福地脩悦・全国・人の旅 会長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

施工工務店とお施主さま…北斗市~八戸市

2018-11-17 21:14:42 | Weblog

住宅は、住宅業者が施主に売った時点でコストになりがちです。
家を売り、引っ越した翌日に来る連絡が、苦情だけになるとしたら、それは工務店にとってコストそのモノと云えるのです。

私達ファース・グループは、「家づくりは竣工してからが始まり」の理念があります。
200社近いファース工務店が全国各地で活動しており、ファースの家に住むユーザー友の会も加盟工務店ごとに構築しております。

ファースの家のもっと快適な住まい方などを情報交換し、施工工務店のイベントサポートなど積極的に行う事で、業者と施主の信頼構築を盤石にします。
ファースの家のユーザーさまは、家に関する心配事を一切なくする事が出来ます。

今日は青森県八戸市のFAS加盟工務店・シーユーハウジングさまのユーザー会イベントに参加させて頂きました。(写真)
13年前にシーユーハウジングさまが建築した「ファースの家のユーザーさま」で発足したファースユーザー友の会のイベントで今日は、200名もの方々が参加されておりました。

信頼に基づいてのお施主様は、施工工務店の大きな資産となります。
シーユーハウジングさんの地域工務店としての在るべき姿を強烈に感じたイベントでした。
私が研究開発して世に送り出した住宅システムのファースの家は、いまや各工務店経営者の方々とユーザーさまが、ヒトと人の懸け橋に上手に活用していました。

私は北斗市から駆け付け、ユーザーさまたちにお礼を申し上げる機会を頂きました。感謝!

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

工務店経営者自身が経営資源です…北斗市

2018-11-16 17:01:09 | Weblog

地域に根付いている工務店は、経営者自身が大きな資源になっております。
工務店経営者のパーソナリティー(人格や人柄など)は、お施主様にとって一生一代の大事業となる家づくりに選択の重要な要素となります。

地域社会では、良い事も悪い事も直ぐに伝播してしまいます。
長年にわたり、その地域で工務店経営を行っているということは、お施主様を幸せにするだけの施工技術だけでなく、工事に携わる協力業者さんにも丁寧に接しています。

一棟の家づくりを行うには、大工さんだけでなく、木材、建材、サッシ、建具、内装、屋根、電気、水道、衛星工事など多種多様な人々が出入りします。
その職種の異なる人々の誰からも信頼されていなければ、良い家づくりは出来ません。
それは云うまでもなく工務店経営者のパーソナリティーそのものだと云えます。

今日は、ある一般のユーザーさまから施工に関するトラブルで悩む相談がありました。
大手住宅会社の施工ですが、現場に入っているのは下請け業者さんであり、お施主様の要望を知っていてもしてあげられない事情もあるのです。

地域工務店の施工では、経営者が直ぐに対応するため有り得ないトラブルです。
家づくりは施工工務店が小さいことは良い事かも知れません。
写真は愛知県のFAS加盟工務店、いしかわ建築さんですが代表の石川実さんは、小さな規模でもお施主様の信頼が厚く、とても経営効率の高い工務店経営を行っています。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

空気のクオリティーを思慮せよ…北斗市

2018-11-15 17:22:53 | Weblog

今朝のニュースで中国の首都、北京ではPM2.5(スモッグ)が酷く、視界50mまで下がったと云います。
自動車や工場から排気ガスが要因ですが、この汚れた空気を吸っていては必ず何らかの病気を患う事になりそうです。

私達が生涯で最も多く摂取するの空気と云えます。
公的な健康科学資料では、口(一部は鼻も)から入れる物質の80%は空気なのです。
この空気を何処で吸うのかを調べると会社、デパート、乗り物、山や海などが25%。
残りの75%の空気は、住まいしている家の中で吸っていると云う事になります。

私達のファースは、乾燥材のシリカゲルを処方して調湿や空気洗浄を行う機能を持ち、「空気サラサラ」「健康深呼吸」「美人住宅」「美人ハウス」を特許庁に商標登録しております。
シリカゲルは乾燥材ですが、湿気を吸着するとそこに湿気があると云う事であり、乾燥した時は放出するように処方しただけなのです。

ファースの家は、奇麗な空気を家中に送り続けるような仕組みを構築しています。
写真は、ファースの家専用空気洗浄調湿材、ファースシリカの袋詰めですが、これを床下いっぱいに敷き詰めます。
一生涯で最も多く摂取する空気は、調湿洗浄した空気をいっぱい吸って戴きたいのです。

現在はオプションでPM2.5などの汚染物を電気吸着するクリーンファンネルを取り付けるタイプもあり、中国北京のような地域でも家屋内では綺麗な空気を吸うことが出来ます。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

地方創生と私達の街づくりとSDGs…東京都内~羽田空港~函館空港~北斗市

2018-11-14 17:36:18 | Weblog

「SDGs」これを(エス・ディ・ジーズ)と云いますが今日はシンポジウムがありました。
地域自治体や私達の企業が、2030年まで持続可能な開発目標のことです。
SDGsは国連サミットで、国連加盟国193カ国の満場一致で採択されました。

2030年までに持続可能な開発目標17項目と169のターゲットです。
1・貧困をなくす。2・飢餓ゼロ。3・健康と福祉。4・質の高い教育。5・ジェンダー(男女格差是正)。6・安全な水とトイレ。7・クリーンエネルギー。8・働き甲斐と経済成長。9・産業革新。
10・人や国の不平等ゼロ。11・豊かに住める街づくり。12・責任ある消費と生産。13・気候変動対策。
14・海の豊かさ。15・陸の豊かさ。16・平和と正義の充実。
17・パートナーシップで目標達成。この17項目です。

私達ファース・グループでは、福地建装ファース本部がコアとなってFAS加盟工務店も次々とSDGsの理念を唱え始めています。
今日は東京市ヶ谷の法政大学26階ホールで、SDGs推進啓蒙の重責を担っている法政大学准教授の川久保教室主催で大規模な推進研修会を行いました。

ファース本部のある北斗市からは地域創生課長の楠川 修さんが出席されました。
既に認定表彰されている北海道下川町と北九州市の2自治体より、事例発表がありました。
川久保教室の学生さん達のきびきびした対応や中身の充実さに心より敬意を表します。

北海道北斗市もSDGsに相当する事業は様々行っており、次年度の認定を目指しています。
人口減少やエネルギーや環境問題などを考慮する直ぐにでもSDGs目線での活動が必須です。


blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

デリカシーの有無を問われる…北斗市~函館空港~羽田空港~東京都内

2018-11-13 18:43:34 | Weblog

周りの環境を顧みず、自分勝手な振る舞いを行う人もいます。
空港のチェックインカウンターでは、手続きを終えたオバサンが10名も列を作っているに、財布をバックにしまうため動こうとしません。

デリカシーに欠如と云いのでしょうか。
デリカ―とは、感情、気遣い、心配りなどの繊細さを意味する言葉です。
おもにヒトの気持ちを考える能力に欠ける人の事を云うのでしょう。

デリカシーは人間社会の中では、他人とうまく付き合うために重要な要素です。
自分がいかに多くの方々に支えられているか、また自分は大勢のヒトの中にあって、たった一人の人間でしかない事に気付くべきなのでしょう。

他人に気遣いの出来る人は、誰からも好感を持たれます。
ヒトと良い関係が出来る事の総てが、自分自身の幸せになるための根源になりそうです。
今日の移動は機種変更で国際線飛行機、シドニーに行った際に乗ったプレミアム席です。

この飛行機は一席ごとに仕切られており(写真)、フルフラット(真っ平)にもなります。
1時間30分のフライトなのでフルフラットにはしませんでしたが、個室状態の席の場合は、多少のデリカシー欠如のヒトがいても苦痛にならないものです。

さて明日は、敬愛する共同研究者で法政大学准教授の川久保俊先生のお誘いでSDGs自治体関連者講習に参加させて頂きます。
明日の午後は北海道函館市に戻り、北海道放送主催、弊社協賛の「こども音楽コンクール」に参加します。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

仕事の出来る人は忙しいと云いません…北斗市

2018-11-12 17:19:48 | Weblog

就業時間内で懸命に仕事を行い速やかに帰宅する社員は、会社にとって良い社員です。
他人に迷惑をかけず、自分と家族の生活を維持して淡々と過ごすのもまた人生なのです。
自分で仕事を見つけ、創り出す社員、加えて与えられた仕事を効率よくこなす社員もいます。

このようなスタッフの中から中間管理職へと成長して行くのでしょう。
中間管理職になると給与もあがりますが責任も重くなります。
中間管理職になり、忙しく走り回っていると辺りからは一生懸命さが伝わるでしょう。

しかし、駆け回れば駆け回るほど組織に迷惑をかけるものもいます。
「忙しい」とは「心を亡くす」と書きます。
仕事の出来る人は「忙しい」とは絶対に言いません。
忙しいとは、自分の能力の無さを公言しているようなものです。

しかし、ある種の使命感を持って駆け回っている人には大きな可能性があります。
このようなスタッフに方向性を見出してあげれば、驚くほど成長する確率が高いのです。
スキルを向上させ、自分自身の人格形成を意識する事を同時に行うべきでしょう。

人の話をしっかりと聴けて、礼儀作法がしっかりし、笑顔で接し更に厳しさと優しさのけじめがついているかどうかも問われると思います。
このような自分に気づき、同時にスキル向上があれば、組織の中でしだいに尊敬される人材になる事でしょう。組織の頂点を目指すには、先ず人格形成を優先すべきなのです。

写真は少しの時間を遣り繰りして行ってきた函館山の麓の口腔外科医院の前の通りです。
この医院のお医者さんも忙しいと云う言葉は使わないそうです。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

一宿一飯・義理人情…東京都内~羽田空港~函館空港~北斗市

2018-11-11 15:37:36 | Weblog

東京砂漠……人の波が川のように流れて行く。
大都会では学歴や職歴の過去を問わず、将来の夢やビジョンがあろうが無かろうが、今の自分の生活だけに囚われているようです。
自分だけが良ければ良いとの自己中心主義は、云いようのない悪循環を生む事を知っていながら、大都会で暮らすとエゴイストになってしまうようです。

「宵越しの金は持たね!」江戸っ子の生粋は誰もが知るところです。

東京には義理人情を地でゆくような人々が今でもたくさん住んでおります。
大都会の無機質化は、ビジネススタイルや生活環境が変化してきたからでしょう。
大都会では、カラダひとつを生きながらえて行くのは大して難しくありません。
繁華街の裏道に捨てられた余り物を漁るだけで生きるだけなら出来てしまいます。

ホームレスは田舎に存在いたしません。
大都会の人間ジャングルはホームレスを生きらせるパワーの他に、生活の工夫や知恵などの様々な可能性を生み出す土壌でもあります。(写真は昨日10日に訪れた東京・銀座)
ゆっくりと流れる時間の中で、のんびりと穏やかな田舎暮らしでは、パワフルな活力や厳しい業界を引っ張る知恵などは発生し難いのではないかとも思います。

都会で人間ジャングルを構成している人々も、何処かで田舎に依存しているような事が。
心の故郷で生気を養い、都会で成就させるような感性を持ち合わせる必要がありそうです。
人間ジャングルとは大勢の人々の生活環境の中に義理人情が含有されているのでしょう。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト


コメント

ヒトは何故に生きるのか…東京都内

2018-11-10 21:54:38 | Weblog

朝に目覚めると次々と遣らなければならない事が待っています。
衣服をまとい、家に住み、ご飯を食べるためには、何かをしなければなりません。
誰が住ませてくれるのか、誰が食べ物を調達してくれるのか等々…

独りでは生きては行けない社会の中でも私たちは強かに生き続けています。
何故、生きているのか…
このような哲学的な難しい事を思考する暇もなく時間に追い回されているのでしょう。

今日は長男が四谷三丁目で経営する「茶会記」という綜合藝術喫茶に行ってきました。
たまたま15分間の自主映画を放映すると云う事で見入っていました。
主人公の女性が淡々と暮らしつつも「なぜに生き続けるのか」と問わせる内容です。

テーマもなく、導入も主語も転結もなく、何となく始まって何となく終わりとなり転結がないので、終わりましたと云われるまで拍手するタイミングも分かりません。
私も、ブログや月刊誌のコラムを書いていますが、一応の起承転結を基本にします。

ある大手新聞社に、月一回の600字詰めのコラムを、2年間書き続けた事がありました。
編集者の方に徹底的に校閲校正を迫られ、時は全文書き換えなどもありました。
結局は書き手の心根が欠落してしまっていたのかも知れません。

なぜ生きるのか、なぜ書くのか……根源は同じところありそうに思えた映画でした。
写真は自主映画の企画監督した長谷部友子さん(中)、主演女優の吉成早希さん(右)です。
プロでは絶対に創れない作品を魅させていただきました。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

太陽光発電の買取価格…東京都内

2018-11-09 18:00:12 | Weblog

再生可能エネルギー固定買取制度(FIT)が大きな転換期に来ているようです。
ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)と云われる家庭用の屋根に取り付ける太陽光発電は、自宅で使用することを前提に取り付けるため、まったく問題はありません。

問題は資本家の投資対象となったメガソーラーと云われる大規模太陽光発電です。
9年前には再生可能エネルギー量の増加を促すため、極めて高い買取価格を経済産業省が設定しました。
需要が増え中国製などの安価な太陽光パネルが大量に設置されました。

再生可能エネルギー固定買取制度は、資産家(金持ち)の投資に最適な案件となったのです。
当初の買取価格では48円などと云う時期もありました。
まさに投資家の金儲けに政府が協力したような体制となっていたのが現状です。

この投資家に儲けさせたツケが、「再エネ賦課金」と云い皆さんが毎月支払っています。
毎月来る電気料金表に「再エネ賦課金」と云う項目があり、国民人ひとりに少なからず負担を強いられています。法律を変えない限り、この現況を買えることは難しいようです。

電力会社が48円の買取の義務期間10年は来年で満期となり、一気に9円くらいまで下げる可能性があります。
とにかく安定した電力を安価で供給して貰いたいものです。
写真は新橋第一ホテルですが、この小会議室で会合を行いました。

今日は想定外の強い雨に見舞われた東京都内です。
花金と云いながらもこの雨では繁華街へのヒトの数が少ないかも知れません。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト

コメント

早稲田大学創始者・大隈重信とは…北斗市~函館空港~羽田空港~東京都内

2018-11-08 19:13:17 | Weblog

大隈重信と云えば早稲田大学の創始者として教育面のリーダーシップをとったイメージの強さが目立ちます。
大隈重信は、明治初期に日本初の政党政治を行った政治家としても名を馳せた人物です。

歴史に名前を残す大人物は、自分の身を制しても為す事を為す実践力が会ったのです。
初代首相・伊藤博文内閣の次の黒田内閣で外相に主任した際、反対派からの暴漢に切りつけられ、片足を失うほどの大怪我を負っています。

それでも日本国を他の国に負けない強い国にするには、教育が必須だとして東京専門学校を創設し、それが早稲田大学の前身校となったと云われます。
明治初期であり、板垣退助など近代日本を立国した人との葛藤の日々があったのでしょう。

現在NHK大河ドラマ「西郷どん」で活躍の西郷隆盛などと同年代の時代です。
そのような戦乱の時代が経てこそ今の近代文明に繋がったようです。
写真は今日、訪問した早稲田大学の大隅講堂です。
文明開化の大波乱などは、何事もなかったように悠然と佇んでいました。

今日は気温3℃、午後から雨になる前の北海道から東京にやってきました。
東京は背に受ける太陽の陽射しがまだまだ気持ちよく感じます。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント

幸せを包む家づくり…北斗市

2018-11-07 16:23:39 | Weblog

衣食住があれば家族の暮らしは成り立つことができます。
ところが心豊かな衣類、心豊かな食事、心豊かな住まいとなれば、奥が深くなります。
単に着るだけなら布切れを羽織るだけでも衣類となります。

それに豊かさを込めるとファッションとなり、色合い、デザイン、着心地などが問われます。
食べるだけなら繁華街の路地で客の余り物でも漁って食い繋ぐことは出来るのでしょう。
食の豊かさは、旨味や辛さ、甘味や酸味などを付けて美味しさを楽しむようになります。

私達の家づくりは、住む人の感性、価値観、ライフスタイルなど加味した空間を創ります。
この家に住んで幸せになったと云われるような居住空間こそ豊かな家づくりの原点です。
写真のような外観の美しさ、内観の綺麗さも必要ですが、暖かい、涼しいなども問われます。

衣食住の中で住いは、家づくりの計画を立てた段階から始まっています。
プランニングの段階で企画設計する人とのコンビネーションも必要なのでしょう。
私達が専門とする断熱性能などは、住まいして始めて具現化するため計画段階では無視されるケースが多いのです。

高気密・高断熱と聴くと無機質で情緒性に乏しい感じを与え、豊かさを感じません。
住む人が住んでから確実に幸せになれるためには、この断熱性能が大きく影響します。
写真は、ファースの家で高断熱、輻射熱冷暖房と住む人を幸せにする機能を有しています。
私は家づくりに関わる人、お施主様が一緒に幸せなれる家づくりを目指しています。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント

音楽はどんな時代も…北斗市

2018-11-06 17:20:31 | Weblog

先般の出張では、7月20日金曜日開催のファース全国大会in函館に参加した方々は、懇親会冒頭の、上磯中学校吹奏楽倶楽部の演奏がもっとも心に残ったと云います。
懇親会の祝宴の前に20分間の演奏もアンコールが相次ぎ30分も乾杯を待ちぼうけでした。
参集した330名、それを咎める人は誰一人おらず、心に残った素晴らしい演奏でした。

上磯中学校吹奏楽倶楽部は、今年もあの後の全国大会に出場し金賞を射止める実力校です。
良い音楽は聴く人の心の奥深く浸透するものなのでしょう。
今日は、HBCこども音楽コンクールの案内と協賛を求めてHBC函館放送局長の庄司 寛さま(写真)にご来社いただきました。

庄司さまから色々と伺いましたがHBC(北海道放送)は、TBSの系列局で1953(昭和28年)年より「こども音楽コンクール」を継続し、今年で47年目を迎えるそうです。
コンクールといえば、厳しい規定に合致させる場合が多いのですが、この「こども音楽コンクール」は、自由に音を楽しむ、正に音楽の理念を貫いています。

今年は11月18日日曜日に函館会場で地区大会を行います。
そこで合格すると全道ブロック審査、更に全国大会審査で文部科学大臣賞選出となります。
全国大会で優秀な倶楽部は、来年3月に東京でのコンサートホールで授賞式となります。

上磯中学校吹奏楽倶楽部は、昨年も一昨年も全国大会で最高の大臣賞を受賞しています。
ファース全国大会in函館では、聴いた人の心に残る演奏の出来る上中倶楽部は今年も多いに期待できそうです。ファース本部も協賛させて頂きました。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント

工務店経営者の倫理観…函館市~北斗市

2018-11-05 17:43:15 | Weblog

私達の家づくりは、地盤調査、設計などから始まり、基礎、左官、建具、内装など進みます。
数えてみると、実に数十業種以上もの専門業者で家づくりが行われます。
この家づくりに携わる人々の倫理観が乏しければ、出来上がる家にも反映するものです。

企業倫理と云いますが、その企業を形成しているのが人々の集団です。
その人、一人ひとりの倫理観が企業倫理に大きな影響を与えているものと思われます。
自分を中心に地球が回っているのではないかと勘違いをしておられる人々も存在します。

私達経営者は、多くの社員や協力業者さんに支えられている事を常に意識すべきでしょう。
工務店経営者は、元請けである事を勘違いして納品業者や協力業者に横柄な人もいます。
頭を低くするのは建主さんだけではありません。

多くの社員さん、協力業者さん、納材業者さん、関連メーカーさんなどは、工務店経営者に低頭するのが当たり前で、いつしか裸の王様的な存在になっている事に気付かないのです。
私達は、実に多くの人々の支えで生活が成り立っております。

経営者だけでなく、普通の人も常に自分を客観的に観る事が出来ると倫理観が向上します。
倫理観とは自分自身がどれだけ多くの方々に援けられているのかに気付く事です。
工務店経営者だけでなく企業経営者には、特にこの倫理観が求められそうに思います。

写真はファース本部本社の研究開発室入口に掲げたファース旗ですが、家づくりに関わる皆さんの倫理観と幸せを象徴したロゴでもあります。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント

自分と人を好きになること…北斗市

2018-11-04 15:14:57 | Weblog

世の中で一番に大切にしなければならないのは自分自身なのでしょう。
自分を粗末にして自分以外の人を大切になど出来ません。
私の持論は「人を幸せにした分しか幸せになれない」です。

幸せになりたいと思うほど、自分以外のヒトを幸せしようと念じ、そして行動する事です。
おのずといつの間にか自然に自分は幸せになっているものです。
それには、ヒトを好きになることです。

口では簡単に云えますが、ヒトを好きになると云う事は、自然環境を理解し、モノを大切にして草花や犬猫などの動物を大事にすることでもあります。
自然環境、犬猫の等の動物、草花の生物などに総てにヒトが関わっているからです。

それは決してヒトのために行うのではなく、それは総て自分のためなのでしょう。
ヒトを好きなり大切に出来る人は、その分だけ人さまから尊重されます。
今日は、工務店経営者のお悩み相談メールで、「ヒトを大切に」が答えなのです。

写真は昨日のフライトで函館空港への着陸寸前に撮った風景です。
大自然が放つ独特のオーラを感じます。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント

大企業のトップ・トクヤマの楠正夫会長ご来社…東京都内~羽田空港~函館空港~北斗市

2018-11-03 16:57:34 | Weblog

今週の月曜日に10年越しで疼いていた「おやしらず」を口腔外科医院で抜いたのですが、長期期間で顎の骨に完全癒着して食い込んでおり、二人のお医者さんが1時間30分も要した大手術となってしまいました。

右頬が腫れて昨日まで相当な痛みが続いていました。
食事が大変で口を開けることで痛みます。
ところが今朝は腫れもなくなり、痛みも緩和され、週明け月曜日には抜糸となります。

口腔外科医院のお医者さんのとても適切で優しい対応で入院せずに翌日から出張でした。
今日は北海道北斗市本社に帰社しました。
弊社工務店部門フクチホーム主催において、お施主様のご厚意で「ファースの家」完成見学会を開催していました。

そのイベントを見学も兼ねて山口県周南市に本社のある社員数7,000人の大企業・株式会社トクヤマの代表取締役会長の楠正夫さんがご来場されました。(写真)
昨日は、ファース・メーカー協力会(FMA)イベントに参加しましたが構成会社の殆どが大企業ばかりです。

どのような大企業でも構成しているのは、ひとり一人の人なのです。
何万人の社員を抱える企業のその経営者も、一人の人である事に変わりありません。
その地位を極める人は、内に秘めたる剛腕、自信がある分だけ、人に優しく謙虚。
大企業のトップである楠正夫さんも、地力と自信のあるにも関わらず謙虚なのです。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

ファース・ポータルサイト
コメント