID:ShC0r3BD0
誰も見てない場所でゴミ拾えたら称賛する

540: アイアンフィンガーフロムヘル(茸) [JP] 2022/11/26(土) 19:49:52.84 ID:w5gGa2T40
いやいや違うよ
外面よしおさんだからシラけるって話だろ


元スレ:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1669405678/

⇒最初にクリックお願いします

 

 

コメント (2)

ワクチンを中止せよ!【参政党】ワクチン遺族会見が緊急事態!京大医師の怒りが止まらない!ついに怒声飛び交う修羅場へ!【2022年11月25日 議員連盟 神谷宗幣 福島

2022-11-26 15:26:18 | 医学・健康
 

【参政党】ワ●遺族会見が緊急事態!京大医師の怒りが止まらない!ついに怒声飛び交う修羅場へ!【2022年11月25日 議員連盟 神谷宗幣 福島


気まぐれライブ「ついに勇気ある医師たちが声を上げ始めた!『ワク〇〇を即時中止しろ!』と」

 

⇒最初にクリックお願いします

コメント

チャップリンの悩み、一人殺せば殺人者、100万人殺せば英雄

2022-11-26 09:59:03 | 政治
 

「一人殺せば殺人者、100万人殺せば英雄」。

チャップリンの名作『殺人狂時代』に出てくる名言である。

国家と国家の間の利権の対立は、話し合い(外交交渉)で解決できる問題だけではない。

つまり国家と国家の間の紛争で、暴力の行使と殺し合いを抑止する強力な法と力は存在しない。

例えハーグ戦時協定のような戦時国際法があったとしても、それらは戦争の「理想形」を示しているに過ぎず、絶えず国際法は踏みにじらているのが現実である。

最終的に人間の歴史は戦争の歴史と言われるほど、人間は武力で問題を解決してきた。

一方、沖縄タイムスの阿部岳記者や辺野古の反基地活動家たちは次のように主張するだろう。

「戦争は個人の財産を破壊し生命を粗末にするだけでなく人を殺すこともあるから反対すべき絶対悪である」。「平和的話し合いで戦争は避けられる」

しかし、話し合いを拒否し他国の軍隊が不法に侵略してきた場合、それと戦って自国を防衛することは、自衛戦争であり各国が有する権利である。これが無ければ、自分たちの生命と財産を確保することはできない。

ここで沖縄タイムスや反基地活動家に訊きたい。

こんな場合でも、「戦争は人殺しだから反対すべき絶対悪」と言い切れるだろうか。

現実は、自衛戦争の場合国を守るため勇敢に戦うことは、国民にとって英雄である。 そして国家の自由と独立なくして、個人の自由も得られない。

従って国民個人の自由と生命の安全を守るため、何らかの手段で国家の自由と独立を守るため個人の安全と自由を犠牲にしなければならいことになる。

近代国家なら、外敵の侵略を防ぐため職業的武力集団、即ち軍隊を所有している。

これが無かったら、容易に外国軍の侵略を受け国家は壊滅を余儀なくされる。

個人の倫理と国家の倫理は矛盾する。

個人倫理から判断すれば、戦争は人間の自由を束縛し、人間の生命を奪うから絶対悪として反対すべきだ。

しかし国家の論理から判断すれば、国のため戦うことは名誉である。

人間が社会的動物であり、国家に属するという前提で言えば、国家の論理に説得性がある。

人間が個人に属するとともに、国家に属する存在であるという矛盾をどのように解決するか。

ここでチャップリンの冒頭の名言に立ち返る。

「一人殺せば殺人者、100万人殺せば英雄」。

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

売国奴、玉城知事 キーンソード実施について「県民や行政の意見に配慮を」

2022-11-26 04:45:35 | 政治
 

玉城知事 キーンソード実施について「県民や行政の意見に配慮を」

配信

沖縄ニュースQAB
<iframe id="yvpubplayer0" title="Yahoo!ビデオパブリッシャー" src="https://s.yimg.jp/images/yvpub/player/vamos/pc/latest/player.html?contentid=8737233&height=360&width=640&propertyname=jp_news&recommend=0&autostart=1&repeat=0&mute=1&ds=88946_529602&servicekey=news&screenname=detail-article&id=yvpubplayer0&domain=news.yahoo.co.jp&parenturl=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Farticles%2F60bd76f4914006faa839e564196c865d7f64970a&parentfullurl=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Farticles%2F60bd76f4914006faa839e564196c865d7f64970a&_playersession=3b34b391-e4cd-4b24-a7ea-6084dd7300fb" name="frame_yvpubplayer0_1669404345" width="640" height="360" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" allowfullscreen="true" data-yvpubviewablecheck="id0" data-yvpubintersectionratio="0.9327083230018616"></iframe>

もっちょむ~ん15時間前
非表示・報告
鹿児島県、屋久島町の一住民です。
南西諸島在住の人間として、一言。

沖縄だけではなく、鹿児島県の離島まで含めた、南西諸島全域
でキーンソードは実施されました。

奄美、徳之島もさることながら屋久島西方海域でも、対潜訓練
が実施されたと伺っています。

この件について、住民の間から反対運動なりが起きているとは、
聞いた事がありません(大爆笑)

市民団体の方だったかな、反対の声をあげられているとは聞い
た「ような」気がしますけども、忘れちゃいましたw

市民団体は、我々県民(沖縄、鹿児島)の代弁者でも何でもあ
りません。

大半の県民は、キーンソードを心より「歓迎」致しております。

極一部の県民、そして玉城知事のご意見に配慮する必要等、全
くない


返信
2

52

5
ban*****
ban*****14時間前
非表示・報告
政治的に行き詰まり法廷でも見込みがいない辺野古移設反対のワンイッシューはもう限界だ。玉城知事とオール沖縄は安全保障にも考慮した新しい取り組みを打ち出してほしい。


返信
0

19

2
han*****
han*****14時間前
非表示・報告
訓練は実戦の様に
実戦は訓練の様に
いざ、有事になった時にも同じ事を言うつもりかな。もしそうなら、その時は敵側の人間だということだろな。


返信
0

14

1
bgn*****
bgn*****15時間前
非表示・報告
>「県が求めているアメリカ軍基地の整理縮小に自衛隊の増強が重なることは県民に不安が大きくなる」

県民の多くはそう思ってはいないことは、昨今続いた県内の首長選挙で証明されてはずだが。何を言ってるのでしょうか、この混血知事は?


返信
0

29

2
Huzi
Huzi13時間前
非表示・報告
与那国は知事より危機感があります。
オール与那国などと努努思わぬように。


返信
0

5

0
sno*****
sno*****15時間前
非表示・報告
県民への影響って、何?
県民への影響とやらと国防と、どっちが大切?
そんなことも分からないの?この知事は。
知事の資格、ないよね。


返信
0

22

3
avf*****
avf*****15時間前
非表示・報告
>中国海警局の76ミリ砲を搭載した船が日本の領海に初めて侵入したことがわかりました。
海上保安庁によりますと、きょう午前10時ごろ、中国海警局の船2隻が、沖縄県・尖閣諸島、大正島周辺の日本の領海に侵入しました。
↑ これどうすんの知事?


返信
0

25

1
lvi*****
lvi*****12時間前
非表示・報告
いわゆるオール沖縄の傀儡であるこの知事のいうことはいよいよ意味不明になってきた。

【おまけ】

「えたいの知れない集団が牛耳っている」 沖縄の仲井真元知事 「オール沖縄」に全面対決

 
2020年1月8日 8:02
政治

 自民党沖縄県連の最高顧問に就いた仲井真弘多元知事は、7日の県連新春の集いであいさつに立ち、「今沖縄は、オールなんとかという、えたいの知れない集団が牛耳っている」と玉城デニー知事率いる「オール沖縄」勢力を痛烈に批判した。県政奪還に向け重視する6月の県議選を前に、全面対決の姿勢を示した形だ。

 仲井真氏は普天間飛行場の返還が実現していないことに触れ「翁長雄志氏、デニー氏は救いの手を差し伸べたか。何も解決しない県政には全く意味がない」と両知事を非難した。

 名護市辺野古で政府が建設を進める基地には新機能は付加されないとの認識を示し、「新基地ではなく旧基地」だと揶揄(やゆ)。その上で「喜んで県民全員で普天間の危険性除去をしっかりと支援し、辺野古移設を推進しよう」と呼び掛けた。

 さらに、普天間返還は基地の整理縮小につながるとし、辺野古新基地に反対する「オール沖縄」勢力を念頭に「空理空論、原理主義の思想、考えを持った人々に沖縄を任せてはいけない。物事を解決できないからこういう考え方は追放しよう」と力説した。

⇒最初にクリックお願いします

 

コメント (2)

辺野古基地反対派、沖縄タイムス記者・阿部岳氏の大炎上、遂に終止符が…!? 結局、ひろゆき氏に賛同する事に…!? 一番の問題は沖縄の状況を正

2022-11-25 09:48:51 | 政治

 

 

 

辺野古基地反対派、沖縄タイムス記者・阿部岳氏の大炎上、遂に終止符が…!? 結局、ひろゆき氏に賛同する事に…!? 一番の問題は沖縄の状況を正しく報道すること

#ツイフェミ #フェミニスト #地下鉄 【騒動】フェミVSひろゆき辺野古座り込みを突っ込まれ石川優美が反論するも撃沈か【ゆっくり】

 

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

【ホリエモン】実はわかりやすい共通点があるんです。老害にならないようにすることも難しくないんです。【成田悠輔×堀江貴文】

2022-11-25 06:20:05 | 政治
 

【ホリエモン】実はわかりやすい共通点があるんです。老害にならないようにすることも難しくないんです。【成田悠輔×堀江貴文】

 

老害?

それって貴方の感想でしょう。

余計な御世話だ、放って置いてくれ。

⇒最初にクリックお願いします

コメント (2)

沖縄、鉄軌道より地下シェルターを、百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時!(仮)第4回

2022-11-24 11:15:13 | 外交・安全保障
 

 

百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時!(仮)第4回

鉄軌道より高速トンネルを、【朗報】九州と沖縄結ぶ海底トンネル計画 完成すれば鹿児島~沖縄間が約1時間の模様・・・2022-04-11

■九州と沖縄結ぶ海底トンネル計画 完成すれば鹿児島~沖縄間が約1時間

鉄軌道設置の土地買収を巡る反対運動や経営効率を考慮したら、那覇・名護間の高速トンネル掘削の方が実現性がある。

国の考える沖縄振興 安全保障とリンク 政府が基本方針案 鉄軌道は「調査・研究」

配信

沖縄タイムス

沖縄振興基本方針

鉄軌道の話は、沖縄の慢性的交通渋滞解消のため、仲井真元知事の時からの懸案であった。
 
だが、実際問題となると土地の立ち退き問題、騒音問題などサヨク界隈の反対運動が予想される。
 
さらに、全国の地方で鉄軌道の経営はほとんどが赤字を出している。
 
したがって新設の鉄軌道はほとんどない。
 
20年前ならまだしも、今では初期設置費用や運転資金などで経営上新規投資はもう無理な状況。
 
沖縄県も赤字を負担するつもりはないだろう。赤字が出たら国にタカル魂胆か。
 

青函トンネルは、津軽海峡を横断し本州と北海道を結ぶ延長53.85kmの長大海底鉄道トンネル。昭和29年、台風による青函連絡船洞爺丸沈没という世界的にも大きな海難事故を契機として建設が促進された。

海底部の掘削では4度の大出水事故による水没の危機を初めとした難工事の連続だったが、様々な技術開発や工事関係者の努力と奮闘の末、昭和58年に先進導坑、昭和60年には本坑が貫通し、昭和63年に津軽海峡線として開業した。

■鉄軌道より、「那覇⇒名護」弾丸トンネルを

鉄軌道の初期投資の土地買収の反対運動や経営採算から判断して、那覇名護間に鉄軌道を設置するより弾丸高速トンネルを作る方が経済効果は大きい。

沖縄の土地は石灰岩が多く、海底を削掘した青函トンネルに比べてトンネル削掘は比較的容易だという。

■ウクライナ戦争の教訓、トンネルは砲撃の避難壕にも

最近話題になっているウクライナ戦争で、ウクライナ市民がロシアの砲撃を病院などの地下中駐車場に避難している映像がある。

地下鉄の無い沖縄で、トンネルは外敵の砲撃を受けた際の防空壕としての用途もあるし、食糧の備蓄庫を併設することも可能だ。

■鹿児島と沖縄本島間に海底トンネルの話も

子どもたちに思い描いた夢が形になっていく楽しさを感じてもらいたい。

名護市で、そんな学習会が開かれました。

これは子どもたちに研究者とのふれあいを通して、社会に役立つ研究の大切さを知ってもらおうと企画されたものです。

9日、名護市瀬喜田小学校の5、6年生19人が、琉球大学環境建設工学科の藍壇オメル教授たちから特別授業を受けました。

紹介されたのは、沖縄から鹿児島まで海底トンネルを掘り、リニア新幹線を通すというプロジェクト。

実現すれば、約1時間で沖縄と本土が結ばれるという壮大な夢の計画に子どもたちは胸を弾ませていました。

子どもたちは「鹿児島と道路をつなぐのを聞いて、すごいなと思いました」と話していました。

また別の子どもたちは「9日は鹿児島と沖縄をつなぐことにびっくりしました」と話していました。

また別の子どもたちは「未来にトンネルができたら楽になって、楽に行き来できることがわかりました。先生たちみたいに、みんなを幸せにできる仕事がしたいです」と話していました。

いつか、夢が形になっていくワクワク感を教授たちと一緒に感じた子どもたち。授業は、大盛況でした。

https://www.qab.co.jp/news/20190509114880.html

no title
 
【追記】

沖縄タイムス紙面掲載記事

石嶺 経塚 ときどき「無人駅」 人手不足 1人で両駅巡回 モノ社「支障ない」

2022年4月12日 05:00有料

 沖縄都市モノレールの石嶺、経塚両駅で昨年12月から、営業時間中に駅員が不在の「無人駅」となる時間帯が生じ、利用客や障がい者団体から懸念と戸惑いが上がっている。本来は全ての駅に常駐させるべきだが、2019年の浦添延伸に伴う要員増や採用の難航で配置できていない。今は1人の駅員が両駅を巡回しており、モノ社は「目立った支障はない」とする。一方で障がい者団体は「車いすは少しの段差だけでも乗降が大変。知的障がい者は駅員の案内が必要だ」と常駐の必要性を指摘する。(社会部・城間陽介)

 モノ社によると、これまで各駅に駅員1~2人を常駐させ、障がい者が乗降する際のスロープ設置、切符販売の補助、改札口でのトラブル対応に当たってきた。

 3年前の首里-てだこ浦西区間の延伸に伴い要員が増えたが、その分の採用が追い付かず、やむなく1人配置が決まったという。

 石嶺、経塚駅を対象とした理由は利用客が少なく、スロープ設置が不要など設備面で支障が少ないと判断したため。改札口にインターホンを、券売機横にはモニターを設置し、リモートで対応している。

 両駅を往復して対応している駅員は「当初は利用客から『なぜいないのか』と苦情もあったが最近はない」。ただ、券売機に不具合があると数分の待機をお願いし、急行することもある。「お年寄りだとモニター越しのやりとりが難しいこともある」と話す。

 モノ社によると、11日時点で要員補充のめどは立っていない。運輸部営業サービス課は「求人を出しているが応募が来ない。やむを得ずこのように対応している。目立った支障があれば要員補充の緊急策も講じたい」と述べた。

(写図説明)カーテンが閉め切られた無人の駅事務室。改札にはインターホンが設置され近隣の駅員が対応する=11日午後5時半ごろ、浦添市の経塚駅

 
【おまけ】
 
■オランダでは既存の高速道路の下にトンネルを掘る新技術もあるようで、参考になる。

高速道路下へのトンネル「敷設」工事(所要時間48時間)にしずみ しんいち @hal200190001

 
 
にしずみ しんいち @hal200190001

オランダの高速道路の工事のやつ、よく見ると画面奥の車線は通ったままで完全通行止めにしてないところがまた凄い。

  2018-11-27 21:44:58

↓元ツイートはこちら

Musab A. Hirși @musabahirsi

Netherlands - a tunnel was inserted under a motorway in 48 hours. pic.twitter.com/sPzQe2NkRh


 
 
たったの48時間でトンネルが設置されてしまう!?

羅生門メタ子 @la_jomon_meta

すごいすごいすごい! 何度でも見たい!! 48時間?! すごい!!

⇒最初にクリックお願いします

コメント

円安と国力は別次元の問題、円安は国力低下と言ってる人の頭の中を見て見たい

2022-11-24 09:55:01 | 経済
 

円安は国力低下と言ってる人の頭の中を見て見たい

 

一部の知ったかぶりやマスコミは「円安は国力低下を来す」という

定量的、客観的事実⇒日本の円安

為替は二国間の通貨の交換比率

為替の数字⇒客観的で定量的

客観的という意味は⇒1ドルはだれが数えても同じ答え⇒つまり定量的

一方、国力とは「主観的」、つまり定義が不明

円安と国力は別次元の問題

定量的客観的なものを主観的に説明することは不可能

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

新聞労連は、共産系?自衛隊員による取材カメラマンの撮影制止、新聞労連が抗議声明

2022-11-24 04:22:10 | マスコミ批判
 

自衛隊員による取材カメラマンの撮影制止、新聞労連が抗議声明

配信

琉球新報

琉球新報社

 

ezp*****8分前
非表示・報告
そもそも、この記事にはどこから琉球新報の記者が撮影していたかが書いていないので分からないが、もしも、自衛隊の施設内で撮影したのならば、管理権に基づき行動を制限することは可能である。
そのことが報道の自由を制限することにはならず、むしろ、記者側の違法行為が責められるべきとのだろう。


返信
0

17

2
sta*****
sta*****45分前
非表示・報告
報道の自由は尊重されるべきだ。だが報道機関は報道しない自由を行使しすぎてはないのか。自分たちの意に沿わない又は都合の悪い事実を意図的に報道しないことが度々ある。特に沖縄の報道機関は中国の新聞社ではないのかと疑いたくなることもある。権利を主張するのは構わないが同時に報道機関の役割を曲解していないか今一度自分たちの立ち位置を振り返ってみてもらいたい。


返信
3

140

5
c_o*****
c_o*****14分前
非表示・報告
人権やプライバシーを報道の自由と称して踏みにじるうえに取材できないことでクレームを入れる

最近は…
法律や条例で規定されていないのなら自由にやってもいい
という考えが横行しているが…

以前はそれに
社会通念上取材しても問題ないか
取材対象の立場を慮る
ということがあった

そんなにクレームを入れる前に取材交渉すべきだったのではないか?
それを認められないことにクレームをいれるのならメディアに理解も得られるが…
そうではないのなら、国家機密でメディアを排除した方良くなってしまうぞ


返信
1

30

1
whi*****
whi*****1時間前
非表示・報告
「自衛隊や米軍の拠点を否定的な視点で監視する報道は、敵国の軍事力の暴走を誘発し、市民の安全な暮らしを損なう危険性がある」と強調。琉球新報の対応を批判し、国防上必要な訓練の重要性への理解を求めた。

これくらい言ってくれる報道はないものかな…


返信
1

304

6
czw*****
czw*****3時間前
非表示・報告
取材側にも国防と言う意識を持ってほしい。何でもかんでも報道すればよいと言うわけではない。それによって国防が出来なくなったら責任をとれるのか。取材するなら前もって許可を取ればよいのでは。そうすれば機密上取材報道されれば日米同盟上まずい場面、または、国防上問題がある場面以外は取材に応じるはずです。


返信
10

652

21
max power
max power2分前
非表示・報告
撮影禁止の物では?
中国軍に渡れば、日本国民、自衛隊員、アメリカ軍兵士の命が危険にさらされると思います。
 取材の自由は憲法21条で尊重されますが、日本国民の命を危険にしてまでは尊重されないと思います。
 一方的な主張で、経緯が分からないのでこれ以上は言えませんが、自衛隊員がダメだと思うような行為をしたからこうなったのは確かでしょう。


返信
0

0

0
js3*****
js3*****1時間前
非表示・報告
「自衛隊や米軍の拠点を取材者の視点で監視する報道は、軍事力の暴走に歯止めを掛け、市民の安全な暮らしを守るために必要」

 目の前で暴走してる中国の軍事力には何も言わず、それに対抗すべき努力をしている日米は監視すると。わかりやすい姿勢だな。

 ちなみに彼らのいう「監視」って、日米の部隊の装備状況や整備サイクル、稼働率なんかを知りたい某国にはすごく役に立ってる。監視じゃなくて情報提供だな。場合によっちゃ外患誘致罪に問われかねないと思うんだ。


返信
1

165

4
dka*****
dka*****1時間前
非表示・報告
そうですね。琉球新報の建物の前の敷地から建物や記者や社員を撮影しても勿論削除しろとは言わないですよね。「偏向報道の拠点を国民の視点で監視する活動は、偏向報道の暴走に歯止めを掛け、国民が正しい情報を知る権利を守る為に必要」とあなた方の仰った事をそのままお返しします。


返信
1

183

2
han*****
han*****1時間前
非表示・報告
>「自衛隊や米軍の拠点を取材者の視点で監視する報道は、軍事力の暴走に歯止めを掛け、市民の安全な暮らしを守るために必要」

過度な訓練であったり、住民に危険の及ぶ様な訓練などが対象の場合ならそうなるだろね。だけど、現状のように訓練せざるを得ない状況を作り出す相手国があっての中で、その相手国側に立つ新聞屋を警戒するのは至極全うな事かなと。自分たちの思想追求が邪魔される事に県民を巻き込まないで欲しいもんだ。


返信
0

102

2
bfm*****
bfm*****3時間前
非表示・報告
自衛隊の活動は微妙な内容も含み、戦術戦略上報道されるて敵国に伝わるとまずいこともあろう。
マスコミは何でも自由とか言ってるが、その自由を守るため専制国家には知られたくないことは当然ある。
そもそも自衛隊だからこの程度で済むわけで、アメリカ軍なら問答無用で退場、中国軍なら拘束の上スパイの疑いをかけられるかもしれない。

⇒最初にクリックお願いします

コメント

沖タイの歪曲記事、故赤松大尉直筆の手紙を捏

2022-11-23 14:01:30 | ★原稿
 

沖タイの歪曲記事、故赤松大尉直筆の手紙を届ける

2012-05-12

本記事は過去に何度も再掲したが、最近特にアクセスが多くなっているので一部編集の上再掲する。

■沖縄タイムス 1983年6月8日

故赤松大尉直筆の手紙を届ける

衆議院調査室の徳嵩力さんが本社東京支社に

住民に「申し訳ない」

虐殺については否定?

【東京】戦時中、海上挺進第三戦隊の隊長として渡嘉敷島の守備につき、住民虐殺、集団自決のあの悲惨な「事件」に深く関与したといわれる赤松嘉次大尉(故人)が12年前、当時の陣中日誌とともに関係者に出した直筆の手紙がこのほど、沖縄タイムス東京支社に届けられた。渡嘉敷での数々の悲惨な出来事について赤松氏は「一部マスコミの興味本位な報道」と伝えられる事実関係については強い口調で否定。 敗戦の結果についてのみ「申し訳ない」とつづっている。折りしも、沖縄では三十八回目の「慰霊の日」をやがて迎える。

手紙を保管なしていたのは、衆議院外務委員会調査室に勤める徳嵩力さん(61)。復帰前、「鉄の暴風」(沖縄タイムス刊)を読み、そのなかで渡嘉敷島の住民虐殺、集団自決など悲惨な出来事を初めて知った徳嵩氏が、やっとの思いで赤松氏を探しあて、事実関係を尋ねたことに対する返書で日付は昭和四十五年十一月三十日。 
そのなかで赤松氏は「戦時中、現地の方々の献身的な協力にも拘わらず力足らず、あのような結果になったことは沖縄で戦った者として現地の方々に申し訳なく思っている」と敗戦の悔いを「つづっている。
ただ住民虐殺、集団自決への自身の関与については「一部マスコミの、現地の資料のみによる興味本位的に報道されているようなものでは決してありませんでした」と強く否定。 同時に沖縄を訪ねた際(四十五年三月)の渡嘉敷住民、民主団体の抗議についても“大規模な歓迎”を受けたと、抗議が意外だった心情を吐露している。
仕事上の関係もあって「沖縄に強い興味を持つ」という徳嵩氏は手紙と陣中日誌を読み返し「どうも後で理由付けした感があり、説得力に乏しい」と感想を語る。 さらに「赤松氏個人への感情は別として」と前置き、「住民の証言の方が、より重みがあるし、軍隊は、その特性から、いつでも物事を正当化するものです。 教科書問題にしても、やはり虐殺の事実は事実として歴史にとどめるべきだし、それが生き残った私たちの使命」とも。
中学、高校の教科書で沖縄戦で住民虐殺の記述も復活の兆しにある。 赤松氏がどのような胸中で手紙をつづったかは、確かめるよしもないが、日本軍による住民虐殺、軍命による集団自決という悲惨な出来事が渡嘉敷島で起こったことはまた歴史の事実である。

             ☆

 

当日記を古くからの読者は上記引用の記事を読んで、アウトラインは理解できる読者もいるだろうが、複雑に絡み合った集団自決の整理のため、記事に書かれている事実の説明から始める。

ここに登場する徳嵩力氏は、1921年生まれ、長野県出身。戦後、国家公務員上級試験合格し1956年衆議院外務委員会調査になり、沖縄問題を担当。復帰の3年前の昭和44年(1969年)に衆議院職員初の沖縄調査団として沖縄視察をしたエリート官僚である。

徳嵩氏は戦後一貫して沖縄問題を担当した使命感から独自に沖縄問題の研究から発展し「鉄の暴風」、「秘録沖縄戦」(山川泰邦)、「沖縄ノート」(大江健三郎)などの沖縄戦の本を読み漁り、ついには赤松大尉を捜し当てて、ことの真相を問いただす。

ちなみに「鉄の暴風」が伝聞や噂の類を基に書かれた嘘まみれの本であり、「沖縄ノート」はその嘘のネタ本を下地にしたデタラメの本であることは、今では大方の知るところ。 「秘録沖縄戦」も、「鉄の暴風」の影響を大きく受けており、近年著者の故山川康邦氏のご子息が歪曲部分を削除した改定版を出したくらいである。

復帰前の沖縄戦の情報が少なかった当時としては仕方の無いことだが、徳嵩氏が沖縄戦を勉強した本が全て沖縄タイムスの偏向思想により歪曲された本だけだったのは徳嵩氏にとって不幸であった。

優秀で誠実な戦前の日本のエリート官僚の系譜を継いだと思われる徳嵩氏は、イデオロギーとは別の視点から、日本軍が沖縄に及ぼした被害の数々をこれらの「沖縄本」から勉強し、激しい贖罪意識に襲われる。

 そして政府の沖縄担当の調査官としての使命感から赤松大尉を探し出して当時の状況を聞き取るのだが、赤松大尉がそれに対する返事を手紙にして送ったのが記事に出て来る昭和45年11月30日付けの赤松氏の手紙である。 

今年は沖縄の日本復帰の40周年だが、赤松氏が手紙を送ったのは復帰の2年前、今から42年前の出来事である。

徳嵩氏は沖縄担当の官僚という職務上、沖縄紙の東京支局の記者と知り合うことになるが、ある席上偶々隣の席にいた沖縄タイムス記者に赤松大尉の手紙のことを話すことになる。

徳武氏としては赤松大尉の存在を知ったのが沖縄タイムス刊の「鉄の暴風」だったのだから沖縄タイムス記者に話すことに何の躊躇も無かったのだろう。

 当時の徳武氏としては「鉄の暴風」や「沖縄ノート」がイデオロギーまみれのデタラメな本と言うことを知る由もなく、沖縄戦史の解明の資料として沖縄タイムスに手紙を渡したのも仕方の無いことである。

沖縄タイムスが赤松大尉の直筆の手紙を入手したら、どのような行動にでるか。 

猫に鰹節とはまさにこのこと。

手紙の内容の如何に関わらず、イデオロギーによる歪曲した捏造記事を書くことは火を見るより明らかだった。

それが上記引用の記事である。

この記事は12面のトップを徳嵩氏の写真つきで大きく飾り。徳嵩氏の写真には「故赤松氏からの当時の手紙を見ながら住民虐殺について語る徳嵩氏」というクレジットが付いている。

沖縄タイムスの記事を見て、沖縄戦当時渡嘉敷島の駐在巡査を勤め集団自決の一部始終を目撃した比嘉(旧姓安里)喜順氏が記事のあまりにも酷い歪曲された内容に悲憤慷慨し、その日のうちに抗議の手紙を徳嵩氏に送った。

手紙の日付が沖縄タイムスの記事と同じなのは、それだけ比嘉氏が当時の生き証人として居ても立ってもおれなかった比嘉氏の心境を表している。

比嘉氏はその日の午後3時頃記事を読み、すぐ沖縄タイムスに抗議すると同時に徳嵩氏の連絡先を問いただし、その日のうちに手紙をしたため郵送している。

その手紙はご子息から公開の許しを得ているので、集団自決の真相解明の歴史的資料として下記に公開する。

その前にタイムス記事が触れている「同時に(赤松氏が)沖縄を訪ねた際(四十五年三月)の渡嘉敷住民、民主団体の抗議」について事実を説明しておく。

当時の新聞には、沖縄県民や渡嘉敷住民が、赤松氏を空港に出迎えた抗議した、と報道している。(※【おまけ】に詳述)

が、実際に空港で抗議したのは僅か十数名の那覇市の市職労の組合員であり、渡嘉敷住民は慰霊祭に赤松氏が参加するのを歓迎していた。

1970(昭和45年)3月26日、赤松氏が那覇空港で、左翼集団に取り囲まれて渡嘉敷島には渡ることを阻止されたことは過去にも再三書いたが、親族関係者の話で次のことも判明した。

赤松氏は、空港で、抗議集団にもみくちゃにされ、背広のボタンも引きちぎられる酷い有様だったという。

このような激しい抗議に遭っては、普通の定期船ではとても渡嘉敷島に渡ることができないと判断し、渡嘉敷行きは諦めかけていたが、翌慰霊祭当日、伊礼蓉子氏(旧姓古波蔵、戦時中、渡嘉敷村女子青年団長)のご主人が、迎えに来てくれ舟を出してくれた。

たが、結局、赤松氏はさらなる騒動を避け、島には渡ることはせず、島の入り口まで行って、慰霊祭への花束だけを託したという。

渡嘉敷の住民は赤松氏の来島を大変歓迎していたが、マスコミや抗議集団との混乱を避けるため渡嘉敷上陸は断念した。

なお、伊礼蓉子氏の娘さんは、赤松氏宅にも訪問したことがあり、赤松氏の家族と今も交流が続いているという。 
     
この事件を、沖縄タイムスをはじめ全国の新聞、雑誌が騒ぎ立てて、これを機に赤松氏の悪評が一気に広がった。

赤松氏の地元では、地元紙である神戸新聞の記事を見た人が多く、赤松氏の長女は後にクラスメートからこのことを教えられたという。 

なお、赤松氏を渡嘉敷に送る舟を手配した伊礼蓉子氏(旧姓古波蔵)は、星雅彦氏の手記「沖縄は日本兵に何をされたか」(雑誌「潮」1971年11月号に掲載)の中で証言者として登場している。

村の指導者たちやその家族や防衛隊の幾人かは、そろって無事で、その集団にまじっていた。みんなひどく興奮していて、狂人のようになっていた。村長は狂ったように逆上して「女子供は足手まといになるから殺してしまえ。早く軍から機関銃を借りてこい!」と叫んだ。その意志を率直に受けて、防衛隊長の屋比久孟祥と役場の兵事主任の新城真順は、集団より先がけて日本軍陣地に駆けこみ、「足手まといになる住民を撃ち殺すから、機関銃を貸してほしい」と願い出て、赤松隊長から「そんな武器は持ち合わせてない」とどなりつけられた。(注・比嘉喜順、伊礼蓉子らの証言。その点、米田惟好は米軍に決死の戦闘を挑むつもりだったと、異議を申し立てている)(雑誌「潮」1971年11月号・星雅彦)》

 

赤松氏は当時の渡嘉敷村長の了解の下に沖縄訪問をした。

したがって「“大規模な歓迎”を受けたと、抗議が意外だった心情を吐露している」という赤松氏の心情は事実であった。

赤松氏に罵声を浴びせる組合員の中には赤松氏を出迎えにきた玉井喜八渡嘉敷村長がいた。

組合員の暴力的な実力行使で、結局赤松氏は慰霊祭に参加を断念するが、玉井村長は次のようなコメントを沖縄タイムスに伝えている。

「赤松氏は三年ほど前から慰霊祭に出席したいと連絡していた。ことしも村から慰霊祭のスケジュールを送ったらぜひ行きたいという返事があり、喜んでいたところだ。」 

集団自決論争が問題解決を困難にしている理由は次の点にある。

①「事件」が60数年前のことであり、体験者はほとんどが物故している。

②数少ない証言も、当時子供だった証人の曖昧な証言に頼らざるを得ない。

③物的証拠は一つもなく、証言あるいは証言記録のみを証拠としているの。

④意識的嘘の証言は論外としても、証言の「思い違い、記憶違い」等も考慮に入れなければならぬ。

これらに親族、地域社会などの人間関係、経済的要素の呪縛や、イデオロギーの呪縛が絡むと証言の信憑性の検証はますます難しくなる。

2007年の「11万人集会」の前後、沖縄紙は夥しい数の証言者を紙面に登場させ、連日「体験者証言」と大々的に報じたが、そのほとんどが、「毒おにぎり証言」の例のように客観的検証に耐える証言ではなかった。

卑近な例で、意図せざる「記録の過ち」を一つ例示しておこう。

玉井喜八渡嘉敷村村長がミニコミ誌に寄稿した『遺族会発足当時を想う』と題する手記の中に、玉井村長の記憶違いが見られる。

手記はここ⇒沖縄戦を歪曲した沖縄タイムスの大罪

同手記には昭和53年赤松夫人が三十三回忌の慰霊祭に渡嘉敷訪問したとある

だが、これは玉井村長の記憶違いで、赤松夫人が慰霊祭に参加したのは昭和53年ではなく、正確には昭和59年に戦隊員や遺族の方々に同行し、赤松氏の遺品を寄贈している。

これは赤松氏の遺族関係者からご指摘を受けた。

玉井村長のような重要人物でさえこのような記憶違いを手記に書くくらいだから、故人が残した証言の記録が全て正しいとは限らず検証が必要なことは言うまでも無い。

実際に赤松夫人が渡嘉敷島を訪れたのは、手記にある昭和53年ではなく、昭和59年であるというから、赤松夫人は次の記念写真のどこかに写っているものと思われる。

和やかに記念撮影に収まる元赤松隊の一行

 

■比嘉喜順氏の手紙

 徳嵩様 謹んで申しあげます。

あなた様の東京支局によせられた故赤松大尉直筆の手紙を届けるの記事を読み、お便りを差し上げます。
私、当時(沖縄戦)昭和20年2月より昭和20年8月14日まで渡嘉敷村の巡査駐在所で勤務しておりました者であります。
それであなた様が「12年前より(まま)赤松大尉直筆の手紙」を届ける記事を6月8日の午後3時ごろ読みまして、早速沖縄タイムスに電話で貴殿の調査室の住所を知らして下さいと頼みまして、このお便りを差し上げます。 それで私は当時の最初から最後まで村民と共に行動し、勿論自決場所のことも一部始終わかっております。 あの集団自決は、軍命でもなければ赤松隊長の命令でもございません。
責任者として天地神明に誓ひ真実を申しあげます。 今までの戦争は満州、支那大陸で戦い、私達もその体験者の1人であります。 それが而も一番(不明)島、沖縄県、離島の自国内で連合軍の包囲を受け家族とも共戦争体験をしたのは、その人でなければ実際を語ることは出来ません。
「鉄の暴風」が発刊されてをるのも知らず、那覇の友人から聞かされ、それを見せてくれて驚いた程であります。 その時には既に遅く、全国に販売されていたようです。
それで一方的な言い分を聞いて実際に関与した責任ある私達に調査もされず刊行されたことは私の一生涯の痛恨の極みであります。
沖縄タイムスの記者が私を訪ね、渡嘉敷島について調べたことは今もって一度もございません。
私も戦い終わって昭和二十年八月二十七日、捕虜で金武村屋嘉の収容所に収容され、同年十一月三日そこを出て、家族をさがしあてたのが昭和二十年十一月十五日でした。 それで戦争の話、友軍の行動等を分かりました。 
それに比較して赤松隊長のとった行動は本当に良かったと思われました。 戦争中而も敵の海、空よりの砲撃のさ中で軍の食料(米、味そ等)調味品を村民にも二分し与えて下さったあの赤松隊長の志を、行動を、こんな隊長が大東亜戦争、沖縄戦の悪い代表扱いに掲載されることは本当に残念でなりません。 あの戦争は吾々日本人全体の責任と私は思って憚りません。 徳嵩さんがどう云う理由で十二年保存されて、然も赤松さんが故人となられた今頃にから沖縄タイムスに掲載されたか、私には理解に苦しむものです。
赤松隊の生存者もをられるし、当時の村民も尚健在者が多数残っています。 それでお願いですが曽野綾子著「ある神話の背景」沖縄、渡嘉敷の集団自決、文藝春秋社刊をお読みにお読みになられたらと思います。
真実と云ふのは両方の調査の上に立って表現するものでありまして、一歩的に出してそれで何も知らない人々がそれを信じることになり、大方はそんなものではございません。 私はそう思います。
歴史の事実も本当はそうであったかと、両方の調査をし、綿密に調べられてから、正しく報らすのが真の在り方と思われます。 私も貴方が出された「タイムス」の記事を見て、当時の沖縄戦の生々しい実態が甦り、本当に何とも言ひようのない悲憤慷慨と申しましょうか痛恨の念が一極です。
只々書かなければ止まない衝動にかられてこのお便りを書きました。
徳嵩様の重要な部所にお勤め鳴られてをり幸いと思います。
益々ご健康で、ご繁栄でありますと併せて我が国の繁栄に寄与なされますようご御祈りいたします。 乱筆で御免下さい。

                                                        敬具

昭和五十八年六月八日午後十一時三十分

沖縄県北中城字大城の自宅にて

旧姓 安里  比嘉喜順拝

徳嵩力 様

                ★

慶良間で何が起きたのか⑥ ―人間の尊厳を懸けた戦い― 上原 正稔

 赤松さんは一九七〇年三月二十六日、渡嘉敷村民に招かれ合同慰霊祭に参加する目的で那覇空港に着いた時、抗議団の怒号の嵐の出迎えを受けた。「何しにノコノコ出てきたんだ。」「人殺しを沖縄に入れるな」「赤松帰れ」のシュプレヒコールが浴びせられた。赤松さんは結局、渡嘉敷に上陸することはかなわなかった。沖縄で殺人鬼と面罵され、故郷に戻ると、事件を知った娘から「お父ちゃんはなんで沖縄の人たちを自決に追いやったのか」と責められた。赤松さんは「娘にまで誤解されるのは、何としても辛い」と記している。読者は赤松さんの人格について知らないものと思う。赤松さんの「ひととなり」を伝える二通の手紙を僕は一九九五年比嘉(旧姓安里)喜順さんから預かったが、それをここで紹介しよう。一九七〇年四月二日付の赤松さんからの比嘉さんへの手紙は次のように綴っている。―(前略)今度の渡沖については全く合点が行かず、なんだか一人相撲を取ったようで釈然と致しません。(中略)村の戦史については軍事補償その他の関係からあの通りになったと推察致し、できるだけ触れたくなかったのですが、あの様な結果になり、人々から弁解のようにとられたことと存じます。しかしマスコミも一部不審を抱いているように感じられましたので、いつか正しい歴史と私たちの善意が通じることと信じております。―


 四月十七日付の手紙は次のように伝えている。―(前略)安里さんにはあのような俗説の流布されている中、ただ御一人で耐え忍び、ご心中のほどご察し申しあげております。(中略)先日、元琉球新報の記者より手記を書いてくれ、と言われ、聞いたところによりますと、現在マスコミの半分ほどは赤松さんを信じていると申されておりましたが、一度世に出し、これほど流布されてからでは難しいだろうから郷友会などを取材して新たに真実のものを出したらどうかと言っておきました。いづれにしても、私たちは真相が明白にされ、私たちの汚名が拭い去られる日を期待し、努力しております。一日も早く沖縄の人々にも理解していただき、私たちと島民が心を合わせて共に戦ったように、次の世代の人々が憎しみ合うことなく本土の人々と仲よくやってゆけることを祈ってやみません。安里さんも機会をつくって、ぜひ本土に来てください。皆、歓迎してくれると思います。また子供さんの勉学につきましても私たちをご利用下さい。いくらかでも戦時中のご恩返しができれば幸甚です。奥様はご病気のとのことですが、その後いかがですか。すでに沖縄は暑いと思いますので御自愛専一のほどお祈り致します。 敬具 赤松嘉次


 これが慶良間の〝集団自殺〟(集団自決という言葉は伊佐良博記者の創作であると、本人が記している)の真相だ。だが、沖縄タイムスの『鉄の暴風』は今も発行され続け、次のように伝えている。―恩納河原の自決のとき、島の駐在巡査(安里喜順さんのこと)も一緒だったが、彼は「自分は住民の最後を見とどけて、軍に報告してから死ぬ」と言って遂に自決しなかった。…赤松大尉は「軍として最後の一兵まで戦いたい。まず非戦闘員をいさぎよく自決させ、われわれ軍人は全ての食糧を確保して、持久態勢をととのえ、敵と一戦を交えねばならぬ。事態はこの島に住むすべての人間に死を要求している」ということを主張した。(中略)座間味の戦隊長梅澤少佐は米軍上陸の前日、忠魂碑前の広場に住民を集め、玉砕を命じた。住民が広場に集まってきたその時、近くに艦砲弾が落ちたので、みな退散してしまったが、村長はじめ役場吏員などその家族は各自の壕で手榴弾を抱いて自決した。…日本軍は最後まで山中の陣地にこもり、遂に全員投降。隊長梅澤少佐のごときは、のちに朝鮮人慰安婦らしきもの二人と不明死を遂げた。―


 この記述には真実の一カケラもないことは誰の目にも明らかだろう。正に「見てきたような嘘」でしかない。ノーベル賞作家の大江健三郎はこの『鉄の暴風』の記述をそのまま信じ、『沖縄ノート』で旧軍指揮官を糾弾したのだ。人は誰であれ、己の目の高さでしか物を見ることができない。だから、信じたいことを信じ、自分に都合のよいことを信じてしまうのだ。だが、慶良間の〝集団自殺〟については赤松嘉次さんと梅澤裕さんが命令したことはないことははっきりしている。


 人間の尊厳を取り戻す時
 僕は一九九六年六月琉球新報の『沖縄戦ショウダウン』の中で言明したが、もう一度ここで述べよう。―沖縄の新聞、特に沖縄タイムスの責任は限りなく重い。そして一人の人間をスケープゴート(生贄)にして、〝集団自殺〟の責任をその人に負わせてきた沖縄の人々の責任は限りなく重い。僕は長い間、赤松さんと梅澤さんは〝集団自殺〟を命令したとの先入観を拭い去ることができなかった。真実が明らかになった今、赤松さん、梅澤さん、そしてご家族の皆さん本当にご免なさいと謝罪しよう。そして今、僕は一つ脱皮して一つ大人になることができた。―


 2011年10月中旬、ぼくは兵庫県を訪れ、赤松嘉次さんの弟秀一さんに迎えられ、一緒に嘉次さんのお墓参りをした。ぼくには神も仏も遠い存在だったが、長年の重荷を下ろし、何だか心が軽くなった。


 だが、大きな問題が残されている。自分の親、子、兄弟を殺して遺族年金を受け取っていることは誰も語りたくないし、語れないものだ。僕は知識人でもなく、文化人でもなく、宗教家でもなく、道徳家でもない。だが、僕は知っている。自分が愛する家族に手をかけた者はいつまでも忘れず、心を痛めているのだ。だが、それを軍隊のせいにしたり、国の教育のせいにしたり、他人のせいにしてはならない。ましてや、無実の軍人のせいにしてはならない。自分のこととしてとらえない限り、心が癒されることはないのだ。そして、赤松さんと梅澤さんとそのご家族にきちんと謝ることだ。誰も彼らを責める者はいない。実際、座間味で母親に首を切られたという青年は「母親を恨んでいるか」との質問に「そんなことはありません。母を心から愛しています」ときっぱり答えた。赤松さんも梅澤さんも心の広い人間だ。きっと許してくれるはずだ。いや、きっと「ありがとう」と言ってくれるだろう。それが人間の尊厳を取り戻すということだ。僕はそう信じている。                                               (おわり)

             ☆

我々は「言論の自由」などと気軽に言うが、発表する場所の無い言論など一片の紙屑にすぎない。

だが弾圧され、言論封殺された言論が逆境を乗り越え一旦日の目を見ると、本来の価値に加えて輝きを増し、その反動で読む人の胸を打つ場合がある。

ドキュメンタリー作家上原正稔さんの著作「慶良間で何があったのか」が、それだ。

琉球新報が「社の方針と異なる」という理由で掲載拒否したことを、「慶良間で何が起きたのか」を本日の完結編まで読んだ人なら容易に理解できるだろう。

仮に琉球新報が読者を舐めきった暴挙に及ばず、そのまま上原さんの連載記事を継続していたらどうなっていたか。

勿論「言論封殺」で訴えられることもなかった。

「慶良間で何が起きたのか」の記事がネットに載ることもなかった。(琉球新報はこの種の連載記事はネットには載せない) 

したがってこのようにネットを通じて「幻の原稿」が全国に拡散されることも無かったはずだ。

琉球新報が必死になって封殺しようとした「慶良間の真相」は、皮肉にも、琉球新報自身の「言論封殺」により全国読者の耳目に触れる機会を与えられたことになる。

さらにもう1人、「幻の原稿」に輝きと弾みをつけた功労者の名を忘れてはいけない。

南の島の小さな新聞八重山日報だ。

沖縄の代表的新聞琉球新報に反旗を翻すことは、異論を許さぬ「全体主義の島沖縄」で同じ記者クラブに属する弱小新聞としては、かなり勇気の要ることだ。

さすがの八重山日報も上原さんが琉球新報を提訴した経緯を書いた拙原稿を寄稿したときは、琉球新報社の社名を「R社」にする気の使いようだった。

だが八重山日報はあえて上原さんという火中の栗を拾った。

八重山日報の決断は、閉塞した沖縄の論壇に風穴を開けたことになる。

八重山日報の勇気ある行動にはいくら賛辞を送って余りあるものがある。

           ☆

 

上原さんの原稿に登場する比嘉(安里)喜順さんは4年前の2008年、94歳の天寿を全うされた。

「集団自決」は安里喜順巡査にとってまことに不幸なめぐり合わせであった。

当時29歳の安里巡査は事件の僅か2ヶ月前に渡嘉敷島に赴任したばかりの単身赴任であり、島の様子にも不案内であった。

ところが、渡嘉敷着任の一ヶ月足らずで、本島に新設された塩屋警察署への転勤が決まり、本島へ戻るはずだった。

本島との船便の連絡が途絶えがちだったため、その辞令を受けるのが遅れ、結局島を出ることが出来なかった。

結果的に「集団自決に」に巻き込まれることになる。

昭和20年、大宜味村に塩屋警察署が新しくできて、私はそこに転勤することになっていたが、とうとう赴任することができなかった。
 2月12日の日付で辞令は出ていたが、私が渡嘉敷島で受け取ったのは40日も経過した3月22日であった。
 空襲などいろいろな事情があって相当期間が過ぎてから私に届いた。それを受け取って初めて自分が転勤になっていたことを知った。

 辞令を受け取ったので翌日にでも本島に渡ろうと思っていたが、その翌日の23日から渡嘉敷島は艦砲と空襲が激しくなり、沖縄本島に渡ることができず、そのまま渡嘉敷島にのこり戦争に巻き込まれ、島と運命を共にした。>(「沖縄県警察史」より)

軍隊の主たる任務が敵との戦闘で有るのに対し、警察の主たる任務は住民の安全と秩序を守ることである。

平時にあっては武力を持つ二つの組織、軍隊と警察は日本の官僚伝統のセクショナリズムでしばしばいがみ合うことがあった。

だが、たった一人で島に赴任してきた安里巡査にとって自分の属する警察機構の上部のセクショナリズムに考えが及ぶことはなかった。

新任の安里巡査は、

島を取り囲む敵の艦船の前では全く無力であり、住民を守るためには赤松隊長の守備軍に相談する以外に打つ手はなかった。

島の住民の中では、村長、助役、校長等の有力者が島民をリードする立場にあったが、安里巡査も勿論このリーダーの1人であった

ここで分かりにくいのは防衛隊員の存在である。

防衛隊員は現地招集の軍属である一方、村の助役や島民が兼任していた。

小さな島で島民と軍属の二つの顔を持つ防衛隊員という存在。

これが「集団自決」問題を複雑にしている。

防衛隊員は軍属として軍の陣地に出入りを許可されていたが、その一方で自宅には父として夫として頻繁に帰宅していた。

手りゅう弾を配ったとされる富山兵事主任がまさにこの防衛隊員だった。

 

次は渡嘉敷島に上陸して来ると言うので、私は慌ててしまった。防衛隊員は軍と一緒に仕事していたので情報はよく知っていた。その防衛隊員の人たちが敵は阿波連に上陸して
 赴任してまだ間がなく現地の情勢も良く分からない頃だったので、米軍が上陸して来たら自分一人で村民をどのようにしてどこに避難誘導をしようかと考えたが、一人ではどうする事もできないので軍と相談しようと思い赤松隊長に会いに行った。
 
赤松部隊は特攻を出す準備をしていたが艦砲が激しくなって出せなくなり、船を壊して山に登ったと言うことであったので、私は赤松隊長に会って相談しようと思いその部隊を探すため初めて山に登った。
 その時は大雨でしかも道も分からず一晩中かかってやっと赤松隊に着いた。その時、赤松部隊は銃剣で土を掘ったりして陣地を作っていた。私はそこで初めて赤松隊長に会った。

住民の避難誘導の相談
 このような状況の中で私は赤松隊長に会った。
 「これから戦争が始まるが、私達にとっては初めてのことである。それでの住民はどうしたら良いかと右往左往している。このままでは捕虜になってしまうので、どうしたらいいのか」と相談した。すると赤松隊長は、「私達も今から陣地構築を始めるところだから、住民はできるだけ部隊の邪魔にならないように、どこか靜かで安全な場所に避難し、しばらく情勢を見ていてはどうか」と助言してくれた。私はそれだけの相談ができたので、すぐに引き返した
 赤松部隊から帰って村長や村の主だった人たちを集めて相談し、「なるべく今晩中に安全な場所を探してそこに避難しよう」と言った。その頃までは友軍の方が強いと思っていたので、心理的にいつも友軍の近くが良いと思っていた。全員が軍の側がいいと言うことに決まり避難する事になった。から避難して行くときは大雨であった。
 私が本島にいた時もそうであったが、その頃は艦砲や空襲に備えてそれぞれ防空壕や避難小屋を作っていた。私が渡嘉敷に赴任する前から渡嘉敷島の人たちは、恩納河原に立派な避難小屋を作ってあった。
 
私は恩納河原にこんな立派な避難小屋があることを知らなかった。避難して行ったところは恩納河原の避難小屋の所ではなく、そこよりはずっと上の方で、赤松部隊の陣地の東側であった。を出発したのは夜で、しかも大雨であった。真っ暗闇の中を歩いてそこに着いたときには夜が明けていた。その時の人たちのほとんどが着いて来ていたと思う。避難して来た人たちの中には防衛隊員も一緒にいた。(「沖縄県警察史」より)

軍官僚と警察官僚の対立で有名な事件に、昭和11年に交通信号をめぐって起きたゴーストップ事件がある。

だが、戦時中それも敵の上陸を目前にして日本の巨大組織の末端にいる赤松隊長と安里巡査はお互いの主任務を超えて住民の安全を守るため相談しあっていた。

日本の官僚組織の末端で任務に就く若い二人にとって、

「集団自決」はまことに不幸なめぐりあわせであった。

その時赤松大尉は25歳、安里巡査は29歳である。
   

■安里巡査を取材していた地元作家■

安里巡査の証言が「沖縄県警察史」に採録されたのは昭和63だが、それより約20年前に安里巡査に取材をしていた沖縄在住の作家がいた。

「集団自決」について独自の取材をした詩人の星雅彦氏は『潮』(昭和46年11月号)で次のように書いている。

「そこで安里巡査は、赤松隊長に向かって、村民はあっちこっちの壕に避難して右往左往しているが、これからどうしたらいいのかわからないので、軍の方で何とか保護する方法はないものか、どこか安全地帯はないものか、と相談を持ちかけた。 そのとき赤松隊長は次のように言った。 島の周囲は敵に占領されているから、だれもどこにも逃げられない。 軍は最後の一兵まで戦って島を死守するつもりだから、村民は一か所に非難した方がよい。 場所は軍陣地の北側の西山盆地がいいだろう。  そこで、安里巡査は、早速、居合わせた防衛隊数人に対し、村民に西山盆地に集合するよう伝達してくれと告げた。 彼自身も、各壕を回って、言い伝えて歩いた。 防衛隊の1人は、いち早くほぼ正確な伝達をした。 そして村長からも、同様の伝達が出た。 

それは人の口から人の口へ、すばやくつぎつぎと広がって広がって伝わっていったが、村民のあるものは、赤松隊長の命令といい、あるものは村長の命令だと言った」(「集団自決の真相」より孫引き)

安里巡査の昭和63年の証言と20年前に独自の取材をしていた作家星雅彦氏の取材とは一致しているし、元琉球政府職員照屋昇雄さん、渡嘉敷島「集団自決」の生き残り金城武徳さんの証言とも一致する。

勿論、赤松隊長は敵の攻撃から避難する場所の助言はしたが(これを軍の命令する人もいる)、

「軍の命令で集団自決をした」という証言はない。

4年前の2008年、比嘉(旧姓安里)喜順さんは94歳の天寿をまっとうされた。

重要証言者の死

 

「集団自決」を分かりにくくしているも一つの要因に関係者の名前が当時と戦後で異なっている例が多いことである。

例えば手りゅう弾を配ったされる富山兵事主任も戦時中は新城の姓であった。

安里巡査も戦後比嘉家に養子に行き姓が比嘉に変った。

「集団自決」に軍の命令はなかった」と証言する証人たちに取材する沖縄のマスコミは皆無である。

これは上原さんの原稿を掲載拒否した琉球新報の言論封殺と軌を一にする。

 

安里巡査を取材した本土新聞記者■

「世界日報」の鴨野記者が安里元巡査を取材した記録がある。

記録保存のため同記事を以下にコピペする。

月刊ビューポイント ■ダイジェスト版世界日報

沖縄戦「集団自決」から62年 真実の攻防

比嘉元巡査「地元紙一度も取材ない」

「軍の食糧、村民に与えた赤松氏」


戦火の渡嘉敷島で日本軍と住民との連絡役を任されていた駐在巡査、安里喜順氏(後に養子に入り、比嘉と改姓)。彼は赤松嘉次隊長の副官、知念朝睦氏とともに、当時を詳しく語ることのできる人物であり、存命ならば記者(鴨野)はぜひともお会いしたいと考えていた。

だが、知念氏や金城武徳氏からは「既に高齢であり、取材は難しいだろう」と告げられた。

別の関係者からは死亡説も聞かされた。しかし、比嘉氏の身近な人は、まだ元気なはずだと言う。

五月下旬、とりあえず自宅に向かった。家には誰もおらず、豪雨の中、二時間半はど粘ったが、会えなかった。ただ、近所の人から「お元気よ」という言葉を聞くことができた。夜、所在を確認できた。翌日、比嘉氏が入院中の病院を訪ねた。

古くからの友人である垣花恵蔵・わかば保育園理事長の姿を認め、比嘉氏の顔がはころぶ。

古くからの友人である垣花恵蔵氏(左)の見舞いに喜ぶ比嘉喜順氏
(沖縄県内の病院で)=5月30日、敷田耕造撮影

誕生日を聞いた。「大正四年四月二十九日です」。

「昭和天皇と同じ日ですね」と話すと、うれしげな表情を見せた。

二十分余りのインタビューで比嘉氏は、

「ただただ日本のためにと、生きてきました。何の心残りもありません」

「(沖縄戦のことについては)これまで自分が書いてきた通りです」と語った。

比嘉氏が昭和五十八年六月八日付で、衆議院外交委員会調査室に勤務し、沖縄問題を担当していた徳嵩力氏(当時六十一歳)にあてた手紙の内容を、

比嘉氏の子息の了解を得て、ここに公表する。

その日の沖縄タイムスには、徳嵩氏が赤松大尉直筆の手紙を同社東京支社に届けたという記事が掲載されていた。徳嵩氏は『鉄の暴風』を読み、赤松氏に事実関係を尋ねたところ、昭和四十五年十一月三十日付で返書が届いた。

その中で赤松氏は

「戦時中、現地の方々の献身的な御協力にも拘(かかわ)らず力足らず、あの様な結果になったことは沖縄で戦った者として現地の方々に申し訳なく思っている」と詫(わ)びている。

だが住民虐殺、集団自決への自身の関与については「一部マスコミの、現地の資料のみによる興味本位的に報道されているようなものでは決してありませんでした」と強く否定。

これに対して徳嵩氏は

「どうも後で理屈付けをした感があり、説得力に乏しい」「住民の証言の方が、より重みがあるし、軍隊は、その特性から、いつでも物事を正当化するものです」

などとコメント。

記事は、「赤松氏がどんな胸中で手紙をつづったかは、確かめるよしもないが日本軍による住民虐殺、軍命による集団自決という悲惨な事件が渡嘉敷で起こったことはまた歴史的事実である」と結んでいる。

比嘉氏はすぐさま、徳嵩氏に反論の手紙を書いたのである。

「私は当時の最初から最後まで村民と共に行動し、勿論(もちろん)自決場所のことも一々始終わかってをります。

あの集団自決は、軍命でもなければ赤松隊長の命令でもございません。

責任者として天地神明に誓ひ真実を申し上げます。

……『鉄の暴風』が発刊されてをるのも知らず、那覇の友人から聞かされ、それを見せられて驚いた程であります。その時には既に遅く、全国に販売されてをったようです。

それで一方的な言い分を聞いて実際に関与した而(しか)も責任ある私達に調査もされず刊行されたこと私の一生甲斐(原文のママ)の痛恨の極みであります。

沖縄タイムスの記者が私を訪ね、渡嘉敷島について調べられたことは今もって一度もございません」

比嘉氏は、捕虜となり収容所に入れられてそこで友軍の行動などを聞くのだが、それを聞いて改めて

「赤松隊長のとった行動は本当に良かった」と振り返る。

「敵の海、空よりの抱撃のさ中で、軍の食糧(米、味そ等)調味品を村民にも二分し与えて下さった、あの赤松隊長の志を、行動を、こんな隊長が大東亜戦争、沖縄戦の悪い代表扱いに掲載されることは本当に残念でなりません。

あの戦争は吾々日本人全体の責任と私は思って憚(はばか)りません」

そして徳嵩氏に、曽野綾子著『ある神話の背景』を読むようにと要望し、次のようにつづる。

「真実と云うのは両方の調査の上に立って表現するものでありまして、一方的に出してそれで何も知らない人々はそれを信じるよう(に)なり、大方はそんなものではございませんか。私はそう思います」

その十日後、比嘉氏は徳嵩氏からの手紙を受け取った。

「拝復 お手紙深い感銘をもって拝見いたしました」で始まる丁寧な返事だ。

彼は『ある神話の背景』を読み、

「如何に勉強不足であったかを改めて痛感させられた」

と率直に吐露。

比嘉氏の証言で真相に触れたことが「非常に幸いであり、また救いでもあった」と感謝を述べ、「機会がある度に、赤松大尉事件の自決命令は伝聞であって真実はこれこれであるというように訂正して参りたいと思っております」と告げている。

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

売国奴大江健三郎と真木ようこ「日本人という事実が恥ずかしい」

2022-11-22 09:54:24 | 政治
 

 

自分だけは例外視し、祖国を否定する自虐史観。 真木よう子と大江健三郎  「日本人という事実が恥ずかしい」(22/11/21)

 

 

北朝鮮に憬れ日本を憎む売国奴、大江健三郎、

2022-07-30
 
大江岩波集団自決訴訟で、梅澤元隊長らの名誉を棄損を巡る損害賠償を免責された売国奴・大江健三郎とはこんな男。
 
売国奴列伝
大江健三郎

 

北朝鮮はバカどもにかつてどのように語られたか

大江健三郎
二十歳の日本人「厳粛な綱渡り」( 文藝春秋刊・昭和四十年 )

 北朝鮮に帰国した青年が金日成首相と握手している写真があった。
ぼくらは、いわゆる共産圏の青年対策の宣伝性にたいして小姑的な敏感さをもつが、それにしてもあの写真は感動的であり、ぼくはそこに希望にみちて自分およぴ自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年をはっきり見た。
逆に、日本よりも徹底的に弱い条件で米軍駐留をよぎなくされている南朝鮮の青年が熱情をこめてこの北朝鮮送還阻止のデモをおこなっている写真もあった。
ぼくはこの青年たちの内部における希望の屈折のしめっぽさについてまた深い感慨をいだかずにはいられない。
北朝鮮の青年の未来と希望の純一さを、もっともうたがい、もっとも嘲笑するものらが、南朝鮮の希望にみちた青年たちだろう、ということはぼくに苦渋の味をあじあわせる。

日本の青年にとって現実は、南朝鮮の青年のそれのようには、うしろ向きに閉ざされていない。しかし日本の青年にとって未来は、北朝鮮の青年のそれのようにまっすぐ前向きに方向づけられているのでない。

「わがテレビ体験」( 「群像」昭和36年3月 )

結婚式をあげて深夜に戻ってきた、そしてテレビ装置をなにげなく気にとめた、スウィッチをいれる、画像があらわれる。
そして三十分後、ぼくは新婦をほうっておいて、感動のあまりに涙を流していた。
それは東山千栄子氏の主演する北鮮送還のものがたりだった、ある日ふいに老いた美しい朝鮮の婦人が白い朝鮮服にみをかためてしまう、そして息子の家族に自分だけ朝鮮にかえることを申し出る…。このときぼくは、ああ、なんと酷い話だ、と思ったり、自分には帰るべき朝鮮がない、なぜなら日本人だから、というようなとりとめないことを考えるうちに感情の平衡をうしなったのであった。

「あいまいな日本の私」( ノーベル賞記念講演(ストックホルム) )

 広島、長崎の、人類がこうむった最初の核攻撃の死者たち、放射能障害を背負う生存者と二世たちが--それは日本人にとどまらず、朝鮮語を母国語とする多くの人びとをふくんでいますが-ー、われわれのモラルを問いかけているのでもありました。

■ 北朝鮮の惨状を大江氏はどう考えているのか? ■

 残念ながら、「北朝鮮の青年の未来と希望の純一さ」は、「南朝鮮」の青年達が疑い、嘲笑したように、今日の破局の中に失われてしまった。大江健三郎がこれだけ思い入れをした「老いた美しい朝鮮の婦人」や、「希望にみちて自分およぴ自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年」達は、今や住む家も洪水に流され、食べ物も自由も希望もなく、ただ餓死を待っているであろう

 そうした北朝鮮の惨状について、大江健三郎はどう考えているのだろうか。大江健三郎が昔の自分の文章を覚えているなら、自らの不明を恥じて、読者にお詫びをするとともに、自分の見通しがなぜ間違ったのか、思想的にきちんとした反省をしなければならない。それをしないこの人は言論人としての資格はない。将来も、また同じような過ちを繰り返すのみである。

 また上記の熱のこもった文章が、単なる共産主義かぶれの若気の至りではなく、北朝鮮の人々への真実の思い入れだとしたら、自ら率先して、北朝鮮救援活動を始めるか、ノーベル賞の賞金を北朝鮮救済の資金として提供する位の事はあっても良いのではないか。大江健三郎は、昨年は米国プリンストン大学で静かな研究生活を送ったようだが、現在は別の意味で「帰るべき朝鮮がない」のだろうか。要はつねに人事なのだろうか。

■ 「帰るべき朝鮮がない」大江健三郎 ■

 新婚初夜に新妻を放り出して金日成に発情していた大江健三郎。
 現在の北朝鮮の飢餓地獄しか知らない若い人々には、「自分には帰るべき朝鮮がない」と嘆く大江健三郎の感慨は、想像を絶しているだろう。しかし共産主義を理想とする人々の間では、北朝鮮がさかんに「地上の楽園」として宣伝されていた時期があったのである。
 現在でもアメリカやフランスに憧れている人はいますが、大江健三郎のように日本人であることを後悔する人はいないと思います。

■ あいまいなのは? ■

ノーベル賞と言えばオリンピックで金メダルを取ったようなものかもしれない。戦後ノーベル文学賞を二人の日本人作家が受賞している。
その一人、川端康成はストクホルムの授賞式で「美しい日本の自然ののなかで感性を育まれた自分」といった主旨のことを発言して世界の賞賛を浴びた。
もう一人、大江健三郎は「あいまいな国、日本、その日本人として恥ずかしい」といった主旨の受賞あいさつをして式典に参加した人たちに戸惑いを感じさせた。
二人が世界に発したメッセージはなんと対照的であったことか。国際社会で自分の属する国を愛さないと告白することは、それだけで軽蔑されることを大江健三郎は知らなかったイナカモノだったと解釈することもできる。

 大江健三郎がストックホルムで行ったノーベル賞記念講演の「あいまいな日本の私」には前記のような一節がある。
 「 核攻撃の犠牲者たる日本人が、なにか特別のモラルを持たなければいけないそうだ。投下した者のモラルは問わないわけである 」とは、谷沢永一氏の評である。
これが国際常識であって、大江健三郎のもってまわった言い方と、その非常識な内容とでは、聴講者は何を言っているのか、分からなかったであろう。内容は単に50年前の東京裁判史観とマルクス主義史観であり、その後の歴史学の進歩などは、まったく省みられていない。

 大江健三郎の思想は、1950年代の冷戦時代から一向に深化していない。それがそのまま化石のように残されているのは、本人のIntellectual Dishonesty と、それを覆い隠すもってまわったあいまいな文体の故である。この講演は「あいまいな日本の私」よりも「日本のあいまいな私」と題すべきものであった。

( 産経抄より )
★「反核平和」人の態度 ★

 国際原子力機関(IAEA)は北の核計画凍結を決議し、日米韓も共同声明を出したが、どうにも理解に苦しむことがある。
■ほかならぬ日本でこれまで盛んに反核運動を推進してきた人たちがいた。彼らが一向に声を発しない。昨年の夏、広島と長崎で開かれた原水爆禁止大会は、相変わらず二つに分裂したままだった。原水協(共産党系)と原水禁(旧総評系)とだが、そのいずれも北朝鮮の核に対してウンでもスンでもない。
■ワシントン古森義久記者のリポートによると、昨年十月十七日、秋葉忠利・広島市長がアメリカン大学で「広がる核の脅威」と題するスピーチをした。しかし市長はもっぱら米国の核政策だけを非難し、中露の核兵器はもちろん、北朝鮮の核には何も触れなかったそうだ。
■反核運動をあおってきたはずの進歩的文化人諸氏も、北朝鮮には鳴りをひそめでいる。ノーベル賞作家・大江健三郎氏もそのお一人だ。これは谷沢永一氏のご指摘だが、平成七年元日の朝日新聞上で大江氏は加藤周一氏と対談し次のように語っていた。
■「戦後五十年の出発点の、日本人がなめた苦い経験を思想化しようとすれば、日本が取り組むべき中心の課題は核軍縮だと思います。そのための国際的な委員会を作れば、広島、長崎の被爆体験に立って有効な発言ができるはずです」。
■いまこそ北朝鮮に対して「有効な発言」をする時ではないか。
理想主義は昔から国家を滅ぼしてきた。国が滅びても「平和」がある、とでもいうのか?!
「戦後民主主義者」と称する売国奴たち。隣国がすべて武装して日本に脅威を与える今になっても、まだ「防衛」を「悪」と決めつけ、「ボーダーレス」を唱え、日本人の「アイデンティティー」を抹消しようとする。


反日日本人の発言を垂れ流すNHK
~安保討論に自衛隊を侮辱した
     大江健三郎 を出演させたNHK~

12月18日から20日までの3日間連続で、NHKは「 シリーズ安全保障 」というスペシャル番組を放送した。18日は「 徹底検証・日本の備え。テロとミサイルの脅威をどう防ぐのか 」などを、19日には「 変わる自衛隊・現場からの報告 」などでしたが、この2日間で放送された内容はまずまずでした。しかし、最後の20日に放送された「 討論・日本の進路を問う 」として、元内閣総理大臣中曽根康弘、元駐米大使栗山尚一、元副総理後藤田正晴、ノーベル賞作家大江健三郎の4人で安全保問題を討論するというのですから、NHKはどうかしていると思いました。

特に反日日本人で悪魔の思想を持つ大江健三郎を出演させたとはNHKは人選を明らかに誤っています。難解な文章を書く大江健三郎がノーベル賞を受賞したことは、これは特に批判することではなく、日本国民として喜ぶべきことであるが、セットで授与される文化勲章は辞退したというのだからどう考えても正常ではなく、NHKがそれを知らないはずはない。外国からの賞には、恭しく受賞をするが、日本のものとなると拒否するというのだから話しにならない。大江は祖国日本を愛していないばかりか、外国に行ってまで「 日本の悪口 」を言いふらす売国奴なのですが、こんな大江に日本の安全保障問題を語ってもらうとは「 NHKよ。何を考えているのか 」と大きな声を出したくなる。

番組での大江の発言は当然にイラクへの自衛隊の派遣に反対していますが「 派遣しない方が日本の将来のため、また子供達も誇りを持って生きていくことが出来る 」「 自衛隊ではなく状況が安定したら文民を送った方が良い 」「 憲法9条があるのに自衛隊をすでに外国に送っている。憲法改正を言う人はなぜ急ぐのか。20年、30年先を考えるとアジア諸国との平和的な関係が出来ると思う。憲法の規範に現実を押し戻すことが将来の(日本の)仕事です 」「 冷戦が終わり、仮想敵国がなくなっているのに北海道に大きな地上軍をおいている。自衛隊は災害救助をする別組織に変えるべきだ 」「 憲法の前文に『 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した 』とありますが、これからはインターネットの時代ですから、国もあるでしょうが国民が横につながることが強くなり、諸国民の公正と信義に信頼する国に、またその信頼に応える日本人になって欲しい 」などですが、もう完全のとんでしまっています

中曽根氏が大江の発言を「 空想的平和主義 」と言って批判していましたが、当然でしょう。恐るべき悪魔のテロ国家北朝鮮の脅威が迫るなか、そんな国の信頼に応えていこうというのですから話になりません。
大江は「 ぼくは、防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。そして、ぼくは、防衛大学の志願者がすっかりなくなる方向へ働きかけたいと考えている 」と昭和33年に毎日新聞のコラム「 女優と防衛大生 」で述べたことはあまりにも有名ですが、こんな同胞である日本人を貶める発言をする大江健三郎はノーベル賞作家として知られているより、戦後の日本をダメにした進歩的文化人の大江健三郎と言った方が知られているでしょう。

どんな立派な小説を書こうが親の悪口を言いふらすように自分の国と国民に罵声を浴びせる者は愚か者であり馬鹿にされます。自分の生まれた国を誇りにしない人間を誰が信用してくれるのでしょうか。それにしてもNHKは、自衛隊のイラク派遣が決定した後に安全保障の関する番組を放送するのは時期としては良いかもしれないが、私はイラクに派遣される自衛隊員には胸を張って堂々と行ってもらいと思っていますので、過去に自衛隊員を侮辱した大江健三郎をなぜ出演させ、再び自衛隊を貶めるような発言を許したのか。こんな反日日本人の発言を垂れ流すから受信料を払いたくないという人が増えるのではないでしょうか。税金が投入されている国営放送局に日本を愛しておらず自分の国の国民である自衛隊員に敬意を払わない反日日本人を出演させたNHKの真意とは何であろうか。

⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)

辺野古テント「強制撤去する」 封筒にメモ書きとマッチ箱見つかる 市民ら警戒「放火を意味する脅迫か」】

2022-11-22 05:48:15 | 政治

 

 

プロフィール画像

 ⇒最初にクリックお願いしま

NO!残紙キャンペーンサイト

 

辺野古テント「強制撤去する」 封筒にメモ書きとマッチ箱見つかる 市民ら警戒「放火を意味する脅迫か」】

自作自演疑いたくなるよね

政治


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

 

立憲民主党からの裏金問題に対してきちんとした説明をせず
ぐだぐだ言い訳をして再開をしたChoose Life Projectが
こんなツイートをしています。

https://twitter.com/ChooselifePj/status/1592464548019437569
—–
Choose Life Project
@ChooselifePj
先月31日から厚労省の専門部会で、介護保険制度の見直しの議論が始まっています。介護サービスを受けた際の自己負担額の引き上げなど検討されていますが…

「史上最悪の介護保険改定を許さない!!院内集会および記者会見」を11/18(金)14:00から生配信します??#介護守れ2022 ?? https://youtu.be/rFzkye0VJ60

—–

上野千鶴子に介護保険料改定を批判させる
という内容になっています。

上野千鶴子と言えば「平等に貧しくなろう」で有名な方です。
それなら私財を寄付すりゃいいでしょうにね。

結局、この人の主張って
「私はお金を出したくないし、私のお金は減らしたくない。あんたらが貧しくなりなさい」
というとても身勝手なものでしかないと思います。

上野千鶴子氏は
自分だけがかわいい身勝手な人
というだけでしかないように思います。

琉球新報の記事から。

【辺野古テント「強制撤去する」 封筒にメモ書きとマッチ箱見つかる 市民ら警戒「放火を意味する脅迫か」】
【辺野古問題取材班】沖縄県名護市辺野古の新基地建設の反対運動が展開される米軍キャンプ・シュワブゲート前のテントで16日、「皆様が長生きする事を祈ります」などと記載されたメモ用紙やマッチ箱が発見された。市民からは「放火を意味した脅迫ではないか」などと警戒する声が上がった。

 ▼辺野古で抗議活動する人は「プロ市民」?

 反対運動の参加者が16日の午前8時20分ごろに発見し、封筒の中身を確認した。通報を受けて駆け付けた名護署が現場を確認。発見した市民から事情を聞き、メモ用紙などを回収した。

 メモ用紙とマッチ箱はのり付けされた茶封筒の中に入っており、封筒には「辺野古基地反対運動されている方へ」と書かれていた。メモには「1カ月以内に看板、木材の撤去することをお願いします。されない場合、我々の方で強制的に撤去します」との記載もあった。

 メモの日付は14日になっており、差出人は不明。発見した那覇市の男性(66)は「怖い。抗議行動に対する卑劣な脅迫だ」と憤った。

 (長嶺晃太朗)
(2022/11/17 琉球新報)

以下がその脅迫状とかいわれるものらしいのですが、
日本語が怪しいし、11月と17日のところの1が全く別になっていて
文字そのものが怪しいです。

 


辺、抗議の抗の字の間違い、へんな読点の使い方

そして署名らしきところ、わかんむりに山の字。
日本語にはありません、中国語では存在するようです。

辺野古の反基地活動家の皆さんは是非とも被害届を出してほしいですね。

犯人が逮捕されて困ることはないはずですから、
被害届を出さないなんてことはしないですよねー?

北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したりするたびに
聞かれてもいないのに即座に
「朝○学校の生徒に対するヘイトクライムがー!」
とあったかどうかもわからない被害を主張して
自分達に批判の矛先が向くのを誤魔化して被害者になってマウントしようとするため、
ここのところ繰り返し
「朝○人に対する嫌がらせがー!」
となぜか証拠を示さずに自称ジャーナリスト(笑)や
朝○学校のお仲間が主張しています。

90年代のチョゴリ切り裂き事件でもそうですが、
被害をやたら主張するわりに
(チョゴリ切り裂き事件の当時は半年で被害が120件以上あったと朝○学校側は主張)
犯人がな・ぜ・か・絶対に捕まらないし、
日本人の目撃者も全くいないのですよね。
しかもこの件を追いかけていた在日韓国人ジャーナリストは変死してますし。

話を戻しまして、
辺野古の反基地活動は
天候不順、土日祝、夜間も不在という状態で、
平日も1日3回、せいぜい数十分しか居ない。
そんな状態だったのに
ずっと座り込みが続いてきたかのように主張していただけ
という実態がひろゆきによって多くの人に知られる事になりました。

そこで沖縄タイムスや中核派、日本共産党ら反基地活動家は
ひろゆきに反論しても全く勝てないので
「ひろゆき問題」
などと言いだしました。
ひろゆきを問題のある人物という事にして
ひろゆきは問題のある人物だから彼の主張は全部間違っている
という事にしようという手に出ていました。

ですが、多くの人達には全く相手にされないどころか、
TwitterJPの社員の約3/4が解雇され、
これまでTwitterJPの中の左翼どもと連携してやりたい放題やっていたトレンド操作もできなくなり、
沖縄タイムスもハフポスト日本語版やバズフィードも朝日新聞も
共産党お得意のトレンドで政府批判を流行らせる行為も
Twitter上で全くバズらなくなりました。

このままだと不味いという危機感があったのかもしれませんね。

ちなみにハフポスト日本語版、フォロワーが37万もいるはずなのに
ツイートに「いいね」がつくのがたいがい一桁。
良くて数十くらいになっています。

こんなところの記事が投稿するたびにトレンドに垂れ流されていた事を考えたら
TwitterJPの中の連中がどれだけ露骨に操作していたかよくわかると思います。

話を戻しまして、
今回の脅迫状を見る限り、
日本人が書いたものとは思えません。
とても日本語が不自由で漢字にもなれていない人が書いたように見えます。

そういや辺野古の反基地活動には
なぜか中国人や韓国人団体も参加していて
不法占拠掘っ立て小屋にも簡体字やハングルのポスターなどが掲示されていましたが……。

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント