日が沈む前に飲む酒はウマい

朝昼晩、時間を問わず飲んで喰って面白おかしく過ごす、そんな人生を歩みたいです。

ラーメン店なのに巨大パフェ 京王八王子『飛騨の高山らーめん』

2019年07月19日 | パン、スイーツ
全国各地で予選が行われている、夏の高校野球大会。
我が母校・日大三は、八王子市民球場(ダイワハウススタジアム八王子)で初戦と2戦目を行なったが、
打線が振るわず、失礼ながら強豪とはいえぬ相手に大苦戦。

※写真は2戦目、昨日7月18日の聖徳学園戦のスコア

なんとか勝利こそ収めたものの、あまりの不甲斐なさに、試合後は喜ぶどころかションボリ。
詳細は改めて拙ブログで紹介するが、現在のチーム状況では、全国はもちろん西東京制覇はまず無理だろう。

消化不良のまま八王子球場から向かったのが、京王八王子駅ビル内にある『飛騨の高山らーめん』
こちらのお店は、昨年も八王子球場の初戦で、都立校相手に苦戦した帰りに利用したところ、
前年度チームはその後、全国ベスト4に。ゲンを担いで、今年も寄ってみることにしたのだ。

ここ飛騨の高山らーめんは、とんかつの和幸(正しくは、いなば和幸)が親会社で、HPによると全国に5店舗あるらしい。
他の店はどうなのかは知らんが、京王八王子店はデザートなどの甘味類が充実しており、
しかも、今回ブログタイトルの通り、サイズが巨大だったりする。


上記写真は、お店入口のサンプルメニュー。「メガびっくりパフェ」など、恐ろしい商品が並んでいる。
こちらは店内テーブルに設置されているメニュー。念のため書いておくが、ここはラーメン店である。


昨年の来店時は、上記写真右上のキャッチコピー「パフェの誘惑」に負け、
メガよりひと回り小さい、「びっくりパフェ」1501円をオーダーしてしまった。
ひと回り小さいとはいえ2人前(メガは3人前)。一般的なものよりだいぶ大きいのは、1500円超という価格からも明らか。
注文を受けた女性店員も、心配になったのか、忠告してくれた。
店員「こちらの商品、結構量が多いですけど大丈夫ですか?」 私「たぶん大丈夫です」
店員「お客さん、いいトシこいてパフェなんか食べて大丈夫ですか?」 私「あ、イヤ…大丈夫ですが」
店員「周囲のお客さんも我々従業員も、みんな気持ち悪いと思ってますが大丈夫ですか?」 私「うるせえ! 早く持ってこい!」
わかってはいると思うが、あとのふたつは私の創作なので、本気にしないように。
とはいえ、店員さんも心の中では、同様の印象を抱いていただろうが。

どうも私が訪れた時間帯は、普段パフェを頼む客はいないのか、調理のできる従業員が休憩中のようで、
店員たちが厨房内を駆けずり回り、パフェ調理マニュアルを探していた様子。手間かけてゴメンな。
無事マニュアルがみつかったようで、数分後にびっくりパフェが完成。


写真で見てわかっていたけど、確かにデケエ! 絶対、2人前以上あるよ。
こちらは上からのアングル。たくさんのフルーツにクリーム、両脇にはアイスキャンディーが2本。


甘いモノ好き、ついでに甘いムードも大好き(←余計なコト書くな)な私には、夢のようなメニューである。
周囲の視線と同様に冷たい巨大パフェだが、甘いウマい、ウマい甘いと、快調に食べ進んでいく。
さすがに途中で飽きてきたが、店員さんが「よかったらどうぞ」と、熱いほうじ茶を持ってきてくれた。


外は暑かったけど、パフェ喰って身体が冷えてきたから、このお茶はありがたかったね。
パフェ到着から25分、なんとか食べきった。キレイな画像ではないが、カンベンしてくれ。


大量の甘いモノを喰ったおかげで、最初の方で記した母校野球部の苦戦を忘れることができた。
あれから1年。今年もまた、母校苦戦後でイライラしながら、飛騨の高山らーめんさんに入店。
なんか、「おどろきフロート」などの新メニューが増えていた。しつこいが、ここはラーメン屋である。


この日はまず、こちらの基本メニューと思われる「高山ラーメン」+味玉712円を注文。味玉は+43円と格安。


澄んだ醤油スープの中には、細ちぢれ麺。味は…申し訳ないけど、いわゆる業務用の味だ。


特にチャーシューは今どき珍しい、小さく味薄いタイプ。カップ麺の具材みたいでわびしいね。
親会社はとんかつチェーンなのだから、もっといい豚肉を使ってほしいね。
ちなみにここは、ラーメン類だけでも醤油、塩、味噌、白味噌、魚介つけめん、冷やし中華といろいろあり、
サイドメニューも餃子にチャーハンにおにぎり、アルコール類やつまみなども豊富に揃っている。
ラーメン店というより、ファミレス感覚で利用しているお客が多いのでは。
実際、私もラーメン店とは思っていないので(ブログのカテゴリーも「スイーツ」だ)、この日もデザートを追加注文。
昨年まではなかった、店内壁ポスターに表示されていた「レインボーかき氷」745円だ。
今年もやはり、「こちらは多いですよ。330円の普通サイズにした方が…」と女性店員に忠告されたが、
「大丈夫です!」と応えた。数分後、今回はマニュアルも必要なかったからか、すぐに出てきた。


逆サイドはこちら。いやあ、


さあ食べよう…口に入れた途端、自身が虫歯だったことを思い出す。遅え!
結局、ひと口食べるたびに悶絶と苦痛を繰り返す。途中しんどくなったので、今年は自ら「温かいお茶をください」と要求。

※まだ1/3くらい残っている

肝心の味は、虫歯のせいでよくわからず。マンゴーだかアプリコット系の風味もあったが、定かではない。
そういえば、メロン、レモン、イチゴなどのシロップは、実は全部同じ味って聞いたことあるけど本当なのかね?
あと、絵の具の色は、混ぜれば混ぜるほど黒に近づくってガキの頃教わったけど、
かき氷も確かにそうかもしれない。さすがに黒にはならなかったが、最後は沼みたいな不気味な深緑色になったよ。


途中で残そうかとも思ったが、なんとか完食。所要時間は約30分。歯が悪くない人なら、もっと早く食べられるはずだ。
いつかは3人前の「メガびっくりパフェ」にも挑戦したいけど、ひとりじゃ無理だろうなあ。
最後に。私も頑張った、だから頑張れ三高野球部!



飛騨の高山らーめん 京王八王子店
東京都八王子市明神町3-27-1 京王八王子ショッピングセンター10F
京王八王子駅直結、JR八王子駅から徒歩約3分
営業時間 11時~22時
定休日 ほぼ無休
※普通サイズのデザートもあります
コメント

ケンタみたいな巨大チキン 新高円寺『タカノ』

2019年07月10日 | 中華食堂
個人で頑張っているお店をこよなく愛し、チェーン店はほとんど利用しない私。
今回紹介する、新高円寺の『タカノ』さんも、私の大好きな安ウマ中華食堂だ。
タカノは、都内に4店舗あるそうだが、おそらくチェーンではないと思うので(のれん分け?)、許してほしい。
ちなみに、他の3店がある場所は、私の手元の参考資料(要するに書籍)によると、梅島、三ノ輪、椎名町。
失礼ながら、あまりメジャーな街にはないため、タカノを知らない方も多いのではないかね。
私も新高円寺店しか行ったことがなく、詳しくは知らないのだが、梅島は閉店し椎名町も一時閉めていたとの噂。
なお、わかっているとは思うけど、新宿に本店があるフルーツパーラーは無関係だ。

初訪問時はまず、いつものように前菜&食前酒として、「餃子」とビールを注文。
まずはビールと一緒に、無料のお通し「キュウリと中華クラゲ」が出てきた。


ビールは大瓶で600円。キリンかサッポロかを選べる。私はキリンが好きだな。
餃子が焼ける間、ビールでノドを潤しながら、卓上のメニューに目を通し、このあと何を頼むか検討。
メニューには、写真も付いているのがありがたい。どれもウマそうで目移りしたが、気になった「肉エッグ」を選択。
追加オーダーを告げたくらいのタイミングで、餃子も焼きあがった。1皿5個で400円。


表面がカリっと焼けたタイプで、ひと口かじれば、生姜と野菜の旨味が広がる、これぞ中華屋さんの手作り餃子。
ビールをお替わりし、ゴキュゴキュ飲み進めたところで、肉エッグ500円が登場。


ハムエッグの豚肉版と思いきや、ネギと醤油ベースのタレが入るため、すき焼きに近い気がした。
途中で玉子を崩すと、トロ~リと流れていく部分と、ほどよく固まった部分があるのがいい。


肉、ネギ、甘じょっぱいタレにやさしく絡む玉子ちゃん。もちろんウマイに決まってる。
何度でも言う。オレはキミ(黄身)が好きだ!

厨房で働いているのは、母子と思われる男女ふたり。お母さんが接客で、息子さんが調理。 
お母さんは、どこにでもいそうな「食堂のおばちゃん」だが、息子さんはちょっと変わっている。
もちろん態度が悪いわけではなく(悪かったら通わないし)、あくまで私の印象である。
カウンター席から「すみません、肉エッグの単品を追加で」と頼んだところ、私の方を見て「肉エッグ~」と復唱するのだが、
発音のアクセントがどうも、「肉エッグゥ~!?」に感じるのだ。
デフォルメすると「なぁにいぃ? 肉エッグだと~!?」である。頼んじゃマズかったのか!?
その後、別の客の注文にも「もやしそばぁ~!?」「ケチャップ焼ぃ~!?」と返答していたので、
それが彼の口調なのだと理解した。ちなみに「ケチャップ焼」とは、あまり見かけない料理だが、
「みそ焼」「しょうが焼」と並ぶ、焼肉定食メニューのひとつである。もちろん、単品注文も可能だ。

この日のシメは、「カレーライス 鳥の唐揚げ付き」700円。
どこかのサイトで、タカノさんの「大きな唐揚げの乗ったチャーハン」を見かけたことがあり、
それをカレーで食べたかったのだ。店主の返事は「カレー鳥唐でぇ~!?」だったかな。
卓上メニューにも写真が乗っていて、バカでかい唐揚げが2個、お皿の脇に居座っていた。
カレー単品500円なのでお得だよな…などと期待する中、出てきたのがこちら。


唐揚げが写真の見本よりデケエ!
食べてみたところ、ただデカいだけでなく、衣はクリスピーながら肉質は柔らかく、味もしっかりしている。
失礼ながら、質より量かと思っていたここの唐揚げ、めちゃくちゃウマイよ!
肉と玉ねぎがたっぷり入った、「いかにも中華風」のカレーもおいしく、シメに選んだ自分をホメたい。
残しておいた玉子を加えて、「親子カレー」にしたりして、飽きることなく完食。


会計時、次回は唐揚げでビールを飲もうと決意し、膨れたお腹を押さえながら店を出た。
有言実行、数週間後に再訪問したときは、「鳥唐揚げ」単品とキリンビールをオーダー。
店主に「ちょっと時間かかるよ」と告げられたが、もちろん承知済み。あんなデカい肉を短時間で揚げるのは無理だ。
それでも10分しないうちに、待望の巨大チキンが再びやってきた。


大きさが伝わらないと困るので、比較用に爪楊枝を1本乗せてみたが、


やっぱりデカいぞ、タカノの唐揚げ! 2度目の対面だが、今回も驚かされた。
私だけでなく、後ろのテーブル席から見ていた、若者客ふたりも相当衝撃を受けたようで、
片方の男が「ケンタかよ…」とつぶやいていた。
確かに、ここの鳥唐揚げは、『ケンタッキー・フライド・チキン』並のデカさである。
だが、ケンタのチキンは、骨を含んだパサパサの肉質で1個250円。
タカノさんのは、骨なしの柔らかいモモ肉がたっぷりで、辛子&マヨネーズ付きで3個500円。
どちらがお得かは、計算するまでもないだろう。
なお、こちらの定食類は、一律700円(サラダ付は800円)で、単品料理もほぼ500円均一。
安いだけでなく、わかりやすい価格設定も、タカノさんの魅力だ。
なお、タカノチキン(←勝手に名付けるな)は、衣に黒コショウが混ぜてあり、意外とピリ辛である。
おかげで、ビール大瓶2本がすぐに空いたが、当然のように満腹になるのも早い
最近食が細くなった(?)オッサンが、ケンタよりデカいチキンを3個も食べたのだから、至極当然である。

なのでこの日は早くもシメ。選んだのは「五目そば」700円。


チャーシュー、半熟玉子、ナルト、キャベツ、人参、玉ねぎ、ピーマンに豚コマ肉。
五目どころか八目だが、私が忘れているだけで、他の具材もあったかもしれない。
揚げ物(しかもジャンボ)のあとなので、醤油味ではなくサッパリした塩味のラーメンが食べたかったので、このチョイスは正解。


…よく考えれば、唐揚げ+ラーメンは不正解か。そもそも、サッパリという表現もおかしいし。

先日、久しぶりにタカノさんに行ってきた。他の店で飲んだあとなので、お食事だけ。
ということで選択したのが、「チャーハンの豚唐揚げ付き」700円。
鳥肉だとデカいのが2個だが、豚肉だとどうなるのか。卓上メニューに写真が見当たらないのが少々不安。
しばらくして、お盆にセットされた漬物とスープ、そして豚唐揚げチャーハンが登場。


豚肉唐揚げは、サイズとしては普通だったが、その分6個も盛られている!
あと、わかりづらいけど、チャーハン自体も決して少なくない。食べ切るのに苦労したよ。
豚唐揚げも、コショウの効いた衣と肉の風味が合わさり、なかなかイケる。
ただし、6個も付けちゃうのは、サービス過剰ではないだろうか(笑)。


途中、卓上のマヨネーズや黒コショウを追加して、なんとかたいらげた。
一方のチャーハンは、パラパラよりふんわりに近いタイプ。ハムだけでなく焼き豚も入っていたのが好感。
あと、頂点にある枝豆の緑色が、目にやさしいというか…グリンピースより見た目もいいよね。
結論:タカノさんは、豚唐揚げチャーハンもウマかった。ただし、ボリュームがあるので、
このときの私のように、日が沈む前から長時間飲んでいて、シメに選ぶのはダメ!

ダメといえば、この日店内壁には、お店からの注意書きが貼ってあった。詳細をまとめると、
○当店は食事がメインの中華料理店です
○アルコールはひとり1本まででお願いします
○1時間以上の居座りはご遠慮ください
○飲みたい方は居酒屋をご利用ください 

最後に、「こんなルール決めたくないけど、書かなきゃわからない人がいたので…」と記されていたのがせつない。

私自身は、いつもひとり客だったため、長居はせず飲み食いしたらすぐに退店していたが、
複数で来店して長々と飲み続け、中華食堂で泥酔する、ダメな客もいたんだろうな。
私も今後は、お店のルールに従い、ビールのお替りは控えることにする。
あと、飲んだあとのシメに利用するのも、健康面を考慮しやめておこう(苦笑)。



中華料理 タカノ
東京都杉並区高円寺南3-6-1
地下鉄新高円寺駅から徒歩約3分、JR高円寺駅から徒歩約15分
営業時間11時半~15時、18時~22時半
定休日 木曜
※最後に記したルールは、絶対に守ってください
コメント

夏の西東京大会開幕、今年の日大三は第3シード

2019年07月07日 | 高校野球
昨日7月6日に開幕式が行われた、第101回全国高等学校野球選手権・東西東京都大会。
我が母校日大三は、今年は第3シードとなり、3回戦からスタート。初戦は15日(月・祭)を予定している。
選手入場式では、前年度優勝チームとして、東東京の二松学舎とともに、先頭で行進していた。
全校が揃ったところで、昨年度優勝旗を、キャプテンの佐藤が返還する。


あわてて撮ったので、いつも以上にひどい写真になったが、カンベンしてほしい。
旗で隠れてしまった、佐藤の表情はこちら。クリックすれば大きくなるよ。 


私は毎年、この開会式の中継を見ることで「夏の到来」を実感し、
それと同時に「労働意欲が低下」する。仕事なんかしねえで、野球観戦したいからな。
初戦を迎える前に、まずは秋以降の日大三の戦いぶりを、簡単に振り返っていこう。
今年は例年より試合数が少なかった(=勝ち進めなかった)ので、振り返るのもラクでいいや(苦笑)。

秋季東京都大会 ブロック予選 日大三高グラウンド
1回戦 日大三9-0都立杉並 ※7回コールド 
2回戦 日大三14-2聖徳学園 ※5回コールド

甲子園で準決勝まで残ったため、新チーム結成が遅れたものの、予選は危なげなく快勝。
ここでちょっと時間を戻して、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた、第100回大会の決勝戦翌日に。
某スポーツ紙では、大阪桐蔭を称えつつも、「来年は日大三が有望」という、少々気の早い記事を掲載していた。
なんでも、エース井上が150キロ、廣澤が148キロをそれぞれ甲子園で記録し、さらに控えの平野も最速146キロを出すため、
ほぼ150キロトリオが2年生として残っている三高は要注目」という内容だった。
そんな、スピード出せりゃ勝てるってモンじゃねえだろう…と鼻で笑いつつも、母校がホメられて悪い気はしない。
その記事から約2ヶ月後、新チームの動向が再び、スポーツ紙やネットニュースで報じられた。
どんなニュースかといえば、「日大三、来春のセンバツ絶望」だ(笑)。イヤ、笑いごとではない。
全国で有望だったはずの母校が都大会、しかも初戦で敗れたのである…。

秋季東京都大会 1回戦 町田市小野路球場
日大三5-7目白研心

目白研心について、私はたいして知らなかったが、どうやらつい最近まで女子高だったようで、野球部の歴史は浅いとか。
相手には悪いが、どうせ勝つだろうと思ったし、球場も町田市小野路球場という、ちょっと行くのが面倒な場所だったので、
観戦をサボったらこのザマである。どうやら、私が現場にいないとダメなようだな(←妄言)。

試合は、さっき名前が出た150キロトリオのひとり、平野が先発したものの、四球連発後にタイムリーを浴び初回でKO。
継投した投手も中盤にホームランを打たれ、あわててエース井上を投入したものの、あとの祭り。
そもそも、7点取られたのは確かにマズいが、5点しか取れない打線も情けない。
平野は4番打者だったのだが、2打席凡退すると、こちらも途中交代、戦犯扱いされる結果となった。
「実は相手が強かった」のならば仕方がないが、目白研心は次戦でサクッと敗退、
春の都大会も2戦目でコールド負けで、この夏はノーシードと、ほぼ例年通りの戦績であった。
「ここ数年ではもっとも弱い」と個人的に思っていた、前年度の日置キャプテンの代が全国ベスト4に進出したことで、
今年のチームの分まで、運を使い果たしてしまったのかもしれない。
春のセンバツ甲子園出場は、秋の都大会で優勝もしくは準優勝が推薦条件となるのだが、
ベスト64(1回戦敗退)の日大三は当然圏外。夏に捲土重来を期すこととなった。

2019年初の公式戦は、夏の予選大会のシード権がかかる春の都大会。

春季東京都大会 1回戦 多摩一本杉球場
日大三9-2駒込


桜が咲き始めた時期(4月4日)だったため、お花見を兼ねて観戦。
      
※高校野球観戦中の飲酒はなるべく控えましょう

3回表に先制され、また初戦敗退かと冷や汗をかいたが、さすがに同じヘマはしない。ま、私が球場にいたしね。
試合内容については、エラー多め(3個)、残塁多め、走塁イマイチ、要するに例年通り
冬場の厳しい合宿を経て、身体こそ成長したように見えたが、技術的な部分は、あまり秋と変わっていないように見えた。

2回戦 八王子市民球場
日大三1-0修徳


花見の舞台を、多摩一本杉公園から八王子富士森公園に変え…じゃなくて、ちゃんと野球も観戦したよ。


まともなヒットは3本ほどで、とにかく打てない。バットに当たった瞬間、タメ息が出るような凡フライの連発。
あまりの弱さに、ヤジる気も起きなかった…と言いつつ、少しヤジってしまったけど。
次の3回戦を勝てば、ベスト16進出となり、夏のシード権を獲得できる。

3回戦 八王子市民球場
日大三6-0都立文京


桜のピークはやや過ぎたようだが、母校打線は、いまだピークを迎えられず。


都立校相手のこの日も、まともなヒットは3本だけ。よく6点取れたな。
凡試合も、初戦ならまだ仕方ないが、3度続いたらそれは、もはや実力である。
あまりの不甲斐なさに、この日は本当にヤジを飛ばさなかった。というか、飛ば「せ」なかった、というのが正解だ。

4回戦 八王子市民球場
日大三11-1都立小松川 ※6回コールド


いまだ桜の花びらが舞い散る八王子球場。土曜日だったので、花見客がけっこういた。


三高打線は相変わらず湿っていたが、6回裏に今期初めて打線がつながり、まさかのコールド勝ち。
さほど実績のない都立校相手なのに、「まさかの」と書かなくてはいけないのが悲しい。
ここまでは正直、勝って当然の相手ばかりだったので、次の東海大菅生戦は、惨敗しそうで不安だったのだが…。

準々決勝 神宮第二球場 対東海大菅生戦
三0220100→5
菅370101X→12 ※7回コールド

案の定、予感が的中!
エース井上を温存したところ、相手の4番に初回は3ラン、2回には満塁ホームランをくらってしまった。
先発の廣澤は論外だったが、二番手児玉も、満塁での登板はキツかっただろうが、ホームランを打たれちゃダメだ。
三高の4番・宇津木も2ホーマーを放ち、菅生のエースから5点奪ったのは収穫だが、いずれにせよ惨敗には変わりない。
冬を越した東京の大会で、コールド負けを喫したのは、21世紀では初である。

その後も勝ち進んだ菅生は、春大会を優勝。夏の西東京大会は、◎第一シード東海大菅生 ○第二シードが準優勝の国士舘、
そして▲第3シードが、ベスト8に進出した日大三、国学院久我山、早稲田実業の3校となった。
トーナメント表では、菅生が左上のハジ、国士舘が右下のハジが決定。
第3シードの3校は、右上ハジか左下ハジ、あるいは左下トーナメントの一番上…これじゃあわかりづらいか。
要するに、下のトーナメント表では「東海大菅生」の位置ね。とりあえず「左下上」と表記する。

(C)日本大学第三高等学校硬式野球部応援団

最も引いてほしくないクジが、その「左下上」の場所。
5回戦で第4シードの高校と当たるし、その後も早実or久我山、菅生を倒さなくては、決勝進出できない。
逆に右上なら、菅生、早実、久我山らとは決勝までは当たらない。難敵は準決勝の国士舘くらいだ。
そうして迎えた、6月15日の抽選会。日大三は…見事右上の位置を確保!
クジを引いた佐藤が、初めてキャプテンらしい仕事を果たしたようだ(←それは言いすぎ)。
とにかくクジ運はよく、私自身は「ベスト4は確定」と決めつけている。
ちなみに、「左下上」には、私の大嫌いな早実が入った。遠慮なく、とっとと敗退してくれ。
菅生にポロ負けした今年のチームだが、西東京連覇の視界が開けた…かもしれない。

秋は無名校相手に初戦敗退、春は屈辱のコールド負け。
三高野球部史上最大級の逆襲
への戦いが始まった! …はずなので、すぐ終わるのはカンベンな(←ちょっと弱気)。
コメント

いつでも食べたい安ウマうどん 十条『いわい』

2019年07月03日 | そば、うどん
昨日、7月2日は「うどんの日」だったようで。みなさんはご存知だっただろうか?
にわかうどんファンの私は、もちろん知らなかった。知ってたら食べていたのに。
まあ、うどんの日だろうがナンだろうが、いつでも食べたいうどん屋さんは、いくつか知ってる。
そのうちのひとつが今回紹介する、十条の讃岐うどん店『いわい』さん。
こちらのお店は、以前紹介した、東村山の『こげら』さん(ここも名店!)の師匠にあたるそうで。
    
※上記写真は「こげらセット」500円。安い!

初めて行ったのは数ヶ月前。過去に立ち寄った記憶のない、埼京の十条駅で下車。
にぎやかな商店街の途中で左折し、しばらく歩いていくと、『いわい』さんがみつかった。
店内は近所のご夫婦や家族客がつめかけていたが、運よく、カウンター席がひとつだけ空いていたので着席。
壁に掲示してあるメニュー札の他、ホワイトボードには日替わりのおつまみメニューも記載してあった。
とりあえずは、ビンビール500円に、おつまみとして「コロッケ」100円と「とり天」150円を注文。


周囲を見回すと、日替わりメニューのお刺身盛り合わせで飲んでいるお客さんが結構いた。
ビールを飲み終わる頃、うどんを追加しようかと顔を上げたら、厨房の店主がすぐに気づき、
「なにかご注文でしょうか!?」と声をかけてくれた。忙しくても、ちゃんと客の方に注意を払っているのはさすが人気店。
頼んだのは、一番ベーシックだと思われる、「かけうどん小」300円をひやあつ(冷たい麺に温かいツユ)で。
タイミングがよかったのか、すぐに出てきたのがこちら。


黄金色のツユをひと口飲んでみたところ、いりこダシの香りが強い!
こんなに芳香をダイレクトに感じる讃岐うどんは、個人的には初めて。
擬音で例えると、フワ~ではなくブワァ~!だ。単に文字を大きくしただけ? と指摘されそうだが。
ムチっとした歯触りの自家製麺との絡みもよく、ガツガツズルズルと、あっという間に食べてしまった。
こげらさんと同様、師匠のうどんもやはり安くてウマいではないか!

せっかくなので、今度は「ざるうどん」を追加しようかと考えていたところ、
周囲のお客さんたちが、赤茶色のタレがかかった、謎のうどんを食べている。
すかさず店主に、あれはなんですか? とたずねたところ、「日替わりの○○○○うどんです」とのこと。
○○○○の部分は聞き逃したが、美味しそうだったので、それをください、と注文。
出てきたのがこちら。正式名称は「スパイシートマトキーマカレーうどん」500円であった。


日替わりうどんの記載は店内にはなく、入口ドアに貼紙があるだけなので、気付かなかった(笑)。
例のいい匂いのするダシはかかってないが、こちらの商品も素晴らしい商品だ。
トマト+キーマカレーで、ミートソースのような味わいになるのだが、このソースが昔懐かしい味で、
かつて立川にあった、『サンモリノ』という名店のミートソースに似ているのだ。※ローカルネタでごめん
モチモチうどんとの相性も抜群で、卓上の七味と生姜を加えて、味を変えてもイケる。


日替わりでなく、レギュラーメニューにしてほしいくらいだよ。
人気店にもかかわらず店主の応対もよかったし、いわいさんには今後も通いつめよう…と決意。

次回訪問時は、友人と一緒に。祭日の昼間だったので、店頭には長い行列ができていた。
まずはやっぱり天ぷら(舞茸、れんこん、とり)で一杯飲んでから、


私は「ゆだめうどん小」300円と「いなりずし」100円。ゆだめは「ざる」の麺が温かいバージョンね。


友人は「とろろめし」100円と「ひやひやうどん」の中…だったかな?


書き忘れていたが、こちらは基本のうどんは「かけ」(あつ×ひやなど3種)「ざる」「ゆだめ」「しょうゆ」とあり、
すべて小が300円、中が400円、大が500円と、わかりやすい価格設定だ。
ゆだめのダシは、ざると同様の黒くて濃いツユ。お湯に入った麺は、柔らかくむっちりしている。
友人はうどんもさることながら、「とろろめし、これで100円とは安い!」と絶賛していた。

その後も何度か通ったが、「食べログ」の営業時間を信用し、営業していない夜に行ってしまったこともあった。
これも食べロガーのせいだな(←そうか?)。現在、夜の営業は金・土だけ! 


上記写真は、行ったら閉まってて、ションボリしながら撮影した店頭の看板だ。皆さんも覚えておくように!

いわいさんは最近、お店から徒歩20分くらい(推定。私は迷って40分かかった)の場所に、支店を出した。
店名は『いわい製麺』。最寄り駅は都営三田線・板橋本町駅。
本店との違いは、「麺が機械打ち」で、客が運ぶ「セルフ形式」だということ。
その分、天ぷらはほぼ100円、うどんは小中大すべて400円とお手頃価格だ。
ここでも、冷蔵庫から自ら取り出した缶ビール300円を、「ちくわ天」と「とり天」(デカい!)をツマミに飲む。

※天ぷらがデカすぎてハサミを使用するのは、こげらさんと同様

うどんは「ぬるいうどん」の中を選択。ぬるい=ひやあつだ。


ツユは相変わらの香しさで、麺の太さがそろっているのは、機械打ちならでは。
私自身は、個性的な手打ちも好きだけど、均一な機械打ちも悪くないと思う。というか、どっちも好きだね。
支店は、平日の夜もやってるし、本店ほどは混んでなかったので(今は混んでるかも)、気軽に飲みにいけそうだ。

最後に紹介するのは、先日『こげら』さんで提供していた、『いわい』さんのうどんとのコラボ商品(?)。


こげら店主が、いわい店主に分けてもらった麺を合い盛りにしており、右側の太い方が「こげら」で、左が「いわい」。
双方のうどんを、こげらさんの「ざる」用つけダレに浸して食べた。

※こちらは「いわいうどん」


※こちらが「こげらうどん」

ごらんの通り、うどんの太さの違いは歴然。もちろん、歯ざわりや塩加減も同じではない。
安くてウマいのは師弟共通だが、麺やダシは当然、お店によって少しずつ異なるようだ。
イヤ~うどんって、奥が深いねえ
うどんファンを宣言してから約2年。そろそろ讃岐うどんの本場・四国に行ってみようかね。



讃岐うどん いわい
東京都北区上十条3-28-7
JR十条駅から徒歩約5分
営業時間 火~木 10時半~14時半、金、土 10時半~14時半、17時半~21時、日 !10時~15時
定休日 月
※支店の『いわい製麺』の住所は、東京都板橋区清水町5-11
コメント

人生初の犯罪行為を懺悔 野方『無極』

2019年06月18日 | ラーメン、つけ麺など
恥の多い生涯を送ってきました。
いきなりだが、私は先日、過去の恥をさらに上塗りするような、許されざる罪を犯してしまったのだ。
冒頭の文は、太宰治「人間失格」の書き出しであるが、あのときの私は、まさに人間失格
無責任ではあるが、自分が自分でないような…己をコントロールできない状態に陥っていた。
見苦しいとは重々承知しつつ、今回のブログで、その罪を懺悔していこうと思う。

奈良で創業し、関西を拠点とする、『無鉄砲』という人気ラーメン店がある。
水と豚骨だけを強火で炊いた、濃厚を超えた重厚ともいうべきドロドロのスープが特徴。
『天下一品』の「こってり」と同様、ポタージュというか煮込みのような状態のスープだ。
東京では、中野区の沼袋駅に支店があるが、重厚豚骨スープを求め、連日大勢の客が詰めかけている。
写真は、沼袋店で提供している、基本の「ラーメン」780円。


一般的な豚骨ラーメンより少し割高だが、チャーシューが4枚入るし、ネギ増し無料だし、
なによりオンリーワンな重厚スープゆえ、満足度は相当高い。当然、替玉(150円)もしたくなる。
人気店なのに接客もちゃんとしているし、しいて不満を挙げれば、床が滑ることくらいかな。

沼袋店がオープンしたのは2010年だが、ほぼ同時期に隣駅の野方で開業したのが、系列店の『無極』
正式名は『無鉄砲つけ麺 無極』で、無鉄砲の重厚スープに太麺を浸して食べる、つけ麺専門店だ。
開店直後に何度か食べたが、ラーメン以上にドロドロのつけダレは、もはや液体ではなく個体で、スライムのよう。
その茶褐色のスライムが、太麺にバッチリ絡むため、麺を食べ終わる頃には、タレもなくなっていた。
味が濃いのは好きだが、さすがに濃厚すぎる…というのが、当時の私の感想であった。

それから数年たった、今から2ヶ月ほど前。例の濃い~つけ麺が食べたくなり、久々に訪問。
いつもの「濃厚豚骨つけ麺」830円に、厨房にあった肉が気になり、「肉増し半分」170円を追加注文。
麺の量は、並も中盛りも同額なので、以前と同様、「中」でお願いした。
まずは、隣席にいた先客に、肉増しつけ麺がきた。さっき見た、大きな肉が2枚も乗っており、
半分にしておいて正解…と安心していた私の席にも、同じヤツがきた!


麺と肉のアップがこちら。こんなに大きな豚バラ肉が、2枚で半分とは!?


普通(350円)だと4枚になるのか。頼まなくてよかった…というか、この肉の量で170円はお得だよね。
一方の、ドロドロつけダレがこちら。写真では判別不可だろうが、かなりの粘度である。


久しぶりの無極つけ麺は、やっぱりド豚骨な風味。「ウホッ、やっぱりすげえ!」と食べ進めていく。
途中で、紅生姜や醤油づけニンニク、魚粉なども加える。すべて肉の上に乗せて撮影したのが下記写真。


オープン当初から変わらぬ重厚ダレに、相変わらずの極太麺、そしてほどよく脂身を含んだデカ肉。
トリプルパンチをくらい、さすがにノドが乾いたので、ついつい水を飲む。
すると、なんだか腹が膨れてきたような気がする。麺も肉も、まだ半分くらい残っているのに。


その頃、隣席にいた先客が、麺と肉を残して退散。ケッ、だらしねえ野郎だ…と軽蔑しつつも、
数分後には、自分のハシも止まってしまった! 

断っておくが、このときの私はシラフで空腹と、体調面に問題もないし、味自体も、以前と変わっていない。
そもそも、かつての私は中盛りなんてペロリとたいらげ、その上の大盛りにすればよかった、と後悔したくらいだ。
なんとか食べ切るべく、再びつけ麺に向かう私。有料の肉増しはともかく、無料で増やした麺を残すのは、
重大な犯罪行為である!
その後、さっきの写真よりは食べ進んだが、どうしても最後の2割ほどが入らない。これ以上食べたらおそらく…
マーライオンか、犯罪者か。悩んだ挙句、私は後者を選択した。
「すみません、ごちそうさまです…」と小さくつぶやき、店員さんと目を合わすことなく店を出た。
ムダに長い、私の暴飲暴食人生において、初の失態である。
帰り道の足取りは、異様に重かった。むやみに動くと吐きそうになる、という理由もあったが。

事件(?)の直後、何人かの知人に、自身が犯した罪を告白したところ、さすがは私の知人たち。
無料で増やした商品を残すことは、お店の好意を裏切る重罪と認識しており、
「それは間違いなくギルティだ」「お前を見損なった」「自首した方がイイ」と、全員に非難された。
彼らの忠告も受け止め、罪を償うべく、自首することにしたのが3日前。
もちろん、行き先は交番ではなく、ご迷惑をかけた無極さんだ。

店内に入ると、前回と同じ男性店員がひとりで回していた。彼が店主なのかは不明(開店当初は、女性が店主だった)。
入口の券売機で購入した食券は、「つけ麺並」830円と、「大盛り」100円の券。
彼に食券を渡しながら、私は数ヶ月前の罪を告白した。
「すみません、前回こちらで食事をしたとき、無料で麺を中盛りにしていただいたのに、残してしまいまして。
この大盛り券は、あのときの麺のお代として購入しました。どうかお許しください。あ、今日は並でお願いします」。

文字にすると上記のような内容になるが、実際は途中で噛んだり、罪の意識で目が泳いだりしたはず。
お店側からすれば、大盛りの券を買って並を注文し、よくわからん謝罪をしている挙動不審の男だ。
そんな怪しい客に対し、店員さんは「イヤ、そんな気にしなくていいですよ」とやさしい言葉をかけてくれ、
しかも、厨房から出てきて券売機を開け、100円玉を取り出し「お題は結構ですので」と返金してくれるではないか!
私「イヤイヤとんでもない」店員「イヤイヤ結構です」という応酬があり、結局返金してもらってしまった。


【ワンオペで忙しいのに、券売機からの返金という余計な仕事を増やし、作業を中断させる】
↑この行為も、明らかに重罪である!
平凡な市民が、無意識のうちに犯罪に巻き込まれたことで、その後、次々と新たな犯罪に手を染めていく…
そんなサスペンスドラマみたいな事態が、実際に起こるとは。あのときの店員さん、重ね重ねゴメンなさい。

なお、券売機の写真も撮影したのだが、ドアの部分にガムテープが貼ってあるのが気になった。


これってひょっとして、テープを剥がせば、カギを使わずに開閉できるのでは…って、
それは本当の犯罪なので、絶対にやっちゃダメだぞ(←誰もやらねえよ)。

ついでに、この日食べた「濃厚豚骨つけ麺」の並も、紹介することにしよう。


麺の量は、中盛りで茹で上がりが540(大盛りは720)グラムだが、並でも360グラムだから、決して少なくはない。


つけダレの中にも、写真のような肉片がゴロゴロ入っているので、肉増しにしなくても、じゅうぶん満足できる。


さらに、前回は「醤油づけのニンニク」を入れすぎて気持ち悪くなったのも、残した理由だと思い、ニンニクを避けた。


上記写真のように、卓上には「にんにく醤油」と「紅生姜」が並んでおり、前回の私は、紅生姜だけを取るつもりだったが、
隣りの容器内に紅生姜をこぼしてしまい、やむなくニンニクごと取り出し、肉の上に乗せたのだ。
さっきの画像を再掲。ニンニクと紅生姜の盛り付けが汚いのは、それが理由である。


そもそも、こちらのにんにく醤油は、浸かっているニンニクを避け、液体だけを入れるのが一般的な使用法らしい。
並盛だった今回は、さすがに残さず食べ切ることができたが、やはり現在の私には、ここのつけダレは重い。
次回からは、豚骨スープを魚介スープで割った、あっさり目(※お店のコピー)の「Wスープつけ麺」にしようかな。

いずれにしても、私が知る限り、東京で一番濃厚だと思う豚骨ラーメンは『無鉄砲』、
おなじく一番濃厚だと思うつけ麺は『無極』だ。
「とにかく濃いのが食べたい!」という方なら、一度は試してみるべきだと思うよ。
私も、罪を許してくれた店員さんの気持ちに報いるためにも、今後もせっせと通い、売上に貢献しようと思う。

最後に。ブログタイトルを見て、私が逮捕されるのかと喜びつつ読んだ方は、期待を裏切り申し訳ない(笑)。
ちなみに、【人生初の犯罪】というのは、今回の「無料麺増し残し」は初めて、という意味であり、
犯罪自体は、これまでの人生において、ちょくちょくやっている気も…(←オイオイ)。



無鉄砲つけ麺 無極
東京都中野区丸山2-1-1
西武線野方駅から徒歩約4分
営業時間 火~金 11~15時、17~21時 土日祝11~21時
定休日 月
※沼袋店などの詳細はHPで→http://www.muteppou.com/index.html
コメント

今年の夏が来る前に 昨年の日大三-金足農を

2019年06月16日 | 高校野球
日本ハムファイターズの吉田輝星投手が、先日の広島カープ戦で、プロ初登板・初勝利を挙げた。

(C)サンケイスポーツ

セリーグ3連覇中で今年も首位(6/16現在)のカープに勝っちゃうんだから、
彼がエースの金足農に、日大三が負けるのもやむなし、であろう。
昨夏の甲子園で、母校野球部が敗戦したから、早くも10ヶ月ほどがすぎた。
日大三ファンとして、いろいろムカつくことがあったので先延ばしにしていたが、
もうすぐ今年の夏大会が始まってしまうので、1周遅れになる前に、金足農戦をつづることにする。
まずは当日のスコア。

2018年8月20日 甲子園球場 第100回全国高校野球選手権記念大会
準決勝 対金足農(秋田)
 
金100010000→2
三000000010→1


試合を振り返る前に、さっき書いた「ムカつくこと」について羅列していく。
1. 甲子園は朝から長蛇の列、しかもダフ屋の跋扈


前売り券が完売したため、当日券を求めて5時台の電車で甲子園に向かったのだが、
試合開始は10時なのに、朝6時前でこの大混雑。大会開幕前は8時だった開門時間も、6時20分に変更された。
前売り券は、転売目的のヤツらもいたはずだが、この日も、行列に仲間を並ばせ当日券を何枚も入手し、
あとから来た客に高値で売りつけようとするダフ屋がいた。下記写真こそ、そのダフ屋の中心人物である。


複数のオヤジがこの中心人物に近づき、互いに目も合わさず、そっと入場券を手渡しするのを見た。
だいぶ前に、西成区でも似たような光景を見たが、あれはおそらくヤク…(以下、自主規制)。
写真のダフ屋は、私にも「チケットあるで」と売りつけてきたが、当然「結構です」と断った。
2018年から入場料を値上げしたことだし、高野連はその分増えた収入で、ダフ屋や転売の対策を考えてほしい。

2. 7年前に食べたカツサンドが、なくなっていた 


かつて、甲子園球場内には、カツサンドを販売していた売店が複数あり、店によって価格も内容も異なっていた。
いくつか食べた中で私が気に入ったのが、「手作り・ポテチ付・500円」のタイプ。
ちょっと冷めてしんなりしたカツが、同じくしんなりとしたキャベツやソースとマッチし、妙にウマかったのだ。
ゲン担ぎとして、これを連日食べていたのが7年前の夏、母校野球部が全国制覇を果たした2011年だ。
ところが、最近の甲子園はメニューが均一化され、どの店でも同価格・同内容の商品を提供するようになっていた。
写真のカツサンドも、いろんな店で「手作りカツサンド」の名称で売られており、外見はそっくりなのだが、
カツは揚げ立て、キャベツはパリパリ新鮮(どちらも、食品としては正しい)と、似て非なるモノであった。
2018年もあのカツサンドを喰えていれば、母校はきっと全国制覇していただろう…?

カツサンドを食べ終え、甲子園到着から約4時間が経過し、ようやく試合が始まる。


今大会中は連日、第一試合の開始前に、かつて甲子園を沸かしたレジェンド球児が始球式を行う。
この日は、甲子園通算20勝を挙げた、PL学園のエース・桑田真澄さん。

※毎度のことだが、写真がヘタでゴメンねえ

現役を引退して数年たっているが、さすがの投球を披露した桑田さんに、場内から大きな拍手が送られた。
だが、そんないい雰囲気もつかの間、試合が進んでいくと、再びムカつく事態が発生。
3.大阪桐蔭のファンがうるせえ

この試合、日大三のベンチは三塁側で、我々も当然三塁側スタンドに居座る。
また、第二試合で同じく三塁側である、大阪桐蔭のファンと思われる関西弁の連中も、我々と並んで座っている。
不愉快だったのが、こいつらは試合中、大声で金足農を応援してやがったのだ。
私も、大阪桐蔭と金足農が試合をしたら(翌日実現したが)、金足の方に肩入れしただろうが、
大阪桐蔭ファンが陣取る三塁側スタンドでは、声を出すのは遠慮するぞ。
「お前ら、金足を応援するんだったら向こうのスタンドに行けよ!」と言ってやりたかったが、
残念ながら多勢に無勢。あいつら関西人の方が、三高ファンより圧倒的に多いのである(しかも声もデカい)。
大部分の観客が金足をあと押しするのは覚悟していたが、三高側スタンドにまで大勢の敵がいるとは予想外だった。

試合経過については、すでに語りつくされているだろうから、当ブログではあえて触れない。
金足農のエース吉田は、球速から判断すると、連戦の疲労の影響を感じさせる内容であったが、
卓越した精神力とマウンドさばきで、三高打線を抑えてみせた。
そして、特筆したいのは、金足農は吉田以外の選手も基本的なプレイを忠実にこなしており、
しかも、死球や体当たりなどの悪辣な行為は皆無で、最後まで全員がフェアプレイを貫いた。
悔しいが、文句のつけようがない完敗である

彼らに文句はないが、あえてひとつだけ言わせてもらうと、
4.中盤の吉田のバント処理、あれは完全にセーフである

5回裏の三高の攻撃、無死一塁で送りバント。吉田がすかさず捕球し、一塁ランナーを封殺すべく二塁へ送球。
ただ、バントがよかったため、タイミング的にはセーフ。ところが、二塁塁審の判定はアウトであった。
当日夜のニュースでは、野球評論家たちがこのプレイを、「吉田の好フィールディング」と絶賛した。
しかし、あえて繰り返すが、あれは完全に絶対に間違いなくセーフである
フィルダースチョイスで無死一、二塁。チャンス拡大のはずが一死一塁に。
金足びいきの場内の雰囲気が、審判の判断を狂わせたか、はたまた審判自身の勝手な忖度か。
この日一番ムカつき、そしていまだに納得していないのが、このプレイだった。

最終回、逆転のランナーを出したもののあと一歩及ばず、三高は敗れた。


観客の大半、そして審判までも(?)敵に回す、絶体絶命の状況に追い込まれながらも、
終盤に懸命の反撃を見せた野球部員と、必死に声援を送るアルプススタンドの生徒たち。
最後まであきらめない彼らの姿勢は、本当に立派だった。だからこそ、勝たせてやりたかった。
金足農も確かに素晴らしかったが、日大三だって、いいチームだったぜ

試合後、甲子園の砂を集めながら、大勢の選手が泣いていた。


それを見ていた、ある観客がたまらず、「泣くな、お前らはよくやった!」と叫んだ。
しかし、泣くなと叫んだその客自身も、目には大粒の涙を浮かべていた。
その客が誰なのかはあえて書かないが、今年の夏もまた、三高を応援するため甲子園に駆けつけるつもりらしい…
あ、ちょっと気持ち悪いシメになっちゃったな(苦笑)。

「日大三高野球部2019」へつづく
コメント

お手頃価格の気さくな「ちょいバル」 荻窪『グレートスコット!』

2019年06月04日 | 居酒屋・バー
以前、「コロッケの美味しい酒場」として紹介した、荻窪の『ほしたけ食堂』さんが、
店主ほしさん・たけさんの家庭の事情により、3月で閉店となってしまった。


あの、ほっこりコロッケを食べられなくなったのは残念だが、荻窪には、まだまだいいお店がある。
それが、今回紹介する『グレートスコット!』さん。
お店の場所はなんと、ほしたけ食堂のすぐ隣である。過去には何度か、両店をハシゴしたものだった。
英語力のない私は知らなかったが、「グレートスコット!」とは、「なんてこった!」のような意味らしく、
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の博士も使用していたとか。
正式な店名は『ちょいバル GREAT SCOTT!』。常連たちは「グレスコ」と呼んでいる。

バルとは、「スペインなどにある、バーとカフェを合わせたような、庶民が気軽に利用できるお店」と聞かされたが、
私が知る限り、日本のバルは、オシャレきどりの店員(&常連客)がいて、内装や料理の盛りつけなど、見た目ばかり重視して、
酒も料理も値段が高い割には量が少なく、内容的にも薄っぺらい、満足度の低い店が多い気がする。
とりあえず、いつも薄汚い格好をしていて、オシャレな店は似合わず、お金にも縁がない私は、
バルは気軽に利用できないのは間違いない(←自分にも問題があるのでは…)。

一方、ここグレスコさんの価格はどうかといえば、やっぱり生ビールが950円もする。
店名通り「なんてこった!」なお値段で、あーあ、これだからバルはイヤなんだ…というのはウソ。
私が頼んだのは、約1リットルのラージサイズ。レギュラー(400ml)なら550円と、ごく普通の価格だ。


写真のラージビールの脇にある「ハムカツ」は、この分厚さで300円だった(最近はメニューにない)。
一緒に頼んだこちらの「ちっちゃすぎるピザ」も300円。作る手間を考えたら、破格である。


何度か通い、店主と会話できるようになったので、上記の「日本のバルに対する悪印象」をぶちまけたところ、
「そういうバルもありますが、ウチは見ての通り、全然気取ってませんからね」と応えてくれた。
店主が目指しているのは「洋風の赤ちょうちん」だとか。なるほど、それは言い得て妙だ。
確かに、酒も料理も全体的にお手頃価格で、ひとりでも気軽に「ちょい飲み」でき、お食事だけでもOKだという。
グレスコさんみたいなお店こそ、本当のバルではないのか。

ここからは、今まで注文してきたメニューの一部を紹介していく。
まずは、最近は必ず頼む「モリンガハイ」。お店に貼ってある内容説明がこちら。


北インド原産ってのが怪しげではあるが、そのぶん効果もありそう。写真右がそのモリンガハイだ。


味自体は、濃い抹茶ハイにも似ており、要するに栄養たっぷりの青汁ハイみたいなもの…かな?
お値段は普通が500円で、先述の1リットルのラージサイズだと900円。
何度かお替わりし、途中で「だいぶ酔ってきたから、今度は普通サイズで…」と告げようものなら、
店主が「大丈夫。モリンガは健康食品ですよ!」と、推してくるので、次もやっぱりラージを頼んでしまう。
大ジョッキの半分くらい焼酎を入れておいて、ナニが健康食品だか(笑)。
とはいえ、モリンガハイを飲んだ翌日は、思い込みかもしれないが体調も良く、二日酔いになりにくい気がする。
飲んだ日の夜も、記憶をなくしたのは2回だけだし…って、やっぱり酔ってるやんけ。

ドリンクは、ウーロンハイや緑茶ハイ(価格はモリンガ同じ)、あとは「サングリアの赤」600円を頼んだことがある。


一般的なものより、果実がたくさん入っていてビックリした。
もちろん「洋風赤ちょうちん」なので、ウイスキーやワイン、スピリッツに各種カクテルなどもある。

続いては料理メニュー。店主はオーブンを使用した料理が得意なようで、
こちらは、さっきのモリンガハイの左側に食べかけが写っていた「豆腐と玉子サラダのチーズ焼き」500円。


「豆腐とサラダ(玉子サンドの中身だが)だし、モリンガも飲んだからヘルシーだね」と店主に同意を求めたら、
「あ、そうっすね…」とこちらを見向きもせず返答してくれた。ちょっと、構ってくださいよ!
こちらもやはり、オーブン調理の「豚ロースのローズマリー焼き」650円。恵比寿あたりなら1000円以上取られるぜ。


実は私、ローズマリーの味を知らなかった。豚ロース肉は、生姜焼きで喰えばいいじゃねえか、と思っていたし。
こんな私がローズマリーを頼んでも、笑うことなく(内心笑っていたかも)提供してくれた、店主に感謝したい。
サラダメニューからは、「本日のポテサラ」500円を紹介。「本日の」ということで、日によって内容が違う。
とある日の食材は「コーンとバター」と聞き、迷わずオーダー。


甘いコーンとピリ辛の黒コショウを、バターとポテトがやさしく包み込む。
「イモやバターを使っても、サラダはヘルシーだよね」という私の意見に、店主は「あーハイハイ」とメンド臭そうに同意。
この日のシメは、以前から気になっていた「焼きカルボナーラ」1000円を選択。


オーブンで少し焼かれての登場だが、焦げてはいないのはさすが。
他店で食べるカルボナーラほど重くはなかったが、さすがの私も「ヘルシーだよね」とはたずねなかった。
また、別の日のシメでオーダーしたのが、「フォンダンショコラのアイス添え」550円。


おっさんが食べるのには違和感があるだろうが、バルはカフェでもあるのだから、こういうスイーツがあってもおかしくないよね。
デザートでは「焼きパイナップル」もあったが、こちらはまだ食べたことはない。

そして、ここグレスコで私が一番好きな料理は、写真の「サラダチキンとしめじのクリームグラタン」650円だ。


グラタンは2種類あり、お店は「海老とミニトマトのスパイシーグラタン」をおススメしているようだが、
私はトマトが苦手だし、サラダチキンの方がヘルシーっぽいので、こちらをチョイス。
例の「ヘルシー問答」は、店主に無視されたので省略(苦笑)。中身はこんなかんじ。


ベースはホワイトソースだが、「焦がし醤油仕立て」と、和洋折衷のテクニックだ。
気に入ったので、次に行ったときも注文し、そしてその次に訪問したときは、特別に「玉子入り」で作ってもらった。


右のエリアにたたずむ、まだ柔らかい玉子ちゃんを中央に移動させ、そしてやさしく崩す。


ほ~ら、どう見てもウマそうなビジュアル。オレはやっぱりキミ(黄身)が好きだ!
玉子入りグラタンを作ってもらえたことでゴキゲンになり、このあとはモリンガハイをだいぶ飲んでしまった。
最初の方で告白した、記憶をなくした2回のうち1回がこの日である。

さっき和洋折衷と記したが、ここグレスコさんは、洋風以外にも料理レパートリーがある。
あるときの日替わりメニューには、中華の「麻婆豆腐」(値段失念)があった。


唐辛子ではなく、山椒系のしびれる辛さ。これはいかん、酒がすすんでしまうではないか…。
本人は「調理人としてのキャリアは長くないし、たいしたことないですよ」と謙遜するが、
食材の組み合わせはや調理法は、斬新かつ絶妙。料理人としてのセンスがあるのだろう。

そんな店主の料理と気さくな人柄が受けているらしく、女性客も多く訪れている。
メニュー豊富で安価、雰囲気も居心地もよく、しかも土日は昼間っから営業している(笑)。
こういうバルが、もっと日本中に増えてほしいなあ。



ちょいバル GREAT SCOTT!(グレートスコット)
東京都杉並区天沼3-30-2
荻窪駅北口から徒歩約3分
営業時間 火~金17~24時 土14~24時、日14~23時
定休日 月曜
※料理のラストオーダーは閉店1時間前
コメント

メニューが豊富すぎるちゃんぽん店 飯田橋『雲仙楼』

2019年05月17日 | 中華食堂
野菜が嫌いで、「そういえば今日食べた野菜は、ラーメンの刻みネギだけだ」、ということも多々ある私。
野菜不足を補うために好んで食べるのは、せいぜい餃子とコロッケ(←野菜?)、そして「ちゃんぽん」くらいである。
最近よく利用しているのが、長崎県雲仙市出身の店主が営む、飯田橋の『雲仙楼』さん。
お店のウリは、故郷の長崎から麺や食材を取り寄せている、ボリューミーなちゃんぽん&皿うどんだが、
その他のメニューも豊富にそろっている。というか、豊富すぎる

こちらは店頭に貼ってあるメニュー2枚。




これだけでも相当な種類があるが、店内に入ると、壁一面に手書きメニューの短冊がすき間なく貼られており、
上記メニュー以外にも、餃子、春巻など中華の定番から、もつ煮込み、鍋焼きうどん、玉子サンド、ゴーヤチャンプルなど、
「こんなモノまであるのかよ!?」と驚かされる料理まで存在し、総数は300を超えるとか。
※しかも、いまだに増え続けている模様

初入店のときに食べたのは、「小ちゃんぽん+半チャーハン」のセット1000円。小ちゃんぽんは単品850円なので、かなりお得だ。
すぐに半チャーハンが出てきた。ちなみに、水はコップではなく、小ジョッキで提供される。


チャーハンは確かにハーフサイズだったが、あとから来たちゃんぽんは、全然(小)じゃなかった


わかりづらいけど、丼はけっこう大きめで、野菜だけでなく具材もたっぷり。


これが小ということは、並(950円)も多いだろうし、並+200円の大盛なんか、とんでもない量が出てくるんだろうね。
味の方は、九州の甘口醤油を使い、食材の旨味も溶け込んだ、スープの甘じょっぱさが印象的。
気が付けば、たっぷりの野菜も残すことなく完食。ヘルシーな昼食となった(←カロリーに問題は?)。

数日後の再訪では、お店のもうひとつの名物と思われる、皿うどん950円を食べてみることに。
一般的な、パリパリの細麺でなく、炒めた中太麺を使用した「炒め皿うどん(やわらか麺)」をチョイス。
こちらがその写真。奥の調味料容器と比較すれば、皿の大きさ=量の多さがわかってもらえるだろう。


熱々かつ大量の野菜あんかけに苦戦しつつも、ガツガツ食べ進んでいく。
途中で、卓上にあった、長崎名産の「金蝶ソース」(ウスターソース)もかけてみた。


なんとか食べきったが、ちゃんぽんと同様、全然「並」ではない盛り具合。この店、もっと若い頃に来たかったなあ。

その次に食べたのは、時間に余裕がなかったので炒め物は避け、「カレー麺」700円をオーダー。


たった今気付いたんだけど、さっき載せた店頭メニューでは650円になってるではないか。50円余分に取られた!
おそらく店員さんも、メニューが増えすぎたため、個々の値段を覚えきれていないのではないか。
カレー麺は、スープの入る「つゆ有」もあるが、私は、茹でた麺にカレーをかけるだけの「つゆ無」を選択。
シンプルだけど、カレーが薄まらないから、カレーうどんもこのスタイルの方が好きだ。
ちゃんぽんなどとは違い量は普通だったので、すぐに食べ終えることができた。あと、カレー自体が意外とウマかったよ。

4度目の訪問時は、食事だけでなくびんビール600円も注文。注ぐのはやはり、コップではなく小ジョッキだった。


料理を待っている間、テーブルの下にある雑誌類をあさってみる。
お店のおばちゃんの趣味なのか、ほとんどが女性週刊誌だったが、それらに混ざり、なぜか「松坂慶子写真集」が!


食事中に熟女ヘアヌードを見たのは、もちろん人生初である(笑)。

※これよりスゴイ写真が多数収録されていた

メニューもそうだが、本当に「なんでもアリ」のお店である。
なお、この日に食べたのは、好物の「餃子」400円と、


「マーボー焼きそば」850円。


餃子は普通においしい。もうちょっと焼いてもらった方が好みかな。
マーボー焼きそばは、上の麻婆豆腐をツマミにして、残った麺をシメとして食べた。


焼きそばは、柔らかい部分とちょっと焦げた部分が混ざっていて、食感の違いが楽しめた。
この日のお会計は、ビール2本と上記料理で計2450円。
次回飲むときは、メチャクチャお得な「3時間飲み放題食べ放題 3000円(税別)」に挑戦してみたい。

※予約不要、ひとりでもOKとのこと

そして、つい先日食べたのが、最近新メニューとして加わった、「マヨネーズラーメン」700円!
商品名を口にした直後、店内にいた客の会話が一瞬止まり、その後ヒソヒソ話が始まった。まあ、その気持ちはわかる。
数分後、私以外の客も注視する中、店のおばちゃんがマヨネーズラーメンを運んできた。


マヨネーズの溶け込んだ乳白色のスープに、大量の千切りキャベツが盛られている。要するに、サラダラーメンだな(←違うだろ)。
スープは塩分多めだが、確かにマヨネーズの味が。よ~く見れば、分離して粒上になったマヨネーズが浮かんでいるね。
キャベツの下には中太のちぢれ麺。そして、驚いたことにこのマヨネーズラーメン、


具材はキャベツのみだった。さすがに、ちょっとさみしいね(苦笑)。
麺とキャベツはたいらげたが、身体に悪そうなのでスープを飲み干すのはやめておいた。

繰り返しになるが、雲仙楼さんはとにかくメニューが多彩で、和洋中なんでもある。
おまけに新商品もちょくちょく登場するため、たぶん死ぬまで飽きずに通えると思う。
私自身も、大好きな「ハンバーグ」、「木くらげ玉子炒め」「コロッケ」などが未食だし、
日清食品の即席麺を使用しているらしい「チキンラーメン鍋」という、気になる謎メニューも控えている。
そういえば、メイン料理のちゃんぽん・皿うどんの「特製」バージョン(+200円)も食べていない。
やっぱり、先述の「3時間食べ飲み放題」を利用して、一気にコンプリートしていくしかないな。
挑戦した際は、再びこのブログで紹介しようと思うので、乞うご期待! ※同行者歓迎



雲仙楼
東京都文京区後楽2-3-17
JR飯田橋駅東口から徒歩約3分
営業時間 月~金 11時~14時半、16時半~20時半 土曜 11時~14時半
定休日 日、祝
コメント

つるつる温泉の帰りに 武蔵五日市『初後亭』

2019年05月12日 | そば、うどん
先日、武蔵五日市にある入浴施設『つるつる温泉』に行ってきた。


立川駅から電車に乗って30~40分。武蔵五日市駅からはバスで20分。


バスは時間によって、写真のような機関車タイプもあり、お子さんたちに好評の様子。


もろちん、今でもピュアな心を持ち続ける私(幼稚ともいえる)も、いいトシこいて大喜びで乗車した。
浴場内は当然撮影禁止なので、ホームページから拝借した画像を掲載。
     (C)東京都の天然日帰り温泉 つるつる温泉公式ホームページ

本当にお肌がつるつるになる、当温泉については、別の機会に改めて紹介したい。

さて、つるつる温泉にも食堂はあったが、そこでは湯上りのビールとおつまみ程度ですませ、
再び例のバスに乗って、武蔵五日市駅に戻る。目的は、駅近くにある『初後亭』さん。
自家栽培した小麦粉と蕎麦粉を使用する、自家製うどんとそばのお店だ。
お店の場所は、外に「うどん」のノボリが多数出ており、すぐにわかった。

※「亭後初」ではなく「初後亭」である。念のため

お店のホームページによると、うどんやそばだけでなく、この建物も自家製らしい。スゲエ!
店内も普通の民家のような造りで、温厚そうな夫婦が迎えてくれる。入口で靴を脱ぎ、お座敷風の広間へ。
メニューはこんなかんじ。ヘタな撮り方ゆえ、一部しか見えず申しわけない。


うどんのジャンルでいえば、「武蔵野うどん」のカテゴリーに入るのかな。
普通の「湯もりうどん」が870円なら、+30円で肉入りの方がお得だろうと思い、「湯もり肉汁うどん」を選択。
まずは、お茶とお新香が出てきた。うどんは当然、オーダーを受けてから茹で始めるので、完成まで15分ほどかかった。


調理している間に、トイレへ行きたくなったので場所をたずねたら、一度サンダルで店外に出て、


少々歩いた場所にあると教えてもらう。あとで知ったが、すぐそばに喫煙所もあったらしい。


写真はないが、このトイレがある庭(?)の周辺は、緑が多くてのんびりとした気分になれるよ。
しばらくすると、お待ちかねの「湯もり肉汁うどん」900円が出来あがった。


冷たいタイプと違い、温かいタイプは、麺同士がくっつかないよう、湯の中に入っている。
しかし、ただのもりうどん+肉汁かと思っていたが、けっこう具材が入っているではないか。


白菜、ニンジン、大根、ほうれん草にカマボコ。野菜も地産物なのかな?
茹でた野菜は、武蔵野うどんでは「糧(かて)」と呼ぶが、こちらのお店では「まし」という名称になっており、
うどんと一緒に、つけ汁で食べるよう、味は付いてないそうだ。
さて、お店のウリである粉から自家製のうどんは、ややグレーがかった中太タイプ。


何もつけずにそのままかじってみると、塩分はさほどきつくなく、ほんのり小麦の風味。
ゴツゴツとした舌触りだが、かなりの噛み応え。冷水で締めた冷たいうどんならば、さらに強いコシが楽しめるだろう。
一方のつけ汁は、最初のひと口はちょっとしょっぱく感じたが、うどんの湯で徐々に薄まっていく。


特筆したいのが、豚バラ肉のウマさ。汁に旨味が溶け出しても、なお旨味がじゅうぶん残っている。
店主によると、地元にある顔なじみのお肉屋さんから仕入れているそうで。
最近サイドメニューとして加わったらしい、「豚ばらご飯」300円も食べておけばよかった。

途中で、別皿で提供された柚子胡椒も溶かし入れ、うどんを食べ終えたところで、
デザートとして「地卵のプリン」300円を追加注文。


上のカラメルシロップは、苦みがなく甘味強め。肝心のプリンも、固そうな見た目に反し、なめらかであった。
申しわけないけど、東村山にある某うどん店のプリンより、ここの方が断然ウマイよ。
この日は、肉汁うどんとプリンだけだったが、冷たい「もりうどん」や10月~5月限定の自家製の「蕎麦」、
さらに、お店の名物である、鰹節と醤油と茹で湯で食べる「引きずり出しうどん」も食べてみたい。

お会計時、「美味しかったです」と告げたあと、店主と少々会話させていただく(先述の肉屋さんのことなど)。
お店を出ると、閉店時間が近づいたからか、店主もあとから店外のノボリを片付けるために外へ出てきた。
目が合ったので会釈すると、「今日はどうも。気をつけてお帰りくださいね」と声をかけていただいた。
普段、温かい言葉をかけられることの少ない私は、こういうひと言に弱い…。
「ハイ、近いうちにまた来ますので!」と返答し、すがすがしい気分で駅に向かう私であった。
今度は、つるつる温泉のついでではなく、初後亭を目当てに武蔵五日市へ来ようと思う。



初後(しょうご)亭
東京都あきる野市三内字初後
JR武蔵五日市駅から徒歩約3分
営業時間 11時から16時半(16時ラストオーダー)
定休日 木、金(祝日は営業)
※奥に個室もあり
コメント

ドキュメント2019.4.30 -平成最後の日-

2019年05月01日 | 日記
「ドキュメント」などと、大げさなタイトルをつけたが、
要するに、「平成最後の日」の私の行動をダラダラとつづっただけである。ゴメン!

昨日4月30日は、ハロウィンや新年のカウントダウンなどのイベントと同様、バカ騒ぎした若者もいたようだが、
私自身はそんな風潮には流されず、我が道を行くべく、普段と変わらぬ一日を過ごした。
とはいえ、終わりよければすべてヨシ、ではないが、最後は好きなモノでも食べて回ろうと決心。
いいトシこいて、私もイベントに乗せられたクチといえる。

まずは平成最後のうどん
吉祥寺『うどん白石』の「かけうどん」をひやあつ(麺が冷たくツユが温かい)で。


いつもはツマミで飲んで、シメにうどんを頼んでいるのだが、大型連休中は、連日飲んだくれているため、
この日も二日酔い(五日酔い?)ゆえ酒を飲む気になれず、うどんだけで退散。
ただし、ウマいうどんを食べたおかげで、胃が落ちついてムカムカした気分が少し楽になった。

続いては平成最後の串焼き
阿佐ヶ谷『ふみ屋』の「焼きトン」各種(カシラ、タン、シロ、レバー)。


ホッピーセットを「焼酎薄目」で頼んでみたが、ここのお店は、それでもグラスの半分が焼酎である。
ひと口飲んだらやはり、すぐに酔いが回ってきた。まだ連日の酒が残っているようだ。
塩、タレ、味噌ダレと、それぞれ違う味付けをされた、大ぶりの焼きトン自体は美味しかったんだけどね。

お次は平成最後の餃子
高円寺『赤天』は休業中のようなので、三鷹『誠一郎本舗』で、「焼ギョーザ」と「にんにくギョーザ」。

※ふたつのお皿に分かれて出てきたのを、ひと皿にまとめた

つい最近、ジンロのボトルを入れたので、ウーロン茶をもらい、薄目に割って飲んだ。
ここの餃子は、具材にしっかり味がついており、タレなしでもイケる。焼き色も均等で美しいね。
ボトルチャージ料は無料らしく、お会計が安すぎて、申しわけなかった。

帰宅し、小腹が空いてきたので、ナニか軽く食べようと自宅のキッチンへ。
結果的に、平成最後のお食事となったのは、
『まるか食品』の「ペヤング ソースやきそば」だ!

※左上に見えるのは、追いソース用の「ペヤングソース」。

身体には悪いかもしれんが、飲んだあとに食べる「まろやか~なペヤング」は、まさに極上の味わい。
昭和に生まれ、平成を乗り越え、そして令和でもさらに躍進せんとする、
ペヤングのような存在に、私はなりたい。たぶんなれないが。
食べ終わってから数分後、ついに改元の時間を迎えた。
さようなら、そしてありがとう平成。

蛇足ながら、平成最後の勝負も紹介しておく。
松戸競輪場で行われている、「第73回日本選手権競輪」初日の最終第11レース。
本命の2番選手から、人気薄の選手を相手に、三連単をバラバラと購入。
結果は2-5-9と入ったが、ごらんの通り2-5はあるのに、3着は1、3、4、7、8しかない。


平成最後の車券勝負も、見事1着2着4着となってしまった!
…どうも、この競輪のくだり、本当に蛇足だったなあ。

4月30日ではなかったけれど、平成最後となった私の好物も載せておく。
まずは平成最後のラーメン
4月25日に訪問した、神保町『排骨担々 五ノ井』の「ちゃーしゅう汁なし担々麺」。


肉の下には当然、ピリ辛タレとひき肉(バーソー)をまとった、やや太めの麺が現れる。


こちらの商品は、大きな焼豚が5枚も乗って1000円。ノーマルの汁なし担々麺は850円なので、断然お得だ。
「汁なし」はラーメンとは別枠かもしれないので、正真正銘の平成最後のラーメンを。
それは、4月17日の深夜に食べた、西荻窪『山ちゃん』の「塩ニンニクの肉増」。


券売機にはない「バターライス」も後払いで注文。かかりつけの医師が見たら「深夜にナニ喰ってんだ」と激怒しそうだ。
そのバターライス、価格は200円だったが、提供時は本当にバターとライスだけだったので驚いた(笑)。


さらにさらに。平成最後のサンドイッチも紹介させてほしい。
4月24日に購入した、阿佐ヶ谷『サンドーレ』の「焼きそばパン」と「カボチャコロッケ」。


帰宅まで我慢できず、周囲の目も気にせず、駅のホームで喰ってしまった。
ここのサンドイッチを買うようになってから、コンビニのは高くて硬くて味気なくて、喰えなくなった。
近いうちに、商品が充実している開店直後の午前中に行ってみたいと思う。

他にも、写真はないけれど、荻窪『啓ちゃん』の平成最後の木耳玉子炒め、
最近、売り切れるのが早い(12時半頃)、神楽坂『亀井堂』の平成最後のクリームパン、
つい最近紹介した、茗荷谷『丼太郎』の平成最後の牛丼など、
いろいろあるけど、キリがないのでこの辺にしておく。
令和になっても、ウマいもん喰いまくろうと思うので、よろしく!
今回名前を出したお店はすべて、拙プログで過去に紹介していますので、よかったら確認してみてください。
コメント