名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1254);三間飛車に6筋位取り(内藤国雄)

2019-05-18 | 大山将棋研究

今日の棋譜20190518

昭和41年11月、内藤国雄先生と最強者決定戦記念対局(内藤先生が優勝した)です。

大山先生の後手三間飛車です。この頃でも急戦策があるというのは(完成していなくても)知られていたはずですが

内藤先生は6筋の位を取りました。

6筋の位のほうが姿が良いのですが、守るには苦労します。銀を繰り出して

飛には飛で位を守ります。

大山先生は銀冠へ、内藤先生も美濃囲いへ。でもこのまま進むと後手の73桂は跳ねやすいけれど、先手の77桂は跳ねにくくなります。

内藤先生は中央に目を向け

大山先生はおとなしく守って銀冠へ。

内藤先生も右金を寄せようというところで

大山先生が2筋から動きました。このタイミングならば24角でも良さそうです。

内藤先生は56金とするためには25歩を打つ必要がありました。これで6筋の位を守ります。

さらに6筋を手厚く構えようとしたところで

大山先生は歩を垂らします。

どこかで歩を入手して36歩が打てれば良いのですが。

6筋の歩交換を目指します。64角は味が良すぎるので

内藤先生は65銀。角筋が通ったので右桂を跳ねられました。38と同飛25飛というのが嫌なところですが

大山先生は32飛でした。これだとちょっと遅いです。

内藤先生は53歩~78銀と待ち

当然の35飛に

63歩成から68飛。これはうまくいった感じがします。

45桂を取られたら55桂。55同歩同金が

両取りになるという仕掛けです。でもこのやり取りは桂桂金と飛の交換です。ということは、前の図の55桂を打たずに55金でも良かったのですね。55同歩63飛成という順です。この図からは55同飛がないので金取りを受けて飛車を取ることになります。

66歩の中合に64歩から45金。

45同歩に66角(と68飛)の利きを止めにくいのかと思えば67歩。内藤先生はこれをうっかりしたのかもしれません。67同飛に56銀か金というのは嫌なので

58飛とかわしたら、大山先生は桂2枚もらっていましたから54桂~66桂打です。これで形勢が傾いていきます。

内藤先生は飛を逃げず、65香~63歩成で勝負。

大山先生は69金を取らずに33桂、これが好手です。11馬の利きがないと先手玉が詰みやすく

58成桂を取られても54桂を活用できるのです。

内藤先生は69歩から55桂です。

後手玉は詰めろ。でも先手玉は

追いかけていけば詰みます。

 

大山先生が39と を使わなかったので、内藤先生にチャンスが来たはずでした。より確実なつもりで55桂と捨てたのが悪かったのでしょう。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.41 棋譜ファイル ----
開始日時:1966/11/23
手合割:平手  
先手:内藤国雄7段
後手:大山名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 3二飛(82)
7 5六歩(57)
8 4二銀(31)
9 6八玉(59)
10 6二玉(51)
11 7八玉(68)
12 7二玉(62)
13 9六歩(97)
14 9四歩(93)
15 2五歩(26)
16 3三角(22)
17 6六歩(67)
18 5四歩(53)
19 6五歩(66)
20 5三銀(42)
21 5七銀(48)
22 8二玉(72)
23 6六銀(57)
24 6二飛(32)
25 6八飛(28)
26 7二銀(71)
27 7七角(88)
28 8四歩(83)
29 8八玉(78)
30 8三銀(72)
31 7八銀(79)
32 7四歩(73)
33 5五歩(56)
34 同 歩(54)
35 5八飛(68)
36 5二飛(62)
37 5五銀(66)
38 5四歩打
39 6六銀(55)
40 7二金(61)
41 4八金(49)
42 7三桂(81)
43 5七金(48)
44 2四歩(23)
45 同 歩(25)
46 2二飛(52)
47 2八飛(58)
48 2四角(33)
49 2五歩打
50 3三角(24)
51 5六金(57)
52 3二金(41)
53 3六歩(37)
54 6二銀(53)
55 6七銀(78)
56 3五歩(34)
57 同 歩(36)
58 3八歩打
59 1六歩(17)
60 3九歩成(38)
61 3七桂(29)
62 6四歩(63)
63 同 歩(65)
64 4二角(33)
65 6五銀(66)
66 4三金(32)
67 4五桂(37)
68 3二飛(22)
69 5三歩打
70 5一銀(62)
71 7八銀(67)
72 6五桂(73)
73 同 金(56)
74 3五飛(32)
75 6三歩成(64)
76 同 金(72)
77 6八飛(28)
78 4五飛(35)
79 5五桂打
80 同 歩(54)
81 同 金(65)
82 6六歩打
83 6四歩打
84 5三金(63)
85 4五金(55)
86 同 歩(44)
87 6六角(77)
88 6七歩打
89 5八飛(68)
90 5四桂打
91 1一角成(66)
92 6六桂打
93 6五香打
94 5八桂成(66)
95 6三歩成(64)
96 3三桂(21)
97 5八金(69)
98 6六桂(54)
99 6九歩打
100 5八桂成(66)
101 5五桂打
102 6八歩成(67)
103 4三桂成(55)
104 7八と(68)
105 同 玉(88)
106 6八金打
107 同 歩(69)
108 6九銀打
109 投了
まで108手で後手の勝ち

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20190517 | トップ | 大山将棋問題集20190518 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事