狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

トランプの次は60日間の軍事政権が引き継ぐ

2021-01-18 00:12:37 | 米大統領選

 

プロフィール画像

昨日の記事でこう書いた。

ナバロ報告書のまとめによると、15万票余りの差が付いたミシガン州を除く5州では、違法とみられる票がバイデン氏のリード分を大幅に上回っており、それらの票が無効とされれば、選挙結果が覆る可能性もある。

次期大統領の就任式20日を目前に控え、日程的には逆転は不可能とみられるが、米国の最高権力者が米国民の支持を得ていない人物にアメリカ大統領の権力を与えてしまうリスクがあるのなら、1月20日を過ぎてからでも、アメリカの民主主義を守るため、トランプの逆転勝利の可能性もある。

トランプ逆転の可能性について臨時軍事政権による中継ぎの構想があった。

1月に次期大統領の就任式が行われるということは、あくまで大統領選が通常に行われたという前提が不可欠。

今回の大統領選その前提が崩れた。

従って例外的に中継ぎの軍事政権も想定できる。

1月20日の大統領就任式を目前に控え、ナバロ報告書やオバマゲート情報ファイルが公開され、就任式は大統領就任の通過点となる。

上記張陽チャンネルの指摘によると、政権はトランプから、バイデンではなく、一旦軍隊に引き継がれる。

そして60日間の審査の結果、不正投票が証明され憲法違反の選挙と確定したら「ナバロ報告書」の通りトランプが次期大統領に確定する。

仮に大統領選が違憲でないと確定したら、バイデンが軍事政権から引き継ぎ次期大統領となる。

ちなみに6日、議事堂に乱入した牛の角の被り物の男は、当初トランプファンと言われていたが、逮捕され3日後に自殺している。 

その後の調査によりこの人物は民主党陣営の同調者と見られている

 

 

 

詳しくは張陽チャンネルチャンネルを参照して下さい。

 

⇒最初にクリックお願いしま

コメント (1)

トランプ逆転の切り札、「ナバロ報告書」、20日以降も逆転可能

2021-01-17 06:14:01 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

 

ナバロ報告書はトランプ逆転勝利の切り札

トランプ政権のピーター・ナバロ大統領補佐官が、米大統領選挙の不正に関するレポート(報告書)を公表した。

第1弾は、2020年12月17日付で、「完璧な偽り:不正選挙に関する6つの重大な問題点」と題して36頁のレポート。

第2弾は、2021年1月5日付で、「盗みの芸術」と題したレポート。

第3弾は、2021年1月14日付で、「Yes、トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算」と題した15頁のレポートを公表した。

これまでに明らかになった分かり易い決定的証拠を列挙しておく。

ナバロ報告書のまとめによると、15万票余りの差が付いたミシガン州を除く5州では、違法とみられる票がバイデン氏のリード分を大幅に上回っており、それらの票が無効とされれば、選挙結果が覆る可能性もある。

次期大統領の就任式20日を目前に控え、日程的には逆転は不可能とみられるが、米国の最高権力者が米国民の支持を得ていない人物にアメリカ大統領の権力を与えてしまうリスクがあるのなら、1月20日を過ぎてからでも、アメリカの民主主義を守るため、トランプの逆転勝利の可能性もある。

ナバロ報告書について過去ブログナバロ報告書の重要性2020-12-31 より一部抜粋して振り返って見よう。

ナバロ報告書を書いたピーター・ナバロ氏はトランプ大統領の経済補佐官であると同時にカリフォルニア大学教授で公共政策を専門にする経済学博士である。

報告書の中には激戦区とされる各州でバイデン側が行った不正投票の証拠が列記されている。

トランプ大統領も指摘するナバロ報告書の重要性とは何か。

1月6日の副大統領権限への影響力は何か。

以下逐一検証してみよう。

先ず同報告書はこれ迄トランプ氏らが指摘した激戦州に於ける不正投票の証拠が列記されている。 

だが主なる証拠はケンタッキー州により連邦最高裁に提訴され、連邦最高裁により「提訴の資格がない」として却下されている。

ここで注目して欲しいのは連邦最高裁は、提訴を審議して棄却したのではなく内容を審議することなく「却下」した事実だ。

つまり連邦最高裁はケンタッキー州が提訴が「違憲」として却下したのではない。連邦最高裁判所としての責任逃れをしたに過ぎない。

ということはレポートに列挙された数多くの不正投票の証拠は現在でも憲法違反の疑いが濃厚というわけだ。

連邦最高裁が却下してもテキサス州の提訴の内容(激戦4州の投票は違憲)は現在有効である。

さらにバイデン氏が「勝利」した激戦6州での票差はアリゾナ州で約1万票、ジョージア州で約1万2000票など僅差。

報告書のまとめによると、15万票余りの差が付いたミシガン州を除く5州では、違法とみられる票がバイデン氏のリード分を大幅に上回っており、それらの票が無効とされれば、選挙結果が覆る可能性もある。

トランプの決断の選択肢が増えたことになる。

米大統領選で組織的不正、ナバロ補佐官が報告書

NEWSクローズ・アップ

開票結果が覆る可能性も

 

ナバロ米大統領補佐官(UPI)

ナバロ米大統領補佐官(UPI)

 11月3日に実施された米大統領選は、トランプ陣営、共和党が民主党側の不正を主張し、いまだ決着を見ていない。ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)はこれまで指摘されてきた激戦6州での数々の不正をまとめた報告書「完璧なごまかし-選挙不正の六つの主要要因」を作成、「これらの不正が完全に調査され、認められなければ、今後、公正な大統領選が実施されないという大変なリスクを負うことになる」と危機感をあらわにした。

 報告書は、バイデン氏が僅差でリードしたアリゾナ、ジョージア、ミシガン、ネバダ、ペンシルベニア、ウィスコンシンの6州について、これまで報告されている不正を州ごとに分類、分析、「確認された選挙不正のために疑念が持たれている票は、それらのごく一部が違法と判断されるだけで、選挙結果がトランプ大統領優勢になるには十分な数」と指摘した。選挙そのものの結果が覆る可能性にも言及しており、トランプ陣営による「選挙が盗まれた」という主張を裏付けている。

激戦6州

 報告が挙げた不正行為は、有権者登録時の不正、開票時の票の取り扱いミスや違反、投開票機の違法な操作、統計的に見てあり得ない異常値など多岐にわたる。17日の報告書公表時の会見でナバロ氏は、「選挙前の1年間、民主党が(選挙不正の)組織的な戦略を実施しているという数々の兆候があった」と、不正が組織的、計画的に行われたとの見方を明らかにしている

民主党が計画的に不正工作実施か

 不正の証拠として報告書は、「50以上の訴訟、裁判所の裁定、数千件の宣誓供述書、証言、シンクタンクの分析、動画、写真、パブリックコメント、報道」を挙げており、報告書はこれらを基に作成された。

 また「不法行為のパターンは激戦6州全域で一貫しており、バイデン・ハリス陣営に有利になるように、不正な方法で計画的に選挙プロセスを仕組むための組織的戦略をうかがわせる」と、民主党側の計画性を強くにじませている

 不正の例として、高齢者や寝たきりの人々を悪用したケースが挙げられている。ジョージア州で本人の同意なく、郵便投票の申請が出され、投票されていたケース、ペンシルベニア州でも、ダウン症の女性の同意がないまま、本人名で郵便投票が実施されていた例が見つかっており、宣誓供述でこのような例が数多く指摘されている。

 中でも深刻なのは、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に有権者の身元確認の基準が緩和された結果、民主党員、活動家らが広い範囲で実施した「バロットハーベスティング(投票用紙の収集)」などで、明らかな不正が行われやすくなったことだと報告は指摘している。バロットハーベスティングとは、ボランティアなどの第三者が期日前投票や郵便投票の用紙を独自に集め提出するもので、民主党側によってさまざまな地域で実施されたことが明らかになっている。

 報告は、ウィスコンシン州で、身元確認の緩和によって、「恒久的に外出できず」投票所に直接行けない有権者13万人分の疑わしい票が確認されたと指摘している。この身元確認の緩和はウィスコンシン州最高裁で違法との判断が下されていたにもかかわらず実施され、「恒久的に外出できない有権者の数は2019年の7万人から20年に20万人まで増加」した。増加分の13万人は「ウィスコンシン州でのバイデン氏のリード幅の5倍以上」に達し、これらの不正が正されれば、ウィスコンシン州での開票結果はトランプ氏が逆転することになる。

 ネバダ州では、バイデン陣営によって「組織的に」先住民に対し買収が行われ、「ビザギフトカード、宝石、装飾品などと票が交換された」ことが指摘され、「買収に関する連邦法への露骨な違反であり、驚くべきことだ」と報告は糾弾している。

 さらに、不正の証拠はないと主張する大手メディアは「無責任」と主張、「反トランプ・メディアと検閲を行うソーシャルメディアは、米国民から真実を覆い隠す共犯者」だと非難した。

 バイデン氏が「勝利」した激戦6州での票差はアリゾナ州で約1万票、ジョージア州で約1万2000票など僅差。報告書のまとめによると、15万票余りの差が付いたミシガン州を除く5州では、違法とみられる票がバイデン氏のリード分を大幅に上回っており、それらの票が無効とされれば、選挙結果が覆る可能性もある。

膨大な量のナバロ報告書が公表されたので、「正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現」より引用させていただいた。


https://navarroreport.com/
「ナバロ報告書(レポート)」

■2020年12月17日付の「第1回ナバロ報告書」について

20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙
https://populist.press/wp-content/uploads/2020/12/The-Immaculate-Deception-12.15.20-1.pdf
第1回ナバロ報告書

ピーター・ナバロ大統領補佐官は、次の6つの問題点から、6つの激戦州における不正行為の調査を基に米大統領選挙に関する報告書を作成した。

20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙

① 明白な不正投票
② 投票用紙の取扱上の誤り(不適切な取扱い)
③ 論争可能な処理上の反則(選挙の手続違反)
④ 法の平等保護条項違反
⑤ 投票機械の不法行為
⑥ 重大な投票上の異常


例えば、ペンシルベニア州の統計分析では、有権者名簿を調べたところ、8000人の死者が郵送で投票したことが発見された。

また、ジョージア州では、投票死者数がバイデンの勝率に匹敵するなどだ。

さらに、投票機(集計ソフト)について、不規則性や統計上の異常から、投票機(集計ソフト)に重大な欠陥(問題点)があることを指摘した。

ソース:BonaFidr
【ナバロ・レポート】「完璧な偽り:不正選挙に関する6つの重要な特徴」
2020年12月17日、BonaFidr

(一部抜粋)

【検証結果のエグゼクティブ・サマリーから抜粋】
20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙

この評価分析を行う際の根拠として、全米で起こされた50件以上の訴訟からの証拠資料や司法判断、数千件の宣誓供述書やその他の宣言や証言、シンクタンクや司法センターが公開している分析結果、動画や写真、パブリック・コメント、メディア報道、他を入手し利用したと記している。

そして検証の結果、この6つ全ての激戦州で、不正選挙に関する6つ全ての特徴に関する重大な不正があったことを示している。この包括的かつ客観的な検証結果は、今年の選挙がトランプ大統領から盗まれた可能性があるという主張にまた新たな「お墨付き」を与えるものとなっている。



▼「第1回ナバロ報告書」の主張の要点▼

証拠や不規則性のパターンの重みを考慮すると、マスメディアが不正や不規則性の『証拠がない』と垂れ流していることは無責任だ。

投票用紙の不適切な取扱いについて、違法と裁定された場合、トランプ大統領が勝利することに十分な票数となる。

不正選挙があった激戦州6州では、必ずしも「6つの問題点」が一致せず、不正の状況が異なっており、不正選挙は単独の首謀者によるものではなく、複数犯によることを示唆している。

主要メディアやSNS各社の検閲(言論弾圧)は、アメリカ国民を真実から遮蔽しており、メディアの信頼性や政治体制や国家の安定を損なうリスクが高い

「バイデン勝利」に加担しているジャーナリストや評論家や政治指導者らは、不正選挙の当該6つの問題点を認め、2021年1月20日の大統領就任式までに選挙の真実を見極める調査を行わなければ、米国民の支持を得ていない人物にアメリカ大統領の権力を与えてしまうリスクがある。

この報告書で評価された不正選挙の6つの問題点を積極的かつ完全に調査することを拒否すれば、主要メディアとSNS各社の検閲(言論弾圧)だけの問題ではなく、立法府や司法府も信用を失う。

●詳細
ナ バ ロ 報 告 書 の 翻 訳
http://www.venus.dti.ne.jp/~inoue-m/el_2020pe_na.html
ナバロ・レポート「完璧な偽り:選挙の不規則性の6つの重要な側面」
http://yoshytom.blog.fc2.com/blog-entry-20631.html





■2021年1月5日付の「第2回ナバロ報告書」について

20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙
https://img1.wsimg.com/blobby/go/be36dc6d-0df4-4c20-addf-fca72be46150/The%20Art%20of%20the%20Steal%201.5.21%20FINAL.pdf
T H E  A R T  O F  T H E  S T E A L
「盗みの芸術」

ソース:BonaFidr
ナバロ・レポートVol.2 「盗みの芸術」~民主党による大戦略
2021年1月5日、BonaFidr

エグゼクティブ・サマリー 「盗みの芸術」

民主党とその政治工作員たちは、意図せず共犯に仕立て上げられた共和党の「役に立つバカ」の助けを借りて、大統領選挙をドナルド・J・トランプから盗んだ。

民主党は、2本柱からなる「投票箱の水増し」大戦略により、6つの接戦州-アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ネバダ、ペンシルベニア、そしてウィスコンシン-を、十分な数の違法な不在者投票用紙と郵便投票用紙で満たし、決定的だったトランプ勝利を、僅差で尚かつ正当ではない、いわゆるバイデン「勝利」へと覆した。

1つ目の柱は、これら接戦州で、不在者投票用紙と郵便投票用紙の数を劇的に増やした。

2つ目の柱は、これら投票用紙の検査レベルを劇的に下げた-選挙の「警察役」(監視員たち)を持ち場から効果的に離れさせた。

この挟み撃ちにより、トランプ大統領による決定的な合法的勝利から、バイデンによる正当ではない、いわゆる「勝利」へと、天秤の片方を重くするのに十分以上すぎる違法な投票用紙が、接戦州に洪水のように流れ込む結果となった。

(中略)

民主党の工作員たちは、頻繁にCCPウイルス(武漢ウイルス)と、その結果生じたパンデミックという盾の背後に隠れ、重要となる接戦州で、不在者投票用紙と郵便投票用紙の票数を引き上げるという彼らの目的をさらに前進させた。

(中略)

ソロスの資金が、住民投票というような手段を通して、選挙法やルールを変更するための活動への資金的援助を行った。ソロスと、政治活動委員会である「州務長官プロジェクト」のような彼の組織ネットワークはまた、ミシガン州の州務長官(ジョセリン・ベンソン)や、ペンシルベニア州の州務長官(キャシー・ブックバー)のような傀儡を当選させる援助を行った。

彼らは、選挙法を曲げ、もしくは破り、故に「投票箱の水増し」大戦略を前進させるという有益な役割を果たすことになる。

ザッカーバーグの資金-5億ドル(500億円)近く-は、ミシガン州のウェイン郡やウィスコンシン州のデーン郡のような民主党の重要な拠点において、事実上、敵対心を持った民主党の「官民パートナーシップ」を作り上げ、そこが本来であれば無党派の選挙プロセスであるべきものを乗っ取る支援を行った。

(中略)

ナバロ・レポートのVol.1「完璧な偽り:不正選挙に関する6つの重要な特徴」と、Vol.2「盗みの芸術」を合わせると完全な調査となっており、今回の選挙の違法行為と我々の政治プロセスの戦略的ゲーム化が、大統領選挙が盗まれる結果を生じさせたのはほぼ間違いがないという、説得力ある主張を行っている。

この国は、アメリカ国民の大部分が正当ではないと認識する大統領の就任というリスクを冒すことは、単純にできない。そのため、どのようなものでもこのような捜査が、すぐさま開始されなければいけない。






■2021年1月14日付の「第3回ナバロ報告書」について

ソース:BonaFidr
【ナバロ・レポートVol. 3】「Yes、トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算」
2021年1月14日、BonaFidr

20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙

アメリカ大統領補佐官で、ホワイトハウス通商製造政策局長を勤めているピーター・ナバロ氏は、1月14日(木曜)、第3弾となる「ナバロ・レポート」を公開した。

第3弾となるナバロ・レポートは15ページから成り、「Yes、トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算値」というタイトルが付けられている。これは第1弾の「完璧な偽り:不正選挙に関する6つの重要な特徴」と第2弾の「『盗みの芸術』——民主党による大戦略」に続くものであり、これが最終レポートになるという。

以下はこの第3弾のレポートの冒頭に記載されている「はじめに」を一部抜粋して翻訳したものである。

――――――――――
・・・(前半部分は第1弾と第2弾のレポートのサマリーとなっており割愛)・・・

ナバロ・レポートのVol. 3は、「2020年の大統領選挙は、ドナルド・J・トランプから盗まれたのか?」という質問に対して実施されてきた包括的分析を総括する「冠石」の役割を果たすようデザインされている。

このレポートの中で、私たちは各激戦州における潜在的可能性ある違法票の数に関して、最新の統計的「計算値(レシート)」を提供している。

ナバロ・レポートの最終巻が目指すより大きな目標は、州ごと、そしてカテゴリーごとの潜在的可能性ある違法票について、十分証拠の揃った集計結果を捜査員たちに提供することである。

この集計結果は、このレポートの次のページにある図1に示されている。この図にある各数字は、これら数字の情報源を特定している巻末の注記に対応している。さらに、私たちは潜在的可能性のある違法票を集計するのに、控えめなアプローチを取ったことに留意すべきだ。

第1弾と第2弾のナバロ・レポートと同様に、図1では、潜在的可能性がある違法票の数と比べて、僅差によるバイデン「勝利」の得票差が非常に小さく見えることが明らかに見て取れる。

この証拠に直面して、理性的な人であれば誰も、一点の曇りもなく2020年の大統領選挙が公平な選挙であったと結論づけることはできないだろう。

むしろ、このレポートを読む人であれば、今回の選挙がドナルド・J・トランプから盗まれた可能性があることについて、いっそう明確にすることを追求せざるを得ないと感じるはずである。

現在、進歩主義的な人たち(訳者注:左翼の婉曲表現)の間や主流メディアでは、全てのアメリカ国民が「統合」と「融和」のために、自由で公平な選挙だったなどと言うのはフィクションである可能性が十分にある「真実」に屈服し、

そうした「真実」を告白することがポリティカリー・コレクトネスとなっている。

一方で、このレポートにある証拠を目にしても、このようなカフカの小説のように不条理な要求をすることは、むしろ逆の効果をもたらす可能性が高い。

つまり、今ではこの国のほぼ半数が、2020年の大統領レースで重大な違法行為があったと確信している。

そしてこうした違法行為を完全に捜査することを怠ることは、このような疑いを持つアメリカ国民の数を増やすだけである。

真実を追究することが、少数のSNS独裁企業による全体主義的——いや、ファシスト的——行動による支援を得て弾圧される場合、これは特に当てはまる。

こうしたSNS独裁企業は、数千万人ものトランプ支持のアメリカ国民たちをプラットフォームから追い出し検閲する役割を自ら買って出ている。

こうしたアメリカ国民たちは、現在、フェースブックやツイッター、ユーチューブといったプラットフォームの消費者ではなく、いつの間にか犠牲者になっていたことに気がついている。

こうした真実について考えるにあたって、2つのことを決して忘れないようにしよう:

(1)民主党とその工作員たちは、1960年の大統領選挙を盗んだ——当時これが起き、これは繰り返され得る。

そして

(2)私たちが今日目撃しているのと同じような、自分は正しい政治観念を持っていると主張する圧力やキャンセル・カルチャーの圧力に直面し、歴史家たちがようやく1960年版の「完璧な偽り」を認めるのに何十年もかかった。

今日、共和党や保守の声を黙らせようとする同様の試みが行われているが、ドナルド・J・トランプ大統領に投票した7400万人のアメリカ国民たちは、真実に対する完全な捜査と党派に偏らない追究を行う権利がある。

しかし、もし民主党、共和党の中のRINO(名ばかり共和党)分子、反トランプの主流メディア、そして暴走し検閲を行っているSNS独裁企業が、2020年の選挙についての真実を探求することを弾圧するという彼らの活動を停止しなければ、歴史は、これら全ての人間たち、企業、そして政府制度を可能な限り厳しく断罪するだろう。

現時点において、私たちは完全で活力あるアメリカ民主主義から、共謀して暴走したSNS独裁企業たちによって警護された、共産主義チャイナ様式の「キャンセル・カルチャー」、「警察国家」に移行してしまうナノ秒前という危険な状態にあるように見える。

このレポートの残りの部分では、私たちは州ごと、そしてカテゴリーごとで、アメリカ政治史において最悪の盗難である可能性が十分にあることについて、統計的「計算値(レシート)」を簡潔に提示する。もし米国連邦議会および6つの激戦州における州議会議員たちがこの証拠を無視するなら、彼らは自らの危機を覚悟するだけでなく、アメリカの我らが選挙に対する信頼と我らが共和国の神聖さの危機をも覚悟してそれを行うことになるだろう。
――――――――――

図1
20210116Yes!トランプ大統領は勝利した:事実、証拠、そして統計的計算・第3回ナバロ報告書・証拠列挙
(Figure via Navaro Report Vol. 3)



▼不正選挙の決定的証拠は山ほどある(2021年1月16日更新)▼


・ドミニオンの集計ソフトを使用したペンシルベニア州のフィラデルフィアの開票速報で、トランプの1,690,589票が一瞬にして1,670,631票に減り、そのトランプが減らした19,958票がそのままバイデンの票に上乗せられて1,252,537票から1,272,495票に増えた!左記の約2万票の瞬間移動の様子はリアルタイムで放映されて、今でも動画が残っている!(関連記事

・ミシガン州で、1823年生れ(197歳)の人など117歳以上の人が7人以上投票

・ミシガン州で、USPS(郵政公社)内部者が遅延郵便投票に嘘の日付(11月3日)の消印スタンプを押す不正投票を行っていると内部告発

・ドミニオン社の役職員による内部告発の宣誓供述書

・ドイツで米軍が押収したドミニオン社の不正集計ソフトに使用されたScytl(サイトル社)所有のサーバー。左記のサーバーを分析した米軍の第305軍事情報部の元電子情報分析官の宣誓供述書(関連記事

・ジョージア州で選挙管理責任者を含む4人~6人の集計作業員が11月3日の集計作業終了時間になっても現場を離れず、共和党員の監視員やFOXの記者など皆がいなくなってから、テーブルの下から複数のスーツケースを取り出して、監視員の立ち会いのない状況下で、夜中に2時間にわたってスーツケースに隠していた投票用紙を集計機にスキャンして集計を続けていた様子を撮影した監視カメラ映像(監視員不在の間に処理した票は推定1万8000票)!(詳細関連記事

・ジョージア州フルトン郡のステートファーム・アリーナ集計所の選挙管理責任者であるシェイ・フリーマン・モス(娘)に、母親のルビー・フリーマンがUSBを手渡す監視カメラ映像(動画)!(詳細関連記事

・ジョージア州ウェア郡で、ドミニオン集計機が押収され、同数のトランプとバイデンの投票が法的に分析(法的監査)された結果、ドミニオン集計機はトランプ票を87%、バイデン票を113%と集計していた(同数なので両方とも100%でなければならない)!(詳細関連記事

・エレナ・ペアレント上院議員(民主党、ジョージア州)が11月3日(米大統領選挙の日)にジョージア州の集計所に集計作業員に扮装して潜伏(違法)していた様子が撮影されていた監視カメラ映像(詳細関連記事

・12月15日にミシガン州の裁判所が公表したドミニオン機の集計が不正だったことを認める法廷監査の報告書(レポート)! (詳細関連記事

・激戦州の一部の郡では、投票数が登録有権者数の100%をはるかに超えている。

・12月28日、ペンシルベニア州で有権者数が676万人しかいないにもかかわらず、投票数が696万票と20万票も超えていたことが判明!(関連記事

2020年12月30日に行われたジョージア州公聴会において、Jovan Pulitzer(ジョヴァン・ピューリッツァー)は、ドミニオン投票機へのハッキングをリアルタイムで公開再現して見せて、ドミニオン投票機へのインターネット接続が可能であることを証明した!(詳細関連記事

2021年1月5日のジョージア州上院決選投票でも時間が経過して集計が進んだにもかかわらず、共和党候補者の集計票数が何度も減少した!左記の集計票数の減少の様子はリアルタイムで放映されて、多数の動画がTwitterやYou Tubeに掲載された!Twitter社やYou Tubeは次々と証拠の動画を削除しているが、今でも幾つも動画が残っている!)(詳細関連記事

米大統領選挙では、データがドイツ経由でイタリアに転送され、ローマの米国大使館で働く米国人の指示の下で、ジョー・バイデンを勝たせるためにデータを切り替える操作を行い、多数のトランプ票をバイデン票に移動させた!レオナルド S.p.Aのイタリア人IT技術者・Arturo D’Elia(アルトゥーロ・デリア)は、トランプ大統領の票をバイデンに付け替えたことを裁判で認めた!(詳細関連記事

【おまけ】

「選挙不正」徹底調査したナヴァロ報告書の説得力

配信

JBpress

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (6)

米民兵組織が呼び掛け、トランプ大統領に「最後のチャンスです」

2021-01-16 08:55:43 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

 

昨日の孔子廟第2次訴訟には、約20名の有志が傍聴に来ていただきました。

この場を借りて感謝申し上げます。

第二次訴訟は始まったばかりのため、原告・被告の弁護団が準備書面を交わすのみで、4~5分で閉廷。

次回は2月17日、那覇地裁で行なわれる予定。

なお裁判の要旨はチャンネル桜沖縄支局で収録の上、担当弁護士が解説の予定。

               ★

昨日の夕食は先日紹介したユニオンの「点心弁当」をカミさんが買って準備してくれた。

価格は390円。 点心弁当らしく、先ず肉まんが目を引き、他に小さめの饅頭が2点、餃子が2個、春巻き1個、そして肉団子や唐揚げも入っており、お米の代わりに饅頭で済ます仕組み。

「お弁当・お惣菜大賞2021」で優秀賞を受賞した、野嵩商会の点心弁当

さすがユニオンらしく、コスパはGJ、味も美味しく完食する出来栄え。

近くにユニオンがある方に390円の豪遊をお勧めします。

              ★

トランプ大統領に「最後のチャンスです」米民兵組織https://news.yahoo.co.jp/articles/2e2b0f09823fa9d2a1e539fb69e5135d25aeae9f

配信

テレビ朝日系(ANN)
 

All Nippon NewsNetwork(ANN)

テキサス州の歴史

●1500年代
スペイン人の探検家らがテキサスに上陸。
●1685‒1689
フランス領テキサス時代。1685年、フランス人がテキサスの植民地化を宣言。しかし長くは続かず、1690年より代わってスペイン人が支配。
●1690‒1821
スペイン領テキサス時代。1821年、メキシコ独立革命により、メキシコがスペインから独立。テキサスはメキシコ領テキサスに。
●1821‒1835
メキシコ領テキサス時代。1835年、テキサス住人がメキシコに対して反乱(テキサス革命)を起こし、分離を宣言。
●1836‒1845
テキサス共和国時代。1839年にはオースティンがテキサス共和国の首都に。
●1845‒1861
1845年、テキサスはアメリカ合衆国に28番目の州として併合。
●1861‒1865
アメリカ連合国時代。テキサス州は1861年にアメリカ合衆国を脱退し、奴隷制を認めていた南部の諸州らが集まって建国したアメリカ連合国に参加。65年、南北戦争での敗北によりアメリカ連合国は消滅。
●1870
1865年からは暫定的にアメリカ合衆国がテキサスを統治。70年、テキサスは連邦議会により州として再承認。

【米国】米民兵組織、トランプ大統領に「最後のチャンスです」…最高司令官として行動するよう要請

 
1: ゆき ★ 2021/01/15(金) 12:43:05.05 ID:/+bjg6zr9

outhkeeper004


アメリカの民兵組織がまもなく任期を終えるトランプ大統領に「最後のチャンスです」などと行動を呼び掛ける書簡を公開しました。

民兵組織「オースキーパーズ」は14日、トランプ大統領への公開書簡を発表しました。

「我々は現在、1776年にワシントン将軍が直面した危機と同じかそれ以上の危機に直面しています」と書き出し、トランプ大統領が20日に任期を終える前に最高司令官として行動することを求めました。
以下略全文はソースへ
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000204148.html
▽おすすめ
韓国外交部高官「イランの凍結資産から救急車を提供することが可能」→イラン「我々が必要なのは凍結された70億ドルで救急車ではない」……それで解決...

【警告】菅首相からお前らに衝撃のメッセージwwwwwwww


 
112: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:52:50.66 ID:WBUa8LBI0
>>1
ミリシアの他にも民兵組織があるのか。
これは勝負あったな。



271: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:00:45.65 ID:k2swFIEH0
>>1
講堂の犯人は左翼だったことちゃんと書いとけや



724: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:24:30.67 ID:Onp9qykd0
>>1
要請かよ



777: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:27:03.75 ID:nYQ1pREF0
>>724
軍が唆すパターン初めて見たわワロタw



2: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:43:49.20 ID:ym+W2Qsf0
トランプが余裕すぎて何が起こるか楽しみでしかない



60: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:49:01.14 ID:CIj+Sku10
>>2
DSのやつら、トランプに何をいつされるか分からないからドキドキしてると思うと愉快でならない



3: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:44:19.28 ID:kEssoRVB0
民兵って何だろう



29: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:46:48.69 ID:0jMv973w0
>>3
ボランティアの兵隊でアメリカ中にいる
退役軍人などの愛国者が多くトランプの支持層でもある



324: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:03:19.39 ID:LMUzln0w0
>>3
アメリカの民兵はアメリカの合衆国憲法修正条項第2条に規定があるよ
アメリカの場合では民兵は憲法で認められた存在だけど、
有事には自分で銃をもって駆けつけるという考え方、ミニットマンと呼ばれる人だね
でも現代ではミサイルで戦争する時代だから、民兵では銃を持つだけでは国を守れる
のかと思うけど、200年以上前からあるアメリカの憲法には規定が残ってる



364: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:05:17.85 ID:kEssoRVB0
>>324
ちゃんとした組織なのか



863: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:31:42.56 ID:OaMtY1Yh0
>>324
バイデンはそれを廃止しそう......



871: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:32:18.32 ID:OnW3cdIe0
>>863
そりゃするでしょうな



886: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 13:33:24.33 ID:OaMtY1Yh0
>>871
全米ライフル協会の動向が気になるな......
シェアを狭めることに従うかどうか......



5: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:44:25.65 ID:dvAlJAOw0
トランプはそもそも暴力と戦争が大嫌いなんだが



42: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:47:36.25 ID:RbYy7U+t0
>>5
なのにどうして銃規制に反対してるの?



71: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/15(金) 12:49:55.14 ID:7AGY9Md80
>>42
銃は独立戦争で英国から勝ち取った米国民の権利だから
歴史を調べてみ

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (5)

【追記】あり、我那覇真子が指摘!米議事堂乱入を煽ったのはBLMのメンバー

2021-01-15 22:15:38 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

 

米議事堂乱入を煽ったのはBLMのメンバーと判明か

配信

JBpress

米議事堂占拠事件では警官が一人死亡した(写真:UPI/アフロ)

小川 博司

 

【関連記事】

 

【おまけ】

議事堂乱入でANTIFAの影を見抜いた日本人女性

米保守派メディアが注目した、トランプ支持者とは異なる男たち
2021.1.14(木)小川 博司
サンディエゴ在住のアシュリー・バビット氏は警官に撃たれて死亡した(写真:Abaca/アフロ)

 米東部時間1月12日午後、米国でこのところ視聴率を上げているエポックタイムズが、フリーで活動する日本人の女性ジャーナリスト、我那覇真子氏のインタビューを配信した。題名は「Video: Analysis of Ashli Babbit Video Suggests Coordinated Actions–Interview With Masako」で、12分13秒の彼女に対するインタビューだ。ログインする必要があるが、興味と時間のある方は確認してほしい。

 

 ちなみに、エポックタイムズは法輪功系のメディアで、極端かつ徹底した反中報道スタンスで知られる。最近はトランプ大統領を支持することで視聴者を増やしており、誤情報や陰謀論を拡散しているとリベラルメディアは批判している。そして、取材を受けた我那覇氏は「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表で、保守派のフリージャーナリストとして活動している人物だ。その点を理解した上で読んでいただきたい。

 結論を先取りすると、彼女は、1月6日にワシントンDCで起きたトランプサポーターらによる議事堂への乱入に関する複数のYouTubeを見ていてあることに気づいた。サンディエゴ在住の女性、アシュリー・バビット(Ashli Babbitt)氏が警官に撃たれる前、ある一人の黒人男性がパイプを持ったもう一人の男とドアのガラスを割っていた。その直後に警官が発砲して彼女は倒れた。我那覇さんは、一連の騒動の中で、この二人だけが、トランプサポーターとは異なる過激な行動をしていたと指摘している。そして、他の証拠と合わせると、この黒人男性は極左団体のANTIFA(反ファシスト)だという。

 我那覇氏によれば、バビット氏の命を救おうと救急救命士が搬送しようとしているにもかかわらず、この黒人男性は「彼女は死んだ」と叫び、デモ隊を興奮させた。ところが、この黒人男性はデモ隊を扇動した後、自分自身はデモ隊から離れ、近くの階段にいた複数の警官の後ろでリュックを背負って静かに立っていた。実際、撮影された映像はリンクで確認できる。

 

 確かに、他のYouTubeを見ても、バビット氏が撃たれた時に暴徒としてドアの窓を壊していたのはこの二人だけのようで、そのうちの一人がこの黒人男性、もう一人がパイプを持った男だった。この黒人男性は、その後、CNNに出演して当時の様子を話した(これも我那覇氏のインタビューにリンクに出てくる)。

日系メディアの駐在員は何をしている?
 

日系メディアの駐在員は何をしている?

 日本の大手メディアは米国に駐在員を置いている。基本はワシントンDC、ニューヨーク、サンフランシスコ(シリコンバレーに近い)の三都市が中心だと思われるが、中には、他の都市に駐在している人もいる。また元駐在記者で、今はワシントンDCや西海岸に住んで独自の報道をしている人もいる。

 

 さらに、米国のシンクタンクや大学に研究員のような形で滞在している人がいることを考えれば、総計は100人を下らないだろう。現地採用の記者などもおり、米国から見た海外メディアとしては日系メディアはかなり手厚い体制を敷いていると評価できる。

 もっとも、彼らが真面目に仕事をしているのは当然ながら、メディア企業として米政府などとの関係があるため、今回のような混乱時に思い切った報道ができないという面がある。

 また以前、民主党大会への取材をしたいと頼んできたメディアがあったが、筆者が民主党関係者と話すと、その時は無条件にダメだった。環太平洋経済連携協定(TPP)の話で紹介をしようとした際に断られた経緯もある。単に忙しかっただけかもしれないが、日本のメディアは米政府にはあまり食い込めない事情があるらしい。

 実際、今回の大統領選挙でも、各州がメディアに公開した投票所に日本のメディアが取材していたという話は聞いていない。これも、ある駐在員に聞くと、取材依頼を出したが断られたとのことだった。

 さて、我那覇さんに話を戻すと、この時期にワシントンDCを一人で歩くのには勇気がいる。筆者の印象では、今のワシントンDCは、ニューヨークでいえばハーレムやブロンクスの雰囲気で、単純に危険の多い地域だ。その心意気自体が彼女のジャーナリスト魂に繋がっているのだろう。

 今回のデモ隊の議事堂乱入についても、短絡的に「暴動」と言い切らずに、つぶさにYouTubeにアップされた動画を分析したところに、他の日本メディアとの違いがあった。さすがに、1月6日当日の体当たり取材はできなくても、IT(情報技術)の発達した現在、多くの欧米ジャーナリストや民間人が写した動画を横並びで見れば、真実が見えてくるということもあるだろう。

沖縄での経験が物を言った今回の分析

 我那覇さんは沖縄出身で、これまでも地元メディアの記者として日本で「左翼」と呼ばれる人達の行動を見てきたと語っている。その結果、彼らの「分子」が普通の人達の中に混じり、暴動を扇動するというパターンを見つけたという。その分子は、その前からの動きを冷静に見ていれば、明らかに他の一般大衆とは違う動きをするとのことだ。

 

 そう言われてみると、議事堂で議場に入って議長席に座っているのはマスクをした黒人であった。また、乱入の様々なシーンでは、他の中高年の白人トランプサポーターとは違って、リュックを背負った若者が必ずと言っていいほど混じっている。

 また、我那覇さんのインタビュービデオを見た後に、YouTubeにアップされた複数のビデオを見ると、トランプサポーターの多くがマスクをしていない、またはマスクをしても顔の判別ができるのに対して、明らかに顔を隠している人々が混ざっている。

 地元警察などが、この分析に興味を持って行動をするかどうかは、今のところ不明である。暴徒と呼ぶ人々と一緒に写真撮影をしている警官もいる中、何が真実かを見つけるのは難しい。

 彼女のようなジャーナリストが多角的な観点で報じるようになると、いよいよ米国の政治報道も、ワシントンDCのシンクタンクや日本にいる研究者などへのコメントに依存するだけではなく、事実に基づいた議論ができるようになる。

 筆者の知る限り、台湾は30年以上前からそうしてきたし、中国もこの20年で急速に米国の事実を報道できるようになっている。韓国についても、ここ10年の米国への食い込みは著しく、日本人によく知られている複数のシンクタンクなども、韓国依存度を高めている。彼らのイベント情報の中に、この数年でも中国や韓国に関するものが多いのは、両国およびその企業から資金が出ているからだろう。

 米国は、今回の大統領選挙を経て大混乱時代が始まった。黒人だというだけで逮捕しないという動きや、コロナを理由に、中国人を批判する動きはもちろん、日韓も含めた東アジア人差別も生まれつつある。米国政治自体も、分断がなくなるどころか、むしろ拡大中だ。

 こうした現実を本社に縛られないフリーのジャーナリストとして、我那覇さんが今後も活躍することを祈りたいし、彼女の次を狙う日本人ジャーナリストが米国に増えることを期待したい。

 

【追記】

FBI、米議事堂襲撃に関わったアンティファメンバー226名を内通者からの情報提供で調査中wwwwwwwwwwwwwwwwww

  •  
 
ルディ・ジュリアーニ

twitternew_thumb


【機械翻訳】
ジュリアーニ:なぜこれが魔女狩り弾劾議会に提示されなかったのか。彼らは暴動がトランプ演説とは何の関係もないという真実に関心がないからです。彼らは演説の前に組織され、暴動を起こすために訓練された反政府勢力のようなグループによって独自に実行されました。

ジェームス(兄):私は現在FBIと協力して ジョンとキャピトル暴動を 扇動した反ファの226人を 暴き出し 責任を追及しています 他の3人のユータンと一緒に 私のエージェントを トラブルから救い出すことができました 何が言いたいのか カッシュがあればいいのに...


 

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (2)

■那覇市住民訴訟のお知らせ、”トランプ弾劾”?、いえいえ“バイデン弾劾

2021-01-15 05:44:10 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

 

■今日の催物

那覇市住民訴訟のお知らせ

1月15日(金)13時15分より 那覇地裁にて

孔子廟 第二次訴訟の口頭弁論が行われます。

提訴から6年余り、地裁判決、高裁判決で違憲であると裁定されながらも、

那覇市は何一つ改善しようとせず、市民公園を無償で孔子を信奉する団体に無償で使用させ続けております。

原告の金城テルさんと上原義雄氏は、何もしない城間幹子市長に業を煮やして、「撤去」を要求する第二次訴訟を起こしました。

翁長雄志前市長の失政とは言え、二人三脚でこの事業を進めてきた城間幹子市長の責任は大きいものと思います。

都合のつく方は、是非傍聴に起こし下さい。

*20日には東京の最高裁大法廷にて、孔子廟第一次訴訟の口頭弁論が行われます。

 

今日の沖タイ4面トップ

トランプ氏弾劾訴追

2回可決初

議会襲撃で「反乱扇動」

歴史に名刻む不名誉

潜る支持者過激化懸

SNS永久凍結

 
■トランプのツイッター凍結
 
虎ノ門ニュースの米大統領選を巡るケント・ギルバート氏と石平氏の激論は興味深かった。
 
主な対立点
 
ケント「トランプは敗北宣言をした」(遅すぎたけど)
 
石平「トランプは敗北宣言していない」
 
両者夫々言い分があるようで議論の決着はつかなかったがSNSがトランプ大統領の発言を凍結した点では、言論の自由の崩壊という点で、両者の意見が一致した。
 
各国首脳の間からも大統領の言論検閲に関しては、民主主義の破壊との意見が寄せられた。


20210114ツイッターに世界から非難殺到!メキシコ大統領、ドイツ首相、仏政府、ブラジル大統領など・株価暴落


中共と同様に独自の判断で検閲や言論弾圧をするTwitter(ツイッター)などのSNSに対して、世界中から批判殺到!

メキシコ大統領、ドイツ首相、仏政府、ブラジル大統領なども、Twitter(ツイッター)を明確に批判!


メキシコのロペスオブラドール大統領「投稿内容が有害かどうかを判断するのは企業ではなく【国家の責任】だ」

ドイツのメルケル首相「意見表明の自由を制限する行為は【法に基づくべき】だ」

フランスのボーヌ欧州問題担当相「衝撃を受けた!言論の制限については、民間企業の最高経営責任者(CEO)が決めることではなく、【市民が決めるべきこと】だ!こんな企業に対して【公的規制】が必要だ!」

フランスのル・メール経済・財務相「【政府が規制に責任を負うべき】だ!大手テクノロジー企業は【民主主義への脅威】」

ブラジルでも大々的な抗議の動き!

                ★
■トランプの弾劾追訴
 
 
日本のテレビはあたかもトランプ氏の弾劾が下院の決議みで決定したかのように報じているが、この件に関してはペロシ議長のトランプに対する私怨のようであり上院では実行不可能なことは織り込み済み。
 
事実上弾劾は不可能の茶番劇である。
 
■バイデンの弾劾
 
一方、こんな弾劾も我那覇さんのツイッターから拡散されている。
 
“バイデン弾劾”という言葉そのものは衝撃的だが、実行可能かどうかはさておき、発言自体は事実のようだ。ジョージア州選出の共和党ということで、出身州の不正については我慢がならなかったものと思われる。
 
我那覇氏はメルマガの配信に苦労しているようだ。
 
 
【おまけ】
247 Japan
247 Japan3 時間前
【速報】米下院議員、バイデン弾劾に動く 米下院の共和党議員のMarjorie Taylor Greene氏が1月21日にバイデンを弾劾するために動くようだ。つい先日の下院選で当選したばかりのフレッシュな人物ということで、ビッグテックなどの圧力にも負けずに動けるということだろう。現在の流れでは却下される可能性が高いが、勇気ある行動を称賛したい。 https://jp24h.com/post/119087.html
一部を表示
 
 
小山田千保子
やっと本来のアメリカ人らしい正義のある勇気ををもった議員が出てきてくれてただただ嬉しい限りです!
今の情勢からしたら無駄な抵抗でしかないのが悲しすぎます。あれだけあからさまな不正でさえ握り潰してしまうし、逆らうものは暴力と脅迫で抑え込まれる状況では、なす術がなかなか見つからないのでは? ヤツらは希望さえ握り潰してしまいますから。
 
コメント (8)

トランプ弾劾は可能か、民主党、メディアのダブスタ

2021-01-14 07:17:53 | 米大統領選

 

プロフィール画像

 

もし「バイデン次期政権」が確定なら、約1週間でトランプ大統領の権限は消滅する。

にも拘らず、ペロシ議長が事実上実行不可能な弾劾訴追を叫ぶ理由は何か。

ペロリ議長は何かに怯え焦っている。

では、トランプ大統領の弾劾は可能なのか?

否である。

トランプ大統領弾劾は上院の採決では否決される可能性が大きい。

上院では全100人のうち3分の2の67人以上が賛成すればトランプ大統領が最終罷免される。 上院は共和党と民主党がそれぞれ50議席ずつ持っている。

少なくとも共和党議員17人以上が民主党に加勢すればトランプ大統領が最終的に弾劾・罷免されるが、共和党上院指導部はまだ立場を出していない。

上院はトランプ大統領の任期が満了する1月20日正午までに弾劾審理を始めない方針だ。マコーネル院内総務は11日「バイデン次期大統領の就任式前日である19日まで上院会議を招集する計画はない」と明らかにした。

したがってトランプ大統領が自ら辞任しない以上任期満了前に大統領職から強制的に引きずり下ろすのは難しい。

ペロシ議長の弾劾は事実上、実行不可能である。

ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー法学部教授によると、ペロシ議長の妄言は「憲法および言論の自由を破壊し、気が狂っているとしか言いようがない」とのこと。

トランプ大統領を弾劾訴追 ペロシ議長「明白な危険」

配信

朝日新聞デジタル
>

6日、米連邦議会議事堂の入り口で警察ともみ合う、トランプ大統領の支持者たち=ロイター

朝日新聞社

【関連記事】

                 ★

 

 

参考

児童強姦魔エブスタインは生きていた! お釈迦さまもビックリ、リン・ウッド弁護士の証言2021-01-07

以下はブログ正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現の引用です。

■LIVE動画
LIVE: President Trump Speaks in Alamo, TX 1/12/21
https://www.youtube.com/watch?v=c_WNI43s3ds


http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8146.html#comment305401
▼要点翻訳▼

https://twitter.com/Tomo20309138/status/1349093955925807104
Tomo@Tomo20309138

トランプ大統領

★修正第25条は私にとってリスクは無いが、バイデン自身とバイデン政権を悩ませることになるでしょう
★「次の政権」が国境の壁を取り壊さないことを願う
★平和的に抗議と法と秩序を支持、暴動は許されない
★法執行機関に感謝
★国境の壁と移民政策の成果


(続)
★「次の政権」が国境の壁を取り壊さないことを願う★我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない
午前5:40 ・ 2021年1月13日

Tomo@Tomo20309138
返信先: @Tomo20309138さん

★我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない

仰る通りです。20分弱のスピーチ。

★我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない

Tomo@Tomo20309138


【次の政権(next administration)】がトランプ政権なら「国境の壁を壊さないように願う」なんていう発言はされないでしょう。

【バイデン政権(Biden administration)】とはっきりと仰いましたね。


2021/01/13(水) 07:11:21 | URL | coffee #- [ 編集 ]




http://totalnewsjp.com/2021/01/13/trump-497/
トランプ大統領の演説について(日本時間本日未明)
20210113トランプ「今は癒やしの時、平和と平静の時。国の治安・安全は、政治よりも優先」・国境の壁で演説

(一部抜粋)

■トランプ大統領がテキサスにて演説を行いました

時間にして約20分。場所はテキサス州アラモ

要旨(大雑把です)

・修正第25条は自分のリスクは無いが、バイデンとバイデン政権を悩ませることになる

・次の政権が取り壊さないことを祈る

・コロナのワクチンの成果。 コロナパンデミックはたくさんの人が傷ついたが、今は平和になる時

・平和的な抗議と法と秩序を支持する。暴動は許されない

・国境警備に当たってくれている人たち壁でア、メリカ国民を守ってくれた人たちに感謝の気持ちを伝える。

・壁を作ることが10年前から言われていたができなかった(トランプ政権でできた)

・犯罪からたくさんの人の命を守ってきたメキシコ大統領に感謝したい。

・不法移民が捕まえられ、アメリカ国内には入ってこれないようにした。

・我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない


■演説について

ネットでもすでに目にしていると思われますが、話題になっているのは今回明らかに「次期政権」「バイデン政権」と言ったことです。

・修正第25条は自分のリスクは無いが、(そんなことをしたら)バイデンとバイデン政権を悩ませることになる

・次期政権が壁を壊さないことを願う

という部分です。

もし自分が政権を継ぐならば、次期政権が壁を取り壊す心配はまったくないはずだからです。

多分、トランプ大統領は腹を決めたのではないかと思われます。

まだ1月20日にならないとわからないという人もいます。理由はこの演説自体があちら側を騙す策謀で、その日まではあくまで平穏に保たせる(アンティファに暴動を起こさせない)ため。確かに可能性は0ではありませんが、それに期待しましょうとは今は言えません。(もちろん可能性は0ではありませんし、自分の予想が外れて欲しいです)

こんな正義の塊の人、アメリカを一番愛した人、誰よりも人の心がわかる人、北朝鮮で拉致された日本の少女に想いを寄せてくれた人が、不正によって退任を余儀なくされる。。。これが現実なのかと。。

1つだけ言えることは、理不尽なことは世の中には確実にある、正義は勝つのではなく、勝った人が正義になるということです。

とてつもなく深い闇の中に放り込まれた気持ちです。

ただ、暗い闇の中にも希望は必ずあります。絶対にあります。

まだ、気持ちの整理がきちんとついていませんので、今はここまでにしておきます。





トランプ大統領が直接国民(世界の人々)に訴えるためにLIVE配信した場所にメキシコとの国境の壁を建設したテキサス州アラモを選んだことには、深い理由があると考えられる。

トランプ大統領は、今回の演説の中で、メキシコ国境の壁について次のように述べている。

弾劾訴追は「激しい怒り」招くとトランプ氏 
トランプ大統領
特に、犯罪からの命を救ったと言わざるを得ません。
メキシコの偉大な大統領に感謝したい。
彼は偉大な紳士であり、私の友人です。
そしてオブラドール大統領?彼は何が起こっているのかを本当に知っている人です。
そして彼は彼の国を愛し、そして彼はまた米国を愛しています。



ここでトランプ大統領が言った「犯罪」とは、「犯罪からの命を救った」との文脈から、単なる密入国や不法滞在だけではない!

メキシコからは、多くの未成年者や子供たちが人さらいなどによってアメリカに連れて来られ、一部の権力者や大金持ちたちによってレイプされたり、殺害されたりしている!

この一部の権力者や大金持ちたちは、アメリカ大統領選挙などでドミニオン投票機などを使って不正に票を盗んだ連中とかなりの部分で重なる。

リンウッド弁護士がTwitterアカウントを閉鎖される直前に暴露した衝撃の事実に登場する連中だ!

20210113トランプ「今は癒やしの時、平和と平静の時。国の治安・安全は、政治よりも優先」・国境の壁で演説

ハンター・バイデン

20210113トランプ「今は癒やしの時、平和と平静の時。国の治安・安全は、政治よりも優先」・国境の壁で演説


http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8139.html
ロバーツ裁判長らは児童強姦や殺人を録画されて脅迫されている!リンウッド弁護士が衝撃真実を暴露
合衆国最高裁判所のジョン・ロバーツ主席判事は、児童強姦や殺人について脅迫され、米大統領選挙の不正について裁判することを棄却した!



リンウッド弁護士「トランプ大統領、戒厳令を宣言すべし!」「内戦に向かっている!」

▼リン・ウッド弁護士のTwitter▼
(coffee翻訳)

合衆国最高裁判所のジョン・ロバーツ主席判事や世界の権力者たちは、録画された子供たちへのレイプや殺人などの恐ろしいネタを元に脅迫されている,私はそのことを確信した。
私はそのビデオファイルの暗号化キーを持ち、この情報を共有した。


この脅迫行為は、世界で最も有名で「エリート」な諜報機関の10人のメンバーによって実施されている。
それらのグループの1つは、「リザードスクワッド」として知られるハッカーグループによってハッキングされた。レイプと殺人の恐喝ファイルはこのグループによって取得され、そのコピーはアイザック・カッピー(2019年5月13日に42歳の若さで殺害された俳優)に提供された。

脅迫のターゲット(標的)たちは、銃や子供やカメラなどを使って接近され、そのターゲットはビデオで児童強姦を命じられた。そしてターゲットはビデオでその子を撃つように命じられた。
それから、そのターゲットは、脅迫価値が亡くなるまで、脅迫者たちによって所有され支配された。

アイザック・カッピーは「リザードスクワッド」のメンバーからハッキングしたファイルを受け取った後、ある友人にファイルを渡し、別の友人に暗号化キーを渡した。カッピーは2019年5月13日に42歳の若さで殺害されるまでの短期間、友人と情報を共有していた。
「リザードスクワッド」のメンバーは、ハッキングの罪で投獄された。

ジェフリー・エプスタイン(性犯罪や少女の性的人身売買で有罪となり、2019年8月10日に獄中死した実業家・投資家)は、彼自身の利益または彼が一緒に仕事をした諜報機関の利益のために、これと同じ児童レイプと児童殺害の恐喝ネタを使った。
彼のプライベートジェットで飛んだり、彼の島を訪れたすべての連中は、すぐに尋問され、裁判にかけられなければならない。


トランプ大統領の周りには壁があり、私がこの証拠を彼に得させることを妨げるかもしれないので、私はこの真実をツイッターとパーラーに投稿することを決意した。
カッピーは、大統領に情報を届けようとしたが、その後殺害された。私は、誰がカッピーに大統領へ情報を届けるためにそれを渡したのかについては分からない。

私は、カッピーからの情報がトランプ大統領に渡されなかったのではないかと心配している。そして、大統領に情報を届けようとした彼の努力が彼の死の原因だったかもしれない。
私は、私の生命が今大きな危険にさらされていることを承知している。しかし、私は神を信じている。私は決断を下す前に祈った。私は真実を明らかにしなければならかった!

このツイートは、保険証券だった。
児童レイプと殺人の当該脅迫事件の背後にいる悪の勢力は、他の人たちも暗号化キーを持っていることを知る必要がある。もし、近いうちに私が死んだり、私の家族の誰かが危害を加えられたり脅されたりした場合、多くの人が暗号化キーを解放する手はずを整えている。

これについては信頼できる情報源がなければ、私は決して糾弾することはない。
賭けるリスクが大き過ぎる。
そこで、今夜明らかにしている衝撃的な情報の正確性を検証するためにデューデリジェンスを行った。私はあなた方が真実を知ったことについて完全に快適だ。その真実は、多くを説明する。


この脅迫ネタを取り扱っているメンバーがいる10の諜報機関には、CCP、CIA、モサド、FBI、MI6が含まれる。
その他は簡単に識別できる。
それら諜報機関は、リザードスクワッドによってハッキングされた情報がどれかは分かっていない。

子供を強姦殺人する恐喝事件の規模は不明だが、関係する機関の数、数十万人の行方不明の子供、そして多くの強力な役人、有名人、ビジネスリーダーの不可解な行動を考えると、最悪の事態も恐れている。

だからこそ私は今、私が知っている真実を伝えた。
最近、私が正気かどうかを疑う人々の声が増大している。これで、その理由が理解できたはずだ。
今後しばらく私に何が起こって、何を言われるのか分らないが、今夜は真実を話したので良く休めそうだ。


最近の選挙での役人どもや裁判官どもの奇妙な行動など、この世界の多くの問題は、今夜私が説明した恐喝事件と結びついているのではないか。

トランプ大統領、徹底的に調査するために特別検察官を任命しなければなりません。
解明が必要です。調査する必要があります。子供たちのために!


もしも法執行機関に暗号化キーやその他の情報を提出するよう求められた場合、私はそれを直接トランプ大統領、フリン将軍、パウエル軍事弁護士に提供することに同意するだけだ。
私は彼らを信頼している。

もう一度、私の家族のために祈ってください。
ありがとうございました。
リン

合衆国最高裁判所のジョン・ロバーツ主席判事は、ただちに辞任しなければならない!



>ジェフリー・エプスタイン(性犯罪や少女の性的人身売買で有罪となり、2019年8月10日に獄中死した実業家・投資家)は、彼自身の利益または彼が一緒に仕事をした諜報機関の利益のために、これと同じ児童レイプと児童殺害の恐喝ネタを使った。
>彼のプライベートジェットで飛んだり、彼の島を訪れたすべての連中は、すぐに尋問され、裁判にかけられなければならない。


ジェフリー・エプスタインは、アメリカの実業家、投資家、ジェフリー・エプスタインVI財団のオーナーだった。

しかし、ジェフリー・エプスタインは、性犯罪や未成年の少女の性的人身売買で有罪となった。
ェフリー・エプスタインは、性犯罪や未成年の少女の性的人身売買で有罪となった

ジェフリー・エプスタインは、2019年8月10日、再審の申し立てで逮捕・拘留されていたニューヨーク州の拘置所内で首を吊って自殺したと発表された。

しかし、エプスタインの遺族や弁護団は、この自殺という判断に異を唱えており、鑑定を依頼された法医学者マイケル・バーデンは、2019年10月30日、他殺されたことを示す証拠があると発表している!

拘置所内で殺害されたジェフリー・エプスタインのプライベートジェットの飛行記録には、何と合衆国最高裁主席判事と同じ「ジョン・ロバーツ」の名前がある!
20210106ロバーツ裁判長らは児童強姦や殺人を録画されて脅迫されている!リンウッド弁護士が衝撃真実を暴露

ジョン・ロバーツ最高裁主席判事は、以前からトランプ大統領の敵対勢力になっていた疑いが濃厚であり、ジェフリー・エプスタインの獄中殺害事件に関与しているかもしれない。

ロバーツ裁判長らは児童強姦や殺人を録画されて脅迫されている!リンウッド弁護士が衝撃真実を暴露





トランプ大統領も、不正選挙に関わっている連中と児童を強姦したり殺害したりしている連中がかなりの部分で重なっていることを知っているのだ。

トランプ大統領は、「犯罪から命を救ったメキシコ国境の壁」での演説の最後の方で「我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない」「この国にとって今は癒やしの時であり、平和と平静の時だ」と述べた。

結局、トランプ大統領は、任期の4年間で一つも戦争らしい戦争を起こさなかった!

トランプは、好戦的な発言とは裏腹に、実際には極端な反戦平和主義者だ。

不正選挙の決定的証拠(科学的証拠を多数含む)が山ほど存在し、軍隊と国民が味方に付いている以上、戒厳令を敷く選択肢も有力だったが、内戦に発展する怖れもあり、反戦平和主義者のトランプとしては、戒厳令に踏み切る決断ができなかった!

「我が国の治安・安全は、政治よりも優先されなければならない」「この国にとって今は癒やしの時であり、平和と平静の時だ」という発言は、休養宣言(一休み)宣言とも捉えられる。

トランプの捲土重来を期待したい!

私は、ジョー・バイデンが4年間も持つとは考え難い。

認知症が極度に悪化しての辞任、老衰、病死、暗殺、息子の逮捕など、バイデンがまともに4年間続くとは到底思えない。
ジョーバイデン 小児性愛

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (4)

オール沖縄が瓦解!沖縄タイムス「宮古島の市長選で自衛隊に反対する候補が出てほしかったと住民が不満を訴えています」

2021-01-14 06:19:49 | 米大統領選
 

沖縄のユニオンの弁当とサンエーのおにぎりが全国で優秀賞 個性あふれる中身と味は?

2021年1月13日 14:30

 全国スーパーマーケット協会(東京都)が12日発表した「お弁当・お惣菜大賞2021」で、フレッシュプラザユニオンを運営する野嵩商会と、サンエーの商品がそれぞれ優秀賞に選ばれた。

 野嵩商会は中華点心の定番商品部門で、那覇市の台湾料理店「臺瓏(タイロン)」と作った点心弁当が受賞。サンエーはおにぎり部門で、自社工場で作っている「あぐーみそ」ときんぴらごぼう、サバを合わせた「さば竜田おにぎり」が選ばれた。

 審査では、点心弁当は「ご当地感あふれる地元名店とのコラボで非常に個性的な味わい」、さば竜田おにぎりは「三つの具材のバランスが良い」と評価された。

 野嵩商会の担当者は「コロナで観光客が落ち込んでいる臺瓏を支援しようと企画した。これを機に販売を強化したい」と意気込んだ。サンエーの担当者は「コロナで販売が厳しい中、プロの目線で選んでいただいた受賞は自信につながる」と喜んだ

              ★

■宮古島市長選

オール沖縄の瓦解にいら立つ沖タイ

 
沖縄タイムス「宮古島の市長選で自衛隊に反対する候補が出てほしかったと住民が不満を訴えています」
 
沖縄タイムス+プラス プレミアム

「陸自配備に反対の候補が出てほしかった」と住民に不満 宮古島市長選の2候補は「容認」

2021年1月11日 10:53

 2019年3月に開設された陸上自衛隊宮古島駐屯地。10日告示された宮古島市長選の2候補者はいずれも陸自配備を「容認」しており、「反対」を訴える候補者はいない。自衛隊基地近くの住民は今回の市長選をどう見ているのか。自宅を訪ね、聞いてみた。

 宮古島市上野野原の一部の民家は、航空自衛隊と陸上自衛隊の各駐屯地に挟まれるように建っている。「陸上自衛隊配備反対」。周囲にはこう書かれたのぼりが立てられ、市長選に関するのぼりもいくつか掲げられていた。

 「(陸自配備を)反対する候補者が出てほしかった」。サトウキビ農家の男性(70)は、そう漏らす。陸自宮古島駐屯地は生まれ育った地元の景色を変え、恩恵もないまま占拠し続けている。「基地には反対。今回の市長選は、自衛隊以外の政策で判断するしかない」。

 サトウキビ農家の高江洲明さん(62)は「1度造られた基地をなくすことは簡単ではない」としつつ、住民への説明の徹底を求める。一般住民には、基地内で何が起きているのか分からない。「説明責任を果たし、市民と対話ができる候補者がどちらなのか見極めたい」と力を込める。

 会社員の50代男性は「基地反対」を言い続けても変化がないのであれば、代わりに雇用やインフラ整備を要望したい、と言う。「市民の声を聞いてくれる市長となるのかどうか。そこを見て選びたい」と話した

 
1: 名無しです 2021/01/13(水) 20:53:52.44 ID:JpKjroF90● BE:844481327-PLT(13345)
「陸自配備に反対の候補が出てほしかった」と住民に不満 宮古島市長選の2候補は「容認」

 

2019年3月に開設された陸上自衛隊宮古島駐屯地。10日告示された宮古島市長選の2候補者はいずれも陸自配備を「容認」しており、「反対」を訴える候補者はいない。自衛隊基地近くの住民は今回の市長選をどう見ているのか。自宅を訪ね、聞いてみた。

以下ソース
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/690894
no title

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610538832/

 

2: 名無しです 2021/01/13(水) 20:55:18.04 ID:sWn8aeZh0
持続か給付金をくれる候補はいなかったのか?
 
4: 名無しです 2021/01/13(水) 20:57:12.94 ID:lybmfU1bO
ではその住民とやらを出してください
 
9: 名無しです 2021/01/13(水) 20:59:40.01 ID:OV+fhkaM0
そうですか、残念でしたね
次に期待しましょうね
 
11: 名無しです 2021/01/13(水) 21:00:41.69 ID:okKuuaM30
※この物語はフィクションであり、登場する人物・団体は実在するものとは関係ありません
って書かれてても驚かないわ
 
13: 名無しです 2021/01/13(水) 21:01:50.56 ID:c9iG7Jo70
>自宅を訪ね、聞いてみた。
こわっ
 
19: 名無しです 2021/01/13(水) 21:04:49.10 ID:2IBsnz100
>>13
各世帯の思想把握してそう
 
 
 
29: 名無しです 2021/01/13(水) 21:08:59.90 ID:k26706xq0
>基地内で何が起きているのか分からない
何言ってんだコイツはw
 
 
31: 名無しです 2021/01/13(水) 21:09:27.29 ID:ElFuUTyY0
あー、オキナワの朝日新聞かwww
 
32: 名無しです 2021/01/13(水) 21:10:54.54 ID:qte15zeZ0
民意じゃ無いから勝ち目が無い、だから出ないんだろ。
つべこべ言うならお前が出馬しろよ
 
37: 名無しです 2021/01/13(水) 21:13:02.28 ID:IhnG99XR0
なんで立候補しないの?被選挙権をお持ちでない?
 
40: 名無しです 2021/01/13(水) 21:13:49.44 ID:il63MQbZ0
本当に市民が反対多数なら反対を挙げれば当選するよね。なのに挙げないということは
 
 
47: 名無しです 2021/01/13(水) 21:21:34.25 ID:gwvb52gP0
選挙するまでもなく民意は明らかってことだ
 
53: 名無しです 2021/01/13(水) 21:30:13.66 ID:UlI2KxXf0
給付金詐欺の方が儲かるので
 
 
 
45: 名無しです 2021/01/13(水) 21:21:00.73 ID:1BMxesjX0
沖縄県民もこんなメディアが沖縄の代表面されるのは嫌で迷惑してるだろ
 
 
沖縄タイムス+プラス プレミアム

「知事がポロッと」で発覚 沖縄クラスター数を過少発表 事実と違う発信を続けた県の“言い訳”

2021年1月10日 11:31有料

[ニュース近景遠景]

 県内の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生件数を、県が4割以上も少なく発表していた。県は「いずれ発表するつもりだった」と言い訳するが、半年にわたり事実と違う件数を発信し続けていた。感染症対策に詳しい専門家は、不正確な情報発信は誤った対策につながる恐れがある、と指摘する。(社会部・下地由実子)

 発端は玉城デニー知事の6日の記者会見だった。「非公表を含めて4月から85件のクラスターが発生している」。飲食店などへの時短営業要請の対象地域を拡大するかとの問いに対する答えに、非公表のクラスターが存在することがさりげなく紛れ込んでいた。

 この時点で県が発表していたクラスターは48件。総数85件のうち非公表分は37件で4割以上を占める。県幹部は「公表の準備をしていた。知事がポロッと話してしまった」と知事のフライングに苦笑する。

■理由は後付け

 県は8日、改めて全てのクラスターの発生状況を発表した。非公表だった理由を(1)勢い(2)集団(3)抑止(4)影響-に分類したが、意味や判断基準が曖昧で、会見では報道陣から質問が繰り返された。非公表と判断したものをさかのぼって整理したところ、四つの理由に分類し直せたといい「後付け」であることも認めた。

 (1)の「勢い」とは、ある集団での感染が収束したと県が判断した場合という。その根拠について糸数公保健衛生統括監は「新たに感染した人がいないこと」と説明。期間は最後の感染から1週間程度をみているとするが「日数は決まっていない」という。

 (3)の「抑止」は県独自の判断の色合いが濃い。同じ地域の同じ業態の店で続いた発生のため「新たに公表しても感染の抑止効果が期待できない」と判断した事例という。同じような発生が続くなら、なおさら公表して注意を呼び掛ける必要があるのではないか。糸数統括監は「それは考え方による」と述べるにとどめた。

■説明一切なし

 非公表分は県内「第2波」が急拡大し始めた7月23日発生分までさかのぼる。県は半年近く、公表を決めた分だけで「県内○例目のクラスター発生」と事実と異なる発信を続けた。「非公表分がある」との説明は一切しなかった。

 状況の詳しい内容は伏せても、発生の事実だけなら公表できたのではないか。玉城知事は8日の会見で「タイミングを計っていた」と釈明した。県は今後、クラスター発生はその都度、発表する方針だ。プライバシーへの配慮などが必要な場合は内容の公表に一定の期間を置くという。

 日本感染症学会専門医の寺嶋毅東京歯科大学教授は、どういうケースがクラスターになるのか件数を含めて明らかにすることは、感染状況の分析や対策に欠かせない「教訓」になると指摘する。「家庭や職場の発生が多ければ、そこでの予防意識の向上につながる。工夫すれば、プライバシーを守ることと、速やかな公表は両立できる」と強調した。

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (2)

ポンペオ国務長官、voa で演説

2021-01-13 05:38:37 | 米大統領選

 

プロフィール画像

 

 

pcの調子が悪いので、アイパッドで打ち込んでいるが、まだ不慣れで思うようにいかない。

ポンぺオ米国務長官は1月11日(米東部時間)、「ボイス・オブ・アメリカ(VOA )」のワシントン本部を訪れ、 米国放送理事会(USAGM) の全職員に向けて演説を行った。

snsを閉め出されたポンペオ国務長官が最後の手段としてvoice of america( voa)を使って国務省の公式見解を述べた。

内容の概略は次の通り。

ーーーーーーーーーーーーーー

主要メディアやsnsはトランプ大統領や私の意見を締め出した。

voaは40 カ国以上で放送され2,800,000万人に聞かれている。「良い点も悪い点も自由と民主主義を伝えてきた」

現在のアメリカは先人が残した基本に戻るべき。

特に冷戦後の米メディアは道を踏み外したので基本に立ち帰れ。

社会主義かぶれのバイデンを礼讃するのは自由と民主主義の原点とは異なる。

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンはこういう言葉を残した。

「真実は必ず勝利する」「その勝利には光明をもたらす痛みを伴う」「アメリカが光明を世界にもたらすとき、我々は光明を得る」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おまけ】

トランプ弾圧に協力した米SNSが見事な墓穴掘りをやらかして自分達が窮地に陥ってしまう

産経新聞 【ワシントン=塩原永久】
ツイッターなど米IT大手がトランプ米大統領らの交流サイト(SNS)利用を停止し、政界で強まる巨大IT企業の規制論議が加速しそうだ。各社は暴力助長を招く投稿を放置できないと判断したが、右派と左派の双方から「検閲だ」「遅きに失した」と批判が噴出。続々と登場する新興SNSを通じた過激思想の拡散が続き、対応の難しさも浮かび上がっている。

 トランプ氏のアカウント利用を停止したツイッターなどに続き、アマゾン・コムが11日、トランプ氏の支持者が好む新興SNS「パーラー」の運用を凍結。情報のプラットフォーム(基盤)を握るIT大手の強大な権限を浮き彫りにした。


 トランプ氏が所属する共和党からは「(イランの)宗教指導者がツイートできてトランプ氏ができないのは理不尽だ」との声が聞かれ、「IT大手の検閲は表現の自由の侵害」(憲法学者)とも指摘されている。

 一方、民主党議員からは「すでに議会襲撃事件が起きてしまい、あまりに遅い対応だ」とツイッターなどへの批判も根強く、SNS大手には左右両派から矛先が向けられている。

 これまでSNS運営企業は通信品位法230条に基づき、不適切な投稿を掲載したり、削除したりしても法的責任を問われなかった。SNSは人々が意見を交わす「掲示板」のような情報基盤に過ぎないと位置づけられたためだ。

 ただ、社会への大きな影響力を持つようになったSNSは単なる掲示板とはいえないとして、SNS運営企業を投稿内容に責任を負う「編集者」として扱うべきだとの見解も強まってきた。一国の大統領のアカウントを停止するという踏み込んだ対応の是非も踏まえながら、同法230条の改正を含むIT規制強化が急務となりそうだ。

 一方、6日の議会襲撃事件をめぐっては、侵入した白人至上主義者などの過激思想や、襲撃計画がSNSでやり取りされていた実態が判明し、SNSの闇の深さも見え隠れしている。

 民主党のペロシ下院議長の部屋や議場に押し入った人物らは当時、盛んにスマートフォンを操作する姿が報じられた。米調査機関アトランティック・カウンシルのホルト氏によると、過激派が集まるサイトで閲覧者を増やすため「現地で実況中継していた」という。仲間集めや、活動資金に用いる献金を得る目的があったと指摘されている。


 一方、管理が厳しくなった主流SNSの代わりに利用されたパーラーは停止されたが、「MeWe(ミーウィー)」や「Gab(ギャブ)」など多くの新興SNSが顕在だ。こうした新興サイトに白人至上主義団体の利用者が急速に移行していると専門家は分析しており、SNS上で過激思想を封じ込める難しさが指摘されている。

https://www.sankei.com/smp/economy/news/210112/ecn2101120017-s1.html

 

 

 
12:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:19:11.59 ID:LDa7N0h90


>一方、民主党議員からは「すでに議会襲撃事件が起きてしまい、あまりに遅い対応だ」と
>ツイッターなどへの批判も根強く、SNS大手には左右両派から矛先が向けられている。

規制される側に回っても同じこと言えるのか?

 

21:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:20:59.52 ID:n9u2lCM20

>>12
そこだよな
自分がされたらブチ切れるくせに自分がする分にはいいと思ってる
やべー差別だよ

15:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:19:39.73 ID:n9u2lCM20


片方だけ止めたらそりゃ差別だろ
両論立たせて話するのが大前提

 

16:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:19:54.61 ID:kAi/RJGo0


本来なら左翼がこの事を問題にしないと
だめなのにトランプ憎しで賛成してるからな

まぁ、日本の左翼はリベラルと自称してるだけで
民主的な人間ではないから

 

13:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:19:27.85 ID:zOSQGNPi0


自分でHPで開設して好き勝手に主張しろよ

 

238:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 18:03:48.48 ID:cf5qlbMY0

>>13

自分で発信しようとしたらそのサービスごとAmazonが止めただろ

18:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:20:06.91 ID:nj6auk/Z0


えらくお早い対応でありますこと、BLMの時に何でやらなかったんだろうなぁw

 

32:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:23:12.51 ID:M7hEOdDc0


どこまでが陰謀論と誰が決めるんだって話よ

じゃあ123便の自衛隊撃墜説を唱えてる出版社やツイートは
BANされるのかという話。

 

43:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:25:23.16 ID:OSEa3+Lx0


「白人至上主義団体」というラベルが既に分断も対立も煽りすぎで事実になってない
マスゴミの攻撃的な言葉こそ規制されるべき

 

50:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:27:28.77 ID:UNKCfKG10


明らかに犯罪に該当する投稿を削除したり、その投稿者のアカウントを停止するなら分かるが、今回のトランプのアカウント停止はやりすぎだろう
具体的な違反事由が何も挙げられていないのだから
これを認めれば、逆に政府に批判的な言論をすべて封じ込めることを正当化するための口実を民間企業に与えることにもなってしまう
ドイツやフランスの首脳が、トランプのアカウント停止を批判しているのも当然

 

59:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:29:44.23 ID:1psTKeDP0


BLMの暴動・略奪・暴行・放火に関するSNS投稿はOKなんだしねえ

 

64:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:30:56.51 ID:e2WQKKz60


そもそもアラブの春も香港デモも規制してないと辻褄があわないだろ。
マジでリベラルのダブスタはキモい。

 

76:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:33:35.71 ID:xmeJ2C5/0


そりゃいくら暴言が多いからって、有権者の約半数が支持してる人を追い出すのは民主主義に反するわ

 

99:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:38:28.31 ID:ZkuhKmLW0


IT企業とかメディアは海外資本で買収される可能性もあるし
外人が沢山入り込んでいるんだから、それが大統領や政府を
制御してしまえるのは問題だろ。政府の直轄にしろよ、日本もな

 

118:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:44:45.97 ID:KMchB6ZC0


あれ?
アメリカでも問題になってるの?

アメリカ人はみんなツイッターの判断を支持しているのかと思ってたのに

 

121:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:45:23.99 ID:YABWq9t60

>>118
日本みたいにマスゴミがパヨクに支配されてるわけじゃないから

119:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:44:47.18 ID:0USBBvZp0


自由自由と言いながらIT規制とかいよいよ頭おかしいな

 

134:ニューノーマルの名無しさん:2021/01/12(火) 16:48:29.69 ID:XacKXomY0


トランプを狙い撃ちにしたんだから政治マター以外の何物でもないだろ。
自社の政治主張を自社検閲という形で表現、主張した。どう取り繕おうと、そうとしか言いようがない。

 

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (12)

台湾の独立宣言! 米、台湾との公的接触規制に終止符 ポンペオ国務長官

2021-01-12 10:18:57 | 米大統領選

 

プロフィール画像

 

米、台湾との公的接触規制に終止符 ポンペオ国務長官

配信

AFP=時事
 

米ジョージア州アトランタで、米国の安全保障や学問の自由に対する中国の脅威について語るマイク・ポンペオ米国務長官(2020年12月9日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

               ★
 
対中国関連のポンぺオ国務長官の一連の言動は、トランプ大統領より過激で明快である。
トランプファンがポンぺオ氏を支持する所以である。
 
ポンぺオ氏が上記発言をする前に、アザー米厚生長官が訪台して、ポンぺオ路線の露払いを演じていた。
 
 
そしてポンぺオ氏は、2020年7月23日にカリフォルニア州のリチャード・ニクソン大統領図書館・博物館で演説を行い、共産主義体制と中国の習近平総書記による覇権主義の動きについて異例の厳しさで批判。
対中政策の転換を示唆するとともに、同盟国に対して対中包囲網を提唱していた。
 
 
では、ポンぺ氏とはトランプ路線を妄信して猪突猛進する思慮分別の無い男か。
 
いやいや、そうではない。
 
ポンぺオ氏は文武両道を極め、おそらくはトランプ陣営で一番頭の良い人物と思われる男の中の男である。
 
ポンぺオ氏は地元の高校卒業後、ウェストポイントのアメリカ陸軍士官学校に入学して機械工学を学び、1986年にトップの成績で卒業した。
 
1986年から1991年までアメリカ陸軍機甲部隊で働き、次にハーバード大学ロースクールに入学し、ハーバード・ロー・レビューの編集者として法務博士(専門職)の資格を得た。
 
1994年に卒業した後はウィリアムズ&コノリー法律事務所で法律家として働いた。
 
何とポンぺオ氏は秀才の集まる陸軍士官学校で、理系の機械工学を学びトップの成績で卒業した軍人であった。
 
しかもハーバード大学で法律を学び専門職の法務博士の資格を得ている。
 
その優秀な頭脳と軍人らしい勇気で対中政策を述べるから言動が明快なのだ。
 
ポンぺオの対中路線で、すでに対中米国連大使の訪台は決定している。
 
 
米国連大使の訪台は、アメリカが台湾の国連加盟を事実上認めたことになる。
 
ということは中共とは別個の独立国であることを宣言したことなる。
 
つまり在台米国大使館の設置も当然となる。
 
バイデン、トランプのいずれが次期大統領でもポンぺオ国務長官の任期は1月20日までのわずか一週間余しかない。
 
このわずかな任期を活用して、ポンぺオサプライズを期待する。
 
それは、ポンぺオ米国務長官の電撃訪台である。
 
これが実現したら習近平は発狂の上、脳ケイレンを起こす可能性もある。
 
 

【関連記事】

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (3)

FMラジオ「オキラジ」沖縄防衛情報局での放談!

2021-01-12 06:32:35 | 米大統領選

 

プロフィール画像

 

きのう11日は、午後3時放送のFMラジオ「オキラジ」の沖縄防衛情報局で、いま最もホットな話題である米国大統領選について。、我那覇局長と二人で約一時間喋り捲った。

米主要メディアが信頼できない上に、トランプ大統領が発信のメインにしていたツイッター、フェスブックやユーチューブまでもが言論封殺を開始した。

ネット上には玉石混交で情報が交錯している現状で、正しい情報を見極めるのは困難だが、そこはネットでは約15年の経験のある両人のこと。

未確認情報はそれと断りながらも、縦横無尽にバイデン陣の「悪事」を斬りまくった。

論点が多すぎて、テキサス州が激戦7州を不正投票による憲法違反として提訴したが、ロバーツ連邦最高裁判事が提訴内容を審議せずに却下した理由について、児童レ●プの件で嗋されている、という情報を説明する予定だった。

だが時間切れで省略せざるを得なかった。

興味のある方は下記記事をご参照ください。

トランプの側近・リンウッド弁護士の告発2021-01-09 

ポンぺオ国長官についての記事を書こうとしたら、何度も拒否されるのでこれまでにして、午後から掲載予定。

【おまけ】

ポンペオ米国務長官の台湾との接触制限終了発言に中国外交部「最後の発狂だ」「必ずや歴史の懲罰に遭遇する」!

1: Felis silvestris catus ★
 《 (略) 中国政府・外交部の華春瑩報道官は7日の定例記者会見で、米国について「トランプ政権内の少数の反中政治家はたえず『最後の発狂』を見せつけている。個人の政治的利益のために意図的に、手段を選ばず残された任期内に、意図的に中米関係(米中関係)を破壊している。このような手口は歴史の潮流に逆らうものであり、両国人民の友好という民意に背いている。必ずや歴史の懲罰に遭遇する」と述べていた。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

maxresdefault
https://www.recordchina.co.jp/b866393-s0-c10-d0142.html
引用元: ・https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1610279329/
アメリカの在台湾代表機構の正門に巨大な米国国務省のエンブレムを掲げていて、現役の海兵隊員も現地に駐在している。

https://www.flickr.com/photos/ait_taipei/29162702328/

 ⇒最初にクリックお願いしま

 

コメント (4)

ペロシのPCの秘密!「我々は黙らない!」トランプ氏、“最後の投稿”でツイッター永久停止に反撃 Qアノン狩りも 米大統領選

2021-01-11 06:20:47 | 米大統領選

 

 

 

プロフィール画像

 

 ⇒最初にクリックお願いしま

「我々は黙らない!」トランプ氏、“最後の投稿”でツイッター永久停止に反撃 Qアノン狩りも 米大統領選

 

(写真:ロイター/アフロ)

 トランプ氏のツイッターアカウント@realdonaldtrumpが、米国時間1月8日、永久停止された。

 

 議事堂暴動事件で支持者を賛美するコメントをしたとしてアカウントが一時停止されたトランプ氏だったが、結局、「さらなる暴力を煽る恐れがある」という理由で、永久停止にされてしまった。

 

 ツイッターは特に、ツイッターで流されている武装デモ計画や1月17日に第2回目の連邦議事堂攻撃が提案されていることを懸念したようだ。

 

 ツイッターに先立ち、フェイスブックも1月7日、トランプ氏のアカウントを無期限に凍結する措置を行なっていた。

我々は黙らない

 主要なSNSから追放されてしまったトランプ氏。

 しかし、負けず嫌いのトランプ氏である、ツイッターから永久追放されてもそう簡単にひるむことはなかったようだ。すぐに削除されたものの、大統領の公式アカウントである@POTUSでトランプ氏は“最後の投稿”をしていた。

 

 以下がその投稿で、ツイッターの従業員と急進左派を批判し、また、自身のプラットフォーム構築の可能性にも言及している。

 

 「長い間言ってきたが、ツイッターは、言論の自由をどんどん禁止してきた。そして、今夜、ツイッターの従業員たちは、プラットフォームから私のアカウントを排除する際、民主党や急進左派らと連携した。私、そしてあなた方、私に投票した7,500万人の偉大なる愛国者たちを黙らせるためだ。

 

 ツイッターは私企業だが、第230条という政府の贈り物なくしては長くは存在しないだろう。

 

 こうなることは予測していた。

 

 我々は他の様々なサイトと交渉しており、まもなく大きな発表を行うつもりだが、近い将来、我々自身のプラットフォームを構築する可能性もある。我々は黙らないぞ! 

 

 ツイッターは言論の自由が問題なのではない。彼らが、世界の最も悪質な人たちも自由に話すことが許されている急進左派のプラットフォームのプロモーターであることが結局問題なのだ。乞うご期待!」

 

 ちなみに、この投稿にある第230条とは「連邦通信品位法第230条」のことで、ツイッターやフェイスブックのようなソーシャルメディア企業が掲載したコンテンツに対して責任を問わず、インターネット上の言論の自由を保護する条項である。また、この条項は、ソーシャルメディア企業にヘイトスピーチなどのコンテンツを規制する権利も与えている。トランプ氏は、昨年5月、第230条で保護されているソーシャルメディア企業を規制する大統領令に署名していた。(略)

 

                ★

1月8日、「暴徒」が米上下合同議会室に乱入して以来、トランプ氏のツイッターアカウント@realdonaldtrumpが、永久停止された。

その後、情報が交錯し「どれを信じるか、あなた次第」の状況が続いている。

張陽チャンネルによると、議会に乱入した「暴徒」に混じってトランプ人の潜入捜査官を潜り込ませ、ペロシ議長の執務室からノートパソコンを押収したという。https://www.youtube.com/watch?v=MWmJYdlx774

ペロシ氏はトランプを弾劾裁判にかけて権力の剥奪を主張した人物。

しかし、任期が一週間余りの大統領に対して弾劾決議を言い出すあたりは何を焦っているのかとは思っていた。

もし、バイデンの大統領就任が事実なら放って置けばトランプ氏の権限は自動消滅するからだ。

ところが、ペロシの執務室に潜入した人物がFBI捜査官だというと「パソコンに悪事が記録されている」という情報を信じたくもなる。

そしてさらに、議会室で撃たれた女性は死んではいないという。
 
これについては我那覇真子さんが動画を上げて、どうも疑わしい、とコメントしている。(1/7②【ワシントンの沼の水を抜け】1/6議事堂で何が起こったのか!衝撃動画検証)。
 
こうなるとどれが真実か、論理矛盾を追求することで、真相の解明をしてみたい。
 
つまり、ペロシが必死になって「トランプ弾劾!」と言い始めた理由は、押収されたパソコンの解明で、自分の悪事が露見するのを恐れたから。
 
さらに「張陽チャンネル」の「大芝居【第93回】」では、実は今回の大統領選は538対0で、トランプの圧勝と明言している。
 
情報の錯綜した現在、我々日本国民にできることは何か。
 
単身米国の現地取材に乗り込み、毎日のように生の情報を届けてくれてる我那覇真子さんを応援しましょう。
(我那覇真子チャンネルが一部、you cube により削除された模様だが、これは真実を伝えた名誉の勲章、と捉えたい)
 
 
【追記】

2度目の弾劾訴追の可能性 米民主「トランプ氏が乱入扇動」

配信

時事通信

米民主党のペロシ下院議長=6日、ワシントン(EPA時事)

 
 
【おまけ】
 
 
特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」



20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
朗報!1月6日に民主党のナンシー・ペロシ下院議長のラップトップコンピューターを持ち出したのは、特殊部隊だった!

その後ペロシは発狂中!



▼PARLERにマキナニー将軍の動画が掲載▼

20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

(投稿時間は日本時間の2020年1月10日朝)

https://parler.com/post/e4f56e2a709b4197b27f1623109ccccb
Tom Graham·
@tom2badcat

Retired 3 Star General McInerney, a day or so ago at the White House, telling us what happened during the Military Operation on Wednesday at Capitol Hill.
Special Operations Forces dressed in plain clothes walked out with Pelosi's laptop & other intelligence materials under their coats.
Listen & watch carefully.

■動画
https://video.parler.com/eD/63/eD63yqkA15Ic.mp4



▼coffee翻訳▼

1日ほど前にホワイトハウスで引退した3つ星のマキナニー将軍(トーマス・マクナニー空軍中将)が、水曜日(1月6日)に米国議会での軍事作戦中に何が起こったのかを教えてくれている。
私服を着た特殊作戦部隊が、ペロシ(ナンシー・ペロシ下院議長)のラップトップ(コンピューター)やその他の諜報資料をコートの中に隠して持ち出した。
注意深く視聴しください。
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に制裁を科す大統領令(2018年9月12日にトランプ大統領が署名)

■動画
https://video.parler.com/eD/63/eD63yqkA15Ic.mp4



>1日ほど前にホワイトハウスで引退した3つ星のマキナニー将軍(トーマス・マクナニー空軍中将)が、水曜日(1月6日)に米国議会での軍事作戦中に何が起こったのかを教えてくれている。
>私服を着た特殊作戦部隊が、ペロシ(下院議長)のラップトップ(コンピューター)やその他の諜報資料をコートの中に隠して持ち出した。


上記のトーマス・マキナニー将軍の発言は、事実と考えて良いだろう。

1月6日にトランプ支持者に紛れ込んだアンティファらが米国会議事堂に侵入して混乱を起こした際に、民主党のナンシー・ペロシ下院議長のラップトップコンピューターが盗まれたことは、ペロシ下院議長のスタッフらが明らかにして報道もされていた。

問題は、誰が何の目的で民主党のナンシー・ペロシ下院議長のラップトップコンピューターを盗み出したのかということだった。

1月6日にトランプ支持者に紛れ込んだアンティファらが米国国会議事堂に侵入した際には、複数の者がペロシ下院議長の個室に侵入したことも知られている。

例えば、NHKなどの日本のテレビ報道でも次の画像について報道していた。
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

その後、上記の者は、アーカンソー州グラベットのリチャード・バーネット(60)で、オフィスからメモを盗んでいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8aa97c503fe3fb8567015fa17da1222dac3ef97
米司法省、議会襲撃で15人訴追 強化火炎瓶や銃所持
1/9(土) 7:34配信、AFP=時事
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
米連邦捜査局が公開した、議会乱入の容疑者を特定する情報提供を呼び掛ける画像(2021年1月8日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】米司法省は8日、米首都ワシントンの連邦議会議事堂襲撃に関与したとして、15人を訴追したと発表した。この中には「手製ナパーム弾」のような威力のある火炎瓶を所持していたとされる男も含まれている。

20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
【写真】ペロシ下院議長の執務室に侵入し逮捕された男

 司法省は、複数の容疑者を逮捕したと発表。逮捕者には、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領支持者でナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長の執務室に侵入したリチャード・バーネット(Richard Barnett)容疑者や、発泡スチロールを使用して威力を高めた火炎瓶11本をトラックに積んでいた男が含まれる。

 米首都ワシントン連邦検察局のケン・コール(Ken Kohl)検事によると、そのほかの容疑者には、弾丸を装填(そうてん)した拳銃を持って議事堂内に入った男、警官を殴打した男、議事堂内への乱入に加わったウェストバージニア州議会議員が含まれる。

 コール検事は議会襲撃をめぐる容疑はまだすべて公表されておらず、連邦捜査局(FBI)が捜査を進める中で順次発表される見通しだと説明した。

 6日に起きた事件では、連邦議事堂に群衆が押し寄せる数時間前、トランプ氏や同氏の顧問弁護士ルドルフ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)氏らが大統領の支持者らに対し行動を起こすよう公然と訴えていたことから、トランプ氏らを扇動罪に問うべきだとの声も上がっている。

 だがコール氏は、FBIでは「扇動」や「反乱」の疑いでの捜査は行ってはいないとし、「その種の訴追が行われる見込みはない」との見解を示した。




また、ペロシの講義台を盗んだ男も逮捕された。

CNN記者がTwitterで“Stopping the steal.”と憎まれ口を叩いていた。

https://twitter.com/donie/status/1347962188892426241
Donie O'Sullivan@donie
Stopping the steal.
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
午前2:43 · 2021年1月10日




1月6日当日の報道によれば、ペロシ下院議長室にあったラップトップコンピューターについては、コンピューターの画面の写真は撮影されたが、議長室から持ち出したとはしていなかった!


しかし、その後、何者かがペロシ下院議長のラップトップコンピューターを持ち出した!

https://www.shorenewsnetwork.com/2021/01/06/d-c-protesters-storm-nancy-pelosis-congressional-offices-staffers-laptop-shows-email-of-pending-revolution/
ワシントンD.C.の抗議者がナンシーペロシの議会事務所を襲撃し、スタッフのラップトップが「保留中の革命」のメールを表示
1月6日
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

ワシントンD.C.–今日、国の首都を襲撃し、米国議会議事堂に入った抗議者たちは、ナンシーペロシの部屋を襲撃しました。エリヤ・シャファーを代表する男性がオフィスに入り、ペロシのラップトップの1枚の写真を共有しました。メールには、連邦議会議員に「革命」を警告する警告が表示されたと主張しました。

「私はナンシーペロシのオフィスにいて、何千人もの革命家が建物を襲撃しました。スタッフがどれだけ早く避難したかを把握するために、現在の革命の連邦警戒警告メンバーと一緒にメールが画面に表示されています」とブレイズレポーターのエリヤシャファーは報告しました今日のツイッター。

示されているラップトップは、ペロシのプレスアドバイザーであるミアエーレンバーグのものです。スタッフはオフィスから避難し、機密情報が含まれている可能性のある電子機器をオフィスに残しました。写真は、今日の午後2時5分ETに最後のメールを受信したエーレンバーグのラップトップを示しています。



https://twitter.com/mei98862477/status/1347722141559443456
mei@mei98862477
ナンシーペロシの盗まれたコンピューターの中には何が?
この件興味深いので改めて取り上げます
DCの抗議者がペロシの議会事務所を襲撃しスタッフのラップトップに「保留中の革命」と言うメールを発見🤣

これはペロシのプレスアドバイザーであるミアエーレンバーグの物です

――――――――――
これはペロシのプレスアドバイザーであるミアエーレンバーグの物です
https://www.shorenewsnetwork.com/2021/01/06/d-c-protesters-storm-nancy-pelosis-congressional-offices-staffers-laptop-shows-email-of-pending-revolution/
D.C. Protesters Storm Nancy Pelosi’s Congressional Offices, Staffer’s Laptop Shows Email of...
WASHINGTON, D.C. - Protesters who stormed the nation's capital today and entered the U …
――――――――――
午前10:49 · 2021年1月9日


投稿者のELIJAH SCHAFFERはこのツイートを削除しましたが、証拠は残っています
「私はペロシのオフィスの中にいます
スタッフがどれだけ早く避難したかを把握する為に、現在の革命のメンバーに警告する連邦政府の警告と並んで、電子メールがまだ画面に表示されています」
消されたツイート☟

投稿者のELIJAH SCHAFFERはこのツイートを削除しましたが、証拠は残っています 「私はペロシのオフィスの中にいます スタッフがどれだけ早く避難したかを把握する為に、現在の革命のメンバーに警告する連邦政府の警

投稿者のELIJAH SCHAFFERはこのツイートを削除しましたが、証拠は残っています 「私はペロシのオフィスの中にいます スタッフがどれだけ早く避難したかを把握する為に、現在の革命のメンバーに警告する連邦政府の警

投稿者のELIJAH SCHAFFERはこのツイートを削除しましたが、証拠は残っています 「私はペロシのオフィスの中にいます スタッフがどれだけ早く避難したかを把握する為に、現在の革命のメンバーに警告する連邦政府の警
午前10:54 · 2021年1月9日


盗まれた議会のラップトップには連邦ネットワークに侵入者がアクセスするのに役立つ情報が含まれています

持ち出した人物は後でデバイスを経験豊富なハッカーの元へ持ち込んだ可能性があります
連邦政府の行政機関の場合の様には議会のデバイスは2段階認証を設定していません

――――――――――
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
https://slate.com/technology/2021/01/capitol-breach-computers-laptops-breach-cybersecurity.html
Could the Rioters Have Breached the Capitol’s Cybersecurity?
They made off with laptops and even accessed Nancy Pelosi’s computer. Here’s how worried legislators should be.
――――――――――
午前11:04 · 2021年1月9日




ペロシ下院議長のラップトップコンピューターを持ち出した者は、必ずしも写真を撮ってTwitterに掲載した者が盗み出したとは限らない。


ペロシの部屋からメモや講義台など重要性の低い物を結んだ連中は続々と逮捕・起訴されているが、最も重要なラップトップコンピューターを持ち出した者については皆目見当がついていなかった!

現実問題として議員や公務員などのパソコンは、「セキュリティワイヤー」とか「チェーンロック」と呼ばれる金属ワイヤーで繋がれているので、一般人が持ち出すことは難しい!

ペロシ下院議長のラップトップコンピューターを運び出すことができるのは、最初からその目的で侵入したプロの可能性が高い。

以上を考慮すると、やはりペロシ下院議長のラップトップコンピューターは、マキナニー将軍が述べたとおり特殊部隊によって押収されたと考えて良いと思う。



だからこそ、ペロシもラップトップコンピューターが盗まれたことを知り、発狂しているのだ!

ペロシのパソコンの中には、国家反逆罪などを犯している証拠が山のようにあるものと考えられる。

ペロシは、自分が国家反逆罪などで逮捕される前に、「急いでトランプ大統領を罷免しろ」とか「弾劾裁判にかけろ」とか「核のボタンを取り上げろ」などと発狂していると考えれば辻褄が合う!

https://twitter.com/kohyu1952/status/1347604583674126336
西村幸祐@kohyu1952
ナンシー・ペロシの異常な言動が続く。
トランプを新大統領就任式前に辞めさせろと何回も主張し、ペンスにまでけしかける。
今度は核のボタンを取り上げようと口走っている。
バイデンが当選したのなら、あと11日でトランプは去る。
彼女は何を怖がって焦りまくっているのか?

――――――――――
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」

https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/breaking-patriots-inside-nancy-pelosis-office-emails-open-screen/?utm_source=Twitter&utm_medium=PostTopSharingButtons&utm_campaign=websitesharingbuttons
BREAKING: Patriots Are INSIDE NANCY PELOSI'S OFFICE — Emails Open on Screen
Blaze TV reporter Elijah Schaffer has tweeted a photo from inside Nancy Pelosi’s office where emails were left open on the computer screen as staff rushed to flee. Schaffer wrote, “I am inside Nancy...
――――――――――
午前3:02 · 2021年1月9日




https://news.yahoo.co.jp/articles/5ed6fb6a7b34f5d0dbd156878cd2a3600f7dd1cc
トランプ氏の核攻撃阻止を軍トップと協議 ペロシ氏が表明
1/9(土) 5:34配信、AFP=時事
20210110特殊部隊がペロシのPCを押収!マキナニー将軍談・ペロシ「トランプ罷免しろ!核ボタン取上げろ」
ナンシー・ペロシ米下院議長(左)と米国防総省のマーク・ミリー統合参謀本部議長(2021年1月8日作成)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】米民主党のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長は8日、「錯乱」した状態にあるドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が残りわずかとなった任期中に核ミサイルを発射する事態を避けるため、米国防総省のマーク・ミリー(Mark Milley)統合参謀本部議長と協議を行ったと明らかにした。

 合衆国憲法で定められている大統領権限の制限について米軍制服組トップと協議を行ったと公に認めるのは異例。トランプ氏の任期終了までの期間をめぐり米政界で緊張が高まっていることを示している。

 ペロシ氏は民主党議員への書簡で、「この錯乱した大統領の状況は危険極まりなく、わが国と民主主義に対する彼の情緒不安定な攻撃から米国民を守るため、われわれはあらゆる手段を講じなければならない」と説明。

 さらに、トランプ氏が辞任せず、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領と閣僚が合衆国憲法修正25条で定められた大統領罷免の手続きを開始しないならば、弾劾手続きを開始する準備があるとも言明した。

 米首都ワシントンでは6日、ジョー・バイデン(Joe Biden)氏の次期大統領への当選確定を阻止しようとしたトランプ氏の支持者らが連邦議会議事堂に乱入する事件が発生。警察官1人を含む5人が死亡した。民主・共和両党の議員はこの事件を反乱だと非難。トランプ氏が暴力を扇動したとの批判も高まっている。【翻訳編集】 AFPBB News


 ⇒最初にクリックお願いしま

 
コメント (7)

トランプ、言論封殺との戦い⇒民主主義を守る戦い、

2021-01-10 05:07:15 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

 ⇒最初にクリックお願いしま

米大統領選を巡る一連の騒動を見ていると、戦後我が国に民主主義を導入し、民主主義の本場と思われていたアメリカで民主主義が崩壊する現場を目の当たりに見た感がする。
 
極論すれば我々が信じていたアメリカの民主主義は神話に過ぎなかった。
 
民主主義と言論の自由は一対をなしてこその目的を達成できる。
 
民主主義の根幹をなす公正な選挙は、メディアが公正な情報を有権者に提供するという大前提が不可欠だからだ。
 
ところが、今回の米大統領選(実際は2016年の米大統領選以来)は、米主要メディアが公正どころか一方的にトランプ批判に徹し、CNN社長の電話会議の内容が暴露され、選挙前からトランプのイメージダウンに徹する報道をしてきたことが明らかになった。
 
さらに偏向報道はツイッターやyou cubeなどのSNSが偏向報道に加担した。
 
ツイッターであれ、Parlerであれ、そしてGABや他の新興SNSであれ偏向報道に加担したことは事実だ。
 
この異常な状況は皮肉にも偏向報道の元祖が報じている。
 
 

トランプ氏、別アカウントで反論 ツイッター社が即削除
1/9(土) 12:11配信 朝日新聞デジタル

米ツイッター社がトランプ米大統領のアカウントを永久停止したことを受け、トランプ氏は8日夜、別のツイッターアカウントから「ツイッターの従業員たちは民主党員や急進左翼と連携し、私や私に投票した7500万人を黙らせるため、私のアカウントを削除した」と反論した。ツイッター社は直後に、これらの一連のツイートを削除する措置をとった。

ツイッター社は8日、6日の米連邦議会議事堂の乱入事件にからみ、約8870万人のフォロワーがいるトランプ氏本人のツイッターアカウント(@realDonaldTrump)を永久停止にした。一方で、トランプ氏には、約3340万人のフォロワーがいる米大統領としてのアカウント(@POTUS)もある。トランプ氏はこのアカウントから8日夜に反論のツイートをしたが、これらの投稿も直後に表示されなくなった。

ツイッター社は8日夜、朝日新聞の取材に「別のアカウントを使って、停止措置を逃れることは我々の規約に反する。@POTUSからのツイートについては対策をとった」と説明し、ツイートを削除したことを明らかにした。

@POTUSというアカウントは英語で「米国大統領」の略語で、バイデン次期大統領にも引き継がれるため、ツイッター社はアカウント停止などの措置はとらないものの、今後もツイート削除などの対応はとるものとみられる。(サンフランシスコ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c960125e814566fd93fd68a79039d308308c985

 

アップルがparlorを削除しようとすること自体が、憲法で守られた言論の自由を侵害する言論弾圧だ。 

 

 

【おまけ】

 

三浦瑠麗「7400万人が投票したトランプ大統領のアカウントをツイッターが凍結。極めて危険な検閲」

 
1: ばーど ★ 2021/01/09(土) 20:45:30.60 ID:ov1OnlQh9
三浦瑠麗 Lully MIURA@lullymiura
トランプ大統領がツイッターから追放された。議会占拠した暴徒は危険だ。一方トランプに道徳上の責任や過失はあれど不法行為を指示したわけではない。約7400万人が投票した大統領のアカウントを、事実上の公共財であるツイッターが凍結するのは極めて危険な検閲。こうした行為は寧ろ陰謀説を強化する。
午後5:05 ・ 2021年1月9日・Twitter for iPhone
https://twitter.com/lullymiura/status/1347816643586449408
92: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 20:55:53.97 ID:qr5LBnhd0
>>1
同意



139: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 20:59:36.59 ID:VhhVdjZe0
>>1
瑠璃ちゃんいい!
いくら陰謀論だろうと、ある意味口を封じたんだ。
言論封殺以外の何ものでもない。



980: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 21:48:10.95 ID:dRQw8Uq+0
>>139
ただの規約違反やで



155: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 21:01:15.56 ID:wIstvqyf0
>>1
学者ならそこから民主主義は民主主義を否定する自由や権利を認めるべきか?という議論につなげてほしいわ



168: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 21:02:52.53 ID:UK1PedKM0
>>1
1/6に面白いことが起こるとか扇動しまくってたのは明らか
むしろ遅すぎたくらいなんだけど



307: ニューノーマルの名無しさん 2021/01/09(土) 21:11:31.95 ID:D57ouIBo0
>>1
いやいや、デマ情報で暴力や犯罪、テロを鼓舞するツイートを一般人でもアウトだが
影響力のある大統領がやって放置したから暴徒が議会を占拠したんだろうが
著しく公序良俗に反する行為を見逃せば、企業側にだって責任を追求される可能性がある
だから5chもしかり、運営側の道義的判断で制限する権利がある

 ⇒最初にクリックお願いしま

 

コメント (8)

トランプの側近・リンウッド弁護士の告発

2021-01-09 07:18:19 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像

【リンウッド版】ストップ・ザ・スティール・ジョージア・ラリー|リンウッド特集|リンウッドの味が出てるわ

 

【追記】

トランプは未だ戦っている!

ポンぺオ国務長官の証言

「1月20日以降もトランプ2次政権がアメリカの安全は保障する」(1月20日はトランプ政権が二次政権に変わる日)

 

 

以下はトランプ大統領の個人弁護士リン・ウッド氏のツイッターとその和訳。

ジョン・ロバーツ最高裁主席判事と世界中の有力者たちは、子どもたちのレ●プ、サ●人という身の毛もよだつことへの関与で、その様子が収まったビデオで脅迫されていると思います。

私はビデオファイルへのアクセスキーを持っていて、他の人へもシェアーしました。

 

衝撃過ぎるツイートだ!!

ジョン・ロバート最高裁判事は、

数々の不正選挙の証拠があるにも関わらず、リベラル寄りの判決を支持することが多く、トランプ再選を拒もうとするような動きばかりを見せてきた。

そんな彼は、子供へのおぞましすぎるレ●プとサ●人の記録テープで脅されていたなんて。

ちなみにジョン・ロバーツ連邦最高裁判事は、テキサス州が激戦4州を不正投票による憲法違反として提訴したが、内容を審議せず却下した人物だ。

※上記は「エブスタイン島」への自家用機の乗客名簿に記されたジョン・ロバート氏の名前。

この恐喝計画は、世界で最も有名で「エリート」な10の諜報機関のメンバーによって実施されています。

そのうちの1つが、リザード・スクワッドとして知られるグループによってハッキングされました。 レイプそしてサツ人の恐喝ファイルは、このグループによってハッキングされました。 レ●プそしてサ●人の恐喝ファイルは、」このグループによって入手され、そのコピーはアイザック・カッピーに提供された。

 

 

 

ここでいう、リザートスクワッドとは、ハッカー集団で2014年に最初の攻撃を行った。

アイザック・カッピーは、俳優で数々のハリウッド俳優を小児性愛者だと告発、

2019年5月13日、俳優のアイザック・カッピーは、アリゾナ州の橋の上から「無理矢理」落とされ死亡した。42歳だった。

彼のインスタグラムの最後の投降は「失うものが何もない男にきを付けろ。守るものがなにもないから」

アイザックは嘘を知っていた。私は、彼の真実が詰まった宝は子の鍵を持っています。

私は信頼できる情報源が無ければけして告発しません。

リスクが高すぎるからです。

それだ、今夜私が暴露する衝撃的な情報の正確さを検証するため十分検証しました。そのことでより説明が付き、あなた方がそんな真実を知ることで完全に安心します。

さて、私が1月1日に以下のようにツイートしたメッセージの大きな意味が分かりました。

私は、この暴露が(彼らの)辞任や自白の引き金となることを望んでいたので、知り得る限りのすべてを暴露する必要がありました。今、そうしています。

このツイートは保険のようなものだった。この児童レ●プとサ●人での恐喝計画の背後にいる悪の勢力は、他の誰かが暗号キーを持っていることを知る必要がある。

近いうちに私が死んだり、家族の誰かが危害を加えられたり脅されたりした場合には、多くの人によって暗号キーが公開されるよう手はずを整えています。

この恐喝計画を行っている10のょ右方機関とは、中共、CIA、モサド、、FBI、Ⅿ16が含まれている。 他のものは容易に特定できます。

私は、子供をレ●プ、サ●害しての恐喝計画の範囲がぢおこまで及ぶかわかりませんが、関与する諜報機関の数、数十万にもなる「行方不明の子供の数やセレブ、ビジネスリーダーの不可解な行動を考えると、おそらく最悪の事態だと懸念しています。

特にアメリカの行方不明が多すぎます。

私たちの世界の多くの問題は、大統領選での役人や裁判官の奇妙な行動など、わたしたちが今夜説明した恐喝計画に結び付いているかもしれません。

トランプ大統領は、それらを徹底的に追及するため特別検察官を指名せねばなりません。

私たちは答えを必要としています。

調査が必要です。子供たちのために。

 

もし、私が、法執行機関に暗号キーやその他の情報を提供することを求められても、私はトランプ大統領、マイケル・フリン中将、シドニー・パウエル弁護士に直接渡すことにのみ同意するでしょう。

私は彼らを信頼しています。

もう一度、どうか私の家族のために祈ってください。

ありがとうーリン

             ★

以上です。まとめると、ジョン・ろばーち最高裁主席判事や数々の大物たちは,、エプ島での子どものレイプそしてサツ人をビデオにとられそれをネタに脅されている。

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (4)

米議会、女性が射殺された瞬間の映像

2021-01-08 17:56:45 | 米大統領選

 

 

 

プロフィール画像

 

■INFOWARSさん提供https://www.infowars.com/posts/exclusive-video-capitol-police-execute-unarmed-woman-carrying-trump-flag/
「主流メディアが国民に 見せたくない映像」

トランプの旗を持った非武装の女性を米国議会議事堂で処刑。 映像は、女性が窓から這っていた時に撃たれたられたことを示す。

 

■The Daily Caller(射殺された瞬間)さん提供https://dailycaller.com/2021/01/07/air-force-veteran-babbit-capitol-riot-footage/

群衆によって破損したと思われる窓越しに、銃を持った警官が暴徒に向けているのが見える。

ビデオには、警官が立ち上がって窓を乗り越えようとした無防備の女性を射殺する姿が映っている。

 

■宝味さん提供

最後の大鰐が浮上した後【第91回】
https://www.youtube.com/watch?v=Vzau1gYasac
この件に関して張陽さんが見解を述べています。

 

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (3)

【追記】あり、トランプ支持者?連邦議会占拠、女性ら4人死亡、

2021-01-08 05:15:14 | 米大統領選

 

 

プロフィール画像
247 Japan1 時間前
【緊急速報】ワシントンDCが大パニック 議会占拠 このまま戒厳令か? やはりこうなったか…。ワシントンD.C.はおろか議会そのものがトランプ支持者とアンティファが入り混じった群衆で占拠されパニック状態になりつつある。議会に侵入したのはトランプ支持者になりすましたアンティファと言われている。 https://jp24h.com/post/118728.html
一部を表示
 

トランプ支持者、連邦議会占拠

当選手続き中断、女性ら4人死

©一般社団法人共同通信社

南部連合の旗を手に議事堂内を闊歩するトランプ支持者=6日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米次期大統領の大統領選での当選を正式に認定する手続きが行われていた連邦議会議事堂内に6日、トランプ大統領の支持者らが乱入し、一時占拠した。議会は手続きを中断。トランプ氏はこれに先立ちホワイトハウス前で開いた大規模集会で、敗北を絶対に認めないと重ねて表明し、支持者に対して議会に向かうよう呼び掛けていた。米メディアによると、議事堂内で当局に撃たれたトランプ氏支持者の女性ら4人が死亡した。

 議会はこの日、上下両院合同本会議を開き、大統領選の最後の手続きとなる選挙人投票の開票を実施。民主的手続きが暴力で中断される異例の混乱となった。

米議会前でトランプ支持者らと衝突する警察官=6日、ワシントン(AP=共同)

 

                ★

【追記】

https://www.infowars.com/posts/exclusive-video-capitol-police-execute-unarmed-woman-carrying-trump-flag/
「主流メディアが国民に 見せたくない映像」

トランプの旗を持った非武装の女性を米国議会議事堂で処刑。 映像は、女性が窓から這っていた時に撃たれたられたことを示す。

共同によると議会に乱入したのも、射殺されたのも「トランプ支持者」というが、実際は「アンティファ」だったことが確認されている
顔認証会社のXRVision によって連邦議会の建物での暴動にフィラデルフィアのアンティファメンバーであることが確認されました。英語ですがグーグル翻訳でどうぞ、、。Facial recognition identifies extremists storming the Capitol
 
 
【追記】
 
日本メディアは産経新聞までもが、「トランプ支持者 議会占拠」などと書いているが、そらは真っ赤な嘘。
 
占拠ではなくワシントンDC警察がわざわざ議事堂にトランプ支持者を招き入れている映像がネットで出回っています。
 
Ayaka N Gardner @Nicole_PaAvenue」さんもネットで上げている通り、明らかに、警察が整然と議事堂に招き入れている。
 
また、議会の中で騒いでいる連中が、実はかつてアンティファのデモで騒いでいた奴らやという映像、動画もある。⇒ツイッターの布路川梶太 @P6AX3Er3HqoQynY さんのアカウントの連ツイ(スレッド)
 
              ★

ペンス副大大統領が、選挙人投票の結果をそのまま受けいれた。

その結果上下合同議会でバイデンが次期大統領に認定された。

だからと言ってトランプ大統領の実行シナリオの一つが消えたにすぎず、最後の切り札と言われる戒厳令、大統領令の軍事行使など強行突破が残っている。

だが、何度も言うようにトランプは見かけとは異なり緻密に行動する人物。

戒厳令などの強行策は避けるだろう。

(【おまけ】の大統領メッセージからも感じ取れる)

ここで戒厳令など強行策を執行したら、大統領の座を確保はできても、全米が分断され、第二の南北戦争を引き起こす大きなリスクが伴う。

全米が分断されたら一番喜ぶのは中国共産党だ。

(民主主義の衣を被った)革命に成功したことになる。

トランプ大統領は、ここでアメリカ人同士が血を見る南北戦争のリスクを取るより、一旦身を引いて四年後の立候補に備えるシナリオを選択すると予測する。

しかし、一旦火が付いた「トランプ主義」は、消えることはない。

無為無策のバイデン政権は国民の攻撃を受け、バイデン支持者の反発さえ受けることになる。

特にトランプが示した経済政策で救われた多くの貧困層は「トランプ時代」を懐かしむだろう。

トランプは、大幅法人減税実行し、海外に根拠を持つ製造業を米国内に引き戻した。

その結果、雇用を増やして失業率を3.5%と史上最下の水準にした

さらに中国に対する軍拡を拡大、国内製造業に活気を与えた。

今回の議会占拠で4人が亡くなったのは残念だが、少なくとも今回の大統領選が前代未聞の違法投票で行われたという問題意識を一般国民に知らしめたという意味で、4年後に向かって一歩前進と言えなくもない。

【おまけ】

【トランプ大統領からのメッセージ】

「(今は)家に帰ろう!家で穏やかに過ごそう!」|ワシントンDCの混乱を受けてのメッセージ

 ⇒最初にクリックお願いしま

コメント (7)