猫と暮らそう~里親募集~

捨て猫や行き場のない猫の里親募集をしています。

人馴れ不十分な猫

2016-06-24 14:33:38 | Weblog
梅雨に入り鬱陶しい季節になりましたね
湿気が多いと髪の毛が爆発するのでほんとにイヤです


さて今日は嬉しいお便りをいただいたのでご紹介します

ちょうど一年前に里子に出たロロちゃんです(元グレちゃん)

毛艶ピカピカで相変わらずの美猫ぶりです

グレちゃんはうちにいる間、ほとんど触ることができない子でした。
警戒心が強く人間になかなか心を開かない子でした

うちの子として飼うのであれば懐かないままでもいいのですが
保護猫いっぱいの我が家で新しい子を迎えるのは難しいこと。
いずれは新しい家族の元に送り出さなくてはいけないことを考えると
ある程度人馴れしているほうが貰い手もつきやすいのです。

10ヶ月近く我が家で保護猫生活を送りましたが
人馴れする気配はありませんでした。
あれこれ試行錯誤するものの結果は×・・・

それでも人馴れ不十分なままでもいいとおっしゃってくださる
ご理解あるご家族と運よく出会うことができました
トライアルの日

里親様は覚悟してロロちゃんをお迎えしたけれど
家族にまったく懐かない様子に胸を痛め
「うちにいて幸せなのだろうか」と悩まれたそうです
でも今はいたずらっこで、抱っこは苦手なものの
撫でるとシッポを立てて喜んでくれるそうです

少しづつ家族としての絆ができていたんですね




そしてこちらも人馴れ不十分な猫

ラスカルくん
譲渡から3カ月経ちました。

初めは里親様が在宅中や起きている時間は
隠れ家に身をひそめまったく出てこない生活でした

最近は里親様の前でも多少リラックスすることができるようになったみたいです
出勤前にこうしてじーっとみつめられるそうです


そして一歳のお誕生日にキャットタワーをプレゼントしたそうです

よかったね~


「台所にあがるのはちょっと困ってます」と写真を撮ってくれました

ん~~確かにコンロの上は危険ですしイヤですよね~
人馴れしてないので人がいる時は近づいてこないと思いますが
コンロを使用中は要注意ですね


猫によって人馴れするまでの時間はさまざまです。
すぐ馴れる子もいれば一年も二年もなつかないこもいる。
多頭保護の我が家で人馴れしないこをなつかせるのは至難の業です
なぜなら猫同士でくっついてしまい
人間と仲良くしなくても満足できてしまうからです

だから我が家を卒業することが人馴れの第一歩になります

根気強く接してくださっている里親様には心より感謝申し上げます
今後もどんな風に変化していくのか楽しみにしています





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トライアル近況と本日の仔猫

2016-06-20 13:25:02 | Weblog
先週トライアルに入ったチャムくん(元コアン)の近況です

先住のまるちゃんとの関係もこの通り良好です

幸せそうな寝顔


甘え上手なチャムくんと優しく面倒見のいい先住猫まるちゃん


トライアル順調です


さて本日の我が家の仔猫たち

元気に走り回っております






三兄弟のキジトラと黒ちゃんは怖がりさんで
すぐ隠れてしまっていたのですが
少しづつ出てくるようになりました

やっと写真が撮れた






キジ白くんはかなり慣れて
ゴロゴロ喉を鳴らすようになりました



猫じゃらしで遊んでる時の弟くん

じゃらしが大好きで催促しているところです
大好きすぎて猫が変わるので
遊びすぎないよう注意してます
興奮具合がハンパないんです

一番のおちびちゃん

ちょっと前はお兄ちゃんたちと対等に遊べなかったのに
少し体も大きくなってお兄ちゃんたちにも負けなくなってきました


いっぱい遊んでバタンキュー


キジシロくんだけカメラ目線

みんないいご縁がありますように
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

続々と子猫

2016-06-17 10:50:06 | Weblog
また新たな保護猫ちゃんがやってきました

TNRを頼まれてた場所で
先月見に行った時おっぱいがはっている感じがあるとのことで
しばらく様子見の最中だったんですが

やっぱり産んでました

二ヶ月半くらいの子たちで
三匹兄弟ですが一匹は隠れたままです


保護して10日ほどたちました。

最初は警戒レベルMAXで
まったく触れなかったのですが



ちゅーるで釣ったりしながら少しづつ馴らしています

唸りながらも食べてる

この子だけだいぶ馴れてきたので
ケージから出して他の子と遊ばせてます

かなりの美猫


こっちは一ヶ月くらいの男のこです

目ヤニがとれてきれいな目になったら
かわいくなってきましたよ



小さいけどお兄ちゃんたちに負けずにちょこまか走り回ってます


弟くんも小さいのですが
ちびが小さいすぎて大きく見えます


幸せそうな寝顔

見てるだけで癒されます



癒されてるのも束の間

昨日は体調不良(大したことないです)で仕事をお休みしたのですが
アパートのおじさんとこでまた親子連れがきてると連絡があり急きょ捕獲することになりました

サビママと子猫3匹(茶トラとキジトラと黒猫でした)
子猫は3カ月くらいになってました
捕獲器仕掛けるもなかなか入らず

どうするかなぁと考えているところに

里親さんのアロママさんから
「お友達のとこにいる親子猫を捕まえたい」と連絡


写真見てびっくりでんな
アパートのおじさんとこと親子で毛色が一緒やんけ

アロママさんとは家がとーっても近いので
急いで現場へ向かい
子猫3匹をぱぱっと手で捕まえ
母猫は捕獲器をしかけておいたら夜に入ってくれました

子猫はアロママさんのお友達が保護してくれて
母猫の手術もリリース後のお世話も
責任もってやってくださるとのことで
ほっと一安心でした

アロママさんもお友達も
これ以上増やしてはいけないと
猫のことを考えて一生懸命でした。

エサをあげるだけでなく
子猫の将来を考えて保護し
親猫の手術を責任もってやっていただける方は
本当にありがたいです

こういった捕獲のお手伝いならいくらでも協力したいです
外で暮らす仔猫の産まれる確率が減りますからね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コアンちゃんトライアル

2016-06-13 16:46:34 | Weblog
昨日コアンちゃんのお届けがありました

わんぱくだけど優しい性格のおとこのこ

移動中はキャリーバックの壁に顔をおしつけて
「ぼくは何も見ない!何も聞こえない」と現実逃避していました

やっと里親様のお宅について
ご用意してくれたケージの中にいれてあげました。

ミャーミャー不安そうに鳴いていました

しばらく里親様と二人で見守っていると
先住のまるちゃんが登場

「なんだあの生き物は

まるちゃん初めてみるコアンちゃんを遠くからじーっと見て

シャーーーッと威嚇していました


最初はこんなもんよね~と様子を見ていましたら
だんだん近づいてきました

でもまだ威嚇したりしてたので
ゆっくり仲良くなってくれるといいですね
里親様とお話して帰路につきました



そして私が帰ったあとのお写真

コアンちゃんはまるちゃんの近くにいきたくて仕方ない様子だったそうです。
不安そうに鳴いているので「思い切ってケージから出してみました」と里親様から


意外と大丈夫だったみたいです

まるちゃんはもうすぐ1歳になる男の子でまだまだ遊び盛り。
そのうちきっといい相棒になるでしょう

新しいお名前をチャムちゃんとつけてくださいました
かわいい名前をありがとうございます。
これからも末永く宜しくお願いいたします




コアンちゃんがいなくなって
弟くんがさぞかし寂しがるだろうと思ってましたが
タイミングよく新しい仲間がやってきたので
それほど寂しい思いはしなくて済んでいるようです

自分より小さい生き物にちょっと戸惑う弟くん



気づくと一緒にいる時間が増えてきました



ちび達はあっという間に仲良くなります


ちび黒ちゃん、瞬膜が少しあがってたのが治って
目がきれいになったらすごくいいお顔になりました


ロイカナのベビーキャットをバリバリ食べています



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水頭症

2016-06-09 15:13:22 | Weblog
保護してすぐはシャーシャー言ってた茶白兄弟
最近はすっかり馴れて撫でたり抱っこすると
ゴロゴロ言うようになりました

遊んだあとは仲良く一緒におねんね

ゴロゴロ音がハンパないです
聞こえるかな~




うちに来て一ヶ月。
嬉しいことにコアンちゃんの里親さんが決まりました


お見合いの時にいただいたお菓子
ありがとうございました



できれば弟くんと一緒に貰われることを願っていたのですが叶いませんでした



それは


弟くんが障害を持っていることがわかったからです


保護直後から気になることがあり
すぐに検査してもらいました

水頭症の疑いありでした
レントゲンとエコー検査でほぼ間違いないとのことでしたが
確定診断はMRIじゃないとわからないそうです。
MRI検査は今の病院ではできなくて
もし別の病院でするとしたら費用が6~7万かかるそうです

弟くんを診てもらってる病院はこの辺ではそれなりに大きな病院で
先生もとても腕がよく一番信頼できる先生です。
その先生がほぼ間違いないとおっしゃるのですからMRIをとっても結果は同じでしょう。。。



そしてもうひとつ
逆さまつげでもあります

今はこれといった症状がないので普通に生活していますが
将来大きな手術を何度かしなければいけない可能性が考えられます

この先どんな症状が出てくるのか
せめて知識だけでも備えておこうと
ネットで調べていますが
今まで水頭症のこをお世話した経験がないのでとても心配です

以前拾った水頭症のこは生後1週間ほどで亡くなりました・・・
ミルクを飲む力もなかったんです。

弟くんはここまで育ったので
この先もできれば何事もなく成長してくれることを
今はただ願うばかりです

一緒にいられるのもあと少しですが
コアンちゃんが幸せになってくれることのほうが嬉しいです
弟くんもきっと同じ気持ちでいると思います
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

5月TNRのご報告

2016-06-06 12:00:53 | Weblog
遅くなりましたが5月のTNRのご報告です

オス2匹、メス4匹を捕獲ました











そして昨日また子猫を保護してしまいました

TNRを頼まれている餌場でえさやりさんと話をしていたら
急に子猫の鳴き声がして
一匹で道路を渡って餌場の公園まできました
ちょうど車が来た時だったので危うくひかれるところでした
435グラムの男の子です
ちょっと栄養状態悪く背骨がゴツゴツしてるので
いっぱいゴハンを食べて元気になってもらいたいです



おチビちゃんと比べると
茶白兄弟が大きく見えます
少しづつ成長していたんだね


トラちゃんのシッポに夢中な茶白兄弟

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仔猫まつり

2016-05-31 16:10:25 | Weblog
ここ最近、あちこちで子猫が産まれた情報が寄せられます

どうしてこんなに産まれてるんだろう

ぴろさんが保護した子猫ちゃん
トラックの荷台に乗って運ばれてきてしまったそうです

「ぼく、いつの間にか知らない場所につれてこられたの



先日えさやりをしているオバサンが自分がエサをあげてる場所で
お腹の大きな猫がいるという話をしてきたので
避妊去勢をしたほうがいいとそれとなく話をしました。
捕獲して病院へ連れて行くのはにゃりんがやるので費用だけ負担してほしいと伝えると
「えさをあげてるのは自分だけじゃないし、そこまでできないわ」とあっさり言われました

確かにその方一人だけの責任ではないと思いますがその方にも責任の一端はあるわけで
ひとりひとりが「新たに不幸な命を増やさない」努力をしなければ延々と野良猫が増え続けるばかりです

このオバサン、あちこちの猫たちにえさやりをしてくれてるのはいいのですが
避妊去勢はしないわ後片付けはしないわでほんと困ってます
後片付けしてますかというと「私は絶対片づけて帰るのよ」というけど

こんな感じで残ってます・・・
避妊去勢のことも少し考えてくださいというと「エサをあげちゃいけないの?!」と逆ギレ


そうじゃなくて・・・

お腹をすかせてる猫が可哀想という気持ちは私だって同じですし、よくわかります。
そういう猫にエサをあげてくれることはとっても有り難いとも思っています。
しかしそこで新たな命が産まれ頭数が増えれば必ず苦情が出ます。
現にそのオバサンの餌やり場で苦情が出て猫たちが住みづらい環境になってる場所がすでに出ているのです

自分勝手なことばかり言うオバサンにイライラする気持ちを抑えて話をしていたのですが
「また子猫みつけちゃったのよ~♪」と楽しそうに話すオバサンにさすがにキレてしまいました
猫の為にとやってることが結果猫を苦しめることになっていることに気づいてほしい


野良猫が減らないのはこういう無責任なえさやりが多いことが大きな要因になっていると最近特に感じます。
とにかく避妊去勢を徹底してほしいです



そして昨日、ご近所さんのがんもママから子猫保護の一報を受け
その子猫の母がずっと私が捕獲したかった猫だったことがわかり
急きょ捕獲することになりました

がんもママが最初に手で捕まる仔猫2匹を保護
残ってる2匹は母猫を捕獲するために残して貰いました。
仕事が終わって現場にかけつけると
昼間仔猫がいた場所にはもういませんでした・・・

移動してしまったか
がんもママと二人でがっかりしながら近辺を探し回っていると
おびき寄せるために用意していたウェットフードの匂いで母猫が出てきてくれました
エサをちょびっとくわえて慌てて帰っていく母猫の後をつけて子猫の居場所を発見

いたーーーー
黒いの二個いたよーーーー

急いではさみうちで二匹ゲット

子猫をおとりに母猫を捕獲しようと仕掛けましたが
ウロウロするだけで結局入らず
子猫を諦めてしまったのか

子猫は少し弱ってる感じだったので
一旦捕獲を中止してがんもママが病院へ連れて行ってくれました

かっわいい4兄弟、オス二匹メス二匹だそうです
がんもママが保護して里親募集をしてくれます


母猫が戻ってくるかもしれないので
あらかじめがんもママが話を通しておいてくれたお宅の庭に
捕獲器をセットしこまめに様子を見ることにし一旦解散しました。

えさやりを終えて様子を見に戻ったけどまだ入ってない

しばらくしてがんもママから「ママ猫入ってるよ~」と電話

かっわいい顔したシャムMIXです



それにしても子猫をおとりにしても入らなかったのに
エサを置いた捕獲器に入るなんて
よっぽどお腹がすいてたんだろうな


お腹がすいてた事情についてはまた今度お話しします。


とりあえずこれで一安心
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の茶白兄弟

2016-05-30 17:39:51 | Weblog
うちにも慣れてきたのでケージから出してみました


二匹で走り回って遊んでます






パソコンのケーブルを束ねてるバンドにじゃれてました




いっぱい遊んでおやすみタイム

ちゃんとケージに戻って兄弟一緒に寝てるので感心するやら笑っちゃうやら
この寝顔に癒されてます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兄弟でぷろれすごっこ

2016-05-26 12:17:51 | Weblog
先日保護した茶白兄弟

栄養状態がとても悪く栄養失調気味でしたが
幸いに食欲はとてもあったので毎日いっぱい食べて
少しづつ体力をつけています
うちの環境にも少し慣れてきて
だんだんと活発になってきました






この子はあんちゃんと呼ばれているオス猫にそっくりだったので「コアン(小あん)ちゃん」にしました
多分あんちゃんの子供です
兄弟で一番体が大きいのに気持ちはかなりの小心者
優しい性格のこです


この子はコアンちゃんより一回り小さいです。
名前はまだ思い浮かびません
食欲、元気はあるので栄養のあるものをたくさん食べて
遅れた成長を取り戻してもらいたいです
体は小さいけどコアンちゃんに飛び掛かってガブガブしてプロレス技をしかけます
弟気質でマイペースなこです


もう一匹兄弟がいたのですが
もう10日以上姿が見えません・・・

えさやりさんの話だと
その子が一番小さくて弱っていたみたいです。

親がいつも連れて歩いていたらしいのですが
今は一緒にいません


コアンちゃんと弟くんには
助けられなかった兄弟の分まで幸せになってほしいです


とっても仲良し


弟くんがもう少し体力を回復したら兄弟一緒に里親募集します

いい出会いがありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちびっこトライアル

2016-05-24 11:03:30 | Weblog
週末はカワママさんが保護されたちびっこ達のお届けがありました

土曜日は白ちゃんとみぎちゃくん(仮名)

移動の電車の中では緊張気味の二匹


里親様のお宅について
ご準備いただいた広々したケージに入れてあげると
落ち着かずにウロウロウロウロ


くっついてすみっこにいる二匹


落ち着かせるために隠れ家になる段ボールハウスをご用意いただきました

サイズピッタリで気にいってくれた様子を送ってくださいました
その日の夜からゴハンをしっかり食べて
トイレもきちんとできたそうです
良かった~

新しいお名前を「こう」ちゃん(白)と「ふく」ちゃん(茶白)とつけてくださいました
これからたくさんの「幸福」が訪れますように

お土産もいただきありがとうございました





そして日曜日は

アナちゃん(三毛)とくびしろくんのお届けでした


移動の電車の中で少し鳴いていたくびしろくん
ご用意いただいたケージにいれてあげても
しばらく落ち着かず鳴いていました


アナちゃんは箱の中にすーっと入っていき
その後はじっと大人しくしていました


私が帰ったあとちゅーるをもらうくびしろくん


ちょっぴり緊張気味のアナちゃんも


少ししたら一緒に遊んでいたそうです

新しいお名前は「ライカ」ちゃん(三毛)と「茶々」くんとつけてくださいました
里親様は二匹をお迎えするのが楽しみすぎて
前日の夜眠れなかったとおっしゃってました

ご寄付も頂戴しありがとうございました



両日ともお天気にも恵まれた素晴らしい巣立ちの日ちとなりました


お二組の里親様にはお迎え前の準備をしっかりしていただき
安心してお渡しすることができました

どうぞちびちゃん達を末永く宜しくお願いいたします


一ヶ月ちょっと、ちびちゃん達を育ててくれたカワママさんお疲れ様でした
親猫の避妊去勢にもご協力いただき本当にありがとうございました




猫の保護活動に参加してくださる方募集

詳細はこちら
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加