愛猫とシエスタ(午睡)

猫ブログ(時々)から備忘録ブログへ

マルチアダプタープラグ

2007-12-27 11:16:00 | 日記
今年も残りわずかになってしまいました。
昨日、「来年のカレンダー」と「(海外旅行でとっても便利な)マルチアダプタープラグ」をいただきました{%kirakira1_a%}
カレンダー、マルチアダプタープラグともに、有名な海外某社のオリジナル(非売品?)です。

画像

カレンダーは、海外仕様になっています。
月の満ち欠けも付いています。満月はフルムーンですが、半月はハーフムーンではなく、ファーストクオーター、ラストクオーターとなっています。

アダプタープラグですが、これひとつで数種類の対応になっています。
ロックがついていて、1種類しか出ないようになっています。

以前オーストリアに行った時に間違ったものを持って行ってしまい、急遽シュテファン寺院近くの写真屋さんで購入するハプニングがありましたが、これさえあればそんな心配はいりません。
{%leaves%}関連ブログ記事
「旅行の失敗(忘れた!アダプター・プラグ)」

画像

年末年始ですので、なにかとあわただしい日が続きますが、よいお年をお迎え下さい{%kado%}


Comment

救世軍社会鍋

2007-12-13 18:57:00 | 日記
先日、母が池袋に出かけた時に、救世軍の社会鍋を見かけたそうです。
師走の風物詩と言うか、随分前に銀座で見かけたことがあります。

画像
救世軍の社会鍋は、来年100年を迎えるそうです。{%arrowup_a%}
{%clover%}救世軍のHPは、こちら。

母が「少しだけれど、寄付してきたよ」と言っていました。
クリスチャンではありませんが、救世軍とはご縁がありました。

父が亡くなったのが、救世軍の病院(緩和ケア:ホスピス)でした。
ホスピスは、希望してもすぐには入ることが出来ません。
当初桜町病院を希望していたのですが、とても入れるような状況ではありませんでした。
そんなわけで、父の場合も、(救世軍の病院へ)申し込みの手続きをしてから数ヶ月先と言われていたのですが、急に空きが出来て入院できました。

ホスピスには、牧師さん(なぜか関西弁バリバリ?)もいて、小さなチャペルもありました。
ボランティアの人も何人かいて、歌を歌ったりしていました。
亡くなるまでの約1ヶ月、毎日通いました。
入院されて、2日後に急に亡くなられる方もいました。ご家族の方もとてもあわただしくされていました。

父が亡くなって、母は病院のことを話題にするだけでも落ち込んでいました。
きっとあの時の思いが甦ってくるからだと思います。
けれど、ようやく「救世軍の社会鍋見たから、寄付してきたよ」と言えるようになりました。

ユーミンの{%diacritic_a%}時はいつの日にも~親切な友達~(「12月の雨」より){%diacritic_a%}というフレーズが頭の中を駆け巡っています。

{%新芽webry%}
「冬のソナタ」で、大晦日の待ち合わせの場所でユジン(チェジュウ)の後ろに、救世軍が映っています。
韓国というと儒教というイメージが強いですが、キリスト教を信仰されている方も大勢いるようです。



Comment