福地脩悦・全国・人の旅 会長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

「しがらみ」でこそ社会構成が…北斗市

2017-10-07 19:10:03 | Weblog

小池東京都知事が「しがらみのない国政政党」をつくると「希望の党」を創設しました。
私は、「しがらみのない」社会の仕組みは在り得ないと思います。
私達の生活そのものが、「しがらみ」の中に成立しているとも云えそうです。

「しがらみ」を漢字で書くと「柵」となり、枠の中に閉じ込める等の界壁をイメージします。
しかし実際の意味は、切れない縁、切れない人間関係、自分本位に生きられない事などです。
職場の同僚や家族、恋人なども含まれ、まさに私達は「しがらみ」の中に暮らしているようです。

自分だけが好きなようにする生き方等は、周りの人々に当然ながら目配りが足りなくなります。
秩序やコンプライアンスは、「しがらみ」の最たるものです。
それを守るからこそ穏便な社会は構築されるのでしょう。

私も「しがらみ」のない自由な生き方をしてみたいとは思います。
しかし、誰もが他人の存在で衣食住がなされ、自分の存在はまさに「しがらみ」の中にあります。
「しがらみのない」社会とは、とても自由奔放で心地良さそうですが現実には在り得ません。

むしろ「心地よい『しがらみ社会』の構築」とでも云い換えれば良いのかも知れません。
私達工務店経営者は、より多くの「しがらみ」の中で家づくりを行っています。
建築基準法、地域条例、施主の要望、協力業者の都合、資材メーカーの存在などと、どれをとっても大切な「しがらみ」なのです。

今日は、弊社の「福地建装ユーザー会」が主催するパークゴルフ大会を行いました。
夜は北斗市本社の作業場に特設会場をつくり、大勢で大懇親会を催しました。(写真)
工務店とお施主様との「しがらみ」を双方の利益に繋がる「しがらみ」にする行事です。

総選挙が始まりますが、「しがらみ」を上手に力に変える候補者を応援したくなります。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト
コメント