ぴっち の通院記録-26 (体調不良)



6月23日の朝より、体調不良の ぴっち。

全ての検査をしても、脱水気味の他 原因が判りません。

脱水は輸液で対処済み。

様子見中に、右後ろ足を引きずる仕草を見せ

初めて とぉさんに威嚇するなど、不自然な事もあったため再通院しました。




判ってるよ (´―`*)

最初は何でも無いと装っていたぴっちですが

調子の悪さは見ていれば判る。

でも・・・できたら何処が痛いか言って欲しい (T ^ T)




6月25日



・ 体 重 : 4.32kg ( 前回:4.28kg )


・ 体 温 : 38.6℃ / ( 前回:39.0℃ 耳測定 )


食べられるようになってきたため、体重は少し増量。

体温も下がってきていました。

前回全ての検査済みなため、足腰を重点的に診て戴きました。




【 レントゲン 】



何度もの撮影は身体にも良くないため、腰の部分等

前回のX線写真で見るも、異常なし。




б(´・ω・`;)ンー・・・



【 歩行検査 】


診察室内を歩かせました。 やはり歩き方はぎこちない。

しかし骨折なら、その足を浮かすように歩くが

ぴっちはしっかり体重も乗せている。

骨折ではないが、何処か痛めたのが回復傾向にあるのかもしれない。

骨折で痛いと食べなくなるそうですが、食欲は戻って来ています。

(がっついて食べるワケではなく、ゆっくりですが摂取しています)




【 対 処 】



見守る (;-ω-A





以前の写真ですが、こんなスコ座りもできるようになっています。



今回は院長先生だったのですが・・・

歩き方がおかしいことを、最初に気が付かなかったのかと怒られました

だって・・・全然動かなかったんだもの |ω;`)ウリュリュ。。



少しおかしな事もあるので気をつけようと思うのですが

食べはするものの量もいつもより少なく、体重減少が怖いので

昨夜はアニモンダのウェットを夕飯に出してみたのですが

アッという間に平らげました (゚ロ゚;

家では足腰の動きが変なのに、病院でどれだけ先生に揉みほぐされても

痛そうな素振りも声も出さない。

いつもとは全く違う様子なので、確実に何処かが悪いとは思いますが

もしかしたら、その中のほんの少しに 『 ヤキモチ 』 という病名も入っているのかな。

思い過ごしかもしれませんが、そんな風にも感じる部分があります

ストレス数値はハッキリ出ていませんが

病気は先生と共に・心のケアは私がしなくちゃなと思いました。








★ 最後に お ま け があります ★







= 迷子のお知らせ と お願い =








【 拡散希望です!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました




※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ








【 お ま け 】



ぴっちより




ぴっちの事も、父の事も、そして私のことまで

皆さまからの応援に励まされています (*゚ー゚*)




みんなで笑えるように、がんばります ┗(`・∀・´●)




どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッとご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



あなた・・・通院してないよね ヾ(´∀`;)

それが一番なんだよ~

お手数をお掛けしますm(v v)m










コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ