狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

演説の達人、ヒトラー、ケネディそしてデニィの共通点

2021-04-20 18:06:06 | 翁知事国連演説訴訟

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

■お知らせ

孔子廟第二次訴訟(孔子廟の撤去を求める)

第4回口頭弁論

日時:4月21日 13時30分

場所:那覇地裁 101号法廷

昨年の9月9日に提訴した第二次訴訟は、第一次訴訟の勝訴により、ただ今有利に戦いを進めております。那覇市が国有地を市民公園として活用するという条件で購入時(1/3はそれ故、無償借用)に交わした財務省との契約内容と久米嵩聖会の土地が孔子廟に隣接していることを裁判所がどう裁定するか!いよいよ争点を明確にすることになります。

徳永信一弁護士が出廷します。

 

*孔子廟第一次訴訟 祝勝報告会*

日 時:4月21日(水)開場:18時00分 開会:18時30分  閉会20時

会 場:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 三階 第1研修室

参加希望の方はご一報願います。

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、沖縄県らを相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

 

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会 

                ★

玉城デニー沖縄県知事の無策無能を批判するたびに「無能な県知事を選んだのは沖縄県民だ」と批判されると返す言葉が無い。

タレント出身のデニー知事は中身が空っぽなことをい軽妙な話術で国会議員から沖縄県知事へと駆け上がっていった。

デニー県知事の軽口とは比べることはできないが、歴史を動かした演説の巧みな二人の宰相がいた。

「独裁者ヒトラー」と「自由と民主主義の申し子」ケネディである。

ヒトラーもケネディも「天は自ら助くるものを助く」と就任演説で言った。

そしてデニー知事は県政を他人任せだった。

 

沖縄タイムス+プラス プレミアム

政局左右する選挙続く沖縄 2年で国政と7市長選 「オール沖縄」に影響

2020年9月30日 08:30有料

 2022年の知事選に向け、政局を左右する衆参の国政選挙と県内市長選挙。菅義偉首相は早ければ11月にも衆院の解散総選挙に踏み切る可能性がある。結果は名護市辺野古の新基地建設阻止の公約にも関わるだけに、玉城デニー知事にとっては1議席も負けられない戦いとなる。

 「オール沖縄」は衆院1-4区まで候補者が出そろった。現在は1-3区の議席を有しており、唯一空白の4区を自民から奪取できるかが焦点となる。

 一方、市長選は来年1月の宮古島市を皮切りに知事選までに7選挙を控える。結果は「オール沖縄」の勢力にも影響を及ぼす。

 今後2年間で選挙のある7市長のうち、南城市を除く6市長が「チーム沖縄」を構成する保守系首長だ。

 玉城県政にとっては、一市でも多く「オール沖縄」の候補を擁立し、勝利することで県政の安定基盤を築きたい考え。

 ただ、国政とは違いそれぞれ地域の特殊事情が関わるだけに人選は容易ではない。直近の宮古島市長選では地元選出県議や市議らを中心に人選を進めているが候補者の顔触れはいまだ見えない。

 翌2月予定の浦添市長選では、那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添ふ頭への移設を巡る賛否が対立軸になりそうだ。

 浦添選出の与党県議は「軍港移設反対の候補を擁立したい」と人選を急ぐが、具体化の見通しは立っていない。さらに、知事は移設容認の立場。県政と与党で見解が割れる中「移設反対の候補を擁立しても知事がどこまで支援できるかは見通せない」(与党関係者)と視界不良だ

              ★

■ヒトラーとケネディ

「政治は数、数は力だ。そして力は金だ」と喝破した宰相がいた。

実行力で知られた田中角栄のことだ。

沖縄のデニ―知事は実行力も金も中身もないが、舌先三寸で沖縄県知事になった。

一方、独裁者の異名を取るヒトラーは国民の魂を鷲掴みにする演説で独裁政治を突き進んだ。

そのヒトラーを倒した連合国総司令官アイゼンハワーの後を継いで戦後二人目の米大統領になったケネディも演説で国民の心をつかむ術に長けていた。

ところが不思議なことに戦争を挟んでドイツ、アメリカと敵対した両国の宰相が、その就任演説で同じ意味の発言をしていた。

ヒトラーは首相就任演説でケネディの就任演説の有名なフレーズ「あなたの国があなたのため に何ができるかを問うのではなく、あなたがあなたの国のために何ができるのかを問うてほしい」と同じ意味の文言でドイツ国民を扇動し、国民を破滅の道へ追い込んで行った。

凡庸な政治家なら「〇〇を実行する」などと公約を述べる。

だがヒトラーもケネディも「○○は国民がすべき」と国民に呼びかけた。

不思議なことに全く違うタイプのヒトラーとケネディは「天は自ら助くる者を助く」と自助の精神を説いていた。

ナチスドイツ、アドルフ・ヒトラー総統の首相就任演説 「ドイツ国民よ、我々に四年の歳月を与えよ」 "Deutsches Volk, gib uns vier Jahre Zeit" (1933年2月10日)

 

 

 

【おまけ】

⇒最後にクリックお願いします

コメント (1)

鬼より怖い社民党、「当り屋」だった「モンスター弱者」

2021-04-20 08:58:05 | マスコミ批判

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

■うるま市長選、照屋博之候補の推薦は社民党である。

沖縄県の今後の保革対立の動静を占う重要選挙・うるま市長選が18日告示され、7日間の選挙戦に突入した。

ともに無所属新人で前市議の中村正人氏(56)と沖縄国際大名誉教授の照屋寛之氏(68)が立候補した。

筆者が疑問に思うのは、両候補の推薦政党は中村氏が自民、会派おきなわ、公明、であるのに対し、

照屋氏の推薦政党に共産党と社民党が名を連ねている点だ。

共産党が県議会で与党を占める異常なデニー県政ではあるが、全国的には「絶滅危惧種」と言われる社民党は国会議員も選出しており、沖縄では特に人気があるのも異常である。

さらに異常を感じたのは、昨日の記事で取り上げた「鬼より怖いモンスター弱者」が社民党常任幹事であったことだ。

個人が社民党を支持しようが共産党を支持しようが、思想信条の自由である。

だがモンスター弱者の伊是名夏子氏は公党である社民党の常任幹事、つまり公人である。

しかも伊是名夏子氏は沖縄生まれの沖縄育ちというから、沖縄のうるま市市長選に全く無関係ではないはずだ。

社民党関連の公人である伊是名氏の「JR東日本に車椅子乗車を拒否された」というクレームは、偶然立ち寄った駅が無人駅だったからではなく、最初から無人駅を狙い撃ちした仕組まれたクレームだったという。

哀れなJR東日本はモンスター弱者の社民党常任幹事による「当り屋」の犠牲者だったことになる。

ちなみに傷害罪など暴力行為で有罪が確定した山城博治氏も社民党常任幹事である。(【おまけ】参照)

バリアフリーを強要する「当たり屋」が交通弱者を増やす

先週の私のブログのモンスター弱者の記事がいまだに大きな反響を呼んでいるが、事実関係を簡単に整理しておこう。

伊是名夏子氏のブログより

4月1日、社民党の常任幹事である伊是名夏子氏は、家族やヘルパーなど5人で来宮神社へ「家族旅行」に出かけた。しかし来宮神社は参道に長い石段があって車椅子で参拝できる所ではなく、来宮駅も無人駅なのでバリアフリーではない。

来宮へ行くには小田原→熱海→来宮と乗り換えるが、途中の小田原駅で駅員ともめた。伊是名氏のブログ記事にはこう書かれている。

 

[小田原]駅員C「来宮駅はお使いいただけませんので、熱海駅までで。その後はご自身でお考えになってください。」
私「ではタクシーを調べてください。車いすごと乗れるタクシーはだいたい1か月前の予約なので厳しいと思いますが」
駅員C「そうですか。では一応調べますが、代金はお客様負担で」
私「駅は公共交通機関です。駅員さんを3,4人、集めてくれませんか?」
駅員C「熱海駅は一切そのような手配は行っておりません」
私「バリアフリー法がありますよね。車いす対応をお願いします」
駅員C「利用者3000人以下の駅は対象ではありません」
私「障害者差別解消法があり、エレベーターがない駅は、合理的配慮としてほかの手段で対応していただく法律があります。エレベーターを作ってほしいと言っているわけではなく、エレベーターがないならば、それ以外方法で対応する義務があります」

「車椅子タクシーは1か月前の予約」というのは嘘で、当日は熱海の車椅子タクシーはあいていたが、伊是名氏は「駅員が来宮駅まで来い」と主張した。JRはこれを拒否したが、熱海駅では駅長を含めた4人が来宮まで同行し、階段で車椅子をおろした。

これは彼女が社民党の活動家だと知って「乗車拒否」と騒がれるのを恐れたためだろうが、伊是名氏はブログに「JRで車いすは乗車拒否されました」と書き、炎上が始まった。

バリアフリーを強要するために「突撃」する常習犯

くわしい経緯は電子瓦版に書いてあるが、これは伊是名氏がたまたま行った来宮駅がバリアフリーではなかったという偶発事件ではなく、4月1日から改正バリアフリー法が適用された来宮駅を計画的にねらった「突撃」である。

その意図を伊是名氏は、動画(今は削除)で「突撃しただろとか、狙ったんだろうとか言われるけど、そうでもしないと考えてもらえなくて」と認めている。

3月まで1日3000人以上の乗降客がないとバリアフリー化の義務がなかったが、改正で2000人以上の駅が対象になり、「合理的配慮」が求められるようになった。無人駅でバリアフリーにする方法は、エレベーターしかない。そのコストは、来宮駅では(保守を含めて)2億4000万円かかる。

こういう「突撃」は今回の事件だけではない。2017年のバニラ・エア事件でも、予告なしに車椅子で搭乗させろと主張した障害者が、搭乗拒否されて自力でタラップを上がる事件があった。

このとき木島英登氏も認めたように、彼は「突撃」して搭乗拒否を突破する常習犯である。それに対処するために車椅子用エレベーターを設置するコストは、格安航空会社には負担できない。彼が突破したバニラ・エアの関空-奄美線は、2019年に廃止された。

来宮神社も熱海から車で5分程度の距離なので、2億円以上かけてエレベーターを設置するより、来宮駅を廃止するほうが経営合理的である。駅員の賃金も払えない無人駅にエレベーターをつけろというバリアフリー法の規制が不合理なのだ

全国の駅の40%は無人駅で、地元の要望で維持しているが、こういう当たり屋の「駅テロ」や「空港テロ」が増えると、JRは無人駅を廃止し、赤字ローカル線もなくなり、航空会社の地方路線も廃止されるだろう。それはコロナで経営危機に陥っている鉄道会社や航空会社にとっては合理的だが、モンスター弱者のおかげで交通弱者は増えるのだ。
 
【おまけ】
 
社民党常任幹事
山城博治 ウィキより
  • 2018年3月14日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)から懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡された。辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前にコンクリートブロックを積み上げて工事資材の搬入を阻んだ威力業務妨害や、沖縄防衛局職員の腕をつかんで約2週間のけがを負わせた公務執行妨害と傷害、有刺鉄線を許可なく切断した器物損壊など全ての罪で有罪とされた。柴田裁判長は「工事に反対、抗議するという表現活動の面もあるが、実力行使をしており表現の自由の範囲を逸脱している」と述べた[26]
  • 2018年12月13日、福岡高裁那覇支部にて、控訴審判決公判が行われ、大久保正道裁判長は懲役2年、執行猶予3年を言い渡した一審那覇地裁判決を支持、山城側の控訴を棄却した[27]
  • 2018年12月19日、懲役2年、執行猶予3年とした福岡高裁那覇支部判決を不服として最高裁に上告した[28]
  • 2019年4月22日、最高裁は上告を棄却し、有罪が確定した[29]
コメント (2)

沖タイ阿部岳記者よ!平和ボケのミュンヘン会議を思い出せ![大弦小弦]「開戦前夜」なのだろうか

2021-04-20 00:16:54 | 外交・安全保障

⇒最初にクリックお願いします

コメント (2)

鬼より怖い「モンスター弱者」「JRで車いすは乗車拒否されました」

2021-04-19 07:43:36 | マスコミ批判

マスコミを利用して社会に寄生する「モンスター弱者」

昔からわからないのは、日本社会で「活動家」と呼ばれる人々は超少数派なのに、なぜこれほど影響力があるのかということだ。そういう活動家の巧妙な手口がかいま見られるのが、最近ちょっと話題になった車椅子「乗車拒否」事件である。

スクリーンショット 2021-04-17 192558
伊是名夏子(朝日新聞より)

朝日新聞によると問題の経緯はこうである。
伊是名夏子さんは4月、子ども2人と介助者、友人の計5人で1泊2日の旅行に出かけることにした。静岡県の熱海で、最寄り駅はJR来宮駅だった。小田原駅で行き先を告げたところ、直前になって無人駅の来宮駅には階段しかなく、ご案内できないと駅員から言われた。

1時間のやり取りを続けたが事態は変わらず、伊是名さんたちは仕方なく電車に乗ったところ、途中の熱海駅で駅員らが待ち受け、来宮駅でも車いすを運んだ。帰りも同様に駅員が乗車を手伝った。

伊是名さんはてんまつをブログで明かしたところ、ソーシャルメディアでは賛否が割れた。「事前連絡がない」「感謝の言葉がない」などの反発が出たほか、伊是名さんを誹謗中傷する投稿も相次いでいる。

これを読むと、たまたま思いついて家族旅行で行った来宮駅で事件が起こったようにみえるが、なぜ障害者がわざわざ最寄りに無人駅しかない来宮神社を旅行先に選び、しかも熱海駅からタクシーに乗らないで、駅員が補助できない来宮駅まで電車で行ったのだろうか?
ここには巧妙なトリックがある。伊是名氏は社民党の常任幹事で、党のナンバー4である。つまり普通の母親ではなく、社民党の活動家なのだ
 
 
コメント (7)

「コロナは番茶」 と 「ワクチンは茶番」

2021-04-19 05:05:14 | 医学・健康

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

沖縄タイムス紙面掲載記事

感染92人 療養最多1262人 県内コロナ 第4波「最大の波」

2021年4月19日 05:00有料

 県は18日、新たに10歳未満~80代の男女92人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。病院などで療養する患者数は1262人で、17日の1255人を上回り過去最多を更新。県の糸数公医療技監は、療養者数や1週間の新規感染者数の増加が続くことから、3月から4月にかけての第4波を「過去最大の波」とする見方を示した。

(3・7・23面に関連)

 今後、感染者数の増加が収まらない状況が続いた場合「『まん延防止等重点措置』の適用期間や外出自粛、時短営業要請の再延長を協議する」との考えを説明。さらに拡大すれば「より強い措置が必要になる」として緊急事態宣言を出す可能性についても言及した。

 感染者数が減少しない理由に変異株が影響しているかどうかについては「はっきりと見極められていない」と指摘。「(16日時点で)変異株N501Yは20%程度だった。関西地域のようには広がっていないとの認識がある」と述べ、感染拡大に変異株がどの程度関わっているか、判断が難しいとした。

 県内の直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者は54・56人で、大阪府の81・32人に次いで全国2番目に高い。

 年代別では20代が20人で最も多く、重症化しやすい70代以上は13人だった。

 18日に確認された感染者92人のうち、感染経路が追えたのは39人。家族内が23人、友人知人9人、職場内4人、飲食関係2人、その他1人だった。

 県内の累計感染者は1万1489人となった。日曜日のため、米軍関係の報告はなかった。

(写図説明)県内感染者の居住別状況(4月18日)

(写図説明)県の新型コロナ判断指標と現状(18日現在)

 

テレビとうさん

「コロナは番茶」 と 「ワクチンは茶番」

 
 「お茶で新型コロナを無害化できる」とする実験結果が有ります。実験ではペットボトル入りの緑茶や紅茶などを試験管内で、ウイルスとお茶を混ぜて経過時間ごとの感染力を持ったウイルスの量を検査した結果、総て「1分間で1/100以下」に減少したそうです。

 市販の緑茶や紅茶の多くは茶葉の新芽が原料だと思いますが、夏以降に収穫した茶葉は「番茶(三番茶・四番茶)」と言い、カフェインが少ない割にタンニンが多く含まれているそうです。

 日本茶では「番茶」がタンニンを最も多く含んでいるとされ、そのタンニンには「カテキン類」が含まれていて渋みの原因物質(効果物質?)だそうです。また、最も多くのカテキンを得るためには、茶葉を煮出すか熱湯で淹れるのが良いそうです。渋みは増すのですが「良薬は口に渋し」です。

 タンニンはタンパク質に結合する性質があり、木材などの防腐剤に利用されています。その成分である「カテキン」には、ウイルスのエンベローブを構成するスパイク蛋白に結合する能力が有るとされていて、それがコロナウイルスを無害化(付着しても感染しない)するのではないかと考えられています。当然、インフルエンザウイルスにもエンベローブが有り、知ってか知らずか「お茶には風邪の予防効果がある」と言われてきました。

 カテキンはタンニンに含まれ、タンニンはポリフェノール(フラボノイド)に含まれます。フラボノイドは「欠乏症を示さないビタミン」と言うそうです。少し前に「ビタミンP」が有りましたが、単一物質では無いことと欠乏症が無い事から「ビタミン」から降格されました。

 カテキンを多く含んでいるモノには他にも、柿・ワイン・ルバーブなどが有り、ポリフェノールまで入れると「コーヒー」や今流行の「ルイボス茶」など、コロナに効きそうな飲み物は無数にありますが、インスタントコーヒーは効く気がしません。

 コロナに効くと言えば飲み物以外に「ワクチン」が人気のようですが、最近のワクチンは「インスタント」が多くて、レギュラーは無いようです。通常は4~5年の熟慮期間が必要なのですが、今回の「mRNAワクチン」と称する「人工ウイルス」は1年モノです。その効果を見ると、

イギリスの人口は6,790万人で、各項目を 万人(人口比 %) で示すと、

累積陽性確認数:439   (6.5  )
累積死者数  : 12.7 (0.19 )
最多陽性確認数:  6.8 (0.10 )1月 8日
直近陽性確認数:  0.25(0.004)4月13日

です。100人あたり接種回数がイギリスは59.7回なので、(以前の)定義からすると「集団免疫」が達成されたと言えます。これでイギリスも一応安心できます。と言うのも、英国変異型武漢ウイルス株は「重症化に繋がらない」と云う研究結果が発表されたからです。

 ところで、情けない日本の場合は、人口は12,500万人で、接種回数は1.3回ですが、同様にデータを見ると、

累積陽性確認数:512   (4.1  )
累積死者数  :  0.94(0.008)
最多陽性確認数:  0.78(0.006)1月 8日
直近陽性確認数:  0.34(0.003)4月13日

です。なんと驚くことに(ホントは驚いていない)「Ct値=45」のお陰で累積陽性確認率(感染者とは限らない)はイギリスと大差は有りませんが、死亡率は1/24です。更に驚きもしませんが、殆ど「ワクチン」を接種してい無いにも拘らず、直近の陽性確認率は日本の方が少ないです。しかも、「Ct値=45」のままでこの値です。

 やはり、日本の場合「ワクチンは茶番」のような気もします
 
【おまけ】
 

【悲報】韓国で52人が死亡!コロナワクチン接種後の死亡申告計52件に‥→「因果性の認定事例はない」 韓国の反応

  •  
       海外の反応 韓国

抗体持続力研究により3次接種の有無など科学的根拠を用意

コロナ19ワクチン接種後の死亡届出事例は計52件であることが分かった。現在、32件に対する予防接種被害調査班の審議が行われており、30件は因果性がないという結論を下した。残りの2件は、解剖後に再審議が行われる予定だ。

コロナ19ワクチン接種後の死亡届出事例は計52件であることが分かった。 現在、32件に対する予防接種被害調査班の審議が行われており、30件は因果性がないという結論を下した。残りの2件は、解剖後に再審議が行われる予定だ。

1

予防接種対応推進団によると、16日基準の予防接種被害調査班において、予防接種後に異常反応として届け出られた事例のうち、死亡事例32件、重症審査例17件、アナフィラキシー疑似事例8件の審議が行われた。

審議を行った死亡事例32件のうち、30件は因果性が認められておらず、2件は解剖結果を確認した後、再審議の予定だ。

審議を行った重症の審査例17件のうち、因果性が認められた事例は計2件で、1件は40代女性が接種後の発熱やけいれんによる血圧低下を示した事例だ。残りの1件は20代男性の脳静脈洞血栓症の事例だ。


残り15の重症及び死亡異常反応申告事例のうち血栓と関連性を疑うことができた事例は死亡1件と重症4件の計5件だった。

このうち3件の審議が行われ、死亡事例1件と重症事例1件は、因果性が認められていない、因果性が認められた1件は20代男性の脳静脈洞血栓症の事例だ。ただ、20代男性の件は、EMAで議論した血小板減少症を伴う希少血栓事例ではなく、一般的な血栓関連事例だ。

防疫当局は米国でコロナ19ワクチンの3次接種議論が始まったことについて「政府レベルでワクチン接種者を対象に(3次接種に対する)コロナ19抗体持続力を研究している」と明らかにした。同日午前、外国メディアの報道によると、米国でワクチン効果を補強するための3回目の追加接種ブースターショットを計画している。

ペ班長は「(3回目の接種に関する)具体的な科学的根拠や資料を受け取っていない、具体的な資料を専門家と協議する必要があると思う」と話した。

ペ班長は「参考に、韓国でも現在接種を行っている方のうち一部を標本とし、「抗体持続力」に関する調査を行っている」とし、「最長2年まで(追跡管理を通じて)予防接種を受けた方が体の中でどれだけコロナ19に対抗できる抗体が形成されるのかについて調査を行っている」と説明した。

保健当局は「抗体持続力」調査過程で一定の結果が出れば公開する予定であり、外国の事例も総合して専門家委員会などを通じて議論するという計画だ。
 

⇒最後にクリックお願いします



韓国の反応 


・因果性認定事例がないってことは、何人死んでも認めてくれないってこと
コメント (2)

日米声明に、中国と沖タイ「断固反対」、台湾「感謝と評価」 海峡の平和「世界の焦点に」 台湾

2021-04-18 08:02:20 | 外交・安全保障

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

17日行われた日米首脳会議の共同声明で、台湾、尖閣が取り上げられたことに対し、台湾が感謝の意を表明した。

だが、中国は「内政問題」として強く反発した。

中国、共同声明に「断固反対」

沖縄タイムスは中国に忖度し、一面トップをコロナに譲り他の紙面で日米同盟の強化に不満を表した。

これでは沖縄タイムスが中国の工作員という噂も信憑性がある。

■二面トップ

日米首脳会議

同盟 辺野古を正当化

首相意思にじむ

県「思考停止だ」

台湾防衛 沖縄も危険 識者評論 野添文彬・沖国大准教授

共同宣言に反対したのは沖縄タイムスだけではなかった。

日本の中国に傾斜する日本のマスコミがこぞって激怒した。

日米共同声明に激怒したマスコミが胡散臭すぎる批判記事を掲載して中国の重要性を全力で強調中

 

 

沖縄タイムス紙面掲載記事

[ニュース断面]同盟 辺野古を正当化 首相意向にじむ 日米首脳会談 県「思考停止だ」

2021年4月18日 05:00有料

 米新政権の発足後、初めて対面の首脳会談に臨んだ菅義偉首相とバイデン米大統領。共同声明と会談後の記者会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が「唯一の解決策」とする立場を踏襲した。県にとって「普天間の一日も早い危険性除去につながらない」(幹部)辺野古移設が、対中国を念頭に両首脳が前面に出した「日米同盟強化」の名の下に正当化された。県側は「思考停止だ」と反発を強める。(米国特約記者・平安名純代、東京報道部・嘉良謙太朗、政経部・大城大輔)

 辺野古移設が共同声明に盛り込まれたのは、2017年2月の首脳会談以来とみられる。

 声明は米海兵隊のグアム移転や、馬毛島への米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)移転も明記した。ただ、首相は共同会見で、辺野古だけに言及した。

 首相は官房長官時代から辺野古移設を主導しており「並々ならぬ思いがある」(政府関係者)。バイデン政権初の対面会談でもあり、日本側関係者は「会談や声明で『辺野古』がどこまで取り上げられるかは、首脳に委ねられる」としていた。最終的に、首相の意向が反映したとみられる。

うなずく大統領

 「米国と日本は全て同じ方向を向いているわけではない。しかし、辺野古移設に関しては、われわれの足並みに乱れはない」

 会談に同席した米政府高官は本紙の取材に、うっすらとした笑みを浮かべ、こう答えた。「辺野古移設を着実に進める」との首相の言葉に、バイデン大統領が満足そうにうなずいたと情景描写もしてみせた。

 首相は、在日米軍再編を進める理由を「地元の負担軽減を進める観点から」と語る一方で「日本の防衛力強化への決意を伝えた」と胸を張った。

 首相に応えるように、声明は「米国は、核を含むあらゆる能力を用いた日米安全保障条約の下での日本の防衛に対する、揺るぎない支持を改めて表明した」との文言を盛り込んだ。

 ホワイトハウス高官は「中国が米国や同盟国にとって脅威だと明示できたことは、大きな収穫」と前のめりな姿勢を見せる

負担軽減に懸念

 ただ、沖縄周辺では日米共同訓練が増加し、自衛隊による南西諸島の基地機能強化も進む。会談が発した「同盟強化」の号令に、県関係者は「基地負担軽減を訴える沖縄の声はかき消されていないか」と懸念する。

 米中対立が深まり、国内世論には辺野古の新基地建設を正当化する向きもある。

 県幹部は「集中から分散へと変わってきている米軍の戦略上、それでいいのか。『中国が脅威だから辺野古が必要』というのは、思考停止だ」と批判した。

(写図説明)会談後、共同記者会見に向かうバイデン米大統領(右)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス

(写図説明)日米共同声明の「台湾」を巡る表記比較

日米声明に「感謝と評価」 海峡の平和「世界の焦点に」 台湾

配信

 

時事通信
最終更新:時事通信
 
【おまけ】

社説[日米首脳会談と中国] 緊張緩和へ外交努力を

配信

沖縄タイムス

kon*****

 | 

沖縄タイムズの社説はだからどうすればいいのかには全く触れない。話し合いで解決できる相手ならとっくに解決できている。中国という国は中国共産党最高幹部という名の一部特権貴族階級のために14億の人民を奉仕させる独裁国家だから、彼らの利益に反することはどんなことであっても絶対に譲歩しない国だという認識から始めなければ何事も進まない。あのような組織がこの地球上に存在すること自体許されないことなのだ。だったらどうするか、国際社会が一致してすべての交流をストップさせることだ。中国のものは買わない、中国にモノを売らない。中国人とは付き合わない。そこまでやれば彼らも自分の利益のためには他国に譲歩することも必要だということを知ることになる。各国が血を流す覚悟で中国に向き合うしかないのだ。

  • sat*****

     | 

    理想像を社説としてコメントするだけなら単なる能天気だ。有司専制独裁国家であり人権侵害国、拡張主義である中国とどうやって向き合うのか、日本は有司専制独裁や人権侵害、拡張主義を認めるべきかどうかを社説として述べて初めてメディアの役割が果たせると知れ。この社説ではおばちゃんの井戸端会議と同じレベルだ。

  • kin*****

     | 

    中華タイムスらしいオチの付け方。拡大思想で人権弾圧やってる国と関係を深めよとは世界の流に逆らった主張だな。日米豪印プラスによる包囲網を築くことが戦闘を避ける道。

コメント (6)

新たな展開!デニーリマ談合追及訴訟

2021-04-17 07:28:07 | 翁知事国連演説訴訟

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

昨日那覇地裁で行なわれたデニーりま談合糾弾訴訟のご報告をします。

午後3時30分に開廷したが、原告側の準備書面の提出の確認のみで約5分で閉廷した。

コロナ禍の中傍聴して下さった約20名の同志には、閉廷後徳永弁護士及び二宮弁護士より短時間で閉廷した理由及び裁判の作戦変更の解説があった。

ちなみに次回の第8回口頭弁論は6月4日午後3時より那覇地裁で行なわれる予定。

■新たな準備書面に伴う作戦会議

口頭弁論終了後、那覇市内の某所で徳永弁護士と原告側が集結、作戦会議をした。 同録画は数日中の公開の予定。

 

               ★

原告が代理人弁護士に訴訟を依頼するとき、原告の意志と弁護士の意志が完全一致しない場合がある。

本事件の場合がそうだ。

原告側はデニー知事と徳森りま氏の「只ならぬ関係」を立証し、徳森りま氏が沖縄事務所代表を務める子ども支援基金に県が委託した事業2400万円がデニー氏による論功行賞であると断じ、その金を県民の血税で使用した、と言う趣旨で提訴に持ち込んだ。

一方、代理人側は行政訴訟で勝訴するのが困難な現状に鑑み、とにかく勝訴第一を作戦にした。

つまり、県が徳森りま側の支払った膨大な伝票・領収書の類を逐一チェックし、違法に相当する支出を炙り出す作戦だ。

裁判としては単純な伝票の検証が基本の比較的地味な裁判だ。

原告が伝票チェックでデニー知事の違法な支出を炙り出す作戦に異論を唱えた理由は、こうだ。

仮に伝票チェックで勝訴したとしても、被告側が敗訴を認め「伝票支出の違法性は認めるが、経理上の単純ミスなので以後気を付けます」などと開き直ったら原告側の意志とは別問題だ。

裁判は勝訴したが、勝負で負けた・・・つまりデニー知事と徳森りまのタダなる関係の暴露や論功行賞の追及とは程遠い勝訴になる。

提訴の段階で弁護団と原告側で異論を戦わせたが、結局法律のプロである弁護団の意見に従い、第一回口頭弁論は始まった。(おかげで筆者も段ボール三箱分の膨大な伝票をチャックする作業に加わ割る破目に陥った)

ところが、16日の口頭弁論の直前、原告側の「不満」を感じ取った徳永弁護士が当初の原告側の意思をくみ取った「準備書面」を徹夜で作成し、ギリギリセーフで裁判所に提出した。

そのため当日は」裁判長や被告側も原告側の準備書面を読んでおらず、当日は書面の提出だけで閉廷した次第。

               ★

■翁長知事の遺言録音と徳森りま氏のデニー推薦の関係

徳永弁護士が徹夜で書き上げた新たな準備書面は、原告側の意思を見事に反映しており、作成した徳永弁護士の気迫が滲み出るほど見事な出来栄えである。

翁長前知事の急死に伴う後継者指名で右往左往する「後継者選定・調整会議」の様子を報じる当時の新聞。

〝後継指名〟あったのか 候補者選び急転、翁長氏音声に疑問の声も 知事選

 
「音声」の存在が明らかになったことを受け、知事選の候補者を玉城氏と呉屋氏に絞り込んだと発表する調整会議メンバー=19日、自治労県本部音声」の存在が明らかになったことを受け、知事選の候補者を玉城氏と呉屋氏に絞り込んだと発表する調整会議メンバー=19日、自治労県本部

 9月30日の知事選で、県政与党側は死去した翁長雄志知事の後継者として自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)を擁立する方針を決めた。ただ、擁立の決め手となった翁長氏生前の「音声」は公開されておらず、聞いたと主張する人も限られているため、その内容は曖昧なまま。そもそも翁長氏による〝後継指名〟があったのかも疑問視される。自民党は「音声」をめぐって急転した県政与党側の候補者選考に批判を強めており、今後の選挙戦で火種になる可能性もある

玉城氏が29日出馬表明 沖縄県知事選 きょう党と最終協議

 9月30日投開票の県知事選に向け、県政与党が出馬を要請した玉城デニー衆院議員(58)と同後援会幹部、与党などでつくる調整会議の正副議長による会合が26日、沖縄市内であった。出席者によると、玉城氏は29日に出馬を正式表明することを出席者に伝えた。会合後、玉城氏は記者団に「後援会から一致団結して知事選に臨んでほしいという力強い声をもらった」と述べ、重ねて出馬する意向を示した。

 玉城氏は27日に上京し、所属する自由党の小沢一郎共同代表と面談し、出馬表明前の最後の協議を行う予定。併せて国政野党の幹部らとも面談し、知事選への協力などを求める考え。玉城氏は記者団に「あと少し詰めるところを詰めて、来たるべき発表をさせていただきたい」と話した。

 会合では、調整会議の照屋大河議長から玉城氏の擁立を決めた経緯などの説明があった。説明に対して後援会幹部からは、4年前の翁長雄志知事誕生を後押しした「オール沖縄」体制の再構築や資金面での支援を求める意見が上がった。念頭には、今回の知事選で自主投票を決めたかりゆしグループの存在があり、後援会幹部は「県民投票実施に向けた議論をきっかけに(与党内で)不協和音が広がる流れがある。足並みをそろえ、一枚岩にならないと戦えない。そこは調整会議に注文した」と語った。

 

オール沖縄に不協和音? 玉城デニー氏、知事選出馬表明を“再”延期

2018.8.27

 沖縄県知事選(9月13日告示、同30日投開票)に立候補する意向を固めている自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)は26日、同県沖縄市内で後援会幹部と会合を開き、同日に予定していた正式表明を29日に延期すると説明した。「オール沖縄」に不協和音が生じているようだ。

 玉城氏は、8日に死去した翁長雄志知事の「後継者」と位置付けられているが、翁長氏が後継指名したとされる音声データは開示されていない。共産党や社民党、沖縄社会大衆党を中心とする支援態勢も不明確だ。

 玉城氏を支持する県議は「オール沖縄の中には選んだら『はい、おしまい』で何もしない人が出かねない」と懸念する。

 玉城氏は記者団に「あと少し、詰めることを詰めて発表したい」と語った。27日に都内で自由党の小沢一郎代表と再度、面会する。

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、沖縄県らを相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

 

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会 

⇒最後にクリックお願いします

コメント (1)

緊迫映像…尖閣沖で領海侵入繰り返す中国海警局の船 石垣島の地元漁船を“威嚇”

2021-04-17 05:24:25 | 外交・安全保障

 

 

緊迫映像を入手…尖閣沖で領海侵入繰り返す中国海警局の船 石垣島の地元漁船を“威嚇”

 
日本テレビ系(NNN)
Nippon News Network(NNN)

 

⇒最後にクリックお願いします

コメント (2)

遺言サギだった知事の「音源」、翁長知事の「後継者指名遺言音声」 聞いたのはたった1人 「音声を開示せよ」⇒「断る」⇒遺言サギ

2021-04-16 16:07:59 | 翁知事国連演説訴訟

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

遺言サギだった知事の「音源」、翁長知事の「後継者指名遺言音声」 聞いたのはたった1人 「音声を開示せよ」⇒「断る」⇒遺言サギ

2018-08-22

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、翁長知事を相手取って二件の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いや、説明会場を借りるのも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

支援金お振込先

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:1924612
 

 

翁長知事急死後の2018年8月、「オール沖縄」側の知事選候補者選定が大幅に遅れた理由は、翁長知事自身にあった。

翁長知事は、意識混濁で業務遂行が困難になる死の直前まで、知事選出馬に「意欲を示し」ていたからだ。 死の直前まで「翁長知事の後継者は知事自身」といわれるほどカリスマ化していた。

そんな状況で8月8日、知事が死去した瞬間、後継者選定のドタバタ劇が始まった。

「オール沖縄」を支援する候補者選定の調整会議には、糸数慶子参院議員、城間那覇市長、呉屋金秀グループ会長、謝花副知事らの名前が出ては消えたりしたが、終始名前が出続けたのは呉屋氏と謝花副知事の2人だけだった。 

そして8月17日。

突然、「神の声」が天から降っておりてきた。

翁長知事が「後継者を指名した音声記録」が「遺言」となって残っていたというのだ。

まさに17日は、調整会議が知事選候補者を呉屋氏、謝花副知事に絞る作業をしていた日だ。

しかし、呉屋氏は当初から立候補を固辞しているので、候補者は事実上態度を明確にしていない謝花副知事1人に決定する。 

その寸前だった。

ただ、謝花副知事にも候補者としては問題があった。

謝花氏は8月8日知事死去直前の記者会見で、知事職務の委任を受けたが「撤回の委任を受けた」とは明言していない。

事実上知事の追悼集会になった11日の県民大会でも、「知事の遺志を受け継ぐ」との掛け声に「毅然と判断する」とは発言したが「撤回を毅然と行う」とは発言していない。

知事の死後行われた聴聞も終了し、「撤回」の準備は整っているにもかかわらず、「撤回を執行する」という声はいまだに聞こえてこない。

反基地活動家の中には「撤回詐欺ではないか」との声さえ聞こえてくる。

確かに撤回を「毅然と判断」する必要もないし、「毅然と実行する」必要もない。

歌舞伎役者じゃないので、大見得を切る必要は無い。

知事の権限を引き継いで実行するなら「粛々と撤回」すれば済むことである。

だが、ベテラン行政マンの謝花氏が根拠法の疑わしい「撤回」の実行には政治判断が不可欠なのは充分承知のことである。 選挙の洗礼を受けていない謝花氏が政治判断の伴う「撤回」を実行することは知事権限逸脱の可能性がある。

謝花氏の「撤回実行」に対する逡巡を感じ取った新里県議会議長と、謝花氏の両人が謀議したのが「遺言詐欺」の真相ではないのか。

玉城デニー氏を後継者に仕立て上げることにより、謝花氏は「撤回実行」の悪夢から脱却できるし、あわよくば「撤回」を玉城氏にたらいまわしすることも可能である。

したがって「公開拒否」の条件付で「遺言」の音源を新里氏に持ち込んだ「ある人」とは、後に「音現場にいた」と口裏を合わせた謝花副知事といえばつじつまが合ってくる。

 

後継者を指名した「神の声」(遺言)が沖縄から東京に、たらい回しされる経緯。

翁長知事(沖縄)⇒謝花副知事⇒新里氏⇒調整会議⇒玉城デニー⇒小沢一郎(東京)

【追記】

後日判明した事実だが翁長知事の後継者候補の選定で「調整会議」が右往左往している時期に、徳森りま氏が元山仁士郎氏を伴って「調整会議」に玉城デニー氏を知事候補として推薦している。

後にデニー知事との只ならぬ関係を疑われる「デニーリマ談合糾弾訴訟」に発端は此処にあるのではないか。

 

【おまけ】

玉城氏、29日出馬表明=小沢代表と最終調整-沖縄知事

 沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う県知事選(9月30日投開票)で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力から出馬要請されていた自由党の幹事長(衆院沖縄3区)は29日、那覇市内で記者会見し、立候補を表明する。オール沖縄の「調整会議」が27日、明らかにした。
 上京中の玉城氏は28日、共同歩調を取る各党を回って支援を要請する。玉城氏は27日、衆院議員会館で自由党の代表と出馬に向けた最終調整を行った。小沢氏はこの後、記者団に「各党のしかるべき人たちにあいさつし、ご理解をいただいたら(玉城氏が)出馬を決意する」と明言した。 
 共産党の書記局長は27日の記者会見で「一日も早い正式表明を期待したい。翁長氏の実績を引き継げるのは玉城氏しかいない」と述べ、全面支援する方針を強調した。(2018/08/27-19:35)

 

2018年8月25日

〝後継指名〟あったのか 候補者選び急転、翁長氏音声に疑問の声も 知事選

 
「音声」の存在が明らかになったことを受け、知事選の候補者を玉城氏と呉屋氏に絞り込んだと発表する調整会議メンバー=19日、自治労県本部音声」の存在が明らかになったことを受け、知事選の候補者を玉城氏と呉屋氏に絞り込んだと発表する調整会議メンバー=19日、自治労県本部

 9月30日の知事選で、県政与党側は死去した翁長雄志知事の後継者として自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)を擁立する方針を決めた。ただ、擁立の決め手となった翁長氏生前の「音声」は公開されておらず、聞いたと主張する人も限られているため、その内容は曖昧なまま。そもそも翁長氏による〝後継指名〟があったのかも疑問視される。自民党は「音声」をめぐって急転した県政与党側の候補者選考に批判を強めており、今後の選挙戦で火種になる可能性もある

玉城氏が29日出馬表明 沖縄県知事選 きょう党と最終協議

 9月30日投開票の県知事選に向け、県政与党が出馬を要請した玉城デニー衆院議員(58)と同後援会幹部、与党などでつくる調整会議の正副議長による会合が26日、沖縄市内であった。出席者によると、玉城氏は29日に出馬を正式表明することを出席者に伝えた。会合後、玉城氏は記者団に「後援会から一致団結して知事選に臨んでほしいという力強い声をもらった」と述べ、重ねて出馬する意向を示した。

 玉城氏は27日に上京し、所属する自由党の小沢一郎共同代表と面談し、出馬表明前の最後の協議を行う予定。併せて国政野党の幹部らとも面談し、知事選への協力などを求める考え。玉城氏は記者団に「あと少し詰めるところを詰めて、来たるべき発表をさせていただきたい」と話した。

 会合では、調整会議の照屋大河議長から玉城氏の擁立を決めた経緯などの説明があった。説明に対して後援会幹部からは、4年前の翁長雄志知事誕生を後押しした「オール沖縄」体制の再構築や資金面での支援を求める意見が上がった。念頭には、今回の知事選で自主投票を決めたかりゆしグループの存在があり、後援会幹部は「県民投票実施に向けた議論をきっかけに(与党内で)不協和音が広がる流れがある。足並みをそろえ、一枚岩にならないと戦えない。そこは調整会議に注文した」と語った。

 

オール沖縄に不協和音? 玉城デニー氏、知事選出馬表明を“再”延期

2018.8.27

 沖縄県知事選(9月13日告示、同30日投開票)に立候補する意向を固めている自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)は26日、同県沖縄市内で後援会幹部と会合を開き、同日に予定していた正式表明を29日に延期すると説明した。「オール沖縄」に不協和音が生じているようだ。

 玉城氏は、8日に死去した翁長雄志知事の「後継者」と位置付けられているが、翁長氏が後継指名したとされる音声データは開示されていない。共産党や社民党、沖縄社会大衆党を中心とする支援態勢も不明確だ。

 玉城氏を支持する県議は「オール沖縄の中には選んだら『はい、おしまい』で何もしない人が出かねない」と懸念する。

 玉城氏は記者団に「あと少し、詰めることを詰めて発表したい」と語った。27日に都内で自由党の小沢一郎代表と再度、面会する。

 


テーマ:
 

 

<故・翁長雄志沖縄県知事>

 

 故・翁長雄志沖縄県知事が、玉城デニー衆院議員と呉屋守将「金秀」グループ会長の2人を後継指名したとされる音声データの存在が報告され、呉屋守将会長が立候補を固辞したため、「オール沖縄」は玉城デニー衆院議員を擁立する方針を固めました。

 

 

 以下、産経ニュースより引用します。

 


【沖縄県知事選】
「オール沖縄」が玉城デニー氏擁立へ 玉城氏「翁長氏の後継指名は重い」
https://www.sankei.com/politics/news/180820/plt1808200007-n1.html

 9月30日投開票の沖縄県知事選をめぐり、8日に死去した翁長雄志知事の支持母体「オール沖縄」を構成する共産党や社民党、労組などでつくる「調整会議」は19日、自由党幹事長の玉城デニー衆院議員を擁立する方針を固めた。調整会議幹部がこの日、玉城氏に出馬を要請した。玉城氏も前向きに検討する考えで、20日に後援会関係者らと協議した上で最終判断する。

 玉城氏は19日夜、沖縄市内で記者団に対し、翁長氏の後継指名について「これ以上身に余るものはない。本当に重いと受け止めている」と語った。


<玉城デニー氏>

 調整会議は19日夕に那覇市内で会合を開いた。翁長氏が玉城氏と県内建設大手「金秀」グループの呉屋守将会長の2人を後継指名したとされる音声データの存在が報告され、いずれかを擁立する方針を決めた。

 ただ、呉屋氏は19日夜も出馬を固辞し、玉城氏を支持する意向を調整会議幹部に伝えた。調整会議幹部はその後、沖縄市内で玉城氏と面会してこうした経緯を説明し、玉城氏に決断を促したという。玉城氏は出馬に前向きな考えを周囲に伝えており、22日までに最終判断する方針だ。

 玉城氏は58歳で、衆院当選4回。平成21年8月の衆院選で民主党(当時)から出馬して初当選したが、24年7月に小沢一郎元民主党代表(現自由党代表)らとともに民主党を離党した。

 新里米吉県議会議長によると、翁長氏の親族に近い人物が17日、翁長氏の音声データの存在を新里氏に伝えた。19日の調整会議出席者で音声データを聞いたのは新里氏のみだったが、直接聞きたいと申し出る声はなかったという。新里氏は記者会見で、音声データについて「細かいことは言いたくない」と語った

 一方、知事選出馬に意欲を示していた元日本青年会議所会頭の安里繁信氏は19日、那覇市内で記者団に「出馬を断念しようという結論に至った」と述べ、自民党が推す宜野湾市の佐喜真淳前市長を支持すると表明した。自民、公明両党は近く佐喜真氏の推薦を決める方針。佐喜真氏は日本維新の会にも推薦を求める。

 

 

 本来、翁長氏の急死を受けて後継候補者選びは、混乱が予想されていました。

 実際にこの音声データの存在が明るみになる直前まで、呉屋守将会長、謝花喜一郎副知事、赤嶺昇県議、稲嶺進前名護市長、富川盛武副知事等の間で調整する予定だったのです。

琉球新報

 しかし、翁長氏の「遺言」ともいえる音声データの存在によって、状況は一変します。

 たった二日間で玉城デニー氏が後継候補に指名されることになったのです。

 ところが、この翁長氏の音声データが存在しなかったのではないかとの疑惑が浮上し、「オール沖縄」内部で混乱が生じているのです。

 以下、時事ドットコムより引用します。

 


沖縄県議会議長、翁長氏の音声開示応じず=沖縄知事選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082101116&g=pol

 沖縄県議会の新里米吉議長は21日、故翁長雄志知事が生前に自らの後継候補の名前を挙げたとする音声データについて「私の手元にない」と説明した上で「公開しましょうというわけにはいかないだろう」と述べた。東京都内で記者団の質問に答えた。
 新里氏は19日の記者会見で、翁長氏が死去する前に後継候補として自由党の玉城デニー衆院議員ら2人の名前を挙げた音声の録音を聴いたと説明していた。これに対し、翁長氏を支持してきた県議会与党会派の一部は、音声データに疑義があるとして公開を求めている。
 新里氏は21日、非公開とする理由について「(録音を)持って来た方から『広げないでほしい』という要望がある」と語った


 

 ????

 いやいや、このような重要な音声データは、絶対公開しなければ意味がないでしょう。

 沖縄県議会議長でもある新里米吉氏は、行き掛かり上公開しなければ、自身の信頼や後継候補者のイメージも失墜しかねません。

 案の定、SNSではこの話題が急速に広がっています。

 



https://twitter.com/ikuyuk/status/1031365187536736256
にこ( ´ω` )
@ikuyuk
翁長氏の親族に「近い」人物が
・17日に(死去は8日)
・音声データの存在を新里氏(県議会議長)に伝えた
・聞いたのは新里氏のみ
・直接聞きたいと申し出る声はなかった
・新里氏「細かいことは言いたくない」

想像の1万倍うさん臭い話だが…誰も突っ込まないのだろうか

--------


https://twitter.com/ikuyuk/status/1031733838731300864
にこ( ´ω` )
@ikuyuk
・会派おきなわ、音声開示を認められず
・開示ない限り、候補者選考の「調整会議」参加見送る
・同会派赤嶺氏「秘密裏に進めるのはよくない。あまりにも不透明だ」
・調整会議を離脱する可能性にも言及

翁長氏を支えたかりゆしグループは自主投票方針表明、どうなりますか…
 

やはり翁長知事の「神の声」による「後継者」の「遺言」は、捏造というより「遺言」そのものが存在しなかった。

新里議長による「1人芝居」というより、「遺言サギ」だったのか。

新里県議会議長の「音源」話は、当初から疑問だらけだった。

そもそも、神格化した翁長市長が後継者を指名するという重要な音源を確認したのが新里氏1人しかいないという疑問だ。

仮に何かの都合で、新里氏1人で聞かざるを得なかったとしても、「遺言」が真実なら、公開はともかく、少なくとも調整委員会のメンバー全員で内容を確認し、「遺言」の信憑性を主張すべきではなかったか。

報道によれば、翁長知事が玉城氏をにお墨付きを与えた音源に「疑義あり」として、瑞慶覧功、平良昭一、赤嶺昇、新垣清涼、玉城満、親川敬、上原正次、新垣光栄の8県議が所属する「会派おきなわ」が「オール沖縄」を離脱するとのこと

前回の知事選では翁長氏を支援したかりゆしグループもすでに自主投票を決めているから、「オール沖縄」は完全に分裂したと見てよい。


「遺言」の音源を聴いたという新里氏は、「音源は公開できない」「音源は後継者を指名する遺言ではなく、翁長知事が玉城デニー氏と呉屋守将氏に対する期待を語ったものにすぎない」と説明している。

これを忖度すれば、「後継指名の遺言」(音源)など、最初からから存在しないということだ。

いくら翁長知事の神格化に我を失ったとはいえ、有権者をバカにするのも好い加減にして欲しい。

翁長知事の「遺言」が表面化した経緯も極めて不可解だ。 

19日付沖縄タイムスによると、「音声は膵臓がんで死去する数日前に病院で録音されたもの」とのこと。

しかし「関係者」がそれを県紙にリークしたのが知事の死去から10日たった18日。

なぜ10日間も秘匿していたのか。

その当時調整会議が候補者選びを急ピッチで進めていたのは周知の事実だ。

にもかかわらず「遺言」を10日間も隠していた理由は一体なんだったのか。

沖縄2紙によると、情報源は「関係者」「複数の関係者」というきわめてあいまいなもの。

「音源」の信憑性を主張するなら匿名にする必要などないはずだ。

17日の「調整会議」では、呉屋氏、謝花喜一郎副知事、赤嶺昇県議が推薦されたが、「呉屋氏、謝花氏には意志確認があった一方、赤嶺氏には打診がないという。

赤嶺氏を推した会派おきなわなどからは選考の在り方に不満が漏れて」(19日付沖縄タイムス)いたと、「調整会議」の公平性に疑問が出ていた矢先の「遺言」の出現である。

沖縄県議会議長、翁長氏の音声開示応じず=沖縄知事選

 沖縄県議会の新里米吉議長は21日、故翁長雄志知事が生前に自らの後継候補の名前を挙げたとする音声データについて「私の手元にない」と説明した上で「公開しましょうというわけにはいかないだろう」と述べた。東京都内で記者団の質問に答えた。

「政治生命懸け闘った」=基地移設反対の市民ら追悼-翁長沖縄知事死去

 新里氏は19日の記者会見で、翁長氏が死去する前に後継候補として自由党の玉城デニー衆院議員ら2人の名前を挙げた音声の録音を聴いたと説明していた。これに対し、翁長氏を支持してきた県議会与党会派の一部は、音声データに疑義があるとして公開を求めている。
 新里氏は21日、非公開とする理由について「(録音を)持って来た方から『広げないでほしい』という要望がある」と語った。 (2018/08/21-21:36)

あまりにもおかしな話だ。

今まで名前のでなかった玉城氏を擁立しようとしていて、当人の名前が確実に録音されているなら、むしろ翁長氏のお墨付きになる。


「音源」を隠す必要はないはずだ。小学生でも分かること。

 【おまけ】

翁長知事の「後継者指名遺言音声」 聞いたのはたった1人 「音声を開示せよ」⇒「断る」⇒オール沖縄内紛勃発~ネット「公開できない理由がわからない…誰に迷惑がかかるの?」

投稿日:2018年8月22日

 

県議会会派おきなわ、翁長知事の音声開示を要求 知事選候補選考からの離脱も言及
8/21(火) 10:05配信

沖縄県の翁長雄志知事が生前残した音声で、後継候補に期待する人物として玉城デニー衆院議員の名前を挙げていた件で、会派おきなわ(瑞慶覧功会派長)は20日、新里米吉議長に音声の開示を求めたが認められなかった。同会派は「直接音声を聞かなければ言葉のニュアンスが分からない」として、開示されない限り、候補者選考作業を進める「調整会議」への参加を見送る方針。

新里氏は19日の会見で、音声を渡した遺族関係者の「広めたくない」との意向に沿い非開示とし、聞いたのは調整会議の中で自分一人だと説明していた。

 同会派の赤嶺昇県議は「秘密裏に進めるのはよくない。あまりにも不透明だ」と対応を批判。「音声は知事選立候補という重要な決定事項に関わるものだ」として開示されなければ調整会議を離脱する可能性にも言及した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00301702-okinawat-oki

 9月30日投開票の沖縄県知事選に立候補する意向を示している自由党の玉城デニー幹事長(58)は21日夜、沖縄市内のホテルで後援会幹部と会合を開いた。出席者によると、玉城氏は「もう少し時間をかけたい」と述べたという。

 会合終了後、玉城氏は記者団に「後援会の皆さんの意見をいろいろと挙げていただいた。そういう意見も踏まえてさらに慎重に検討していきたい。もろもろまとまったら報告できると思う」と述べた。

 会合では、8日に死去した翁長雄志知事が玉城氏らを後継指名したとされる音声データについて、玉城氏自身が直接確認するよう求める声も挙がった。

 音声データをめぐっては、翁長氏を支持した県議会の会派「おきなわ」が、音声を聞いたと説明する新里米吉議長に対し、音声を聞かせるよう求めている。新里氏は「関係者に迷惑をかける」として拒否しており、会派「おきなわ」幹部は21日、記者団に「音声データを公開しない限り、(翁長氏の支持母体の)オール沖縄から抜ける」と述べた。

8/21(火) 20:18
産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000582-san-pol

 
 
コメント (2)

【拡散】売国トリオ!「放出水」を巡るNHK、朝日、原口一博

2021-04-16 08:15:23 | マスコミ批判

 

「トリチウム」をゆるキャラ化? 復興庁、批判受け削除

小川崇、山本孝興

 

 イラストが登場するのは、「ALPS処理水について知ってほしい3つのこと」と題されたチラシと動画。丸顔でほおを赤らめた、ゆるキャラのようなキャラクターとして描かれている。

 同庁によると、三重水素とも呼ばれ、水と一体となっているトリチウムをわかりやすく理解してもらうために表現したという。昨年10月以降に風評被害軽減のために準備し、昨年度の「放射線等に関する情報発信事業」の予算で電通に発注した3億700万円のうち、数百万円を使って作成された。

 だが、このトリチウムをキャラクター化した広報活動には「考えが浅はか過ぎる」「逆効果」と、SNSなどで批判の声も上がった。14日の国会でも「ゆるキャラを見て、安全だと意図的に誤解を生むのではないか」などの質問も出た。

 復興庁の担当者は「子どもを含め広く関心をもってもらうためのもの。専門性が高く、正しい情報を知ってもらうという理由でイラストを用いた」としていたが、同庁は批判を受け、14日夜に公開を休止した。担当者は取材に「SNSなどの批判の声を受け止め、トリチウムのデザインを修正する」としている。

 動画は4分26秒にわたり、「トリチウムは雨水や川の水、水道水などにたくさんある」「100倍程度に薄め、飲料水基準の7分の1程度にして海に流す」などと説明。世界各国の原発でトリチウムが海や大気に放出されているとし、福島第一原発の貯蔵量に比べ、「フランスのラ・アーグ再処理施設では年間16倍、韓国 月城原発では6分の1の量が放出されている」との文章も添えられている。(小川崇、山本孝興)

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、沖縄県らを相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

 

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会

⇒最後にクリックお願いします

コメント (1)

!発端は一枚の写真だった!デニーリマ談合訴訟、

2021-04-16 00:14:46 | 翁知事国連演説訴訟

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

■本日の催物

万国津梁会議訴訟(デニー・りま談合糾弾訴訟)

第7回口頭弁論

日時:4月16日 15時30分 

場所:那覇地裁101号法廷

先日、原告に有利な判例が見つかり、これにより次々にデニー攻撃の矢を放つことが可能となった。

今回は、原告側の徳永信一弁護士が来られます。

是非傍聴にお越しください

               ★

裁判の途中経過を明確にするため、事件の発端を過去ブログから拾って解説する。

 
疑惑の発端はFNSに投稿された一枚の写真だった。
 

デニー知事は私設秘書のリマ氏や受託業者と契約日前夜に祝宴を開いていたのが下記写真。

又吉政義氏が県議会で追及。

         ★

 

問題の写真(上記)は受託契約の発注者のデニー知事と契約受託業者の徳森リマ氏が契約の前日、親しそうに会食している光景を映している。

この写真を「業者との癒着の証拠写真だ」として県議会自民党が厳しく追及した。「受託(委託)契約の前日に宴会で盛り上がるとは癒着も甚だしい」というのが自民党側の主張である。

「受託業者」とは、デニー知事の諮問機関である「万国津梁会議」の支援業務(予算約2400万円)を受託した「子ども被災者支援基金」などを指す。

沖縄県の委託事業を沖縄では一件の業務実績もない山形県在のボランティア団体「子ども被災者支援基金」が中心になって受託するのは、きわめて大きな疑問を感じる。

疑惑は、それだけではない。

この「子ども被災者支援基金」代表である鈴木理恵氏は、デニー知事の基地政策に大きな影響力を有する新外交イニシアティブ(猿田佐世代表)の理事だ。

新外交イニシアティブには、評議員として元外務省の栁澤協二、ジョージワシントン大学のマイク・モチヅキ、今年4月に衆院議員(沖縄三区)補選で当選したジャーナリストの屋良朝博、法政大学の山口二郎、ジャーナリストの鳥越俊太郎、東京大学の藤原帰一の各氏が名を連ねている。

だが、驚いたことに、デニー知事を知事に立候補したころから支援しデニー氏の「私設秘書」といわれる徳森りま氏も新外交イニシアティブ創設時からの理事である。

この徳森氏が会食の写真にもデニー知事の左の席に写っている。

デニー知事は、同会食をプライベートな飲み会と弁明し、県も「沖縄県職員倫理規定」に照らして同席した県職員は契約に関わっていないし、知事は特別職なので県倫理規定の違反ではないと弁明している。(琉球新報は知事を例外扱いの特別職と規定している県の倫理規定の見直しを主張している。⇒文末の【おまけ】参照)

ところが徳森リマ氏とデニー知事の関係は単なる友人知人の領域を超えた間柄だ。

徳森リマ氏はデニー知事が県知事に立候補した時から「私設秘書」の役割を果たし、知事に当選後も知事の有力な支援者の一人である。

徳森リマ氏は知事当選後、フジロックへのデニー氏出演を手配し、全国遊説キャラバンも企画している。

繰返すが契約先業者は山形県在の「子ども被災者支援基金」である。

沖縄では一件の業務実績のない山形で設立されたボランティア団体が、なぜ沖縄の万国津梁会議に関わるのか不可解だが、この業者とジョイントして今回の仕事を取った沖縄の団体・全国トークキャラバンの代表は徳森りま氏だ。

つまり、契約金(血税)の還流先はデニー知事の実質的な私設秘書が代表を務めるボランティア団体ということになる。

しかも、当初は6社の希望者が存在し、競争入札という形式を取りながら他社は辞退して、実質的に随意契約となった委託案件だ。

「他社辞退」に疑いの視線が向けられても仕方がない。

デニー知事は、徳森リマ氏の私設秘書としての論功行賞の一環としてリマ氏の所属するボランティア団体との契約の成功祝賀会だからこそ参加したのであって、プライベートの懇親会などでは決してないことは明白だ

この会合は、徳森リマ氏が契約というご褒美を得たことのお祝いなのである。

従って新聞報道が指摘する業者との癒着云々というレベルではない。

ボランティアで私設秘書として知事当選に頑張ってくれた徳森リマ氏に契約受諾の約2400万円のご褒美をあげるための前祝の祝宴がいわゆる「会食癒着」なのだ。

だが、実態は癒着など単純な問題ではな。

疑惑だらけで、正に疑惑のデパートである。

一連のデニー知事の行動は癒着どころか、公私混同、職権濫用、背任に近い重大な案件だ。

こんなあからさまなリマ氏に対する利益供与を認めた県庁役人の責任も重大である。

県議会与党や沖縄2紙が追及の手を緩めている以上、デニー知事と徳森リマ氏を法廷に引き釣り出し、糾弾するのが良識ある県民の務めである。

常日頃デニー知事の支援をする沖縄タイムスや琉球新報もデニー知事の公私混同軽挙妄動に批判の記事を書いている。

 
 
沖縄タイムス+プラス ニュース

癒着を疑われるのも当然だ」会食問題で識者 就任1年、デニー知事に火種

沖縄タイムス 2019年10月3日 15:30

 玉城デニー知事の重要政策「万国津梁会議」の支援業務を受託した業者と知事の関係を巡り、野党の沖縄・自民が疑惑の追及を強めている。契約前日の業者との会食が県職員倫理規程に違反する疑いや、業者の関係者が知事の政治活動の支援者であることを指摘。知事は「問題ない」との認識を繰り返しているが、自民側は一般質問終了後も常任・特別の両委員会などで、追及を続ける構え。4日に就任1年を迎える玉城県政の火種となりかねない。(政経部・仲村時宇ラ)

 

業務委託の経緯

沖縄県の玉城デニー知事

 県は有識者の意見を聞く「万国津梁会議」で、会場設営、委員の日程調整などを担う業務の公募を4月12日に開始した。同17日の説明会に6社が参加。5月10日に締め切り、共同企業体1社から応札があった

 県は5月17日に選定委員会を開き、同日に内定を通知、同24日に契約を締結した。問題の会食は前日の23日に開かれた。

 共同企業体は山形県の「子ども被災者支援基金」が代表で、県内の旅行代理店など3社と計4社で構成。この基金は1月に沖縄事務所を設置した。知事は事務所の女性職員から昨年9月の知事選で、支援を受けたことを認めている。

 知事は契約前日に、女性職員や基金代表との会食に、県職員3人と参加。自民県議は「山形から代表者が来て一緒に飲食し、万国津梁会議の話が出なかったとは信じられない」と批判する

◆沖縄事務所の住所が同じ

 業者の選定や契約の最終決裁者は文化観光スポーツ部の統括監で、知事に報告はなかったという。知事は「全く知らなかった。私的な会食だった」と否定した。

 県職員倫理規程は「県民の疑惑や不審を招くような行為の防止」を目的に、利害関係のある関係業者との会食などを禁じている。一方、職務に関係のない友人らとの会食を除外する。

 金城弘昌総務部長は、特別職の知事は倫理規程の適用対象でないとし「あくまで友人との私的な会食」と強調。職員3人も文化観光スポーツ部の所属でないため「職務と関係がない」と述べ、いずれも規程に抵触しないとの見解を示した

 自民側は、知事のもう一つの重要政策「全国トークキャラバン」の業務を新外交イニシアチブ(ND)に委託したことにも注目。NDの代表は玉城知事と面識があり、NDの沖縄事務所と、会食で問題になった基金の沖縄事務所は同じ住所だ。

 自民側は「知事が親しい関係者に委託したか、職員が知事の意向を忖度(そんたく)したか。公金支出の在り方として問題だ」と主張している。

◆疑われても仕方がない

 江上能義琉大・早大名誉教授の話 以前からの知り合いが県の業務を受注し、玉城デニー知事がその契約以前に会食していたとなれば、癒着を疑われるのは当然で、あまりに不用意だ。知事は行政の長として疑いを掛けられるような行動は避けるべきだ。

 事業には公金が使われている。知事と関わりがある業者に委託が集中していると疑われている以上、業者選定の経緯と理由を具体的に説明する必要がある。

 知事は会食時、契約について「知らなかった」と答弁しているが、親しい知り合いだ。翌日が県事業の受注契約だとすれば、会食中にその話が出たと考える方が自然で、疑われても仕方がない

 もちろん県の契約は膨大で、そのすべてを知事が把握しているわけではない。ただ、万国津梁会議は知事の重要政策でもあり、その契約について知らなかったでは済まされない。

訴状
https://www.okinawa-sassin.com/bankoku_sojyo.html

記者会見
https://youtu.be/0O5O__z7y-s?t=910

 
<社説>知事が事業者と会食 県民への説明責任果たせ

 
 県は、知事が職員倫理規定の対象外である点に言及した上で、私的な友人関係での会食だったこと、業者と利害関係のある職務に就く職員がいなかったこと、会食の対価は支払っていることを挙げ、倫理規定に抵触しないと説明している。
 たとえそうであったとしても、不適切と言わざるを得ない。公私混同や癒着を疑われかねないからだ
 
 特別職を除外した倫理規定の在り方も、この際、抜本的に見直すべきだ。

【おまけ】

孔子廟第二次訴訟(撤去を求める)

第4回口頭弁論

日時:4月21日 13時30分

場所:那覇地裁 101号法廷

昨年の9月9日に提訴した第二次訴訟は、第一次訴訟の勝訴により、ただ今有利に戦いを進めております。那覇市が国有地を市民公園として活用するという条件で購入時(1/3はそれ故、無償借用)に交わした財務省との契約内容と久米嵩聖会の土地が孔子廟に隣接していることを裁判所がどう裁定するか!いよいよ争点を明確にすることになります。

こちらも徳永信一弁護士が来られます。

 

*孔子廟第一次訴訟 祝勝報告会*

日 時:4月21日(水)開場:18時00分 開会:18時30分  閉会20時

会 場:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 三階 第1研修室

参加希望の方はご一報願います。

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、沖縄県らを相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

 

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会 

⇒最後にクリックお願いします

コメント (7)

破廉恥ペンギン市長が逆切れで刑事告訴

2021-04-15 13:43:29 | ★依田啓示事件

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

 

古いブロブの中で最近アクセスが急増した記事を一部編集して再掲する。

             ★

 

本日も嘘つき依田氏の県議会選立候補に絡み、アクセスが急増した過去ブログを一部編集の上次に紹介しよう。              

石垣市長選 絶対権力者は腐敗する! 2010-02-28 06:52:05         

本日は石垣市長選。

大浜長照石垣市長の長期独裁政権終焉の日である。

平和と福祉をオウムのように繰り返し、

米軍基地や自衛隊に罵声を浴びせれば当選する。

そんな時代は終わった。

同じような反省が長崎や町田でも起きた。

県知事選における長崎ショックである。

当日記は石垣市民の良識を信じて、

本日、20年間の大浜独裁政権に終止符が打たれることを祈念する。

 

                   

■「ブログ告発」で公明党が離反

大浜市長の長期政権を支えていた公明党が今回の市長選では長年の友好関係に決別して新人の中山候補の支援に回った理由は「ブログ告発」だと書いた。

大浜市長への決別の直接の引き金は確かに「ブログ告発」に対する大浜市長の疑惑に満ちた対応だった。

だが、大浜市長は自分に長期政権を委ねた石垣市民への説明責任も果たさないままさらに5期20年を望むという傲慢な態度。

これこそ「絶対的権力は絶対的に腐敗する」という格言そのままの具現であった。

これには与党の公明党もあきれ返った。

公明党は「絶対的権力は絶対的に腐敗する」という信念のもとに、市長の多選自粛を主張し、大浜長照市長へ立候補の自粛を求めていた。

大浜氏は石垣市民、いや日本全国民に疑惑を呼んだ「婦女暴行疑惑」をウヤムヤにしたまま20年の長期政権を狙うという。

これは大浜市長が石垣市民を愚弄し、石垣市政を私物化した思い上がりの表れである。 

これこそ公明党が危惧する独裁体質の「絶対権力は絶対的に腐敗する」という格言の表れに他ならない。

国政の中枢では独裁者小沢一郎氏が、市民団体から刑事告発を受けていながら、不起訴になったのを理由に国民への説明は一切避けている。 しかし、国民の90%以上は小沢氏に説明責任を求めている。

翻って南の島の島石垣市ではどうか。

独裁者大浜市長は、検察の不起訴を期待するという立場で言えば告訴人の立場ではあっても小沢氏と軌を一つにするのではないか。

独裁者小沢氏の不起訴にも多くの疑惑は国民に説明されていないが、独裁者大浜市長の言動も数多くの疑惑は説明されないままである。

■不起訴を見込んだ刑事告訴

大浜市長が「ブログ発信者」に対する刑事告訴に踏み切るまで2ヶ月も要し、しかも東京の弁護士二人を含む3人の弁護士を同伴の大掛かりな記者会見の席で、刑事告発を宣言した。

これは、結局、刑事告訴は不起訴になる可能性を検討した為ではないのか

つまり、検察は起訴における99・98%の勝訴率を守るため、事件を受理してもめったなことでは起訴をしない、・・・という情報を弁護士から得て、不起訴を想定の上で刑事告訴したのではないか。

「7年前の事件」ゆえ、場合によっては不起訴どころか事件として受理されない場合も想定される。 

那覇地検が刑事告訴の訴因である名誉毀損の有無の捜査を検察に依頼したとしても、八重山署には既に「被告人」であるサラさんの方から石垣市長による「婦女暴行」の被害届けは提出されている。

被害届けは刑事告訴のように捜査の義務は伴わない。

だが、一旦届けを出せば受理しなければならぬ。 

一方の刑事告訴は受理したら捜査の義務が生じる。

そこで検察は勝訴可能な明確な証拠がない限り告訴不受理の場合が多いという。

大浜市長は、起訴の可能性の有無はともかく、とりあえず受理するように検察圧力を加えるため大勢を従えた仰々しい記者会見を開き、そのために3人の弁護士を立てたのではないか。

大浜市長にまつわる疑念はつきない。

⇒最後にクリックお願いします

コメント (1)

世界の物笑い!処理水放出 韓国が提訴検討

2021-04-15 07:23:32 | 医学・健康

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

日本の排出水は世界基準以下で少なくとも韓国の放出水の汚染濃度は、日本の処理水より高い。

韓国の大統領が、日本の対応について国際裁判所に提訴。、

そして徹底的に強い抗議をする・・・世界の物笑いだろう。

↓クリック拡大

中韓が反対なら当然反対の売国新聞・沖縄タイムス。

きょうの沖縄タイムス、4面トップ

原発処理水で提訴検討

韓国、海洋放水に反対

「非常に強く憂慮」

麻生氏発言 中国が非難

「飲めるというなら飲んで」

沖縄タイムス紙面掲載記事

飲めるというなら飲んで 麻生氏発言中国が非難

2021年4月15日 05:00

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は14日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水について「飲めるというなら飲んでみてほしい」と述べた。麻生太郎財務相の「飲んでも何てことはないそうだ」との発言を踏まえ、海洋放出の方針決定を改めて非難した。

 趙氏は「太平洋は日本の下水道ではない」と非難した。韓国の文在寅大統領が国際海洋法裁判所への提訴検討を韓国政府に指示したことについても「日本が国際社会の懸念を重視することを希望する」と述べた。

 麻生氏は13日、海洋放出の方針決定に関して「もうちょっと早くやったらと思っていた。飲んでも何てことはないそうだ」と発言し、残留する放射性物質トリチウムの濃度は中韓が海洋放出しているものより低いと指摘した。

 

<picture></picture>

処理水放出 韓国が提訴検討

時事通信

国際海洋法裁への提訴検討 原発処理水で「大きな懸念」 韓国大統領

時事通信1422

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、日本政府が原発処理水の海洋放出方針を決定したことを受け、放出差し止めに向けた暫定措置も含め、国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)への提訴を検討するよう指示した。

 
ココがポイント

石川智久 認証済み

 | 日本総合研究所 調査部 マクロ経済研究センター所長報告

日本としてはIAEAと連携しており、この動きを続けることが重要です。世界が多極化するなか、日本の行為に対して違う意見を持つ国は増えることが予想されます。こうした中では国際機関を味方につけるのことがこれまで以上に重要となるでしょう。最近は経済安全保障と言う言葉が良く聞かれるようになりました。経済活動において国際政治を理解...もっと見る

  • tem*****

     | 

    別にいいんじゃない?
    きちんとIAEAのレビューも受けているし、堂々としてれば良い。万が一、日本が負けるようなことがあれば、間違いなく、では、他の国が排水しているものの影響は?という流れになり、また韓国が余計なことを・・・、と世界から孤立する火種が生むことになるだろうから。もちろん、それには韓国の月城原発が日本海に垂れ流している汚染水についても含み、しっかり調査してもらったらいい。

     

  • fum*****

    世界的慣例に沿って安全性に十分考慮した日本の処理水の放出決定に対しては、IAEAと米国が支持している。

    日本の処理水より汚染濃度が高い韓国の大統領が、日本の対応について国際裁判所に提訴指示に対して、徹底的に強い抗議をする。

  • pwk*****

     

    いいんじゃないですかね
    きちんと数値を示して議論をするなら風評被害を避ける機会にもなるかと思います
    政府と東電は真摯に向き合って解決に向かって前進していただきたい

コメント (3)

デニー失政に鉄槌を、デニー・りま談合糾弾訴訟

2021-04-15 00:56:15 | 翁知事国連演説訴訟

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

デニー沖縄県知事の失政は、翁長前知事の遺言を妄信した「あらゆる手段で辺野古阻止」の他に那覇軍港の浦添沖移設でのダブスタ言動、尖閣での中国忖度そしてコロナ禍の爆発的まん延など・・・枚挙にいとまがないほどだ。

デニー知事を支えるオール沖縄に鉄槌を加える戦いの橋頭堡となる二つの裁判の口頭弁論が間もなく行われる。

万国津梁会議訴訟(デニー・りま談合糾弾訴訟)

第7回口頭弁論

日時:4月16日 15時30分 

場所:那覇地裁101号法廷

先日、原告に有利な判例が見つかり、これにより次々にデニー攻撃の矢を放つことが可能となった。

今回は、原告側の徳永信一弁護士が来られます。

是非傍聴にお越しください

 

孔子廟第二次訴訟(撤去を求める)

第4回口頭弁論

日時:4月21日 13時30分

場所:那覇地裁 101号法廷

昨年の9月9日に提訴した第二次訴訟は、第一次訴訟の勝訴により、ただ今有利に戦いを進めております。那覇市が国有地を市民公園として活用するという条件で購入時(1/3はそれ故、無償借用)に交わした財務省との契約内容と久米嵩聖会の土地が孔子廟に隣接していることを裁判所がどう裁定するか!いよいよ争点を明確にすることになります。

こちらも徳永信一弁護士が来られます。

 

*孔子廟第一次訴訟 祝勝報告会*

日 時:4月21日(水)開場:18時00分 開会:18時30分  閉会20時

会 場:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 三階 第1研修室

参加希望の方はご一報願います。

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、沖縄県らを相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

 

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会 

⇒最後にクリックお願いします

コメント (2)

福島「処理水」、NHKが海外で反日扇動していたことが発覚!!! その内容に日本政府もブチギレ!!!

2021-04-14 05:15:37 | マスコミ批判

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

 

■沖縄タイムス「中韓が反対なら本紙も反対」

福島の原発処理水の海洋放出について、IAEAが安全のお墨付きを与えても、なんでも反対の沖縄タイムスは、中国と韓国が反対するからもちろん反対。

■二面トップ

海洋放出ぎりぎり決断

政権理解訴え 妙案なし

【高まる批判…内外せめぎ合い】

■社会面左トップ

海洋放出「最悪の時期」

漁業や観光 影響懸念

 

麻生大臣「飲んでも何ちゅうことない」処理水の海洋放出に理解求める「中国やら韓国やらが海に放出しているのと同じもの以下」

配信

ABEMA TIMES

麻生大臣

<div class="ad">

 

NHK、「放射能汚染水」表現を訂正 海外向けサイトで英文表記...「誤解を与えかねない」

配信

J-CASTニュース

NHKワールドJAPAN公式サイトより

日本反社協会が【売国放送!】

【速報】 NHKが海外に福島への風評被害を拡散した模様 

NHK、海外で反日扇動していたことが発覚!!! その内容に日本政府もブチギレ!!!


1: カールおじさん(やわらか銀行) [US] 2021/04/10(土) 18:59:33.35 ID:4zqWE2tE0● BE:307982957-2BP(2000).net
小咲なな
@TIOffoa1Iny67ll
信じられない。NHK酷い。
福島の海洋放出について"radioactive water"(放射能汚染水)ってツイートして、"treated water"(処理水)
だって指摘されたら、ついさっきシレッと消した。
世界に日本のネガティブキャンペーンして、どこが"日本の"公共放送なんだ。本当に日本の敵なのか。

https://twitter.com/TIOffoa1Iny67ll/status/1380820468857405440

no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



9: KANA(光) [TR] 2021/04/10(土) 19:00:52.34 ID:W/c51w3s0.net
さすが日本反社協会



引用元: 【速報】 NHKが海外に福島への風評被害を拡散した模様

 
コメント (7)